新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2006年06月
2006.06/30(Fri)

「障害飛越」について  

【「障害飛越」について 】
 
 

 アランの「障害飛越」については、最近は次のようにやっています。

・ 障害に向かってスワレをさせて、指導手は脚側位置につきます。
・ エサ袋からエサを右手に取り出す振りをし、左手に持ち替えた振りをします。
・ 右手で障害を指して、「ヨシ~トベ」と命じます。
・ 犬が発進すると同時に左手でエサを投げる振りをします。
・ 犬が着地すると同時に、その投げた振りをした左手をかざして「マテ」を命じます。
・ 「ソウ~マテだ、、、」と云いながら、犬の許へ行って「マテ、マテ」と云いながらエサをやる。

 昨日出張訓練で注意された褒め方がワンパターンであること、マテで止まって待てた時には、印象に残るような褒め方をすること、例えば「ソウ~マテだ、マテだよ、マテ」と甲高く抑揚を付けていうこと、等の注意を受けました。

 この様な方法で今の所、うまく飛越し、「マテ」も利いた状態が維持出来ています。

 又、「スワレ」を命じたら脚側に付かずにその場で坐るように訓練し直していますが、今の所は順調に行っています。FCI東日本では「抱っこ」で降ろした時に「スワレ」を命じましたら「脚側」に付いてしまいました。
 審査員から脚側に付くのは“審査員の合図があってからです”と云われてしまいました。このことを訓練士先生に話しましたら、私の「スワレ」は「アトヘ」と同様の指示になっているとの指摘がありました。

アランの場合には動作が機敏で、命令しましたら、瞬時に動作しますので、やっていても気分が良いものです。その反面、ミスをした時などに「アランはスポーツカーみたいに性能が良いところがあるので、余程運転に注意しないと」とも云われます。


スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:35 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/29(Thu)

アスピの自主訓練 

【アスピの自主訓練】
 

 アスピはアランの訓練中は車の外の日陰にペットキャリーに入れて置いておきました。その所為かどうかテンションが比較的高い状態でした。
 例によって広場の奥の方の隅っこで自主訓練をしました。CD-Ⅱの必須7科目の外に、

・ 物品持来
・ 前進
・ 棒飛び(片道)
・ 輪飛び(片道)
・ 脚飛び(片道)
・ 据座
・ 休止
・ 遠隔・停座から伏臥
をやりましたが、どの科目もこの暑さの中で、最近に無い出来でした。

 この訓練ではアランの出張訓練で指摘を受けた指導手の態度に注意してやりました。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:40 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/28(Wed)

伏臥からの停座について 

【伏臥からの停座について】
  

 アランは活発で動作が機敏である反面、それだけ「動く易い」のが欠点です。
この矯正のために「動作をさせた後」は必ず「マテ」をさせて待たせるようにしていますし、ご褒美のエサをやる時にも「マテ」をかけて「その場を動かないで」エサを与えるようにしています。

 「伏臥から停座」をする時の2段モーションについては、その場での「伏臥から停座」では2段モーションにならないのですが、「常歩行進中の伏臥」から停座させる時には2段モーションになってしまうのです。どちらも同じ様なものですから2段モーションをしなくても良さそうなものですが、一方ではやらなくて、もう一方ではやる、と全くもって不思議なものです。

 「常歩行進中の伏臥」から停座させる時には2段モーションを避けるため、お尻を押さえて「スワレ」の命令をし、出来たら大いに褒めるようにしています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:44 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/27(Tue)

今朝の様子 

【今朝の様子】
 

 今朝は6時頃から外に連れ出しました。その時分から雨がポツポツと落ちていましたが、傘を持たずに出かけました。
 出た早々にオシッコをし、それからしばらく歩いていましたらウンチをしました。これが2頭の大体決まったパターンです。
 そうこうしている内に雨粒が大きくなって来ましたが、ちょっと訓練することにしました。
 まず、アランからです。「寝ろ」をやりましたら、「ネロ」一度の声符で寝ましたので、大げさに褒めてご褒美をやりました。
 次ぎに「紐付き脚側行進」です。「雑」にならないように注意しながらやりました。訓練士先生の指導通り、まず進行方向に向かせて「スワレ」させてから、指導手が脚側位置に付きます。その上で「アトヘ」で発進しました。付き、アイコンタクト、左右の曲がり方、Uターン及び最後の脚側停座とも良好だったと思っています。
 続いて「紐無し脚側行進」を上記と同様に行い、同様の結果でした。

 訓練の時には「脚側行進」を必ず入れるようにしているのは「犬の出来は脚側行進を見れば分かる」と云われている位重視されているからなのです。実際、きびきびした動きで付き及びアイコンタクトが良い犬を見ていると、それだけで気持ちが良いものです。

 アスピには「紐付き脚側行進」と「紐無し脚側行進」をまずやりました。「紐付き脚側行進」の場合、アスピは前に出勝手な位意欲ありげに行進するようになりました。
 次ぎに「停座及び招呼」をやって終わりにしました。というよりも、雨が強くなってしまい終わらざるを得ないようになってしまいました。

 2頭のダイエットについては、今は355kcal/100gのドライフードを与えていますが、アスピには120g/day、アランには90g/day与えるようにしています。間食も一切止めました。これで1ヶ月で10%減量を目標にしています。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:45 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2006.06/26(Mon)

合成写真の紹介 

【合成写真の紹介】
 
  今日は写真の合成をご紹介します。

 アランの雨の中の3姿勢の合成写真、と平成17年05月08日神奈川県寒川で行われた、神奈川北クラブ訓練競技会の会場の風景4枚の写真を合成しものをご紹介して見ます。
 神奈川の会場である「川とのふれあい公園」に早く着いたため、このような写真が撮れました。左の方に写っているのが相模川に架かる神川橋で、向かって右手が上流側です。
 ここに写真を載せたかったのですが、容量の制約があるため、面倒でもphoto-5を開いていただきたいと思います。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:53 |  その他  | CM(0) | Top↑
2006.06/25(Sun)

合成写真の紹介 

【合成写真の紹介】
 

  今日は写真の合成をご紹介します。

 アランの雨の中の3姿勢の合成写真、と平成17年05月08日神奈川県寒川で行われた、神奈川北クラブ訓練競技会の会場の風景4枚の写真を合成しものをご紹介して見ます。
 神奈川の会場である「川とのふれあい公園」に早く着いたため、このような写真が撮れました。左の方に写っているのが相模川に架かる神川橋で、向かって右手が上流側です。
 ここに写真を載せたかったのですが、容量の制約があるため、面倒でもphoto-5を開いていただきたいと思います。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:12 |  その他  | CM(0) | Top↑
2006.06/24(Sat)

2頭の健診結果 

【2頭の健診結果】
 

 昨日、2頭を連れて動物病院に行ってきました。2頭共健康診断を兼ねて、2~3の気がかりな点があり、それを診ていただきました。

 検温、触診、体重、耳、目、血液検査、尿検査を受け、歯石の除去の予約をしました。

1.触診
  アスピのバテラは以前は右足だけでしたが、両足が若干緩いそうでした。
2.体重
  アスピが6.35kg、アランが3.9kgでどちらもオーバーウエイトでした。2頭とも最近は食欲旺盛で困る程なのです。この原因として、かゆみ止めの薬プレニドゾロンの常用の所為もあるということでした。
 対処法として、高繊維食によるダイエットで月に10%の減量を指示されました。(ヒルズW/D)
3.白血球
  正常範囲6000~15000個/μlに対し、アスピは23,800、アランは15,800という結果でした。体内に何らかの炎症があるのではないか、ということでした。次回C-反応性蛋白を見て、最悪の場合は骨髄の検査(白血病)も必要になるかも、と嚇されました。
4.肝機能
  GPTの正常値10~50IU/Lに対し、アスピ69、アラン90で、プレニドゾロンの影響が現れている?か。痒み止めをプレニドゾロンを減らして2mg/錠に抑え抗ヒスタミン剤と混合した「テマリルーP」を薦められました。

 T―Cho81~157mg/dlの正常値に対し、アスピ221、アラン235でした。この値は高脂血症、糖尿病や肝硬変等を引き起こす可能性を秘めているそうです。
5.尿検
  比重は正常値1.035に対し、アスピは1.022、PH7.5、アランは1.020、PH8.5でした。いずれも尿はうすいこと、アルカリ傾向でストラバイト結石の心配があるということでした。
6.食事
  例えばヒルズW/Dによるダイエットが必要なようです。食欲旺盛ですので、満腹感を満足させながらの減量作戦が必要なようです。

7.痒み止め療法
  従来のプレニドゾロンから「テマリルーP」に変更したいと思います。

8.歯石除去
  麻酔薬によるアナフィラキーショックを起こす場合の危険はある(アランは初めての麻酔)ということでした。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:31 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2006.06/23(Fri)

18日の反省 

【18日の反省】
 

 去る18日の大会では、結果的にはアランの癖は克服されていなかったことになります。

・ ある特定の犬種に異常に興味を持つこと。
・ よそ見をすること。(脚側停座の時、盛んに後ろを振り返っていました。)
・ 臭い取りをする。(スタート地点の地面の匂いを盛んに気にしていました。)
・ 片足浮かせ。(審査員氏に「上を目指すなら、、、、」と注意を受けました。)
・ 常歩行進中の伏臥及び停座で動作が終了した時に、指導手の方に被り気味になること。
・ 伏臥状態から停座させる時に2段モーション的な動作をすることもあること。
・ 左曲がりで突っかかることがあること。

ただ1項、次ぎだけは矯正されていたようです。
・ 伏臥では命令まえに停座してしまうことがあったこと。

ただ、繰り返しになりますが審査員の講評では、

・ 一つ一つの科目は理解度があって良かったこと。
・ もう少し出来る犬だと感じられたこと。
  脚側更新が少し乱れました。停座の際に片足を上げることがある。
との指摘を受けました。

 「よそ見の防止法」は、教えていただいたダンベルを使う方法はご法度中なのです。ボールもご法度なのです。アランはボールに異常に執着するため、ダンベルの訓練が終了するまではボールを使った遊びは禁止されているのです。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:42 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2006.06/22(Thu)

訓練法に問題がある、、 

【訓練法に問題がある、、】
 

 まだ虚脱状態から抜け出ていません。いつも成績発表になってみると、上位との差が意外に少なくて、あ~あのミスさえ無ければ、とか、あの時頑張っていれば、とか考えて仕舞います。「後悔先に立たず」ですけどね。
 犬はどうしてミスをするのでしょうね。訓練士に云わせると「指導手が悪い、犬はちっとも悪くない。」らしいですが、普段の訓練時の私の訓練法に問題があるようです。

・ 叱るタイミングが遅いために、ミスの的確な叱るになっていないこと。
・ 当然褒めのタイミングも時期を失しているようです。

 訓練に対する自信を無くした感があります。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:51 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/21(Wed)

同じ組での競技は初めて。 

【同じ組での競技は初めて。】
 

 今回のようにアスピとアランとが同一の競技会で同じ組になったのは初めてのことでした。
 普通は複数の組がありますので、申し込みに際し「2頭を出すので別の組にして欲しい」旨手紙を付けています。

 今回はアラン3席、アスピ7席となりましたが、アスピの2声符は全く久方振りのことでして、これさえなければ(レバタラで済みません)、両者は良い勝負だと思っています。

 ただ、機敏性&敏捷性の点ではアランに分があり、理事長戦になればアランの方が有利だろうと思いますし、他の犬と戦ってもアスピでは「おとなし過ぎる」評価となって、まず勝ち目は無いと踏んでいます。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:55 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2006.06/20(Tue)

1席犬に十分匹敵する実力はある?ようです。 

【1席犬に十分匹敵する実力はある?ようです。】
 

 FCI東日本競技会では、アランよりはミスが少ないと思われたラブ等がいました。しかし成績が発表になってみますと、アランの方が良いのです。その要因をラブ等の飼い主に聞いてみますと、次のような答えが返って来ました。
・ アランは小型犬なのに、この天候でも敏捷に動作している様子だこと。
・ そつなくこなしているよりも、敏捷な、節度ある、動作が魅力的ではないか。
・ 実際に動作の機敏さ、敏捷性という点でアランには魅力がある。
ということでした。


 しかし、アスピも魅力が無いと云うわけでもありません。選択科目は1、2席の犬と同じ29.5ですが、必須では1席犬と2.2の差がありますが、その要因を探ってみますと、
・ 停座及び招呼で2声符になったが、これは最近には殆ど無いことであり、減点を無くすことが出来ること。(多分2点の減点)
・ 常歩行進中の伏臥で体符を取られたが、こんなことは例外的な現象であること。
・ 常歩行進中の停座では5mの規定線の遙か手前で停座したが、こんなことも例外的な事項である。
・ 5m地点はぐちゃぐちゃして足場が悪いために、私が動作しないのではないか、と不安感を持ったのが、私の動作に現れたようです。

 後者で0.1~0.2/科目とすると、1席犬に匹敵するが、凌駕することになります。
 この算段は取らぬ狸の何とやら、でレバ、タラに類する話ですが、あくまでも可能性の話をしているのです。

 こう考えてみると、アスピが普段通り競技していれば(最近の競技では度々実績があります)、1席犬に匹敵する競技が十分出来ると思います。アスピも捨てたものではないな、と思いました。勿論アランも十分対抗出来るものを持っていることは論を待ちません。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:59 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2006.06/19(Mon)

帰って来ました。 

【帰って来ました。】
 

 宿を9時過ぎに出て、途中休憩を取りながらの帰途でした。結局自宅に着いたのは15時でした。帰ってから、ちょっと休んでビデオの見直し、カメラ1及びカメラ2のパソコンへの取り込み及びIC録音機の書き起こしと多忙を極めました。
 疲れてその他何もしたくない感じです。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:03 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2006.06/18(Sun)

FCI東日本競技会に参加して来ました。 


 今日はFCI東日本競技会の日です。前日の天気予報では最高降水確率は30%なので、安心していましたら、雨だれの音で目が醒めました。
 宿から会場までは10km程度でした。
小雨が降り、気温は最高20℃程度で寒くて持って行ったものを着込んだ程でした。

 2部、CD-Ⅱは出陳頭数が31頭しか集まらなかったため1組となってしまいました。(2組のためには40頭以上の規定があるのだそうです。)
 競技前の仙台クマジ組の話では、いつもは6部に出ている犬も2部で出るそうで、大阪からマリノア、理事長賞の常連のS氏等今日は大激戦になるだろうと噂していました。

 アランは232番で10番目、アスピは244番で22番目でした。足場が悪くて練習もままならず、2頭とも車の中で待機させました。その所為かどうか今日はテンションが今一でした。

 アランは次ぎのようなミスをしてしまいました。
・ 紐無し脚側行進の往路でふらふらと離れて行ったので、太腿をバンと叩いてアトヘの声符をかけて呼び戻しました。(隣のチワワに誘惑されたようです。)
・ 紐付き脚側行進の復路で左曲がりの際、突っかかりました。
・ 常歩行進中の伏臥でスタート地点に戻る時、遅れましたので、追いつくのを待ちました。
・ 8の字股くぐりをやる時、地面を嗅ぎ嗅ぎやりました。スタート地点には何か匂いのもとがあったのではないかと思います。
・ 抱っこをして降ろしたときにも地面の匂いを嗅いでいました。スワレを命じましたら、フラフラと脚側に停座してしまいました。
 
 審査員氏の講評では、
・ 一つ一つの科目は理解度があって、動くも速くて良かったと思います。
・ 見た限りでは、もう少し良く出来る犬かなと感じました。
  停座が遅かった。停座の際に片足を上げることがある。
・ 今日の脚側行進は少し乱れましたね。
・ 抱っこ、は審査員の指示があってから脚側停座させる規程になっています。
・ 犬は良いですからね。上を狙うためにはこれらのことに気を付けたら良いでしょう。これからどんな犬が出て来るか分かりませんけどね。

 こんな様でしたので、今日の成績は諦めていました。

 アスピは午後2番目の出番でした。
・ 「停座及び招呼」で痛恨の2声符になってしまいました。10m離れて審査員の指示があったのですぐに「ヨ~シ」と命じたのですが、アスピは怪訝な顔をしているのです。再度「コイ!」と命じましたら走って来ました。審査員の合図があってから一寸間を取って命じるべきだったと反省しています。
・ 常歩行進中の伏臥では体符を取られてしまいました。5m地点がぐちゃぐちゃだったので伏せるかどうか不安があったので、若干そちらの方をみたのですが、歩度が変わったので減点したということでした。
・ 常歩行進中の停座では5m線の1m位手前で停座してしまいました。5m地点の状態が悪かったので、そうさせてしまいました。

 審査員氏の講評でも2声符は減点が大きいので気を付けるように、ということと体符の注意を受けました。

 今日はアスピも期待出来ず、アランとアスピ共々ポイントさえ貰えないのではないか、と思っていました。

 所が成績が発表になって見ますと、アラン3席、アスピ7席でどちらも表彰台に上がれるし、ポイントも貰えることになったのです。
 
    1席犬    2席犬   3席犬(アラン) 7席犬(アスピ)
規定  68.7   68.6   68.4     66.5
選択  29.5   29.5   29.1     29.5
合計  98.2   98.1   97.5     96.0

 アスピの規定は2点差がありますが、これは停座及び招呼の2声符の減点と思われます。アランの選択の点差は、8の字股くぐりの臭い取りと抱っこの直接脚側停座したものだと思われます。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:06 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2006.06/17(Sat)

仙台地方の天気は?  

【仙台地方の天気は? 】
 

 今日はお昼頃に家を出ます。今夜の宿まではSAでの休憩を入れて6時間位かかるのではないか、と見ています。
 宿泊するのは今夜と明晩の2晩です。18日も成績発表が終わるのは17時頃を予想していますが、それから6時間近くも運転する元気はありません。
 競技会は1頭10分弱、2頭で20分弱で、大部分が待ち時間なのです。しかし疲れるのです。多分精神的な疲れだと思われます。

 首都圏の天気は、17日降水確率―/10/20/50%で夜遅く雨、18日は雨で70/80/60/40%となっていますが、仙台地方は17日がー/10/10/10で雨の心配は殆ど無く、18日は10/30/10/10%で6時から12時にかけて確率30%となっています。しかし、実際当日にならないと分かりません。

 そんな天気予報ですし、グランドが草地のこともあって、ちょっとホッとしているところです。

 アランの成績は千葉ブロックよりも改善になっていることを望んでいますし、勿論アスピは連続1席を獲得することが目標です。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:09 |  気象  | CM(0) | Top↑
2006.06/16(Fri)

FCI東日本競技会に向けて 

【FCI東日本競技会に向けて】
 

 中部ブロック大会では、アランの、
・ よそ見
・ 臭い取り
・ 片足浮かせ
・ 伏臥では命令まえに停座してしまうことがある。
・ 常歩行進中の伏臥及び停座で動作が終了した時に、指導手の方に被り気味になっていること。

の5項目の矯正の成果を見るつもりでしたが、足下が悪かったためにそれどころではありませんでした。

 その他に新たに矯正事項として出て来たのが、
・ 伏臥状態から停座させる時に2段モーション的な動作をすることもあること。
があります。

 今度の「あぶくま運動グランド」(正式には阿武隈公園と云うらしいですが)の場合には、足下は御殿場と違い「草地」なので、実力が発揮出来るのではないかと思っています。
 雨降りの草地や雨降りの不浸透性のアスファルトでの訓練をやっています。

 今朝も雨降りなのでアラン1頭だけ連れて、ゆきパパの近くの未舗装の道路に出かけて見ました。道路の水溜まりを歩かせていますと、「犬散歩禁止」の表示の出ているグランドに行き当たりました。失礼して中に入って見ますと、地面はぐちゅぐちゅではないのですが一面に水が浮いた状態になっている部分がありました。そこで3姿勢「フセ、スワレ、タッテ」をやりました。又、水深1~2cmの水溜まりを利用して「常歩行進中の伏臥」をやりました。いずれも命令を聞いて素直に出来ました。3姿勢の様子はディジカメで撮ったのですが、丁度電池切れを起こしてしまい「常歩行進中の伏臥」は撮れませんでした。訓練は10分程で終わりましたが、後仕舞いが大変でした。シャンプーをして乾かすのが大変な手間でした。
 この訓練は対象療法みたいなもので、モグラ叩き的対応で、又何か新しい問題が起こった場合には対処出来無い可能性があります。根本的には私の訓練に取り組む姿勢を変えないといけないと思っています。

 この3姿勢の写真はAlbum、photo―Ⅴにupしています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:12 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/15(Thu)

アスピの森の図書館広場での訓練。 

【アスピの森の図書館広場での訓練。】
 

 今日もアランの出張訓練を終えてから、同じ広場の隅っこの方でアスピの訓練をしました。

 今日のアスピは上機嫌でした。アービンママ、マロンマ、ビンゴママと話し込んでいる時にはママさん達の膝に飛びついたり、尻尾を振ったりしていました。以前は他人が手を出すと逃げていましたが、最近は変わって来ました。尻尾を振り振り近づくようになりました。

 アランの場合はまだ完全に出来ていない科目がありますのでバラした訓練が必要ですが、アスピの場合には従来の訓練法でずっと来ていて、もう出来ない科目もありません。アスピの場合、バラして訓練した方が良いのは「脚側行進」(もっと活気ある行進をさせたい)と「停座及び招呼」(呼びに対して勢いよく来るようにしたい)と「伏臥」(勢いよく伏せるようにしたい)位だろうと思っています。
 
 アスピは必須7科目と「障害飛越(片道)及び(往復)」、「持来を含む往復障害飛越」、「物品持来」、「遠隔・停座から伏臥」、「据座」、「棒飛び(片道)」、「輪飛び(片道)」及び「脚飛び(片道)」をやりました。
 「紐付き脚側行進」の付きは前に出勝手な位良かったと思っていますが、「紐無し脚側行進」では頭一つ遅れる感じです。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:17 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/14(Wed)

「ある方からのメールの抜粋」の紹介  

【「ある方からのメールの抜粋」の紹介】
 

『 足下が、水溜り状態且つぬかるみでは小型犬は本当に可哀相です。みんな条件は同じと云っても、やはり大型犬と小型犬では違う気がします。

 アランは断固として拒否したわけですが、アランの気持ちも分かる気もします。誰だって、そんな状態のところに座りたくないです。でも、そういう問題ではないです。

 犬の世界の「縦社会では、ボスのいう事は絶対で、どんな事でも従う」、これが彼らの習性であり、ルールです。そういう意味では、「アランはaspipapaに対してある種の甘え」があるのでしょうか。

 私の場合も、「まあ、これぐらいはいいか・・・なんていう迷いや諦め、甘やかしが出てきたときには、それ以上にならないんですよ。」でも、「ここでこれ以上やって、根本的に嫌がるようになったら困るし」、とか思ってしまって、結局は中途半端になってしまう事があります。
 なので、私の言う事は一度ではきかず、主人のいう事は一度できくところがあります。やはり、主人には甘えが許されないと思っているのでしょうか。

 今回、アランは、「頑固として拒否すれば最終的には許してくれるだろう・」・・と思っていたのかもしれないです。
 勿論、条件が過酷すぎたのもあるのでしょうし。難しいところですね。

 「ボスの命令に従う事こそ、自分の喜び・」・・が理想なのです。 』



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:21 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/13(Tue)

一昨日の雑感  

【一昨日の雑感】
 

 一昨日の競技会の結果、個々の科目の問題では無くて、もっと根本的な何かが欠けているのではないかと思っている現状です。

 アスピは理事長戦で立止がタッテの命令で一旦立ったのですが、すぐ坐ってしまいましたし、又アランは足下が悪いため、どうしても坐りませんでした。

 今までの競技会ではアスピとアランとがどちらもよかった例は皆無なのです。どちらかが1席だともう一方が悪い、その原因はどこにあるのか分かりません。原因が分かれば対処し易いのですが。今回アランの停座拒否が出たので、アスピは力まずに淡々とこなそうと思ったのが良かったのかも知れません。
 是非、早期にW一席を実現したいものです。

 今回のアランの据座拒否で本当に意気消沈です、全く自信を無くしました。積極性、機動性、瞬発力の点でアランはアスピに無いものを持っています。その点が埼玉ブロックの1席やJKC本部大会の1席では評価されたのではないかと思っています。そのアランが、九州のFCIでは今回の様な条件下で一部ミスこそありましたが、2席になりましたし、埼玉ブロックでは雨の中1席を獲得しましたので、雨okと思っていました。しかし、今回の様な悪条件は初めてでした。

 しかし、幾ら悪条件でも出来る子は出来るのです。出来る子は本当に立派です、心から賞賛の言葉を贈りたくなります。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:27 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2006.06/12(Mon)

昨日の後始末他 

【昨日の後始末他】
 

 昨日の御殿場市馬術スポーツセンターに持って行ったものは地べたに置いたものは砂まみれに、又雨に打たれたものは全て濡れてしまいました。
 それで砂の着いた物は洗濯機にかける前に外流しで砂落としをしましたし、洗濯は妻にお任せです。タープの掃除と乾燥は明日水辺公園で流水で掃除した後、乾かせるつもりです。

 犬は昨日の雨の中の競技と車の中での待機と、往復の道中に吐くことの防止のため、エサを与えていませんでしたので、その疲れがどっと出たようた、ぐったりしています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:30 |  その他  | CM(0) | Top↑
2006.06/11(Sun)

中部ブロック訓練競技会に参加。 


 御殿場市馬術スポーツセンターで行われた中部ブロック訓練競技会に2頭を出して来ました。
生憎の雨降りで、時折強く振り終日止むことはありませんでした。

 アランはゼッケン95番でC組の9番目、アスピはゼッケン80番でB組の21番目となっていました。所が雨と足下がぐちゃぐちゃのため、みんな尻込みして出足が悪いようでした。
 グランドは微細な砂質の土で水はけも悪くてそれは酷いものでした。先に出した人が歩いた足跡でぐちゃぐちゃの状態でしたし、初めて歩く所でも一度踏んだ所はもうぐちゃぐちゃになっている状態でした。こういう所でも普段と同じ動作が出来る犬を見ると賞賛の言葉を贈りたくなります。(グランドの状態を後刻アップします。)
 家に帰ってから家内にビデオを見せましたら、「こんな悪条件でやらせるなんて、犬が可哀想!」と私が人でなしみたいに云われた程です。

 アランは屈辱の72点でした。最初の「紐付き脚側行進」と「紐無し脚側行進」は何とか停座したのですが、尻が濡れ且つ汚れるのを嫌って脚側停座しないのです。従って、例えば「常歩行進中の停座」の例を挙げます。「立止」状態からアトヘで発進して、約5mの所で「スワレ」を命じますと、犬は「立止状態」で立ち止まります。指導手は15m地点に行って審査員の指示で犬の許に戻ります。審査員の指示でスタート戻りアトヘをかけても「立止状態」の有様でした。
 私も途中で競技は投げて、泥んこ状態でも「スワレ」をさせようと、半ば訓練のつもりでやりましたが、選択科目になってやっと何とか「アトヘ」の命令で脚側停座するようになりました。
 アランは今までの競技会でポイントを落としたことはありませんでした。それが屈辱の72点という成績を取ってしまいました。
(競技会終了後訓練士の助言はblogに書きます。)

 アスピには期待をしていませんでした。というのは、雨降りに訓練していますとアランの方が断然良い動きをするのです。アランでダメだったのでアスピもどうせ駄目だろうと思って気が重い心理状態でした。
 所が、条件が最悪なので動作は遅いのですが脚側停座をするし、各科目1声符でやり通しました。各科目とも動作は遅かったのですが、着実にこなしました。応援してくれていた訓練仲間の言ですと「aspipapaに対するaspiの健気さに打たれた。」ということでした。
 成績発表になってみると、何と99.0点でB組の1席でした。

 理事長戦はA~E組5組の1席によって争われました。アスピは残念ながら「立止」がタッテで一旦立ったのですが、直ぐ坐ってしまい、再度「タッテ」を命じました。理事長戦ですからちょっとのミスも許されないのですが、通常の競技の場合は「再度のタッテ」は無しとすべきだったのかも知れません。
 講評でアスピは、
「小さい所為か体力的なものか、全体的に遅い感じがした。もうちょっと能動的な動き、破廉恥的な動きが欲しい位のおとなしさだった。もっと極端な言い方をすれば、どんどんやる荒々しさが欲しいと思われます。」と評されました。

理事長賞は又もアービンママのアルク君が獲得しました。我が訓練仲間では他にグーママのグラッセちゃんがE組の2席を獲得しました。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:36 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2006.06/10(Sat)

今朝の散歩。明日の行程。 

【今朝の散歩。明日の行程。】
 

 今朝は6時半頃起き出して散歩に出かけました。夜ポーランド対エクアドルのサッカーの前半ハーフを見たものですから遅くなってしまいました。
 純然たる散歩のつもりだったのですが、アランの「抱っこ」で降ろしてから「立止でその場で次の命令があるまで」待てるかどうか不安が過ぎりましたので確認して見ました。
 スワレをかけて、犬と向き合って、膝をポンと叩いて膝に飛び乗らせて抱っこします。5秒経過後静かに降ろします。アランはその位置で立止状態のままでした。そこで「スワレ」と命じましたらその場で停座しました。
 後は2頭を連れて約1時間の散歩でした。

 御殿場の馬術スポーツセンターはgoogleのlocal地図(zenrin)にはちゃんと出ていました。昨日カーナビをセットしようとしましたら、カーナビには所在が載っていないのです。それでgoogleの地図と照合し、セットをし終えました。家から約137km位です。途中、servise areaでの休憩時間を入れて、家を4時に出る予定です。
(静岡県裾野市から野田市スポーツ公園まで来ている女性の方は所要時間3時間半ということでした。)


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:40 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2006.06/09(Fri)

牡犬の「ヒート犬」への対処について  

【牡犬の「ヒート犬」への対処について 】
 

 いよいよ関東地方でも梅雨入りが間近になりました。今日は朝から雨ですし、この雨も一日中降るようです。
 今日、明日は明後日の競技会に備えて訓練は休みます。
 
 Net surfingをしていましたら、雄犬の「ヒート犬」対処について出ていました。アランはJKC本部大会の理事長戦で隣のコーイケルの「サンゴちゃん」のフェロモンにヘロヘロになってしまったので、このことについては非常に興味がありました。

 回答者はあのU人さんなのです。
問い「オス犬は、アジをするうえで積極的に近づけて慣れさせるべきでしょうか?それとも徹底的に避けるべきでしょうか?」に対する回答は、
「これは、「目覚め」の問題です。積極的に近づける事は、慣らす事になりません。
 異性に目覚めてしまいます。
 目覚めたら最後、それを消すことは(○マ○マをとったとしても)不可能です。
 できるなら目覚めさせないほうが良いでしょう。」

又、去勢については、
「○マ○マを取られてしまうのは、いくら理にかなっていても、悲劇ですね。自分の身に起こったらと考えると、同じオスとして涙が止まりません。」

 「ヒートの犬を最後に出走させる意味はまったく無いと思います。」という問いにたいしては、
「これは、かなりの人が違う意見をお持ちじゃないでしょうか?実際の競技で、直前にシーズン犬が走ったあととなると、嫌がる人も多いのではないでしょうか。
 ちなみに、もうすぐ霧が峰でシェパードの訓練全国一を決める大会がありますが、シーズン犬は、用意できる作業は別リンクで、そうでない作業は最後に作業させます。ただ、この問題は、参加者の問題ですから、参加する皆さんが一緒でもかまわないと言うなら、運営側としては大変助かることですから、シーズン犬も一緒に走っていただいてかまいませんが、、、」

 しかし、去勢しなくても、対人意識を強くして、牝犬にほとんど反応しなくなるようになるそうです。
 別の方の書き込みとして、
「アジを始めた頃はヒートの匂いに誘われて、脱走をしまくりましたが、本当にアジが好きになってからは、そんな誘惑には影響されないようになりました。ということで、ヒートの心配よりも、アジを好きにさせることのほうが大切だと思います。

 しかし、何が起きるか分かりませんから、競技会や、練習ではヒートの子は極力避けるべきだし、慣らすなんてとんでもないと思います。」



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:43 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/08(Thu)

今日はアランの出張訓練日、森の図書館広場での訓練でした。  

【出張訓練日、森の図書館広場での訓練】
 

 アランの訓練では「常歩行進中の伏臥」、「常歩行進中の停座」及び「速歩行進中の伏臥」に欠点が見つかっています。その欠点は次のようなことです。
 坐らせて指導手が脚側位置について、アトヘで発進します。そして5m地点でフセ或いはスワレをかけますと、多少内側を向いて伏臥或いは停座をするのです。この原因は脚側行進の時に犬が多少前気味であるために、アイコンタクトしている所為で被っていることが原因と思われます。
 この矯正策としてリードを付けた状態で、前に出勝手なところを矯正しながらフセ或いはスワレをさせています。

 今度の日曜日の御殿場(中部ブロック訓練競技会)には間に合わないかも知れません。でも減点されても各0.1位かも知れません。

 又、今日の出張訓練で停座の時、2段モーション的な動作をすることがあることを指摘されました。
(アランの出張訓練は別項をご参照下さい)

 今日、アランの出張訓練が終わった後、アスピの訓練をしましたが、感触は今までに無く良い様です。
 CD-Ⅱの必須7科目と選択として「障害飛越(片道)」、「持来を含む往復障害飛越」、「脚飛び(片道)」、「遠隔・停座から伏臥」及び「据座」をやりました。

 従来は呼んで来る時小走りのこともあった「停座及び招呼」はここのところは疾走してきますし、「常歩行進中の2本」の声符をかけてからの素早さもまあまあ~の線ではないかと思っています。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:46 |  出張訓練  | CM(0) | Top↑
2006.06/07(Wed)

バラした訓練(後編)  

【バラした訓練(後編) 】
 

 今朝は昨晩雨が降ったみたいで水辺公園広場の草が濡れていたので、歩道でアランにバラした訓練をやって見ました。

 やったのは紐無しで次の通りです。いずれも『犬に「スワレ」を命じて停座させてから指導手が脚側位置に付いて「マテ」を命じた』後にやりました。

01. マテをかけて犬から遠く離れ、犬と向き合ってから、コイで招呼をかけて、来たらアトヘを命じ脚側停座させる。
02. マテをかけて犬から近く離れ、犬と向き合ってから、コイで招呼をかけて、来たらアトヘを命じ脚側停座させ、褒める。
03. アトヘで発進し常歩行進→右曲がり→常歩→アトヘでUターン→速歩行進→左曲がり→速歩→アトヘでUターン後不意に止まって脚側停座。
04. マテをかけ、次ぎに足を開いて、暫く待って、「クグレ」で8の字股くぐりをやり、褒める。
05. マテをかけて犬と向き合って→オテ→オカワリ。
06. マテをかけて犬と向き合って、そして褒める。
07. 90度回ってアトヘ→90度回ってアトヘ→アトヘで常歩行進→右曲がり→常歩行進→不意に止まって脚側停座させる。
08. フセ→フセてマテ→ソウだマテだ→犬の回りをまわる→ネロ→ソウだネロだ→起こす。
09. マテをかけて→犬と向き合う→ネロ→ネテマテ→ソウだマテだ→犬の回りを何回もまわる→身体を撫でる→ヨーシ
10. クグレで股くぐり歩きをして、そのまま走ってから撫で、エサをやって褒めました。
11. アトヘで発進し常歩行進し→Uターン後不意に止まって脚側停座→アトヘで常歩行進→Uターン後不意に止まって脚側停座。
13. マテで待たせて犬と向き合う→フセ。
14. 視符併用で→フセ→スワレ→フセ→スワレ→フセ→スワレ→フセ→スワレ→ネロ→エサ。

 アスピは紐付き脚側行進、紐無し脚側行進、停座及び招呼、脚飛び、棒飛び、輪飛び、遠隔・停座から伏臥及び据座をやりました。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:50 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/06(Tue)

バラした訓練(前編)  

【バラした訓練(前編) 】
 

  今朝は、アランにバラした訓練をやって見ました。

 紐付きで次の通りです。いずれも『犬に「スワレ」を命じて停座させてから指導手が脚側位置に付いて「マテ」を命じた』後にやりました。これらは訓練士先生からのパクリです。

01. 指導手が犬からは離れて行って、犬と向きあって「コイ」と呼んで、来たらそのまま褒めました。(脚側停座させない)
02. アトヘで発進し常歩行進して行進中にスワレをかけて、犬の回りをまわりました。
03. アトヘで発進し常歩行進を長く続けた後スワレで行進中の停座をやりました。
04. フセ→スワレ→身体を撫でて褒めてやりました。
05. アトヘで発進し緩歩行進して、右曲がりして不意に止まり脚側停座させる。又アトヘで緩歩行進し不意に止まって脚側停座させ、出来たので褒めました。
06. アトヘで発進し常歩行進して、速歩行進に移りそのまま速歩を続け、そのまま褒めました。
07. アトヘで発進し常歩行進して、右曲がりをして常歩を続け、又右曲がりして常歩を続けて、そのまま褒めました。
08. フセ→スワレ→フセ→(エサ)→犬の回りをまわる→スワレ→褒める。
09. アトヘで発進し常歩行進を始め引き続き速歩行進に移り→左曲がり→速歩→左曲がり→速歩→左曲がり→速歩→そのまま褒めました。
10. 横に1歩移動してアトヘで脚側停座→横に1歩移動してアトヘで脚側停座→横に1歩移動してアトヘで脚側停座→その場で90度回ってアトヘで脚側停座→その場で90度回ってアトヘで脚側停座→その場で90度回ってアトヘで脚側停座させました。
11. アトヘで発進し常歩行進を始め、長く続けた後で右曲がり→常歩→右に曲がって不意に止まり脚側停座させ、褒めました。
12. その場のフセ。
13. タッテ→犬の回りをまわる→褒めてエサ。
14. アトヘで発進し常歩行進し→フセ→犬の回りをまわる→スワレ→フセ→犬の回りをまわる→スワレ→褒めてエサ。
15. フセ→犬から離れる→犬の辺りをまわる→スワレ→フセ→犬の辺りをまわる→スワレ→褒めてエサ。
16. アトヘで発進し常歩行進し→左曲がり→常歩行進→左曲がり→常歩行進→左曲がり→速歩行進→左曲がり。

 明日は紐無しの部をやって見るつもりです。

 アスピは紐付き脚側行進、紐無し脚側行進、停座及び招呼、脚飛び及び棒飛びをやりました。久し振りに棒飛びをやりましたら、飛び棒を怖がるような素振りを見せるので、今後注意したいと思っています。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:53 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/05(Mon)

アランの「ダンベル」と「抱っこ」  

【アランの「ダンベル」と「抱っこ」 】
 

 アランの「ダンベル」の訓練は、進んでいるのかどうか自分では分からない状況です。

 スワレ、マテ~(身体を撫でて)、ソウスワレマテだ、を命令口調で無くやさしくしっかりかけて、右手にダンベルを持ち、顎の高さで手を出して、顎の下に入れて「モッテ」と云って咥えさせました。左手で上あごを開けてやることはありません。

 そこまでは出来るのですが、咥えると直ぐに「ソウモッテ、ソウソウだ」と褒める間もなく、一旦離れて行ってしまい、引っ張りっこをしてやる暇がありません。「イケナイ」と叱ると戻って来て、それから引っ張りっこです。

 「抱っこ」は下ろした時、そのまま“立たせたまま”にしておくのか、下ろしたら自然に坐っても良いのか分かりません。下ろして、そのまま立たせ、スワレと命じてから坐らせる方が正しいのでしょうか。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:58 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/04(Sun)

今朝の訓練 

【今朝の訓練】
 

 今週は、来る11日の中部ブロック競技会を控えて出来る時には毎日でも訓練するつもりです。
 
 アランは「抱っこ」、「脚側行進」、「常歩行進中の停座」、「ダンベル」及び「速歩行進中の伏臥」をやりました。

・「ダンベル」
スワレマテをさせて咥えさせますと、咥えるのは咥えるのですが、直ぐに立ち上がってしまいます。まだ、今一うまく出来ていないということでしょうか。
・「抱っこ」
抱っこしてから下ろして、マテ、タッテマテと云いながらその姿勢をしばらく維持させた後、スワレを命じました。坐らせた後、アトヘで呼び込んで脚側停座をさせるのですが、今日は声符だけにしてみました。
・「脚側行進」
紐付き脚側行進と紐無し脚側行進について、指導手の歩様、姿勢に注意し、付きアイコンタクトの状況を見ながら、右曲がり、Uターン、左曲がり等の様子を見ました。
・「速歩行進中の伏臥」
伏臥させて一旦離れてから戻って来て、又離れてという風に、戻って来たから坐って良いのだと思わせない訓練をしました。


 アスピは「脚側行進」、「停座及び招呼」、「脚飛び」及び「棒飛び」をやりました。

・「脚側行進」
足の運び、歩様、アイコンタクト及び小回り等に注意しながらやりましたが、アスピはこんなものかな、という線でした。
・「停座及び招呼」
「ヨシ!」と呼んだ時に“喜び勇んで”来ることに確認をしました。
・「脚飛び」及び「棒飛び」
千葉ブロックで「トベ」を命じない内に飛んでしまった悪いイメージの払拭のために行いました。
 足を上げ又は棒を構えてから、身体をゆすってフェイントをかけても「トベ」の命令があるまでは飛ばない訓練をしました。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:14 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/03(Sat)

肩にゴムバンド。今朝の訓練。 

【肩にゴムバンド。今朝の訓練。】
 

 昨日の当日誌に対して○○さんから「脚側を背中にゴムを巻いて猫背をなおして練習」の必要性について助言をいただきました。

 ゴムバンド使用による腰回し運動については、以前腰を痛めた時に「自然良能会柏支部」に通って、治療を受けた後に所謂バラコン運動をやったことがありました。毎日通いなさいと云われたのですが、当時は勤めていましたので週1回で5~6ヶ月通いました。
そのゴムバンドは手、肩、腰、足および足首等に巻く方法があるのです。それを思い出して、慌てて引っ張り出してみました。
 色々試した結果、足用のゴムバンドが肩にするには適当かもしれないと思っています。
(ゴムバンド運動に興味のある向きは「自然良能会 ゴムバンド」で検索すると、一部出来来ます。)

 今朝は障害と鶏肉を持って水辺公園広場に行きました。肌寒くて半袖シャツにチョッキを羽織っても鼻水が出る程でした。
 
 アランは「障害」、「ダンベル」、「寝ろ」、「抱っこ」、「脚側行進」及び「常歩行進中の停座」をやりました。
・「ダンベル」
まだ、相変わらず、その場で咥えさせるのが今一うまくできません。
・「抱っこ」
 抱っこしてから下ろして、タッテマテ状態からスワレで坐らせた後、アトヘで呼び込んで脚側停座をさせるのですが、太腿を叩いてやるのは出来るのですが、今日は声符だけにしてみました。すると2~3回は呆け~としているのでした。この分では、今度の競技会で使おうとしていたのを考え直さなければならないかも知れません。
・「脚側行進」
 紐無し脚側行進ではアイコンタクトが取れているのですが、紐付き脚側行進の場合にはそれが悪いように思われました。どうしてそうなるのか分かりません。

 アスピは「脚側行進」、「停座及び招呼」及び「脚飛び」をやりました。
・「脚側行進」
 足の運び、歩様、アイコンタクト及び小回り等に注意しながらやりましたが、アスピはこんなものかな、という線でした。
・「停座及び招呼」
「ヨシ!」と呼んだ時に喜び勇んで来ましたので良しとしましょう。
・「脚飛び」
 千葉ブロックで「トベ」を命じない内に飛んでしまった悪いイメージが残っているのですが、もうそんなことは無いだろうと思っています。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:18 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/02(Fri)

「背筋矯正具」等 

【「背筋矯正具」等】
 

 昨日のアランの出張訓練で脚側行進を最後にやりましたが、訓練士の講評は「全般に荒い」ということでした。

 訓練仲間からは、このレベルになったら多分に視的感覚の問題も多分にあるので、服装、姿勢や歩き方にもっと注意すべきとの意見もあります。

 先週の日曜日に、みのもんたの司会でV6も出ている「学校に行こう」という番組でソシアルダンスで、天才ジュニアの勇姿を放送していました。その時、ソシアルダンスは全くの素人のV6が「背筋矯正具」と耳に掛けて下を向いたら警報音が鳴る装置を装着していました。これを見て、正に私にもそんな装具が欲しいと思いました。

 何を隠そう、私は、猫背、下を向いて犬の方を見すぎる、のです。しかし、考えて見ると「全般に荒い」という段階では服装、姿勢や歩き方以前の問題かも知れません。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:22 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2006.06/01(Thu)

今日はアランの出張訓練日でした。 


 今日はアランの出張訓練日でした。アランの訓練が終わってからアスピの訓練をしました。

 アスピの訓練は、CD-Ⅱの必須7科目と「脚飛び」、「障害飛越」、「持来を含む往復障害飛越」、「物品持来」及び「前進」をしました。

 訓練中の関する限りでは「脚側行進」中のアイコンタクトは大分良いなった感じですが、競技会の場でもこのまま続いて欲しい気持ちです。

 今日のアランの出張訓練で「抱っこ」のバラした訓練を訓練士に聞いて見たのですが、私がやっていた「バラした」訓練はやはり型に嵌めたものになっていました。しかし、アスピは今までの訓練法でここまでやって来たのですから、今更変えても却って混乱のもとになるような気がしています。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:25 |  出張訓練  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |