新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ)
リンク

このブログをリンクに追加する

2017.01/23(Mon)

昨日の腰の具合(上臀皮神経障害?)の様子 


 昨日は日本医大北総病院に3回目の通院をしてきました。

 昨日の具合は、繰り返しになりますが、

・ 一昨日、注射直後は、腰も足も痛みは軽くて、一緒に行った家内等はその変わりようにびっくりしていた位でした。私も背筋がぴんと伸びたような感じでした。
手術が成功すれば、麻酔直後の様な状態が長続きするのではないかと考えると、前途に光明が見えた感じでした。

 精算が終わってから、トイレに行くとき、私が小走りするような感じだったようでこんな動作や姿は普段には見かけたことが無いという口ぶりでした。

・ 一昨日帰ってから散歩してみたとき、片道200m往復400m位歩いたのですが、腰は相変わらず多少は重かったのですが、足取りは軽いように感じました。

・ 昨日も午前中は、腰も足も多少軽いような感じでした。


 日本医大の受診では、

・ 初診、11月01日、
・ 第2回目、01月07日、
・ 第3回目、01月21日、

と今まで3回局部麻酔をしました。次回は日本医大を受診せず、担当医が通っているクリニックで局部麻酔を受けて、様子をみることを薦められました。
(日本医大は予約が早期には取りづらいため、予約制でないクリニックで局部麻酔をしていただき、2~3回位様子を見ることにしました。)


 2月15日に手術の予約していた件は次のような経緯です。

 実は麻酔注射の針は刺したときの感じから極浅いものの様に感じていました。(一昨日それが4~7cmの深さまで刺すと聞いてびっくりしてしまいました。)
 案外麻酔注射のために、そんなに深くまで刺されているとは感じなかったのかもしれません。上臀皮神経は皮膚近くの極く表面近くを走っているものと勝手に思い込んでいました。
 手術時間も2時間以内、入院も1泊2日、ということで簡単な手術と考えていました。
そんな簡単な手術で済むものなら、とにかく早めに手術を受けてしまおうと考えたわけでした。



 14時頃一昨日と同じルートで同じ距離を歩いてみました。歩き始めはよかったのですが、200m位歩くとやはり腰が重く痛くなってきました。
 ガードレールスタンド用コンクリートブロックのガードレール取り付け用のボルトの頭に左腰を押しつけると指圧効果で痛みが多少薄らいできました。


 以下は散歩のときに撮ったものです。

























 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 22日のアランの様子については、

  一昨日は、家では朝食を食べなくて、弁当(朝用の食事)付きで次女の家に行きました。どうも我々が外出する気配を察して食事をしなかったようです。その後は食事も完食しましたし、それだけでは足りないような気配でした。


・ 7時半に新オジヤ60gとジャーキー1本を与えました。
  プレニドゾロンとサルファ剤を与えました。

・ 11時半頃に新オジヤ60gを与えました。

・ 17時半頃に新オジヤ62gとドライフーズ18gを与えました。
  サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは夕方まで1回したようです。



 22日は快晴でした。
都心の最高気温/最低気温は12.9/0.9℃(一昨日11.0/1.2℃、一昨〃日3.7/2,3℃)でした。
日中はガラス越しに陽が射し込んできて暖かい日でした。でも陽が陰ると寒さは身に浸みました。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




スポンサーサイト
【編集】 |  06:25 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/22(Sun)

上臀皮神経障害の外来へ(3回目) 


 昨日は日本医大北総病院に3回目の通院をしてきました。この日は入院を決める家族の同意のため家内同伴、と入院前の各種検査の予定でした。

10時30分の予約でしたが、略時刻通りで診察して貰えました。

 医者から、

・ 前回の具合はどうだったですか

と質問がありましたので、

 前回(2回目)は、注射した直後は1回目と同じような感じでしたので、よいと思っていたのですが、家に帰ってから散歩した時には腰が痛くて歩けませんでした。(1回目の時は1.2kmくらい歩けた。)

 これに対して、医者は、

・ 内臓が悪くても腰が痛むことがあること
・ 腰痛は原因不明のことが多いし、心因性の場合もあること。
・ 私を執刀した○原先生は斯界の高名な整形外科医であり、この先生が手術し、その後異常なしと診断していることは、背骨の腰の部分にはもう異常はないと云えるのではないでしょうか。
・ 認知行動療法はお金にならないため、やっている所が、国内では少ないこと。
・ 慢性の腰痛の場合、動かせる範囲で動くことは重要。
・ ここに来られる患者は上臀皮神経障害かどうかの判断を求めて来られるが、神経は1~3mmの太さで、肉眼では分   からないこと。手術用の顕微鏡で見る。でも異常があるかどうかは判らないこと。
・ 麻酔は、1回目は効いたが、2回以降繰り返すと効かない場合があるが、これは上臀皮神経障害でない可能性がある  こと
・ 上臀皮神経を切除しても、3年半位で再生することがあり、10%の患者は再発し、痛みが再発することがあること。
・ そのため、神経を手術により「ずらして」、切除は最終的な処置とし、当面は神経を移動して当たらないような手術をす  ることにしている。
・ 手術した場合、抜糸までの2週間は、毎日洗う(乃至洗ってもらう)こと。
  怖いのは手術跡が化膿したり、各種感染症である。
・ 2月15日の手術は時期が早すぎないか。もう暫く注射で様子を見たらどうか。


 私の質問としては、

・ 神経は片側何本走っているのか。

  神経は6本/片側と云われています。深さは4~7cmです。神経は目で見て分かりませんが顕微鏡で見ると分かります。手術は長さ7cm位切開します。

私は。前回は前々回の神経とは別の神経を麻酔したのではないかと思っていました。

 これに対して、この医者は上臀皮神経が大体どの位置に走っているかは分かるということでした。

・ 入院する日は独りでもよいか、又翌日の退院の日は運転可能か
  どちらもokです。但し、看護婦が駄目という場合がありますが、その場合にはそれに従ってください。


 そういう訳で、あと3回位麻酔注射で様子を見ることにしました。次回は予約せずに、担当医が通っている別のクリニックを紹介して貰いました。


・ 総合受け付けにて、車を一晩留めることが出来るか、料金は?
  12時間未満は200円、24時間までは400円。


 今日も注射(局部麻酔)して貰いましたが、注射直後は、腰も足も痛みは軽くて、一緒に行った家内等はその変わりようにびっくりしていた位でした。私も背筋がぴんと伸びたような感じでした。

 私の感じとしては、手術をすると、この状態がいつまでも続くと考えると、とてもよい事のように感じました。

 帰ってから散歩してみたのですが、片道200m往復400m位歩いたのですが、腰は相変わらず重かったのですが、足取りは軽いように感じました。(相撲番組中で、その事が気になって極く短距離にしました。)


 アランは次女宅で預かって貰いましたが、帰ってきてから、長女、次女夫婦共我が家に集まって夕食を伴にしました。











 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 21日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、10~12日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、14日午後辺りから回復していました。

 一昨〃日のアランは夕方20時頃に軟便をしましたので、又お腹がぶり返したのではないかと心配したのですが、夕方までは便はしていません。茹で鶏をチルド室から出して直ぐに与えたのがいけなかったのではないかと思い、朝、ご飯、イモ、刻み茹で鶏でオジヤを作って与えました。


 一昨日は朝と昼間「オジヤ」を主として与え、若干ドライを追加しました。夕方16時現在軟便はしていません。


 昨日は、サプリとサルファ剤を飲ませて、朝食事を食べなかったので、弁当(朝用の食事)付きで次女の家に行きました。弁当は食べたということでした。ウンチは次女宅で1回したようです。
 夕食は我が家で与えました。


・ 8~9時頃に、新オジヤ60gを与えました。
  ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、サルファ剤を与えました。

・ 12時頃はナシでした。

・ 18時頃に新オジヤ60gとジャーキー1本与えました。
  ネフガード、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは夕方まで1回したようです。



 21日は晴天でした。都心の最高気温/最低気温は11.0/1.2℃(一昨日3.7/2,3℃、一昨〃日10.9/3.4℃、一昨〃〃日10.3/1.1℃)でした。
 日中は陽が射して車の中は暖かかったです。でも陽が陰ると寒さは身に浸みました。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




【編集】 |  06:18 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/21(Sat)

月一の耳鼻咽喉科通院 


 病院に行く前には医者宛の質問事項を用意していたのですが、ちょっと医者の前では言い出せませんでした。

・ 鼻の通りが悪いこと
  口呼吸をしていることが多いのですが、これは鼻呼吸では通気抵抗が大きい所為ではないかと思っています。鼻穴の片側はいつも詰まっているような感じなのです。
・ 先月の薬は効かなかったこと
  先月は症状を訴えて、セフカペンポキシル塩酸塩100mg錠とシスダイン250mg錠が処方していただきましたが、これは効きませんでした。

  薬を処方だけして、試行錯誤的に試してみて、効かなければ次に移るようなやり方ではなくて、その主因を調べることは出来ないものだろうか。(疑っているアレルギーの専門医は当地区には少ないようです。)


 昨日は月一の耳鼻咽喉科通院日でした。
これは睡眠時無呼吸症候群の対応として睡眠時に装着している陽圧式呼吸補助器(C-pap)の保険適用の要件としている月一回の受診なのです。

 診察では、

・ C-papを装着していてその後何か変わったことはありませんか。(ナシと答えました)
・ 無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.2回/時でした。(前回0.2、前〃回0.3、前〃〃回0.2、前〃〃〃回0.3)でした。

・ 器械もうまく使っているようで、非常によい状態のようで今のまま使い続けて下さい

 毎度お決まりの文句でしたが、先月の無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.2回/時でしたから、今回も0,2回/時で同じでした。
(軽症の範囲である <5 をはるかに下回った数値です。)



 夕食後、アランは珍しくカドラーで寝ています。





 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 20日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、10~12日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、14日午後辺りから回復していました。

 一昨日のアランは夕方20時頃に軟便をしましたので、又お腹がぶり返したのではないかと心配したのですが、夕方までは便はしていません。茹で鶏をチルド室から出して直ぐに与えたのがいけなかったのではないかと思い、朝、ご飯、イモ、刻み茹で鶏でオジヤを作って与えました。


 昨日は朝と昼間「オジヤ」を主として与え、若干ドライを追加しました。夕方16時現在軟便はしていません。


・ 7時頃に、新オジヤ50gとドライフーズ20gを与えました。
  ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、サルファ剤を与えました。

・ 12時頃に新オジヤ50gとドライフーズ10gを与えました。

・ 17時半頃に新オジヤ72gとジャーキー1本与えました。
  ネフガード、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは夕方までまだしていません。



 20日は朝からどんよりと曇っていて、小雪がちらちらと舞う天気でした。都心の最高気温/最低気温は3.7/2,3℃(一昨日10.9/3.4℃、一昨〃日10.3/1.1℃)でした。最高気温が3.7℃はこの冬一番の寒さでした。対前日―7.2℃という急激な冷え込みで、通常の最低気温並の気温でした。
最低気温2.3℃は2月下旬並みの気温ということです。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




【編集】 |  06:05 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/20(Fri)

次女来宅 


 昨19日に次女が赤ん坊とラヴィを連れて来宅しました。次女は殆ど毎週のように来宅していますが、今回はちょっと趣旨が違います。

 21日に印西市の日本医大に行くことについて、私は自分の車を運転して行くつもりだったのですが、雪が降った場合のことを心配して、長女の車がスタットレスだったことを知っていて、長女と相談して手配してくれました。実は私はスタットレスのことは知りませんでした。

 赤ん坊に家内はほとんど係り切りで、喜んでお世話していました。話しかけると笑顔を見せては大喜びし、声を出して反応すれば又大喜びでの連続でした。

 ラヴィの様子はいつも通りで、最初こそ室内を走り回っていましたが、それもほんの一瞬でその後はじっと休んでいました。私がダイニングに行くと、なにか貰えると思って走って寄ってきます。



 アランのカドラーで休んでいるラヴィです。アランはこのカドラーを殆ど使いません。













 コタツの角に寝ているアランです。





 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 19日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、10~12日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、14日午後辺りから回復していました。

 昨日のアランは夕方20時頃に軟便をしましたので、又お腹がぶり返したのではないかと心配したのですが、夕方までは便はしていません。茹で鶏をチルド室から出して直ぐに与えたのがいけなかったのではないかと思い、朝、ご飯、イモ、刻み茹で鶏でオジヤを作って与えました。

・ 7時頃に、新オジヤ50gとジャーキー1本を与えました。
  ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、サルファ剤を与えました。

・ 12時頃にドライフーズ10gとジャーキー1本与えました。

・ 17時半頃に新オジヤ50gとジャーキー1本与えました。
  ネフガード、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは夕方までまだしていません。



 19日は快晴でしたが、都心の最高気温/最低気温は10.9/3.4℃(一昨日10.3/1.1℃、一昨〃日10.9/0.7℃)でした。昨日は一昨日よりも気温は高めでしたが、体感的には変化ないように感じました。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




【編集】 |  06:05 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/19(Thu)

あるカードの解約の件 


 去年の10月に柏市のデパート「そごう」が閉店しました。各地への大型商業施設の開設の波及、少子化の影響、や、つくばTXの開通による人の流れの変化等で流通業界は厳しい競争に曝されているのが現状かと思います。「そごう」の閉館もそういった流れの一環で、所詮は他人事と思っていました。
 「そごう」には当地に越してきて以来、何かに付けお世話になった独りで、支払いはクレディットカードを利用して来ました。このクレディットカードは「そごう」専用みたいなものでした。
 今般、「そごう」が閉館になったので、カードを解約しようと思って、カード会社に電話しましたら、ポイントが貯まっていることが判明しました。

 今日、おおたかの森SCのある店で、支払いを「残ポイント」でしようとしましたら、カード提携の「VISA」での決済は可能であるが、「残ポイント」での支払いは出来ないと断られてしまいました。

 小生腰の具合が今一なので、出歩く機会が極端に減ったことこともあり、都心に行けば使えるかも知れませんが、それも出来ず、さりとて、「残ポイント」がある状態で解約するにはいかにも勿体ない感じが致します。
 今日、(株)そごう・西武に問い合わせをしました。果たしてどんな回答が来るか、まさか都心に出たり、或いはつくば市の系列店を紹介して終わりなのか、返事が待たれます。
(因みに、柏市には「そごう」系列の店舗はない?ようなのです。)



















 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 18日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、10~12日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、14日午後辺りから回復してきました。

 昨日のアランは元気もよく、食欲も旺盛でした。昨日は朝食から茹で鶏を与えています。

・ 7時頃に、茹で鶏50gとジャーキー1本を与えました。
  ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、サルファ剤を与えました。

・ 12時頃に茹で鶏35gとジャーキー1本与えました。

・ 17時半頃に茹で鶏45gとジャーキー1本与えました。
  ネフガード、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは1回でした。やや柔らかいのですが、摘まめる程度の固さでした。
  我が家では20×30cmのポリ袋の中に手を入れて掴み、そのまま裏返すようにしています。

 18日は快晴でしたが、都心の最高気温/最低気温は10.3/1.1℃(一昨日10.9/0.7℃、一昨〃日8.0/-2.0℃)でした。昨日は一昨日よりも気温は高めでしたが、体感的には変化ないように感じました。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




【編集】 |  06:39 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/18(Wed)

昨日はスクールガードの日 


 昨日は朝から雲一つ無い晴天でしたが、外は相変わらず寒かったです。
この日老人の雑談で最近のキラキラネームが話題になりましたが、その際一部の在校生の名簿がありました。それを見ますと、和子さんとか幸子さんと云った「○○子」と云った名前は見当たりませんでした。
 女の子に「子」を付けるようになった経緯が次のようです。

 大正10年(1921年)についにベスト10が全て「子」で埋まりました。なので、人気がでた時期は、大正10年。これが昭和31年(1956年)まで続きました。
 広まるきっかけ昔の中国では、偉人・学者の名前に「子」が付くことが多く、それの影響で「小野妹子」のように、ついに男性にまで「子」が付くようになりました。
 江戸時代に入り、それまでは貴族など一部の特権階級の女性にしか付けられなかった 子 が武士の娘にも付けられる様になりました。
明治時代には、士農工商の身分制度が撤廃されたため「子」の付く女性は増えてゆきました。

 「子」の字は、公家・華族しか使えなかった字なので「恐れ多い」と言う理由であまり使わなかったのですが、明治30年頃に、公家・華族の女子の名前を真似して「子の字をつける」のが流行りました。その後、昭和に入って、私名ではなく実名として、戸籍に「○子」型の名前を記載するのが普通になりました。



  今日の宿題は、「病膏肓に入る」について、と、その意味と「膏」とは何か、又「肓」とは何か、調べて欲しいというものでした。
 「ヤマイ コウコウ ニ イル」が正しい読みです。「膏肓」を「コウモウ」と読むのは間違いだそうです。確かに「肓」は「亡」に「月」であり、「モウ」は「亡」の「目」である点が異なっています。


 「病膏肓に入る」;

【読み】 やまいこうこうにいる
【意味】 病膏肓に入るとは、病気がひどくなり治療のしようがないこと。趣味や道楽に熱中しすぎて、どうにも手がつけられなくなる      ことのたとえ。
【注釈】「膏」とは心臓の下の部分、「肓」とは横隔膜の上の部分のこと。
     この部分は薬も針も届かないので、治療が困難な場所であり、そこに病が入り込んだということから、病気が重くなって治      療のしようがないことを意味した。
     転じて、あることに熱中しすぎて手がつけられなくなることをいう。
【注意】 「膏肓」を「膏盲」と書いたり、「こうもう」と読むのは誤り。


こう【膏】 
[音]コウ(カウ) [訓]あぶら

1. 動物のあぶら。「膏血・膏油」
2 .うまい食物。「膏梁(こうりょう)」
3 .心臓の下の部分。「膏肓(こうこう)」
4. 半練り状の薬。「膏薬/軟膏・絆創膏(ばんそうこう)」
5. うるおす。めぐむ。「膏雨」
6 。地味が肥える。「膏沃(こうよく)」


こう・肓 胸部と腹部の間の薄い膜
  中国の用語で日本の用例少なし。











 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 17日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、一昨昨日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、14日午後辺りから回復してきました。

 昨日のアランは元気もよく、食欲も旺盛でした。昨日は朝食からドライフーズを与えてみました。腎サポートドライは口を付けてくれませんので、普通のドライにしてみました。

・ 7時頃に、ドライフーズ30gを与えました。
  ネフガード、レンジアレン、サルファ剤を与えました。

・ 11時頃にジャーキー2本とドライフーズドライフーズ20g与えました。

・ 17時半頃にドライフーズ30gと茹で鶏25gを与えました。
  ネフガード、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは1回でした。


 17日は快晴でしたが、都心の最高気温/最低気温は10.9/0.7℃(一昨日8.0/-2.0℃、一昨〃日4.7/―2,3℃)でした。最低気温は数日ぶりに氷点下にはなりませんでしたが、都心で0.7℃ですと、当地は氷点下になっていると思われます。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




【編集】 |  06:02 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/17(Tue)

ついにCANON(中古カメラ)のCD入手 


 新しいノートパソコンにキャノンのカメラから「写真を取り込み」と「編集するソフト」を遂に入手し、インストールを完了しました。

・ CDをインストール完了
・ 試しに、PSsx1isで写真を撮り、パソコンへの取り込みと編集をやってみましたが、うまく出来ました。
・ カメラ本体も中古とは思えない程程度が良く、付属品類もばっちり揃っています。
  これを最初に購入した人は余程几帳面な人だったと思われます。私などは、梱包の箱等は嵩張り始末に困るので直ぐに処分し  てしまっています。
・ カメラは超小型で、携帯するのに便利なようですので、何かの時に役に立ちそうです。


 こんなことがありました。

 キャノンixy Dig.920isの写真はfc2のファイルのアップは出来るのですが、PS Sx1 ISの写真は「対応していない形式のファイルです」と出てアップ出来ないのでした。キャノンの相談室に電話してもなかなか分かりませんでした。
 その内に、末尾の拡張子はどう出ていますか、と問われて、よく見ましたら「.bmp」なのです。従来と同じ考えで、同じ手法でやっていたのですが、zoom.browther EXでリサイズするとき、「画像タイプを変更する」で、「.jpg」が「.bmp」となっていたのでした。
(しかし、ixy Dig.920isから取り込みの写真ではでは「.jpg」のままでしたので、何か変です。)


 今度手に入れたキャノンixy Dig.920isで撮った写真1葉です。

IMG_10002 (2)



 キャノンPS Sx1 ISで撮った写真3葉です。










 年賀状の当選番号が発表になりましたが、初めて2等が当たりました。今までは3等が3~4枚が最高でしたので嬉しくなります。因みに3等は6枚当たりました。



 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 16日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、一昨昨日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、一昨日午後辺りから回復してきました。

 昨日のアランは元気が出て来て食欲も旺盛でした。従来与えていた食事がどうも傷んでいたことと思われます。傷んだ食事を与えてアランには申し訳ないと思っています。

・ 7時頃に、「オジヤ」80gを与えました。
  ネフガード、レンジアレン、プレニドゾロン、サルファ剤を与えました。

・ 11時頃に「オジヤ」60gを与え、もっと欲しそうにしていましたので、ドライ20gを与えました。

・ 17時半頃に「オジヤ」80gを与えました。
  ネフガード、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは2回しました。


 16日は晴れていましたが、都心の最高気温/最低気温は8.0/-2.0℃(一昨日4.7/―2,3℃、一昨〃日6.3/―0.5℃)でした。最高気温が10度に達せず、風が強かったので余計寒く感じます。最低気温は連続の氷点下でした。将に真冬の寒さでした。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜から連夜の点灯です。




【編集】 |  06:20 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/16(Mon)

アランのお腹が緩い・その後 


 一昨日動物病院に行って「サルファ剤」を処方していただき、食事内容も変えてみましたところ、一昨日の午後くらいから軟便状態は改善されて来ました。

 一昨日の昼食にはチキンジャーキー2本を与えただけで、サルファ剤を飲ませました。
又、夕食にはチキンジャーキー2本を与えただけでした。
 まだ、アランは欲しそうにして、私を見て盛んに吠えるのです。お腹の具合が改善してきて、食事の催促かなと思いました。食事の作り置きはありませんでしたので、20時頃に、「ご飯+芋を刻んだもの+茹で鶏を刻んだもの」をオジヤ風に炊き、それを冷ましてから与えました。その後(一昨日)2回目のサルファ剤を飲ませました。獣医さんから「米」や「根菜類」がお腹にはよいと聞いたので早速実行してみたわけです。
 一昨日から昨日にかけて、アランは1回だけウンチをしましたが、形状の整った摘まめる固さのウンチをしました。

 昨日は、朝、作り置きの「オジヤ」を与えましたが、これには余り口を付けず、残しました。昼は、この食べ残しに「茹で鶏」を刻んで与え、完食してくれました。

 このまま行けば、「3回目の幹細胞療法」は受けなくて済みそうです。幹細胞療法は非常の高価(約10万円/回)ですので、私の小遣いが大いに助かります。















 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 15日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせていました。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、一昨昨日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配していました。
 しかし、一昨日午後辺りから回復してきました。

・ 7時頃に、チキンジャーキー1本と「オジヤ」80gを与えました。が残しました。
  サルファ剤を与えました。

  一昨〃日位からアランは軟便気味で食欲も今ひとつのようで心配しています。でもジ
  ャーキーやハミガキトリーツなら喜んで食べます。


・ 11時頃にチキンジャーキー本と「オジヤ」80gを与えました。

・ 16時頃にチキンジャーキー本と「オジヤ」80gを与えました。
  ネフガード、プレニドゾロン、サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは1回だけでしたが、摘まめる程度の固さでした。


 15日は晴れていましたが、都心の最高気温/最低気温は4.7/―2,3℃(一昨日6.3/―0.5℃、一昨〃日12.7/1.4℃)でした。遂に最高気温、最低気温共寒かった一昨日よりも低くなりました。将に冬、それも記録的?寒さかも知れません。

 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜からも点けています。

 15日も新潟や北陸を中心に大雪に見舞われました。関東北部はもちろんのこと、中部地方、中国地方、四国地方にも所により20cmを越える積雪があったそうです。




【編集】 |  07:24 |  その他  | CM(0) | Top↑
2017.01/15(Sun)

動物病院に 


 昨日の午前中に動物病院に行ってきました。
 アランは一昨〃日辺りから「野菜のミックス」と「茹で鶏」を2:1位で混ぜたものの内、「野菜のミックス」を食べ残すようになり、その翌日から「茹で鶏」も食べ残すようになりました。便も柔らかめで、日に1~2回と回数は少ないのですが、正常でない感じでした。 

 動物病院では問診、触診の後、糞検査、検温の後血液検査をしてもらいました。
血液検査は腎臓機能の低下の経過を見るものでした。

 血液検査の結果は、

・ 栄養
  総タンパク、アルブミン、グロブリン、血糖値とも正常値範囲でした。
・ 肝臓
  ALTは正常範囲を超え、悪化していました。
  ALKP、GGT、コレステロール、ビリルビンは正常範囲でした。
・ 腎臓
  BUNは前回よりも改善されていましたが、正常範囲を僅かに超えていました。
  クレアチンは正常範囲でした。
・ 血球
  ヘマトクリット値、ヘモグロビン、白血球数、血小板は正常範囲でした。
・ ミネラル
  カルシウム及びリンは正常範囲でした。
・ 電解質
  カリウムは下限を僅かに下回っていました。これは下痢症状に依るものらしいです。
  ナトリウムとクロールは正常範囲でした。

 以上の結果から、
・ ネフガードは続けたい
・ レンジアレンはリンを下げる作用があるが、これも当分続ける

 サルファ剤10日分が処方されて、これで下痢が治らない場合には「幹細胞療法」(前回は8月25日に第2回目を受けたので、約4.5ヶ月位維持できたことになります)になるかも知れないと言われました。

 11時には病院から帰って来たのですが、12時頃から空が急に暗く曇って来て、雪が激しく降ってきました。でも30分位降った後は、曇りながら空が明るくなりました。






 ピンぼけはコンデジによくあるものでしので、ご容赦のほどを。





 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



 14日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせています。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、昨日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配しています。

・ 7時頃に、チキンジャーキー2本だけ与えました。
  プレニドゾロンとネフガードを与えました。

  一昨日位からアランは軟便気味で食欲も今ひとつのようで心配しています。でもジャーキーやハミガキトリーツなら喜んで食べます。


・ 11時頃にチキンジャーキー2本とハミガキトリーツを与えました。

・ 16時頃に茹で鶏40gを与えました。
  サルファ剤を飲ませました。

・ ウンチは2回しましたが、軟便気味でした。


 14日の都心の最高気温/最低気温は6.3/―0.5℃(一昨日12.7/1.4℃、一昨昨日12.1/0.7℃)でした。遂に最高気温が一桁、最低気温が零下となってきました。
 我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、14日の夜からも点けなければならないようです。

 14日は、北海道、東北及び北陸は猛吹雪に見舞われ、所により積雪40~100cm/24hrに達したというニュースですし、更に日曜日にかけて大寒波が襲ってくる予報で、新潟、北陸、山梨、長野、関東北部、東海、近畿及び北海道等のこの冬一番の寒さで、大雪の予報です。
14日と15日は大学入試センター試験ですが、大雪にならないよう祈るばかりばかりです。



【編集】 |  06:36 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.01/14(Sat)

昨日は次女が赤ん坊とラヴィを連れて来宅 


 昨日は、次女が赤ん坊とラヴィを連れて来宅しました。赤ん坊はこの10日で生後6ヶ月経ちました。この前来宅したのは正月2日ですから、それから僅か11日しか経っていないのに、それまでは週2回も会っていたので、随分永いこと会わない気がしていました。
 この時分の赤ん坊は目に見えて成長するようで、家内があやすと声をあげて応える度合いが増えたようです。
 次女宅では一昨日half birthdayの祝いをしたということでした。

 ラヴィは大人しくてフレンドリーなことは昔とかわりありません。コタツに入った私の膝の上に乗って長くなっていたことが2回ありました。体重5kg近くありますので、長時間ですとその重さがずっしりと応えました。でも、昔の飼い主を忘れていないなんて、その律儀さには感慨一入です。アランはほんの偶に膝に乗ってくることはありますが、人の傍に横になっているか、偶に動くときはちょこまかしていて、ラヴィとは様子が全く違います。

 写真で2頭が一緒に写っていますが、こんなことは本当に稀なことです。家内がトリーツを見せてつっているのです。

 













 私の体調の件に関しては、(悪いままで)変化が無いので、当分省略します。



13日のアランの様子については、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせています。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきました。
 が、昨日辺りから食欲が無くて、軟便気味なので心配しています。14日には動物病院行きかも知れません。

・ 7時頃に、チキンジャーキー2本だけ与えました。
  サプリはナシにしました。

  一昨日位からアランは軟便気味で食欲も今ひとつのようで心配しています。でもジャーキーやハミガキトリーツなら喜んで食べますので、判断に迷うところです。


・ 11時頃にチキンジャーキー2本を与えました。

・ 17時頃にチキンジャーキー2本とハミガキトリーツ1本を与えました。
  併せてネフガードとプレニドゾロン1/4錠を飲ませました。

・ ウンチは2回しましたが、軟便気味でした。


 13日の都心の最高気温/最低気温は12.7/1.4℃(一昨日12.1/0.7℃、一昨〃日11.0/4.3℃)でした。我が家では、最低気温が零度を下回りそうな晩には、屋外温水器のパイロットバーナーを点けて寝るようにしていますが、13日の夜からは点けなければならないようです。

 昨日は、朝から天気がよく、ガラス戸越しに陽が射し込んでいました。でも夜の冷え込みは厳しい見込みなようです。
昨日は、北海道、東北及び北陸は猛吹雪に見舞われ、所により積雪40~100cm/24hrに達したというニュースですし、更に日曜日にかけて大寒波が襲ってくる予報で、新潟、北陸、山梨、長野、関東北部、東海、近畿及び北海道等のこの冬一番の寒さで、大雪の予報です。
14日と15日は大学入試センター試験ですが、大雪で交通の足が大きく乱れることの無いように祈るばかりです。



【編集】 |  06:06 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT