新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2009年02月
2009.02/28(Sat)

今朝の散歩 

【今朝の散歩】
 
  2月も今日で終わりです。昨日は日中雪が舞いましたが積もりはしませんでした。何と最低気温をお昼頃に記録し、2℃台だったようです。

  今日はここの所久方ぶりの晴れ間になりました。
いつもの散歩の際には、ミニ訓練などをやるのですが、先の競技会以来すっかり自信を無くして、訓練らしい訓練は一切していない実情です。自主訓練では幾ら良くても、競技会のリンクに入ると人(犬)が変わったみたいに「臭い嗅ぎ」ばかりしている状態では、自主訓練をやること自体意味をなさないような気がしています。

 そういう訳で、室内でのボール遊び、や散歩の際の紐付きボールによる遊びだけをやっています。
 例えば、紐付きボールをポケットに隠しての「停座及び招呼」や同じ「常歩行進中の伏臥」等で、待たせて紐付きボールを前方に投げてやって、取りに行かせる方法です。こうすることによって、「いつボールを投げて貰えるか」と云う期待感を持ち続けて、指導手に集中し続けるのではないかと思っています。

 ボール遊びしている限りでは、アランはもの凄く集中が良いのですが、所詮練習場シングルなのかと反面冷めた見方をしている自分が情けなくなります。

スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:00 |  散歩  | CM(1) | Top↑
2009.02/27(Fri)

埼玉ブロックの記・その5・これからの訓練は・その2 

【埼玉ブロックの記・その5・これからの訓練は・その2】
 
 普段の自主訓練では2ヶ所の場所でも大堀川rspでも流山総合運動公園でも、どこでも万全なのに、競技会では「臭い嗅ぎ」&「集中の欠如」の頻発なのです。

  訓練仲間だった方の追加意見としては、
・ アマは楽しみでやっているので、当日は犬と一緒に楽しめば良いのではないか。
(そのようにやっているつもりですが、そう見えないのでしょうね。)
・ 変に下心があるから、それが振る舞いや言葉の調子に現れて、それを犬が感じ取るのではないか。
・ 指導手の意識過剰があるのではないか。今度こそということが態度に表れている。
・ 犬が楽しくない。兎に角犬と一緒に楽しむこと。
・ 犬は競技会の雰囲気を察している。

と云うことも云われました。
 
  しかし、先生の見立てでは、こんなことでは無くて、過去の競技会で嫌な思いをさせた結果競技会が嫌いになってしまったようです。そのため完全拒否と迄はいかないが拒否に近い行動を取るようです。これの解消のためには、アランを楽しく競技させて、自信を取り戻させることが第一だそうです。
尚、やってみたい方法が4つ、参考になるものがありましたので、これは実行してみたいと思っています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:39 |  その他  | CM(0) | Top↑
2009.02/26(Thu)

埼玉ブロックの記・その4・これからの訓練は? 

【埼玉ブロックの記・その4・これからの訓練は】
 
 対策を万全に取ったつもりの埼玉ブロック大会でも「臭い嗅ぎ」→「集中の欠如」の問題が起こってしまいました。
  アランは集中している時には動作が非常に敏捷で見栄えがします。脚側行進なども小型犬は指導手からちょっと離れて行進しますが、ピッタリと付いて行進しますし、飼い主の贔屓目かも知れませんが、育て方によっては「名犬」の素質を十分持ち合わせていると思っています。その犬が、今や「ゴルフの練習場シングル」、「草野球のブルペンエース」になりさがっているのが悔しくてやりません。

  今後の訓練は個人レッスンで先生と相談してみますが、どうも今までの延長線上では駄目なような気がいたします。
・ ここは去年の12月19日の時点に戻って、飼い主との信頼関係の見直しをしてみる。
  兎に角「臭い嗅ぎ」をなんとかならないか。アイコンタクトをして顔を上げるように。
・ 何処か実際の競技会に似せた雰囲気でリンクを作って審査員の許に訓練してみる。
・ 個人レッスンだけにして普段の自主訓練を一切止めてみる。

ようなことを検討する必要がありそうです。

又、訓練仲間だった方の意見では、
・ 「臭い嗅ぎ」は精神的なもののようなので、指導手が態度を変えないとダメ。
・ 無欲になれ、禅寺に籠もったらどうか。
・ 競技会は「臭い嗅ぎ」をやっても構わないよ、という気持ちでやってみる。
・ アランと一緒に楽しく遊ぶことだけやって、アランを訓練は競技は楽しいと思わせる。

等が聞かれました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  22:00 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2009.02/26(Thu)

昨日の個人レッスン 

【昨日の個人レッスン】
 
 まず、CD-?sとCD―?のビデオを見ていただいた。離れて解放された時だけでなく、傍に付いていても臭い嗅ぎをしている情景が多々あった。訓練の時には全く問題が無いのにリンクに入ると臭い嗅ぎばかりしているのです。

1.競技会に似せてやったらどうか。科目は出来ていると考えて良い。

  こことは違う場所で競技会に似せてやるのも良いのではないか。アランは切っ掛けさえあれば復調するかも知れない。
  リンクの中に入って、審査員を見たり、うしろを気にしていて、これらが安心出来るのかどうか気になって、おちおち指導手と競技している情況ではないようだ。
  自主練では全く問題無いし、先生の指示通りにやっていて、指導手に非は無いようだ。

  Ag-3の場合でも、本当に悪い場合には、会場に来るのを嫌がったり、車から降りたがらなかったり、帰ろうとしたり、排泄さえ出来なくなったり、震えたりしてしまう、競技恐怖症になる子もいるようです。
(訓練士先生とは慣れているので、助手の方に審査員役をお願いして秋ヶ瀬公園で後日競技会も模した訓練をして見ることにしました。)

2.全く別の雰囲気の競技会出してみる手がある。

  それはOPDESのオビディエンスのstep-1である。ただこれはアランに自信を付けさせるもので、これをやっても直ぐにjkcの本番に生きて来るとも思えない。しかし、競技で“おやつ”を使える種目に出ることはアランには新鮮に映ると思われる。
(step-1:“おやつ”を手に持っていて、審査員の指示で3回与えることが出来る。)

  競技という環境の中のリンク、リンクの中の審査員、競技会は一種独特のストレスを与えるものです。この訓練所の訓練の時には問題がなくてちゃんとやる、ここではストレスが無いし、褒めてくれる所だから。しかし、競技会場では緊張する所である。そういう子は簡単なコースに出して、励まして自信を付けさせる。
(会員でなくても当日申し込み可能とのことなので、是非参加したいと思っています。)

3.訓練士会の競技会

  訓練士会の自由選択10科目ではCD―?ではなく、アランの好きな科目に絞るべきで、時には声をかけて励ましてやること。今回のビデオでもあれだけ楽しそうに競技しているが、それらをやってアランの自信につなげること。
  股くぐり歩きをやっている時は実に楽しそうである。楽しそうな雰囲気を競技で作ること。成績を気にせずに楽しそうにホメてやるのも良い。とにかく、既成概念から外れたことをやってみること。
(jkcの大会でも、CD―?等を成績を度外視して声をかけ、体符も使って、アランの自信を取り戻した。)

4.その他

・ 競技会には2~3ヶ月周期に出す方が良い。これは修正して教育し直すにはそれ位かかるものである。競技会に出すと崩れるものです。
・ 楽しそうな雰囲気の時を見つけて、それを再現するようにする。このためには凄くホメ上手にならなければいけないようだ。
・ アランは、しばらく競技会を休ませるのも手である。偶に出ると活気が出て来るそうです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:22 |  個人レッスン  | CM(1) | Top↑
2009.02/25(Wed)

埼玉ブロックの記・その3ー2部編 

【埼玉ブロックの記・その3・2部編】
 
昨日のアクセスは300カウントで最近では珍しく多いカウントでした。でも全て「read only」でした。
「努力すれども報われないペアーの成績」が気になる方が多いようです。  

2部(CD―?)はゼッケン91番でA~D組4組のC組の26頭の23番目でした。何度も進行具合を確認しに行きましたが、結局11時15分位からの競技となりました。                  
  審査員はご婦人のKW先生で、初めてお目にかかる方でした。

  3部の競技の反省に立って、準備及び出し方を変えてみました。
競技に入って脚側行進の臭い嗅ぎは若干改善の跡は見えたような気もしましたが、やはり根本の問題点は変わりませんでした。

01.紐無し脚側行進:自主訓練ほどの活気は無かったものの無難に熟しました。ただ、最後の脚側停座の尻を落とすのが若干遅かった。
02.紐無し脚側行進:後ろを気にしていてアトヘで発進するのが1歩程遅れました。又鼻を落とし気味(地面の臭いは嗅いではいないが)の歩行でした。
03.停座及び招呼:「臭い嗅ぎ」のため招呼が2声符になってしまいました。(この競技はこれで終わり同然です)
04.伏臥:後ろを気にしていたが指示には従いました。
05.立止:ほぼよし。(タッテの命令よりはほんの1瞬遅れて反応しました)
06.常歩行進中の伏臥:発進が遅れて1m位後になった。この後フセが2声符になりました。
   又伏せた時に「臭い嗅ぎ」していて、戻って来た時に逃げました。又、戻りが遅くて2歩位遅れました。
07:常歩行進中の伏臥:発進、フセはよし。「臭い嗅ぎ」も無かった。但し、戻りのスピードが遅くて半歩~1歩位遅れました。
08.股くぐり歩き:よし。これはいつも安定しています。
09.抱っこ:よし。
10.棒飛び(片道):よし。

  やはり「臭い嗅ぎ」が先か「集中が切れる」のが先か、分かりませんが、「臭い嗅ぎ」と「集中が切れ」の頻発でした。

 結果は無惨にも93.3でしたが、最初の内は3部よりも出来が良いかなとは思ったのですが、結果的には3部よりも悪かったです。これは競技途中で叱ったこと等も審査員の不興をかったのかも知れません。

(続く)

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  22:00 |  競技会  | CM(2) | Top↑
2009.02/24(Tue)

埼玉ブロックの記・その2ー3部編 

【埼玉ブロックの記・その2ー3部編】
 
  3部(CD-?s)はゼッケン120番で3部のトップバッターになっていました。10部と混合審査でしたので、10部の人から始めていただきました。
  アランは考えていたルーティン通りの手順で出しました。
 審査員は千葉のTK先生でした。

  所が、リンクに入った途端に「臭い嗅ぎ」を始めました。審査員に申告している時にも、し続けていました。出発点に行く前にその辺りを回って呼吸を整えましたが、これも無駄でした。

01.紐付き脚側行進:歩きながら盛んに鼻を地面に付けていました。速歩に移っても地面の臭いを嗅ぎながらでした。
02:「01」とほぼ同様でした。
03:停座及び招呼」:私が5mくらい離れた時から「臭い嗅ぎ」を始めました。呼んだら2声符目でノロノロ臭いを嗅ぎながら来ていたのですが、途中で止まって嗅ぎ始めました。2~3歩近寄って「コイ!」と呼んでやっと来ました。戻りでも「臭い嗅ぎ」をしまくりでした。地面に鼻をすりつけたままの状態でした。
04.伏臥:よし。
05.立止:よし。
06.常歩行進中の伏臥:フセた時に多少嗅いでいましたが「01」~「03」程は激しくありませんでした。ただ犬の許に戻った時に毛を踏んだようでキャンと鳴かしてしまいました。
07.常歩行進中の停座:スワレさせた後多少嗅ぎました。出発点に戻途中地面を嗅いでいました。又、最後には遅れて左側を行進せず、右側をショートパスして脚側停座しました。
08.常歩行進中の立止:よし。この辺りから本来のが出かけて来た感じでした。いつもこの科目辺りから調子が出てくるようです。
09.障害飛越(片道):飛ぶ、タッテ、スワレの障害自体は良かったのですが、出発点に戻るとき遅れて歩きました。
10:休止:それ自体は良かったのですが、出発点に戻るとき遅れて歩きました。
11.お手(おかわり):よし。
12.股くぐり歩き:よし。
13.抱っこ:よし。
14.棒飛び(片道):フセさせて待たせて棒を取りに行って戻って来る時「臭い嗅ぎ」をしていて、私が近づいたら叱られると思って1~2m逃げました。
  その後の棒飛び(片道)自体はよし。
15.輪飛び(片道):よし。

 「臭い嗅ぎ」が先か「集中が切れる」のが先か、分かりませんが、「臭い嗅ぎ」と「集中が切れ」の頻発でした。他の犬が「臭い嗅ぎ」をせず、顔を上げて行動するのを見ると羨ましくて仕方ありません。どうして「アランだけが!」の心境です。

 結果は142点の3席ですが、この142点は後0.5でポイントが貰える点数ですが、もうポイントは貯まり過ぎているので欲しい訳ではありません。こんな出来でもポイント獲得寸前まで行って3席に表彰台に上がるなんて、将に「ナンチャッテ3席」です。

(続く)

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  22:00 |  競技会  | CM(2) | Top↑
2009.02/23(Mon)

埼玉ブロックの記・その1・「呆れた人」はダメだった 

【埼玉ブロックの記・その1・「呆れた人」はダメだった】
 
  タイトルの「呆れた人」の意味は、、、、、。

  昨日の埼玉ブロックの報告は散々な結果でした。
出来ればこのブログは書きたくない気がしています。毎回のことですが、今回は特に「今までに無い手応え」みたいなものをひしひしと感じていたのですが、それだけに残念でなりません。不本意にも神奈川訓練士会の結果をそのまま引きずっているような結果になってしまったわけです。

  競技に至るまでの手順も20日のブログで書いた通りに実行しました。『2種類の対策を取りました。競技会当日の朝のルーティンを教えていただいた通りに実行しました。入れ込まないようにしたつもりでした。』
  一番期待していた「2種類の対策」の効果が無かったことにもショックを受けています。

  アランはリンクに入った途端に「臭い嗅ぎ」が激しくて、科目を全うに熟せない状態でした。
結果は、3部(CD-?s)ではは142.0(これも2部と同じ感想です)でした。
  余りにも「臭い嗅ぎ」が酷いので競技中盤で今後の事を考え敢えて叱ったりもしました。(本来競技中には叱ってはいけないことは重々承知しています。)

 これから、ビデオやカメラの情報を整理して続報を報告します。

(続編あり)
【編集】 |  23:15 |  未分類  | CM(1) | Top↑
2009.02/22(Sun)

情報を正しく伝える難しさ 

【情報を正しく伝える難しさ】
 
  人の話を聞いて分かったつもりでいても、話し手の本当に云わんとしていることが伝わっているのかどうか疑問に思う事があります。10人位並べて、同じメッセージを次の人に順次送って最後の人にはどういうメッセージが伝わったのか調べるゲームがあります。
  最初のメッセージと最後の人が受け取ったメッセージには思いもよらぬ相違があるのが普通なのです。同じメッセージでも、受ける人の過去の経歴や経験等によって何らかのフィルターがかかる所為ではないかと思っています。
(こう云う現象を心理学的にはどういうのでしょうか)

  これと同じようなことが犬の訓練でもあります。例えば、私がアランを牽いて訓練士に見てもらう場合を考えてみます。牽いた後、訓練士から講評を受けるのですが、言葉では分かってそのままで済ますことがあります。でもここが落とし穴なのです。指摘された点を訓練士の前で実際にやってみて、それで良いか確かめる必要があるようです。

  私は通常の個人レッスンではCD―?やCD-?sを見てもらっていますので、
「据座」、「モッテ」、「物品持来」及び「障害飛越」等はめったにやりません。でも訓練士の前で「先生これを見て下さい」と云って、講評を求めると適確な指摘が返って来るので、指摘を受けた点を確認する意味で再度やって見て「それで良い」とか「そうじゃーない、こうやるのだ」と実際に指導らしい指導を受けることが出来ます。
  同様の経験は「崩した訓練とは?」の時にもありました。「先生、崩した訓練をやってみますので見て下さい」と云ってやったところ、以前の時点ではそれで良かったが、現在の状態ではそうではないと云われました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:20 |  その他  | CM(2) | Top↑
2009.02/21(Sat)

今朝の訓練・競技会での臭い嗅ぎ 

【今朝の訓練・競技会での臭い嗅ぎ】
 
  今朝は2頭を連れてトイレに連れ出し、その後30分位散歩して過ごしました。
一旦帰ってアスピの足を洗って家に残し、アランを連れて訓練に出かけました。

  今朝も昨日と同じCD-?sを通しで訓練しました。まず、「崩した訓練」でウォーミングアップしまして、それから審査員への申告のシミュレーションをしてから「01」紐付き脚側行進から始めました。
 
  「01.紐付き脚側行進」から「10.休止」の必須10科目までは昨日と同様だったのですが、
11.お手(おかわり):向き合った時の犬との距離を50cm位に離してみました。こうすることによって、オテ&オカワリが終わってからのアトヘで呼び込む脚側停座が綺麗に行くようでした。
12.股くぐり歩き:昨日と同じ。
13.抱っこ:抱っこしてから降ろす位置をいつもより離してみました。この方がアトヘで呼び込む脚側停座が綺麗に行くようでした。
14.8の字股くぐり:昨日と同じ。
15.棒飛び(片道):棒を構える姿勢から、アトヘで脚側停座に呼び込む時の立つ位置を変えてみました。
16.輪飛び(片道):上記と同様です。

  最近の競技会を振り返って見ると、
・ 埼玉東クラブ(201012):まだ今の訓練士に習ったことを実行以前で「臭い嗅ぎ」を頻発しました。
・ 多摩川訓練士会(201219):「臭い嗅ぎ」は改善。招呼が2声符になった。
(2部相当の種目2席)
・ JKC本部大会(201102):「臭い嗅ぎ」は改善。招呼が2声符になった。
(2部3席)
・ 埼玉訓練士会(201207):(2部相当の種目4席)
・ ST連合会(201214):雨の中の大会(3部2席)
・ 神奈川訓練士会(210211):「臭い嗅ぎ」を頻発。

  昨年の12月19日以来「臭い嗅ぎ」は改善の方向に向かっていたのですが、今年の2月11日の競技会では「臭い嗅ぎ」はもう解決したものと誤解して失敗したようです。
  これら失敗したケースでは、
・ 審査員とばかりコンタクトを取って、アランとのコンタクトを等閑にしていたこと。
・ 出来て当然という感覚で臨んでいること。
・ 通り一遍の態度でスタート地点に行って競技を始めていること。
等が有ったようです。

  去年の12月以来、競技会での失敗を無くすべく、
・ 「お触り作戦」として大勢の方に触っていただいて、人に対する「耐性」を強化しました。
・ 雑踏の中で不意に「フセ」等を命じたり、「招呼」をしたりしました。
・ 散歩中に他の犬に会ったら、待たせて通り過ぎる間際に「フセ」を命じたり、そのまま歩いていって、他の犬に気を取られた時に「フセ」等を命じたりしました。

等をやりまして、実感としてこの効果が出て来て、何か今までとは違う雰囲気を感じています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:41 |  訓練関係  | CM(2) | Top↑
2009.02/20(Fri)

夕方の訓練 

【夕方の訓練】
 
  降り続いていた雨もお昼頃上がりまして、15時半頃には舗装面もすっかり乾いていました。
普段訓練していない科目もあるのでCD-?sを通しで訓練しました。
  まず、「崩した訓練」をしてウォーミングアップしまして、それから審査員への申告のシミュレーションをしてから「01」紐付き脚側行進から始めました。
 今時こんな記事を書くこと自体が恥ずかしい限りなのですが、これがアランの実態なのです。

01.紐付き脚側行進
   アイコンタクトはそれ程でもありませんでしたが、付きは良かったようです。右曲がり、反転、左曲り及び脚側停座も良かったです。科目が終わって身体を撫でてやって、そのまま待機しました。
02.紐無し脚側行進
   上記に同じ。
03.据座
   待たして離れ、5~6歩離れた時と反転して向き合った時に「ソウだイイ子だ~」と褒めました。
03.停座及び招呼
   「カモーン♪」の指示に適確に応えてくれました。
04.伏臥:犬の方を見ないでフセを命じ、同じくスワレを命じました。
05.立止:犬の方を見ないでタッテを命じ、同じくスワレを命じました。
06.常歩行進中の伏臥
   フセの指示に瞬時に応え、臭い嗅ぎをすることはありませんでした。
07.常歩行進中の停座
   スワレの指示に瞬時に応え、臭い嗅ぎをすることはありませんでした。
08.常歩行進中の立止
   タッテの指示に瞬時に応え、その後少しも動かないで待機出来ました。
09.障害飛越(片道)
  飛ぶ前に障害に向かって至近位置に脚側停座させ、小さくアトヘでバックさせ、小さくバックさせ、と繰り返しましたが、アランはおとなしく指示に従っていました。
10.休止
フセさせ物陰に隠れてアランの様子を見ていましたが、臭い嗅ぎをすることはありませんでした。
11.お手(おかわり):オテ、オカワリの指示に即応して前足を出しました。
   自由選択は得意科目なので、抑え気味にやるのが良いのかも知れません。
12.股くぐり歩き:くぐり終えて脚側停座する際にオーバーシュート的な現象はありませんでした。
13.抱っこ:
14.8の字股くぐり:開始の「クグレ」の指示は視符も併用する方がくぐるのに勢いがあるようです。
15.棒飛び(片道):棒を構えた時も静かに停座していました。棒は高めに構えた方が綺麗な飛越が出来るようです。
16.輪飛び(片道):上記と同様です。

  各科目は「アイコンタクトに始まり、アイコンタクトに終わる」を肝に銘じてやりました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  20:46 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.02/20(Fri)

明後日は競技会 

【明後日は競技会】
 
 今朝は若しかしたら雪になるかも知れない予報でしたが雨です。訓練は休みましたが、レインコートを着せて1頭づつ家から約40mの駐車場に連れて行ってトイレをさせました。
  アランはいつも練習している歩道に行きました。
まず、透水性のアスファルト路面で「停座」及び「伏臥」をやってから「常歩行進中の伏臥」と「常歩行進中の停座」をやりました。次は不浸透性の路面で同じことをやりました。

 アランを連れて行って風呂で足を洗ってやって乾かしてから、今度はアスピを連れ出すのですから手間がかかってしょうがありません。
 アスピは無類のドライアー好きです。アランにドライアーの温風を当てていると、割り込んで来てドライアーの前に陣取る程です。

 今度の日曜日は「埼玉ブロック競技会」がさいたま市秋ヶ瀬公園で開催されるので、アランはエントリーしました。
 競技会に出る人は皆、「競技に参加する以上結果を重視するのは当然」のことだと思います。
私もご多分に漏れずその一人ですが、今度こそ今度こそと思いながらこの1年を過ごして来ました。
 今度は2種類の対策を取り、競技会当日の朝のルーティンを教えていただいた通りに実行することは勿論、他にも平常心で臨めそうなことがあります。それは以前ほど入れ込んでいないことです。
昔、ゴルフをやっていた頃、入れ込んで前日良く眠れなかった日はスコアーが悪く、よく寝るれた日はスコアーが良かった記憶があります。
当日はアランとコンタクトを良く取るようにすることは勿論です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:28 |  その他  | CM(2) | Top↑
2009.02/19(Thu)

臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・第4日目 

【臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・第4日目】
 
 今日は晴天の割には比較的寒い日でした。特に風が冷たかったです。
今日も「臭い嗅ぎの防止に特化した訓練」を続けたのですが、今日からは特に昨日個人レッスンで習ったことを印刷して、その通りやってみました。個人レッスンでは1時間余りの時間でA-4版、4ページの記録でした。その内容をなぞるのは用意ではありませんでした。
 でも、昨日の個人レッスンの要点は『訓練はアイコンタクトに始まり、アイコンタクトで終わる』ことを実行することだと思います。今までは「脚側行進に始まり、脚側行進に終わる」と信じ、ただ科目の消化、如何に動作させるかばかり考えてきましたが、そうではないことが今になって分かった感じです。

 審査員に申告する場面のシミュレーションから始めて、
「2」.「紐無し脚側行進」:アイコンタクトはばっちりでした。科目が終わって、褒めて、そのまま待つようにしました。
「27」.「据座 」:離れる時5m地点で振り返って見て褒め、10m地点で反転した時にも褒めました。
「3」.「停座及び招呼」:上に同じです。「カモーン♪」の呼びに敏捷に応えることが出来ました。
「6」.「常歩行進中の伏臥」:フセの指示に敏捷に応えることが出来ました。離れて行く時に、フセた所から5m地点で振り向いて褒め、更に反転した時にも褒めました。
「7」.「常歩行進中の停座」:上記フセをスワレに代えて、他は同じ。
「8」.「常歩行進中の立止」:上記をタッテに代えて、他は同じ。

 以下の科目は「臭い嗅ぎ」とは関係ありません。
「17」.「モッテ」:左手にエサ、右手にダンベルを持って、エサにアイコンタクトさせたり、ダンベルにアイコンタクトさせたりしました。まず、エサにコンタクトさせて褒めてエサをやり、次にエサとダンベルを同じ手に持ってそれにコンタクトさせ、「モッテ」でダンベルを咥えさせ、静かに保持出来たらエサをやりました。
「25」.「障害飛越(片道)」:障害の前に行って静かに脚側停座する訓練をしました。
    飛ぶ前の障害に向かっている時には落ち着かせるのです。それから、障害の至近に脚側停座させて坐ったままアトヘで小さくバックさせ、又アトヘで小さくバックさせ、再度アトヘで小さくバックさせました。出来ましたので“おやつ”をやりました。飛ぶこととタッテは問題なく出来ました。
「52」.「棒飛び(片道)」及び「56」.「輪飛び(片道)」
  これは、脚側停座した時の落ち着きもあり、飛び及びタッテ共問題ありませんでした。

 実は土建屋の仮設資材置き場を今日は大掃除していたのです。飛び輪はブルーシートの下に隠していたのですが、行ってみたらブルーシートはもうありませんで、飛び輪は燃やされる1歩手前でした。
 障害板はもう燃やされてしまったようでしたので、話してコンクリート打設用の木製パネルを貰い、ノコで適当な長さに切断しました。パネル固定用の煉瓦も貰いました。それに飛び棒も揃えました。これで従来通り、飛び輪、飛び棒及び板障害は従来通り常備されることになりました。

  脚側停座 させておとなしく待っていることが出来たら、ご褒美として、「8の字股くぐり」をやったり、「抱っこ」をしてみました。アランは、これら科目を凄く喜ぶので、楽しんでくれたのではないかと思っています。

  それから水辺公園の草地に行って「ボール遊び」をしました。
・ 脚側停座して待たせて、ボールを投げても静かに待てること。
・ ヨシで発進させ、自由に走り回らせました。
・ モッテコイで取りに行かせ、咥えて戻って来たら停座 させて「ダセ」で出させました。
・ その後「フセ」を命じたりしました。

 「崩した訓練」もやってみました。この訓練はウォーミングアップとして良いそうですが、まずは練習でした。

  日常生活では、アランがアイコンタクトして来た瞬間にそれに応えてやるよう、習慣にしようと思っています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:22 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.02/19(Thu)

昨日の個人レッスン・アイコンタクトは金 

【昨日の個人レッスン・アイコンタクトは金】
 
  昨日は14時から個人レッスンを受けてきました。

  まず審査員に申告する場面のシミュレーションから始めて次の科目を見ていただきました。
「2」.「紐無し脚側行進」から始まり、
「27」.「据座 」
「3」.「停座及び招呼」
「6」.「常歩行進中の伏臥」
「7」.「常歩行進中の停座」
「8」.「常歩行進中の立止」
「17」.「物品持来」
「18」.「前進」
の8科目をやりました。
  それに関するコメント、及び付随事項のコメントは次です。(実際には詳細なやり方も教えていただきました)

01. 科目が終わって、褒めたらそれでアランは満足しているようなので、その後の仕切り直しはしない方が良いようだ。又、待つことに免疫を付けておくことが必要である。
02. 「据座」及び「停座及び招呼」
* 「臭いを嗅いでいるかチェックしているぞ」という雰囲気で振り返ると、本番では振りかえらないので集中が切れる畏れがあること。
 * 時々後ろを向いた時、科目にとらわれないで不意に呼びをかけるようにすると、何時何どき呼ばれるかも分からないことを意識させる意味がある。そして呼びに応えたら“おやつ”をやるようにする。
 * アランが嫌がっていることを上から押さえつけてやらせるのでは、指導手が離れた時には通用しない。
03. 「モッテ」及び「物品持来」
 * カミ直しは以前に比べると良くなっている。
 * 今カミ直しばかりに注目しているが、そうではなくて、アイコンタクトにもっと集中するように教えること。
 * 今はカミ直しする時間を与えておいて、カミ直し、カミ直ししていると騒いでいる。
 * エサとダンベルを切り離している内はカミ直しは直らない由。
04. 「障害飛越(片道)」
・ 飛ぶ前の障害に向かっている時にはもっと落ち着かせること。
・ アトヘ、アトヘで身体を正面に向きたままバックさせ正しく脚側停座させて、出来た場合には“おやつ”をあげるようにすること。
・ アトヘのバックはもっと顔を真上に上げてバックさせること。
・ アランにとっては「飛ぶこと」は“おやつ”のご褒美と同じ意味を持っている。キチッと付いたら飛ばせて貰えることを分からせること。
・ 障害を見たら燃えて来る、その燃えて来る気持ちを抑えてちゃんと付くことを教えること。
・ 今は「飛ばせること」だけを目的としているが、「アイコンタクトを取ったから」飛ばせてやる形に修正すること。
・ 訓練は「アイコンタクトに始まり、アイコンタクトに終わる」と云える由。
  (アイコンタクトは金、何物にも代え難い)
05. メンタル面
  アランは科目自体には問題がないし、今後も教えれば覚えて行くだろう。
問題はメンタル面で、どんな気持ちでやっているのかが大事です。
・ おとなしく待っていると、急に「8の字股くぐり」をさせてくれるかも知れない、急に「抱っこ」をしてくれるかも知れない、と期待感を持たせるようにすること。
  何かアランが喜ぶ楽しいことを取り入れてやること。
・ よそ見している時に呼びをかけるのも良い方法である。
・ アイコンタクトの中に科目がある。それだけ集中しているのでアイコンタクトが出来れば何でも出来る。

06. ご褒美
 ・ 日常生活でアランがアイコンタクトして来た瞬間にそれに応えてやるのがご褒美である。
・ 褒める事の積み重ねで良い子になって行く。
・ アランからアプローチが来た場合がチャンスである。
07. 崩した訓練
  私は以前習った「崩した訓練」をしていましたが、それはその当時のことで、状態が進んだ今はそれでは駄目だそうです。
  私が紐無し脚側行進を声をかけ続け、終わったら“おやつ”を上げました所、それは楽しそうに「乗り」でやっているだけで、これをやっていると正規の科目は楽しくなくなりますよ、と云われてしまいました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:05 |  個人レッスン  | CM(0) | Top↑
2009.02/18(Wed)

臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・第3日目 

【臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・第3日目】
 
 今朝は9時半頃に家を出たのですが、さすがに風はもの凄く冷たかったです。でも日射しが有って、日射しの中では比較的過ごしやすい天気でした。

 今朝の訓練も昨朝と同様に、審査員に申告する場面のシミュレーションから始めて、兎に角アランとコンタクトを外さないようにしました。

「2」.「紐無し脚側行進」から始まり、
「27」.「据座 」
「3」.「停座及び招呼」
「6」.「常歩行進中の伏臥」
「7」.「常歩行進中の停座」
「8」.「常歩行進中の立止」
「17」.「物品持来」
「18」.「前進」

の8科目をやりました。

 「2」は水辺公園広場でやらなければ出来ませんが、それ以外は広場脇の狭くて長い草地(ここは散歩犬が多く通る所です)を使用して、なるべく「臭い嗅ぎ」をし易い環境を選びました。

・ 「2」以外はいずれも指導手が犬の許を離れる、又は犬が離れて行く科目です。
・ 「27」、「3」、「6」~「8」は指導手が離れて行く時に度々後ろを振り返って「臭い嗅ぎ」していれば叱る体勢でいました。
  次からは振り返らずに、手鏡を使用しようと思っています。
・ 「17」の前に「モッテ」をやりましたが、相変わらずカミカミは続いています。
・ 「18」では「マエヘ」で発進させ、10m位前進した時、「タッテ」の指示でピタリと止まることが出来ています。

 今日は14時から個人レッスンです。この前習った訓練法を私がやって見て、それで良いのかどうか等を見ていただくつもりです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:41 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.02/17(Tue)

アランの寝姿 

【アランの寝姿】
 
 昨夜アランの寝姿を撮ってみました。アランは最近ネコの幼少期の寝床(所謂カラクラ)を使っています。アスピは私の椅子で寝ています。

 ネコのカマクラは入り口部の低い所がアランの頭乗せの枕の役目をしてちょうど良いようです。

210217・アランの寝姿1

 頭の位置を微妙に動かして、寝心地の良い位置を探っているようです。

210217・アランの寝姿2

 このような形が納まりが良いようで、寝に入ったようです。

210217・アランの寝姿3

 寝返りを打って、へそ天状態になりました。

210217・アランの寝姿4

 フラッシュの光に反応して、チロ見をしています。

210217・アランの寝姿5

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:47 |  その他  | CM(1) | Top↑
2009.02/17(Tue)

臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・第2日目 

【臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・第2日目】
 
  去る11日の神奈川訓練士会訓練競技会に始まり、次の日曜日22日の埼玉ブロック訓練競技会(さいたま市秋ヶ瀬公園)と、いよいよ競技会シーズンの始まりです。
  今後のスケジュールは、3月は、
・ 3月08日 埼玉ウィズトレーナーズクラブ訓練競技会(さいたま市秋ヶ瀬公園)
・ 3月21日 千葉県訓練競技会(野田市スポーツ公園)
・ 3月28日 北関東ブロック訓練競技会
と3つもあります。
  アランは神奈川訓練士会競技会では不首尾だったのですが、今度こそ怠りなく準備万全を期すつもりです。神奈川訓練士会競技会では「臭い嗅ぎ」が直ったものと勝手に解釈して、その準備に手抜かりがあったことが悔やまれます。

  昨日の朝は8時過ぎに水辺公園の草地に行ったのですが、まだ朝露が残っていました。
今朝は8時45分頃に出かけましたら、風があってもの凄く寒かったのですが、日射しは強くて訓練に支障が出る程ではありませんでした。
(朝露で身体が汚れるので云々と云っているようでは未だ訓練に対する姿勢に甘さがあるのかも知れません。しかし、時には雨の中でも訓練はするつもりです。)

  今朝の訓練は、審査員に申告する場面のシミュレーションから始めて、実施要領「2」の「紐無し脚側行進」から始まり、
「27」.「据座 」
「3」.「停座及び招呼」
「6」.「常歩行進中の伏臥」
「7」.「常歩行進中の停座」
「8」.「常歩行進中の立止」
「17」.「物品持来」
「18」.「前進」

の8科目をやりました。
・ 「2」は指導手に対する「付き」、「回り込みの迅速化」及び「脚側停座を嫌わないこと」の確認でした。
・ 「27」、「3」、「6」~「8」は指導手が離れた時の「臭い嗅ぎ」のチェックでした。
離れて行く時には度々後ろを振り返って「臭い嗅ぎ」していれば叱る体勢でいました。
・ 「17」と「18」は命令に忠実に従って、地面の「臭い嗅ぎ」をしないかチェックのためでした。

  アランには各科目を終了する毎に褒めてやり全部終えた後、大好きなボール投げをしてやりました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:34 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.02/16(Mon)

臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・訓練内容 

【臭い嗅ぎの防止に特化した訓練・訓練内容】
 
 「臭い嗅ぎ」の防止に特化した訓練の詳細を報告します。

 アランはリードでショックをかけたりせず、又叱ったりすることの無いようにしました。

・ 「紐無し脚側行進」はアイコンタクトは幾分弱めでしたが、
 * 付きは非常に良い状態でした。
 * 指導手から離れたりすることはありませんでした。
 * 右曲がり、折り返し、左曲りでは直前で若干スピードを緩めました所非常にうまくいきました。
・ 「停座及び招呼」では、離れて行く際、頻繁に後ろを振り向いて見ましたが、臭いを嗅ぐ素振りは見えませんでした。又、呼んだら喜んで駆けて来て、左足に当たらずに反転し脚側停座しました。
・ 「伏臥」は、前足だけ投げ出すようにしてフセましたし、停座も後ろ足の位置を変えずに坐ることが出来ました。
・ 「立止」は、前足だけ投げ出すようにしてフセましたし、停座も後ろ足の位置を変えずに坐ることが出来ました。
・ 「常歩行進中の伏臥」は、フセの指示に即座に反応しました。又、指導手が離れて行く間等には臭い嗅ぎはしませんでした。
・ 「常歩行進中の停座」は、スワレの指示に即座に反応して坐りました。前々回の個人レッスンのような反応の遅れはありませんでした。又、指導手が離れて行く間等には臭い嗅ぎはしませんでした。
・ 「常歩行進中の立止」は、タッテの指示に反応して立って待機し、指導手が戻って来てスワレを命じる迄は静止していました。
・ 「棒飛び(片道)」は、飛んでタッテの指示に従い、一歩も動きませんでした。

  来る22日の埼玉ブロック競技会にもこのような調子で臨みたいものです。
当日は訓練士先生から教えていただいたルーチンを忠実に守りたいと思っています。

  夕方の訓練では、水辺公園の草地でCD-?s15科目を通しでやってみました。
「2」の「紐無し脚側行進」から始めて「8」の「常歩行進中の立止」までは上記と同じでした。それに「9」の「障害飛越(片道)」と「10」の「休止」を加えて、必須科目の終わり、後は自由選択科目に移りました。
 自由選択科目は「お手(おかわり)」、「股くぐり歩き」、「抱っこ」、「8の字股くぐり」、
「棒飛び(片道)」及び「輪飛び(片道)」をしました。
アランはどの科目も完璧に熟しました。
  アランは「臭い嗅ぎ」さえしなければどの科目も完璧に熟すことは分かっているのですが時には通しでやってみませんと「細部」が確認出来ないような気がしています。これって指導手の「精神安定剤」のようなものかも知れません。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:49 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.02/16(Mon)

臭い嗅ぎの防止に特化した訓練メニュー・第1日目 

【臭い嗅ぎの防止に特化した訓練メニュー・第1日目】
 
 今までは「臭い嗅ぎ」の矯正はもう出来ているものと思って重視していませんでした。所が神奈川訓練士会の競技会で悪い点が出たので、改めて「臭い嗅ぎ」の矯正を主体にした訓練をやることにしました。
 要は普通の「散歩モード」の時には「臭い嗅ぎ」をしようが、マーキングをしようが一切アランの自由にさせて、その代わり一旦「訓練モード」に入ったら、「臭い嗅ぎ」等は一切させないように、その切りかえを厳しく図りました。

 「脚側停座」に拒否反応を示さないよう、指導手が離れた時でもちゃんと指導手の方に
注目しているようにしました。とにかくアランが気持ち良く訓練することを心がけました。

  自主訓練の方法は、既報の通りですが、

・ 紐無し脚側行進から始める
・ 褒めは、言葉と身体を撫でることに止めました。
・ そしてどこまでアイコンタクトが取れるか確認。

・ ノーリードでの「臭い嗅ぎ」は「頭が下がりかけた瞬間」に「落ち着きなさい、嗅いではイケナイ」ということをアランに伝えるべく、備えましたが、これをすることはありませんでした。
・ 訓練中は一切嗅がせないように気をつけました。又、臭い嗅ぎの前兆を見逃さないようにしました。
・ 臭い嗅ぎをしなかったので褒めてやりました。

  アランは、最初の2、3科目の正否で後の出来が決まるようなので、「停座及び招呼」には特に注意してやりました。離れる時も頻繁に後ろを振り返って見て、「臭い嗅ぎ」の確認をしました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:23 |  訓練関係  | CM(2) | Top↑
2009.02/15(Sun)

昨日の個人レッスン・臭い嗅ぎの矯正 

【昨日の個人レッスン・臭い嗅ぎの矯正】
 
 昨日は16時から個人レッスンを受け、神奈川訓練士会のビデオを見ていただいて、その評価や臭い嗅ぎの矯正について話を伺いました。
 やはり、訓練士たる者、大したもので、ビデオを一度見ただけで的確な指摘をしていただきました。

01.前日に何か変わったことをしたのではないか、そして当日はどんな練習をしたのか、訊かれました。
  当日脚側行進で指導手から離れない練習をしたのが原因ではないかとも云われましたが、ここ1週間ほど従来とは変わったことを一項目したのが原因かも知れません。
02.兎に角今は、「脚側停座」が嫌いになってしまったようです。この原因は精神的なもののようです。
03.指導手が横に付いている伏臥&立止は指導手が離れないと分かっているので正しくやっている。「停座及び招呼」や「常歩行進中の停座」では、離れると分かった時点で臭い嗅ぎをしたようだ。
04.いい臭いがあるので嗅いでいるとは思えない。何かストレスのようだ。

05.競技会は日頃の成果の発表の場であって、その直前とか種目の合間に何かを教えるには遅すぎるし、実際問題、不可能である。
 犬が気持ち良く、良いコンディションでやってくれるようにすることが一番大切です。
例え1種目やって悪い所があっても、その修正の練習をすることなく次の種目もやる位の心構えが必要。
06.本番で悪かった時には、怒りがこみ上げてくるだろうが、それを態度や言葉に表わさないこと。
  犬に臭い嗅ぎをするなよ、という行為をしたり、身体をポンポンとたたいたりしているが、この行為を犬は嫌がって、「よし、離れたのは良いチャンス」となっているのかも知れないこと。
07.自主訓練の方法は、
・ 紐無し脚側行進から始める
・ 褒めは、言葉と身体を撫でることに止めること。純粋に「ソウソウ良い子だね」だけにする
・ そしてどこまでアイコンタクトが取れるか確認すること。

・ ノーリードでの「臭い嗅ぎ」は「頭が下がりかけた瞬間」に「落ち着いて!、嗅いではイケナイ」ということをアランに伝えること。
・ 臭い嗅ぎをしてしまってからでは駄目。
・ 今の、「嗅いでしまってからのイケナイ(結果的にそうなっているのではないか)は指導手に隙があって、臭いを嗅げることを教えているだけである。」由。
・ 訓練中は一切嗅がせないようにしないといけない。
・ 臭い嗅ぎの前兆を見逃さないこと。
・ リードでショックを与えてもノーリードの時は通用しないこと。
・ 1回1回やる練習でどれだけ嗅がなかったかを評価し褒めてやること。それくらいの拘りが必要です。

08.1回臭い嗅ぎをさせて、やり直して次は嗅がなくて良かったでは駄目。
09.その日練習して嗅がなかったら、それで練習は打ち切ること。その繰り返しです。
  3~5科目やって臭い嗅ぎがなかったら「オマエはエライ」と褒めて切り上げるこ
と。
10.「停座及び招呼」の訓練の例
・ 練習では度々振り返って「ソウイイヨ」と声をかけること。
・ アランには「ダルマさんが転んだ」を教え込んでしまったようだ。
・ 最初から完璧を目指してツヨク叱り過ぎたようです。段々とステップアップしていくようにすること。
・ 楽しい科目にしていくこと。

(アスファルト路面では臭い嗅ぎはしないので、草地で訓練すること。)

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:31 |  個人レッスン  | CM(2) | Top↑
2009.02/14(Sat)

今朝の散歩とミニ訓練 

【今朝の散歩とミニ訓練】
 
  今朝は予報通り大変暖かい気温で歩いているだけで汗が出る程でした。
今日も散歩のついでに訓練をしましたが、今ひとつ気が乗らない状態です。今日はいつもの訓練場所(歩道が異常に広くなっている所)でCD―?の訓練を遊びながらやった後、
坂川の遊歩道でCD-?sの内の「障害飛越(片道)」と「休止」を除いた13科目をやりました。 
 アランはCD―?やCD-?sをやっても意味が無いような感じです。と云うのは、科目の作業が幾ら出来ても、その前に「臭い嗅ぎ」をしますと、科目の作業は出来ないに等しいのです。然りとて、細かい所はやはりやって確認しておく必要があると思われます。例えば、「停座及び招呼」では、呼んだら喜んで来ること、とか脚側停座が正しく出来るか、「伏臥」や「立止」では足の動作を正しく行っているか、「常歩行進中の3作業」では命令に瞬時に従うか、と云った所です。

 今回の競技会で「臭い嗅ぎ」を始めた「切っ掛け」がどうしても分からないのです。「切っ掛け」さえ分かれば、その「切っ掛け」を避けるようにすれば良いように思います。

  過去の競技会では、
・ スタート地点に行くまでの意識付けが全くなされていなかった。
・ 犬に対する心の準備/調整が全く行われていなかった。
・ これから競技だよということを全く伝えてなく、今日のアランの状態がどうかと
いうことも全く見ていない状態だった。
・ アランとコンタクトを取っていなかった。
と云う事例があり、そのような時には、
・ 回りのことが気になっている時に指導手の方を見させるためにしつっこくしすぎないこと。しつっこ過ぎると、集中させるのではなくて逆にいらつかせることになる。
 ・ 一つは後ろにバックさせるようにすることも良い。
 ・ よそ見している時に「大丈夫だよ」と身体を撫でてやって落ち着かせること。
 ・ アランがよそ見をしていても命令を聞くようにすること。

と教えていただいたのですが、「臭い嗅ぎ」に熱中している状態では、これらの処置は無意
味です。
 やはり、『どうやって「臭い嗅ぎ」を未然に防ぐか』、そのコツを伝授願いたいものです。
(今日16時から個人レッスンの予約を取っています。)

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:31 |  散歩&ミニ訓練  | CM(1) | Top↑
2009.02/13(Fri)

お触り作戦再会8日目・逆チョコ 

【お触り作戦再会8日目・逆チョコ】
 
 今朝は仲良し3人組に会ってきました。
「お触り作戦」は去年の12月12日で「述べ258人」になり、その後寒くなったのと夜明けが遅くなったため中断していましたが、「仲良し3人組」とは1月27日に再会し、2月6日に再会7日目でした。

 この「お触り作戦」のお陰でしょうか、アスピは以前には他人が苦手だったのですが、今ではがらりと様変わりしました。アランも大勢の人や犬の中でも、それらに惑わされることはなくなりました。一昨日の平塚四之宮総合グランドでも競技中を除いては全く問題がありませんでした。

 今朝は「再会8日目」でした。この3人組は本当に犬好きで家の2頭にやさしく接してくれています。そのお礼というわけでもないのですが、アランが1席を取った際には小さなプレゼントでもと考えていました。ところが仲々その機会が巡ってきません。
 明日土曜日はSt.バレンタインデーですが、それにかこつけて、今朝感謝の気持ちを込めて「ミニプレゼント」を贈りました。

 今まではスワレ、フセ、タッテ、オテを矢継ぎ早に命令していたのですが、今後は1命令後おおよそ5秒キープしてから次の命令を出すようにして貰いました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:55 |  散歩&ミニ訓練  | CM(3) | Top↑
2009.02/13(Fri)

昨日の午後大堀川RSPに行って来ました。 

【昨日の午後大堀川RSPに行って来ました。】
 
 昨日の午後から買い物の出たついでに大堀川rspの遊歩道に寄って、一昨日の不出来のチャックをしましたが、自主練習では完璧なのが実に不思議です。
 この日は暖かくて春を思わせる気温でしたが、やはり平日の事ゆえ人出はそれ程ではありませんでした。
 
・ 競技会では、「臭い嗅ぎ」を始める切っ掛けを「何か」作っていないだろうか。
* アランが競技会であることを認識して、その場では叱られないことを知ってしまったのか。
 * 本当は「臭いの真上」に居たのではなかろうか。
 * アランは大勢の人や他の犬に随分慣れました。しかし乳幼児にはまだ興味があるようです。当日仮設のネットフェンスに触っている男の幼児(夫婦と子供3人連れ)がいまして、父親の制止を聞かずにフェンスにいたずらをしていました。
・ 「臭い嗅ぎ」をしている時に、指導手が戻って来た場合に逃げるのは、「臭い嗅ぎ」がイケナイことだと分かっているからではないだろうか。
・ 競技会では“おやつ”が貰えないことを認識しているのではないか。
・ 指導手の「叱り方」のどこかに間違っている所があるのではないだろうか。

と疑問点だらけです。

 遊歩道の散歩が大部分占めたのですが、15分程度はミニ訓練をしました。 遊歩道の縁石沿いに常歩したり、速歩してみたり、したのですが、指導手にピッタリと付いてアイコンタクトもバッチリでした。他の犬に影響されることもありませんでした。
 「その場の伏臥」や「その場の立止」は最近の練度アップの成果が出ていますし、「停座及び招呼」でも待っている間時々後ろを振り返って見ても、ちゃんと指導手に注目をし続けています。「常歩行進中の3作業」も何の問題もありませんでした。
 
 でも、「臭い嗅ぎ」をしなかった競技会の場合と違った措置が「2項目」あるので、今度の埼玉ブロックではその「2項目」をも万全にして臨みたいと思っています。
 今の状態では、将にゴルフの「練習場シングル」、草野球の「ブルペンエース」そのものです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:40 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2009.02/12(Thu)

昨日の神奈川訓練士会競技会・続編 

【昨日の神奈川訓練士会競技会・続編】
 
 昨日の神奈川訓練士会の競技会では当日申し込みで4部(CD-?s)にも挑戦してみましたが、こちらは最悪でした。

・ 臭い嗅ぎを考えて、出発点を後の方にしたのですが、これが返って悪かったみたいでした。実は雌犬(MさんやHさん犬等)のお尻の付いた辺りに位置した?みたいです。
(TG審査員も、随分出発点を下げていたが意識的にそうしたようですが、逆効果でしたね、とおっしゃっていました。)
・ 「紐無し脚側行進」の最後の脚側停座の為の回り込みの途中で臭い嗅ぎをしたので、振り向いたところ、アランは叱られると思ったのか1m位逃げてしまい、再度アトヘをかけて脚側停座させました。これで競技も終わったも同然でした。
・ 「停座及び招呼」では「カモーン♪」と数回呼んだのですが、反応しませんでした。

 一事が万事このような調子で、やはり一旦臭い嗅ぎをさせますと、集中が切れてしまって修復が難しいようです。

 結局、指導手も頭に来るし、犬もパニクルし、の連続で、正常に競技出来たのは「1」、「4」及び「5」と、やっと冷静さを取り戻した「常歩行進中の立止」以降の8科目でした。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:45 |  競技会  | CM(2) | Top↑
2009.02/12(Thu)

昨日の神奈川訓練士会競技会 

【昨日の神奈川訓練士会競技会】
 
  昨日は神奈川訓練士会の競技会に参加してきました。来る22日の埼玉ブロック競技会の小手調べ的なものでしたが、アランは今一の状態でした。やはり良い犬はどんな場合でも良く出来るようで、アランはまだまだの状態です。
 天気は終日曇り、前日の雨もなく、足下は良好でした。

  3部(CD―?)はA&B組の2組で、アランはゼッケン40番競技順5番でした。審査員はIS審査員でした。

  個人レッスンでの評価から99点台は固いと信じ込んでいたのですが、結果は98.5点で5席で、点数的には今一でしたが、問題点は掴めたと思っています。

1. 脚側行進のアイコンタクトは自主訓練とは様変わりの状態でした。
2. 「紐無し脚側行進」では復路で2ヶ所指導手からやや離れて行進しました。(審査員の講評)
3. 「停座及び招呼」では臭い嗅ぎをしました。しかし、1招呼で勢い良く来ました。
4. 「その場のフセ」や「その場にタッテ」は良く出来ましたが、ビデオを見ますと指導手が多少犬の方を向いて命令していました。
5. 「常歩行進中の伏臥」で臭い嗅ぎをしました。又スワレの際に一旦尻が浮いていました。
6. 自由選択で「お手(おかわり)」をやったのですが、「オテ」の命令に対し、やや手を出すのが遅れました。これはこの科目を軽視して余り練習のしていなかった所為とおもわれます。(0.1~0.2の減点と云われました。)
7. 「股くぐり歩き」では最後の股くぐりがを勢い良過ぎたために、その勢いで一旦出てからバックして脚側停座しました。

  1席犬は99.4でした。とにかく素人が見て分かるようなミスをしては1席は無理なようです。
・ 「3」と「5」で臭い嗅ぎをしました。「臭い嗅ぎ」の撲滅は、喫緊の課題ですが、一旦臭い嗅ぎをしてしまうと今日のような結果を招いてしまうのです。もう「臭い嗅ぎ」はしないだろうと思っていましたが、今後の競技会では細心の注意は必要なようです。
・ 「2」、「6」及び「7」は初めての結果でしたが、こんなことも「臭い嗅ぎ」の副産物でしょうか。
・ 「4」は気を付けているつもりだったのですが、本番では以前の悪癖が出たものと思われます。

  上記の結果を踏まえ訓練方法を若干変えて見ようと思っています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:26 |  競技会  | CM(2) | Top↑
2009.02/11(Wed)

「犬十八の戒励」について 

【犬十八の戒励について】
 
  シェパード犬と云えば、くまじ先生のHP(http://www.gem.hi-ho.ne.jp/abu-kumaji/の「BARKER」)に「犬十八の戒励」と題して載っていますので転載させていただきます。
(ドイツ“フォン・シュテファニュッツ”の原書より)

 1. 犬を訓練せんとするものは、先ず自己を訓練せよ。
 3. 犬格は飼育者の心を映し、訓練は訓練者の心を示す。
 4. 訓練の秘訣はその犬の天分を正しく認識し、これを活用するにあり。
 9. 克己なければ訓練なし。
10. なおすのは、教えるより難しい。

等々です。十八全てに興味或る方は上記HPをご覧になって下さい。

  Gシェパードの作業犬(警察犬等)の飼育と訓練に関して多くの示唆に富む言葉のようです。この分野に取り組む厳しい心構えが述べられているようです。
  所詮愛玩犬を飼っている浅学の身としては、言わんとしていることは理解出来ますが、では具体的にどのようにすれば良いのか、その事を実行するのに試行錯誤を繰り返すのか、これを実行するのは全く難題です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:00 |  その他  | CM(1) | Top↑
2009.02/10(Tue)

今朝の散歩 

【今朝の散歩】
 
  今朝は8時過ぎから散歩に出かけました。多少は雲が出ていましたが晴天で陽も射していました。

  ある方から聞いた“アイコンタクト”をより良くする方法を今日も試してみましたが、結果は上々のようです。これをやった後「常歩行進中の3姿勢」をやったのですが、アイコンタクトはバッチリでした。

  今朝は「物品持来」をこんな風にやってみました。
脚側停座させて待たせ正面に向き合います。ダンベルを指導手の目と犬の目の中間に構えてそれにアイコンタクトさせます。そして「モッテ」と命じて咥えさせます。咥えさせたら向き合ったまま指導手だけバックして7~8m離れます。そして「カモーン♪」で呼び正面停座させました。
  こうしますとカミカミは気にならない位少なくなりました。しばらくこのような方法で練習してみて、JKCの実施要領通りにやって成果が出るのかどうか見てみるつもりです。

  その後散歩をしましたが、散歩のワンちゃんを見かけたら、「その場のフセ」をさせたり、「常歩行進中のフセ」をさせたりしました。初めて会う方はちょっと怪訝な顔をされますが、お馴染みさんには分かっていただいているはずです。

  ONさんのお宅の前を通りかかりましたらあのG.シェパードが吠えかかってきましたので、アランにフセをさせました。私がエサを手渡しで上げますと私には親密なのですが、エサやりを止めますと又吠えかかるのでした。我が家の2頭とは余ほど相性が悪いようです。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:27 |  散歩&ミニ訓練  | CM(1) | Top↑
2009.02/09(Mon)

散歩のついでの訓練 

【散歩のついでの訓練】
 
  今朝は9時頃から散歩に出かけましたが、曇天で肌寒い気象でした。それでも風が無風に近かったので、気温の割には楽な散歩でした。

  散歩のついでにいつもの歩道で、「お回り」、「吠えろ」、「モッテ」、「物品持来」、「前進」、「障害飛越(片道)」及び常歩行進中の停座」をやってみました。

・ 「お回り」は1声視符1回りで切るようにしています。しかし、回転の中心が左の方にずれて行くのが欠点です。
・ 「吠えろ」は1声視符1吠えさせています。
・ 「モッテ」はカミカミしなくなるように練度アップを図っている段階です。まだ多少カミカミしますが、大分治まってきました。
・ 「物品持来」は「モッテ」でカミカミしなくなってから始めることにしていましたがどの程度出来るか試してみました。ダンベルを咥えて来て正面停座させました。一連の動作はパーフェクトですが、カミカミだけが惜しまれます。今日は、カミカミはそれ程酷くはありませんでした。
・ 「前進」は欲張ってさせてみたのですが、完璧に出来ました。前進は得意科目に近いのです。10m付近でタッテの指示を駆けましたらピタリと止まりました。戻りは「カモーン♪」の指示でバッチリでした。
・ 「障害飛越(片道)」は飛越してタッテの指示でピタリと止まることが出来ました。
・ 「常歩行進中の停座」は行進中に、スワレの指示に対して機敏に停座することが出来ました。

  これが終わった後、ある方から聞いた“アイコンタクト”をより良くする方法を試してみました。実はこの方法は5年位前にアスピの為にビデオを購入していた方法と同じらしいのでした。アランに試してみたのは今回初めてでしたが、このやり方が効いたのか、元々アランが良いのは分かりませんが、相当具合が良いようです。

  今日は月曜日で水辺公園のグランドゴルフは多人数がプレイする日です。プレイしている脇で「スワレ」、「フセ」や「タッテ」をやりました。

  一旦帰ってからクレートを持ちだして家の前の歩道で「ハウス」の練習をして終わりにしました。「ハウス」は1ステップづつ確実に、気長に、訓練して、決して手戻りのないようにしたいと思っています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:06 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2009.02/09(Mon)

競技会の見学 

【競技会の見学】
 
 昨日は千葉県野田市野田ふれあい広場(宝珠花橋下)で開かれた日本シェパード犬登録協会主催の「2009年日本単課目訓練ジーガー競技会」を見学に行って来ました。

 競技会は、「服従」は昨日あったそうで、今日は「防衛」と「追求」のみでした。
折からの河川敷を吹き渡る強風で、予行演習している犬もほんの数頭見られる位で、まして見物の犬なんか皆無でした。

  アランには、他の犬に見入った時に命令してみようと思っていたのですが思惑外れでした。それでもアランには折角来たのですから、草地でCD-?sの内、「休止」と「障害飛越(片道)」を除いたものをやってみました。吹いて来る風に吹き飛ばされそうなことが度々でした。

  これが終わって車の陰で「お回り」、「吠えろ」及び「モッテ」をやってみましたが、車の陰とは云え、アランの体毛の具合や時々与太付く様子から風の強さを窺い知ることが出来る程でした。

・ 「お回り」は規定通り3回お回りをさせてみました。




・ 「モッテ」の動画




・ 「吠えろ」も3~4回吠えさせました。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:30 |  競技会見物  | CM(1) | Top↑
2009.02/08(Sun)

最近の矯正状況について・犬の記憶力 

【最近の矯正状況について・犬の記憶力】
 
 去る1月25日の当ブログに、「昨年の4月1日にまとめたアランの弱い所」と題して、

1. 行進中、出勝手になることがあること。
2. 停座中に盛んによそ見をすること。(特に後ろを気にして振り向いている)
3. 特定の犬に見入ることがあること。

4. 停座中に片足浮かせをすることがあること
5. 行進中に臭い取りをすることがある。
6. 据座や休止の時に臭い取りをすることがある。
7. 停座して待たせているときに小さく動くことがあること。8. ボールを咥えると放さないこと。
9. ダンベルを噛み直しすること。

を上げました。
  この内現在まで未矯正なのは「2」、「3」、「4」及び「9」ですが、「2」及び「3」については例え「よそ見」をしていても命令を聞くように今訓練を重ねて、ある程度成果が上がっているのではないかと思っています。従って、実質的には未矯正なのは「4」及び「9」と云えるのかも知れません。

 この外に、従来は封印していた科目があります。
「お回り」は吠えながら回るため、“犬が忘れるまで?封印した方が良い”とされていました。
(犬は一旦癖をつけてしまうと「直すのは、教えるより難しい」そうです。従って、“直すよりも新しい事として訓練する”のだそうです。)
「吠えろ」は1声符当たり多重吠えするために封印していました。
「物品持来」はカミカミが激しくて、これも封印していました。

 これらの科目について、アランの性格を見抜いて、指導手の制御が利くような目処がつきましたが、これは今の訓練士のお陰であると思っていまし、上記の「2」、「3」、「5」及び「6」が矯正出来たことも同様です。
(この外、例えば「ハウス」等は、従来は「臭い取り」の矯正の事に気を取られて精神的余裕がなくてやっていませんでした。「前進」、「速歩行進中の3作業」や「遠隔もの」も同様です。尚、「8」は直前の訓練士に教えて貰いましたし。この時は目の前がパッと開けたみたいで嬉しかったことをお覚えています。)


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:17 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.02/07(Sat)

「よそ見」中の命令・11日目 

【「よそ見」中の命令・11日目】
 
  今日の午後、久しぶりに大堀川rspに行って来ました。ピクシーママのお宅に所用があったのと犬猫用の潜り戸製作用に板を購入した序でに大堀川rspに寄りました。
(今までの潜り戸用の板は合成材のため、潜り戸を取り付けたネジがバカになって利かなくなりました。)

  rspでは遊歩道沿いの草地で、CD―?と特訓テーマの「お回り」、「吠えろ」、「ハウス」及び「常歩行進中の停座」をやりました。

 「お回り」は1声視符1回転で、回り終えた位置も正面に近いようになりました。もう3回回らせても大丈夫とは思いますが、当分今の1声視符1回転で区切るやり方を続けたいと思っています。

 「吠えろ」も1声視符1声吠えは出来るのですが、吠え声がやはりハイテンションなのが気になります。もっと平常心で吠えるようになったら良いのに、と思っています。

 「ハウス」は朝と同様の訓練でしたが、まだ「ハウス」を命じた場合に、他の誘惑が会った場合に、果たしてクレートに入ってくれるか自信は今の所ありません。

 草地の訓練を終わってから遊歩道を歩いて「よそ見」中の命令の訓練をしました。
この訓練では、他の犬が前方から来ているのを見てから、
・ 停座して待たせ、その犬が通りすぎる間際に「フセ」させたり「スワレ」させたりしました。
・ 他の犬が前方から来ていたら、そのまま歩行を続け、アランがその犬に見入ったところで「フセ」させたり「スワレ」させたりしました。
・ アランを自由に動かせて、他の犬に近づいた瞬間に「フセ」を命じた。

  今日は色んな犬と出会えました。アランは殆ど失敗もなく「フセ」、「スワレ」或いは「タッテ」の命令に従いましたし、以前に比べると「楽に命令が通る」感じになりました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:59 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT