新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 競技会見物

04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.12/09(Sun)

ジーガー大会を観に行く 

 今日は晴天だったが、気温が低く寒い一日でした。
朝10時半頃に家を出て、大凧会場の対岸で行われたJSVのジーガー大会(日本シェパード犬登録協会の競技会)を見学しました。参加者は意外に少なくて、南は京都あたりのナンバープレートの車もありました。
 見ていても退屈極まりないので、アランの訓練をしようと思いました。草っ原が広々としていますので存分に訓練が出来ると思ったのです。所が、アノラックを着ていますと汗が出るし、そうかと云ってアノラックを脱ぐと寒くて叶いませんでした。風はそんなに強くはありませんでしたが、物凄く冷たい風でした。人生思うようにはいかないものです。凡そ13分ばかり訓練して、早々に止めにしました。


 これが「自主練を再開・4+3日目」の結果でした。


 自主練に当たり、注意した点は、

・ 脚側行進は集中に注意し、小股にならないようにしました。
・ 科目の最後の脚側停座では曲がらないように注意しました。
・ 招呼では、コイ!と呼んで、左足のつま先を外に開いて、ぶっつかりをしないようにしました。
・ 停座のイザリの防止には、木ぎれを前足の直前に置いて目印にしました。(招呼)
・ 3作業に機敏性に追求のため、コマンドをかけると同時に停止しました。
・ 股くぐり歩きでは、吠えさせないように注意しました。



 12時から始まった開会式で、一瀬武志氏(川越のいちのせ訓練所の所長さんで、ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)訓練範士・A級訓練審査員、日本警察犬協会(PD)一等訓練士正、 日本シェパード犬登録協会(JSV)訓練師範)が12月4日に亡くなられたことに対し、黙祷が捧げられました。享年66才だそうです。


 シーガー大会の一こまです。


 ジーガーのギャラリーの様子です。jkcの競技会に比べて極く小規模でした。

ジーガーのギャラリー


 「服従」の1科目目の(紐なし)脚側行進の様子です。jkcの「紐なし脚側行進」と同じでした。




 本当は「前進」を見たかったのですが、寒いのと退屈なので、見ずに帰宅しました。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:15 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2012.11/07(Wed)

4日のjkc本部訓練競技会について 

 4日にjkc本部訓練競技会の見学に行った際、3部(cd-2、アマの部)の理事長戦は是非とも見たいと思っていたのですが、既報の通り3部の理事長戦が始まるまえに帰ってしまったものですから、見ることができませんでした。その結果がどうなったかは大変気になっていました。

 昨日訓練教室の方に電話して訊いてみましたら、私の通っている訓練教室から2ペアーが理事長戦に進出したということでした。


 2頭の内、ボーダーの“イナちゃん”(指導手はN婦人)が理事長賞を獲得したということでした。“イナちゃん”の俊敏さ、運動性能は抜群で、たとえば「フセ」から「スワレ」をするときなどは前足を使わずに前足を伸ばしたまま身体を起こして一気に座ることができて、それこそ背筋力で身体を起こして前足を引き上げているような形です。“イナちゃん”はアジもやっていて、そのすばらしい走り、俊敏さは目を見張るものがあります。

 もう1頭の、フレンチブルの“チーたん”(指導手はO婦人)は理事長戦で惜しくも敗れてしまったということでした。“チーたん”は集中がすばらしく良くて、訓練モードに入った途端に、指導手の方を見上げてその目を片時も外しません。“チーたん”は前年にもグループ戦に1席になり理事長戦に進出した実力派です。


 それにしても決勝進出8頭の内、この訓練教室から2頭もが占めたことは本当にすごいことだと思っています。
この訓練教室には、上記2頭と同等乃至劣らないであろう犬が2~3頭はいます。これらの訓練の指導をなさっているT所長の犬の訓練に対する姿勢や訓練手腕がいかに立派かと云うこと改めて証明されたということでしょう。しかも、訓練方法は個別レッスンではなくて、集団レッスンだけですからすごいものです。



 今日のアランのお尻の炎症部の写真です。目で見ても外見からはほとんど炎症が分からなくなりました。僅かに色が変わっている部位が炎症部です。今まで炎症部を舐めて湿った状態になっていましたので、昨日は一日中カラーを着けておきました。
 肛門付近の腫れが多少あるかな、元々そうであったかなという具合ですが、炎症部周辺を押しても痛がったりしませんので、大丈夫かな?と思っています。




お尻の炎症部1


お尻の炎症部2





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:58 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2012.11/05(Mon)

jkc本部大会を見学 

 昨日は朝9時半に家を出て、篠崎緑地で開催されているjkc本部訓練競技会を見学してきました。犬3頭も連れて行きました。
 お世話になっているk氏をお誘いしましたら、見たいということでしたので、同伴しました。同氏は昔秋田犬を飼い、品評会に出陳していたそうですが、訓練競技会は見たことがないそうでした。篠崎緑地の会場を見て、会場の広さ、車の多さや競技種目の多さに驚いておられました。
 10時半前には会場に着いたのですが、出陳目録も持っていなくて、見る目的も特別あるわけではなかったので、一寸気抜けしました。会場を一通り見て回り、フライボールを見て、13時過ぎには、会場を後にしました。

 犬3頭は1頭づつトイレ散歩させた他は、クレートに入れて車に置いておきました。日差しが結構強くて、窓を少し開けてはおりましたが、車中の温度が上がって熱中症が気になり、場内を見て回るときもそのことをしきりに気になっていました。

 会場の雰囲気はおっとりとした落ち着いた雰囲気のように感じました。自分が出陳していないと緊張感が全く無く、こういう雰囲気だったのかと再認識しました。出陳犬数も少ないようでした。(3部(cd-2)では1組当たり23~24頭で8組)

 やはり競技会は見るものではなくて、出場しなくてはおもしろくありません。


 今日のアランのお尻の炎症の状態です。毎日同じ部位を撮っていますが、変化はないようです。

strong>

お尻1


お尻2

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:55 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2011.06/28(Tue)

FCI東日本インターを見学・その2 

【FCI東日本インターを見学・その2】

 一昨日のFCI東日本インター競技会を見学していて次の点を強く感じました。
これらの点は、グループ戦を勝ち上がる上で必要でしょうし、理事長戦を戦う上でも必要かと思っています。

・ 勿論、大きなミスは侵さないこと。

・ 脚側停座や脚側行進のときには指導手に集中していること。
 講評では「途中で集中が切れた」との指摘が多かった。又、集中していないと、楽しそうに競技していないと指摘されているイヌが多かったようだ。

・ 紐付き脚側行進では、ヒモを持った方の手は固定せず、軽く振ること。

・ 理事長戦の講評で『脚側停座』が遅いとの指摘が散見されました。この場合『脚側停座』とは、脚側行進してホームポジションに戻ってからの『停座』のことかと思われます。
 特に理事長戦の場合には、歯切れ良く、回り込んで直ちに坐ることが必要なようです。

・ 停座及び招呼は離れてから呼んだら、一気に駆けてこなくてはいけません。歩いてくるのは全く迫力がありません。

・ その場の伏臥では、やはり「一発フセ」が出来ると印象が特に良いようです。(これが出来た犬はごく少数でした)

・ その場の立止は、前足を動かさないでスックと立つこと。

・ 常歩行進中の伏臥では、命令と同時に瞬時に伏せること。伏せ終わるまでに時間を要するイヌが多かった。まして「2段ブセ」は理事長戦では論外。

・ 常歩行進中の停座では、命令と同時に停座すること。動作を開始してからお尻が着くまでに時間を要するイヌが多かった。

・ 常歩行進中の立止では、命令と同時に停止しその後は足の位置を変えないこと。命令してから2~3歩動くイヌが多かった。

・ 股くぐり歩きでは、スピードが出ないと見栄えしない。8の字股くぐりでも同様。

・ お手(おかわり)では、オテで片手(前足)を取ってから放し、指示によりそのままの姿勢でオカワリを命じて同じ手でもう一方の手(前足)を取ること。

jkcの実施要領に依れば、

『 31.お手・おかわり
 犬を所定の位置に脚側停座させる。指示により指導手は犬と対面し、指示により犬にお手を命じ、犬の片方の手を軽く握り、指示によりもう一方の手を軽く握った後、指示により手を離し、指導手は直立し節度をつけ、指示により脚側停座させて終わる。
 指導手が差し出す手は、片手のみとする。(指導手が犬の手をとりにいくような誘導的態度は減点となる。) 』

少なくとも競技会に出る方は、実施要領は読んで理解しておくべきと思います。(CD―Ⅱの場合わずか10科目だけです)

 尚、オテをして放し、一旦身体を起こしてから、オカワリで再度身を屈めるのは『体符?』と見なされるようです。身をかがめてオテをしたら、そのままの姿勢でオカワリをすることが必要なようです。





 

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:10 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2011.06/27(Mon)

FCI東日本インターを見学 

【FCI東日本インターを見学】

 昨日26日はFCI東日本インター競技会が野田市スポーツ公園で開催されましたので見学及び応援に行ってきました。家から片道16kmですから、競技会場としては一番近い所です。曇り空で前線の影響で丁度良い気温で24日までの酷暑が嘘のような気温でした。
ただ、駐車場は満杯状態でしたが、その割に出陳者は意外に少なくて、3部ですとアマの部3組、プロの部3組でした。

 アランはもう回復していると思うのですが、発症のときには即時に不参加を決めましたので、残念ながら応援兼見学となりました。

 我がレッスン教室からは7頭が参加していましたが、中にはミスをするイヌもいましたが、おしなべて好成績でした。


 その他知り合いの方も沢山出ていました。その中でもご婦人が牽いたフラットが目に止まりました。このイヌは外産(デンマーク)で、今日が競技会デビューだそうでした。常歩行進中の伏臥など常歩行進中の作業は、まだ声視符併用でしたが、それでもグループ戦を勝ち抜いたことは素晴らしいことだと思いました。きっとこのフラットはもっともっと伸びて来るものと直感しました。
 このご婦人は平成17年11月27日に川崎競馬場の駐車場で開催された「横浜クラブ競技会」の時以来の知り合いです。
 この横浜大会ではCD―ⅡはA組B組の2組だけでしたが、アスピが大会長賞を獲得したのです。アランはデビュー早々で、9席と奮いませんでした。このご婦人のグループ(確か3~4人)がアランの当時の脚側行進を見て、この子はきっと素晴らしいイヌになる、とベタホメされ、その後のアランの訓練の励みになったことを思い出しました。アランの今日あるはこのご婦人の「過分のお褒め(お世辞?)」のお陰かもしれないと思ったりしています。

 理事長戦を見ていて気がついたのですが、「その場のフセ」で所謂「一発伏臥」が出来るイヌが意外に少ないのにはびっくりしました。
 また、常歩行進中の作業も動作が遅いイヌが多数を占めていて、指示と同時に瞬時に作業するイヌは数少ない有様でした。


 3部の理事長戦、8部の理事長戦を見終わって帰路につきましたが、やはり競技会は見るものでなくて、出場しないと面白くありません。


 明日は感想を書いてみたいと思います。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:26 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2011.01/25(Tue)

22日(土)、OPDESのオビを見学 

【22日、OPDESのオビを見学】

 ベストオビ決定戦の動画(抜粋版)です。



 3頭目のボーダーコリーがベストオビを獲得しました。1頭目のシェパードの「左反転ターン」は非常に綺麗に回っており、アランも見習いたいと思っています。


 本当は遊歩道でアランを訓練したかったのですが、意外に疲れてそれもせず仕舞いでしたが、車に戻ってから少々練習してみました。




 1席犬等の脚側行進とアランの脚側行進とを比べて見ると、

・ 1席犬の方が頭が固定して、動かないこと。これは犬の体格の差によるものだろうか。アランは小型犬のため頭を固定出来ないため(頭の位置が指導手の下肢部にあるので)だけであろうか。
・ オビ-3の1席犬(一番最初に演技した犬)の左反転ターンは、シャープさが感じられること。


 この動画からは座骨神経痛は感じられないようですが、「座薬+ホカロン+コルセット」はした状態です。足に痛み、違和感があり、足の運びがもつれる感じでした。
 最近は座骨神経痛のために練習が等閑になり、そのため「歩き方」を忘れていましたが、この練習で、ふとしたきっかけで思い出せたのは幸いでした。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:53 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2011.01/24(Mon)

一昨日はOPDESのオビを見学に 

【一昨日はOPDESのオビを見学に】

 一昨日22日はさいたま市秋ヶ瀬公園でOPDESのオビの競技会がありました。私も出場したかったのですが、腰の具合が悪いので泣く泣く欠場しました。
 我が教室の方も出場されるようですし、散歩がてら(にしては遠すぎる距離ですが)、アランの馴致も兼ねて見学に行って来ました。

 我が教室の方は2人出場されたのですが、つぶさに見学することが出来ました。いずれも優秀な成績でした。

 オビの最優秀を決めるベストオビ決定戦も観たのですが、オビ-1、同2及び同3の1席犬が脚側行進(横に付いて歩く)を演技するものでしたが、結果はオビ-1の犬が獲得しました。

 この犬は集中(指導手を見上げる)がもの凄く良くて、脚側停座や脚側行進中はほぼ99%近く指導手を見上げていましたし、各動作がきびきびとして、とても素晴らしい演技でした。
 余りにも素晴らしいので、指導手(ご婦人)に、「どうしたらそんなに指導手の方を見上げるようになったのか」を恥を忍んで訊いて見ました。

 その答えは、「最初の内はやはり“おやつ”で釣ったそうです。見上げたら“褒めて”“おやつ”、それを“おやつ”を段々減らして言葉だけで、犬は褒められているのが分かるようになったと云うことでした。

 褒め言葉も「頭を撫でて、“そう良い子だね~”」と心から褒めるのだそうでした。

 昨日の23日(日)は、我が教室を主宰されているT所長がOPRESのアジの審査員を担当されました。そのため集団レッスンは休みました。(教室はビルでM訓練士が担当して行なわれたようです。)


 明日、オビのベストオビ決定戦の動画(抜粋版)等をアップする予定です。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:50 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2009.05/17(Sun)

昨日の続きです 

【昨日の続きです】
 
 昨日の続きです。

 最初にお目にかかったS訓練士(D訓練士を紹介してくれた方)は先様から声をかけていただきました。今でも友好的で非常に誠意のあるかたです。アランのその後を聞かれ、思わしくないことを伝えると次のように言われました。
「それは飼い主が臭い嗅ぎするのではないかという疑念を抱いているからです。飼い主の頭の中から臭い嗅ぎの不安を払拭することこそ大事です。」
と云われました。
 しかし、この説には疑問があります。競技前の練習では「臭い嗅ぎ」の「に」の字もしないのにリンク境界を示す「紐」をくぐった途端に「臭い嗅ぎ」を始めことの説明にはなっていません。

・ 審査員への申告が終わり、競技に入るまでは、顔が地面に届かないようにリードを短く持ってみようと思っていました。
しかし、紐付き脚側行進に移ったらどうなるか、紐無しになったらどうなるか、はやってみなければ分かりません。
・ それと審査員と話し込んでいる間、アランを無視していることが多かったために、アランとのコンタクトが切れるのではないか、という指摘がありました。この為、審査員と話し中も、アランの挙動に注意しようと思っていました。
しかし、これも「リンクの入った途端に臭い嗅ぎ」するのですから、原因はこればかりでは無いと思います。
・ 「行進は直立して足を撓めた歩き方」は、審査員は出場犬の脚側行進だけみて、その犬の「技量」が分かるそうです。アランを少しでも集中させるためにと思っています。

 次にお目にかかったD訓練士(この方も非常に誠実な方です)にも同様のことを訊かれ、ほぼ同様の答えをしたのですが、
 「臭い嗅ぎ」が飼い主の所為なのかどうかを確認するためにD訓練士の知り合いの訓練士の方に、アランを牽いて競技会に出て貰ってはどうかという話になりました。知り合いの方に電話していただいたようで、T訓練士が検討してみると云って下さったということでした。

 帰宅後T訓練士の携帯に電話しましたら、非常に好意的な反応で、自分が忙しい場合でも弟子になるように手配してみるということでした。

 飼い主以外の訓練士が牽いて臭い嗅ぎをしなくても、飼い主の問題は解決出来ませんので、じゃーどうするかという問題は残ります。

昨日アラン一人で遠方にて「休止」させている動画です。ハイビジョンにするのを忘れていたため解像度が悪い点ご容赦願います。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:30 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2009.05/16(Sat)

opdes見学の記 

【opdes見学の記】
 
 今日は散々な一日でした。opdesの競技会にさいたま市秋ヶ瀬公園にいったのですが、ずっと以前に当日申し込みが出来ると聞いていたのですは、行ってみますと出来ないということで結局opdesの見学に終わりました。opdesの事務局にも電話したこともあったのですが、私は当日申し込みが出来ることを信じていますいたので、問題意識のない所に、疑念も何もありませんでした。

 今日実行しようと思っていたのは、
・ リンクの中に入る時から申告が終わるまで、リードを短く持って、顔を地面に付けさせないようにすること。
・ 審査員の話を聞いているときも、絶えずアランの様子を見ていること。
・ 行進は直立して足を撓めた歩き方をすること。

 以上の3つを実行しようとしたのですが、それも期待はずれに終わりました。

 今日の収穫はS訓練士、D訓練士、T訓練士に会えたことでした。色々アドバイスを貰い,D訓練士には審査の合間を縫ってopdesの詳しい話を聞くことが出来ました。

 来た序でにオビ1、オビ2を見学して動画を撮り、その間アランは草地に繋いで臭い嗅ぎしないかどうか監視しました。
 又、アトラクションstep1、2、3の実地による説明もあり、アトラクションstep1を人様がやっている動画も撮りました。ただ、失敗もありました。動画はフルハイビジョンで撮れるのにそれをセットし忘れたのでした。アランはその間草地で休止させていました。

 この1週間体調が悪くて、今回の他行も家内に大反対されました。不調をおして出かけたのにこのざまですから、何をかいわんやです。

これらの写真や動画は40~50m離れた位置から撮ったものです。

210516・アランノ休止1

210516・アランの休止2





 こんな状態なのに、本番で臭い嗅ぎをするなんて信じられない感じです。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  21:02 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2009.02/09(Mon)

競技会の見学 

【競技会の見学】
 
 昨日は千葉県野田市野田ふれあい広場(宝珠花橋下)で開かれた日本シェパード犬登録協会主催の「2009年日本単課目訓練ジーガー競技会」を見学に行って来ました。

 競技会は、「服従」は昨日あったそうで、今日は「防衛」と「追求」のみでした。
折からの河川敷を吹き渡る強風で、予行演習している犬もほんの数頭見られる位で、まして見物の犬なんか皆無でした。

  アランには、他の犬に見入った時に命令してみようと思っていたのですが思惑外れでした。それでもアランには折角来たのですから、草地でCD-?sの内、「休止」と「障害飛越(片道)」を除いたものをやってみました。吹いて来る風に吹き飛ばされそうなことが度々でした。

  これが終わって車の陰で「お回り」、「吠えろ」及び「モッテ」をやってみましたが、車の陰とは云え、アランの体毛の具合や時々与太付く様子から風の強さを窺い知ることが出来る程でした。

・ 「お回り」は規定通り3回お回りをさせてみました。




・ 「モッテ」の動画




・ 「吠えろ」も3~4回吠えさせました。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:30 |  競技会見物  | CM(1) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT