新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ)

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
リンク

このブログをリンクに追加する

2017.07/26(Wed)

私の読書事情他 


 ここ数ヶ月は5~7日毎に図書課に通い、1回当たり10冊の本を借りて来て読んでいます。
1日に1~2冊読破しているはずになるのですが、ただ読んでいる内容は決して褒められたものでは有りません。読んで肩の凝らなミステリーや通俗ものが多いのです。
この年齢では今更専門書でもありませんし、出来れば教養物を今少し増やしたいと思っています。

 読書用の老眼鏡は持っていたのですが、1ヶ月位前に更新しました。普段は遠近両用のメガネを使っていますが、これも昨日更新しました。

 新聞を読むとき、車の運転をする時、日常生活上は「遠近両用」を使用し、読書の時のみ「老眼」を使用しています。ただ、今の「遠近両用」は極く近場を見る時には「メガネを手で持ち上げて」、枠の最下部で見がちになるのを、何とか無しに出来ないかと考えています。

 来年は免許証の更新です。高齢者の更新になるため、

・ 矯正視力が両眼で0.7以上であること
・ 白内障が進行していないこと

が今のところの目標です。





スポンサーサイト
【編集】 |  08:02 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/25(Tue)

第22回パワーリハビリ 


 昨日の月曜日には欠員が出たという連絡がありパワーリハビリに行ってきました。
9時40分に入館しました。
 本日の予定を記入してから、早速マッサージチェアーにかかりました。
 予定科目(平行棒運動、ワッハッハ体操、パワーリハビリ及びマット運動)を白板に記入し、算数と漢字書き取りの問題及び言葉選びを取ってマッサージに向かいました。

 9時45分から10時10分まで、
・ マッサージチェアー(10分間)
  マッサージしながら脳活の問題を考えました。みみっちいのですが時間の有効利用です。
・ 血圧及び体温測定
・ 脳トレ


 10時10分から11時25分まで、
・ 平行棒運動(簡単なストレッチ体操・約45分)
・ ワッハッハ体操
・ 脳トレ記入

11時35分から12時頃まで、
・ トレッドミル
  速度3.5~3.7km/h、時間25分間、消費カロリー60kcal

 12時から12時25分まで
・ 昼食

12時25分から
・ マッサージチェアー(16*2)分

13時~13時20分
・ エアロバイク
  負荷50W、時間20分、消費カロリー60kcal

13時20分~13時40分まで、
・ 床マット運動
  20分間、昨金曜日のスタッフとは違う方でした。マットに寝ろ転んでするストレッチでした。
  臍の力を入れること
  ストレッチ中は呼吸を止めないこと
  ストレッチ中は5~10秒間保持すること

 パワートレーニングは、

・ ① ホリゾンタルレッグプレス(足で押す)
*足の開き:肩幅、足先の向き:真っ直ぐ平行、膝の曲げ:直角
  負荷25kg*30回
*足の開き:肩幅より広く、足先の向き:ハの字に開く、膝の曲げ:直角
  負荷25kg*30回
*足の開き:肩幅、足先の向き:真っ直ぐ平行、足先の位置:盤の上方
  負荷25kg*20回
*足の開き:肩幅、足先の向き:真っ直ぐ平行、足先の位置:盤の下方(足先だけ)
  負荷25kg*20回

 私に後にやった人は、私より遙かに歳を召した方でした。その方は負荷30kgなのです。その事をスタッフに話しましたら、その方は、随分前々から他のセンターに通っていたり、このセンターでも経験豊富であるから、30kgまで進んで来たのだそうです。
  私はこの日で22回目であり、まだ負荷を上げることは推奨しないということでした。このセンターは私の腰痛が悪化することを心配してくれているようです。


・ ② ローイング(後ろに引く)
  上体を動かさないで腕の力でレバーを引きことにより、僧帽筋中部、広背筋、三角筋後部を鍛えるものです。負荷は12.5kg*40回

・ ③ ヒップアブダクション(足を開く)
  両足を開いたり閉じたりの動作で開く時に負荷をかけるものです。臀筋群(中臀筋)を鍛えるものです。負荷は15kg*40回。

・ ④ チェストプレス(前に押す)
  上体を後ろに反らした状態で椅子にかけて、両腕でレバーを押し上げるものです。前鋸筋、上腕三頭筋、大胸筋を鍛えるものです。
  15kg*40回。

・ ⑤ レッグエクステンション(膝を伸ばす)
  上体を後ろに反らした状態で椅子にかけて、折った膝を伸ばすときに大腿四頭筋を鍛えるものです。負荷は15kg*40回行いました。

・ ⑥ トーソフレクション(上体を曲げる)
  負荷をかけて身体を前方に折ることにより、腹筋群を鍛えるものです。
  負荷15kg*40回

・ ⑦ コンパストレーニングマシン
*ロープの引き寄せで腕の力のトレーニングをしました。20kg*10回。
*ロープの引き下ろしで腹筋のトレーニングをしました。20kg*20回。

・ 軽度の腕立て伏せ
*壁に向かい身体を斜めにし、手は平行について屈伸をしました。回数20回
*壁に向かい身体を斜めにし、手先を内側に向けて屈伸をしました。回数20回

 今日もフィットネス機器を使って次から次にトレーニングしているのは私だけでした。他の人たちは館の用意したメニュー以外の時は温泉(冷泉を湧かしたもの)に入ったり或いは談笑したりしていました。




【編集】 |  07:18 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/24(Mon)

1学期最後のスクールガード・中束の読み方は? 


 今日の月曜日はパワーリハビリの欠員が出たということで、急遽参加することにしました。
先週の火曜日18日は1学期最後のスクールガードでした。最後といってもいつもと変わりなく、何となく過ぎました。スクールガードでは例によって老人4人のダベリに終始しました。帰りには例によって宿題を貰いました。

 「地名」に「中束」と書いて「なかまるけ」と読む所があるので、所在地を調べて関連事項も調べて欲しいというものでした。

 なかまるけという地名は、

〒959-3206 新潟県岩船郡関川村中束(ナカマルケ)

だということでした。


 その他「束」のつく人名、地名やその他の言葉を調べてみますと、一例として、

束縛 そくばく、結束 けっそく、拘束 こうそく、束ねる たばねる、約束 やくそく、白装束 しろしょうぞく、

等が一般的ですが、どうしても、「中束」を「なかまるけ」という読み方は想定外のことです。

 その他「束」を使った地名、人名その他は、

束子 たわし 、鬼束 おにつか 、長束 ながつか、束縛 そくばく 、装束 しょうぞく、束原 つかはら、結束 けっそく、八束 やつか、束田 つかだ、満束 みつつか、大束 おおたば、おおつか、覚束無い おぼつかない、花束 はなたば、磁束 じそく、束田 つかだ、満束 みつつか、大束 おおたば、おおつか、束雄 つかお 、八束郡 やつかぐん 、八束穂 やつかほ 、手束 てづか 、束脩 そくしゅう 、千束 ちずか 、束見本 つかみほん 、束稲 たばしね 、拘束 こうそく
中束 なかまるけ、なかまる、なかつか
束ねる たばねる 、不束 ふつつか、南千束 みなみせんぞく、竹束 たけたば 、
束本 つかもと、不束者 ふつつかもの、約束 やくそく、和束 わづか
稲束 いなつか 、覚束ない おぼつかない 、百束 ひゃくそく、収束 しゅうそく 、
小束 こたば、白装束 しろしょうぞく、束前 そくぜん、覚束無い おぼつかない 、
知束 ともちか、幣束 へいそく、小屋束 こやづか、羽束師 はづかし、
束の間 つかのま 、束松 たばねまつ 、美束 みっか、北千束 きたせんぞく 、拘束力 こうそくりょく、万束 まんずか、床束 ゆかづか、束石 つかいし
千束町 せんぞくちょう、弓束 ゆづか 、兎束 うずか、死装束 しにしょうぞく 、束髪 そくはつ、花束 はなたば 、香束 こうそく 、羈束 きそく 、二束三文 にそくさんもん 、上千束 かみせんぞく 、維管束 いかんそく、札束さつたば 、口約束 くちやくそく 、金束 こづか、黒装束 くろしょうぞく、束帯 そくたい 、束芋 たばいも
壺装束 つぼそうぞく、曾束町 そつかちょう、和束町 わづかちょう
額束 がくづか、束ね髪 たばねがみ、検束 けんそく、磁束 じそく、矢束 やたばね e
壷装束 つぼそうぞく、光束 こうそく、八束水 やつかみ、束ね たばね、萬束 まんずか、鋼製束 こうせいづか、紙束 かみたば、覚束無 おぼつかな、葦束 あしたば ba
小束山 こづかやま、曾束 そつか、覚束なく おぼつかなく、束柱 つかばしら shira
約束事 やくそくごと、集束 しゅうそく、能装束 のうしょうぞく、十束剣 とつかのつるぎ、結束力 けっそくりょく、小束野 こそくの、裝束 しょうぞく、束里 つかざと
束荷 つかり、篠束 しのづか、束留 さとる、束生 たばなま、そくせい
御装束 ごしょうぞく、拘束性 こうそくせい、覚束無し おぼつかなし
束草 そくちょ、約束手形 やくそくてがた、狩装束 かりしょうぞく
長束町、なつかちょう、鬼束ちひろ おにつかちひろ、束野 つかの、海老束 えびづか
鍵束 かぎたば

曽束 そつか 、穂束 ほずか、永束 ながつか、束元 つかもと 、飯束 いいづか 、吉束 よしずか 、犬束 いぬたば、滿束 みつそく、真束 さだつか 、安束 やすつか、束村 つかむら tsukamura。束司 つかぢ tsukadi
休束 きゅうそく、高束 たかずか、野束 のづか、多束 たそく、千束子 ちつこ、三束 みずか、北束 きたずか、堀束 ほりつか



【編集】 |  08:24 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/23(Sun)

「第21回パワーリハビリ」の追加事項 


 一昨日金曜日のパワーリハビリの日の追加です。

・ マット床運動(約10分間)は次の様に行いました。

1. 上向きで寝て、両膝を立て、リラックスしながら腹を膨らませたり、息を十分に吐いて凹ませたりする。
2. 上記で、両膝をゆっくり左右に揺する。
3. 上記で、手を広げ右左に両膝を揃えて床に着くまで下ろす。
4. 上記で、片足づつ胸まで膝を上げる。
5. 上記で、片足に体重をかけて片足づつ胸まで膝を上げて、お尻を上げる
6. 上記で、片足の足を伸ばしたまま目一杯に上げる
7. 上記で、伸ばした足を、曲げた膝の方に目一杯に倒す。
8. 両足の膝を曲げたまま、尻を上げる
9. 上向きで寝て、両膝を立て、腹を膨らませたり、息を十分に吐いて凹ませたりする。
10. 膝まずいて上体を前に倒し息を吐きながら手を一杯に伸ばす。次に吸いながら戻す。

これらに、壁を利用した運動

11.壁に向かって身体を傾け、両手の手のひらは上に向けて、手の屈伸運動(肩甲骨の運動)。
12.上記で両手の手のひらは内側に向けて行う。

を加えると、今回習った全てになる。

・ 身体の柔軟性・筋肉の柔軟性
  上記の12項に亘る運動で柔軟性な筋肉にすることが肝要なようです。筋肉を強くすることだけを狙うと固い筋肉となって、痛みや何かの拍子に怪我をすることにも繫がるということでした。私らの年齢では筋肉を強くしようと考えるのは厳禁のようです。

。 上記にスクワットを加えると全てです。




【編集】 |  07:29 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/22(Sat)

第21回パワーリハビリ 


 昨日の金曜日はパワーリハビリの日でした。
いつものように9時35分に入館しました。

 本日の予定を記入してから、早速マッサージチェアーにかかりました。予定科目(平行棒運動、ワッハッハ体操、パワーリハビリ及びマット運動)を白板に記入し、算数と漢字書き取りの問題及び言葉選びを取ってマッサージに向かいました。

 9時40分から10時10分まで、
・ マッサージチェアー(16分間)
  マッサージしながら脳活の問題を考えました。みみっちいのですが時間の有効利用です。
・ 血圧及び体温測定
・ 脳トレ
・ ① ホリゾンタルレッグプレス
  平行棒運動が始まる前に、負荷20kgのみ設定して、20回やりました。

 10時10分から11時25分まで、
・ 平行棒運動(簡単なストレッチ体操・約45分)
・ ワッハッハ体操

11時35分から12時まで、
・ ⑨ エアロバイク
  負荷50W、時間20分

12時から13時分まで、
・ 昼食
・ マッサージチェアー(16分*2)

13時頃から14時頃まで、
・ トレッドミル

・ ⑥ トーソフレクション

・ ⑤ レッグエクステンション

・ ④ チェストプレス

・ ① ホリゾンタルレッグプレス(足で押す)
  足を屈伸し、押すときの運動にて大腿四頭筋、ハムストリング、腓腹筋及びヒラメ筋の運動を行うものです。
22kg*20回:足は肩幅付近で

・ ① ホリゾンタルレッグプレス(足で押す)
  足を屈伸し、押すときの運動にて大腿四頭筋、ハムストリング、腓腹筋及びヒラメ筋の運動を行うものです。
22kg*20回:足の位置は下部でつま先だけ付けて

・ ① ホリゾンタルレッグプレス(足で押す)
  足を屈伸し、押すときの運動にて大腿四頭筋、ハムストリング、腓腹筋及びヒラメ筋の運動を行うものです。
22kg*20回:足は肩幅よりも広げて。

・ ② ローイング(後ろに引く)
  上体を動かさないで腕の力でレバーを引きことにより、僧帽筋中部、広背筋、三角筋後部を鍛えるものです。負荷は12.5kg*40回

・ ③ ヒップアブダクション(足を開く)
  両足を開いたり閉じたりの動作で開く時に負荷をかけるものです。臀筋群(中臀筋)を鍛えるものです。負荷は15kg*60回。

・ ⑦ コンパストレーニングマシン
・  ロープの引き寄せで肩甲骨回りのトレーニングをしました。20kg*20回。

・ ⑦ コンパストレーニングマシン
   ロープの引き寄せで腕の力のトレーニングをしました。20kg*10回。

・ ⑦ コンパストレーニングマシン
   ロープの引き下ろしで腹筋のトレーニングをしました。20kg*20回。

・ マッサージチェアー(10分)

・ 床マット運動(約10分)



【編集】 |  09:44 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/21(Fri)

月例の耳鼻咽喉科に通院 


 昨日は月一の耳鼻咽喉科通院日でした。
 
 これは睡眠時無呼吸症候群の対応として睡眠時に装着している陽圧式呼吸補助器(C-pap)の保険適用の要件としている月一回の受診なのです。

 診察では、

・ C-papを装着していてその後何か変わったことはありませんか。

  先月末に急に送風の音が起動の最初から激しく、しかも空気が漏れているのに気が付きました。顔に密着させる部分(軟質プラ)と硬質プラ枠部分とのの密着具合を見ましたが、漏気はありませんでした。ホースとプラ枠の回転可能な部分から送気が漏れているようでしたが、見た眼では分かりませんでした。早速サービス部署に電話して交換部品を送ってもらいました。

 新部品に取り替えましたら、送風の音も静かで、送気の漏れも無くなりました。

・ 無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.6回/時でした。
  昨年の11月こそ0.3でしたが、その後はずっと0.2で、先月は0.4でした。
・ 器械もうまく使っているようで、非常によい状態のようで今のまま使い続けて下さいということでした。(これは医者の決まる文句のようです。)

 ずっと0.2~0.3で安定していたのですが、先月は0.4、今月は0.6と一見悪化しているようですが、医者は軽症の範囲である <5 をはるかに下回った数値であり全く心配には及びません、ということでした。




【編集】 |  15:39 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/20(Thu)

大腸の内視鏡検査受診 


 昨日19日には大腸の内視鏡検査を受けました。
18日は3食、検査のための療養食で量的に物足りませんでした。麦茶や水を飲み、氷砂糖を舐めて空腹と闘いました。夜213時に下剤(1)200ccを飲んで23時頃就寝しました。所が2時間も経たない内に第1回目の便通でした。結局朝起きるまでに3回もトイレに走り込む結果となり、寝た気は全くありませんでした。
 19日の朝から、下剤2000ccを15分間に200ccのペースで飲みました。
この下剤は、オレンジ味で旧来のものより飲みやすくなっていると云う病院側の説明でしたが、オレンジ味の従来の酢酸系の味とがマッチしていなくて、とても飲めた味ではありませんでした。

 検査に先立って鎮痛剤の注射をするのですが、私は翌日に車で行かなければならない用事があったので、車で通院していました。何でも鎮痛剤を打ちますと24時間運転は厳禁だそうです。この事は予め病院で説明を受けていたのですが、まあーいいだろうと思っていました。医者がおっしゃるのは、飲み屋でお酒を飲んだ方も飲ました方罰せられるということでした。
 従来は別の病院で受けていたのですが、去年はもの凄く痛い思いをしましたので、病院を変えたのですが、今回は鎮痛剤なしでやることになりました。

・ 過去に4~5回ポリープの除去をしたこと
・ 3~4年前に扁平状のポリープを手術したこと
・ 去年はもの凄く痛い思いをしたこと
・ 去年は尻穴が切れ痔になったこと

等を話していたのですが、やはり部分部分では痛くて、又切れ痔になりました。どうも私は世間で言う「尻の穴の小さい」人間のようです。

 検査の結果、ポリープ1ヶが見つかり、取った方がよいだろうということでした。

 私は血液サラサラの薬を2種類呑んでいますが、今は呑むのを止めないそうですが、1種類だけにしなければいけないそうです。





【編集】 |  08:53 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/18(Tue)

昨日の朝の散歩・腰の具合 


 昨日の朝、5時30分頃に起きて、外は涼しそうな感じだったし、腰の具合も良さそうなので朝の散歩をしてみることにしました。
アランを連れてお決まりの水辺公園周遊の散歩です。
 外は確かに涼しそうでしたが風が無いので、一寸歩いただけで汗ばむ程でした。50m位歩いた所で、スクールガード友達のK氏に逢いました。この前の火曜日スクールガードを無断欠席のお詫びを言わなければならなかったのです。スクールガードの当番であることは確かに覚えていたのですが、開始時間についウッカリ大幅に遅れてしまったために、最終的に欠席したわけでした。

 散歩は約200m歩いた所でやはり腰の痛みに耐えられず、休まざるを得ませんでした。暫く休んでは又歩き出し、更に300m歩いて休み、の繰り返しで、結局往復1.1kmで3回休みました。

 従来は腰の痛みと上臀部の痛みとが混じり合っていたようですが、上臀部の痛みは手術の結果が良かったようで痛みは全く無くなりました。しかし、腰の痛みは未だ続いています。

 執刀医の診断でも原因は不明です。痛みは、

・ 座っている場合は痛みは全くないこと。
・ 立ち上がると段々と痛みが増していくこと。オシッコをするときにも痛むが、手で体重を多少支えていると痛みは軽減すること
・ 歩き出すと痛みは段々と痛みが増していくこと
・ 上向きに寝て、足を伸ばすとき、もの凄く痛みがあること。しかし、ある時間経つと痛みはなくなること
・ 寝ていて、寝返りを打つと痛いこと
・ 買い物に行ったときに、1~2kgのものを持つと痛みが増すこと

ですから、悪いヶ所は特定出来そうなものですが、執刀医は「骨は強固に固着していて異常はない」というばかりです。どこか他の名医のセカンドオピニオンが必要かも知れないと思っています。




【編集】 |  08:28 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2017.07/17(Mon)

市運営のフィットネスセンターへ(第3回) 


 今日14時30分から首記フィットネスセンターに行きました。今日は16時25分までやりました。

・ ⑫レッグプレス:大腿四頭筋、大臀筋(表及びハムストリング)、脹ら脛
  足を付く位置で4種類のフィットネスをする。
  負荷10kgで各々30回、合計120回実施

・ エアロバイク
  負荷60wで走行距離4.5km、20分間。消費カロリー表示104kcal。

・ トレッドミル
  速度3.5km、時間20分。消費カロリー表示56Kcal。

・ ⑭プルダウン:背中の広背筋
  負荷15kg、計50回実施

・ ⑰ショルダープレス:肩の僧帽筋
  負荷2.5kg、計25回実施
  僅か2.5kgだが、器械が故障しているのか、もの凄く重かった。

・ ⑱チェストプレス:大胸筋
  負荷12.5kg*10回、10kg*20回

・ レッグカール:太股裏
  負荷12.5kg、回数30回実施

・ ペクトラル:大胸筋
  負荷10kg、計40回


・ レッグカール:腿裏
  負荷15kg*50回

・ レッグエクステンション:腿裏
  15kg*20回

・ 腹筋台
  台を水平にして軽く20回実施


・ ストレッチ
  表示してある写真を、見ながら6種類を軽く実施腹筋台

・ マルチヒップ
  使い方により、
 1)内股の内転筋、2)大臀筋(ヒール中央)、3)中・小臀筋(ヒップ外)、4)股関節屈筋(股腰筋、大腿直筋)
の4種類のフィットネスが可能。
  今日は使い方の説明を受けただけでした。




【編集】 |  19:21 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.07/16(Sun)

整形外科(整形外科)に通院 


 昨日は、脊柱管狭窄症の手術を受けた整形外科の執刀医の外来を受診してきました。
昨年12月10以来7ヶ月振りの受診でした。
  腰痛の状態は慢性的に痛みがあります。上臀皮神経障害の手術を受ける前の程ではありませんが、有る時間以上立っていたり、歩き続けた場合には腰痛があります。
執刀医に症状を話しても、改善策は出て来ないのではないかと思い、外来受診も7ヶ月振りとなっていました。

問診では次の様に話しました。

・ 座っている場合には痛みは無いこと。
・ 立ち上がってある程度時間が経ったり、歩き出したりすると腰部に痛みが酷くなること。
・ 寝るために横になる時には痛みがあり、暫くそのままでいると痛みが薄れること。
・ 寝ている時、寝返りした時にも痛むこと。
・ 補助歩行器のハンドルにつかまったり、自転車ではそれ程痛みはないこと。
・ 杖をついても痛みの軽減にはならないこと。


 執刀医はX線写真を注視していましたが、

・ どの腰椎もしっかり金具で固定されていること。
・ 強いて云えば、2番と3番のボルトの周辺に隙間が出来ているようにも見えるが、CTを撮って再確認してみなければ分からないこと。
・ しかし、痛みが手術後程なく、と今日と変わらず続いているということは、上記の所為とは云えないかも知れないこと。


 私(P)が用意したメモで質問し、執刀医(D)の答えを次ぎ、

・ (P)痛む所の発見は、痛みの発生しているときにX線なりMRIで診なければ見つからないのではないか。
  (D)心臓等は発作が起こっているときしか異常は発見出来ないが、骨と神経の場合にはそういうことはないと云える。
・ (P)手術した部位はボルトをねじ込み、その上を骨で覆って一体化しているが、その部位を再手術出来るのか。
  (D)大手術になるが可能である。例えば腰椎と腰椎の間にパッカーの更新は旧来のものを撤去し、新しいものを入れることも
    可能である。ボルトの周囲にガタ(隙間)が出来た場合にはもう一回り大きなボルトを置きかえることが可能である。
・ (P)機器使用のリハビリでやってはいけないもと、推奨するものは?
  (D)ボディービルダーの様なことは不可である。軽い負荷を数多くすること、重すぎる物、痛みが発生するような負荷はNONである。
・ (P)精髄造影検査をやってみるべきでは?
(D)内部の神経の所為ではなくて、何処かの骨が動いて悪さをしていると思われる。


ということで、容易に結論が出そうにないし、大勢の患者が待っていることを考え、
「又、しばらく様子を見る、機器使用のリハビリを続けてみる」
ことで診察を終わりました。




【編集】 |  06:06 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT