新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2008年09月
2008.09/30(Tue)

ラクチンFLVメーカー・120人のまま(+0人) 

【ラクチンFLVメーカー・120人のまま】
 
 
 今朝も小雨なので朝練は取りやめです。

 今まで使っていた「livedoor」のフリーメールは1GBまであと150MB位残っていたのですが、upの途中でdownしてしまうのです。
今までに「dion」、「hotmail」、「infoseek」、「goo」は既に満杯になっています。コメント欄でいただいた「満杯にならないのにダウンしてしまうことがある」ということにヒントを得て、新しいフリーメールアドレスを取得して、upを試行してみることにしました。

 まず、「nifty」でラクチンに登録して、去る28日に撮った「停座及び招呼」の動画を編集なしでupしてみましたらup出来ました。試行版なので大画面にしてみました。




 次ぎに「google」でラクチンに登録して、去る28日に撮った「股くぐり歩き」の動画を同じく編集なしでupしてみました。




 これらの動画はコンデジで撮りっぱなしなので前後にcutすべき部分が撮られています。
どなたか、動画の編集ソフトで使い勝手の良いものがありましたら、お教え願えないでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:45 |  ブログ  | CM(5) | Top↑
2008.09/29(Mon)

今日は雨・120人のまま(+0人) 

【今日は雨・120人のまま】
 
 
 今朝も結構寒くて長袖シャツにウインドブレーカーを着ています。まだ雨が降っていませんでしたので朝6時半頃から出かけ、アスファルト路面でCD-?sをほんのちょっとだけやりました。

 今朝は小学生の出足が遅いようで、6時55分過ぎになったのに、ちっとも出会いませんでした。

 昨日の動画をラクチンFLVメーカーにてupしようとしているのですが、どうしても途中でダウンしてupすることが出来ません。

 ラクチンFLVメーカーは1000MBまでup出来るので今までは使って来たのですが、今までと同じ手順でやっているのに途中でダウンしてしまうのです。
一方FlipClipでは月に100MBまでしかup出来ません。FlipClipの月に100MBでは全く話しになりません。
 動画は20~30MB/ショットなので、それを編集して容量を落とそうとしたのですが、1ショット当たり20~30分もかかるのでこちらの方も実用的ではありません。
 
 どなたか使い勝手の良い動画upの方法があれば、教えていただけませんでしょうか。
私のメールアドレスは、
      k1t-aspi@hotmail.co.jp
です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:46 |  その他  | CM(3) | Top↑
2008.09/28(Sun)

今日は本格的に訓練・120人のまま(+0人) 


【今日は本格的に訓練・120人のまま】
 
 
 今日は午後14時頃から、コース張り用白ロープ、3脚付きコンデジ、飛び棒及び飛び輪、を持って水辺公園広場の草地で、CD-?sの訓練をしました。

 会場に着きましたら、犬繋留用の金杭が無いのに気づきまして、仕方がないので、停座させて待たせてから、ロープで1辺10mのコの字型のコースを敷設しました。

 動画は1科目づつセット変えをして、出来るだけ最適に撮るようにしました。
紐付き脚側行進から始め、紐無し脚側行進、停座及び招呼、伏臥、立止、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、常歩行進中の立止、と進め、次の障害飛越は省略して、休止を行い規定科目を終わりました。
 続いて、お手、股くぐり歩き、抱っこ、棒飛び及び寝ろ、にて自由選択科目5科目を終了しました。
 上記に付随して、8の字股くぐり、脚飛び、吠えろ、据座、輪飛びもやりました。そしてロープ撤収の時も停座させて待たせましたが実におとなしく待つことが出来ました。

 動画はラクチンFLVでup出来るかどうか後刻トライしてみたいと思います。

 動画で確認した結果は、
・ アイコンタクトは良かったのですが、アランは血気にはやたみたいで、ちょっとバタバタした感じも受けました。活気を殺さないでこのバタつき感を無くすことがテーマになるのかも知れません。
・ 臭い嗅ぎ的な動きは「常歩行進中の伏臥」の時に、ほんのちょっとだけそれらしい動きをしましたが、すぐに指導手の方に注目しました。
・ 停座及び招呼は、停座中は臭い嗅ぎもなく、招呼に対して素早く駆けて来て、足にぶっつかることなく脚側停座しました。
・ 傍でキャッチボールをしていましたので、多少そちらの方を気にしていました。
・ 片足上げは散見されました。どうもコマンドが出るのを待ちきれずに、「次はなに?」と催促しているような感じでした。
・ 8の字股くぐりで股をくぐる時アランは小さく声を出しながら回っていましたので、この点はあるいは減点要素になるのかも知れません。
・ CD-?の自由選択3科目は、常歩行進中の立止、股くぐり歩きと抱っこが良いのかも知れません。
・ 吠えろは1コマンド対1声吠えにしたいのですが、1コマンドに対し2声~3声吠えていました。

 15時半にこの動画のメモリースティックを持ってKM氏宅にお邪魔して、新型PC(NECの19型)で動画を見ました。コンデジで撮った動画が19inch一杯に拡がる光景に自分の犬ながら見とれてしまいました。フルハイビジョン並みとはいきませんが、私の古いPCとは格段に違っていました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  21:02 |  訓練関係  | CM(3) | Top↑
2008.09/28(Sun)

今朝の様子・120人に(+2人) 

【今朝の様子・120人に】
 
 
 今朝も涼しいというより一寸寒い位でした。
いつものように2頭にトイレをさせてから、豊四季駅方面にKM氏ご夫妻に会うために散歩しました。
KM夫人にはアランはすっかり慣れていますし、KM氏にももう慣れた感じです。「お触りお願い作戦」はトリーツ各4小片を与えてもらい、胸毛に触って貰っている間も大人しくしていました。
同伴のボブ君には私から2小片をやりましたが、ボブ君も私に馴れた感じです。

 昨夜19時過ぎにKM氏宅にお邪魔してインターネット「光ファイバー」の威力を見せていただきました。私の家はadslメタルプラス50ですが、電送速度が下り5MBしか出てなくて、他人様のブログのアクセスに5分以上/回かかりますし、写真の電送速度なんかも遅くて、動くが「カクカクカク」としたような動きになります。音声とタイムラグもあります。それが光ですと見たところ、他人様のブログへのアクセスもほんに数秒で、円滑な動きであり、しかもタイムラグはありません。

 私も一刻も早く光にしたいのですが、HPのurlの変更が有りますのでちょっと面倒かなと思っています。週明けから早速始動したいと思っています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:44 |  馴致  | CM(0) | Top↑
2008.09/27(Sat)

今日の訓練・118人に(+5人) 

【今日の訓練・118人に】
 
 
 今朝は涼しいというより一寸寒い位でした。
いつものように2頭にトイレをさせてから、いつも訓練している場所に行って、
・ 直線状のコースで脚側行進
・ 停座及び招呼
・ 棒飛び
だけをやりました。
脚側行進はアイコンタクトの状況を見るため、停座及び招呼は停座中の臭い嗅ぎ(訓練中にはしたことがありませんが)と左足にぶっつかる事なく脚側停座することに注意し、
棒飛びは停座させて棒を構えて飛ばせるまでの間に足上げしないことを確認するためでした。

 これが終わってから豊四季駅方面に散歩して、顔見知りの方を探しました。ヨーキー連れのSO氏とシェルティー連れのSK夫人に会ったのですが、「お触りお願い作戦」は遠慮しました。その後はKMご夫妻に会うのを期待していたのですが、会えず仕舞いでした。

 過日ヨーキー連れのご婦人と小学生4人に「お触りお願い作戦」をしましたのを計上しておきます。

 午後から全く久し振りに水辺公園広場の草地でCD-?sとCD-?の訓練をしました。
アランは久し振りの草地だったので、アスファルト路面とは様子が違ったようで、ある時には吠えたり、又ある時には喜んでいるようで足にじゃれかかったりしました。
 CD-?sの内、障害飛越や棒飛びは省略しました。これからは、折りに触れて草地で練習することが必要なことが痛感されました。

 本稿とは関係ありませんが、一昨日撮った「常歩行進中の停座」の動画です。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  18:03 |  訓練関係  | CM(3) | Top↑
2008.09/27(Sat)

犬の訓練について思うこと 

【犬の訓練について思うこと】
 
 
 Tタッチの講習を受けてみようと思った切っかけは、Tタッチが犬の「理性・感情・肉体のバランス」を取る上で非常に効果がありそうだと聞いたからでした。アランとの信頼関係においても、Tタッチが犬のパーフォーマンスと健康状態を向上させ、更なる相互理解と、より効果的なコミュニケーションを通して、よりよい信頼関係を構築していく一助となればと思ったわけでした。
 
 それに付随してアランの卑近な欠点の矯正が出来れば「御の字」と思って参加したのですが、それをある人に「○を今○」と云われてしまいました。言った本人は「ある種の優越感」から発した言葉でしょうが、この心ない言葉に大変ショックを受けました。

選別等は高度な技術で、訓練はそれに及ばないこと、と一種見下しているような風潮があるのでしょうか。しかし、「鶏頭と成るも牛後となる無かれ」という諺がある通り、いろんな分野に於いてはそれぞれ、個々に極める道は奥が深いことも忘れてはならないと思います。

 訓練では、「ただそつなく科目を熟す」だけでなく、
・ コマンドに確実に、しかも「機敏」に従うこと
・ 指導手と犬とが「楽しげ」に演技していること
を心がけています。

 犬の訓練は元々「私のリハビリが出発点」だったわけですが、最初は「家庭犬としての最低限のしつけを」という極く軽い気持ちでしつけ教室に通い出しました。それが、教室の仲間に触発されて訓練競技会に嵌ってしまって今日に至っているのです。

競技会の成績なんて、所詮、「飼い主の自己満足と虚栄心の塊」以外の何物でもないことは当初から認識していましたが、一旦競技会に出て上位を獲得しますと、次は、より上位を目指すのは人間の性でしょうか、それとも「人間が出来ていない証左」でしょうか。
こんなことを考えていると、こんなことにうつつをぬかさないで、人間としてもっとやるべきことが、との思いもしています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:32 |  その他  | CM(0) | Top↑
2008.09/26(Fri)

今朝も昨日と同じ訓練 

【今朝も昨日と同じ訓練】
 
 
 今朝も朝食前に2頭をトイレ散歩に連れ出してから一旦帰宅し、アスピだけ足を洗い家に残してから、アランにDRSWを施してから訓練に出かけました。

 訓練の様子は昨日と同じでして、コマンドに対する反応や機敏な動作は申し分ありませんでした。

 最後にボール投げをしてやりましたが、これがアランにとっては一番面白いようでした。

 昨日撮った動画をupしてみます。昨日と同じ「FlipClip」です。
「常歩行進中の伏臥」の模様です。



 帰り道で女子小学生4人組とKM氏がボブ君を連れて来るのに出会いましたので、女の子に2粒づつトリーツ小片をアランにやって貰いました。
 KM氏はアランがDRSWを付けているのを見て、「可哀想に」との感想でしたが、wrappingといっても張りは極く緩く巻いていますので、見た目ほどには犬にはストレスはかからないようです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:58 |  訓練関係  | CM(4) | Top↑
2008.09/25(Thu)

今朝の訓練は動画で確認 

【今朝の訓練は動画で確認】
 
 
 今朝は朝食前に2頭をトイレ散歩に連れ出してから一旦帰宅し、アスピだけ足を洗い家に残してから、アランにDRSWを施してから訓練に出かけました。

 訓練はコンデジで一部の動画を撮って一々確認しながらCD-?sをやってみました。
今日も訓練に関する限りではコマンドに対する反応や機敏な動作は申し分ありませんでした。

 動画で確認したのは、
・ 据座で前に動かないこと
・ その場の伏臥と立止
・ 常歩行進中の3動作。コマンドに対するクイックレスポンスと停止の持続
・ 休止。約60秒間フセしている間に臭い嗅ぎしないこと。(今まで訓練中に臭い嗅ぎをしたことはありません)
・ 棒飛び。スワレマテのコマンドの利き、トベ及びタッテへのコマンド。

 これらの動画はコンデジを路面に置いて撮影しましたが、残念ながらラクチンの動画をup出来ませんでした。
 尚、脚側行進等は指導手の集中に難があるため撮ることが出来ませんでした。

試しに「FlipClip」で据座の模様をupしてみたのですが、月に100MBしかup出来ないそうで、これでは何の役にも立たない感じです。(この据座で20MBです)

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:44 |  訓練関係  | CM(5) | Top↑
2008.09/25(Thu)

アスピの素洗い6回目・アラン3回目 

【アスピの素洗い6回目・アラン3回目】
 
 
 昨日昼ご飯を済ませてからアスピとアランにマイクロバブルシャワーによる素洗いをやりました。アスピもアランも特に身体を掻いてはいませんでしたが、アランが前回素洗いしたのが9月17日でそれから1週間になりましたので、体毛を綺麗に保つ意味でやったわけです。
 ここで、アスピとアランのシャンプーと素洗いの経緯を記してみますと、

・ アスピ
  9月5日  シャンプー第1回 
    7日             素洗い 第1回
    8日  シャンプー第2回
   12日             素洗い 第2回
   17日             素洗い 第3回
   19日             素洗い 第4回
   22日             素洗い 第5回
   24日             素洗い 第6回

・ アラン
  9月5日  シャンプー第1回
   12日             素洗い 第1回
   17日             素洗い 第2回
   24日             素洗い 第3回

 今までは素洗いの回数を間違えていましたが、上記が正しい回数です。
この記録からしますと、アスピはシャンプーを2~3週間毎に、素洗いを2~3日毎にやっていれば、身体を掻くことも軽微で済ませられそうです。

 一方アランも食物アレルギー持ちなのですが、療法食でまず問題なく過ごせているようで、こちらは体毛を綺麗に保つためだけで良く、シャンプーは1ヶ月毎に、素洗いは7日毎程度で良さそうです。

 洗った後早速写真に撮ってみました。いつもは寝姿ばかりでしたので今回は立止状態を撮ってみました。白い体毛の毛艶は良いようです。

 尚、毛並みが波打って乱れているのは洗い放しでブラッシング等をしていない所為です。

 200924・素洗い後の2頭rev1

 200924・素洗い後の2頭2

 200924・素洗い後の2頭3

 200924・素洗い後の2頭4

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  05:13 |  手入れ  | CM(1) | Top↑
2008.09/24(Wed)

今朝の訓練 

【今朝の訓練】
 
 
 今朝は朝食前に2頭をトイレ散歩に連れ出してから一旦帰宅し、アスピだけ足を洗い家に残しました。
 アランにDRSWを施してから訓練に出かけました。

 訓練は直線状のコースで脚側行進をした後、CD-?sをやりました。コマンドに対する反応や機敏な動作は申し分ありませんでした。

 停座及び招呼では胸のポケットにボールを忍ばせて10mまで離れる途中や離れた時にボールを落としてヨシのコマンドで取りに来させたりしましたが、これだけでは「常時指導手の方に注目する」ようなわけにはいきませんでした。

 自由選択科目としては「棒飛び」、「吠えろ」、「寝ろ」、「お手」、「股くぐり歩き」、「抱っこ」及び「8の字股くぐり」等をやってみました。競技会ではこの内の5科目をやれば良いのです。
 これらをやった結果は下記の通りでした。

・ 棒飛び
 スワレマテをさせて棒を構える時、片足を上げました。片足を上げるのは、どうも次の動作に対する何らかの「期待感」があるような感じです。
・ 吠えろ
  スワレマテをさせて犬と向き合ってから「ホエロ」のコマンドをかけましたら、アランは4声吠えました。「ホエロ」に対して「ワン」と1声吠えるようにしたいのですがそうは行きませんでした。(jkc実施要領では3声吠えさせるようになっています)
・ 寝ろ
・ お手
・ 股くぐり歩き
・ 抱っこ
 上記4科目は満点近い出来だったと思っています。
・ 8の字股くぐり
 スワレマテさせて足を開いてから「クグレ」のコマンドでくぐらせました。ただ、アランは静かに回る場合が大部分でしたが一時吠えながら回りました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:42 |  訓練関係  | CM(4) | Top↑
2008.09/23(Tue)

3日振り?の訓練 

【3日振り?の訓練】
 
 
 今朝は朝食前に2頭をトイレ散歩に連れ出してから一旦帰宅し、朝食を済ませてからアランにDRSWと両前肢にテーピングを施してから訓練に出かけました。
実はDRSWと両前肢にテーピングをして表に出ることは目立ってとても恥ずかしいことなのです。
 DRSWと両前肢にテーピングをして訓練をしてみようと思ったのは、
・ その状態で「据座」をやったら、前肢を上げないものか確認する
・ 停座及び招呼で、停座して指導手が離れた時ずっと注目し続けられるかどうか、
を確認して見たかったのですが、どちらもnonでした。「両前肢にテーピング」して足を意識させることで、足を上げなく出来るのではないかというのはポッツ女史の「just idea」だったようで、どうも実績は無かったような感じです。

 停座した時足を上げることが有ったこと、や停座して待っている間によそ見すること、この両方はあったのですが、他の部分では、コマンドに対する反応、特に機敏性は文句のない状態でした。

 足上げは仕方ないとしても、停座して指導手が離れた時ずっと注目し続けられるようになって欲しいところです。今日も散歩中の犬連れが傍を通った時にそちらの方を見ていました。

 最後にボール投げ(ボール転がし)をしてやりましたが、アランは実に楽しそうでした。
このボールへの期待感を、停座で待っている間指導手の方をずっと見続けることに利用出来ないかと思うのですが、敵も去る者で簡単には問屋が卸さないようです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:48 |  訓練関係  | CM(2) | Top↑
2008.09/22(Mon)

アスピの素洗い6回目とアランのTT 

【アスピの素洗い6回目とアランのTT】
 
 
 アスピは、この前に素洗いしたのは19日でしたが、洗って2日位は全く身体を掻かないようですが、3日目になりますと、時たま掻き出すようです。
今日は朝から雨降りなので外に取れだしていません。
素洗いして、ドライアーで乾燥させてやりまして、デスク脇の定位置で仮眠していましたので写真に撮ってみました。

 200922・今日の2頭1

 洗剤は使わない素洗いですが、体毛はピカピカになります。

 200922・今日の2頭2

 アランも障子際の定位置で仮眠中でした。障子はアランが背中をスリスリする時に足をばたつかせて破っていたのを、破れにくいというプラスチック系の入った障子紙を買って来て貼り替えしました。

 200922・今日の2頭3

 その後アランには10分間程DRSWをし、両前肢にもテーピングを施してabaloneとclouded repardのTTをやりました。

 200922・今日の2頭4

 200922・今日の2頭5

 200922・今日の2頭6

 TTもwrappingも、講習会の時には施して差があるように見えたのでした、比較対象のものがないと効果があるのかないのか分からない所が悩み所です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:54 |  手入れ  | CM(3) | Top↑
2008.09/21(Sun)

近くの小学校のスクールガード 

【近くの小学校のスクールガード】
 
 
 今日は近くの小学校の運動会が開かれ、そのスクールガードを務めました。運動場だけでなく教室やトイレ等も見回りするものです。
 始まってしばらくは絶好の運動会日和のようでしたが、11時前から小雨が降り始め、午後には本格的な降りになりました。そのため、プログラムの全ては消化出来ずに、残った部分は24日(水)に繰り越されることになりました。
 先生方や父兄の方は早朝から準備に場所取りにと苦労され楽しみにされていたのに、残念なことになりました。

 教室から運動場を見下ろすような運動場の全景の写真は珍しいのではないかと思います。

200921・運動会1v1

200921・運動会2

200921・運動会3

200921・運動会4

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  20:03 |  その他  | CM(1) | Top↑
2008.09/20(Sat)

朝の散歩及びその後の朝練 

【朝の散歩及びその後の朝練】
 
 
 心配された台風の上陸もなく、台風は房総半島沖をかすめて東進したようです。
今朝は台風一過とはいかないまでも風も弱い状態でした。

 今朝はアランにDRSWをし、ハーネスを付けて、その上両前足にテーピングして、2ポイントリードで散歩をし、トイレをさせました。それから「据座」をやってみました。前足を上げるかどうかを確認したかったのです。1回目は後ろを振り向いた時にちょっと右足が上がりました。2回目は後ろを振り向きことがあったのですが、足は上げませんでした。これが偶々上げなかったのか、テーピングの為に足を意識して上げなかったのかは今後の推移を見守りたいと思います。
(この動画を撮ったのですが、ラクチンFLVメーカーがどうしてもアップ出来ません。)

 帰宅後玄関の上がりかまちの所で撮った写真です。

前肢のテーピングしか見えません。

 200920・アランの朝練1

前肢のテーピング部分の拡大です。

 200920・アランの朝練2

DRSW、ハーネス及び2ポイントリード等の一部だけ見ることが出来ます。

200920・アランの朝練3

 朝食を済ませてからアラン1頭だけ連れだしました。今度はDRSWだけしか付けませんでした。
CD-?sの15科目をやったのですが、まあまあの出来でしたが、競技会で上位に行きためにはより一層のブラッシュアップが必要なようです。幸い競技会までまだ20日は有りますので、何とかしたいと思っています。

・ 脚側行進中のアイコンタクトは良かったのですが、途中で指導手との離隔距離が離れることがありました。
・ 停座及び招呼は良かったです。競技会で臭い嗅ぎさえしなければこういう招呼が出来るのです。
・ その場の、伏臥及び立止
フセ→スワレやタッテ→スワレに於いて、スワレのコマンドに対して幾分甘さがあるようした。
・ 常歩行進中の3作業
動作もきびきびしていて大変良かったと思います。
・ 障害飛越(片道)
  動作もきびきびしていて大変良かった
・ 休止
ok
・ 自由選択5科目
 最後に出発点に戻っての脚側停座が若干甘いかな?という程度でした。

最後にボール投げをやりましたが、アランは実に嬉しそうにボールを拾ってきました。
ボール遊びをしますと終わりがないような活気が続きます。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:26 |  訓練関係  | CM(2) | Top↑
2008.09/19(Fri)

アスピの素洗い5回目 

【アスピの素洗い5回目】
 
 
 昨夕からアスピが偶に身体を掻きだしたので、朝の散歩の後でマイクロバブルシャワーで素洗いしてやりました。去る17日に素洗いした後一切身体を掻かなかったのに、偶にでも掻くのを見ると洗ってやりたくなるものです。
 素洗いして、ドライアーで乾燥させてやりますと、デスク脇の定位置で仮眠しています。

 200919・素洗い後のアスピ1
 
 後肢付近です。
 200919・素洗い後のアスピ2
 
 前肢からお腹の辺りです。
 200919・素洗い後のアスピ3

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:49 |  手入れ  | CM(3) | Top↑
2008.09/19(Fri)

Tタッチに対する反響・1 

【Tタッチに対する反響―1】
 
 
1.Mixi日記のコメントより

 Tタッチを通常のマッサージと感違いされている方が多いようですがTタッチはマッサージと異なります。アランの今回目的とした事は生後3ヶ月までに完成しなかったので、歳を取ってから放置出来ずに矯正しようとしているのです。

『犬に対する心構えは、

・ 犬だけを凝視せず視野を広くもって見ること。
・ 問題は、犬だけでなく飼い主との関係でもあること。犬は飼い主の鏡でもある。
・ 犬に起きている問題の75%は飼い主に原因があること。
・ 飼い主にTTを施して問題解決に至ったことがあること。
・ ドッグショーでは90%は(TTを)人間に費やしている。 』

普段の訓練の時や競技会の時に常に完全に意識出来ていることが必要です。
競技やドッグショーでは、ハンドラーは万全の体制で臨んでいても、自分で犬にTタッチをやったり、
各種body wrapをやったりし、中にはハンドラー自身がTタッチを施して貰っているそうです。
 
アランは過去の競技会で毎回同じ様なミスを繰り返しました。この行動は通常の訓練で矯正することは百年河清を待つような気がしましたので、今回Tタッチの講習を受けました。
「飼い主が望んでいるように行動しない」のは、そこに何んらかの問題があるわけで、その原因が分からないために、犬の理性・感情・肉体のバランスをとってやろうというのがこのTタッチだと云われています。


2.Tタッチとは、

今回の講習会への参加目的に(アランの場合は)、
1 知らない人に頭を撫でられたり、身体に触られても、平気になるようにしたい。
2 他の犬と仲良くなれるようにしたいこと。                                
3.他の犬に見入ることのないようにしたいこと。(特定の犬種に異常に興味を示す)

等9項目の「卑近」な問題点の解決を目指したのですが、このTタッチはもっと総合的包括的なものです。

 Tタッチは単なる「マッサージ」とは異なり、犬のよくある行動問題や身体的問題の解決方法を見いだし、犬のパフォーマンスと健康状態を向上させてくれます。また、人間と動物の更なる相互理解となり効果的なコミュニケーションを通して、より深い信頼関係を築いてくれるのです。
 Tタッチは緊張を緩和し、身体の意識能力を向上させる働きが出てきます。これは、動物の典型的な恐怖反応を刺激することなくハンドリングすることも可能にしてくれます。そして、動物は新しいことをより学習しやすくなり、より適切な行動を取れるようになりのです。
 Tタッチを施すことによって、
・ 犬に自信をつけさせる、
・ 集中力の向上
・ バランス感覚と柔軟性の向上
・ セルフコントロールの向上
・ 飼い主との信頼と協力体制の構築

 犬はストレスを感じると、さまざまな反応を見せます。犬のストレスとその反応について、「理性の器」の概念を使います。この「理性の器」はTタッチを行うことで大きくすることが出来ます。この「理性の器」が大きくなれば、ストレスを受けても、問題反応を示さなくなり、犬はリラックスして暮らせるようになるのです。

 受けたストレスが「理性の器」から溢れて、我を失ってしまった犬は、Tタッチの非習慣的刺激を受けることで自分の身体を意識するようになります。この時に理性を取り戻そうとする合図があります。
 そして、つぎにリラックス出来た合図を出してきます。身体を意識出来るようになった犬は緊張から解放され、こわばっていた身体がふっとゆるむのです。この2つの感覚は「マッサージ」とは違うものなのです。

 Tタッチで新しい刺激を受けた犬は、この「今まで知らなかった刺激はなんだろう?」と考えます。そこで考える時間を与え消化の猶予を与えるのです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:15 |  その他  | CM(3) | Top↑
2008.09/18(Thu)

今日は疲れが出ました 

【今日は疲れが出ました】
 
 
 今朝は6時15分に起きてみると雨がぽつぽつと降っていました。雨にかこつけてこれ幸いとミニ訓練は行わないことにし、トイレだけ済まさせて帰宅しました。
 どうも14、15日の疲れが遅れて出て来たようで身体がかったるくてしようがありません。

 TTの詳報では記載しなかったのですが、「片足浮かせ」のTT的矯正法は次の方法が良いのかも知れないということでした。即ち、
『上げる方の足にラッピング用のテープを肩口から足先の方へケーキ巻きに巻いていって、先にいったら又巻き返して肩口に止める。』
というものです。こうすることによって、上げようとする足を意識させ、足上げを防止させようとすることだそうです。

 これと関連するのですが、本「魔法のなで方」にスクランチと称して『地に足をつける』感覚を取り戻す犬にお薦めとして、「足先から膝の間にゴムをはめる」ということが載っていました。
 この方法は、ヘアゴムを動きが気になる肢にはめる。はめる位置は足元から膝あたりまでの間を目安に、その犬が一番良い肢の動かし方をする場所を探すのだそうです。

 昨日何気なくフセ→タッテやフセ→スワレをやっていましたら、なんとアランは先読みして間違えることに気がつきました。
 今まで、常歩行進中の3動作を織り交ぜたメニューを訓練し、その最後にフセ→タッテばかり取り入れていたのですが、それが癖になったみたいです。
 フセ→スワレを命じたら停座はするのですが、次ぎにスワレを命じますとフセたりタッテしたりと間違えてしまうことに気がつきました。フセ→スワレ→フセやフセ→スワレ→タッテやフセ→タッテでは間違えることはありませんでした。
同じ命令は出ないと思ってダブってスワレの命令が出た瞬間にスワレやタッテの動作をしているのだと思います。

 デビー・レーシング・ストライプ・ラップをしたままいつもの定位置で仮眠しているアランです。
アランはシャンプーしてから2週間以上経っていますが、汚れもなく、毛艶が良いように感じられるのですが、飼い主の思い過ごしでしょうか。

 200918・寝るアラン1

 200918・寝るアラン2

 アランは長毛なためWrapの様子が良く分かりません。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:37 |  その他  | CM(5) | Top↑
2008.09/17(Wed)

TT応用編の詳報 

【TT応用編の詳報】
 
 
 9月15日の講習会、TTの応用編の詳報です。

1. まえがき

今日は、各種のTTを犬に試してどのような応用が出来るかをやって行くということでした。

 今日の参加者は、プラクティショナーを目指している方2名(ポッツ先生のお手伝いをすると同時にポッツさんが最近どんなTTをやっているのか実地に見学する由。犬なし)、しつけトレーニング中の方3名(犬連れ)、昨日に引き続いての方が2名(犬連れ)、合計7人と5頭であった。

 昨日やったことは、
・ TT
・ body wrap
・ 良くなった状態をimage出来ること

 TTの大事なことは、TTの前後でどんな点が違って来ているのか、注意し気づくことである。その場合に注視し深く考えるのではなくてどちらかと言えばfirst impressionを大事にすること。TTは良し悪しの判断はしない由。犬がしているのは犬が出来る最高の姿だからだそうです。それを飼い主が好ましいと感じたときはもの凄く褒めることだそうです。

 オビをやっている犬はアイコンタクトのため右上を見上げているので身体の右側に緊張を持っていることがある。時々右側脚側停座や右側脚側行進をやれば良いのではなかろうか。

 口に問題があると、口は脳に近く感情に直結しているので問題がありそうです。

 運動選手は身体のmaintenanceが必要ですが、アジ等の犬も人間と同様にbody workや
ground workは必要です。TTの効果は永続きするのが特徴です。日常的にTTしていれば、TTに要する時間は極く短時間で済むことになります。

2. アラン、昨日を振り返って

・ 知らない人に身体を触られるのが嫌いであった。身体を触られることへの慣れを進めました。
 Body wrapして触ってもらったところ、じっとしていた。又、知らない人に触ってもらいました。この時アランは4本足でバランス良くじっと立っていた。犬が、触られるのが嫌だったら逃げれるようにしたことが大きい。人間でも選択肢が残されていると安心感が生まれるのと同じことです。
 TTをやっていく上で、犬と一緒に犬のreactionを注意深く観察することが必要です。

 「お触りお願い作戦」には長所と短所があるので、それを十分に弁えておくこと。
少なくともスワレのcommandを出してするのでは、commandの入った子にはもの凄いstressだと思われます。
 触るにしても「配慮した触り方」をして貰うことが必要です。又、犬に怖いと感じさせないように深く息を吸ってその息を吐きながら触ってもらうことで、犬に自信を呼び起こすことが出来ました。
・ 停座して待っている間に臭い嗅ぎをする。
 臭い嗅ぎを競技会の時だけやるのであれば、その状況を訓練時には再現出来ないのが
それがなんらかのカーミングシグナルだとすれば、どんなシグナルを出しているのか
そのシグナルに飼い主が応ずれば改善に繋がることになります。

・ 歯磨きを嫌がる
 body workをやって口周りにTTをしました。
・ 片足浮かせ
 トレーニングでは直すことは難しいかも知れないが、TTでは難しくない可能性があります。

3. TTの種類

・ ごく基本的なクラウデッドレパードのTTは、
1. 身体の力を抜いてリラックスすること
2. 指の先(指紋の範囲)でタッチし、親指はバランスを取るために付ける。
3. 犬一点凝視ではなくて視野を広くとる。
4. 強さは極く弱く。皮膚1枚にやっと触れる程度で。
決して筋肉を押し込むようなことはしないこと。
5. 1周と1/4周時計回りに
6. Pauseを取る。伝わっていることを意識すること。
7. 手を次の点に動かす。

・ パイソンリフト
 上記の1/4周の終わりに、片手あるいは両手で優しくリフトし、一瞬止め、ゆっくり、息を吐きながら、スタート地点に戻る。
 
その他のTT
・ チンプのタッチ
・ ラマのタッチ
・ ラクーンのタッチ
・ タイガーのタッチ
 
足に有効なTT
・ レパードのタッチ
・ パイソンのタッチ
・ padへのタッチ

4. DRSWの効果、ハーネスと2ポイントによるリーディングの効果

 最初はハーネスを装着し、2ポイントリードでハーネスとハーフチェーンとを結び、放射状の桟を歩かせ、止まってスタンドポジションを取って、知らない人に触って貰いました。この歩く時は犬だけに気を取られず、進行方向全般に視線を送るようにすること。

 次ぎにパピヨンのメスがラビリンスを歩行中に、プラクティショナーを目指している女の方に代わっていただきました。するとアランはこのパピヨンに反応して、凝視し、パピヨンの方に行きたがってリードがピンと張って放射状の桟の方には歩ける状態ではありませんでした。

 最後にアランにDRSWを施した上にハーネスを装着し、2ポイントリードでハーネスとハーフチェーンとを結びアランを立たせました。アランはメスのパピヨンには興味ありげでしたが、先ほどのように凝視したり、そちらに行きたがる素振りは示さなくなりました。

5. ポッツ先生の直接指導の様子。

 ポッツ先生の見守る中、右手でabalone(アワビ)のTTをしている様です。

 200915・debby先生1

 同上、右手が見えるように、

 200915・debby先生2


 200915・debby3

 最後に記念写真をアランのカメラ目線で、

 200915・debby先生4

6. 講習会に参加して

 今回講習会に参加してT・Touchとは何かがやっと分かりかけて来ましたし、先に書籍を2冊購入したのですが、本ではTTの力の入れ方一つ取ってもがそれで良いのかどうかすら分かりませんでした。
 それが実地に手を取って教えて貰った結果、その具合も実感として身体で覚えましたし、ボディーラップの効果等は、我が犬で、我が目で、確認出来ました。
 しかし、TTをまだマスター出来たわけではありません。まだ時計回りに1と1/4周しようとしますと、その事に意識が行ってしまって、リラックスや呼吸法が疎かになります。まだまだこれからが修行です。
 時間的な制約で講習出来なかったことも2冊の本で学習することによって、今までよりは修得が早くなるものと期待しています。

 最後にDebby Petts先生に関しては、さすがにTTeamのinstructorの4本指として有名なだけあって、又経験20年というだけあって、犬の観察力は素晴らしいと感じました。そしてバイタリティー溢れた講義内容で、人を飽きさせないものがあり、解説もとことんなさるとてもご熱心な方でした。
ビジネルライクではない態度にも感心させられました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:30 |  指導手研鑽  | CM(3) | Top↑
2008.09/17(Wed)

アスピの素洗い4回目・アラン3回目 

【アスピの素洗い4回目・アラン3回目】
 
 
 今朝食事後、直ぐにアスピとアランにマイクロバブルシャワーによる素洗いをやりました。アランは何ともないようですが、昨日から今朝にかけてアスピは身体を頻りに掻いていました。アスピは前回が12日でしたので今日が5日目です。
 今、素洗い後約2時間位経ちますが、アスピはその後は1回も身体を掻いていません。

 バスタブの代用として従来品は一寸長すぎて、深さも31cmしかなかったので、長さ45cm、深さ
35cmのコンテナーを買って来ました。

 マイクロバブル温水はマイクロバブルに汚れの微粒子が吸着されるようで洗浄効果も通常の温水よりもあるような感じです。(本格的には定量的な測定方法があるのでしょうがここはあくまでも感覚的表現ですみません)
思いなしか、毛が、特に白が、綺麗になった感じです。

 素洗い前に次女がプラ製のバスケットを出していました。アランはこのバスケットに非常に興味ありげで、入れて出しても又入る始末でした。そこでバスケットを倒しましたら又入ってしまいました。

 200917・カゴに入ったアランv1

 200917・カゴに入ったアランv2

 デスク脇の定位置のアランとアスピのシャンプー後の写真(寝姿)です。シャンプーしていないのに毛の汚れが落ちて、毛艶も思いなしか良い様な感じです。

 200917・素洗い後の2頭3

 200917・素洗い後の2頭4

 リビングで2頭並べて撮ってみました。

 200917・素洗い後の2頭1

 200917・素洗い後の2頭2

 そこへ我が家の「小錦君」の登場でした。

 200917・小錦登場

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:19 |  手入れ  | CM(1) | Top↑
2008.09/17(Wed)

今朝のミニ訓練 

【今朝のミニ訓練】
 
 
 TT講習会の15日応用編を書く前に今朝の訓練について書いてみます。

 今朝は例の駐車場でトイレをさせてから、直線状のコースが取れる場所(いつも常歩行進中を練習している場所)に行ってからDRSWrapを施してから、
・ 直線状の脚側行進をやりました。
・ TTの講習会でテーマとして取り上げていただいた「停座及び招呼」をやりました。
・ 3動作を織り交ぜた常歩行進中の作業をやりました。

 アランはDRSWrapをしているのを感じさせない動きでしたが、果たしてDRSWrapをした意味があるのか疑問にさせ思われて来る程です。
 TTは訓練に取り入れたら良いとのDebby Petts先生の助言でしたが、訓練のラップを併用したり、訓練前にTTをする等です。競技会の時には出番前の練習時にWrappingやTTをやることを推奨されました。

 つづいて、場所を移してボール遊びで、小径のボール、紐付きボール、ミニダンベル等を投げてやっては持って来させ、引っ張りっこをやったり、そのまま手に出させたり、或いは咥えたままフセをさせたりしました。
 又、ピーピーボールを行進中に足許に落としてもそのまま脚側行進を続けさせたり、停座及び招呼としては、出発点から5~6mの地点にピーピーボールを置いて、出発点に待たせて飼い主は約10mmの地点まで離れて犬と向き合い「カモ~ン!」と呼んで、犬は置いたボールに誘惑されないで来ることが出来ました。

 帰宅後朝食を済ませた後、マイクロバブル温水で2頭とも素洗いをやりましたが、この模様は後刻書きます。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:11 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2008.09/16(Tue)

14日のTT(初歩)の詳報 

【14日のTT(初歩)の詳報】
 
 

1.前書き
 今回TTouchの講習を受けようと思ったのは、実に欲深く次の9点に何か解決策が見いだせないかと思ったためでした。

1 知らない人に頭を撫でられたり、身体に触られても、平気になるようにしたい。
2 他の犬と仲良くなれるようにしたいこと。                                 3.他の犬に見入ることのないようにしたいこと。(特定の犬種に異常に興味を示す)          4 歯磨きを平気でやらしてくれるようにしたいこと。                            5.飼い主に全幅の信頼を寄せるような犬になって欲しいこと。
6.競技会の場で臭い嗅ぎをするので、これを止めさせたい。
7.競技会の場で頻りに後ろを振り向くのを防止したい。
8.ふとした弾みで吠えることがあるのを止めさせたい。
9.態度に落ち着きがないので、これを改善したいこと。

等を含め、アランの性格や心理的な問題点を見ていただき、これからどういうメンタルケアをしていたったらいいのかも教えていただきたいという思いがありました。

 今回受けた講師のDebby Potts女史は、TTEAMとTTOUCHインストラクターの中でもトップ4の1人として全世界的に知られ、22年以上の経験を持った方だそうです。
 TTに興味がある方は、同女史の所属団体のホームページ、
  url://www.integratedanimal.com
又は、テリントンTタッチ日本事務局
   url://www.ttouch.jp
をご参照下さい。

 TTの究極のゴールは犬がベストのコンディションを作り出すことである。身体のどこかに緊張を抱えていることがあると、それが身体全体の不快に繋がっていることがあります。
 人間に対しても、ネコに対しても応用出来るのですが、TTは細胞に働くかけて緊張をとるものですが、これはマッサージでは永続きしないことに対して永続きすることで、マッサージとは本質的に異なっているものです。
 これはTTが、ある細胞→神経→脳→あらゆる細胞の伝搬系統であることに起因している。
 口元は脳の感情を司る部分に関係する。後ろ半身に緊張を持っている例も数多い。この結果怖がる反応で出やすいし、自信がない、身構えたり無意識で座ったり、立ったりの状態になったりすることがある。

 犬では理性・感情・肉体のバランスが特に大切です。又、犬に分かり易く伝えるようにすることが必要です。犬との信頼関係がどこまで出来ているか、犬に何をしてあげられるかにかかっている。指導者は王様ではなくて保護者の立場である。丁度社交ダンスの女性に対する男性の立場と同じと云えます。

2.TT総論

 犬に対する心構えは、
・ 犬だけを凝視せず視野を広くもって見ること。
・ 犬だけでなく飼い主との関係あること。犬は飼い主の鏡でもある。
・ 犬に起きている問題の75%は飼い主に原因がること。
・ 飼い主にTTを施して問題解決に至ったことがあること。
・ ドッグショーでは90%は人間に対してTTを施している。

 指導手としては、集中している場合でも一点凝視ではなくて、肩の力を抜いて広い視野で広い範囲を捉えるように努めること。アランの場合、アランに注意を払っていても頭の中では広い範囲に注意を払うようにすることである。

 TTは、
・ 犬が訓練ではなくても、人間と一緒にいられるようにする。
・ コマンドをかけてない状態でも犬が人間と一緒にいられる状態になっていること

 初めての犬に手を出すとき、
・ 息を吐きながら、ごく自然に手の甲側を嗅がせる
・ アイコンタクトは強制しない方が良い

3.TTのコツ

 200916・イラスト1

・ 「犬にTTをする」のではなくて「犬とTTをやる」ことを心がける。
・ 犬に一番受け入れやすい所から始めていく。
・ 口元が嫌がったら一旦受け入れた所に戻って、再度嫌がる場所に戻るようにする。
・ アランは最初は尻尾も嫌がっていたが、最後には平気になりました。

・ 手を軽く当てて、皮だけ動かす感覚
・ 6時から始めて時計回りに9時まで
・ 呼吸は複式で深く
・ 視野広く
・ 落ち着いている時の脳波と学習した時の脳波のバランスがとても良くなる。
・ 1周と1/4では脳波で実証されたが、1周と1/2ではそれがぼやける。
・ 1周と1/4で手を1瞬止めてから次の点に手を滑らせていくのが大事。

4.TTの施術

・ 毛並みに沿ってやること。
・ 犬はバランス良く4本の足で立っていること。
・ 肩周りからスタート→耳周り→耳タブをしごく→親の指で耳にTT
・ イアーワーク:緊急時には効果がある

(コングの効用
噛むだけでなく、口元の緊張をを取る効用もある。)

5.TTの種類
 
 200916・イラスト3

(上から、Abaloneアワビ、Cloudede Leopard、Raccoon、Pyphon Lift、
Combine TTouches with Paython Lift、Coiled Python)

 この他に、

・ ラマのTT:手の甲側でのTTで、シャイな犬に適している。
タッチの後に長いストロークのタッチも有効

・ マウスワーク(左手はアゴを支える)
マウスワークをやって頭に向かって手で撫でてやる。
唇に内側にも指をいれる。歯茎にもタッチする。

・ ジグザグタッチ(プレッシャーは極く弱く)

・ テールワーク:尻尾の付け根を持って右回り、左まわり
上からボディーTTして最後に尻尾に沿って撫でて、親指で尻尾にもTT。

・ 好ましくない状況になった時には深呼吸して落ち着くこと。

 ポッツ女史にはアランにも直接たっぷりとTTを施していただきました。先生を見ていた所、さすが犬の挙動を細かく観察されていてキャリアーの差を思い知らされました。
 最初はポッツ女史が私の身体にTTをやって見て、感触を分からせ、次ぎに私がポッツ女史にTTをやりました。次ぎに私が他の参加者のTTをやり、それをポッツ女史が見ていて手を添えて正しい手つきに修正して下さいました。続いてアランにTTをやりましたが、その様子もポッツ女史が付いていて、正しく誘導していただきました。

6.ボディーラップ

 自制心が出来自信を持つことを改善。歩様の改善足運びの改善に有効でアランには有効そうに思われる。又音響シャイの改善にも有効。

但し、長時間は付けない。短時間で度々付けること。

 アランには「エサやりお触り作戦」をボッツ女史にてやって貰ったが、理性・本能・肉体のバランスをとるため、DRSW(The Debby Racing Stripe Wrap)して、リードをかけて
他の人に触って貰いことにしました。

 信頼関係で問題があるのではなくて、コミニケーションに問題がある場合がある。

 人間の足にラッピングしてみたがラップした所に意識が行きます。犬に付いても同様のことが云えます。(ラップして4本の足でバランス良くちゃんと足をつけて歩く犬は自信が出たということである。)
「エサやりお触り作戦」の時には「犬に自由に出来る範囲を残しておくこと」がだいじです。又、4本足でバランス良く立って好ましい時には褒めること。その時テンションを上げた褒め方はせず、落ち着いた態度で褒めること。「oh good boy! excellent!」
 
7.初歩の総括

 TTやBody Wrapでアランは自分の行動に自信が付いて来たと見えて、じっと4本足でバランス良くいつまでも立っていることが出来ましたし、他の人に触られることには大分慣れて来ました。吠えることも少なくなりました。特にポッツ先生にはすっかり慣れたかんじでした。

8.昨日の写真の差し替え

 昨日のアスピの写真では分かり難かった、版元のご厚意によりイラストの写真をupさせて頂きます。

 200916・イラスト2

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  18:57 |  指導手研鑽  | CM(5) | Top↑
2008.09/15(Mon)

テリントンタッチ応用編を受けてきました。 

【テリントンタッチチ応用編を受けてきました。】
 
 
今日も実に実りある内容でした。が、2日間連チャンで疲れました。アランも大変気疲れした様子でもう爆睡しています。
私も応用編の速報は明日にします。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  22:06 |  指導手研鑽  | CM(2) | Top↑
2008.09/14(Sun)

テリントンタッチ初級受けてきました。 

【テリントンタッチ初級受けてきました】
 
 
 今日テリントンタッチ(以下TTと略)、デボラ・ポッツ女史の講習を受けて来たのですが、参加者が我がペアーを含めて3組と少人数だったので、満足の行く講習でした。
 テリントンタッチは、通常のマッサージと違って、細胞に作用して→神経→脳に作用して身体全体の緊張をとり、心理的バランスをとるのに有効なようです。

 今日は我々人間に対してもTTをやってもらって、TTの微妙な感覚を学ぶとともに、犬にも女史から直接TTをやって貰ったし、我々も女史の指導の許にTTをやりました。
 そして何よりも思っていること、疑問点について、全てと云って良い程、女史から回答が得られたことでした。

 TTは膨大なものでして、一部は後で書くにしても、その詳細は書籍や講習会の受講で学んでいただくよりありませんが、今日の講習で頭に残った言葉は、
・ 犬の問題の大部分は、犬だけでなく飼い主との関係の問題のあること。
・ 犬は問題を写す鏡でもあること。
・ 犬に起きている問題の75%は飼い主に原因がある。
・ ハンドラーにTTを施して問題解決した事例が多いこと。
・ ショーでは90%はハンドラーにTTを施した実績あり。

 それとボディーラップを学びましたが、これは非常に有効な感じがしました。
アランは「お触り作戦」で女史、出席の2名の方のエサを上げていただき、次ぎに触ってもらったのですが、エサは欲しがるのに、触ろうとすると逃げる始末でした。
 所がデビー・レーシング・ストライプ・ラップをした後では、最終的にはエサを出さなくても女史からは逃げないようになりましたし、出席の2名の他のスタッフの方が触っても逃げなくなりました。
 ただ、触り方はアランの視野の外からそっと近づくような触り方でした。

 こんなに注意しながら触らなければならないのに、先に実行していた「お触りお願い作戦」は飼い主としては配慮が足りなかったようで、「食欲の減退の現象」は完全にストレスの所為だったようです。
 アランはコマンドが利きますので、スワレを命じて触って貰おうとしたところに落とし穴があったようです。
教訓は「アランに自由に出来る範囲を残しておくこと。」のようです。

明日は「応用編」の講習を受けてきます。

 尚、デビー・レーシング・ストライプ・ラップについては分かり易い説明図(写真)を載せたかったのですが、著作権法の関係で写真はご勘弁願い、実際にアランの施した写真にテープ(極くソフトな特殊なテープ)をした写真を貼付します。分かりにくいのですが、黒線のようにテープが施されています。

 200915・ラップの例

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  23:00 |  指導手研鑽  | CM(2) | Top↑
2008.09/13(Sat)

テリントンタッチの講習会受講 

【テリントンタッチの講習会受講】
 
 
 9月14日と15日に、テリントンタッチの世界的トレーナーであるデボラ・ポッツ女史の講習会を受講することにしました。

 14日は初級編でフレンチブル 5ヵ月半 メス、JRT 1歳 オス及びアランの3頭だけ、又15日は応用編でスウェディッシュ・ヴァルフンド 8歳 オス、パピヨン 4歳 メス、ボーダーコリー 3歳 メス及びアランの4頭だけです。受講頭数が少ないので、アランも同女史から直接テリントンタッチをして貰えるかも知れません。

 この講習会に参加する目的は、

『 指導手に対する信頼感の醸成及び知らない人や犬に対して怯え等がテリントンタッチでどの程度改善出来るものか、探って見るのが今回の受講の目的です。 』

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:14 |  指導手研鑽  | CM(2) | Top↑
2008.09/13(Sat)

 

CD-?sを軽く・113人に(+2人)

【CD-?sを軽く・113人に】
 
 
 今朝もやる意欲が今一でしたが、ぶっつけでCD-?sの8科目をやってみました。

 必須7科目は省略して、「常歩行進中の立止」、「障害飛越(片道)」及び「休止」からなる必須の最後3科目と自由選択5科目でした。アランはこれらの科目の内半年ぶりでやる科目もあったのですがきびきびとした動作で熟すことが出来ました。活気としては久々にやる方が良い位です。
 今朝は「常歩行進中の3作業を織り交ぜたミニ訓練」及び「ボール遊び」はやりませんでした。

 その後、コスゲパンの工場前に場所を移して、KMご夫妻が散歩で来られるのを待って「お触りお願い作戦」をやって貰いました。夫人にはすっかり慣れた様子でしたし、ご主人にも座って胸毛を撫でさせていました。ミニダックスのボブ君はトリーツが貰えることが分かっていて、ワンワンと吠えていました。
【編集】 |  11:06 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2008.09/12(Fri)

アスピの素洗い3回目、アラン2回目 

【アスピの素洗い3回目、アラン2回目】
 
 
 今日の午後からアスピにはマイクロバブルシャワーによる素洗いの3回目をやりました。去る9月8日に2回目のシャンプーを実施し、その後2回素洗いしまして、今日が3回目です。痒がる頻度は以前に比べますとずっと少なくなった感じです。
 序でにアランも洗ってやりました。アランは9月5日シャンプー、9月7日初回の素洗いでした。

 幅40*長さ75cm*深さ31cmの衣料用のコンテナーを利用し、その中に犬を入れてシャワーを掛け流し状態で使いました。貯まった温水は温浴効果はあるものの、洗浄効果は掛け流しでないと期待出来ないそうです。
 アスピもアランもシャンプーは嫌いではありませんので、素洗いでは楽でした。
マイクロバブル温水はマイクロバブルに汚れの微粒子が吸着するようで洗浄効果も通常の温水よりもあるようです。思いなしか毛が、特に白が、綺麗になった感じです。

 シャンプー後の写真です。まずアスピです。

 200912・素洗い後の2頭1

 200912・素洗い後の2頭2

次はアランです。

 200912・素洗い後の2頭3


動画も撮りましたが、ラクチンでのupがどうしても出来ませんでした。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:54 |  手入れ  | CM(3) | Top↑
2008.09/12(Fri)

9月7日のメーカーへの返信・111人のまま(±0人) 

【9月7日のメーカーへの返信・111人のまま】
 
 
 去る9月7日のブログに当ブログに書きました、『マイクロバブルシャワー開発の経緯』で要請されました使用の感想についての返信内容をご紹介させていただきます。

実は私がマイクロバブルシャワーを購入致しましたのも、パピヨン犬の肌の疾患に少しでも改善が見られないかと思ったからなのです。
 今まで、シャンプー1日、素洗い1日の2日しか使っていませんので効果の程はまだ分かりませんし、マイクロバブルが果たして出ているのかどうかも定かでない状態です。

 家の犬は今8歳になりますが、4~5歳頃までは見事な毛吹きでした。その後痒がるようになり、足で掻いたり、口で痒いと思われる部分を噛んだりしていました。そのため毛が千切れたり、或いは抜けたりして一時に比べて貧相になりました。

 動物病院で血液検査の結果、食物アレルギーが発見され、アレルゲンフリーの処方食にして1年位になりますが、何ら改善は見られません。
 そこで効いた犬もいるということでインターフェロンのインタードッグ療法にて2ヶ月間定期的に注射をしましたが、それでも何の変化もありませんでした。

 ある方がマイクロバブルがよいかも知れないということでしたのでnetで検索してマイクロバブルシャワーを知った次第です。
 マイクロバブルの発生機構は水の流れを絞って、そこにベンチュリー効果で空気を導入してバブルを発生させるようですが、説明されている「動画」では激しく気泡が発生していますが、実際使ってみますと、気泡が発生しているのかどうか分からない感じです。こういうことも有ろうかと思い「メーカーさんで出荷時に現物毎に発生状況を確認しているかどうか」を問い合わさせていただきました。

今暫く使い続けて見てその上で、又ご報告致します。

尚、動物病院やアトピーのお子さんでの、使用前と改善後の写真やデーターを差し支えない範囲でお送りいただければ、私にとっても励みになるものと思いますが、如何でしょうか。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:41 |  その他  | CM(2) | Top↑
2008.09/11(Thu)

今朝のアラン・111人に 

【今朝のアラン・111人に】
 
 
 今朝は5時45分に家を出ました。が、今朝は何となく気が乗らなくて余りミニ訓練をしませんでした。

 「直線状のコースが取れる場所」で脚側行進(往路常歩復路速歩)を紐無しと紐無しでやり、集中の具合をチェックしました。この「集中」は、発進時の脚側停座から始まり脚側行進が終わり脚側停座に至るまで、の全過程に亘り、顔を下に向けず僅かに左に向け下目で犬を見るようにしました。

 その後いつもの訓練場所に移って軽くアランのボール遊びをしました。今までは、ボールを投げてダイレクトキャッチさせる時の飛び上がりやコンリート塊に座ってヘソの辺りにボールを構えてヨシで飛び上がって取らせる等の過激な動作もやらせていたのですが、今日からは過激な運動は極力止めるようにしました。これは飛び上がる時「後足」がアスファルト面から過大な衝撃を受けることを心配してのことです。
 ボール投げは軽く投げたとしても、取りに行くスタートダッシュやボールを咥えてから反転する時等は急激な動作になるものです。

 アランにボール投げをやっている間アスピは傍に繋いでいたのですが、アスピもボール投げが大好きなため、ボール投げをした時に今まで座っていたのが、立ち上がったり、吠えたりしました。そこでアスピにはスワレ、マテをさせた上、アランのボール投げ(ボール転がし)をやって、上記動作をやらないようにアスピの矯正をやってみました。

 帰宅途中でヨーキー連れのご婦人と会いましたので「お触りお願い作戦」をしました。
このご婦人は人当たりの良い方でアランも心を許している方だと思います。
 いつもお願いしているKMご夫妻とは、小学生の学校への通学付き添いのため、時間帯が違っていて平日にはお目にかかれていません。週に土曜、日曜日の2日だけお願いすることになりそうです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:18 |  散歩&ミニ訓練  | CM(5) | Top↑
2008.09/10(Wed)

今朝の2頭・110人のまま 

【今朝の2頭・110人のまま】
 
 
 我が家の2頭も訓練や散歩に出かけようとする時にはハイテンションになります。そのため、私は2頭にスワレ、マテをさせてから、靴を履きそれからリードを付けます。その間もジット待たせています。次ぎにアランを抱っこして、アスピにヨシをかけて立ち上がらせます。これはハイテンションの時でもコマンドに従わせるためなのです。
 外でも写真を撮りたいのですが、家を一歩出たら訓練モードにし、一瞬たりとも気を抜かないこと、を心がけていますので、これが出来ません。

 リードを付ける前のアスピです。ちゃんと座って飼い主の方を向いています。

 200910・散歩直前の2頭1

 同じくアランです。

 200910・散歩直前の2頭2

 リードを付けて待たせた状態のアスピです。何か分からないのですが、横を向いています。

 200910・散歩直前の2頭3

 同じくアランです。こちらの方も横を向いています。

 200910・散歩直前の2頭4

 2頭の位置関係です。どうして離れて座るのか分かりません。

 200910・散歩直前の2頭5

 今朝も実に冷涼でした。こんな朝は実に気持ちが良いものです。
例の如く駐車場でトイレをさせてから、直線状のコースが取れる場所(いつも常歩行進中を練習している場所)に行きました。
 今日も、直線状の脚側行進及び常歩行進中の3作業を織り交ぜたミニ訓練(今日は10種類のメニュー)をやりました。この10種類のメニューを熟すのは大変でして、CD-?をやる方が遙かに簡単です。
 この常歩行進中のメニューの中には、招呼→アトヘ→脚側停座→フセ→タッテ、というメニューも交えていたのですが、これを度々やっていますと、その場の伏臥から停座させようとしますと停座せずに立ってしまうこともあるのに気がつきました。アランは動作が機敏なためにフライングする可能性が大です。やはりフセ→スワレやフセ→タッテ等は適度に織り交ぜて先読みフライングを未然に防止するようなメニューにする必要があるようです。
 直線状の脚側行進は紐付きと紐無し、とをやりましたが、アランは指導手に確実にアイコンタクト出来ていました。

  それから場所を移してアランのボール遊びをやり、CD-?の必須科目7科目をやりました。

 最後にアスピにもボール投げをやって終わりにしました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:59 |  遊び(訓練)  | CM(3) | Top↑
2008.09/09(Tue)

2頭の今朝の様子 

【2頭の今朝の様子】
 
 
 今日から大陸の移動性高気圧に覆われて秋の気配の予報通り、昨晩は寝ていてタオルケット1枚では寒くて、慌てて毛布を引っ張り出した始末でした。

 今朝は5時45分に家を出て、駐車場でトイレを済ませてから、アランの「お触りお願い作戦」をやろうと思って駅の方向(家より北の方向)に向かいましたが、結局誰も見つからなくて、又南の方向に引き返しました。

 直線状のコースが取れる場所(いつも常歩行進中を練習している場所)に行って、
・ 直線状の「紐付き脚側行進」と「紐無し脚側行進」をやりました。
これは、脚側停座に於けるアイコンタクト及び行進中のアイコンタクトを厳密にやらせるためのものでした。
・ 常歩行進中の伏臥と常歩行進中の停座に、招呼、伏臥や立止を交えたメニューをやりました。

 この後場所を移して、アランのボール遊びをやってから、CD-?の必須科目をやってみました。
 
 秋の競技会の皮切りは10月12日の埼玉東クラブ競技会です。今年は競技会の数が少なくて、11月に2回(jkc本部秋季大会と東北ブロック大会)、12月に1回だけです。
 10月12日の大会で春から取り組んでいる、臭い嗅ぎの解消他が7ヶ月に亘る矯正訓練で矯正されているかどうか、矯正への対処の方法が当を得ていたかどうかが分かる訳です。願わくば、「当を得ていること」を願うのみです。

 アスピは昨日シャンプーをしたのですが、今朝までに身体を掻いている光景を3回見かけました。今までも掻いていたのを見過ごしていたのか、それとも新たに痒くなったのか分かりません。
 アスピにも、ボール遊びをやりましたが、もの凄く嬉しそうでした。今まではアランだけやってアスピにはやっていませんでしたが、今後は簡単にでもやってやろうと思っています。
アスピにもCD-?の必須7科目をやって終わりにしました。

 私がパソコンを打っている時、2頭はいつもの定位置で「仮寝中」でした。

 まず、アランです。

 200909・デスク脇の2頭1

 起こしましたら、ばっちりカメラの方を見てくれました。

 200909・デスク脇の2頭2

 アスピもいつもは寝ているのですが、珍しくカメラ目線です。

 200909・デスク脇の2頭3

 200909・デスク脇の2頭4

 200909・デスク脇の2頭5

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:48 |  散歩&ミニ訓練  | CM(5) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT