新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 犬の病院関連
2018.02/04(Sun)

昨日アラン動物病院へ 


 昨年12月30日以来の動物病院通いでした。アランは血液検査とエコー検査を受けました。
前回は、腎臓系の数値は改善したのですが、肝胆系の数値は悪化していたことが分かりました。そこでを受けています。

今回は、

・ まず、体重測定では4.3kg(前回4,54kg)ということで、食餌の所為か、或いは肝臓の嚢腫の進行の所為か、との指摘がありました。

・ 血液検査・食餌状態を示す「栄養」の項では、
a.総蛋白は、正常値
b.アルブミン、同上
c.グロブリン、同上
d.血糖値、同上

と全く問題ありませんでした。与えるフードについてのアドナイスは後ほど。

・ 血液検査・肝臓機能
a.ALP、正常範囲を僅かに超えているが、まず問題無し。
b.ALKP、これも正常範囲を僅かに超えているが、まず問題無し。
 c.GGTは正常範囲を大幅に超えている。これは胆管閉塞、や胆管肝炎等の場合。
 
・ 血液検査・肝臓機能
a.BUN、これは正常範囲を僅かに超えている。
b.クレアチニン、今回は正常値範囲に納まっている。

・ 血液検査・血球
a.ヘマトクリット値、正常値範囲
b.ヘモグロビン、同上
c.白血球数、同上
d.血小板、正常値範囲を僅かに超えている。



 上記の説明を受けた後、エコー検査に移りました。

・ 胆嚢内に以前通り胆泥が見られること。相変わらず改善されていないこと。
・ 肝臓の径1cmの囊胞は大きくなっていない。
・ 胆管の出口に相変わらず拡大が見られる。
・ 片方の腎臓にも囊胞が見られる


 以下、獣医との質疑の内容、

・ 胆泥の改善にもっと効く薬は無いのか
  今呑ませているウルソ50mg/日、スカパール1/8錠×2/日に代わるものは無い。
・ 肝臓内の直径1cmは1ヶ月では大きくなっていないこと。周囲のリンパにも腫れ見られない。大きくなるようなら生検を薦める。
・ 従来の薬を継続して1ヶ月後に再検査する。

 その他の事項は、

・ 体重については1ヶ月に0.24kgも減少するのは痩せすぎである。
・ 腎サポートと普通のフードを混ぜて与えているらしいが腎サポート100%が望ましいこと。腎サポートでも対腎臓対策上蛋白が低い物が望ましいこと。
・ 今のアランは見た限りでは元気である。ウンチは一度に纏まった量で摘まめる程度の固さである。
・ 給餌量を増やすとウンチが柔らかくなる。給餌量を増やさず、比率を変えてみたい。




スポンサーサイト
【編集】 |  08:45 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2018.01/01(Mon)

新春のお慶びを申し上げます・アランのこと 


 新春のお慶びを申し上げます。当地方快晴で初日の出も拝めました。
この年齢になりますと、歳を重ねるのが嬉しくなくなり、新年も嬉しくも有り嬉しくも無し、の心境です。12月27日に自動車運転免許の更新のための「認知症機能検査」に行ったのですが、その中には如何にも「萎びた」ような様子の方々を見て、いずれ私もあのようになるのかと半ば恐怖に近い感情を抱きました。



  それともう一つ、新年早々から「犬の訓練ブログ」と称しながら、飼い主と犬の「闘病日記」ばかりで申し訳ない限りと思っています。

一昨30日にアランは動物病院に行きました。

  去る16日にアランは前回の血液検査の結果、腎臓系の数値は改善したのですが、肝胆系の数値は悪化していたこともあり、エコー検査も同時に受けました。

・ 胆泥症は相変わらずのようです。
・ 肝臓に小さい陰(1cm程度)が見えるのですが、前回とほぼ同じ大きさでした。
  注射針でサンプルを取るか、開腹手術して該部を摘出し同時に生検に出すかのどちらかであるが、14才6ヶ月のアランの全身麻酔は負担が大き過ぎる感があること。
・ 「カゲ」は悪性のものでは「真っ黒」に写ることが多いが、アランは「灰色か白黒斑」に見えて「悪性」とは思えないらしい。今後定期的に、その大きさを観察することでよいのではまかろうかということ。
・ 飼い主としては、アランの命を縮めることはしたくない、身体への「負担」を考え「全身麻酔」は出来るだけ避けたいのが本音です。
・ 胆管が拡大していること。これは出口に詰まりがあったこと乃至まだ詰まりがあることを示しているようだ。

・ その他の事項は、
  体重は4.54kg(2週間前は4.48kg)
  体温38.5℃
  お腹の何処を押しても痛みはないし、硬いしこりもない。

 そういうことで、次回は1ヶ月後とする。
 最近は年齢の所為か、大部分の時間は眠っていることが多いのですが、食欲のある時だけは元気良くしています。しかし、食欲不振?のこともあり困っています。

 食欲不振の原因は、

・ 毎回同じものを食べさせていると飽きることがあるのだろうか。
   今主として与えているものは、サンプル200gをいただいたときには、ガツガツとした食べっぷりでした。
・ こんなことはアランには何度も前科があるのです。
・ サンプル200gの結果から2.5kg袋を2袋購入したのですが、まだ1袋以上のこっています。
・ そこで以前購入していたフードを与えましたら、食べましたので、今はこれを食べさせています。
・ 野菜も茹でブロッコリーをよく食べることがあるかと思えば、別のときには「プイッ」と横を向いてしまいます。
・ あるときには「生キャベツ」を喜んで食べることがあります。
・ 「嫌」だと態度で示せば、飼い主が根負けして「好きなもの」を出してくれると読んでいるのだろうか。もし、そうなら「アランは大物」です。


 肝機能を示す、

・ ALP、ALKP及びGGTの値は正常範囲の上限値を超えています。

 血球の状態を示す、

・ ヘマトクリック値とヘモグロビン値は正常範囲の下限値を僅かに下回っています。
  しかし、老齢犬にはよく見られる傾向だと云うことで、経過を見守りたいと思っています。
・ 白血球、血小板及び網状赤血球は正常範囲でした。





【編集】 |  09:36 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.12/19(Tue)

16日、アラン動物病院へ 


  アランは血液検査の結果、腎臓系の数値は改善したのですが、肝胆系の数値は悪化していたことが分かりました。そこでエコー検査を受けました。

・ 胆泥症は相変わらず改善されていません。
・ 肝臓に小さい陰が見えるので、最終的には麻酔して生検の試料を取る必要があるようですが、取り敢えず2週間後に再度エコー検査で変化があるかどうか見ることになりました。
・ 胆管の腸への出口に詰まっていた形跡が見られること。この前元気がなかったのはこの所為ではないかと思われます。

・ その他の事項は、
  体重は4.48kg。心臓に雑音無し。右後ろ足の反射神経は問題無し。
  背骨は何処を押しても痛みはない。体温正常。身体全体に突起物等は無い。


 何よりも嬉しいのは、最近は元気が大変良く、食欲も旺盛旺盛なことです。これが線香花火のようにならないで、長期間続くことを願っています。





【編集】 |  06:01 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.12/05(Tue)

12月2日は狂犬病の予防注射に 


 去る2日に狂犬病の予防注射を受けてきました。実は例年4月の集団接種のときは、ラヴィだけ受けて、アランは受けませんでした。

  アランは、当時原因不明の軟便が続いていて、体調不良のために受けなかったのです。
その後、体調が回復したのですが、狂犬病のことは忘れていました。その状態のまま来年の4月に受ければよいのかと思っていました。所が市役所から、予防注射を受けていないので、その後の対処につき照会があったのです。まさか、市役所からそんなことが来るなんて全く知りませんでした。
  市役所には、12月2日に受けること、注射後証明書を持参することを、電話済みです。

  私は、来年は年末に受ければよいのではと自己流解釈をしていましたが、4~6月に受けるよう狂犬病予防法で決まっているそうです。

 尚、体重は4.7kgで11月30日よりも0.1kgだけ減少していました。


 注射をしているときに「水戸黄門杯の賞状」がいくつも掲げられているのがみえましたので、精算のとき経営者のご夫婦?と話し合うことが出来ました。

・  水戸黄門杯にはシェパード出だしていたこと
・  今は小型犬のMIX犬で、週一で訓練士に来て貰って訓練して貰っていること
・  ただ、訓練は訓練士任せのようでした。
・  アランは訓練が入った犬らしく、非常に落ち着いていること。
・  体毛の量等はとても14才には見えないこと
・  5~6年間も全訓練しないとすっかり忘れてしまうこと

等々話が弾みました。外交辞令かも知れませんが、自分の犬を褒められるのは嬉しいことです。



【編集】 |  08:03 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.12/03(Sun)

30日には動物病院に行きました 


 30日アランを動物病院に連れて行きました。22日に採取したホルモン検査結果表を貰いましたが、数値的に示されただけで、これは電話で「異常なし」と連絡を受けていたものです。

 次に、私の方から先回以降のアランの様子を話しました。

・ 22日の早朝まで「シブリ便」をして元気もなかったのに、正午近くに自宅に帰ってからは、「元気が元に戻り」、「昼食も食欲旺盛で」、その後の便通も「かたまり状のウンチ1~3個」であること。
・ 今日時点でもその状態は続いていること


 それから血液検査を再度して貰いました。その結果は、

・ ALT、BUNとクレアチンの値が上がっている
・ ALKP、GGT、コレステロール、中性脂肪は大幅に下がっている、がまだ基準値には及ばないものがある


 今後については、

・ ウルソは続ける(前回30日分処方)
・ タンパク質制限のため、鶏胸肉は止めることとする
・ 次回は2週間後に血液検査をする


 尚、体重は4.8kg(対前回+0.25kg)でした。食事量はミニスケールで計量していること、トリーツZERO、どうしても欲しがるときはリンゴ小片数個や野菜をやっている程度なのに、体重増加にはびっくりしています。




【編集】 |  06:51 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.11/25(Sat)

22日朝一番でアラン動物病院へ 


22日
 22日も早朝のトイレの様子は昨日と同様でしたので、朝食抜きにしまして動物病院に行きました。

 去る16日に採取した血液検査の結果が出ていまして、中性脂肪や総コレステロール等が判明しました。腎サポートと鶏胸肉だけの食事なのに、どうして異常値が出るのか判りません。

 このため、ホルモン検査(甲状腺と副腎)をお願いして、午前中病院預かりということになりました。
ホルモンの異常がなければ、幹細胞療法(昨年2回受けた)?が必要になるのではないかと心配しています。

 16日血液検査の日などは、吠えて食事を催促したり、食事容器を定位置に用意しようとすると待ちきれなくてグルグルと何回も回ったり、食事が終わってもまだくれと催促する始末でした。
しかし、今はそんな元気は無く、食事を与えなくても、静かにしている事が心配です。


 12時過ぎに迎えに行き、ホルモン検査は3日位かかるということでしたが、超音波検査の結果「胆泥症」が発見されました。病院では血液採取だけだったと思われるのですが、自宅に帰ると今朝までの元気の無さが嘘だったように、元気一杯で、食欲も旺盛でした。

 昼は、
「常用ドライ12g+鶏茹肉11g」

をやるとペロリと完食しました。ついでにリンゴの小片を5~6片与えました。

 ホルモン検査の結果が出るまでは「ウルソ1錠/日、整腸剤2カプセル/日」のみの服用です。
今は病院で疲れたのか、静かに横になっています。

 夕食は、

 「常用ドライ15g+鶏茹肉10g」

としましたが、ペロリと平らげました。まだ欲しそうにしていたので、リンゴ小片10ヶ程を上げました。
 病院から帰宅後夕方まで「大」の方はしていません。元気が無かったときは、何か急性の症状が出たとしか考えられません。今夜から明朝にかけてトイレがどんな風になっているのか不安は残ります。


23日
 昨晩は「大」はしませんでした。まだサンプルの再開はしていません。
朝、昼は、

 「常用ドライ15g+鶏茹肉10g」

を食べさせました。14時10分頃昨22日の正午以降で初めての「大」をしました。
 下の写真に2ヶ示しましたが、この写真の2ヶの半分位のものと合計3ヶでした。
その固さは摘まめる程度よりも遙かに固いもので、まずは一安心です。



下の方の黒いのは「大」ではなくて、シーツの隙間です。

 23日は娘達家族が集まってくれて、妻の○○才の誕生日のお祝いに来宅してくれました。


24日
 24日朝8時頃トイレに1切れだけ「大」があり、固さは思ったより固い状態で、薬を呑んでいるとはいえ、下痢の状態はよくなったようです。
この日はケアセンターへの通院日です。



【編集】 |  08:09 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.10/30(Mon)

アラン抜糸 


 一昨28日に、去る14日に手術を受けたアランの体幹尾部のイボ除去手術の抜糸をして来ました。イボの生検結果は悪性の兆候は無かったし、手術も境界付近はすっかり綺麗に取り切れていたようです。
 手術の際、患部周囲は5cm角に毛を刈る必要があるとの初期の話でしたが、私が「パピヨンは毛が命、背中にハゲは有るパピヨンなんて、、、」と強く主張したため、最小限の毛刈りにしてもらった結果、目立たない姿になりました。

 アランの最近の様子は、すっかり元気が出て来て、食事も「その場でグルグルと回って」催促するようになりました。

 体重は4.65kgで、ダイエットはこれ以上続ける必要はない位触るとアバラ骨が分かるようになって来ました。
食事は、

(鶏胸肉(蒸し鶏)10g+腎サポートdry12.5g(400kcal/100g)+蒸しキャベツ20gで60kcal+α)/回×3回/日

です。

 腎臓にはタンパク質を制限する必要があるそうで、鶏肉はナシにした方がよいと獣医さんはおっしゃるのですが、鶏肉無しでは食べてくれないので困っています。

 11月になるとキャンペーンで血液検査料が半額になるそうですので、あと数日待つつもりです。

 そう言えば、車にはスクラッチ傷が数カ所あるのですが、いつどこでついたのか分かりません。こちらの方も11月中旬以降にキャンペーンで30%引きになるそうですので、こちらも待っている状態です。




【編集】 |  08:41 |  犬の病院関連  | CM(1) | Top↑
2017.10/15(Sun)

アランの手術 


 昨14日に尾っぽの付け根付近に出来たイボ状のものを手術しました。

 最初5cm真っ角に毛をバリカンで刈らないと、消毒が十分出来ないため、感染病の恐れがあると云うことだった。私は「毛が命のパピヨン」の背中にハゲがあるなんて聞いたことがない。粘着テープ等を使って手術跡が外見上見えないようにして欲しいことを申し入れました。

 体重測定では前回より100g減量していました。

 朝10時に入院させ、16時に迎えに行きました。麻酔は局所麻酔でした。朝食は半分位しか食べていなかったので、退院直後から「食べさせろ食べさせろ」と五月蠅く付きまとわれました。エリザベスカラーは病院では付けていましたし、退院後も少しの時間付けていましたが、取っても背中の手術跡には届かないので、結局取ることにしました。

 退院後のアランは元気いっぱいです。今日手術を受けたような感じは全くありません。
薬は化膿防止のための抗生剤と整腸剤とを日に2回投与するだけです。これを飲ませる時は口をこじ開けて喉の奥まで押し込む必要があります。

 尾っぽの付け根付近の背中にイボ状のものが見えます。




 退院後リビングのテーブル下で休んでいる状態です。手術前とは全く同じように見えます。どこを手術したのか判らないと思われます。








 手術跡の状態です。黒い糸が縫合糸です。







 抜糸は2週間後だそうです。その時までには手術で「イボ部」が完全に取れたかどうか生検結果も出ています。



【編集】 |  06:49 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.09/25(Mon)

アラン動物病院へ・でき物の診断結果が出ました 


 9月16日採取したアランの背骨に沿って尾っぽから6cm位頭よりの“イボ状”の針生検に専門医の診断書が届いたというので、23日動物病院に行ってきました。

 この“イボ状”のものは、家内が数ヶ月前に発見していたものですが、その後動物病院には度々行っていたのに忘れる程度のものでした。
16日も思い出して「序でに」と思って診て貰った程度のことなのです。

 診断書に依りますと、

・ 直ちに悪性と判断されるような強い異型性ではないこと。
・ 皮脂腺上皮腫が一に考えられること。
・ 皮脂腺上皮の多くは切除により良好な予後が期待できること。
・ 稀に低悪性度の皮脂腺ガンにもなる可能性があること。

から切除を薦められました。

 どれ位の範囲毛を刈るか尋ねました所、5cm角位だというのです。感染予防にはそれくらいは必要だと云うのですが、「毛が命」のパピヨンの背中が禿げているなんぞみっともなくてなりません。

 出来る限り、毛を範囲を小さくして、目立たないように申し入れ手術を受けることにしました。しかし、切除した部分の「ハゲ」は残ることになります。

 手術料とイボが取り切れているかどうかの生検費用もかかることになります。

 イボが判ると思います。




 指さしている所にあります。







【編集】 |  07:46 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2017.09/20(Wed)

ラヴィを無麻酔歯石取りにつれて行った 


 昨日はスクールガードの日でした。先週のこの日、胆管ガンのため休み始められた方のうわさをしていたもですが、その方の奥様が昨日挨拶に見えられました。8月18日ご逝去だということでした。本当に物静かで、誠実で、まじめ一方もはたでした。享年74才、惜しい方を亡くしたことが悔やまれます。


 昨19日に次女がラヴィを連れて来宅したので、通い付けの動物病院に私が連れて行きました。
 ラヴィは妻の反対にも拘わらず、九州のブリーダーから引き取ったのですが、私の体調が悪くなり、多頭飼いが無理になることを、次女が察して引き取ってくれたものです。
妻から+は事ある毎に“ナオチャンに感謝しなくちゃ”と云われています。
 ラヴィはおとなしくて素直な子で、どんな犬にもフレンドリーに接する事が出来る将に一般の家庭犬向きの犬なのです。

 今日の歯の検査では、

・ 歯石の蓄積はそれ程ではありませんでした。
・ 歯茎の一部が腫れていること。
・ 歯茎に化膿している所が1箇所あること

から、抗生物質を朝晩飲ませ、1週間後の27日に再び通院することにしました。




【編集】 |  08:08 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT