新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2007年06月20日
FC2ブログ
2007.06/20(Wed)

競技会での審査員氏の講評、その他 

 前に書いたことですが、ここではより詳細に書いて見たいと思います。

 栃木の大会で3部(CD-?s)に於ける審査員氏の講評は、

1. 脚側行進ではちょっと出過ぎた所があった。
2. 停座が遅い時が有った。
3. 片足浮かせの件

の3つだけで「臭い嗅ぎ」は云われませんでした。

 「1」は、アランが集中している時には指導手の方を良く見つめて、指導手の脚側に付いて行進するのですが、この日はとにかく集中が無くて、ふらふらと指導手から離れたり、或いは先に歩いたりしたのかも知れません。この「出過ぎ:出勝手」の問題は以前は酷くて、集中して活気がある時に、どうしても頭2つ位先に出ていました。
 この傾向は脚側行進復路の左曲がりの時目立っていましたが、今は矯正出来ています。又「常歩行進中の3姿勢」の行きの行進や戻りの行進の時にも出勝手だったのですが、これも矯正出来ています。

 「2」は、こんな講評を受けたのは今回が初めてのことです。スタート地点に戻って来て、アトヘをかけて指導手の後ろを回り込む時に、臭いが気になって動作が遅くなったためと思われます。
 この臭いの件ですが、浮遊臭みたいなものと芝生と2種類有ったようです。 
 浮遊臭は歩いている時、鼻をひくつかせて指導手から離れそうになったり、遅れそうになったりしました。多分シーズン犬の影響ではないかと思っています。
 芝生には鼻を擦り付けるようにしていましたが、これは前日のアジリティーでシーズン犬が活動した跡ではなかろうかと思っています。
 しかし、これらを気にしない雄犬が多数いましたので、この所為で出来が悪かったとは云えない事は重々承知しています。

 「3」は、自覚している欠点なのです。
審査員氏は「減点するかどうか微妙なところ」と云うことでしたが、坐った時には必ずどちらかの前足を浮かせています。
 審査員氏は「お手(おかわり)」や「抱っこ」の時に、このままでは段々上げている時間が永くなるので矯正した方が良いですよ、ということでした。
 アランの出張訓練士先生は、下手に矯正しようとして、アランの最大の売りである、活気、機敏、動きが良い所、を殺してしまっては元も子もないので、今のままで良いとの事なのです。

 審査員氏から講評の無かった「臭い嗅ぎ」や「他の犬に見入る件」は馴致訓練を徹底させるしか方法は無かろうと思っています。しかし「犬が多く集まるような、しかも初めての場所」がそうそう見つかる訳でもないところが泣き所です。
 「他の犬に見入る件」は以前はコーイケル、パピヨン及びチワワだったのですが、今回はキャバリアでした。コーイケルは今回1頭に挨拶させましたし、パピヨンも数頭挨拶させました。通常の時には何にもなくて、競技している時、或いは集中が切れかかった時が問題なのかも知れません。

 昨日の当ブログの閲覧数は150で、もう一つのgooのblogの閲覧数は105でした。
「にほんブログ村の“パピヨン”ランキング」に参加しています読んだ証にバナーをクリックして応援方よろしくお願いします。(ブログ村の掲示板もご覧下さい。)
              にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
 
http://aspialain.blog73.fc2.com/
          
http://blog.goo.ne.jp/k1taspialain/
                 
http://www.h5.dion.ne.jp/~k1tasiro/
スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:22 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2007.06/20(Wed)

競技の時集中を切らさない方法は? 

 今回の栃木の大会では、
・ アランが全く集中力がありませんでした。
・ 連れて、臭い嗅ぎを盛んにしようとしたり、又したりしました。
・ 隣のリンクで競技しているキャバリアに見入ったこともありました。

 これらの防止のために通常は馴致訓練をしていたつもりだったのですが、まだまだ不十分なようです。
・ 犬が多く集まる初めてのところへ行く。
・ そこでは、絶対に臭い嗅ぎをさせない。
・ 他の犬が近づいて来たら、それをチャンスと捉えて、飼い主に集中させる。
等を行っているつもりなのです。通常の自主訓練では出ることが無い所作や行動が競技会の時に出てしまうのが泣き所です。

 普段の自主訓練で犬が集中している時には、簡単に出来る科目でも、集中していないと、失敗することになる。従って、普段自信のある科目でも外乱のある環境で訓練しておく必要性を痛感しました。

 それと普段の訓練は「明るく、楽しく、朗らかに」を心がけようと努力しているつもりなのですが、失敗が出るとどうしても叱りが主になってしまうのです。「褒め7分に叱り3分」を心がけよ、と忠告されています。

 昨日の当ブログの閲覧数は150で、もう一つのgooのblogの閲覧数は105でした。
 「にほんブログ村の“パピヨン”ランキング」に参加しています。
読んだ証にバナーをクリックして応援方よろしくお願いします。(ブログ村の掲示板もご覧下さい。)

              にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
 
http://aspialain.blog73.fc2.com/
      ↑    ↓
http://blog.goo.ne.jp/k1taspialain/
                 
http://www.h5.dion.ne.jp/~k1tasiro/
【編集】 |  05:27 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |