新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2011年10月12日
FC2ブログ
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10/12(Wed)

練習会の記・その1 

【練習会の記・その1】

 一昨10日はskドッグスポーツクラブの練習会でした。朝11時からの開始でしたがものすごく暑い日でした。CD―Ⅱは11頭(延べ12ペアー)が出ました。

 アランは2番目と12番目でした。「一番目でない早め」と、「最後」とをお願いしましたら幹事さんは我が儘を通していただきました。最後は、間を明ける意味と他犬が付けた臭いに対する臭い嗅ぎ対策でした。

 科目は、2回共、必須7科目に「行進中のタッテ」、「股くぐり歩き」と「棒飛び(片道)」としました。
以前の練習会では、直前の練習は通しで2~3回位やっていたのですが、それを先生は横目で見ていて、「練習のし過ぎである」と云われたことがありました。それで「要所」と思われる部分だけを軽くやりましたが、効果は?でした。


01.基本姿勢及び脚側行進に於ける集中について

 自主練のときやこのskグラウンドでの練習のときも、常時指導手を見上げて、いかにも嬉しそうな雰囲気を醸し出して行進するのですが、一旦リンクに入り先生の前に出ると、在り来たりの集中になって仕舞い勝ちになるのです。今日こそはと思ってやったのですが、無駄な抵抗に終わった感じで、この日も又ダメでした。

 「訓練は脚側停座に始まり脚側停座に終わる。犬の完成レベルはその犬の脚側行進を見れば分かる。」と云われるように、私も「アランの脚側行進が素晴らしくて、他の科目もそこそこ」なのが最大の望みです。


02.行進中のタッテは9.7と悪かったです。

  前段の行進に集中が良く無かった事、及びコマンド後足を動かしたミスによるものでした。こういうことから考えると、より高得点が可能な「輪飛び(片道)」と差し替えることも考えています。
(「棒飛び(片道)」が2回共フルマークだったので、ほぼ同一内容の「輪飛び(片道)」でもフルマークが期待出来ます。)


03.良かった所もありました。

・ 一回目のトライアルでは、「その場のフセ」、「行進中のフセ」、「股くぐり歩き」及び「棒飛び(片道)」等に特によい評価をいただきました。
  特に「股くぐり歩き」と「棒飛び(片道)」についてはフルマークでした。

・ 二回目のトライアルでは、「紐付き脚側行進」、「その場のフセ」、「その場のタッテ」、「行進中のフセ」、「股くぐり歩き」及び「棒飛び(片道)」等に特によい評価をいただきました。
・ ポカミスさえ無ければ「紐付き脚側行進」でフルマーク、「紐無し脚側行進」や「行進中の3作業」では9.9は取れるのではないかと云うことでした。

・ 10科目につき、ポカミスでも無い限り、うまくいけば99点台後半に行くのではないかという講評もいただきました。(一寸楽観的かな?)


04.レベルを落とさないように

 一度トップに立ったのだから、それを落とさないように維持すれば大丈夫です、と先生には云われているのですが、昨年のレベルが今となっては分からないのです。
 確かに、総合的にはアランは昨年よりも進歩していると思われるのですが、それが点数に直結するかというと、そんなものではないと思っています。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:06 |  練習会  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。