新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2009年01月
2009.01/31(Sat)

夕方の散歩の際の訓練 

【夕方の散歩の際の訓練】
 
 16時頃雨が上がったと思っていたのに、家を出てみるとポツポツと降っていました。今更傘を差すのも面倒なのでそのまま2頭を連れて出かけました。

 いつも訓練している歩道でアランはCD―?をやってみました。人通りの中や他の犬の至近の位置で「停座 」や「伏臥」をさせている所為か、命令がサクサクと通じるようになったことを実感しています。
序でに「モッテ」、「お回り」、「吠えろ」及び「棒飛び(往復)」の4科目もやってみました。「モッテ」はカミカミの問題、そして「お回り」と「吠えろ」は多重吠えの問題、更に「棒飛び(往復)」は着地後の立止が棒に直交しないことが、それぞれありました。
 静かに落ち着いてやらせることによって、これらの問題点はクリアーされつつあります。

 帰宅後アノラックの背中を見ましたら、べっとりと濡れていました。それ程降っているようには思えなかったのですが、実際は濡れるほど降っていたことになります。

スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  18:57 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.01/31(Sat)

今朝も雨 

【今朝も雨】
 
 雨は昨日から降り続いていて、今朝は本降りに近くなっていました。
今朝はアラン1頭を連れてトイレ散歩に出かけ、その序でに「雨中の訓練」をしてきました。

昨日と同様に、水辺公園に行く道中で、その場の「フセ」、「スワレ」及び「タッテ」をやり、常歩行進中の「フセ」、「スワレ」及び「タッテ」をやりました。
水辺公園の草地では、まず水の溜まっていない所でその場や常歩行進中の「スワレ」、「フセ」及び「タッテ」をやってから、水が溜まった所で同じ作業をやりました。
最後に、直線の「紐無し脚側行進」をして終りにしました。
 
 今朝は北風が吹いて手の指が千切れそうな程の寒さでした。アランの「停座」や「伏臥」の状態も心なしか浮き気味の感じでした。このような時には、強く命令する必要があるようです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:00 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.01/30(Fri)

全く久しぶりの「雨中の訓練」 

【全く久しぶりの「雨中の訓練」】
 
 今日は朝から雨降りです。本降りは今晩になってからのようです。昼過ぎに特に小降りになったようなのですが、それでも1~2mm/H程度の降りにはなっているようでした。
 全く久しぶりの「雨中の訓練」でした。と云っても決して大げさなものではなくて、水辺公園の草地に行って、訓練をちょっとやった程度です。

 水辺公園に行く途中の道中で、その場の「フセ」、「スワレ」及び「タッテ」をやったり、常歩行進中の「フセ」、「スワレ」及び「タッテ」をやりながら行きました。

 水辺公園の草地では、まず水の溜まっていない所でその場や常歩行進中で「スワレ」、「フセ」及び「タッテ」でやってから、水が若干溜まった所で同じ作業ををやって、終りにしました。

 「スワレ」、「フセ」や「タッテ」の命令に対しては、人混みの中や他の犬の前で訓練して来ている所為か、とてもスムーズに命令が利くようになって来ました。まして今日の様に他の犬等の外乱が無い状態では「出来て当たり前」なのかも知れません。

 帰ってからアランは汚れが激しかったので洗いましたが、洗うのは良いのですが、後のドライアーが大変でした。人間に対する負荷としては、訓練<身体洗い<ドライアー、の順となって、このドライアーに手間取り汗をかきました。


 昨年の12月14日のST連合会の大会のことを思い出した。最初に出た2部ではアランの身体をびっしょりと濡らしてしまって失敗してしまいました。パピヨンはシングルコートのため、濡れが皮膚まで直ぐに浸透してしまうようです。その後の3部では体毛を乾燥させ、直前まで濡らさないようにしたので、無事競技を終えることが出来ました。
 この記憶があったので、身体を直前まで濡らさないように注意しました。そうすれば、水溜まりの中にでも「停座」したり「伏臥」するのは問題ないようでした。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:04 |  訓練関係  | CM(2) | Top↑
2009.01/30(Fri)

「よそ見」中の命令・10日目 

【「よそ見」中の命令・10日目】
 
 昨日の午後も大堀川rspに行って訓練して来ました。

この訓練では、他の犬が前方から来ているのを見てから、

まず遊歩道脇の草地でCD-?sの必須の内のno.1からno.8までやりました。
次に、特訓メニューの「棒飛び(片道)」、「モッテ」、「吠えろ」、「お回り」及び「ハウス」をやりました。各科目をやっている時には遊歩道を通る犬の状況を見ながら、なるべきアランがそちらの方を向いているときに命令するようにしました。

 「棒飛び」、「吠えろ」及び「ハウス」は早期に競技会レベルになりそうですが、
「モッテ」即ち「物品持来」と「お回り」については多少時間がかかりそうです。
「物品持来」についてはカミカミが相変わらず激しいこと、それに「お回り」は「マワレ」の命令を静かにかけても回りながら吠えてしまうのです。

 これらが終わってから遊歩道を歩きながら、犬が来たらすれ違いの時に「スワレ」、「フセ」や「タッテ」をさせたり、人(なるべく沢山の集団)と擦れ違う時に「スワレ」、「フセ」や「タッテ」をさせたりしました。
 又、前方から犬が来るのを坐って待って、その犬が通り過ぎる時に「フセ」や「タッテ」をさせました。

 この日は自由選択科目はやっていませんので、後日やるつもりです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  06:58 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.01/29(Thu)

昨日の個人レッスン 

【昨日の個人レッスン】
 
 昨日のレッスンは、訓練所のテリアの誘惑の許で次の科目をやりました。

「コの字型紐付き脚側行進」、「コの字型紐無し脚側行進」、「据座」、「停座及び招呼」、
「その場の伏臥」、「その場の立止」、「常歩行進中の伏臥」、「常歩行進中の停座」、
「常歩行進中の立止」、「障害飛越(片道)」、「休止」、「棒飛び(片道)」、「輪飛び(片道)」、

「前進」、「モッテ」、「物品物品持来」、「吠えろ」、「寝ろ」、「障害飛越(往復)」、
「棒飛び(往復)」、「輪飛び(往復)」、「お回り」、「お回り」、「ハウス」

 訓練してきたCD-?sの科目はほぼ完全でしたが、余り訓練していない科目についてはより確実性を増すための訓練法を懇切丁寧に教えていただきました。
 今日の訓練はテリアの誘惑にも拘わらず頑張ったと云う評価でした。「招呼」の例では完
全にうしろを振り向いてテリアを見入っていましたが、「カモーン♪」で完全に呼びに応え
たということでした。

A.確実性を増すための訓練法

06.「その場の立止」
  タッテは他の科目に比べてアランの気が抜けていたようだったということでした。
タッテの後は座らせる練習ばかりしているので、目先を変えてタッテ後しばらくしてアトヘで歩かせて褒める手をある由。
08.「常歩行進中の停座」
  誘惑犬が近くに居る場合には、指導手はそれなりの緊張感を持ってことに当たること。
少なくとも「座って当たり前」と云う態度はnonであること。
12.「棒飛び(片道)」
  飛んだあと、障害に直交した位置でピタリと止まるのが望ましいこと。見栄えのためにもっと直線的な位置で止まる練習をすること。
14.「前進」
  良かったがターゲットの置き方に問題あり。
15.「モッテ」
  正面での「モッテ」は良い。正面停座で咥えさせて指導手は脚側位置に移動し、それ
から出させること。
16.「物品持来」
  投げる時には脚側位置に付けているので、「モッテ」とは別物になっている。
17.「吠えろ」
  1声視符1吠えにならなかったところがあった。指導手の動作がせわしなくて余計に興奮させている。見ていて落ち着きなさいという雰囲気がなかった。
19.「障害飛越(往復)」
  障害に直交した位置で停止していない。復路も然り。
22.「お回り」
  回りながら吠えた。最後の正面停座も斜めだった。もっとゆっくり、大きく回すこと。
今の指示は「ホエロ」に似ていて犬の興奮を煽っていて意識とは真逆になっている。
23.「ハウス」
  初回からどれだけ正確に出来るかが大事であり、2回目以降は出来て当たり前である。
この科目はストレスも無くて犬には一番分かり易い科目であり、アランは絶対に満点が取れるので、クレートを持って行って、週に2~3回練習すると良い。

B.その他の注意事項

・ 「前進」、「ハウス」、「お回り」、「吠えろ」等は指導手のハンドリングで全然変わって来ること。なので、これからは最初から、どういう動きを、どういう仕草をすればアランが落ち着いた雰囲気で出来るかを研究すること。
・  障害飛越等のタッテは、指導手がこういうことに拘っていることを意識づけること。犬に身体で覚えさせること。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:09 |  個人レッスン  | CM(4) | Top↑
2009.01/29(Thu)

仲良し3人組に会う・再会3日目 

【仲良し3人組に会う・再会3日目】
 
 今朝は曇天で多少薄暗かったのですが、仲良し3人組と会えました。携帯で写真も撮りました。
今日は仲良し3人組と遊んでいましたら、SD夫人とラブとHK夫人とラブが来ました。2頭はこの2頭のラブには大分馴れて来たようです。ヨーキー連れのご婦人も来られてちょっと立ち止まって行かれました。

  その足で駅に向かい、近道小路と駅北口近辺で人通りの具合を見計らいながら「招呼」をしたり「フセ」や「タッテ」をしたりしました。

 仲良し3人組の一人にフセやスワレをさせられているところです。携帯で写真を撮ることは滅多にないので上手に撮れていません。今度はコンデジを持って行くつもりです。

210129・仲良し3人組とアラン

 同じく近道小路の脇の駐車場で「招呼」をするために待っているところです。通行者は右側の柵の更に右の犬の背後の方から来ます。

210129・近道小路脇の駐車場にて

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:44 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2009.01/28(Wed)

仲良し3人組に会う・再会2日目 

【仲良し3人組に会う・再会2日目】
 
 今朝も6時55分頃に仲良し3人組と会うべく通学路を逆行していましたら、あゆみちゃんとくみこちゃんの2人に会うことが出来ました。ゆいちゃんは寝坊して遅れるということでした。アスピは嬉しいらしくて飛びついていましたし、アランは興奮して吠えていました。

 2人で代わる代わる、スワレ、フセ、タッテやお手をさせたりして、首筋を優しく撫でてもらったりしました。
  SD夫人がラブを連れておられたのですが、このラブちゃんが人なつっこくてすり寄って来るのです。その内にHK夫人が同じくラブを連れて見えられました。又、前に会っていたヨーキー連れのご婦人も通り過ぎて行きました。

 その足で駅に向かう途中でゆいちゃんが一人で来ましたので、2頭とちょっと遊んで貰いました。

 更に駅方面に歩いて行って、近道小路で通行者の方を見入っているのを見計らってアランの「招呼」を4回、駅北口近辺で2回やったり、「スワレ→フセ→スワレ→タッテ→スワレ」をやったりしました。

今朝気を付けた点は、
・ “おやつ”を上げる場合に従来は、ポケットに手を入れて取りだして与えてから、言葉で褒めて身体を撫でていたのを、まず言葉で褒めて身体を十分撫でてからポケットに手を入れて“おやつ”を与えるようにしました。
・ 「フセ」や「タッテ」はどんな場面でもスムーズに出来るようになりました。一方これを解除する「スワレ」は下手をするとアランが安心してしまって聞き逃しかねません。

 
  今日は個人レッスンの日です。訓練所の犬の誘惑環境でアランがどれ位耐性を改善されてきたか楽しみです。いつもはCD―?10科目かCD-?s15科目をやっているのですが、今日は「特訓メニュー」に上げた23科目をやってみたいと思っています。
 又、時間があればCD-Xの必須20科目もやってみたいと思っています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:52 |  散歩&ミニ訓練  | CM(1) | Top↑
2009.01/28(Wed)

よそ見中の命令・9日目 

【よそ見中の命令・9日目】
 
  昨日も15時半位から17時頃まで大堀川rspの遊歩道に行って訓練して来ました。

 この訓練では、他の犬が前方から来ているのを見てから、
「直線の脚側行進」、「コの字型紐付き脚側行進」、「コの字型紐無し脚側行進」、「据座」、「停座及び招呼」、「その場の立止」、「その場の伏臥」、「常歩行進中の伏臥」、「常歩行進中の停座」及び「常歩行進中の立止」
を一科目づつやりました。10科目ですから10頭が来るのを待たなければなりませんでした。各々犬種や命令を出す時期は必ずしも満足がいくものではありませんでしたが、一応熟したわけです。

 それから他の犬とは関係なしに次の科目をやりました。
「お手(おかわり)」、「股くぐり歩き」、「抱っこ」、「8の字股くぐり」、「寝ろ」、「モッテ」、「吠えろ」及び「前進」
でした。

 道具を必要とする「障害飛越」、「棒飛び」、「輪飛び」及び「ハウス」は省略しました。

 一昨日は犬を連れた人が少なかったので、時間を45分程遅らせてみたのですが、やはり平日は少ないようで、この日も1頭やり過ごすと次の犬が来るまでの待ち時間は永かったです。
およそ300m位の距離を往復しながら他の犬との遭遇を待つ有様でした。
 犬種は柴犬やミックスが圧倒的に多くて、アランが見入るような犬種は数が少なかったです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:05 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.01/27(Tue)

よそ見中の命令・8日目 

【よそ見中の命令・8日目】
 
 昨日も14時45分位から約1時間半の間、大堀川rspの遊歩道に行って「よそも中の訓練」等をしました。
 昨日は一昨日程晴天ではありませんでしたが、寒い程ではありませんでした。時間が若干早すぎたのか、犬がなかなか来なくて難渋しました。

・ 座って待たせ、擦れ違う時にアランの視線がそちらの向いた時に「フセ」を命じました。

・ 前方から犬が来ている脇を「紐付き脚側行進」で通り過ぎました。
・ 前方から犬が来ている脇で「常歩行進中の立止」をして犬をやり過ぎしました。
・ 前方から犬が来ている脇を「紐付き脚側行進」で進み、擦れ違う時に「アトヘ」で反転しました。

・ 前方から犬が来て、擦れ違う時にアランの視線がそちらの向いた時に「スワレ」を命じました。
・ 前方から犬が来て、3~4m位近づいて、歩いているアランがそちらに視線が集中しているときに「フセ」を命じました。
・ 前方から犬が来て、3~4m位近づいて、歩いているアランがそちらに視線が集中しているときに「タッテ」を命じて立止状態にして、犬をやり過ごしました。

・ 歩行中に、不意に「マテ」を命じて、私はそのまま進んで4m位行ってから戻ってきました。
・ 歩行中に、不意に「フセ」を命じて、私はそのまま進んで4m位行ってから戻ってきました。
・ 歩行中に、不意に「スワレ」を命じて、私はそのまま進んで4m位行ってから戻ってきました。

・ 人が通りかかった時に、アトヘで脚側停座させて待たせ、5m位離れてから犬と向き合い、「カモーン♪」と招呼をかけました。
・ 犬が通りかかった時に、アトヘで脚側停座させて待たせ、5m位離れてから犬と向き合い、「カモーン♪」と招呼をかけました。

 アスピも遊歩道脇の草地でCD―?10科目を訓練してみました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:28 |  訓練関係  | CM(2) | Top↑
2009.01/27(Tue)

仲良し3人組と再会 

【仲良し3人組と再会】
 
 大分夜明けも早くなったようで、昨日6時45分に雨戸を開けましたら、もう明るくなっている事に気づきました。寒くなってから夜明けが遅くなったために、雨戸を開けるのも遅くなっていました。
 
 今日から、例の仲良し3人組に会ってみることにしました。
6時50分頃通学路を逆向きに行っていましたら、6時55分頃に仲良し3人組と会うことが出来ました。アスピは嬉しいらしくて飛びついていましたし、アランは興奮して吠えていました。

 アランには、3人が代わる代わる座らせたり、伏せさせたり或いは立たせたり、又お手(おかわり)をさせたりしていました。アランも良く命令には従っていましたし、見ていて以前よりも良く命令が利いている感じでした。
 一人づつ順番に、アランの次はアスピ、そして又アランという順で、命令したり、触ったりしてもらいました。

 これが終わってから駅方面に歩いて行って、近道小路でアランの「招呼」を2回、駅北口近辺で1回やって帰宅しました。

 KM氏はまだ寒いので風邪等を用心して同行は控えられているようです。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:26 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2009.01/26(Mon)

久しぶりのCD-?sの訓練 

【久しぶりのCD-?sの訓練】
 
 今朝は冷え込みが厳しくて、7時半に2頭を連れて家を出ましたが、畑や草地は霜で真っ白でした。
畑の中の日当たりの良い細い道で、1月15日以来久しぶりにCD-?sの訓練をしました。訓練はCD-?sの内「障害飛越(片道)」と「休止」を除いたものをここでしました。但し、「紐付き及び紐無し脚側行進」は直線の往復としました。
「紐付き及び紐無し脚側行進」、「据座」、「停座及び招呼」、「伏臥」、「立止」、「常歩行進中の3動作」及び「選択科目5科目」をやりました。

・ どの科目もきびきびとして気持ち良く出来ました。
・ 「据座」と「停座及び招呼」とを組み合わせているのは、指導手が離れた場合に即招呼だと思わせないためです。
・ 「伏臥」では前足だけ投げ出してフセするようになりました。
  何よりも「よそ見中の訓練」の結果、命令が良く利くようになった感じがします。
・ 「立止」では前足の位置を変えずに後ろ足だけ動かしてタッテをするようになりました。
  こちらも、上記と同じように「よそ見中の訓練」の結果、命令が良く利くようになった感じがします。
・ 「常歩行進中の立止」は、従来は立ってから動くことがあったのですが、よそ見中の訓練で、歩行中に「マテ」で不意に止まらせている成果が出ていて、全く動くことはありませんでした。今後の命令は「マテ」ではなく「タッテ」に統一したいと思っています。
・ 選択科目の一番目に「お手(おかわり)」をやったのですが、「オテ」と云って身を屈めようとした時に、アランは多分「抱っこ」と勘違いしたらしくて、一瞬ジャンプの体勢を取りかけました。従ってこの「お手(おかわり)」の時には、“膝を伸ばしたまま腰を折ってから「オテ」”というようにしたいと思います。
・ 選択科目の他の4科目は「股くぐり歩き」、「抱っこ」、「棒飛び(片道)」及び「8の字股くぐり」でこれは問題ありませんでした。飛び棒は落ちていた葦の茎で代用しました。
・ 選択科目の予備として「寝ろ」及び「吠えろ」もやりました。

  それから場所を移して、いつも訓練している場所で、前の場所で欠けていた「障害飛越(片道)」と「休止」をやりまして、序でに「棒飛び(片道)」、「棒飛び(往復)」と「輪飛び(往復)」をやりました。
  飛び輪はブルーシートの中に隠してあるので便利です。
次に、“コの字型コース”で「紐付き脚側行進」、「紐無し脚側行進」から始めて「据座」、「停座及び招呼」、「伏臥」及び「立止」と必須5科目をやりました。

  CD-?sの訓練を思い立ったのは、午後or夕方の散歩の際に「よそ見中の訓練」をやって今の所反応が良いようなので、朝は「通しの訓練」をしてみようと思った次第です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:41 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.01/26(Mon)

よそ見中の命令・7日目 

【よそ見中の命令・7日目】
 
 昨日も午後15時頃から大堀川RSPの遊歩道に行ってきました。車で行ってコンビニのスリーエフの駐車場に停めて、まずアスピを車に残してアランの訓練をし、次にアランを車に残してアスピの散歩をしました。

 アランの訓練では、犬が至近の位置で擦れ違う時に、「フセ」や「タッテ」をやりましたが概ね問題ないようでした。但し、そんな時に相手が吠えかかったり、アランの臭いを嗅ぎに来た時には、アランは逃げてしまい、命令は利きませんでした。
 あと、今日は「招呼」の訓練もたっぷりとしました。座らせて待たせて、人が傍を通ってもおとなしく待っていられましたし、その時呼びをかけても問題有りませんでした。
又、座らせて待たせて、犬が傍を通ってもおとなしく待っていられましたし、その時呼びをかけても問題有りませんでした。
 勿論、歩行中に(通常の散歩スタイルで脚側行進ではありません)不意に「フセ」や「マテ」を命じたりしましたが、伏臥の場合には「フーセッ!」と発声すれば、「フセッ」と短く発声するよりも多少動作は遅くなるようですが、確実性は増すような感じでした。

・ GR、ラブや柴犬系統にはアランは特に無関心な様でした。
・ 若くてピチピチした感じの子には会いませんでした。従ってアランの「よそ見」の訓練には余り有効ではありませんでした。
・ その他会ったのは、ダックス、ビッションフリーゼ、パグ、ヨーキー、その他ミックス犬でした。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:30 |  訓練関係  | CM(2) | Top↑
2009.01/25(Sun)

アランの現在の矯正状況 

【アランの現在の矯正状況】
 
 昨年の4月1日にまとめたアランの弱い所は、

1. 行進中、出勝手になることがあること。
2. 停座中に盛んによそ見をすること。(特に後ろを気にして振り向いている)
3. 特定の犬に見入ることがあること。
4. 停座中に片足浮かせをすることがあること。

5. 行進中に臭い取りをすることがある。
6. 据座や休止の時に臭い取りをすることがある。

7.  停座して待たせているときに小さく動くことがあること。

8. ボールを咥えると放さないこと。
9. ダンベルを噛み直しすること。

 これらの矯正について現在の状況を説明します。

1. 行進中、出勝手になることがある。
  これは矯正済みです。活気がある子はどうしても前に出がちになりますが、現在のアランは時には遅れ気味の時も有るほどです。
  発進前に十分に褒めて集中させるようにしています。
2. 停座中に盛んによそ見をすること。(特に後ろを気にして振り向いている時間が永い)
3.特定の犬に見入ることがあること。
  この「2」と「3」については、たとえ「よそ見」をしていても命令を聞けるように、今訓練中を重ねているところです。
4.停座中に片足浮かせをすることがあること。
  この問題は解決の目処が立っていません。訓練の時だけばかりでなく、日常でもこの所作を見つけた時には直すように心がけています。
5.行進中に臭い取りをすることがある。
6.据座や休止の時に臭い取りをすることがある。

  「5」と「6」については「確認のための臭い嗅ぎ」と「執着した臭い嗅ぎ」とがあるようです。
後者は辞めさせるように矯正を要しますが、前者の範囲なら許容することにします。
執着した臭い嗅ぎ」の防止のためには、指導手との信頼関係の醸成が第一番で、変にプレッシャーをかけないこと、や十分な褒めにより犬に達成感を与えるように心がけています。
7.停座して待たせているときに前の方に小さく動くことがあること。
  これは矯正済みです。活気がありすぎる時には動きたくてウズウズしているようです。そのため「招呼」等は待ちきれなくて?動いていたのですが、これは「招呼」をやる場合でも「据座」と組み合わせて、どちらをやるのか分からないようにして、「前の方に小さく動くこと」を無くしました。
8.ボールを咥えると放さないこと。
  アランはボールが大好きで、ボール遊び(ボール投げ)をやりますと一旦咥えるとスッポンのように放さなくて困っていました。これを放させる方法を教えていただき、今では「ダセ」の命令が完全に利くようになりました。このため、ボール遊びが訓練に有効に活用出来るようになりました。
9.ダンベルを噛み直しすること。
  ダンベルを投げて持って来させるとカミカミをするのですが、これは「ボール遊び」と混同して遊びモードのままだったようです。ダンベルは「咥えて保持すること」と「咥えて持って来ること」の両方が必要ですが、犬にとって興味があるのは「咥えて持って来ること」のようです。
現在、アランには「モッテ」だけの訓練を続けている所です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:24 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.01/25(Sun)

よそ見中の命令・6日目 

【よそ見中の命令・6日目】
 
 昨日の午後は充実した「よそ見」中の訓練が出来ました。
大堀川RSPの遊歩道まで2頭を連れて歩いて行き、散歩中の犬の前で「訓練」してきました。パピヨンにも4頭出会いました。
 15時に出かけて17時半に帰宅しましたが、空はどんよりと曇っていて実に寒い日でした。なかなか身体が暖まらなかったのですが、帰り道ではアノラックの下はじっとりと汗が出ましたが、胸元を開きますと、変に冷たくて嫌な感じでした。

訓練は、犬が前方から来ましたら、
・ 座って待たせておいて、擦れ違う時にアランの視線がそちらの向いた時に「フセ」を命じ、しばらくして「スワレ」を命じました。

・ 前方から犬が来て、3~4m位近づいて、アランが歩いていてそちらに視線が集中しているときに「フセ」や「マテ」を命じました。「マテ」は「常歩行進中の立止」と同じように立止状態のままで指導手は離れて行くものです。

・ 前方から犬が来て、擦れ違う時にアランの視線がそちらの向いた時に「スワレ」を命じました。

・ 歩行中に、不意に「フセ」を命じて、私はそのまま進んで4m位行ってから戻ってきました。

・ アトヘで脚側停座させて待たせ、5m位離れてから犬と向き合い、「カモーン♪」と招呼をかけました。

 上記のように良い訓練が出来たのですが、大堀川RSPまで歩いて行くのには若干遠い感じですし、アスピも連れていると邪魔になります。今後は車で行ってファミリーマートの駐車場に停めて、アスピは車で留守番をさせようと思っています。
 次回以降は、犬が来ている脇で「招呼」の訓練もやってみようと思っています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:30 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.01/24(Sat)

よそ見中の命令・5日目 

【よそ見中の命令・5日目】
 
 今日は真冬に戻って実に寒い日のようです。今朝2頭を連れて散歩したのですが、手の指が千切れそうな冷たさでした。

・ コーギーが前を通りすぎて行きましたので「フセ」させました。

・ 元鶯の森(ウグイスの鳴き声を紹介したことのある森で現在は宅地開発中)の遊歩道を歩いていましたら、サモエドとミックスを連れたご夫婦が先に見えましたので、座らせて待たせ通り過ぎる時に「フセ」させました。

・ ON夫人のお宅の前を通りましたら、例のシェパードが塀の中に放し飼いされていました。
2頭をフセさせてから、シェパードに“おやつ”をやりました。“おやつ”をやっていると吠えもせず静かにしていたのですが、立ち去ろうとしましたら激しく吠えられました。私を“おやつ”をくれる人と認識しているようですが、我が家のパピヨンとは相性が悪いようです。

・ 道路で不意に「フセ」を命じましたが、これは問題なく出来ました。「スワレ」や「タッテ」の方がやりやすいようです。

・ あるお宅で白の柴系のミックスが繋がれて休んでいましたので、塀越しの面前で「フセ」させました。この犬もくつろいだみたいに休んでいたのですが、立ち去ろうとしましたら、立ち上がって激しく吠えられました。

 駅の方にも行ってみようと思っていたのですが、雨が降って来たので、取りやめて帰宅しました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:45 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2009.01/24(Sat)

今後の自主訓練について 

【今後の自主訓練について】
 
 一昨日の個人レッスンでは「他の犬の誘惑」と「審査員の誘惑」への耐性を訓練しましたが、これを一層推し進めるべく下記のように出来ないかと思っています。

1. 日常の訓練
  今やっている朝の散歩時の、『他の犬の方を振り向いている最中に「フセ」や「タッテ」をやったり、人混みで「招呼」をやったりすること』は続ける。

2.天気の良い日に大堀川RSPの遊歩道に行くこと。
  ここの遊歩道は幅3~3.5m位で比較的道幅が狭く、時間帯によっては大勢の人が通るし、時には犬も通るので、道路の片隅で「フセ」させたり、「招呼」をしたりするのに適しているような感じです。
又、遊歩道脇には広場も有って、種目の訓練を出来るのです。

3. O訓練士の流山教室の場を借りること。
  この教室は月に2回開かれていますが、他の受講者の迷惑にならない範囲で、その片隅でミニ訓練をさせていただいたり、「招呼」等は教室の訓練に参加させてもらったり、最後のジグザク行進に参加させてもらえないか当たってみたいと思っています。
  この流山教室の活用についてはアービンママさんも薦めていただいているのですが、個人レッスン日が木曜日の事もあったりして、今まで延び延びになっていました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:55 |  馴致  | CM(1) | Top↑
2009.01/23(Fri)

「叱ること」と「怒ること」について 

【「叱ること」と「怒ること」について】
 
 昨日の個人レッスンで「叱り」と「怒ること」の差異について次のような説明がありました。私はまだ感情のままに行動しているようです。

 人は、自分の予測しているシーンでは「叱れる」が、予測以外の事をされると「怒る」ことになりがちなようです。的確なタイミングで叱ることが出来るようになるのは、過去に経験した事例を整理し記憶しておくことが必要で、常に色んなことが起こるかも知れないことを予測して行動する事が必要なようです。
 周りに犬がいない時、外乱要因が無い時に、どれだけ真剣に他の犬がいるような感覚でいられるかが重要なことのようです。
 犬が「出来る犬である」と指導手は楽を仕勝ちだと云うのです。何も考えなくても出来るには出来るのですが、そんな時でも、いつ何事が起こるかも知れないことを常に予期して訓練に当たること、外乱があっても絶対にブレないぞ、という訓練を外乱がない時でもやるように心がけることが必要だと云うことでした。
 平常の訓練時でも、常にイメージトを膨らませて訓練すること、自分のペースでやっては駄目、自分だけの世界でやっては駄目だそうです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:12 |  個人レッスン  | CM(1) | Top↑
2009.01/23(Fri)

昨日の個人レッスン 

【昨日の個人レッスン】
 
 昨日の個人レッスンでは「他の犬による誘惑」と「審査員による誘惑」とを行い、満足のいく訓練になり非常に有意義でした。この「他の犬による誘惑」は私がこの訓練所の犬でやって欲しいことを内心希望していたことですが、やっと実現の運びになりました。

 まず、自主訓練でやってきたことを報告しました。
・ 散歩させている時他の犬の方を振り向いている最中に「フセ」や「タッテ」をやっていること。
・ 人混みで「招呼」をやっていること。
・ 他の犬の中では「招呼」はするチャンスがないので、犬のいない散歩中にやっていること。
 それに対し、先生のコメントは、
・ それだけでは不足である。ちょっと犬がいるところ、初めての場所で、狭い所で良いので、種目の訓練もすること。
・ ドッグランは訓練には適していないこと。

1.CD―?
  自主訓練の成果を見るべくやったのですが、練習しないでぶっつけ本番でやったこと、霧雨が降っていて下が濡れていた所為もあると思われるのですが、「臭い嗅ぎ」をしたそうな素振りと雰囲気でいかにも活気がありませんでした。やはり、少しでも練習した方が良いと先生に言われました。

2.他の犬の誘惑下の「CD―?」
  訓練している同一のリンクでテリヤを訓練して貰い、誘惑に対する耐性を付ける訓練をしました。
この訓練を始める前に活気を出すべく、ちょっと引き回したり、「吠えろ」をやったりしました。
 この訓練で気が付いた点は「アトヘで脚側停座させたら、言葉とお触りで褒めること、科目の間では言葉の褒めが不足していること」でした。
尚、後の方になるほど、それこそ打てば響くような手応えが伝わって来るようになって来ました。

・ 「停座及び招呼」では、テリヤの方の「コイ」の呼び声に反応してテリヤの方に行きました。これは叱って再度やり直して完全に出来ました。
・ 「常歩行進中の立止」でも、テリヤの「コイ」の誘惑に負けました。
 誘惑に負けた時には、呼ばないで、叱って直ぐに犬の許に駆けて行くこと。犬が行った時、瞬時に身体が反応するようにすること。
・ 通常競技では自分のリンク内であんなことは無いので、自分のリンク内で慣れてくれば耐性は相当付くと思われました。
・ よそ見に無関係に命令を出しました。

・ 誘惑下の訓練ばかりで、叱るだけの訓練はno good。出来る科目が多いのだから、「ヨイコだ♪」と褒める場も必要だそうです。

3.審査員の誘惑下のCD-?s
  「他の犬」の次は「人の誘惑」でした。審査員役の訓練士が、アランに「極端に近づいたり」、アランの「気を惹くような所作」をしたり、通常はあり得ないことをしながら、CD-?sを行いました。

 「立止」、「お手(おかわり)」や「抱っこ」で多少誘惑に負けることがありましたが、2回目のやり直しでは「完全」でした。

 最初は「誘惑」に戸惑っていたようですが、段段それが「誘惑」だと分かって来て、「訓練をやらなければ」いけないことが分かって来たようです。それが指導手の命令に打てば響くような感じになった最大の要因だと思われます。
 今日は色んな外乱要因、雨、冷たい地面、テリヤ犬、訓練士の誘惑、がある中で頑張って良くやったとの評価でした。
 犬の頑張った所、良くなった所を「認め」てやり、「良くやったと評価し褒めてやること」が大切なことだと云われました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:41 |  個人レッスン  | CM(2) | Top↑
2009.01/22(Thu)

よそ見中の命令・昨日の午後の散歩 

【よそ見中の命令・昨日の午後の散歩】
 
 今日は10時から個人レッスンです。雨が心配ですが、濡れた草の上で久しぶりに訓練してみるつもりです。この1週間の自主訓練の成果が果たしてどんなものか楽しみにしています。

 私の近くで訓練を受けた犬(訓練所に預けたことがあったり、しつけ教室に通ったことがある犬)はボーダーコリー1頭だけです。勿論散歩中に出会う犬もまとまった訓練はしていない筈です。そんな犬の傍で訓練が入っている様子を見せるのは、本当は気が進みません。下手すると、自分の犬が出来ることを自慢しているように取られかねません。何度も会ったことがある人なら分かってくれていますし、初めての人なら「競技会に出していること、アランの弱いところ、それを克服すべく訓練をしていること、等を」説明するようにしています。

 昨日の午後は、機会も見つけて「フセ」等の訓練をすべく2頭を連れて散歩に出かけました。

・ ON夫人とジャーマンセパードが散歩しているのに出会いました。ミックス犬と一緒でした。近くに行くと吠えかかられるので、20m位後を歩きながら、フセさせたり、スワレさせたりしました。この犬は前にも散歩中の会っているのですが、吠えかかられるとその巨体でずるずると飼い主を引っ張っていくような犬なのです。吠えかかるのを止めさせる方法を教えたこともあるのですが、結局は直っていないようです。

・ 別のミックス犬と会いました。この方は名前は存じ上げないのですが、以前にも会った方です。この犬の至近でフセやスワレをしました。

・ 又別のミックス犬に会いました。その犬はアランの目の前を通りすぎて行きましたのでその時にフセやスワレをしました。

・ (あと出会いたい組はSD氏とラブ、HK夫人とラブ、HS氏とコーギー&パピヨン、IM夫人とパピヨン等です。)
と書いたIM夫人とパピヨンに会いました。ココちゃんはアランと同じ歳の避妊済みの女の子です。この子は過保護に育てられて犬や人には懐かなかったのですが、最近は幾分良くなったみたいでアランと鼻をつき合わせていました。今まではアランは寄って行くのですが、ココちゃんの拒絶にあっていたのですが、最近は多少変化が現れています。

【編集】 |  08:00 |  未分類  | CM(2) | Top↑
2009.01/21(Wed)

よそ見中の命令・4日目 

【よそ見中の命令・4日目】
 
 レクママさんのコメントによりますと、レクちゃんの通っているドッグスクールでは、『「よそ見」していないときには、出来て当たり前』と言われたことがあるそうです。
 又、ミーナさんのブログで、『犬の顎を下から上へゆっくり撫でて、犬が見上げたらそれを保持させて、保持出来たら褒める。』のが、指導手を見上げさせるのに有効だそうです。

 昨日の午後は出来るだけ多くの犬に会うことを目的に、犬と会ったら「フセ」等の訓練
をしようとして散歩しました。(アラン1頭だけ連れ出かけました。)

・ 日本スピッツの2頭連れがいましたので、その傍でアランをスワレさせ、フセさせました。
・ あるお宅のフェンスの内側にポメが放し飼いされていました。その傍でアランをスワレさせ、フセさせました。
・ 歩行中に不意を見計らって「フセ」を命じました。
・ 同じく、停座して待たせて約10m離れてから、「カモーン♪」と呼びをかけました。
呼びをかけた後は、なるべく喜んで来るように、体符等自由に振る舞うようにしています。
・ 森の中の道からミックス犬が来ましたので、停座させて待っていて、通り過ぎる時にその犬を追ってアランの視線がそちらの方を向いた時に「フセ」を命じました。
・ その犬のすぐ後から、ミニシュナウザーが来ましたので、アランの視線がそちらの方を向いた時に「フセ」を命じました。
・ S夫人とシェルティーに今年初めて会いました。この犬はおとなしくて訓練相手には適していませんが、話し込んでいる時に、マルチーズとパピヨンのミックスの男の子が来ましたので、その前でも「スワレ→フセ→タッテ→スワレ」等をやりました。
(あと出会いたい組はSD氏とラブ、HK夫人とラブ、HS氏とコーギー&パピヨン、IM夫人とパピヨン等です。)

 従来、夕方の散歩は極く一般的なものでしたが、15時半~16時半位の時間帯ならこのような形態の訓練の方がよいような感じがしました。


 今朝は、雑踏の中で「招呼」をする目的で駅北口に行きました。
近道横町(小路)で3回「招呼」をやりました。1回目は人の流れを背にして(人の流れの方向に座らせて)アランが後ろを振り向いているときに呼びをかけました。2回目は人の流れに向かってでした。3回目は人の流れに直角方向でやりました。
 次に駅の北口付近に移動してリードを取り、人の流れを背にして脚側停座させて待たせ、4m位離れて犬と向き合い、「カモーン♪」と呼びをかけました。次は直角方向でした。
 従来は「招呼」だけで終わっていましたが、「アトヘ→カモーン→アトヘ→フセ→スワレ→タッテ→スワレ」のように組み合わせました。
 又、道中でも不意に「フセ」を命じましたが、この場合の命令は「フッセーッ!」の様に発声して、最初の「フッ」で不意の命令に気づくようにしています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:12 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2009.01/20(Tue)

よそ見中の命令・3日目 

【よそ見中の命令・3日目】
 
 一昨日から始めた「よそ見中の命令」は今日も続けました。
今日は曇天で昨日の暖かさから本来の寒さに戻りました。
今朝は散歩中に犬を見かけた時には、「フセ」の訓練をするつもりでしたが、わずか3頭のみでした。

・ 向こうからミックスの若犬が来ましたので、停座させて待っていて、通り過ぎる時にその犬を追ってアランの視線がそちらの方を向いた時に「フセ」を命じました。

・ ジャーマンセパードを飼っているお宅の塀越しでしたが、(この犬は家の2頭を見ると吠えかかるのですが、)吠えかかっている時に「スワレ」をさせ、「フセ」もさせました。

・ これは訓練にはなってないかも知れませんが、歩行中に不意を見計らって「フセ」を命じました。
・ 同じく、停座して待たせて約10m離れてから、「カモーン♪」と呼びをかけました。

・ 歩道の向かい側に灰色のトイプーがいて、アランの視線がそちらの方を向いていましたので「フセ」を命じました。

 昨日は沿線に住んでいる会社OB15人程が集まって新年会をやりました。この会は2ヶ月毎に友の会という名の飲み会を催しているのですが、私は偶にしか出席していません。
 出席すると飲んだり食べたりして度を超しがちになるので、健康維持のためには出ないことが一番と思っています。昨日は「新年会」なので出席しましたが、今朝は二日酔い気味です。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:28 |  散歩&ミニ訓練  | CM(2) | Top↑
2009.01/19(Mon)

「よそ見」中に命令・2日目 

【よそ見中に命令・2日目】
 
 昨日から始めた「よそ見中に命令」は今日も続けました。

まず駅北口付近やその道中で、
・ 歩行中に不意を見計らって「フセ」を命じます。出来ますと、身体を撫でて、言葉でも褒め、“おやつ”をあげました。
・ 停座させて、人が歩いて来てアランがそちらの方を振り向いた時に「フセ」を命じました。
・ 停座させて、4m位離れて向き合い、アランが人が歩いて来た方を振り向いた時に「カモーン♪」と呼びをかけました。
・ 他の犬が来ているときには、アランを停座させて待たせ、傍を通り過ぎる時に「フセ」や「スワレ」を命じました。

 それからいつも訓練している場所への道中で、
・ 歩行中に不意を見計らって「フセ」、「スワレ」や「タッテ」を命じました。
・ 他の犬が来ているときには、アランを停座させて待たせ、傍を通り過ぎる時に「フセ」や「スワレ」を命じました。
・ アランは黄ラブに対してはこの命令が効かず2声符になりました。どんな場合でも1声符が目標です。

 それからグランドゴルフをやっている脇で、頃合いを見計らって「スワレ→フセ」、「フセ→スワレ」、「スワレ→タッテ」や「タッテ→スワレ」をやり、又「招呼」の訓練もしました。


 いつもの場所での自主訓練は「訓練の為の訓練」のように思われるので、基本的には廃止することにしました。ただし、単科目として2~3科目づつは忘れないよう(というか指導手の精神安定剤として)続けようと思っています。尚、新科目の習得のための訓練は別個に行います。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:30 |  訓練関係  | CM(4) | Top↑
2009.01/18(Sun)

新メニューの実行を中断・よそ見中に命令 

【新メニューの実行を中断・よそ見中に命令】
 
 一昨15日まで新メニューを続けようとしたのですが、実行を中断することにしました。アランの自主訓練について考えてみると、「一番弱いところの克服」が第一と考えたのです。
  アランの弱いところは「臭い嗅ぎ」、「人に弱いところがある」や「特定の犬に気を取られるところ」でした。前2者項は過去の努力の結果克服しつつありますが、最後者は今まで対処していませんでした。そこで最後者の対処法として次のようなことをやっています。

・ 他の犬が来ると、アランはその方に見入りますが、”深く”見入って居る時に「フセ」や「スワレ」を命じます。出来ますと、身体を撫でて、言葉でも褒め、“おやつ”をあげます。

・ 散歩している時に、不意を見計らって「フセ」を命じます。出来ますと、身体を撫でて、言葉でも褒め、“おやつ”をあげます。

・ これを「スワレ」と「タッテ」についてもやっています。

・ 対人関係については、今までもやってきたのですが、改めて人混みの中で脚側停座させ、3~4m離れてから、よそ見をしている時を見計らって「カモーン♪」と呼んで、「アトヘ」で脚側停座 させます。出来ますと、身体を撫でて、言葉でも褒め、“おやつ”をあげます。

・ 人混みの中で脚側停座させ、よそ見をしている時を見計らって「フセ」を命じます。
しばらくそのままフセを続けて、よそ見をしている時を見計らって「スワレ」を命じます。出来ますと、身体を撫でて、言葉でも褒め、“おやつ”をあげます。

・ これも今までやって来たことですが、グランドゴルフをやっている脇で招呼の訓練も続けるようにしています。

 この訓練を1~2週間位は続けるつもりです。その成果を見るのに、神奈川訓練士会の競技会が2月11日に平塚であるので、参加して見ようかと思ったりしています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:00 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.01/17(Sat)

個人レッスンでの一問一答 

【個人レッスンでの一問一答】
 
 一部既報とダブルかも知れませんが、15日の個人レッスンのテーマに掲げていたことに対する訓練士先生の回答を再度まとめてみました。

Q1. 素早くフセさせる訓練の副作用はないか。
   新規訓練で副作用が出て来ることはないか。
A: 色んなことを教えると犬は賢くなるので、指導手も上達が求められる。指導手が、ハンドリングが良くなれば、その犬も良くなる。一般的には難しいことを教えていった方が良い。

Q2. 脚側行進を見てもらう。
A: 紐付き脚側行進の集中は良し。紐無し脚側行進でも然り。練習の成果が出ている。
  アランは左曲りの時に雑になることがあったが、これも良くなっている。

Q3. 「吠えろ」を見てもらう。
A: 今は唇に手を当てて、「ホエロ」と命令→1声吠える→ヨシと云って手を下ろす→褒める→再度、「ホエロ」と命令→、、、、とやっているが、これを、
  唇に手を当てて、「ホエロ」と命令→1声吠える→ヨシと云って手を下ろす→褒め
  て“おやつ”をやる。それで一旦終わらせてから、新しくやるようにすること。

Q4. 「モッテ」を見てもらう。
A: まず室内で出来るようにすること。又、「吠えろ」や「8の字股くぐり」の後で「モッテ」はやらないこと。且つ、「モッテ」は室外で出来るようになったらザワザワした雰囲気の中でやること。

Q5. 「お回り」を見てもらう。
A: 「ホエロ」や「8の字股くぐり」の後で「お回り」をやらないこと。興奮する同士をくっつけると演技が荒れること。「お回り」は左右回転共やること。

Q6. 他の犬に対する訓練の機会がないこと。
A: 教室に通っている子でも、普段の自主訓練はみんな単独である。

Q7. 「よそ見」をする件。
A:
 a.一つは後ろにバックさせるようにすることも良い。
 b.よそ見している時に「大丈夫だよ」と身体を撫でてやって落ち着かせること。
 c.何よりも、アランがよそ見をしていても命令を聞くようにすること。
 d.練習の時ただ単に云うことを聞かせるために叱ると、本番との乖離を招くことになる。
e.「よそ見」の訓練では、単科目で練習すること。雑踏に近い所で3m位離れて犬と向き合い、「よそ見を」させてそのときに呼びをかけること。

Q8. 脚側停座の問題点について。
A: 開き気味の脚側停座で減点を心配していたが、この程度では減点にはならないということでした。

Q9. 飛越の際のタッテのやり方について
A: 今度訊いてみます。

Q10. CD-?sを見てもらう。
A:
・ 褒め言葉は非常に良い。どの科目でも終了した時には褒めて身体を撫でること。
・ 命令は時には強く且つ明瞭に。
・ 呼びの際は、笑顔を作ること。
・ 「常歩行進中の立止」では、戻って来てから先生の声に反応して座ってしまいました。
・ 「抱っこ」の最後の脚側例座が遅かった。
・ 「8の字股くぐり」ではスピードが遅いような気がしたので、意識的に手で誘導しました。

Q11. 競技会間近にはあれこれやらない方が良いか。
A: 色んなことを教えると犬は賢くなるので、指導手も上達が求められる。指導手がハンドリングが良くなれば、その犬も良くなる。難しいことを教えていった方が良い。
  但し、競技種目とそうでないものとは分けること。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:00 |  個人レッスン  | CM(2) | Top↑
2009.01/16(Fri)

昨日の個人レッスン・本番で勝ち上がるための訓練 

【昨日の個人レッスン・本番で勝ち上がるための訓練】
 
  アランはCD―?及びCD-?sをやってから、訓練士先生のコメントをしていただきました。アランはもう“練習の為の練習は必要ない”段階で、今後は“本番でどう勝ち上がるか”という練習をする必要があるということでした。
 本番で勝つためのトレーニングは色んな悪条件の許でも、例えば“他の物に見入って「よそ見」していても確実にやる“練習をしなければならない段階だそうです。

A.全般的な注意事項

・ 出発前に脚側停座させるためにアトヘを2~3回云っているが、1回で済むようにすること。
・ どの科目の場合でも終了した時には褒めて身体を静かに撫でてやること。
・ 開き気味の脚側停座は、その程度では減点には至らない由。
・ 命令は時には強く且つ明瞭に。
・ 呼びの際は、笑顔で呼び、楽しい雰囲気を作る。
・ 「常歩行進中の立止」では戻って来た時に先生「はいどうぞ」の声に反応してスワレの命令を待たずに座ったので、このことを注意すること。
・ 「常歩行進中の停座」や「抱っこの最後の脚側例座が」が遅いことがあった。
  そんなことを直すのはプレッシャーをかけ過ぎないようにすること。叱った緊張感のためにそうなっているようだ。

B.もっと安定させるには。

  横に居る時の安定感が今少し足りないようだ。その安定感を増すには、回りのことが気になっている時に、
 a.一つは後ろにバックさせるようにすること。
 b.よそ見している時に「大丈夫だよ」と身体を撫でてやって落ち着かせること。
 c.何よりも、アランがよそ見をしていても命令を聞くようにすること。

C.叱りについて

 a.きつく叱るとアランはやるが、本番では叱る事が出来ないので、練習の時ただ単に云うことを聞かせるために叱ると、本番との乖離を招くことになる。
 b.本番では怒る事はないので、普段の訓練から「よそ見」していても確実にやらせるようにすること。
 c.アランは98~99以上は取れる子だが、時として注意力がボツンボツンと切れることがある。その切れた時に「よそ見」しながらでもやることを教えること。

D.今後の練習方針

 a.本番で勝つためのトレーニングは色んな悪条件の許でも、「よそ見」していてもやる練習をすること。
 b.練習の為の練習はもう必要ない。本番でどう勝ち上がるかという練習をすること。

E.「よそ見」中の訓練

  普段はみんな単独訓練である。その場合に「よそ見」の訓練では、単科目で練習すること。
 雑踏に近い所で3m位離れて犬と向き合い、「よそ見」をさせて呼びをかけること。

F.その他

・ 「吠えろ」や「8の字股くぐり」は興奮させる科目なので、その後で「モッテ」はやらないこと。
・ 「モッテ」は室外である程度出来るようになったらザワザワした雰囲気の中でもやること。
・ 「ホエロ」と命令→1声吠える→“おやつ”と1回毎にすること。
・ 「ホエロ」の後で「お回り」もやらないこと。興奮する同士をくっつけないこと。
  「お回り」は右回転もやること。
・ 色んなことを教えると犬は賢くなるが、連れて指導手の方も上達が求められる。
指導手のハンドリングが良くなれば、当然その犬も良くなる。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:30 |  個人レッスン  | CM(1) | Top↑
2009.01/16(Fri)

話はしてみるものだ 

【話はしてみるものだ】
 
 先日旧来の友人と久しぶりに会いましたが、その際犬の訓練のことが話題になりました。その友人も娘さんがミニダックスを飼っていて、日中は良く世話をするということでした。

 話をしている内に、趣味で木工をやっているそうでした。それでダンベルを小刀で削っていて、指にマメを作った話をしましたら、いとも簡単に引き受けてくれました。

210114・貰ったダンベル

 右端の物が自分で削ったものに包帯を巻いたものです。真ん中の物はゴムの木製(東南アジアからの輸入品のようですが)の物を木工機具で削ってもらったものです。左端の物は樫の木で作って貰ったものです。
 これだけそろいますと当分は保ちそうです。

 昨日載っけたダンベルの写真を再度アップします。

210114・昨日のダンベルの写真

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:00 |  道具  | CM(1) | Top↑
2009.01/15(Thu)

新メニューでの訓練・2日目 

【新メニューでの訓練・2日目】
 
 私は一心にブログを書いているのですが、その努力の甲斐もなく、反応のコメントが無いので張り合いが無くなって来た感じです。平均すると100余人/日の閲覧者の方々に読んでいただいているようですが、殆どが、言葉は悪いのですが、「READ ONLY」の方なのです。
 これを避ける一案として、「限定公開」(「PASS WORD制」)にしてにしてみるのも一法かと思ったりしています。

 今日は、「A.フセ及びタッテ」、「B.特訓テーマ・?」及び「CD-?s15科目」をやりました。

 「B.特訓テーマ・?」をやりますと、その中にCD-?s15科目にも含まれている科目は、「コの字型脚側行進」、「招呼」、「その場の立止」、「その場の伏臥」、「常歩行進中の3動作」、「障害飛越(片道)」、「棒飛び(片道)」です。
 残るのは必須の「休止」と選択の「お手(おかわり)」、「股くぐり歩き」、「抱っこ」、「8の字股くぐり」の5科目だけなのです。

ref:『B.特訓テーマ・?』 

 「直線の脚側行進」、「コの字型脚側行進」、「据座」、「招呼」、「その場の立止」、
「その場の伏臥」、「常歩行進中の3動作」、「障害飛越(片道)」、「棒飛び(片道)」(主と
してタッテの訓練)、「前進」、「マテ」、「モッテ」、「吠えろ」、「寝ろ」、「障害飛越(往復)」、
「回れ」
  
 該当する以外の科目は、命令を良く聞き分けるようにする為の訓練かも知れませんし、15科目では飽きが来るかも知れないので気分直しの意味かも知れません。

1.「A.フセ及びタッテ」
  命令したら素早く動作し、その状態を静かにキープしていました。

2.紐付き脚側行進及び紐無し脚側行進
  自分では良い脚側なのかどうか判定がつかない感じです。アランは小型犬としては珍しく比較的指導手にくっついて行進しますので、この状態をキープさせたいと思っています。

3.「据座」及び「招呼」
  「据座」では手鏡で注視しながら離れて行っているのですが、“膝行る”ような動きは全く出ませんでした。
  「招呼」では呼びに対して駆けて来て、左足に当たらないで綺麗に脚側停座出来ました。
 
4.「障害飛越(片道)」及び「棒飛び(片道)」
  飛越後“タッテ“の指示でピタッと止まることが出来ました。

5.選択科目5科目
  自分では綺麗に出来たと思っています。

6.「吠えろ」、「回れ」及び「寝ろ」
 JKCの実施要領通りに出来るようになりました。今後も練度アップのために続けるつもりです。

7.「前進」
  ターゲットを5m及び10mの所に置いて「マエヘ」と「カモーン♪」だけ練習しました。最終的には15m位まで離すつもりです。

 
 今日は個人レッスンの日です。テーマは、

1. 素早くフセさせる訓練の副作用はないか。
   新規訓練で副作用が出て来ることはないか。
2. 脚側行進を見てもらう。
3. 「吠えろ」を見てもらう。
4. 「モッテ」を見てもらう。
5. 「お回り」を見てもらう。
6. 他の犬に対する訓練の機会がないこと。
7. よそ見をする件。
8. 脚側停座の問題点について。
9. 飛越の際のタッテのやり方について
10. CD-?sを見せもらう。
11. 競技会間近にはあれこれやらない方が良いか。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:00 |  訓練関係  | CM(3) | Top↑
2009.01/14(Wed)

新メニューでの訓練・初日 

【新メニューでの訓練・その1】
 
 陽が昇るまでは相当な寒さなので、陽が昇ってから訓練するようにしています。

A. フセ及びタッテ
・ その場のフセでは、フセを10秒間維持させ、その後スワレさせて同じく10秒間維持させ、その後“おやつ”を与えるようにしています。
・ その場のタッテも同様とする。

B. 特訓テーマ・?
・ 「直線の脚側行進」、「コの字型脚側行進」、「据座」、「招呼」、「その場の立止」、
「その場の伏臥」、「常歩行進中の3動作」、「障害飛越(片道)」、「棒飛び(片道)」(主としてタッテの訓練)、「前進」、「マテ」、「モッテ」、「吠えろ」、「寝ろ」、「障害飛越(往復)」、「回れ」
  
C. 特訓テーマ・?
・ 「直線の脚側行進」、「コの字型脚側行進」、「据座」、「招呼」、「その場の立止」、
「その場の伏臥」、「常歩行進中の3動作」、「障害飛越(片道)」、「棒飛び(片道)」(主としてタッテの訓練)、「前進」、「マテ」、「輪飛び(往復)」、「棒飛び(往復)」、「ハウス」

D. 定期的にやるもの
  CD-?s15科目

E. よそ見や臭い嗅ぎに対して
 その挙動を示しかけた瞬間に叱るようにしたい。しかし、他の犬からの影響についてはその後訓練が余り進んでいないので、今後はこの方面の耐性も付けるように機会を見つけて訓練したいと思っています。


 今日は『A』と『B』をやってみましたが、特記すべきことは次でした。
1. 「モッテ」
  おもちゃサイズのダンベルの中央部を10mm未満に削ってみました。そうしましたら「モッテ」ではカミカミを全くしなくなりました。
今日はこれに気を良くして、投げてモッテ来させ、アトヘで脚側停座させてみました。
  もう少し「モッテ」の練習をして、その後『「物品持来」+「前進」』のセットの訓練に入りたいと思っています。
  ダンベルの写真です。一番右側が今回削ったものです。一番左側は「重い方がカミカミしないはず」という情報に基づきウエイトを付加出来るようにしたものです。真ん中は通常市販しているゴムの木製のダンベルです。

210113・新旧ダンベル

 一昨日アービンママさんのお宅でドックフェスチバルのビデオを見せていただいた時にアルク君を交え、GR、パピヨンとトイプーが模範演技をデモしたのです。その中でトイプーが、「割り箸の両端に小さな旗」を付けたもので「咥えて歩く」をやっていました。“割り箸”くらいの太さの方が咥え易いのかも知れません。

2. 「吠えろ」
  犬と向き合い→唇に手を当て→ホエロと命令→1声吠える→ヨシで手を下ろす→唇に手を当て→ホエロと命令→1声吠える→ヨシで手を下ろす→(以下繰り返す)

3.「回れ」
  犬と向き合い→手を上げて回転のきっかけだけ示して「マワレ」を命令→アランは1回回って立って待機→手を上げて回転のきっかけだけ示して「マワレ」を命令→アランは1回回って立って待機→手を上げて回転のきっかけだけ示して「マワレ」を命令→アランは1回回って立って待機→「スワレ」を命令→「アトヘ」で脚側停座

4.「前進」
  15m付近にターゲットを置いて、マエヘでそこに行かせ、着いたらマテをさせ、次に「カモーン♪」と呼んで、アトヘで脚側停座させました。
  次にマエヘで犬が10m位の所で「マテ」をかけて立止状態で待機させました。次に「カモーン♪」で呼んで、再度マエヘをさせようとしましたら、吠えて前進しないのです。
  仕方がないので、ターゲットを5m及び10mの所に近づけてマエヘと前進させました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:00 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.01/13(Tue)

自主訓練の新メニューについて 

【自主訓練の新メニューについて】
 
  訓練の進んだ犬から見ると「何を今更」と思われるかも知れませんが、来る2月22日の埼玉ブロックに備えて、次のようなメニューで自主訓練をして行くつもりです。

A.
 今までは、フセやタッテをさせるとその状態で時として“おやつ”をやっていましたがこういうやり方は中途半端ではないかと思いました。
・ その場のフセでは、フセを10秒間維持させ、その後スワレさせて同じく10秒間維持させ、その後“おやつ”を与えても10秒間その姿勢を維持させた後、ヨシで解放する。
・ その場のタッテも同様とする。
 (この10秒は勝手に決めたもので根拠はありません)

B.
・ 特訓テーマに「常歩行進中の3動作」を入れる。
・ 以前から続けて来た特訓テーマに加えて新メニューは、
 a.毎回続けるもの
   「直線の脚側行進」、「コの字型脚側行進」、「据座」、「招呼」、「その場の立止」、「その場の伏臥」、「常歩行進中の3動作」、「障害飛越(片道)」、「棒飛び(片道)」及び場合に応じて「他の犬の見入った時の措置」
 
 b.日にちを交互にするもの
   「モッテ」、「吠えろ」、「寝ろ」、「障害飛越(往復)」、「回れ」
   及び「輪飛び(往復)」、「棒飛び(往復)」、「前進」、「ハウス」

C.定期的にやるもの
  CD-?s15科目

D.よそ見や臭い嗅ぎに対して
  その挙動を示しかけた瞬間に叱るようにしたい。アランは人に対してはK氏ご夫妻や仲良し3人組のお陰で従来とは随分変わって来ましたし、グランドゴルフの脇で「招呼」の特訓のお陰で外乱要因にも強くなった気がします。
しかし、他の犬からの影響についてはその後訓練が余り進んでいないので、今後はこの方面の耐性も付けるように機会を見つけて訓練したいと思っています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:00 |  訓練関係  | CM(3) | Top↑
2009.01/12(Mon)

自主訓練の抜粋・その2 

【自主訓練の抜粋・その2】
 
 去る1月7日に個人レッスンで習った通りに自主訓練していますが、その中の別の数例を紹介したいとおもいます。(一部で既報と重複あり)

01.「伏臥」が素早く出来るように。
 教えることは二つあるそうです。一つは「正確に動作することを教えること」、もう一つは「如何に素早く動作するかを教える」ことだそうです。今までやって来たことは前者の訓練が主で、後者の訓練は添え物みたいでした。

 後者の訓練は、近くで向き合ってフセの命令で左手を急激に下に下げてフセを命じることです。そしてスワレも指導手と呼吸を合わせ、フセのタイミングを犬が分かっていて伏臥し、スワレもタイミングが分かって停座しなければなりません。アイコンタクトして「フセ」、又アイコンタクトして「スワレ」を命じます。

02.「ハウス」

  ハウスを命じ、クレートに入ったら“ソウだマテだマテマテ、、、”と連呼しながら犬の許に行って“おやつ”をやり、又“マテマテ、、、”と連呼しながら、出発点に戻り、「カモーン♪」と呼んで脚側停座させます。アランは時々一旦はクレートに入っても又出てきたりすることがまだあるので、慣れるまでは確実な動作をさせるようにさせる必要があるようです。

03.他の犬に気を取られた時

  他の犬に気を取られるのは自己防衛のための動物的本能のようです。
他の犬に見入っていても良いが、見入っていても命令は聞くようにする。具体的には深いよそ見の時に命令すること。命令を聞かなかった場合は犬の許に行って命令を聞くように諭します。
  

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:32 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT