新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 訓練関係

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.10/28(Tue)

アスピとアランについて思うこと(続き・5) 


 これで、この件については終わりです。

 “執着的臭い嗅ぎ”をどうしてしなくなったのか、その矯正について述べます。

 自主練は私独りでやっていましたので、犬のことを常時見つめておくことは困難でした。
(例えば、フセさせて犬から離れて行く時)私の認識としては自主練の時や集団レッスンのときには決して“臭い嗅ぎ”や “執着的臭い嗅ぎ”はしないということでしたし、現に見つけたことはありませんでした。
又、集団レッスンの時は訓練士に、犬の挙動を見て居て、“臭い嗅ぎ”をしたら直ちに叱ってくれるように頼んでいました。しかし、6~7年の間、その機会がなくて過ぎました。

 丁度、訓練士が審査員役で、競技会形式で個人レッスン中の出来事でした。常歩行進中の伏臥(フセ)をやっているときでした。この科目は、犬と一緒に歩行し、5m地点でフセのコマンドをかけて、指導手はそのまま離れて行くというものですが、離れて行っている時(犬に背を向けている)、紙ばさみをバンと叩いて、大声で叱る訓練士に気づきました。
アランはその音と声にびっくりして、場外に一目散に逃げました。
 矯正のために叱るときには、犬がイケナイコトを始めようとする瞬間に叱らないとダメだそうです。行動してしまってから叱ったのでは、犬は何で叱られたのか分からないのだそうです。この時の叱るタイミングが丁度合致していたようです。

 それから1週間後位に仙台でブロック競技会がありました。そこで全く単なる“臭い嗅ぎ”は勿論のこと、“執着的臭い嗅ぎ”もしなかったのです。

 その後、jkc本部秋期大会に於いても“執着的臭い嗅ぎ”は出ずに、アランはCD-3の栄えある理事長賞を獲得することが出来ました。

 しかし、その後原因不明の長期間に亘る下痢が続いたり、椎間板ヘルニアを起こしたりして満足な競技が出来ませんでした。

 引退する直前には、埼玉ブロック競技会では1席になったのですが、6科目が済んで7科目目に気がゆるんだのかポカミスをして、理事長賞を逃がしました。又、4月のjkc本部春期大会でも1席にはなったのですが、理事長戦で初っ端にポカミスをしてしまいました。

        (“アスピとアランについて思うこと”は今回で終わり。)






スポンサーサイト
【編集】 |  06:44 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2014.10/25(Sat)

アスピとアランについて思うこと(続き・3) 


 常歩行進中の作業や速歩行進中の作業についても、一層フセやスワレ又はタッテ(立止)の敏捷性の差が顕著に表れます。

・ 常歩行進中のフセ
  犬を脚側に付けて行進し、5m地点でフセを命じ、指導手はそれから更に10m進んで振り返る。

・ 速歩行進中のフセ
  犬を脚側に付けて駆け足で行進し、5m地点でフセを命じ、指導手はそれから更に10m進んで振り返る。


・ 常歩行進中のスワレ
・ 速歩行進中のスワレ
  上記フセをスワレに替えて、他は同じ。


・ 常歩行進中のタッテ
・ 速歩行進中のタッテ
  タッテに替える。


 上記の命令で、俊敏な犬は命令と同時に瞬間的に作業を完了出来る。
アランはこの部類に属していたが、アスピは極端に遅くはないが、アランに比べると遅い部類に入った。これを速くしようとしても、天性の素質の様な感じで無理でした。






【編集】 |  09:23 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2014.07/23(Wed)

ラヴィ脚側行進と停座及び招呼だけでも訓練を 

 ラヴィは訓練は一切やっていないのですが、アランの傍に居て、日頃の生活中のコマンドや自主訓練時の様子を見習っているのか、その場のスワレ及び待て、と行進中のスワレは出来るようになっています。キレはアランよりも良い程です。

 しかし、停座の位置(ヒールポイント)、ましてや脚側行進中のヒール位置の保持や停座及び招呼等は全く覚えていません。
 今後、ラヴィの将来を考えると、ヒールポイントや呼び戻し等は教えておいた方が良いと考え、今後訓練しておこうと思っています。







【編集】 |  21:46 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.12/10(Tue)

今の訓練の進捗状況・その2・20131210 

 一昨日の続きです。

 3年前の7月のブログによれば、アランの弱いところは、下記の通りでした。

01.脚側停座のとき及び脚側行進のときの集中
02.膝行りの防止
・ 停座及び招呼で停座させて離れるとき
・ 常歩行進中の停座で停座させて離れるとき
03.行進中、出勝手になることがある。
04.停座するとき一旦お尻が浮かせた後、停座することがある。
05.脚側停座がやや内向きになることがあること
06. 片足浮かせをすることがある。
・  停座中に片足浮かせをすることがあること。
07.伏臥の声符と一発フセ
08.執着的臭い嗅ぎ
・ 行進中の臭い嗅ぎと据座や休止の時に臭い取りをすること。
09.よそ見の防止・指導手への集中
・ 停座中に盛んによそ見をすることがある。
・ 特定の他の犬に見入ることがある。
10.8の字股くぐりの早廻り
11.大げさに褒めると吠えること
12.「前進」させるとき“タッテ!”のコマンドで直ちに立止状態になること。
13.ダンベルのカミカミが激しかったこと。


 「07」項までは記述済みですから「08」以降について記述します。

08.執着的臭い嗅ぎ
  これが矯正になった後は、常歩行進中の伏臥のとき少々地面の臭いを嗅いだこともありましたが、いまでは殆ど無くなりました。時に行進中に臭い嗅ぎをうることは全く無くなりました。
この「執着的」なものは無くなったのですが、それに代わって「2声符」等もあって理事長賞は取れていません。

09.よそ見の防止・指導手への集中
・ 停座中に盛んによそ見をすることがある。
・ 特定の他の犬に見入ることがある。
  従来は「特定の他の犬」、特にパピヨン、チワワ 、コイケル等に見入って集中が途切れることがありました。
  停座中にいまでもよそ見することがありますが、これの矯正法として、「停座させて指導手が離れて行く途中任意の距離で犬の方を振り向かずに呼びをかけるようにしています。

10.8の字股くぐりの早廻り
  右足をくぐるとき、後方から前に回りこむときに、遅くなることがあります。
その対策として、右足を廻り終えて前にかかったときに、「サッ!」と号令をかけるようにしています。

11.大げさに褒めると吠えること
  アランは大げさに褒めるとテンションが上がってよく吠えます。従って、競技会の時は、静かに褒めるようにしています。
又、アランは私が他の人と話たり、他の犬に触ったりしますと、多分「嫉妬」しているのではと思うのですが、必ず吠えます。競技会では無駄吠えと取られますので、注意が必要です。

12.「前進」させているとき“タッテ!”のコマンドで直ちに立止状態になること。
  タッテ!(マテ!)のコマンドをかけても、直ちに止まらずに、惰性で3~4歩動くことがあります。これをコマンドと同時に止まれるように訓練しています。

13.ダンベルのカミカミが激しかったこと。
  2度の椎間板ヘルニアの発症以降ダンベルの訓練は中止しています。ダンベルを取りに行くスピード、咥える速さ、及び持って来るスピードは申し分ないのですが、カミカミすることが欠点です。従って競技会では使えません。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:35 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.12/08(Sun)

今の訓練の進捗状況・その1・20131208 

 3年前の7月のブログによれば、アランの弱いところは、下記の通りでした。

01.脚側停座のとき及び脚側行進のときの集中
02.膝行りの防止
・ 停座及び招呼で停座させて離れるとき
・ 常歩行進中の停座で停座させて離れるとき
03.行進中、出勝手になることがある。
04.停座するとき一旦お尻が浮かせた後、停座することがある。
05.脚側停座がやや内向きになることがあること
06. 片足浮かせをすることがある。
・  停座中に片足浮かせをすることがあること。
07.伏臥の声符と一発フセ
08.執着的臭い嗅ぎ
・ 行進中の臭い嗅ぎと据座や休止の時に臭い取りをすること。
09.よそ見の防止・指導手への集中
・ 停座中に盛んによそ見をすることがある。
・ 特定の他の犬に見入ることがある。
10.8の字股くぐりの早廻り
11.大げさに褒めると吠えること
12.「前進」させるとき“タッテ!”のコマンドで直ちに立止状態になること。
13.ダンベルのカミカミが激しかったこと。




 これらの現状はどうかについて、以下記してみました。


01.脚側停座のとき及び脚側行進のときの集中
・ この改善のため、自主訓練をやるときは必ず、「脚側停座」や「脚側行進」をやって集中の具合を確認し、改善するようにしています。
・ 指導手が離れていくときも集中しているように、離れるときは、後ろを振り返らずに呼びをかけて、いつ呼びがかかってもよいとうに犬が期待するようにしています。

02.膝行りの防止
・ 停座及び招呼で停座させて離れるとき
・ 常歩行進中の停座で停座させて離れるとき
 上記の停座させて離れて行くとき、前に小さくイザルことがあります。これの防止策としては、犬の斜め前にカメラを置いて、動画でチェックするようにしています。

03.行進中、出勝手になることがある。
・ アランは元気過ぎて?脚側行進のとき、出勝手になることがあります。
  この防止のため、脚側行進の際には「ヒモ付き」を複数回入れるようにしています。

04.停座するとき一旦お尻が浮かせた後、停座することがある。
・ 例えば「フセからスワレ」のとき、一旦中腰になってからお尻を下ろすことがあります。

05.脚側停座がやや内向きになることがあること
  行進した後、反転し停座したとき、正面ではなくて、やや内側を向くことがあります。
この状態を発見したときは、再度3~4m行進してから戻り反転して停座させて正しく停座させるようにしています。

06. 片足浮かせをすることがある。
・  停座中に片足浮かせをすることがあること。
  アランは停座のときに右前足を浮かせる(猟犬のポインターがポイントしたときに採る姿勢)こと。この矯正には見つけたときは、強い調子で「アシ!」とコマンドするようにしています。

07.伏臥の声符と一発フセ
  伏臥させるときは、前足を数回に亘って伸ばして伏せるのではなく、ガバッと一気にフセさせるようにしています。このため、コマンドも“セッ!”と短く力強く発するようにしています。



以下明日以降に続く。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:04 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.12/07(Sat)

今日の朝練・20131207 

  今朝は3頭とも庭に出してトイレさせましたところ、最近には珍しく,アランは直ぐに「大」を少々してくれました。アランはお尻のポリープ、ストルバイト症それと肝臓の値が少々高いので、「大」の量や柔らかさには注意しています。
便の固さについては、ヒルズW/Dなら文句無しなのですが、ロイヤルカナンのPHコントロールでは軟便になるようです。


 今朝は10時頃から訓練らしい訓練を25分間くらいしました。訓練再開後はチョイ練と呼ばれる程度しかやっていませんでした。

・ ヒモ付き脚側停座、各種
・ 同直線10mの往復脚側行進4種
・ cd-Ⅱの後半5科目
・ 速歩行進中の伏臥
・ 速歩行進中の停座
・ 前進
・ 遠隔もの6科目



 その後、場所を変えて、

・ ヒモ付き10mコの字型、往路常歩、復路速歩の脚側行進
・ 同じくヒモ無し


 訓練し始めるとそれ程でも無いのですが、訓練に出かけるまでが億劫でなりません。最近は色々あって訓練を余りやっていないために「怠け癖」がついてしまったようです。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:19 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.12/06(Fri)

今日の3頭・20131206 

 今朝は3頭とも庭に出してトイレさせました。昼はアスピとラヴィはしてくれましたがアランはしないのです。仕方が無いので少々散歩させた後、庭でしばらく様子を見たのですが、結局してくれませんでした。夕方は16時からアランを散歩に連れ出し、水辺公園の道路でチョイ練をしました。他の2頭はパスしました。


 庭でアランを撮ったものです。








 散歩の後、私がデスクに座りますと、寒くなった時お決まりの「アスピの休んでいる様」です。




 その時、ラヴィはベッドで休んでいました。





 16時頃からアランの夕方のチョイレンでした。

・ ヒモ付き脚側停座
・ ヒモ付き、直線往復脚側行進4種

・ ヒモ無し立止
・ 同伏臥
・ 常歩行進中の伏臥
・ 常歩行進中の停座
・ 速歩行進中の伏臥
・ 遠隔もの6科目
・ 停座させて約5m離れたときに振り向かずに呼ぶ
・ 同じく約7mで
・ 同じく約10mで

等を行いました。

 アランは昼に「大」をしなかったのですが、このときにチョビッとしてくれました。
帰宅後外水栓で足を洗ってやり室内に入れてから、他の2頭を庭に出しました。2頭は今度も「大」を少々しました。最近は日の暮れるのが早くなって17時前には真っ暗になります。

 訓練をしているとき、こんなことがありました。
向こうから二人連れのご婦人が見えたので、アランを脚側停座させ指導手に集中させてやり過ごすことにしました。
ご婦人はその様子を見て、”ずいぶんお利口さんのこと!”と云って褒めてくれました。近辺の散歩中にいろいろな犬種に遇いますが、およそ訓練の入った犬は未だかって見たことはありません。当方は至極当たり前のことをしているのですが、初めて見る人には”お利口”に見えるようです。お世辞でも人に褒められると嬉しいものです。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  18:39 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.12/05(Thu)

今日も・20131205 

 今朝と昼は3頭を庭に出してトイレさせました。夕方は15時半位からアランを散歩に連れ出し、水辺公園の道路でチョイ練をしました。その後、他の2頭は庭で済ませました。


 朝、庭に出したときに撮った写真です。3頭が同時にカメラ目線にはなりませんでした。













 チョイレンは、

・ ヒモ無し脚側停座
・ ヒモ無し立止
・ 停座させて約5m離れたときに振り向かずに呼ぶ
・ 同じく約7mで
・ 同じく約10mで
・ 常歩行進中の伏臥
・ 常歩行進中の停座
・ 股くぐり歩き
・ 8の字股くぐり
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼

をりました。飼い主のひいき目かも知れませんがアランは活気があり、終始指導手に集中していました。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:44 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.12/03(Tue)

今日の自主練・20131203 

 今日は午前10時から小学校のスクールガードでした。今日は全校マラソンの日で6年生から順に走り、みんな元気よく走っていて、その元気さに羨ましささえ感じました。

 自主練は余り気が進まなかったのですが、15時ころから20分程行いました。主としてcd-Ⅱの訓練onlyなものですからいつも同じで何ら変化がありません。


 訓練は、まず、

・ ヒモ無しその場の立止

をやった後、

・ ヒモ付き脚側停座各種
・ ヒモ付き脚側行進4種
・ 常歩行進中の伏臥
・ 常歩行進中の停座
・ 自由科目3科目
・ 前進

をやり、あらためて、

・ ヒモ無し脚側停座各種
・ ヒモ無し脚側行進4種
・ 停座及び招呼
・ その場の伏臥
・ その場の立止

をやり、次に、

・ 遠隔6種類

をやりました。嬉しいことに「遠隔・停座から伏臥」でも一発フセが出来ることが分かりました。以前は脚側位置なら一発フセは出来たのですが、指導手が離れると2段フセみたいになっていたのです。やはり「継続は力なり」でしょうか。


 最後に幅広の歩道に場所を移して、

・ ヒモ付き脚側行進
・ ヒモ無し脚側行進
・ 前進

をやってお終いにしました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:34 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.12/02(Mon)

今日は・20131202 

 今日は午前中と午後にヤボ用があったため、15時30分頃から訓練に出かけました。

 昨日の3頭の寛いだ姿です。

 アランとラヴィです。




 アスピです。




 自主練はわずか15~16分ほどでした。いずれも2回づつ行いました。

・ 脚側停座
・ いつものヒモ付き脚側行進4種
・ 停座及び招呼
・ その場の伏臥
・ その場の立止
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼

 訓練にはご褒美を用意して、脚側行進のとき指導手に集中がよいとき等は大いに褒めてご褒美をやりました。
 今日は特に「その場の立止」をやりました。春のjkc本部大会の理事長戦の初っ端が「その場の立止」だったのですが、「タッテ!」のコマンドに無反応に苦い思い出があるのです。立つ際に前足の位置を変えないようにすることに注意が行ってしまい、コマンドしたとき、アランは聞こえていないような有様でした。
 こんな事を防止するなら、訓練の初っ端に「タッテ!」をやってみることが必要だと思っています。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:38 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT