新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2011年04月
2011.04/30(Sat)

自主練を再開・常歩行進中の立止 

【自主練を再開・常歩行進中の立止】

 常歩行進中の3作業でフセ、スワレ及びタッテをコマンド後瞬時に動作させ、その後1歩も動かさないためには、次の方法が良いようです。
 
 「常歩行進中のタッテ」を例にして説明します。

1. アトヘで左足から小幅に3歩、次に比較的ゆっくり目で7歩行進して、右足を出したときに“タッテ”を命じて左足を出さずに止める。(一時停止)
2. 上記が完全に出来るまで練習します。
3. 次には、右足を出した後、ゆっくり左足を出します。
4.この右足を出した後左足を出すまでの時間を段々短くして行けば良いようです。

 
 今までは「常歩行進中の立止」では“タッテ”のコマンドと同時に止まることが出来ず、惰性で1~2歩位歩いていました。又、「棒飛び(片道)」でも、飛越後“マテ”のコマンドと同時に止まることが出来ず、惰性で1~2歩位歩いていました。

 これをコマンドと同時に止まれるようにしました。“困ったときは基本に帰れ”の言葉通り、「常歩行進中の立止」では一時停止方式からやり直し、それから徐々に改善を図って行きました。

 「常歩行進中の立止」が完璧に出来るようになりましたら、「棒飛び(片道)」も“マテ”のコマンドと同時に止まることが出来るようになりました。


 昨29日に、ハウスショウで行われた「犬の手入れ教室」に参加して来ました。6項目に亘って約2時間半、講義、モデル犬による実演及び同伴犬の実地と充実した内容でした。ブラッシング一つとっても今までの自己流がなっていなかったことが分かりました。中でも「肛門腺絞り」は難しいものでした。
 今まではペットサロンに任せっきりだったのですが、今後は出来るだけ自分でやる方向に持って行きたいと考えています。
 この内容については明日以降アップしたいと思っています。



スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:37 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2011.04/29(Fri)

自主練を再開・常歩行進中の伏臥 

【自主練を再開・常歩行進中の伏臥】

  常歩行進中の3作業でフセ、スワレ及びタッテをコマンド後“瞬時に動作”させるのは、アランの場合は次の方法が良いようです。
 
 「常歩行進中のフセ」を例にして説明します。

1. アトヘで左足から小幅に3歩、次に比較的ゆっくり目で7歩行進して、右足を出したときに“フセ”を命じて左足を出さずに止める。(一時停止)
2. 上記が完全に出来るまで練習します。
3. 次には、右足を出した後、ゆっくり左足を出します。
4.この右足を出した後左足を出すまでの時間を段々短くして行けば良いようです。


 アランは、時としてフセのコマンドをかけても、身を屈めながら結果としてフセの完了までが遅いことがあります。これさえ無ければ、この科目は申し分ないと思っています。フセの完了までが遅いことが起こらないように注意する必要があると思っています。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:21 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2011.04/28(Thu)

自主練を再開・停座及び招呼 

【自主練を再開・停座及び招呼】

 個人レッスンのときの「停座及び招呼」は、自主訓練のときや集団レッスンのときとは異なるようです。それはT所長のプレッシャーの有無の差だろうと思っています。

 個人レッスンのときには、

・ 停座させて待たしているときに、前に行きたくて膝行り現象が出勝ちであること。
・ 正面停座させようとしているのに、直接停座してしまい勝ちであること。
・ 活気があり、動きが良い犬は、逆に前に出やすいのでしょうか。

 集団レッスンのとき、全頭一斉で「常歩行進中の停座」や「停座及び招呼」等で静かに待ちきれないで尻を浮かせそうになることがあります。そのことについてT所長に訊きましたところ次のような回答でした。

・ これについては集団レッスンで矯正をやっていればそれで良い由。
・ アランは回りの犬に刺激されて尻が浮き気味になっている。
・ アランは競争心が強すぎるために、他の犬に先駆けて行くようなタイプのようです。
・ これが無くなれば、単独の場合は完全に尻を浮かせなくなると云うことでした。

 停座させて離れて行くときには、マテで離れて、直ぐに再度マテをかけてみようと思っています。これは膝行っていなくても云うことにしています。但し、効果があるのかどうかは分かりません。


 ある方のブログを読んでいましたら、正面停座について次の記述がありました。

・ 短い距離からまっすぐ来ることを刷り込み直していき、徐々に距離を伸ばして行く方法。
・ 「アトヘ(脚側の位置)」と「フロント(正面の位置)」のコマンドをきっちりと使い分けらえるようにすること。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:53 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2011.04/27(Wed)

集団レッスンの記・その2 

【集団レッスンの記・その2】

 ダンベルの練習をしました。

01.ダンベル。モッテ
  口の前5cm位に持って行き、モッテで自発的に咥えさせ、アトヘで歩き出す。
02.
  口の前30cm位離れて、モッテを指示し、自発的に咥えさせ、アトヘで歩き出す。
03.
  目の前30cmにダンベルを置いて、ダンベルを指さしてモッテを命じ、咥えさたら
アトヘで歩き出す。
04.
  脚側停座させたモッテで咥えさせ、10m行進する。

05.置き持来
・ 5m前方にダンベルを置きに行く。
・ 1頭づつモッテコイをやる。
・ 待つ間は犬を坐らせて待つ。
・ アランは4番目だった。アランは置き持来はやったことが無いし、又待っている時間が永かったので、目標を見失って仕舞い、目標に到達するまでに余計な動きしました。ので、ダンベルを投げて持って来させる時のような機敏な物品持来は出来ませんでした。


 今のアランの喫緊の課題は“チューイング”の矯正だけです。残念ながら、上記はこの矯正には役立ちそうにありません。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:24 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2011.04/26(Tue)

集団レッスンの記・その1 

【集団レッスンの記・その1】

 4月24日(日)にT所長の集団レッスンを受けて来ました。受講生は10頭でした。
アランの失敗の事例等を列挙してみました。

01.スワレ+マテで離れ→アランだけ指示により戻る(腰浮かせた)→(再度離れる)スワレ→離れる→呼び、フロント→正面停座→アトヘ(脚側停座へ)→アトヘ(行進)

02.(全頭一斉に)、スワレからの招呼→30歩離れる→アランは膝行ったようだ→10m位まで戻って対面→マテマテ連呼(他の人が呼んでいる間)→(遅れて)フロント→アトヘ(脚側停座へ)→アトヘ(戻りの行進)

03.その場のフセから→タッテ(坐った)→タッテ(2声符)→スワレ(フセからタッテは命令を強く発する必要あり)

04.全頭一斉に、目を瞑って5歩進んでスワレを命じ、目を開けて5歩進む。(体符や誘導を排除するため目を瞑って行進し命令)

05.1頭づつ同上。

06.常歩行進中のフセ
  フセているのに、指示によりフセのコマンドをかけると坐ってしまった。

07.限界の距離まで目を瞑って、常歩行進中のフセ(犬を踏むのではないかと不安が一杯)
08.再度
09.今度は、10m位でフセを命令。

10.指名によりアランだけ、
  常歩行進中のスワレ。スワレの反応は良かったが指導手が離れて行く時に尻を浮かせたので、見ていた先生が叱りの意味を込めてスワレを命じました。

11.再度やり直したら、先生の叱りが効いて尻を浮かせはしませんでした。
・ 指導手の場合、“なあなあ”になっている節あり。(そんなことは無いつもり)
・ 指導手の場合、緊張感が無い。(そんなことは無いつもり)
・ 指導手の場合、そこまで重視していないか。(そんなことは無いつもり)
・ 犬によそ見等余計な動きをする余裕を与えている。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:16 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2011.04/25(Mon)

自主練を再開・その2 

【自主練を再開・その2】

 昨日書いた4科目について、その詳細を記してみます。

01.脚側行進中に常時見上げ続ける訓練
  脚側停座や脚側行進のときに、どうしても指導手を見上げないとき(集中しないとき)があります。
こういうときには、一例として“アラン♪”と名前を呼んで見上げて目が合ったら褒めることにより、見上げ続けさせることが出来ることが分かりました。

02.一発伏臥
  以前ちょっと練習していたことのある「一発伏臥」の特訓は、今は止めています。
しかし、アランは「セッ!」のコマンドで一発伏臥には及ばないものの、相当迅速に伏臥するようになっています。今のところは、この状態でも良いのではないかと思っています。
 尚、「セッ!」については、コマンドを短くして、しかも歯切れ良くすることを狙って、このような形にしています。

03.立止
 「その場の立止」はタッテと命じたら、犬は前足を動かさず(前足の位置を変えることなく)に立ち上がることが必要です。
 このためには脚側停座のときに、犬に対して立つ位置を考えて、“タッテ”を命じれば見上げたままスックと前足を動かさずに立ち上がります。但し、この時犬は指導手を見上げていることが必要です。

04.停座のレスポンスの改善
   アランは停座が遅いという指摘を競技会で受けたことがあります。コマンドに対する反応は良く、コマンドと同時に尻を下ろし始めるのですが、地面に下ろす間際から遅くなることが分かりました。
  この動作の改善のために、
・ 反転開始まで行進時に脚側位置から離れさせないこと。
・ アトヘをタイミング良く、気合いを込めたコマンドとすること。

により改善するようです。

 普通出発点に戻ってからの脚側停座は被り過ぎたり、回転不足だったりすることがあります。
アトヘを命じて反転するまでは正面を向いていますが、次に脚側停座させるときに、下半身は正面を向けているが、上半身及び顔は左に捩って体符で犬を誘導するようにしています。時々は上半身及び顔を左に捩らないで正面を向いたままにすることもありますが犬は正しく脚側停座するようです。
 自主訓練等練習のときに、上記方法をやっていますと、犬はそれが習慣になって、競技会本番のときには体符で誘導しなくても正しい脚側停座をするようです。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:42 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2011.04/24(Sun)

自主練を再開・その1 

【自主練を再開・その1】

 アランの体調が悪いため休んでいた自主訓練を再開しました。集中の継続及び俊敏性の確保のために、下記のような訓練から始めました。

01.脚側行進中に常時見上げ続ける訓練
  紐付き脚側行進及び紐無し脚側行進にて、脚側停座から脚側行進まで、常時見上げさせ続けること。
・ 全体的に行進速度のupを図る。
・ 戻りの速歩では指導手にぴったり付いて離れないこと。
・ 最後の脚側停座では素速く坐れること。

02.一発伏臥
  伏せる際には前足を段階的に折って伏せていましたが、両前足を揃えて一挙に出して伏せること。
 手にエサを持って、フセッ!の声符と共に、その手を急激に下げると出来る(どの犬でもこういうやり方ではするそうです。)のですが、この方法では無意味だそうです。

03.立止
  タッテ!の声符で立つときに、前足の位置は動かさないで、後ろ足だけ動かして立つこと。
  脚側停座している犬の前足の状態と犬に対する指導手の位置に注意しながら「立止」させますと前足を動かさずに立つことが出来るようです。

04.停座のレスポンスの改善
  「常歩行進中の停座」の場合、5mマークでフセッ!を命じますと、直ぐ反応するのですが、地面に近づくまでは速いのですが、それからはジワッと尻を付けていることがあります。
  これをフセの命令に反応すると、地面に尻が付くまで「ストン」と動作することが必要なようです。
  この矯正に当たっては、行進中のこともあり、且つパピヨンは長毛のため、尻落ちの況が見え難いこともあり、ビデオで確認しても、後の祭りで直接的には矯正の役に立たないのが悩みでした。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:16 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2011.04/23(Sat)

個人レッスンの記・その2 

【個人レッスンの記・その2】

C.PDの科目の講評他

01.脚側行進
・ 若干スピードを上げること。
・ 曲りは急に曲がること。節度を付けて曲がること。動作は節度を付けて行うこと。
・ 手をきっちり振ること。
・ 集中が不足していた。
・ 常歩から速歩に移るときのターンが良くなかった。

04.常歩行進中の立止
・ 瞬間的に止まらなかった。

05.物品持来
・ 脚側停座で尻浮きに注意
・ カミカミのときは、した瞬間に“モッテ!”と強く云い、止めたら褒めること。
・ エサで止めさせるのはダメ。カミカミをして止めるとエサが貰えると誤解する。
・ アランはちゃんと保持することをまだ理解していない。
・ T所長を見ているときにはカミカミをしていない。あることに集中しているときはカミカミしない。

・ ダンベルを投げる位置は正面よりも左寄りにした方が正面に戻って来やすいようです。右側寄りに投げますと、咥えてから右回転(時計回り)すると正面停座は右側に着いてしまうようです。

06.障害飛越(片道)
・ トベを命じるときは手を前に出さないこと。
・ 跳ばしてマテは早めに命じること。

・ 跳んで向き直ってマテするのですが、向き直るとき右回転したり左回転したりします。障害板の左側を跳ばせると左回転して、好位置に立てるようです。(障害板の右側を跳ばせると右回転してしまい、障害板に接近しすぎ




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:30 |  個人レッスン  | CM(0) | Top↑
2011.04/22(Fri)

個人レッスンの記・その1 

【個人レッスンの記・その1】

 個人レッスンは、4月6日はアランの体調が悪かったのでキャンセルしましたので、20日に1ヶ月強振りの個人レッスンを受けて来ました。
 来月の1日にPD競技会に出るので、それを見て貰うのとCD―Ⅱを見て貰いました。
この日は寒い日で、トレーナーを羽織ってもまだ寒い位でした。

CD―Ⅱを2回通しで見ていただきました。


A.1回目の講評

01&02.脚側行進
 復路のスピードをもう少しアップした方が良い。今の状態では犬に合わしているようにも見える

03.停座及び招呼
・ 停座及び招呼でフロントを命じたのに直接停座してしまいました。これは集団レッスンの時や自主練のときには無いことです。個人レッスンではT所長のプレッシャーをダイレクトに受ける影響だそうです。
・ 招呼はT所長を気にしていて、指導手に集中していないから直接停座に着いているようだ。個人レッスンでは直接停座の割合が多い。


 全体的には、
・ 少し元気がない。いつもよりテンションがちょっと低い。それが逆に影響して落ち着いてやっているようにも見える
・ T所長を気にし過ぎている。動き自体は問題ない。もう少し指導手に集中させれば尚良い。


B.2回目の講評他
 今度は要所要所でT所長がアランに接近してプレッシャーを強める方法でやりました。

01.脚側行進
・ T所長が至近に位置にいるので、それを気にして脚側停座の姿勢を仲々取りませんでした。
・ 速歩行進はもう少し小股にして速くした方が良い。

03.停座及び招呼
・ エサで誘導して正面停座してはダメ。それはエサに釣られているだけだ。
・ 呼んで2.5m位の位置に近づいたら左足のつま先を外に向けて開く。
・ とにかく、指導手に集中させること。
・ 個人レッスンで失敗したからと云ってガッカリすることは無いこと。(T所長がいないときには問題無く出来る筈だ、の意味か)

08.常歩行進中の立止
・ タッテは瞬間に止まってはいるが、その場で1回踏み換えているので注意すること。


 終わって次の番のレッスンを見ていましたら、

・ 紐付きで小回りさせる練習
・ その場で回転して小回りで着いて来させる練習

が参考になりました。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:55 |  個人レッスン  | CM(0) | Top↑
2011.04/21(Thu)

警察犬(PD)競技会に出陳予定 

【警察犬(PD)競技会に出陳予定】

 一昨昨日位から、アランはやや固い便になって来ました。実は17日の日曜日に1ヶ月強振りに集団レッスンに出席したのですが、何だか今一つ元気がありませんでした。

 早く練習を始めなくては、と気持ちは少々焦り気味なのです。5月1日に守谷市大利根運動公園で行われる茨城県警察犬指導手会主催の、「第7回水戸黄門杯争奪訓練競技会」の「服従作業3-0」に「警察犬種外」で出ることにしているからなのです。
 この大会は、jkcの競技会が6月22日のFCIインターナショナルトライアルまで無いので、薦めて下さる方が有ったので出ることにしたのです。

 科目は6科目と少なく、
1. 紐無し脚側行進(クランク状、往路常歩及び緩歩、復路速歩)
2. 常歩行進中の停座及び招呼
3. 常歩行進中の伏臥及び招呼
4. 常歩行進中の立止
5. 物品持来
6. 障害飛越(片道)

です。わずか6科目で出陳料8千円はちょっと割高のような感じもします。

 アランは「物品持来」が”競技的”には得手ではありません。特にテンションが高い時には減点の要素が多いと思っています。これ以外の科目では、アランの体調が通常の状態なら多分満点近くの得点は取れるのではないか(その日の出来具合次第ですが)と思っています。

・ 脚側停座させてダンベルを投げたときに、ダンベルを取りに行きたくてウズウズしてしきりに身体を上下させるのです。OPDESの競技会でも「もう少し静かに待てるように」という講評を何度ももらいました。

・ ダンベルを取りに行き、持って来るスピード等はピカイチに近いと思っています。

・ ダンベルを持って来て、正面停座するときの指導手からの離れがまだ一定していません。
出たとこ勝負の感じです。

・ ダンベルを咥えたときカミカミをします。大分納まっては来たのですが、これも「出たとこ」勝負です。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:01 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2011.04/17(Sun)

満2周年 

【満2周年】

 アランが集団レッスン教室に通い出したのが一昨年の4月16日ですから、昨日で満2年が経つことになります。
 お陰様で昨年永年の懸案である、「jkc本部競技会華の3部の理事長賞」を取ることが出来ました。
アラン懸案の「執着的な臭い嗅ぎ」も約5年以上かかってやっと矯正出来た?かになりました。その間、訓練士を代えること4回、4回目にしてやっと解決出来る方に巡り会えました。



 以下、初回(平成21年4月16日)の日記です。

『 時々集中が切れることが目に付いたそうです。それは指導手の目が届かない所から始まっているようでした。最初の内は遠慮しながら口で臭いを拾っているようです。見ている時は、練習中も注意しているので、臭いを拾わないが、アランは臭い嗅ぎのコツを掴んでいて、指導手の目が離れる一瞬の隙に臭いを拾い、そこで特に気になる臭いがあったりすると本格的な執着的臭い嗅ぎに発展するようです。

 ターンする時は犬の顔が一緒に回らなければいけませんが、指導者の身体の向きに同調して犬の顔が回るのではなくて、一瞬犬の顔が外を向いたり、下を向いたりしてから、それから回っている。犬の顔が外を向いたり、下を向いたりした時に口で臭いを拾っている。
このことに指導手は気が付かないことが多い。 』




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:16 |  その他  | CM(0) | Top↑
2011.04/14(Thu)

アランのその後 

【アランのその後】

 アランは「吐き気」は止まったし、「下痢や血便」も止まり、「食欲」は出て来たし、軽く散歩もさせられるようになって来ました。快方に向かっているものと思っていますが、今の段階ではその確証がない状態です。
 アランと接していても、何だか元気が今一つありません。今脚側行進をやったとすれば、きっと元気な頃のアランの面影すらないだろうと思われます。

 アランは実に重症でした。一時はこのまま弱って行って死んでしまうのではないかと思った程です。
1月10日に猫を亡くしています(同じ病院です)ので、その猫の最後の頃の容体が頭をよぎりました。
 入院を勧められたことが2回ほどあったのですが、入院させてしまうと、どんな治療を受けたのか分かりませんし、何よりも「突然の死亡の連絡」が怖かったのです。動物病院の騒がしいケージの中で、半ば放置されて最期を遂げる光景を想像すると、とても入院させる気にはなりませんでした。日に何回通っても、目の前で治療をしてもらい、最期はこの腕の中に抱いて看取るつもりでした。
 日に2回、動物病院に通ったこともありますし、定休日にも通いました。あれ程むちむちと筋肉が付いていた身体も、げっそりと痩せて3.2kgまで落ちました。

 まだ便は軟便の状態です。今日明日には動物病院に行って追加の検査が必要かどうか伺ってみるつもりです。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:39 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑
2011.04/10(Sun)

体調を崩して18日目 

【体調を崩して18日目】

4月9日18時以降
 昨日18時以降、変化はありませんでした。



4月10日
 今日も朝6時に起床してみると、室内トイレには「大」はありませんでした。

 朝食は「療養食4gと通常のフード11g」の計15gと粉薬を与えました。粉薬は水で練って与えていたのですが、今朝試して見ましたらお皿から直接舐めてくれました。
それからトイレ散歩に連れ出しまして、7時30分頃、所定の場所に着いて間無しに「大」をしてくれました。19.5gありました。未だ柔らかさは残っていますが、拾い上げるには困らない固さでした。食事量を徐々に増やしていますので、「大」の量も徐々に増えているものと思われます。

 アランは久し振りに散歩して遠回りして帰りました。まだ体力が回復していないと思われるので、抱っこ7分歩き3分の散歩となりました。

 7日に動物病院に行って以来通っていませんが、もう完治したと云っても良いのではないかと思っています。
(9時45分現在)



 10時半頃から、昨日篠原警察犬訓練所に行った時に見つけた江戸川河川敷の流山市運動公園に散歩に行ってみました。
 アランの体調不良にかまけている間に季節は進み、桜や菜の花が満開でした。

 お昼は「療養食4gと通常のフード11g」の計15gを与えました。
(14時30分現在)


 流山市運動公園の手前に香取神社と云う小さなお宮があり、桜並木が綺麗でした。

2011-04-10・1

2011-04-10・2


 流山市運動公園は江戸川河川敷の武蔵野線の鉄橋とツクバエキスプレスの鉄橋との間にありますが、公園にに下りる所から上流側の菜の花で一杯でした。

2011-04-10・4


 同じく下流側を見ても菜の花で一杯でした。遠くに見える鉄橋がTXの鉄橋です。

2011-04-10・3


 菜の花をアップで。

2011-04-10・5


 我が家の花木です。純白の椿です。

2011-04-10・6


 草ぼけです。

2011-04-10・7


 洋椿です。

2011-04-10・8

14時20分以降の分です。

 夕方のトイレ散歩では、16時20分に「大」を13.5gのものをしました。

 夕食は「療養食4gと通常のフード11g」の計15gを与えました。

 今日も日に2回の「大」でした。これで3日連続で、日に2回が続いています。
(19時45分現在)






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:48 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑
2011.04/09(Sat)

体調を崩して17日目・その2 

【体調を崩して17日目・その2】

8時15分以降について記述します。

 昼食は「療養食5gと通常のフード8g」の計13gを与えました。

 14時からペットサロンでお手入れして貰いに3頭を連れて行きました。最安のコースのグルーミング、爪切り、パットの毛刈り、肛門腺絞り及び耳掃除だけです。
 その足で篠原警察犬訓練所に用事を足しに行きました。篠原訓練所は江戸川沿いにあって、犬の訓練には河川敷の流山市運動公園が使える好立地にあります。

 アランも散歩させたのですが、16時に「大」を2欠片、14.5gしてくれました。まだ柔らかいのですが、摘まみ取れる程形状はしっかりしていました。

 夕食は「療養食5gと通常のフード8g」の計13gと粉薬を与えました。

 今日は朝8時に12g、夕方16時に14.5gと2回「大」をしたことになります。昨日も一日2回の{大」だったので、これが「定期便」になってくれれば良いと思っています。
(18時現在)





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  18:06 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑
2011.04/09(Sat)

体調を崩して17日目 

【体調を崩して17日目】

4月8日
 この日の14時30分以降について記述致します。

 16時前になってトイレ散歩に抱っこして行き、所定の場所で粘っていましたら「大」をやっとしてくれました。16時5分のことです。軟便ですが一応形のあるものを一欠片してくれました。今日2回目の「大」でした。

 夕食は療養食6gと通常のフード6gの計12gを与えました。直後に粉薬を練って、上顎に塗ってやりました。粉薬はほんのちょっとした量なので、水加減が難しく、薄くなりすぎた場合はスポイド作戦です。


4月9日
 朝起きて見て室内トイレに「大」が無いとほっとします。朝食は「療養食5gと通常のフード8g」の計13gを与えました。直後に粉薬を練って与えました。食事は療養食を段々減らして通常のフードを段々増やして行くようにしていくつもりです。

 その後トイレ散歩では、8時に「大」を一欠片(計ったら12gでした)をしてくれました。まだ柔らかいのですが、昨日の便よりも形状がしっかりしています。

 獣医さんからはIBDの可能性は否定されず、次はファイバー検査かと覚悟はしていたのですが、これで快方に向かうことを願っています。今までも快方に向かっているかなと思ったことがあったのですが、獣医さんの指示で食事量を一気に増やして失敗しました。
これに懲りて今回は徐々に徐々に増やしていくことを考えています。

 明日日曜日は集団レッスンの日ですが、明日は休んで来週から出席出来ることを願っています。
(8時15分現在)




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:30 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑
2011.04/08(Fri)

アラン逆戻りか?・体調を崩して16日目 

【アラン逆戻りか?・体調を崩して16日目】

4月7日
 5月22日に開催予定の東京ブロック競技会は中止になりました。これで6月26日のFCIインターナショナルトライアルまで競技会無しです。今体調が悪いアランにとっても、今後3ヶ月近くも大会がないと、治っても目標が無くて自主訓練に身が入らない状態が続きそうです。

 夕食は療養食11gと粉薬を与えました。昨日の朝7時以降まだ「大」はしていません。

4月8日
 アランが体調を崩してから16日目です。
今朝7時前に、ラヴィをトイレ散歩に連れ出している間に、アランは室内トイレで「大」をしていました。軟便なのですが、一応形があるものでした。昨日よりは遙かに良い「大」です。
 朝食は療養食6gと通常のフード6gの計12gを与え、その直後に粉薬を与えました。
昨日以来小康状態を保っているようで、このまま良くなってくれると良いのですが。
 9時ころトイレ散歩に行った(往復は抱っこしていました)のですが、「小」はするのですが、「大」の兆候はありませんでした。

 今日は動物病院には行かずに様子を見るつもりです。

 昼食は、療養食6gと通常のフード6gの計12gを与えました。粉薬は一日2回なので昼のは与えていません。その後は「大」をしていません。(14時30分現在)




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:41 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑
2011.04/07(Thu)

アラン逆戻りか?・その3(通院11日目) 

【アラン逆戻りか?・その3(通院11日目)】

 6日の夕食は新しい療養食9gと粉薬を与えました。「大」は朝7時以降していません。

 病名が分からないままに経過していますが、今までブログのコメント欄で可能性の指摘を受けたのは「アジソン病」と「IBD」です。
 しかし「アジソン病」はNaとKの値からその可能性は否定されました。
「IBD」も血液検査の結果、TPの値が正常範囲なので、その可能性は低いとは思いますが提起して見るつもりです。
 「レントゲンに写らない素材の誤飲説」についてはどうやって調べるかも提起して見るつもりです。

 今朝も、朝食に療養食10gと粉薬を与えました。今朝はまだ「大」はしていません。1回に与える食事量が少ない(正常時はフード18g×3回+ササミ約20g/日)、即ち30g弱/日なので「大」をしないのか、昨日の注射が効いているのか分かりません。
 アランは心なしか元気が今一つありませんが、昨日よりは良いようです。

 今日も病院に行って来ました。IBDについては、未だ疑いは残っていると云うことでした。あと3~4日しても下痢が治らない場合には大腸ファイバー検査をし、病変部があれば組織を採取して病理検査に出すことを提案されました。
 今日は点滴はせず、注射だけして貰いました。

 帰宅後、昼食として療養食10gを与えました。10gをガツガツと食べてあっという間に食べ終わりました。
もっと欲しそうにしていますが我慢させています。まだ「大」はしていません。「大」の間隔が永いほど腸は正常に近いそうです。(12時現在)





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:25 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2011.04/06(Wed)

アラン逆戻りか?・その2(通院10日目) 

【アラン逆戻りか?・その2(通院10日目)】

 今朝のアランは元気がなく、反応が鈍いようでした。いつもは近寄ってうるさくしたり、まわりをちょこちょこするところを、静かに横になっています。

 今朝は7時に室内トイレで下痢をしました。粘液の混じった相当酷いものでした。
昨日夕食に与えた新しい療養食と水に溶いた粉薬に期待していたのですが、この期待感も吹き飛びました。でも朝食は新しい療養食14gと水に溶いた粉薬を与えざるを得ませんでした。いつになったら下痢とお別れ出来るのか、お先真っ暗です。

 今日も動物病院に行ってきました。体調が悪くなってから14日、動物病院に通いだしてから12日にもなります。今朝の便は粘液便に血が混じっているということでした。

 触診、体温共異常なし、体重は3.2kgでした。血液検査でも肝臓障害を示すGPT/ALT以外は全て正常と云うことでした。

 取りあえず点滴をして、注射液は下痢止め、止血剤、及びビタミン剤を入れ、その後劇症緩和のためにステロイド剤を注射していただきました。

 帰宅後、お昼は新しい療養食9gと粉薬を与えました。(15時現在)


 激しい下痢を繰り返す、血便、嘔吐、急激に痩せる等の症状はある(あった)のですが、おなかを触っても痛がりません。

 netで検索しましたパルボウイルス感染症、コロナウイルス感染症、ジステンパー、についてはワクチンをしていますし、症状からも可能性はないだろうと云うことでした。
 出血性胃腸炎については小型犬に多く見られるということですが、これと大腸炎について可能性ありと云う話でした。尚、膵炎については念のために血液の精密検査の結果疑いは晴れています。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:09 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2011.04/05(Tue)

アラン逆戻りか? 

【アラン逆戻りか?】

 昨4日のその後は、
 夕方、外にトイレに出て、少々永い時間待っていましたら、16時40分に「大」をしてくれました。相当の軟便、と云うか下痢に近いものなので、事態を楽観視していただけにショックでした。
 夕食は、昼食よりも減らして、鶏肉20g+少々のヨーグルト+粉薬(抗生剤)、30分後にヨーグルト+粉薬(整腸剤+消化剤)を与えました。が、この量でも多いのかも知れません。ヨーグルトが軟便の原因かも知れないので、明朝からは外してみることにします。


 5日の朝食はd.b.f缶16gにして、粉薬はd.b.f缶の汁で溶いてやりましたところ、盛んに舐めてくれました。
7時45分に「大」を少々したのですが、相変わらず下痢に近い軟便でした。

 今日は、去る2日以来の通院でした。今朝の「大」を持って行き見て貰いました。
下痢気味であることは確かですが、消化はしているということ、血便は無いとのことでした。d.b.f缶が体質に合わない可能性もあるということでした。体温平熱、体重は3.24kgで可哀相な位痩せました。
 新しい療養食を試してみることを薦められました。粉薬を新しく貰って飲ませ続けるようにということでした。

 昼食は新しい療養食15gを与えて様子を見ることにしましたし、夕食は新しい療養食14gと水に溶いた粉薬をスポイドで口に流し込みました。


 吐き気と血便は止まったので、後は下痢が止まってくれることを願うだけです。
                                       (19時現在)




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:36 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2011.04/04(Mon)

今日のアラン 

【今日のアラン】

 昨3日は、
夕食は、鶏肉25g+少々のヨーグルト+粉薬(抗生剤)、30分後にヨーグルト+粉薬(整腸剤+消化剤)を与えました。
 18時20分にウンチを二欠片しました。軟便ですが、一応形はある状態でした。

 この日は、昨日に続いて動物病院には行かず、貰っている薬を飲ませ様子を見ることにしました。


 今朝起きて見るとウンチはしていませんでした。昨日も大の方は1回だけだったし、これで下痢は治ったものと思われます。一日2回の粉薬2種も、今夕からは「整腸剤+消化剤」だけにしようと思っています。そして6日か7日には動物病院に行って“その後の経過報告”と“今後の対処”について相談して見るつもりです。

 朝食は、鶏肉25g+少々のヨーグルト+粉薬(抗生剤)、30分後にヨーグルト+粉薬(整腸剤+消化剤)を与えました。d.b.f缶はあと1缶あります。凡そ6食分ですから、明日辺りからはドライフードを混ぜて見ようと思っています。

 昨日までは元気が無くて心配だったのですが、やっと活発な動きを見せるようになって来ました。

 トイレは室内に有るのですが、屋外の方がし易いようなので、決めた場所まで抱いて行き、抱いて帰るようにしていますが、「小」の方しかしていません。

 自主訓練のことですが、一発伏臥やその場の立止、俊敏な停座、等々JKC本部展に備えてほぼ出来かけていました。それがどうなったかが問題です。次の競技会までには日にちがありますのでひとつづつでも、確認して行こうと思っています。今週いっぱいは休ませて、次の日曜日から練習を再開出来たらと考えています。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:39 |  犬の体調  | CM(0) | Top↑
2011.04/03(Sun)

アラン通院(連続8日目)と不調11日目 

【アラン通院(連続8目)と不調11日目】

4月2日
 6時15分に起きて見ると、嘔吐も下痢も跡が有りませんでした。昨日の「鶏肉+ヨーグルト少々+粉薬」の食事が正しかったものと思われます。

朝食は鶏肉8g+少々のヨーグルト+粉薬、食欲はあるが、元気がない状態でした。

今日、動物病院に行って気がかりな点につき訊いてみたのですが、気にかける必要はないようです。
1.
 食べさせている量が少なすぎるとカロリーも栄養も不足してくるし、症状が消えて来たので量を増やして行くこと。余り空腹過ぎると胃酸で十二指腸辺りにもダメージを与える畏れがある。
2.
 食欲を見るために院長が手で鶏のササミを出しましたらガツガツして食べていましたし、診察台の上で院長から手渡しで食べて、しかも院長の手まで舐める位だから食欲はあると笑われました。
3.
 肝臓の数値だけが、3月26日には一寸高かったが、28日の検査では若干改善していた。すこし日を置いて検査する。
4.
 今日は点滴を行わないで、下痢が止まったので弱い吐き気止めだけ注射する。この前出した粉薬は下痢止め、胃腸薬、消化薬なので、今後は胃腸薬と消化薬に変える。

 診察が終わって、トイレをさせるために外で軽く散歩をしました。その際10時15分に1回だけウンチをしましたが、まだ若干どろーっとして固さが十分でない便でした。

昼食は鶏肉12g+少々のヨーグルト+粉薬、食欲はあるけれども今一つ元気がない状態が続いています。

夕食は鶏肉15g+少々のヨーグルト+粉薬(抗生剤)、30分後にヨーグルト+粉薬(整腸剤+消化剤)を与えました。そして20時頃飲むヨーグルトを1スプーン舐めさせました。
 最初の内はヨーグルト短味では食べるのですが、それに粉薬を混ぜますとそっぽを向いてしまうのです。そこで指に取って舐めさせると舐めてくれることが分かりました。又、飲むヨーグルトなら粉薬を混ぜても直接お皿から食べることも分かりました。

 通常の食事量はドライフード18g~20g/回×3回に、訓練の際にはご褒美として10~13gを細かく別けて良く出来た場合の「認め印」代わりに与えるようにしています。
 今まで絶食を続けて、この夕食でも鶏肉15gですから、訓練の際のご褒美の量くらいです。これではまだまだ元気が出て来ないようです。

4月3日(日)
 今日は10時から我が団地の自治会総会でした。日曜日は集団レッスンの日なのですが、アランのこの体調では参加は無理です。6日(水)も個人レッスンを予約していたのですが、これもキャンセルしました。

朝食は、鶏肉18g+少々のヨーグルト+粉薬(抗生剤)、30分後にヨーグルト+粉薬(整腸剤+消化剤)を与えました。

昼食は、鶏肉20g+少々のヨーグルト、3時には10g+少々のヨーグルトを与えました。(鶏肉20gや10gはd.b.f缶だとほんのちょっぴりです。)


昨日の10時15分にウンチをしてから、まだ1回もしていないのが気になります。(16時現在)




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:23 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2011.04/01(Fri)

アラン通院(連続7日目) 

【アラン通院(連続7目)】

 2時半に私が目を覚ましててトイレを見ましたら軟便をしていました。一応形は保っている状態でした。6時に起きましたら軟便をしていました。これは血の量は少なかったのですが、形を留めない程の軟便でした。

 今朝のアランは活気がなくてぐったりと憔悴しきっていました。

 朝食はリンゴのすり下ろし1/8個の半分とふやかしたフード3.5gを与えました。食欲はあるようですが、やはり元気がありません。


 今朝も病院に行って点滴と注射を打って貰いました。注射は食欲が出て来たこともあり、減らすそうで、止血剤、抗生剤と下痢止めの3種類になりました。
食欲が出て来たので、昼食からは整腸剤と抗生剤とは粉薬で与えるように云われました。

 所が、診療が終わって、外で軽く散歩をさせた後、クレート内を覗いて見ましたら、あさ食べた少量の食事を吐いていました。病院に来る途中で気分が悪くなったのではないかということでした。


 昼は、鶏肉4g+ふやかしたフード4gに整腸剤を混ぜてやり、30分後にヨーグルト少々に抗生剤の粉薬を混ぜて与えました。今まで相変わらず元気はありません。

 夕食は鶏肉10gを与え、その後にヨーグルト少々に抗生剤の粉薬を混ぜて与えました。
この後30分後にヨーグルト少々に整腸剤を混ぜて与えます。
量的に満足な量を与えていないものですから、ガツガツと食べて一瞬の内に食べ尽くしました。

 現在までのところ、吐いていませんし、ウンチも朝食以降まだしていません。この後も嘔吐しないことを祈るのみです。(19時現在)



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:08 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |