新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2006年06月04日
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.06/04(Sun)

今朝の訓練 

【今朝の訓練】
 

 今週は、来る11日の中部ブロック競技会を控えて出来る時には毎日でも訓練するつもりです。
 
 アランは「抱っこ」、「脚側行進」、「常歩行進中の停座」、「ダンベル」及び「速歩行進中の伏臥」をやりました。

・「ダンベル」
スワレマテをさせて咥えさせますと、咥えるのは咥えるのですが、直ぐに立ち上がってしまいます。まだ、今一うまく出来ていないということでしょうか。
・「抱っこ」
抱っこしてから下ろして、マテ、タッテマテと云いながらその姿勢をしばらく維持させた後、スワレを命じました。坐らせた後、アトヘで呼び込んで脚側停座をさせるのですが、今日は声符だけにしてみました。
・「脚側行進」
紐付き脚側行進と紐無し脚側行進について、指導手の歩様、姿勢に注意し、付きアイコンタクトの状況を見ながら、右曲がり、Uターン、左曲がり等の様子を見ました。
・「速歩行進中の伏臥」
伏臥させて一旦離れてから戻って来て、又離れてという風に、戻って来たから坐って良いのだと思わせない訓練をしました。


 アスピは「脚側行進」、「停座及び招呼」、「脚飛び」及び「棒飛び」をやりました。

・「脚側行進」
足の運び、歩様、アイコンタクト及び小回り等に注意しながらやりましたが、アスピはこんなものかな、という線でした。
・「停座及び招呼」
「ヨシ!」と呼んだ時に“喜び勇んで”来ることに確認をしました。
・「脚飛び」及び「棒飛び」
千葉ブロックで「トベ」を命じない内に飛んでしまった悪いイメージの払拭のために行いました。
 足を上げ又は棒を構えてから、身体をゆすってフェイントをかけても「トベ」の命令があるまでは飛ばない訓練をしました。



スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:14 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。