新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2010年05月
2010.05/31(Mon)

一発伏臥の訓練 

【一発伏臥の訓練】

 「伏臥」は今の状態が決して悪いわけではありませんし、むしろ俊敏さを発揮して良い状態だと思っています。しかし、より改善を目指して訓練しています。
  
 まず、「その場の伏臥」は、脚側停座していて、フセを命じられたら、ガバッと両前足を投げ出すようにしてフセさせることを目指しています。

  
 「常歩行進中の伏臥」も出来ればガバッと両前足を投げ出すようにしてフセさせたいのですが、行進している途中の「伏臥」ですので、「その場の伏臥」のようには行かないようです。


 「遠隔・停座から伏臥」の場合も「その場の伏臥」のようにしたいのですが、指導手が離れている分、やはり少々見劣りします。




スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:58 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/30(Sun)

出気味にさせない脚側行進 

【出気味にさせない脚側行進】

 最近、「出気味の矯正法」として、「緩歩」で脚側行進をして、常に指導手の「左足」を意識させることをやって、自主訓練に関する限りでは成功している感じです。

 即ち、「緩歩」の脚側行進で右回りで巡回したり、左回りで巡回したりしていますが、その結果「出勝手」になりませんし、「見上げ続け」させることも出来て、将に一石二鳥の方法です。

 尚、この「緩歩」で行進して「常歩行進中の3作業」をやりますと、

・ 指導手の「左足」を意識させることの徹底が図れること。
・ 脚側行進が「出気味」にならず、従って「3作業」が曲がるのを防止出来ること。
・ 「3作業」の様子をじっくり観察出来ること。

等で非常に有効なようです。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:05 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/29(Sat)

離れる場合の集中 

【離れる場合の集中】

 本番の「停座及び招呼」のとき、停座して指導手が背を向けて離れて行っているときに「臭い嗅ぎ」をするのが通例なのですが、これの矯正法を城北訓練士会競技会の関係者から教えていただきました。

 この方法は、「臭い嗅ぎの防止」だけでなく「よそ見の防止」にも有効であろうと思われます。

 これを応用して「離れるときの集中」、「据座」、「停座及び招呼」及び「常歩行進中の3作業」等について、今やっているところです。

 これを開始したのが4月26日からですから、もう1ヶ月経っています。ただ、矯正の成果については本番でしか確認出来ないのがもどかしいところです。

 城北訓練士会競技会では2種目に出して、一種目は「停座及び招呼」では、臭い嗅ぎすることなく、呼びにもレスポンス良く応え、来るスピードと云い、脚側停座にも俊敏に応えてくれました。
 しかし、もう1種目では「停座及び招呼」で臭い嗅ぎをしてしまいました。臭い嗅ぎはしたのですが1声符で呼びに応えてくれました。しかし、レスポンスが悪く、呼びに応えて来るスピードも本来のアランのものではありませんでした。
 このどういう場合が「臭い嗅ぎ」をしないのか、について条件が分かっていません。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:37 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/28(Fri)

問題点が絞られて来ました 

【問題点が絞られて来ました】

 アランの問題点が絞れて来ました。

・ 脚側行進が出気味になることがある。
・ 今よりも、更に常時「見上げさせ続ける」こと。
・ よそ見の防止
・ 本番で「臭い嗅ぎ」するかも知れないこと。

01.出気味の矯正
  基本姿勢で正しい位置に停座させ、次に「緩歩」で右回りや左回りをして、常に指導手の「左足」を意識させること。

02.常時見上げさせ続けること。
  基本姿勢で見上げさせ続け、更に脚側行進では出だしの4~5歩と反転後の4~5歩を見上げさせること。
  又、右回りで巡回したり、左回りで巡回したりして、「出勝手にならず」、且つ「見上げ続けさせる」こと。

03.よそ見の防止(臭い嗅ぎの防止)
  据座、停座及び招呼及び常歩行進中の3作業等指導手が離れるときには、指導手を見続けさせるようにしています。

04.一発伏臥の訓練
  これは、今の状態が悪いわけではありませんが、より改善を目指して訓練するこようにしています。
  脚側停座していて、フセを命じられたら、ガバッと両前足を投げ出すようにしてフセさせることを目指しています。
  これに、「遠隔・停座から伏臥」も併行して一発伏臥をさせています。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:24 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/27(Thu)

常歩行進中の伏臥等の曲がることについて・レッスン教室その4 

【常歩行進中の伏臥等の曲がることについて・レッスン教室その4】

 同じくフリータイムに次のことも質問してみました。何か特効薬的な手法があるのかと思って訊いてみたのですが、そんな方法はあるわけがないのは自明の理でした。

D.常歩行進中の伏臥等の曲がることについて

 アランは「常歩行進中の伏臥」や「同停座」の場合に余程注意していないと曲がることがあることが悩みの種です。

 脚側行進がまず第1の原因。もっと犬をうしろに持って行って被らないようにすること。

・ リード付きでうしろにショックを入れて矯正する。
・ ご褒美をやる場合も手をうしろの方に持って行くこと。
  手は身体に付けて、うしろ気味の位置で与えること。
・ 身体は被らずに、首だけ内側に曲げるのが理想。
・ 意欲の有る犬にありがちな姿だそうです。

・ 以前よりは大分良くなって来ているがまだ改善の余地がある。
・ 右曲がり、左曲り共指導手の左足の位置を意識させることが大切。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:53 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/26(Wed)

アランの叱り方について・レッスン教室その3 

【アランの叱り方について・レッスン教室その3】

 レッスン教室は日曜日は基本的にグランドで、火曜日はビル内で行われますが、最終火曜日は月の総集編としてグランドで行うと決まっていました。ところが、昨日は雨上がりでグランド状態が悪かったようで、ビル内に変更になりました。私はグランドであれば参加するつもりでいたのですが、ビル内なので見合わせました。
 でも良く考えてみると、他の犬に惑わされることの無いような犬にするためには、狭いビル内で、しかも犬の臭気が染み込んだタイルカーペットのビル内の方がよいのかも知れません。


C.アランの叱り方について

  集団レッスンが終わって、フリータイムになってから、見て貰いたい人はいますか、と尋ねられました。見て欲しいのですが、どの科目を見て欲しいのか決めかねていました。

 そこで、T所長からアランを訓練している私の問題点について指摘を受けました。

 私の一番の欠点は「叱り方が中途半端なので、叱りが利いていなくて、叱りに対して耐性が出来かねない状態」ということでした。「もっと中途半端では無くてビシッと1発で決めるように厳しくする」か、或いは逆に「叱らないようにするか」、のどちらかだと云うことでした。

 アランを見ていると叱られても反省した様子が見えない。このまま積み重ねて行くと段々と犬が強くなって行き、反抗的な動作が強くなりかねないということでした。

 『数回の中途半端なショックよりも1回の強いショックで利かせること。』
 
 アランは、科目的には全く大きな問題点がない現状であり、この叱り方が出来るのがプロだということでした。

・ 叱る機会を見逃さないようにすること。
・ ノーリードのとき、首輪に手をかけるのが遅い。
(自主訓練ではノーリードは避けて常にリード付きで行くか?)
・ 中途半端にショックを入れている。
・ いきなりスパッと切れ良く叱ること。

 又、反抗の例として、アランを押さえ込んだりしますと歯を当てる真似をすることがあります。私は本気で嚙んでいないのでそれを許していました。所が、歯を当てるのは反抗の主張だと云うことなのです。指導手は叱っているつもりでも、アランとしては「決して負けていませんよ」と云う主張になっていると云うことなのです。それを許していては駄目だということでした。犬と指導手とが「まあーマアー」的な関係になっているということでした。
 プロの叱りでは、犬は逃げたりしないのは、「犬が納得しているからだ」と云うことでした。

 この点を乗り越えることが出来れば、、、以下省略。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:20 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/25(Tue)

集団レッスン(紐なしの部)・レッスン教室その2 

【集団レッスン(紐なしの部)・レッスン教室その2】

B.集団レッスン(紐なしの部)

01.基本姿勢
  指導手を5sec間見上げ続けさせる。

02.その場の伏臥
  基本姿勢の間も見上げ続け、フセさせても5sec間見上げ続けていれば褒めてご褒美。
 更に見上げさせながらスワレで5sec間keep出来たら、褒めてご褒美。

03.マテさせて2歩離れて向き会う。
  手に“おやつ”を持って身体から離す。
・ 犬は手を見るか、顔を見るか。顔を見させて5sec間keep。
・ 手を見ていたらご褒美をあげないで、顔を5sec間見続けたら褒めてご褒美。
・ 省略

04.その場の立止
  
05.行進中の伏臥
  脚側停座、脚側行進の間見上げ続け、フセを命じても5sec見上げ続けること。離れて行く間もそのまま目線を外さないこと。

06.行進中の停座

07.脚側行進の出だしの個別訓練
  



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:51 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/24(Mon)

集団レッスン(紐付きの部)・レッスン教室その1 

【集団レッスン(紐付きの部)・レッスン教室その1】

 昨日は朝から雨が降っており、グランドでは無くてビル内で実施されました。
指導はT所長でした。出席頭数が12頭(?)の多きになったので、個別レッスンは行われませんでした。

A.集団レッスン(紐付きの部)

 指導手を見上げ続けさせることの基本的動作について訓練しました。しかし、エサで釣って最後まで上手く行くとは限らないようで、この訓練は基本的な形を指導手に覚えさせるための訓練の様です。

01.脚側停座の訓練(基本姿勢の訓練)
  コマンドをかけないで、犬を見ないで正面を見て、3sec後犬を見て、指導手を見上げ続けていたら、褒めてご褒美をやる。

02.脚側行進の出だしの訓練
  アトヘを命じて発進し、3~4歩行進している間中見上げさせ続ける。
 これは日頃自主訓練している『10mの「出だしの集中」の訓練』とほぼ同じです。

03.脚側行進の反転後の訓練
  行進してアトヘで反転ターンして、3sec後に犬を見て、見上げ続けていたら褒めてご褒美をやる。これも日頃自主訓練している『10mの「折り返しの集中」の訓練』とほぼ同じです。

04.省略

05.各種注意事項
・ まず、形を作ること。犬には顔を見上げさせること。
・ 最初の一歩は半歩位にすること。
・ 犬に指導手の左足の位置をちゃんと認識させること。(左足の位置に合わせて行進する)
・ ゆっくりと完全に出来るようになって、段々速くでも出来るようにしていくこと。
・ 省略

06.離れても見つめ続けること。
  紐付きのまま、マテをさせて離れる。離れても目を外さないで5sec間keepすること。
 1回目を外したら、その位置で止まり、そこで更に5sec目を外さなかったら戻って褒めてご褒美をやる。
・ 叱っても犬が何で叱られたのか理解出来ていない場合がある。叱るタイミング、叱り方等の問題。叱っても効果がないのは、タイミング等叱り方に問題があるからである。
 又、中途半端に叱っていると「耐性」が出来てくるので要注意である。
・ 戻って来るときによそ見したときには、その位置で止まって、5sec目を外さないこと。
・ 省略







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:20 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/23(Sun)

運動会の場所取り 

【場所取り】

 昨日は近くの小学校の運動会でした。私もスクールガードとして10時から11時まで警備を担当しました。

 可愛い子弟の運動会は家族にとっては一大イベントのようで前夜から場所取りのため校門の前に並んでいるのです。

 一昨日金曜日の20時から防犯パトロールだったのですが、何と2組がもう場所取りのために並んでいるのです。聞く所によりますと、家族が交代で並ぶのだそうです。将に桜の花見の場所取りを思わせます。

 又、近所の方が朝6時に覗いて見ましたら、100人に及ぶ行列が出来ていたということでした。私は朝6時半過ぎに犬の散歩の序でに覗いたのですが、開門は6時半、校庭には既に一面にブルーシートが敷き詰められていました。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:42 |  その他  | CM(0) | Top↑
2010.05/22(Sat)

よそ見の防止・臭い嗅ぎの防止 

【よそ見の防止・臭い嗅ぎの防止】

 「よそ見の防止」を犬が脇を通る機会を利用してやっていますが、その機会が少ないのも事実です。

・ 犬を見付けたら、脚側行進で集中させて、脇を通りすぎる
・ 脚側停座で指導手に集中させて、やり過ごす

をやっていますが、やはり、アランは犬の方が気になるようです。

 アラン単独の場合には、脚側停座での集中と合わせ、

・ アランと「向き会って」見つめさせる
・ アランから「離れて行って」見つめさせる。左右前後に動きまわる。身体を動かす。

を行うようにしています。


 「臭い嗅ぎ」の防止については、自主訓練の時には、絶対臭い嗅ぎはしないので、「よそ見の防止」(即ち、「集中の訓練」)を兼ねて、次のことを行っています。

・ 据座
  指導手が離れて行くとき、よそ見や競技会では臭い嗅ぎがでますので、集中して指導手から目を離さないようにしています。

・ 停座及び招呼
  これも「据座」の場合と同様です。
呼びに応えて来る「スピード」をもっと上げ、しかも正しく脚側停座するようにしています。

・ 常歩行進中のフセ、スワレやタッテ
これも「フセ、スワレやタッテ」を命じて、指導手が離れて行くとき「据座」場合と同様の注意を払います。
又、フセ、スワレやタッテの姿勢が曲がらないように注意しています。

・ 遠隔・停座から伏臥
  これも、停座して離れるときの注意事項は「据座」の場合と同じです。

 又、「集中の訓練」として、
・ 公園内を常歩或いは速歩で指導手を見上げさせた状態で巡回する。

・ 伏臥では、「一発伏臥」の練習をする。

等も行っています。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:35 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/21(Fri)

集中の訓練 

【集中の訓練】

 昨日はブログへのアクセス数が異常に多くて、普段の2日分以上になりました。この数は競技会の翌日の数に匹敵するものです。この原因が思い当たりません。昨日は終日雨だったので在宅が多く仕方なしに、netサーフィンをしたとしか考えられません。

 今日はピカ天で、気温も上がるようです。

 ここで訓練のことですが、以前にも書いた通りの訓練を行いました。まず、リード付きのまま歩いたり走ったりして訓練の導入をしました。

 続いて訓練に入り、「集中のup」を中心にしました。

・ 指導手の左脚を意識させる訓練(前に歩く。バックする)

・ T式牽き方を真似る

・ 脚側停座で集中させる

・ 10mの「出だしの集中」と10mの「折り返しの集中」

・ 場内を右周回&左速歩周回。

・ 「紐付き変形コの字行進の集中」と「紐無し変形コの字行進の集中」

・ 右旋回、左旋回。(その場で旋回)

以上のことは定例的に行っているものです。

・ 据座
(指導手から目を逸らさず、集中して待つこと。それと、城北訓練士会で教えていただいた臭い嗅ぎの防止法を応用。)

・ 停座及び招呼
(指導手から目を逸らさず、集中して待つこと。それと、城北訓練士会で教えていただいた臭い嗅ぎの防止法を応用。脚側停座は「真っ直ぐ」に。)

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
(指導手から目を逸らさず、集中して待つこと。それと、城北訓練士会で教えていただいた臭い嗅ぎの防止法を応用。脚側停座は「真っ直ぐ」に。)

・ 常歩行進中の停座。
(指導手から目を逸らさず、集中して待つこと。それと、城北訓練士会で教えていただいた臭い嗅ぎの防止法を応用。)

・ 常歩行進中の立止及び招呼
(指導手から目を逸らさず、集中して待つこと。それと、城北訓練士会で教えていただいた臭い嗅ぎの防止法を応用。脚側停座は「真っ直ぐ」に。)

・ 股くぐり歩き(くぐり終えての脚側停座は「真っ直ぐ」に)

・ 8の字股くぐり(右足をくぐる時のスピードを上げる。くぐり終えての脚側停座は真っ直ぐに)

・ 吠えろ、寝ろ及びお回り(如何に集中しているかの程度を見る)

 最後にボール遊びを始めたのですが、マテさせてボールを投げ、ヨシで取りに行かせコイで手元に呼んだのですが、手元に来なくて通り過ぎましたので、罰として遊びは即中止しました。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:08 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/20(Thu)

動画とROXIO 

【動画とROXIO】

 最近パソコンで「古いDVDのビデオ」を観ようとしますと「シロボケ」してしまったり、「デスクトップのコンピューターからDVD-RWドライブ」を開きますと、画面が点滅を繰り返すだけで観ることが出来ない状態でした。故障かと思い、テレビの方のDVDレコーダーを使っていました。
 過日、FUJITSUのサポートセンターに電話した折りに色々訊いてみたのですが、要領を得ませんでしたが、プリインストールしてある「InterVideo WinDVD for FUJITSU」を一旦削除し、アプリケーションディスクのCDよりソフトを新しくインストールしてみることにしました。こんな操作は初めてのことなのですが、簡単インストールということで、単一のソフトが簡単にインストール出来ることが分かりました。
 その結果は今までの不調が嘘のように綺麗に観られるようになりました。プリインストールしてあるソフトが壊れていたようでした。

 今使っているカメラ、CANONのPowerShot SX1ISは、拡張子が「.MOV」の動画でWindows Media Playerでは読めないのです。
 読めるのはZoomBrowser EXやQuickTime Player等だけであり、「Windows ムービーメーカー」も使えませんでした。従ってブログにアップロードするためには、別個のソフト「Roxio MyDVD 10 Premier」を購入し、「ビデオを変換」機能にてMPEG-2等に変換していました。

 所が、ZoomBrowser EXの「動画の書き出し」の機能を使うとWindows Media Playerで読めるように変換してくれることが分かりまして、最近は専らこちらの方を使用して「Roxio MyDVD 10 Premier」は休眠状態でした。

 「Roxio MyDVD 10 Premier」は各種機能を有しているようですが、最大の欠点は「使い方の説明」がどこにも記載がなく、ROXIOサポートセンターに訊くしか方法は無いということでした。

 「DVDディスクの動画をコンピューターに取り込む」ことや、逆に「コンピューターの動画をDVDディスクに取り込む」ことは今までやったことがありませんでしたので、過日この方法を教えていただきました。前者の操作が後者に比べて若干複雑なようです。

(その筋の専門家にとっては何でもない専門用語でも、素人にはその意味が分からないことも操作を難しくして一因のようです。)





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:09 |  ブログ  | CM(0) | Top↑
2010.05/19(Wed)

レッスン教室の記・その3 

【レッスン教室の記・その3】

 いつもはjkcの実施要領に準拠した訓練でしたが、競技会まで間があるのでそれをはなれて主として基本的なことをやりました。

01.紐付き常歩往復脚側行進
  
02.ミニ据座:スワレ、マテで離れ、すぐ戻る(この間よそ見させないこと)
  5歩離れて自分の方を見ていたら戻って、褒めてご褒美。5歩が駄目なら3歩でやる。
 よそ見をしたら、逆に遠く離れてみる。「どうせ戻って来るのでしょ」という犬の気持ちに負けないようにすること。
  これを何回もやるのは犬に読まれて禁物なので、遠くに離れ犬に飼い主を捜させる気持ちにさせること。

03.焼き餅を焼かせて?、よそ見を抑える?
  
06.常歩行進中のフセ
  
07.その場のフセの応用
  フセ→飼い主は離れて物陰に隠れる→呼ぶ→(コッチとか云わないで探させること)→来たら褒める。

08.一列縦隊で距離を取って右回りで、
・ 指示無し停座→人だけ1周→横に付く→フセを命じて人だけ歩き、付いて来ていなかったら戻って褒める
・ スワレを命じて人だけ歩き、付いて来ていなかったら戻って褒める
・ タッテを命じて人だけ歩き、付いて来ていなかったら戻って褒める
・ タッテを命じて人だけ歩いて5~10mで止まる→振り向かない→コイ→アランは指導手の近くまで来たのですが、フラフラとメス犬の方に寄って行きましたので厳しく叱りました。

 上記4項目は、犬を声符だけに反応させて指導手の動作には誘惑されないようにするも
のです。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:34 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/18(Tue)

レッスン教室の記・その2 

【アランのボール遊びについて】

 アランのボール遊びについてT所長に質問してみました。

アランのボール遊びについては5月9日のこの欄に書いた通りです。即ち、

 ボール遊び(数種類)は訓練の終わりには必ず「数種類」をするようにしています。アランもそれを楽しみにしている風です。

1. ボールを投げて取りに行かせ自由に走りまわらせる。

2. 待たせた状態でボールを投げ、暫くしてヨシで取りに行かせ、コイで手元に呼び、引っ張りっこをやる。
3. 待たせた状態でボールを投げ、ヨシで取りに行く途中でマテやフセを命じ、命令に従 えばヨシでボールを取りに行かせ、コイで呼んでダセでボールを出させる。
4. フセ又はスワレで待たせ、ボールを投げて、アトヘで脚側行進で違った方向へ進み、その途中でヨシで取りに行かせ、コイで呼んでダセでボールを出させる。

等〃ですが、

 「1」の方法が、間違がえていたようです。実は「ボール遊び」はアランを楽しく遊ばせようとしてやっていたことでした。どの方法でも実に楽しそうにやっているのですが、特に「1」で、自由に走り回らせているときは楽しそうにしていまして、私までそれを見て楽しかった位です。

 ボール遊びは人間の介在があってこそ楽しいものだという風に持っていく必要があるのだそうです。例えば引っ張りっこ等はアランも大好きです。そして出来るだけ犬の自由にさせる機会を与えないようにする必要があるということでした。
 
 従って「1」は、

1.ボールを投げて取りに行かせ、コイで呼んで、引っ張りっこをやる。

に変更したいと思っています。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:01 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/17(Mon)

レッスン教室の記・その1 

【ターゲットの命令】

 今日も晴天に恵まれ、10頭が参加し、T所長の指導でした。今日は集団レッスンだけしかやらず、いつもの個別レッスンはありませんでした。
 今日、年会費(4月が期限。会費は年会費+出席の都度の参加費)を払いました。この教室に通い出してもう1年が経ってしまったということで、月日の経つ速さに驚いています。

 遊び感覚にて、ターゲットと命じて犬がターゲットに行って触れた(ちょっとでも踏んだら)瞬間に、犬の許に行って褒めてご褒美をやる、というのを教えていただきました。ターゲットから離れた場合にはご褒美はあげません。
 デモ犬はこの訓練を始めて4日目のラブでしたが、それでもコマンドを認識して十分聞いていました。この訓練はアランにとっては目新しくて、しかも簡単に覚えられそうです。
 これは、招呼、休止、前進等に応用出来そうです。特にアジのタッチには有効な方法のようです。

 ターゲットを踏んだらエサが貰えると思ってターゲットから動かない犬に対しては、ターゲットを命じてターゲットの所に行き踏んだら、褒めて他の方にエサを投げてやること。

・ ターゲットまでの距離は段々遠くすること。
・ ターゲットの大きさは、最初は30cm角位だが、段々小さくして行き最終的には5cm角位にすること。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:23 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/16(Sun)

最近の訓練・その3 

【最近の訓練・その3】

1.姿勢
 普段の自主訓練のときから、姿勢に気をつける。

2. 楽しい訓練を心がけ、良ければ心から褒める。

3. 「公園内を常歩或いは速歩で」巡回する。
4. 据座の練習。離れる時はある審査員氏から助言いただいた方法を取る。
5. 遠隔・停座から伏臥。離れる時からある審査員氏から助言いただいた方法を取る。

6. 伏臥では、「一発伏臥」を心がける。
7. 立止では、タッテとスワレは「前足」の位置を変えない。

・ 「3」はここ1週間位続けているのですが、自主訓練のときには指導手を見上げ続けますが、レッスン教室や競技会本番のときには、今一の状態です。

・ 「4」及び「5」は「停座及び招呼」の於ける「臭い嗅ぎ」の防止法に準じた訓練をしています。

・ 「6」の一発伏臥はエサを持ってやりますと素晴らしく俊敏な動作を見せます。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  20:55 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/15(Sat)

アランの弱い所 

【アランの弱い所】

 とうとう風邪を引いてしまいました。ここのところ寒暖の差が激しい影響を受けたものと思われます。
今日土曜日は、11:00~12:00にアジリティ教室の時間で、「Aクラス」:基礎練習(NB1・NB)にアランを初参加させようと楽しみにしていたのですが、用心して欠席することにしました。本格的にアジリティーをやるつもりはなくて、遊び半分で、アランのストレス発散になれば良い程度に考えています。


これは2008年4月に「アランの弱い所」としてまとめていたもので、現時点ではほぼ矯正出来たと思っている項目です。

・ 行進中に臭い取りをすることがある。
・ 行進中、出勝手になることがあること。
・ 停座して待たせているときに前に小さく動くこと(膝行り)。
・ ボールを咥えると放さないこと。
・ ボール投げて戻って来ても走り回って手渡さないこと。
・ ダンベルを投げると、落ち着き無く、身体を上下させて、今にも取りに行きたそうな挙動をする。
・ ダンベルを噛み直しが激しい。
・ 特定の他の犬に見入ることがあること。


 しかし、2010年05月15日時点で、まだ矯正が不十分なのが、

・ 脚側停座、脚側行進の時、指導手を見上げるのが今一。
  大分見上げるようになりましたが、常時見上げなくて、時折顔を正面に向ける時があります。
・  停座中に片足浮かせをすることがあること。
・ 停座中に「よそ見」をすること。(特に後ろを気にして振り返っている)
・ 本番のときだけ、「停座及び招呼」の時に「臭い嗅ぎ」をすることがある。(本番になってみないと確認の方法が無いこと。) 尚、「据座」や「休止」のときには殆ど臭い嗅ぎをしないのが不思議です。
・ 「くしゃみ」をすることがあること。

 この内、「よそ見」と「臭い嗅ぎ」、この両方の矯正に今鋭意取り組んでいるところです。
「くしゃみ」も気が付いた瞬間に叱るようにしています。

 しかし、「片足浮かせ」については、矯正は絶望的ではないかと思っています。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:28 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/14(Fri)

昨日の訓練 

【昨日の訓練】

 集中力のアップ策兼よそ見の防止策として、次のようなことをやっています。しかし、自主訓練の限りでは、集中もよそ見も、ばっちり決まっている状態なので、これらの自主訓練を続けていても、その効果が出るのかどうか、疑問を感じているのも事実です。

1. 訓練を始める前に、ヒモ付きで歩いたり走りまわる。

2. 集中力のアップ策として、

a.脚側停座での集中
b.据座
・ アランと「向き会って」見つめさせ続ける。
・ アランから「離れて行って」見つめさせ続ける。
c.紐無し、往常歩復速歩、直線
d.招呼
e.その場の右旋回
  アトヘで指導手にぴったりついて同期して、指導手を見上げ続けたまま回転させる。
f.その場の左旋回
  左踵を中心に回転すること。アトヘで指導手にぴったりついて同期して、指導手を見上げ続けたまま回転させる。
g.その場の伏せ
  1発伏臥の練習をしています。

3 指導手に集中させ、臭い嗅ぎをさせない。
停座及び招呼である審査員氏から助言していただいた方法を応用して、据座
・ 停座及び招呼
・ 常歩行進中の伏臥
・ 常歩行進中の停座
・ 常歩行進中の立止

4.集中のup
・ 指導手の左脚を意識させる訓練(前に歩く。バックする)
・ 10mの「出だし」と10mの「折り返し」の集中。
・ 「紐付き変形コの字行進」と「紐無し変形コの字行進」の集中。

・ ボール遊び(数種類)

5. よそ見をさせない:犬が脇を通る機会を利用する。
・ 犬を見付けたら、指導手に集中させて脚側行進で脇を通りすぎる
・ 脚側停座させ、指導手に集中させてやり過ごす。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:51 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/13(Thu)

レッスン教室の記・その3 

【レッスン教室の記・その3】

 T所長がアランに接すると、アランは常時T所長を見上げているのです。
そこで「集中させるコツ」を訊いてみましたところ、

・ 飼い主は油断を与えるのが習慣になっているが、T所長は隙を絶対に与えないから、犬はそのことを良く分かっている。紐の持ち方、足の運びで犬は敏感に感じ取っている。

・ 他を見ながら足の運びで、今度はこっちを見るので、その時だけ指導手の方を見ている。
  マテで離れるとき、背中を向けていると、今の内は絶対大丈夫と分かってよそ見し、振り返ったときには指導手の方を見ている。その間、何回もニオイ嗅ぎをし、よそ見をしたりしている。

・ 絶対に隙を与えないこと。
  リンクに入ってくる時は自由モードでも、申告する時も自由モードであっても、一旦「アトヘ」を命じた瞬間から、訓練モード、競技モードに入れること。
普段、アトヘを安易に使っているので、「けじめ」が無くなっている。

・ 「アトヘ」を命じたら、厳しく絶対に油断させないこと。
  そうすれば指導手を常時見上げて次の命令を待機するようになる。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:28 |  未分類  | CM(1) | Top↑
2010.05/12(Wed)

レッスン教室の記・その2 

【レッスン教室の記・その2】

B.個別レッスン

 脚側停座させた時、指導手に油断があったとのことで、アランはヒート犬のいる方に注意が向いていて(気持ちが向こうに行っている)、指導手に集中しませんでした。
  そこでT所長が僅か1分半位牽いたのですが、その間終始T所長に集中していました。
その後私に代わりましたが、動画に依りますと、最初こそ良かったものの、よそ見が多い状態でした。

 私の未熟振りが厳然として実証されたようなものです。集中しないのはアランの所為ではなくて、指導手に問題があるようです。(注意:犬によそ見する隙を与えないこと。)

  T所長の、クリッカー音で「ご褒美」、アッの発声で「ショック」でした。一切犬を見ないで行いました。

01.紐付き脚側停座
  最初の内よそ見していたために「アッ」が2回有りましたが、その後は「カチッ」が3回でした。
02.マテで離れる。
  座らせて離れてから、戻って横に付いた。(犬を見ない。)「カチッ」が1回。
03.紐付き脚側行進
  行進中と戻っての脚側停座とで「カチッ」でした。
04.その場の伏せ
  フセでもスワレでも「カチッ」でした。
05.行進中のフセ
  フセそのものは「カチッ」でしたが、離れて犬の許に戻ってからは「アッ」の連続でした。出発点に戻ってからの脚側停座では多数の「カチッ」でした。


 T所長では、あれ程集中していたのに、私がやると「よそ見」が多い実情でした。自主練の時みたいに、私に集中して欲しい思いで一杯です。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:24 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/11(Tue)

レッスン教室の記・その1 

【レッスン教室の記・その1】

 この日も晴天で日射しの中では暑くて大変でしたが、空気が乾燥していた所為か、日陰では快適でした。しかし、陽が陰ってくると肌寒くなって来ました。
 出席は9頭、その内ヒート犬が2頭でした。指導はT所長でした。

 アランはヒート犬に誘惑されてしまって、そちらの方ばかり気にしていました。リードで何度もショックを入れたりしましたが、これも利かない状態でした。
 他のオス犬は平気な様子でしたので、訓練すればそのようになるのかと期待しています。

A.集団レッスン

 先週は、犬を見ない訓練でしたが、集団レッスンの時は犬から目を離さないこと、そして個別訓練でT所長が見ている時には犬を決して見ないこと。

01.紐付き、往復常歩、直線
  アイコンタクトを十分取りながら行進すること。反転は素早く。(アランはT式訓練の結果素早く反転します。)

04.紐無し、往常歩復速歩、直線
  左手に“おやつ”を持って、往路はその手を固定し、復路は振りました。アランは“おやつ”に余り注目しないので、鼻先に持っていってニオイを嗅がせた上でやりました。
05.招呼
  “おやつ”を鼻先に持っていって嗅がせてから待たせて離れました。他人の命令に釣られて来た場合でも、そのままで構わない。アトヘで脚側停座させて、ご褒美。

07.右旋回
  アトヘで指導手にぴったりついて同期して、指導手を見上げ続けたまま回転すること。
08.左旋回
  左踵を中心に回転すること。アトヘで指導手にぴったりついて同期して、指導手を見上げ続けたまま回転すること。
09.右旋回及び左旋回(1頭づつ見ていただきました)
・ 右旋回
  良いのだけれども、途中で顔が下がっている。普段の脚側行進もそうなっている由。
 『エサを持った手を後方にさげること。エサをやる時はその位置で手をそのまま下ろすこと。』
・ 左旋回
  直前の『 』内注意の通りやりましたら、うまく行きました。


 「07」及び「08」が完全に出来るようになれば、どんな場合でも、指導手を見上げ且つ正しい脚側位置に付くようになるのだそうです。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:12 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/10(Mon)

最近の訓練・その2 

【最近の訓練・その2】

一昨日の続きです。

1. よそ見の矯正:犬が脇を通る機会を利用する。
・ 犬を見付けたら脚側行進で脇を通りすぎる
・ 脚側停座させてやり過ごす。

2.アラン単独の場合では、
・ アランと「向き会って」見つめさせ続ける。
・ アランから「離れて行って」見つめさせ続ける。

3 臭い嗅ぎの矯正
・ 停座及び招呼では、ある審査員氏から助言していただいた方法を採用。「スピード」を速く。
・ 常歩行進中のフセ、やスワレでも上記と同様の方法。
・ 据座や遠隔・停座から伏臥も上記と同様の方法で「訓練」。


尚、脚側行進をした後、脚側停座させるときには真っ直ぐになるよう気を付けています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:42 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/09(Sun)

最近のボール遊びについて 

【最近のボール遊びについて】

 最近の訓練の終わりにしているボール遊びの内容について書いてみたいと思います。
ボール遊び(数種類)は訓練の終わりには必ず「数種類」をするようにしています。アランもそれを楽しみにしている風です。

1. ボールを投げて取りに行かせ自由に走らせる。

2. 待たせた状態でボールを投げ、暫くしてヨシで取りに行かせ、コイで手元に呼ぶ。

3. 待たせた状態でボールを投げ、ヨシで取りに行く途中でマテやフセを命じ、命令に従えばヨシでボールまで行かせる。

4. フセ又はスワレで待たせ、ボールを投げて、アトヘで脚側行進で違った方向へ進み、その途中でヨシで取りに行かせます。

等等です。


 尚、訓練(競技)の前にボール遊びをしますと、テンションが上がりすぎてしまい、訓練(競技)に悪影響が出る危惧がありますので、終わりにするようにしています。




 最近USB3.0の規格が出来、販売されたようですが、USB3.0はUSB2.0の10倍の伝送速度のようです。
我が家は、10ウン年前から使っているUSB1.0なので、昨日ショッピングに行ったついでに電器量販店に寄って、USB2.0の4ポートハブとカードリーダーを購入して来ました。

 その前には、「ドラッグストアー!!!」で2Gのフラッシュメモリーを1個購入しました。出だしの頃は数千円もしていたのに、ブランドに拘らなければ雑貨なみの扱いなのには驚きです。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:32 |  遊び(訓練)  | CM(0) | Top↑
2010.05/08(Sat)

最近の訓練・その1 

【最近の訓練・その1】

 教室のミニコンペでは期待に反して不出来でした。アランの弱い所が「停座及び招呼」の「執着的な臭い嗅ぎ」以外にも見つかったような感じです。今までは「執着的な臭い嗅ぎ」さえ解決すれば事は足りると思っていました。
 ミニコンペでは「停座及び招呼」では「執着的な臭い嗅ぎ」はしませんでした。これは”ある審査員”から訓練法の助言を受けてそれを実行している成果かも知れないと思っています。従って、この訓練法は定着するまで続けようと思っています。
 しかし、選択科目に選んだ「8の字股くぐり」で何と「臭い嗅ぎ」をしてしまいました。T所長に依りますと、我慢していたものが、指導手の気の緩みから遂に出たのではないかと云う趣旨の話がありました。

 そこで、原点に立ち返った訓練が必要ではないかと思っています。そう云う観点から、最近の訓練内容は、

1.訓練の導入のため、ヒモ付きでそこらを歩いたり走ったりする。

2. 集中のup
・ 指導手の左脚を意識させる訓練(前に歩く。バックする)
・ T式牽き方を真似る
・ 脚側停座で集中させる
・ 10mの「出だし」と10mの「折り返し」の集中。
・ 「紐付き変形コの字行進」と「紐無し変形コの字行進」の集中。
・ 上記はスピードを「2種類」練習する。
・ 常歩行進中の伏臥及び停座では曲りを防ぐ。(曲りを防ぐコツを会得?)
・ 股くぐり歩きでも脚側停座を「真っ直ぐ」にする。

・ 8の字股くぐり:くぐり終えて脚側停座を真っ直ぐにする。スピードを上げる。
・ 障害飛越(片道)、棒飛び(片道)&輪飛び(片道)
・ 吠えろ、寝ろ、お回り

・ ボール遊び(数種類)
  これについては明日書きます。
 




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:30 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/07(Fri)

教室内コンペ 

【教室内コンペ】

 4日と5日に教室のField完成記念のコンペが開かれ、4日のCD―Ⅱ単品に出場し、終わってからのBBQにも参加してきました。
 本来は「OB1orCD2+AG1&JP1」のセットだったのですが、アランはアジの経験が全く無いため「単品」にしたものです。但し、「単品」では表彰はありません。

 この日は暑くて大変でした。タープを持って行って正解でした。

 Aコースの「なんちゃってオビ+なんちゃってAG」から始まり、アランの出た、CDはBコースのCD―ⅠとCコースのCD―Ⅱはごちゃまぜで競技しました。審査はT所長でした。

 アランはCDの7?番目に競技しました。申告を終えて出発地点に行きますと、アランは地面の「臭い嗅ぎ」しそうになりましたので「叱り」ました。最近は「停座及び招呼」の時こそ「執着的な臭い嗅ぎ」をしていましたが、こんなことは無かったことです。又これがあったので、以降臭い嗅ぎするのではないかと不安が頭を過ぎりました。

 今日は、

・ 紐付き脚側行進で私がコース間違えで減点されたこと。
・ 停座及び招呼では「執着的な臭い嗅ぎ」こそしなかったものの来るスピードがアラン本来のものでなかったこと、来た時に足にぶっつかって、停座がやや斜めになりました。
・ 伏臥と立止
  アラン本来の敏捷さがありませんでした。
・ 8の字股くぐり
  くぐるスピードがアラン本来のものではありませんでした。3回くぐり終えて脚側停座する前に立ち止まって「地面を嗅いだ後」脚側停座しました。
                                                
 とにかく、集中が悪いなりに淡々とやっていたのですが、

・ 「1」のコースの間違え、
・ 「03」で足にぶっつかったことと脚側停座が曲がったこと、
・ 「9」の臭い嗅ぎ、

等が大きく減点されたと思っています。

 最近は、脚側停座の時や脚側行進の時には、指導手を見上げている状態が定着したと思っていたのに、これが出来なかったことに「ショック」を受けています。
(今日は他の犬の鳴き声は激しくありませんでしたにで、ガンドッグの訓練士の推定の一つは外れたことになります。)


 T所長の講評は、

1. 紐付き脚側行進は指導手ミスによる減点です。
2. 若干地面の臭い嗅ぎが出た。8の字股くぐりでは厳しく叱るチャンスだった。
3. この雰囲気で嗅ぐのは、本番時はもっと嗅ぐだろう事。
4. 淡々とやっていて、臭い嗅ぎするのは、集中していないと見なされ減点される。
5. この暑い中でも「臭い嗅ぎ」する「余裕」があるようだ。
6. 競技だという意識があって若干臭い嗅ぎが出たようだ。普通のレッスン時よりも臭い嗅ぎの頻度が多かった。
7. 今後はこういう競技会方式の頻度を増やして行きたい。

(単品出陳の成績の発表はありませんでした。)


 今回はミニコンペと云うことで、本番前の練習は軽く済ませました。過去の例からは、アランはもっと十分練習した方が「好結果」を産むような気がしました。

 競技が終わったら暗くなっていましたが、照明を点けてBBQでした。肉や魚、野菜、それとフルーツ類まで出てお腹が一杯になるほど食べまくりました。準備をして下さった方、始終焼き方をされた方には、後片付けも手伝わずに失礼しました。19時過ぎ位までいて、帰りの大渋滞がありますので失礼させていただきました。帰宅しましたら21時15分になっていました。


 一昨日は孫が来てくれて、自宅の庭でBBQをしましたが、なんの覆いも無かったので、じりじりと暑いことと云ったらありませんでした。楽しさ半分、忍耐半分のBBQでした。
 そこで気がついたのですが、折りたたみの椅子、帰りを急いだばかりに忘れてきてしまいました。どなたが「保護」して下さった方がいましたら、よろしくお願い致します。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:54 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2010.05/06(Thu)

第46回集団レッスンの記・その2 

【第46回集団レッスンの記・その2】


D.その他色々のこと

01.
 誰かが訓練の途中で忙しいと云ったのですが、忙しく動いて、タイミングも守ること。
常にそういうことをやって行って、要求もしていくと、犬は集中力があって、楽しくやるようになる。
 服従心が育っていないと、実際に本番では大したことの無い犬である。練習と本番とが違って来るのは、この服従心が育っているかどうかの違いです。

02.ハウスショウの事情
 ハウスショウに来る子は、困っている子、問題犬、それから競技会での先輩犬の好成績を見てそのように育成したい等です。今通っている子は第四世代になるが、今年或いは来年は誰かがトップ取れるようになる巡り合わせです。

飼い主に混乱があったりするとロスすることになる。ここ1~2年いろんあ情報でロスが生じている。
 飼い主の要求は本来2~3年はかかるものをごく短期間でやりたい希望が多い。
凄い犬は凄いかも知れないが、所長はそれを差別しない主義です。宣伝しない、賞歴を取らない主義で、生徒の賞歴が自分の賞歴と思っている。愚直に教えることだけを昔から心がけている。

 あまり、悩まないで、もっと気長に、焦らないでやって欲しい。

 競技会で好成績を望む人、そんなことには頓着せず家庭犬でよい人等様々ですが、好成績の犬の真似をして訓練しても、一挙にそこまで高望みは出来ない。その犬のコントロールが出来るかどうかにかかっている。

03. アランをもっと楽しくという希望だが、これから楽しく競技出来る段階に移って来たようだ。今までは、幾ら楽しくと教えようとしても無理な状態だったと云えます。全く集中しないし、臭いを嗅ぎまくっているし、幾ら訓練を楽しくやるようにと云っても、以前の状態がアランに取っては一番楽しい状態であった。

 アランは10歳位まではテンションを高く維持出来そうです。田代も自分の高齢を心配しているようだが、高齢で好成績を収めれば後進の目標にもなり得る。

04.
 飼い主が色んな情報に惑わされてコロコロ考えを変えないこと。訓練所を代えても良いが、基本は「原点の方法」は皆同じである。口がうまい、宣伝の巧拙の違いだけだと思います。

05.
 クリッカートレーニングは自主訓練ではまだやらないこと。下手にやるとタイミングを狂わせることになります。

 訓練のときには、笑顔で接し、固くならずにのびのびとした態度をすること。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:35 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/05(Wed)

第46回集団レッスンの記・その1 

【第46回集団レッスンの記・その1】

 GW中にも拘わらず、5月2日の集団レッスンに出席してきました。
今日は、jkc本部展が終わった直後で、且つ連休の中でもあったため、参加頭数が少なくてわずか5頭でした。
 秋のjkc本部展まで日数があるので、訓練の原点に帰って、エサで誘導する訓練と先生のクリッカーによる訓練をしましたが、この訓練こそ訓練らしい訓練と感じさせるもので、アランは活き活きと活気に満ちた動作を見せました。

A.集団レッスン
 左手にエサを持ち、それで誘導して、
・ アトヘ(脚側停座)
・ フセ→スワレ
・ タッテ→スワレ
の練習をしました。
 素早い動作を心がけ、且つ動かせて良い所、動かせてはいけない所を明確に区別させました。


B.その場の動作:個別訓練
 
 1頭づつやったのですがが、指導手は直立して犬を見ないこと。「どうぞ」といったら声符を出し、先生がクリッカーを鳴らしたらエサをやること。クリッカーの音だけに耳を集中させること。

アトヘ→フセ→スワレ→タッテ→スワレ

・ 秋には全員前を向いて犬の見ないように持って行く。
・ この自主練習の時には、犬をしっかり見て、やること。但し次回のレッスンでは先生が犬を見るので、犬を見ないようにすること。
・ アランはクリッカーは初めてですが、カチンの後には絶対にご褒美が出るので、犬は段々分かるようになる由。
・ エサをやるときには犬を見ても良い。
   

C.個別レッスン「L字コース」

 先生がカチンと鳴らしたら、ご褒美をやりました。
 脚側停座の声符アトヘの後は一切犬を見ないこと。横に移動もしない。

01.紐付き10mの常歩行進、往復共常歩
02.紐なし10mの常歩行進、往復共常歩
・ 犬を見ないこと。
・ 指導手が位置を変えないこと、犬に動かせること。

03.停座及び招呼
  離れて行く途中でカチンと鳴らされたので、エサをやるために途中で戻ったらアランは逃げました。それでも叱ることなくエサをやりました。2回目は逃げなかったのですが、3回目は逃げました。叱られると思い込んだようだ。約5mで呼んだ。

04.伏臥
05.立止

06.停座及び招呼
  カチンで戻っても逃げませんでした。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  04:07 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2010.05/04(Tue)

ガンドックの訓練士に会って来ました・その2 

【ガンドックの訓練士に会って来ました・その2】

 その後ラウンジで、JKCの競技会の動画を見ていただいた後、質疑応答させていただきました。

A:これだけ出来るのに、どうして競技会本番ではできないのか不思議です。

Q&A:自主訓練と競技会の違いは、

・ 競技会は待機中の臭いが多い
・ 拡声器による放送があること。
・ 審査員の有無。審査員の挙動。
・ 各種犬の吠え声。色んな犬が盛んに吠えている
・ 吠えている声を録音して、それを聞かせて慣れさせる
・ BGMの有無。

(Q:以前に犬の異臭への馴致、犬の吠え声への馴致のために、Hオールドッグスクールのグランドを4~5回お借りして、競技会形式で実技をしたことがあります。この時も「臭い嗅ぎ」はしませんでした。)

Q:自主訓練やレッスンでは臭い嗅ぎをしないが、本番の時だけ臭い嗅ぎをすること。
  ガンドックの訓練の初歩では、どんな場合でも指導手に集中する訓練をやるそうですが、それがこの場合に適しているのではと考えたのです。

A:本番に集中出来ない子は練習の時に見れば分かります。指導手の雰囲気なのか。
  本番が嫌いなのか。背中を向けることが何か問題があるのか。

Q:それが原因なら、他の科目でも臭い嗅ぎをする筈です。指導手の所為かと思って一度訓練士に競技会に出してもらった事があるのですが、この時も臭い嗅ぎをしました。

A:見せていただいた感じでは原因は思い当たりません。従って、ガンドックの初歩のように指導手に集中させても無駄のような気がします。
 見た限りでは、やりたくないわけでは無さそうですし、やることはきっちりやっている。やりたくない犬は練習の時を見ていると分かります。
・ ノーリードで指導手から離れることに不安があってカーミングシグナルとして、臭いを嗅ぐことで紛らわしているのかも知れません。

Q:指導手が離れることに不安があるのなら、「常歩行進中の伏臥」や「常歩行進中の停座」でも臭い嗅ぎするように思うのですが、それはありません。

A:練習に時にはやらないのに、本番では出るのは上記単独ではなくて、何かと複合しているのかも知れません。

・ 臭い嗅ぎに集中しているのではなくて、ある種の不安を紛らわしているのかも知れません。
・ 何で不安か、競技会では有って、練習の時には無いもの、に注目すべきかも知れません。
・ 嫌々やっている犬もいるが、見せていただいた限りでは嫌では無さそうです。



 去る4月25日の競技会での「常歩行進中の停座」で、これもうまく出来ました。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:39 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/03(Mon)

ガンドックの訓練士に会って来ました・その1 

【ガンドックの訓練士に会って来ました・その1】

 あるガンドッグの訓練所のブログで、訓練の初歩には「徹底的にマテを教える。マテを命じられたら指導手から片時も目を外さないことを教える」と書いてありました。

 そこで、その訓練所に電話して、一度見学させていただくことになったわけで、5月1日に見学に行ってきました。
アランの実技を見ていただき、又jkc春季本部展の競技の動画を見ていただき、質疑もさせていただきました。


以下、Q(私)とA(訓練士)にて質疑について記してみます。

Q:個別レッスンもやっておられるのでしょうか。
A:吠えるとか嚙む等の問題行動の場合には、単犬でやるのは適してなくて、グループでやった方がよい。


 訓練の模様を見学させていただきましたが、

・ フリーの状態にしても飼い主にちゃんと注目するか
・ ボールを投げて誘惑しても、指導手の方に付いて来れる
・ グランドワークでは、犬の行く方と常に反対方向に行くこと
・ 自由自在に動き、犬が付いて来れるようにすること。
・ 声をかけなくてもくっついて来ること。
・ 誘惑があっても、それに対抗出来る集中力と呼びには何があっても応えること。

等をやっていました。


 以下省略。


 以下、明日に続く。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:36 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2010.05/02(Sun)

再び臭い嗅ぎの矯正について・その2 

【再び臭い嗅ぎの矯正について・その2】

 4月29日の城北訓練士会での最大の収穫は○○訓練士(今回は審査員ではありませんでした)に直接お話する機会を持てたことでした。
 話の詳細は省略させていただきますが、アランが、

・ ○秘の訓練法を採用すれば、
・ 仕方なくやっている感じが、楽しく競技する表現になり、
・ 楽しくなると集中も良くなり、よそ見や臭い嗅ぎも無くなる


と云う感じの話であり、アランは今の状態よりももう1段ステップアップ出来るかも知れません。
 百聞は一見に如かずで一度見学に来るようにとのことでした。


又、他の訓練士さんの話では、停座及び招呼の臭い嗅ぎの矯正には

・ 待たせて離れるとき、離れ際にうしろに物を投げ落として犬の注意を惹いてみる。
・ 招呼は、一緒に走りながら呼んでみる。
・ とにかく従来とは毛色の違った練習をする。


尚又ある方の話でも

 英国の人?のセミナーで聞いた話として、待たせて離れる場合には、顔、耳、鼻は常に正面に向けてピクリとも動かさないこと。少しでも動いたら、戻ってリードでショックを入れ、元の位置に戻って最初からやり直す、ということだった由。


 去る4月25日の競技会での「常歩行進中の伏臥」、これは「執着的臭い嗅ぎ」もなくうまく出来たものです。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:40 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT