新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2009年04月
2009.04/30(Thu)

昨日の訓練の続きです 

【昨日の訓練の続きです】
 
 いよいよ4月も今日で終わりです。昨日までは晴天だったのですが、気温は余り上がりませんでした。今日からは気温も20℃を超えて来るようです。

 今日も一連の「型に嵌めない訓練」をやった後で次のような訓練をやりました。

・ 「脚側行進」の折り返しのターンと出発点に戻って来てのターンの時には、犬の顔が指導者の身体の向きに同調して回っているように注意しました。(昨日と同じ)

・ 「常歩行進中の伏臥」をさせ、離れて戻って来て停座させる時に、一旦お尻が少し浮いていた点については、解決法が見つかりました。今はその事を固定するように努めています。

・ 「常歩行進中の伏臥」の場合は伏臥から停座させる時のお尻の浮きは解決法が見つかったのですが、「遠隔・伏臥から停座」の場合は、指導手が離れているためお尻が少し浮く点は矯正の方法が分かりませんでした。でも何回かやっている内にお尻が浮かなくなりました。今は5m離れてやっていますが、5mから徐々に伸ばして行きたいと思っています。

・ 「遠隔・停座から伏臥」で「一発フセ」の練習をしました。これは以前やったことがあるのですが、久しぶりで再開してみました。アランの特長は「機敏さ」ですから、それを生かす意味からも「一発フセ」をマスターしたいと思っています。

・ 「招呼」で呼んだ際、まだ時たま左足にぶっつかることがあります。100%ぶっつからせないためにはどうすれば良いか悩んでいます。補助具を使ってもぶっつかります。「補助具+左足のつま先を立てる」方法や左手で誘導してやればぶっつかりません。

 訓練とは無関係なのですが、庭のロードデンドロンの写真をアップします。

210430・庭の花01

210430・庭の花02

210430・庭の花03

210430・庭の花04

スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:14 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/29(Wed)

今日の訓練 

【今日の訓練】
 
 
  一連の「型に嵌めない訓練」をやった後で次のような訓練をやりました。

・ 「脚側行進」の折り返しのターンと出発点に戻って来てのターンの時には、犬の顔が指導者の身体の向きに同調して回っているように注意しました。
・ 先読み防止策の一つとして、「お手(おかわり)」では膝を曲げないで腰だけ屈めることを繰り返しても、お手の動作をしないようにしました。オテの命令があってから初めてお手の動作をするのです。
・ 先読み防止策の一つとして、「抱っこ」膝を伸ばして腰だけ屈めることを繰り返しても、ダッコの動作をしないようにしました。ダッコの命令があってから初めてお手の動作をするのです。
・ 「棒飛び」と「輪飛び」では飛越した後アトヘで脚側停座を素早くする練習をしました。
・ 「障害飛越」では飛越した直後に一瞬地面の臭いを嗅ぎ様な仕草を無くすように練習しました。
・ 「お回り」は1回回る度に左の方に段々と回転が移って行くのを防止するために、左側に壁や縁石があるような場所でやってみました。

 庭のフェンス際のツツジが満開なので撮ってみました。今ロードデンドロンも満開なので明日アップしたいと思っています。

210428・庭の花01

210428・庭の花02

210428・庭の花03

210428・庭の花04

210428・庭の花05

210428・庭の花06



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:28 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/28(Tue)

今朝の訓練 

【今朝の訓練】
 
 今朝は「型に嵌めない訓練」をやった後、自由選択10科目をやってみました。

  脚側行進のターンの時等は、犬の顔が指導者の身体の向きに同調して回っているかに注意しましたが終始快調でした。又、据座や常歩行進中の伏臥等で犬の許を離れる時には常時犬を見ながら離れました。兎に角離れる時は犬から目を離さない、一瞬たりとも臭い嗅ぎの切っ掛けとなる機会を与えないようにしました。
  指導手が意識すると、犬も気づいて止めると云う言葉を信じてやっていこうと思っています。

 それと「その場の伏臥」では前足だけ動かして伏臥し、停座するのですが、「常歩行進中の伏臥」では犬の許に戻って停座させると、一旦わずかにお尻が浮き気味なのに気がつきました。これを「その場の伏臥」の場合と同じようにお尻が浮くことのないように矯正したいと思っています。
 又、臭い嗅ぎの切っ掛けとなる動作を見つけました。「障害飛越」の時、飛越後に地面に鼻を近づけることがあるので、これも無くするようにしたいと思っています。

 自由選択10科目は如何に完璧に近い形にするかに力を注いでいます。

3月21日の千葉県訓練競技会で、
2部5科目では、
「股くぐり歩き」、「お手(おかわり)」、「抱っこ」、「棒飛び(片道)」及び「輪飛び(片道)」の順でやったのですが、最初の「股くぐり歩き」で、審査員から「はいどうぞ」の合図があってから、アランに声をかけてしまったのです。ここはもう競技に入っているのですから、許容された声視符しか出してはいけないところでした。僅かな差で1席を逃してしまいました。

 又、3部10科目でも、
「股くぐり歩き」、「お手(おかわり)」、「抱っこ」、「棒飛び(片道)」、「輪飛び(片道)」、「8の字股くぐり」、「障害飛越(片道)」、「障害飛越(往復)」、「伏臥」及び「立止」
の順でやったのですが、ここでも私がミスを冒してしまいました。最初の「股くぐり歩き」で、アランの様子を見ないで「クグレ」の指示を出したものですから、アランの発進が遅れてしまいました。「股くぐり歩き」はアランの得意科目の一つなのにそこでミスしてしまったのです。
 又、審査員から「棒飛び」や「障害飛越」の飛越後の「マテ」に対して止まりが良く見えないとも指摘されました。こちらも僅かな差で1席を逃してしまいました。
 来る5月2日の城北訓練士会競技会ではリベンジを果たしたいと思っています。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:01 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/27(Mon)

昨日の詳報です 

【昨日の詳報です】
 
 アランのCD―?全体を見ていて、時々集中が切れることが目に付いたそうです。それは指導手の目が届かない所から始まっているようでした。最初の内は遠慮しながら口で臭いを拾っているようです。見ている時は、練習中も注意しているので、臭いを拾わないが、アランは臭い嗅ぎのコツを掴んでいて、指導手の目が離れる一瞬の隙に臭いを拾い、そこで特に気になる臭いがあったりすると本格的な臭い嗅ぎに発展するようです。

 据座とか常歩行進中の伏臥等で指導手が犬の許を離れると臭い嗅ぎし始めるので、この指導手の死角を作らないようにしなければならない。

 最初の内はまだ我慢しているが、回る時等指導の目の死角になった瞬間に口で臭いを拾って行く内に、段々そのストレスが貯まって来て、ついには我慢出来なくなって鼻で臭いを嗅ぎ始めるようです。我慢の限界に来ると「叱られても良いや」という心境になって来るようです。

 CD―?を見ていると、全体的には競技会に出てもそんなに減点されないと思われる。
動き自体は非常に良いのに一寸勿体ない感じだそうです。
競技の本番では、“叱れない”わけだし、偶々何かの拍子でミスに至る訳です。従ってそれが始まる、その根本の所を直して行けば良いと思われるということです。

 ターンする時は犬の顔が一緒に回らなければいけないが、指導者の身体の向きに同調して犬の顔が回るのではなくて、一瞬犬の顔が外を向いたり、下を向いたりしてから、それから回っている。犬の顔が外を向いたり、下を向いたりした時に口で臭いを拾っている。
このことに指導手は気が付かないことが多い。

 この対処法は、ターンする時には、
・ 早めに声をかけること
・ 一挙に回らず90度回って不意に止まること
こうすると急に止まってことで、びっくりして止まるようになる。そこで“おやつ”をやるようにする。
・ 兎に角臭い嗅ぎに至る機会を全体に与えないこと
・ 指導手が意識し始めると、犬も気づいて止めることになる。
・ 離れる時も目を離さない
・ 臭いの少ない場所で訓練するのは無意味なようです。

 鼻で臭い嗅ぎすると鼻を地面に近づけたりするので、直ぐばれるが口で呼吸しながら臭いを拾うと分かり難い。そして口では情報量が少ないので、段々と我慢が出来なくなって鼻で臭いを嗅ぐに至るようです。

但し、この見方はアランのCD―?を見ただけの見解で、この見方が正しいのかどうかはまだ分かりません。例えば、競技前に練習では素晴らしく良くて、それが競技場のリンクに入った途端に「臭い嗅ぎ」をしまくる状況は、今までに書いたこととは趣旨一環しないようです。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:10 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/26(Sun)

ターンの際目が離れた時、、、、 

【ターンの際目が離れた時、、、、】
 
  今日ある方にアランのCD―?の模様を見ていただきましたら、ターンの際私の目が離れた隙に「口で臭いを拾っているようだ」との指摘を受けました。口で臭いを拾っている内に我慢の限界に来て、本格的に鼻で臭いを嗅ぐに至っているという指摘なのです。
・ 常歩から速歩の折り返しや最後のアトヘの折り返しの際に、私の死角になった時にアランは口で臭いを拾っているようだということでした。従って、私がそのことに注意を払えば犬にそれが伝わりそのことだけで良くなることもあるということでした。
・ 常歩行進中の伏臥や常歩行進中の停座等で犬の許を離れる時には、しばらくは犬から目を離さないようにした方が良いようです。
・ 練習する場所は犬の異臭がしみ込んだ場所でしなければ意味ないようです。

 以上詳しくは明日書きたいと思います。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  21:11 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.04/25(Sat)

ブログへのアクセスが10万に 

【ブログへのアクセスが10万に】
 
  今朝、我がブログが100,000アクセスを突破しました。今の「新・アスピ/アランの訓練日誌」に切りかえたのが2006年7月3日ですから、それから2年9ヶ月強かかってやっと達成されたわけです。それまでは同じfc2にて「アスピ/アランの訓練日誌」を記述していましたが、この分まで入れると相当なアクセス数になっていることと思われます。
しかし、最近のアクセス数は50~80アクセス/日と低調に推移しています。以前のように数百アクセス/日の頃が懐かしく思い出されます。

  今日は雨降りです。今日jkc本部の春期訓練競技会のプロの部が平塚の四之宮総合グランドで開催されていますが、生憎の雨で大変なことが忍ばれます。

  ネコの額ほどの庭のロードデンドロンの花が雨にけむったように満開を迎えていましたので撮ってみました。

210425・ロードデンドロン1

210425・ロードデンドロン2


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:55 |  その他  | CM(1) | Top↑
2009.04/24(Fri)

形に嵌めない訓練 

【形に嵌めない訓練】
 
  今朝も朝食前に2頭をトイレ散歩と少々の散歩だけに連れ出して、その後改めてアランの訓練に出かけました。

  訓練内容は昨日と変わりないのですが、【形に嵌めない訓練】をやってみました。アランには何かを変えようとして色々試みているのですが、その成果の方は分かりません。

  紐付きにて、停座させて、フセ、スワレ、、、タッテ、スワレの後、アトヘで常歩行進し途中で、速歩し、緩歩し、常歩しながら、常歩行進中の伏臥をさせて離れ、カモ~ンと呼んで脚側停座させました。アトヘで歩いて常歩行進中の停座をやり、、、、と科目の要部だけを次々にやりました。

  次に、紐無しで上記と同じような科目の要部を次々にやりました。
最後に今までにやった内に含まれていない、8の字股くぐり、お手(おかわり)、抱っこ、お回り、吠えろ、寝ろ、をやりました。

  アランが先読みするのを防ぐために、その例として、
・ 8の字股くぐりでは足を開いただけては反応させず、クグレと命じた場合だけ反応させるようにしています。
・ お手(おかわり)でもアランと向き合って腰を屈めて手を出しても反応させずにオテと命じた場合だけ反応させるようにしています。
・ 抱っこでも、アランと向き合って腰を屈めて抱っこの姿勢を取っても反応させずにダッコと命じた場合だけ反応させるようにしています。
・ 寝ろでも、フセさせてアランと向き合って、ネロは命じないでそのまま犬の傍に戻ったりしました。

  今日やっていない科目は、障害飛越、休止、棒飛び、輪飛び等です。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:46 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/23(Thu)

今朝の訓練も昨日と同じでした 

【今朝の訓練も昨日と同じでした】
 
  今朝の訓練も基本的には昨日と同じでした。
まず、必須科目のno.01からno.05を手始めに、自由選択の「股くぐり歩き」、「お手(おかわり)」、「抱っこ」をやり、次に自由選択の「8の字股くぐり」、「棒飛び(片道)」、「輪飛び(片道)」、「障害飛越(片道)」と「障害飛越(往復)」をやりました。そして「寝ろ」、「お回り」、「吠えろ」をやって一旦終わりにしました。

 終わりには「ボール投げ」をしましたが、これには目が無いアランは大喜びでした。

  CD―?でもCD-?sでもない中途半端とも思われる訓練をするのはアランの目先を変える意味があります。
  今日の訓練で目に付いた点は、
・ No.01とno.02の脚側行進では「集中の具合」、「左曲りの付き」及び戻って来た時の「最後の脚側停座」共申し分ありませんでした。
・ 「招呼」では呼んだ時左足に僅かに当たるのが気になりました。次回からは補助具を使って訓練したいと思っています。
・ No.04、no.05と自由選択の「股くぐり歩き」、「お手(おかわり)」、「抱っこ」で5科目が形成されます。それに次の5科目を加えると自由選択10科目になります。
・ 「寝ろ」では先読み防止のため、フセさせて向き合ってそのまま戻ったり、「抱っこ」で降ろして停座させて、向き合ったままフセをさせて、ネロをさせたりしました。

  その後場所を変えてopdesのアトラクションstep-1の練習をしました。Opdesに興味を持ったのは訓練士が薦めてくれたこと、完璧にやることによってアランに自信が付くのではないかと思った点、それとopdesの競技規定書に『出場者が審査簿の閲覧を希望した場合、審査員はそれを拒むことができない。』という条項がある点です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:43 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/22(Wed)

今日の訓練 

【今日の訓練】
 
  今朝は2頭を連れてトイレ散歩だけで済ませ、午後からも同じく2頭を連れてトイレ散歩だけをし、その後アランだけを訓練に連れ出しました。
  アランを連れ出した時は門を出た時から訓練モードにしました。
道路を歩く時も脚側行進をしました。訓練場所に着いてからは、
「紐付き脚側行進」に始まり「常歩行進中の立止」までの8科目、自由選択科目の13科目をやりました。それから場所を移してopdesのアトラクションstep-1をやりました。
  特に注意を払った点としては、

・ 脚側行進ではアランは出勝手になることがあるので、出勝手の時は歩調を緩めたり、足を撓めた歩き方をしてみました。
・ 「停座及び招呼」では待たせて離れた時に呼ばないでそのまま戻ったり、離れて呼んだりしました。又、呼んで来た時に時々左足にぶっつかって来る事がありましたので、それを無くすようにしました。
・ 「常歩行進中の立止」では「マテ」でピタリと止まって一歩も動かないように注意しました。
・ 「お回り」では1声符1回転させているのですが、回る時どうしても一声吠えてしまうのでした。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  17:11 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/21(Tue)

花弁が緑色の桜 

【花弁が緑色の桜】
 
  3日程前に2頭を連れて朝の散歩をしている時に在るお宅の庭に「花弁が緑色の桜」があるのに目が留まりました。これは写真に撮らなければいけないと思っていましたが、今日まで延びてしまいました。

  今日そのことを思い出して撮って来ましたが、色が抜けて緑色から白色やピンクがかって来たようです。やはり、見つけたら即刻撮らなければいけないと感じました。5枚目の写真に面影が残っているようです。

210421・桜1

210421・桜2

210421・桜3

210421・桜4

210421・桜5


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:48 |  草花  | CM(0) | Top↑
2009.04/21(Tue)

今朝のミニ訓練 

【今朝のミニ訓練】
 
 今朝はまず2頭をトイレに連れだした後、20分近く散歩をして、帰宅後朝食を済ませてから、アランだけを訓練に連れ出しました。

 訓練は訓練士会用の自由選択10科目に、3科目加え、更に紐付き脚側行進と紐無し脚側行進を加えたものにしました。アランは自主訓練の時には一切臭い嗅ぎはやりませんので満足の行く訓練が出来ました。但し、これをアランが、訓練の為の訓練として捉えているのか、又は競技会を見据えた訓練として捉えているのかは分かりません。

 次にopdesのアトラクションの脚側行進等の練習をやってみました。内容は至って易しいものです。

210421・opdesのアトラクション説明図


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:36 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/20(Mon)

久しぶりで大堀川rspに 

【久しぶりで大堀川rspに】
 
 昨日の夕方、3月24日に足を捻挫していらい初めて大堀川rspの遊歩道に行って散歩して来ました。但し、遊歩道近くまで車で行きました。
 足の具合は足の芯の方に未だ痛みが残ってはいますが、足首を強く曲げたり、左足の体重をかけたり、走ったり、しなくて通常の歩行だけなら普通通り歩けるようになりました。
ここまで約27日位かかりました。但し、左足を完全に意識しないようになるためには未だ1ヶ月位は覚悟しないといけないかも知れません。

  最近家の近所の散歩は、「リフレッシュのための散歩」と「訓練のための散歩」を使い分けるようにしています。リフレッシュのための散歩では2頭連れで出かけ、トイレをさせ、純散歩をします。所が訓練のための散歩ではアラン1頭だけ連れだし、玄関を出た時から帰って来て玄関に入る迄は「訓練モード」にするようにしています。

 が、大堀川rspではアスピを金グイに繋いで、アランをちょっと訓練をして見ました。OpdesのオビSTEP1及び2なのです。この種目は本格的競技の前段階として、競技に対しての場慣れ、人と犬とのコミュニケーションを深める場として実施されているようです。内容自体はアランにとっては簡単な様ですが競技の間「臭い嗅ぎ」を一切しないで終了することに意味があるい云うことです。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:55 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2009.04/19(Sun)

臭い嗅ぎの矯正について・その4 

【臭い嗅ぎの矯正について・その4】
 
(昨日の続きです)

 訓練が、練習の為の練習になっていないか、この練習で本番もやり抜けるか見抜くことが必要なようです。いつも本番をイメージして、ミスが起こるかも知れないという緊張感を持ってやることが必要かも知れません。
 アランを力で抑えるのではなく、アランの、上を、先を、いくようにする必要があり、いつもアランの裏をかくことが必要なようです。
アランを見ているとすごく訓練が入っていると見える部分とこの子は潜在的にもっと高いものを持っているようにも見えます。

 今の訓練の方法では「本番で不安になる」何かがあるのではないか、何かイヤな記憶が蘇ってくるのではないか、本番の時、指導手の雰囲気を感じるだけで不安になるのではないか、それは普段指導手と練習でいる時と何かが違うのではないでしょうか。
本番ではきっちりとしているために、叱られるのではないか、脅かされるのではないか、と云う不安感に苛まれているのではと危惧されます。そのため「臭い嗅ぎ」をして自身を落ち着かせているのではと考えられるのです。
 もう一度信頼関係を作り直した方、今までの訓練を洗い直して、もう一度構築し直す方が結局早道のように思われるのです。

 坐って待っている時に意識が切れるから「臭い嗅ぎ」をする。距離が離れたら、指導手との関係は無いと学習しているようです。又、顔を見ながら歩くと云う意識が無いので、脚側行進中に「臭い嗅ぎ」をしそうになるとも云えます。

 訓練のやり方としては、一切スキを見せない、犬が真面目にやっていないと即時に反応して叱り、直させるようにしていること。
 練習するにしても、それは訓練をする前段としての訓練の位置づけであり、本格的な訓練ではない。その結果に決して満足してはいけない。本番のための訓練、本番に向けていく訓練に、今の自主訓練の焦点があっていなければいけないようです。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:27 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/18(Sat)

臭い嗅ぎの矯正について・その3 

【臭い嗅ぎの矯正について・その3】
 
 一昨16日に、
『アランの臭い嗅ぎの矯正は一説によりますと、私がその一点に拘っている限り矯正は出来ないだろうと云う人もいます。私が「臭い嗅ぎ」に過剰に反応するものですから、アランはその私を見て反応するのではないかと云うのです。
「臭い嗅ぎ」の矯正は、一切原点に戻って、科目を初歩から教え直す覚悟で、やり直すことが遅いようでも結局近道ではないか、と云うのです。』
と書きましたが、この詳細について書いてみたいと思います。

「臭い嗅ぎ」の矯正状況の確認の方法は競技会の本番以外にはないようです。と云うのは、アランは本番と練習とを完全に使い分けていると思われるからです。本番で「臭い嗅ぎ」をしないような方法でやること、例えば訓練士会の自由選択とかopdesのアトラクションでやれば、本番で臭い嗅ぎの経験をさせないことに意味があると云えるようです。
 又、指導手の焦点が「臭い嗅ぎの矯正」にある限りこれを直すのは難しいという人もいます。犬にそれを無意識の間に意識付けしているし、それをすると指導手が反応することを教え込んでいるとも云えます。犬は反応が好きな動物だから、命令に従うのもそれに従うと指導手が喜ぶと云う反応のためにやっていると云うのです。

 「臭い嗅ぎ」は核心の部分なので、その部分を無くすにはアランをもう一度総合的に作り直さなければいけないような気が致します。事は「臭い嗅ぎ」だけに集中しても直らず、総合的に関係を良くしていくことが必要です。もう一度一つ一つの科目を教え直すこと、ごく初歩の犬を教えていくつもりでいくことかも知れません。
 アラン程激しく臭い嗅ぎをする子を扱った訓練士はいないようですし、こうすれば良くなると云う経験はどの訓練士も持っていないようです。
 
 自主練では、命令を聞くというよりも、私とやっている事が楽しいからやっているだけではないかと思われる節があります。自主練の時はストレスが無いし、かまって貰えることが嬉しいので嬉々としてやっているのではないかとも思われるのです。
 所が本番では、指導手も緊張するし、雰囲気も堅苦しいので、アランは楽しくないと云えます。指導手は指示しているつもりでも、アランは自分というものを持ってやっているのではないかと思われます。これを解決するには義務感を植え付けるための練習しかないとも云えます。練習する時にはアランの1から10まで掌握していくことが大切です。練習中に上手くいってもそれに満足してはいけないようです。

テーマ : ☆多頭飼い☆ - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:02 |  訓練関係  | CM(1) | Top↑
2009.04/17(Fri)

庭の花 

【庭の花】
 
 今日はどんよりと曇った今にも降って来そうな気温の上がらない一日でした。
妻が庭に出ていましたが、椿が妙な咲き方をしているというのです。その花は隣家の方を向いて咲いていたので、リビングからは見えなかったのです。
 その花をタネに他の花も撮ってみました。

やっと、西洋シャクナゲ(ロードデンドロン)が一輪咲きました。他の蕾が多数ありますので咲くのが楽しみです。

210417・庭の花1

ツツジも満開になりました。

210417・庭の花2

これは八重のオオムラサキです。

210417・庭の花3

こちらは肥後椿です。

210417・庭の花4

千重咲きの越後椿「千姫」の普通の花びらです。花びらが規則正しく配列されているのが綺麗です。

210417・庭の花5

今日の主役の登場です。同じ花ですが花びらが規則正しい螺旋状になっていて、ちょっと幻想的な配列です。

210417・庭の花6

同マクロで撮ったものです。

210417・庭の花7


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:40 |  草花  | CM(1) | Top↑
2009.04/16(Thu)

臭い嗅ぎの矯正について・その2 

【臭い嗅ぎの矯正について・その2】
 
  Net情報によりますと、「楽しく遊ぶこと」が大事で、「集中力」さえつければ科目を教えるのは簡単、なんて書いてあるのですが、この「集中力」をつけるのにどうすれば良いか、が皆目分からないから困ったものです。又、「楽しく遊んでくれるから大好き」にならせるよりも「この人の云うことは絶対に聞こう」と思わせる方が大事であるとも書かれているのですが、「この人の云うことは絶対に聞こう」という「義務感」乃至「服従心」の醸成法が書かれていないので、画竜点睛を欠く文章になっていないようにも思われます。

  アランの臭い嗅ぎの矯正は一説によりますと、私がその一点に拘っている限り矯正は出来ないだろうと云う人もいます。私が「臭い嗅ぎ」に反応するものですから、アランはその私を見て反応するのではないかと云うのです。
  「臭い嗅ぎ」の矯正は、一切原点に戻って、科目を初歩から教え直す覚悟で、やり直すことが遅いようでも結局近道ではないか、と云うのです。会う訓練士に「臭い嗅ぎ」の矯正について訊いてみますと、どの訓練士も「アランほど激しい臭い嗅ぎ」の子は経験が無いようです。

 「科目を初歩から教え直す」事に関しても、
・ 訓練モードと遊びモードのメリハリを付けること。
・ エサやボールを使ってでも常時集中出来るようにすること。
・ 常に犬を出し抜くように、犬の不意を突く行動をとること。
・ 常時犬を観察してスキを与えないこと。
等が必要なようです。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:23 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/15(Wed)

スクールガード 

【スクールガード】
 
 昨日はスクールガードの日でした。私は足の具合が今一なので詰め所に座ったままでしたが、退屈紛れに新カメラでプランターの花類を撮ってみました。私たち火曜日組は4人で私以外は70代の方ばかりです。

 小学校のシンボルとも云える吉野桜は散って葉桜状態になっていますが、もう一本のシンボル的存在の八重桜の古木は今が満開でした。

210414・小学校の花01

210414・小学校の花02

210414・小学校の花03

プランターのチューリップを大部分は散っていましたが、地植えのものが満開でした。

210414・小学校の花04

プランターのラナンキュラスももう大分盛りを過ぎかかっているようでした。

210414・小学校の花05

210414・小学校の花06

210414・小学校の花07

210414・小学校の花08

210414・小学校の花09

キンセンカ?も満開でした。

210414・小学校の花10

色が違うラナンキュラスです。

210414・小学校の花11

桜草です。

210414・小学校の花12

210414・小学校の花13

この他に多数の花が咲き誇っていました。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:35 |  草花  | CM(0) | Top↑
2009.04/14(Tue)

臭い嗅ぎの矯正について・その1 

【臭い嗅ぎの矯正について】
 
 臭い嗅ぎの矯正についての試行錯誤の一環を書いてみたいと思います。

 アランは散歩中や自主訓練の時にはほとんど「臭い嗅ぎ」をしません。「臭い嗅ぎ」をしたら叱ってやろうとチャンスを狙っているのですが、99%空振りの現状です。
 過去2年以上に亘って「臭い嗅ぎ」の矯正をしているつもりなのですが、この矯正の進捗度が普段わからないために色々試行錯誤を続けています。

 “マテが完全に利けば集中力がついて?”、“飼い主の方を注視するようになる?”と云う説があります。
 最近はこの説を頼りに一旦命じた「スワレ」や「フセ」させて待たせ、次の命令があるまではその状態を維持することを心がけています。例えば「スワレ、マテ」をかけてその状態を維持させていたのですが、この命令ですと「常歩行進中の停座」では不十分だと気づきました。許可された命令は1声符ですから「スワレ」だけしか発することが出来ません。そこで「スワレ」と命じたら「マテ」を命じなくても停座状態を維持するようにしなければいけないと思っています。

 それと犬と楽しく遊びながら訓練することを心がけています。このため絶えず声をかけ続けることを意識してやっています。又、犬が“自然に、進んで飼い主に注目を示した時を見逃さないで、褒めるようにしています。犬にやらせるのではなく、“犬が進んで行動を示したときがチャンスと捕らえています。

 災害救助犬の訓練初期では成功したら大好きなボールが出してやるTVのシーンがありましたが、競技が終わったらご褒美としてボール遊びで一緒に楽しむようにしたいと思っています。競技会の時にはボール等は出てこないので犬はそれが分かって云々とも云われているようですが、永いこと訓練していると、犬に“義務感”と“服従心”が培われてくるとの説もあるようです。

 又、叱り方と褒め方についても今一度見直してみたいと思っています。このことについては「訓練士」のやり方を見習いたいと思っています。即ち、訓練士の叱りと褒めの仕方とタイミングを習得すること、叱る時にはそれこそオシッコをちびる位激しく叱るが、その直後の褒めでそれをカバーすること等です。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:40 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/13(Mon)

朝の散歩 

【朝の散歩】
 
 足の具合は大分良くなりました。捻挫したのが3月24日ですから今日で20日目です。まだ歩く速さは人並みとまではいきませんが、多少ゆっくり目ですと歩けるようになりました。ただ、左足に体重をかけたり、駆け足をしたりしますと痛みが走ります。

 今朝は8時頃までマスターズを見てから、2頭を散歩に連れ出し、トイレをさせた後、ちょっと散歩してみました。
 まだ遠距離は無理なのですが、追々距離を伸ばしていくつもりです。

 去る4月1日にアランは口腔関係の手術を受けました。それ以来お腹の調子が悪くて、べっとりとした形を留めない便が続いていました。ウンチの都度お尻付近を洗ってやらなければならず難渋していました。
 原因として考えられるのは「柔らかな缶詰食」や「化膿防止の抗生剤」等がありますが、手術直後なのでその内に良くなるだろうと待っていましたが、一向に良くなりませんでした。
 それで昨日、「柔らかな缶詰食」を止めて「ドライフーズをお湯でふやかしたもの」に変更してみました。そうしましたら、今朝の便は形を留めた立派な便が出ました。アランはアレルギー持ちなので普段はチッキン&ライスを食べさせているのですが、医者からの処方に頼り切りのも考え物だと反省させられました。

【編集】 |  09:04 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2009.04/12(Sun)

庭の草花 

【庭の草花】
 
 今日は庭の花類のマクロ写真を撮ってみました。実は洋椿が2~3日までは咲いていたのですが、今は散ってしまいました。

 白色の椿は珍しいと思います。

210412・庭の花01

210412・庭の花02

 越後椿千重咲きの「千姫」です。

210412・庭の花04

同マクロです。

210412・庭の花03

 次は水仙の花です。

210412・庭の花05

210412・庭の花06

 この花の名前は分かりませんが、「プリムラ」の類か?

210412・庭の花07

 陸わさびの花です。

210412・庭の花08

同マクロです。

210412・庭の花09

 オオムラサキツツジです。

210412・庭の花10

 20余年前に山から掘ってきて植えた草ぼけです。

210412・庭の花11

同マクロです。

210412・庭の花12

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:19 |  草花  | CM(0) | Top↑
2009.04/11(Sat)

旧い動画で恐縮です。 

【旧い動画で恐縮です。】
 
 この度、やっと「ビデオの変換」が出来るようになりましたので、「Windowsムービーメーカー」と組み合わせて、昨年アービンパパさんに撮っていただいた「ST連合会訓練競技会」の3部(CD-?s)の動画をアップしたいと思います。

 この競技会でアランは148.4(必須98.6、選択49.8)の2席でした。因みに1席は149.0でした。

01.紐付き脚側行進
   往路の第3コーナーで、隣のリンクの黄ラブが暴走気味だったのをちょっと見入ってしまい注意がそれてしまいました。                (▲0.1)
02.紐無し脚側行進
   地面に鼻を近づけそうな場面が度々ありましたが、臭い嗅ぎには至りませんでした。
                                    (▲0.1)
03.停座及び招呼
   停座中の臭い嗅ぎなし。招呼は1声符で駆けて来た。但し、戻りの行進中に地面に鼻を近づけました。                        (▲0.1)
04.伏臥:問題なし。
05.立止:問題なし。



06.常歩行進中の伏臥
   伏臥した直後に確認みたいな臭い嗅ぎをしました。        (▲0.1)
07.常歩行進中の停座
   停座した後の戻りの脚側行進で歩調が遅くなり、犬に歩調を合わせた。 (▲0.2)
08.常歩行進中の立止
  これも立止までは大変良かったのですが、戻りの行進で歩調が遅くなりました。
                                   (▲0.2)
09.障害飛越(片道):問題なし。
10.休止
   伏臥させる時、最初の命令を慌てて早くかけたために一度では反応せず、2声符になってしまいました。
フセしてから確認のために臭い嗅ぎをしていましたが、執着したものではないような感じでした。                        (▲0.4)



11.お手(おかわり)
おかわりを終えてアトヘで脚側停座させた時ちょっとハスでした。
12.股くぐり歩き:問題なし。
13.抱っこ:問題なし。
14.8の字股くぐり::問題なし。
15.棒飛び(片道)
   飛越させてマテをさせて、審査員の合図があって、間違えて犬の許に2歩ほど進んだところで間違いに気づき、戻ってアトヘで犬を呼んで脚側停座させました。
                                   (▲0.2)



尚、上記減点は筆者の独断と偏見での採点です。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:47 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2009.04/10(Fri)

アランの寝姿色々 

【アランの寝姿色々】
 
 アランはネコのお下がりの「カマクラ」で寝ています。「カマクラ」は私のデスクの脇に置いてあるのですが、私がパソコンをしている時は大体この中で休んでいます。

 この写真は普通に寝ているところです。(新カメラで撮ったものです。)

210410・アランの寝姿1

210410・アランの寝姿2

210410・アランの寝姿3

 この写真は去る2月17日の夜に撮ったものです。(従来のコンデジで撮ったものです。)

210410・アランの寝姿4

210410・アランの寝姿5

 可愛く「へそ天」状態で寝ています。

210410・アランの寝姿6

 薄目を開けて迷惑げにカメラを見ています。

210410・アランの寝姿7

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:52 |  その他  | CM(1) | Top↑
2009.04/09(Thu)

障害飛越等について 

【障害飛越等について】
 
 新カメラの試し撮りの第2弾です。

 障害飛越等飛びものに角材を使用する点について写真で説明したいと思います。
この写真は土木屋さんの仮設資材置き場に「道具」を置いている様子です。勿論土木屋さんの了解を得た公認済みです。これらを使って「障害飛越」、「棒飛び」、「輪飛び」及び「お回り」が出来ます。

210408・障害1

 障害を飛越した後、脇へずれずその位置に止まるように制限するための「角材」の配置は次の写真のようにしています。

210408・障害2

 アランを脚側停座させた部分の拡大です。

210408・障害3

 板障害はコンクレート打設用パネルを長さ70cm位に切断し、高さは35cmになるように継ぎ足し、支えはレンガでおさえるようにしています。高さを35cmにしたのは犬の体高からすると20cm位なのですが、犬は普段飛び慣れた高さで飛ぶということをweb情報で見たからなのです。低いよりも高いものを飛ぶ時の方が華麗に見えます。

210408・障害4

 この板障害を実際に使って障害飛越(片道)をやった動画です。




次は障害飛越(往復)の動画です。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:31 |  道具  | CM(1) | Top↑
2009.04/08(Wed)

昨日は春休み明けのスクールガード 

【昨日は春休み明けのスクールガード】
 
 昨日はスクールガードでした。桜の花が満開でしたし、並べられたプランターの花々も咲き誇っていました。将に百花繚乱の状態でした。空は晴れて、無風に近く、この春一番の陽気でした。
 私は足の具合が悪いので詰め所の椅子に殆ど座っていました。

 新規購入のカメラ、canon PowerShot SX1ISの初撮影として、静止画、動画及びマクロ写真を試し撮りしてみました。静止画及びマクロ写真はここにアップしますが、動画は撮れるには撮れたのですが、その後の処理がどうしてもうまく行かなかったのです。そこでメーカーのお客様相談コーナーに相談しましたら、ソフトが完全にはインストール出来ていなかったことが分かりました。ソフトをアップデートした結果うまくいくようになりました。
 動画は被写体のK氏の希望で、一時この欄にアップしましたが、非常に良く撮れていました。

学校の前のミニ公園の桜です。

210407・01

210407・02

次は学校の桜ですが、マクロで撮ってみました。

210407・03

210407・04

同じくマクロで草花を撮ってみました。

210407・05

210407・06

210407・07

雑草もマクロで撮ってみました。

210407・08

210407・09

 この他校庭のプランターには桜草、パンジー、ラナンキュラス、、、、等々が咲き乱れていました。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:54 |  草花  | CM(1) | Top↑
2009.04/07(Tue)

久々に訓練 

【久々に訓練】
 
 昨日の花見の残りの写真をアップしておきます。

210406・花見21

210406・花見22

210406・花見23

210406・花見24

  
  昨日の夕方3月8日以来久々に訓練してみました。まだ速く歩くことが出来ませんので指導手の動きの少ない科目のみに限定しました。

 「股くぐり歩き」、「8の字股くぐり」、「棒飛び(片道)」、「棒飛び(往復)」、「輪飛び(片道)」、「輪飛び(往復)」、「障害飛越(片道)」、「障害飛越(往復)」、「お手(おかわり)」、「抱っこ」、「吠えろ」、「寝ろ」及び「お回り」

 飛び物の片道と往復では角材を使用、又「お回り」でも角材を使用しました。

 気づき事項は、
・ 科目開始の脚側停座はアトヘの指示に迅速でした。
・ トベ等の指示にはレスポンス良く応えていました。
・ 飛びものでは飛越後「タッテ」の指示に殆ど瞬間的に反応しました。
・ 待っている間も微塵も動きませんでした。

 このように自主訓練では殆ど完璧な演技をしました。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:39 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2009.04/06(Mon)

花見に行ってきました 

【花見に行ってきました】
 
 今日はお昼に流山総合運動公園に2頭を連れて花見に行ってきました。(勿論車でです)ここの桜の木はまだ若くて繚乱とまではいきませんが、数多くの家族連れもいて、結構賑やかでした。
 駐車場に着くとまず2頭に昼の食事をさせてから、お花見スポットまで歩いて行きましたが、現地に着いて私たちの食事の準備を始めましたら2頭はその雰囲気を機敏に感じ取って落ち着きのないことと云ったらありませんでした。

210406・花見11

2頭の視線の先には家内と料理があるのです。




210406・花見12

アランは比較的落ち着いていましたが、

210406・花見13

アスピは終始落ち着きの無い態度でした。

210406・花見14

210406・花見15


【編集】 |  14:12 |  未分類  | CM(1) | Top↑
2009.04/05(Sun)

当地の桜 

【当地の桜】
 
 今朝はサンダルをつっかけて2頭を近くの駐車場(未舗装)までトイレさせに行ってみました。びっこをひきひきですから、歩くのは遅いのは致し方ありません。道路横断の時も速く渡りたいのですが、身の自由が利かないのがじれったい限りです。

 その足でスクールガードに行く小学校の方を回ってみました。スクールガードの詰め所の背後には小学校のシンボル的存在の大きな桜の木があるのですが、まだ8~9分咲きで満開まであと一息の状態です。都内では満開の便りですが、都内はヒートアイランド現象で気温が高いのでしょうね。我々が春休みに入る前にスクールガードをしたのは3月24日でした。その時には随分蕾も膨らんでいましたので、全校登校日の3月31日には咲いているだろうと予想していたのですが、1週間延びたようです。

 4月6日から新学期ですが、満開の桜の歓迎を受けての登校は励みになると思います。
学校の前の公園の桜は8~9分咲きの木もあれば、まだ5~6分咲きのものもある状態でした。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:08 |  草花  | CM(0) | Top↑
2009.04/04(Sat)

カメラを購入他 

【カメラを購入他】
 
 4月1日に上尾市に所用があって出かけ、大宮、さいたま新都心をびっこをひきひき歩いたものですから、無理がたたって左足先がむくみ、痛みも出てしまいました。従って、一昨日昨日と屋外には整骨院に行く以外には一歩も出ませんでした。
 整骨士はギブス、か包帯とプラスティックで固めるかのどちらかを推奨したのですが、余り大げさになるので、今のままの固定バンデージでいくことにしました。従って、治りは遅くなりそうです。

 遂にcanonのPower Shot SX1ISを手に入れました。この機種は、20倍ズーム、動画をハイビジョンで撮ることが出来、今までの機種では撮影中はズーム出来なかったのが出来るようになり、手ぶれ補正も付き、編集機能まで付いている機種です。足が治ったら2頭の写真を撮るのを楽しみにしています。

 去る3月31日で私は6拾ン々歳になりました。誕生祝いにフォトフレームを貰いました。フォトフレームで見るのもどうせ犬2頭の写真ばかりでしょうが、精々楽しみたいと思っています。

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:05 |  その他  | CM(2) | Top↑
2009.04/03(Fri)

ボール使った訓練 

【ボール使った訓練】
 
 昨日書いた、角材を使った訓練を書きましたが、今日は「ボールを使う」訓練について書いてみたいと思います。

 約1年前までは、アランは「ボール」に目が無くて、ボールを咥えると、それこそ人(犬)が変わったみたいに執着し、スッポンのように、ボールを持って振り回しても、ボールを持って吊り上げても、ボールを放しませんでした。それを「ダセ」の命令が利くようにしたことで訓練に「ボール」を使うことが可能になりました。

・ 「停座及び招呼」
・ 「常歩行進中の3動作」
では、この「ボール」が有効なようです。
 「停座及び招呼」を例にあげますと、停座して待たせて指導手が離れて行き、10m離れて犬と向き合います。一呼吸おいて指導手の肩越しに後ろへボールを投げて取りに行かせます。この訓練ではボールが何時出て来るかと云う期待感で、指導手が離れて行く途中から、指導手を爛々として注目しています。
 ただ、この時アランは前に方に膝行る傾向があったのですが、これも矯正済みです。

 訓練では良く出来ても、競技会では駄目のケースがあるようですが、これは訓練の練度が未だ不足している所為?ではないかと思っています。服従心が醸成されればボールなしでもボールがあるのと同じような動作が可能のようです。要は服従心が育つまで練習することだと思われます。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  23:41 |  道具  | CM(0) | Top↑
2009.04/02(Thu)

角材を使う訓練 

【角材を使う訓練】
 
  昨日書いた、補助具を使った訓練の内、「障害飛越」、「棒飛び」及び「輪飛び」では障害板に直角に飛んで着地した後脇に行かないようにする角材、及び「お回り」ではその場で回るようにする角材、の使い方について説明したいと思います。

1. 「障害飛越」、「棒飛び」及び「輪飛び」で片道の場合
  障害板等の向こう側に長さ70cm位の角材2本を50cm位の間隔で障害板に直角に並べます。そうしますと、飛越して着地しますと、脇には角材が有りますので、それ以上は脇に逸れることが少なくなります。

2. 「障害飛越」、「棒飛び」及び「輪飛び」で往復の場合
  障害板等の向こう側に加えて、手前側にも角材2本を障害板に直角に並べます。すると片道の際にも、往復の際にも脇に逸れることが少なくなります。

3. 「お回り」の場合
  普通「お回り」をさせますと、最初に回り出した位置から段々ずれていって3回目に回
り終えた時には最初の位置より大きくずれていることがあります。この方法はそれを矯正しようとするものです。
 上記「1」の2本の角材の間でお回りをさせると脇へ逸れるのを制限することが出来ま
す。

  これらの訓練でも、訓練では良く出来ても、競技会では駄目のケースがあると思います。
要は服従心が育つまで練習することだと思われます。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:39 |  道具  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT