新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2012年02月
2012.02/29(Wed)

連戦の記・その2 

【CD-Ⅲs戦の記】

 http://dogs-of-bay.at.webry.info/『埼玉ブロック アジリティー競技会♪@大凧(ラッ君、2度デビューする~☆): 2012/02/25』 「僕は、大凧は嫌いです!」

を読んでいましたら、今回の会場の様子が事細かに書いてありました。興味のある方は一読下さい。



 連戦の2日目、26日は埼玉ブロック訓練競技会でした。

この日は曇天でやはり寒い日でした。昨日に懲りてアランだけ1頭を連れて行きました。

 昨日指摘を受けた「前に出気味」の矯正は、永いこと今までのやり方でやって来たので一朝一夕には直らないと思ったのですが、土手の遊歩道で一寸練習をしました。ただ、やることは私の精神安定剤的なもので、犬に対しては、ほとんど効き目はなかったろうと思います。
 ただ、昨日昵懇にさせていただいている方(H夫人)の競技の様子を見て、アランにもあのペースというか、呼吸というか、それが大変参考になりそうだと思った次第です。


 まず4部に出ましたが、7部と混合審査で、ゼッケン107番は3番目の競技順でした。

 審査員氏(本田氏)の講評は次のようでした。

・ 「前に出すぎる傾向」は今回も指摘を受けました。紐付き脚側行進も紐無し脚側行進も前に出気味だそうです。全体的に10~15cm位は前目だそうです。
・ これは指導手の顔を見ようとするため、前に出て覗き込むためと思われる。
・ 身体が小さいので覗き込む為には前に出ざるを得ないと思われる。
・ 以前はこんなクセは無かった筈だ。
・ 小型犬だと真上を見上げる犬がいるのはいるが、以前の方がよっぽど良かった。
・ 集中させる訓練を止めて、ごく普通に行進するようにした方が良い。
・ 小型犬は遅れる犬が多いが、遅れるよりはましである。
・ 常歩行進中の立止では、立止させ離れてから戻って来るときに、その場を動いた。


 成績は3席で、点数は144.9(100点満点に換算すると96.6)と最低も良いところでした。因みに1席犬はボーダーコリーで146.6でした。こんな低レベルな戦いは二度としたくない気持ちです。

 





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:27 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2012.02/28(Tue)

連戦の記・その1 

【連戦の記・その1】

 3日振りのブログです。去る25日は雨の中の1戦、翌26日は2戦+理事長戦を戦って来ました。その模様を半ば反省を交えて書いてみたいと思っています。



 25日には埼玉東クラブ競技会でした。

5時15分に出発したのですが、家を出るときから雨が降っていました。江戸川に架かる宝珠花橋に差しかかると橋の上は車で埋め尽くされていました。今日明日は訓練とアジの大会が並行して行われるため、大渋滞を来したようです。
 雨は降るし、気温は低いし(朝の時点で2℃、最高気温が6℃位でした。)大変でした。

 駐車場はドカドカベチャベチャ状態で長靴なしでは歩けない状態でしたし、車のタイヤや下回りは将に泥んこ状態でした。


 車を置いて、土手に上がって訓練会場とアジ会場を撮ってみました。

土手より

土手より


 又、訓練会場は僅か4リンクの閑散ぶりでした。

訓練会場


 それに引き替えアジ会場はもの凄い賑わいでした。

アジ会場


 7時になり受付をしましたら、私のエントリーした3部は1組だけ、36頭でした。私のペアーはゼッケン40番、競技順は30番目でした。
 犬3頭を連れて行ったのですが、雨と泥濘のためにトイレ一つにも難渋しました。勿論アランの練習も出来ませんでした。


 11時30分位から雨はあがり、私が競技するときは止んでいました。が、レインウエアーは上下とも着込んだままでした。
動画を撮って呉れる人も見当たらず、動画無しでの競技でした。

 審査員氏(池上氏)の講評は概ね次のような内容でした。

・ 犬の動きは良すぎる位で、かえって前に出すぎる傾向だ。これを抑えると申し分がない位だ。
・ 前に出すぎが0.1~0.2/科目、脚側行進を伴うものが6科目あるので、最大1.2位の減点になる。
・ 犬は完璧です。これだけ集中力があるので、前に出ないように出来るはずだ。
・ ボクが欲しい位の犬だ。
・ 犬自体もったいない。これだけの犬で、これだけの集中力のある犬は、前に出すぎる傾向さえ抑えれば完璧な犬になります。

・ 正面停座が曲がってしまいました。

  雨は上がってこそいたのですが、前に30人が競技したため、白線上はぬかって3~4cmの深さの凹凸の連続部分がありました。

 足場が悪かったために、そればかりに気を取られて、その他のことには気が回りませんでした。結果論ですが、もう少しペースをゆっくり目にしたら良かったかなと思っています。


 戦績は98.3の何と6席と冴えませんでした。1席犬はボーダーコリーで99.4でした。1席から5席までは大型犬ばかりでした。アランは雨や足下の濡れ等は平気ですが、足場の悪さは小型犬には致命的かも知れません。


 しかし、考えて見ると、普段は「正面停座」が曲がることは無いし、前に出すぎる傾向を矯正出来さえすれば、

 98.3+max1.2、min0.6)+0.3位か?≒99.5

位は到達可能ではないかと皮算用しています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:31 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2012.02/25(Sat)

集団レッスンの記 

【集団レッスンの記】

 今日は埼玉東クラブ競技会ですが、生憎6時から雨で18時にならいと降り止まない予報です。明日の日曜日は埼玉ブロック競技会ですが晴れの予報です。

2mm/Hの雨とはどの程度なのでしょう。冬期の本降りの雨だけは御免被りたいと思っています。


 2月22日に性懲りもなく集団レッスンに出席しました。参加頭数は5頭でした。
この日のレッスンはごく基本的な事項が多くて、多少アランには物足りない内容でした。強いて書くとすれば下記程度かも知れません。

01.紐付き脚側行進、往路指示無し停座
・ 間違ったときは指摘し、良く出来たときには必ず褒めること。
・ 但し、褒めたときに姿勢を変えさせないこと。(全員に)
・ アランは褒めた場合、喜んでハイテンションになって姿勢を変えるので直すべきと感じた。

02.紐付き脚側行進
・ 往路で指示無し停座、復路は速歩
・ 指示無し停座させてから、落ち着いて坐ってから再スタートすること。(アランに)
・ 私が先を急いでアランの尻が完全に着かない内に再スタートしているようです。

03.招呼
・ 呼んで正面停座するまで正面を見据え、体符をしないで正立する。(全員に)
・ 脚側停座はしっかり坐らせること。(アランに)
・ 私が先を急いでアランの尻が完全に着かない内に戻りのスタートをしているようです。




04.フセ→スワレ
・ フセてよそ見したり、先生の方を見たときには、再度フセをコマンドすること。
  (全員に)




 タッテ→スワレでは、



05.行進中のスワレ
・ スワレはしっかり落ち着いてさせること。(アランに)
・ 私が先を急いでアランの尻が完全に着かない内に戻りのスタートをしているようです。




06.行進中のフセ
・ 止まらず、2~3歩離れたら確認後離れる。
・ 犬の許に戻って犬を見てよそ見させないこと。(全員に)




07.遠隔・スワレからフセ
・ 動作は比較的速かった。
・ 一発フセの訓練成果が出ているようです。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  05:10 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/24(Fri)

ご褒美について 

【ご褒美について】

 2月18日の当欄に記載した事項につき、もう少し説明します。
“ホウビ”を与える場合には次の点に注意することが必須とのことです。


・ 『良くあるのは、人間と犬の間に“ホウビ”がある場合。“ホウビ”が無いと分かると、云うことを聞かない。』

 例えば、訓練の初期の段階ではエサを見せたり、エサで釣ったりする行為が見られます。
この場合、エサがないと指導手も犬がやらないのではないかと不安になるし、犬もエサが貰えないと分かるとやらないことになる。
 このような場合は、事前の練習では文句の云いようのない程出来たのに、本番ではやらない又は出来ない等が起こることが多いようです。


・ 『人間と犬の間にオビがあって、犬があって“ホウビ”があるようにすること。』

 人間が犬にコマンドを出し、それに服従して、出来たら“ホウビ”をやるようにすること。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:25 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/23(Thu)

集団レッスンの記・その3 

【全体的な注意点等】

 先生から次のような注意がありました。

1. 納得してない部分があれば指摘すること。
2. 訓練は良くなったり、悪くなったりするもので、一憂一喜しないこと。むしろ、犬と一緒に楽しく訓練しみながら乗り越えていくこと。



 又、動画を見まして、もっと注意した方がよい弱点が見つかりました。

3. 基本姿勢中の集中をもっと強化すること。
4. 戻って来てからの反転と停座
 犬の停座の方が早くて指導手の足が揃うのが遅れ気味。スワレをタイミング良く云うこと。
5. 左反転は指導手を中心として、犬をその場で回転させると綺麗に見えるのでは。。十分に練習すること。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:42 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/22(Wed)

集団レッスンの記・その2 

【CD―Ⅱの必須科目のレッスン】

 今度の土日は競技会です。木金土と天気が悪そうですが、土曜日は一種目だけエントリーしていますので、何とか競技の間だけでも雨が降らない様に祈るのみです。しかし、土日とも足場は悪いことは確かだと思っています。



 昨日の続きです。 例によってCD―Ⅱの必須科目をレッスンしました。

01.招呼
・ 正面停座させ、そのまま行進を始める。
・ すると、アランは右回転をしましたので、やり直しとなりました。
・ その際、左へは手で誘導しました。
・ この趣旨は、脚側停座に素早く呼び込むためということでした。
・ しかし、アランは既に脚側停座に素早く入っているので問題なしか?。

02.招呼
・ 正面停座させてから、そのまま行進を始める際に、先生が傍に来て1頭づつアトヘで行進し始めました。


03.その場のフセ→スワレ
・ この場合でも素早いフセをするのですが、エサを見せた状態でフセをしますと、とてもこの比ではないフセをするのです。究極的にはエサを見せたフセをエサ無しでもやれるようにしたいと思っています。




04.行進中のスワレ(一時停止方式)
・ 一時停止は確認のためにする。
・ ターンの素早さ及び反転後の停座の素早さを追求する。

05.行進中のスワレ(通常方式)
・ 動画で見てみますと、反転時に今少し小回りさせた方が良いのかも知れません。


06.行進中のフセ(一時停止方式)
・ 一時停止→離れる→向き合う→戻りはそのまま通り過ぎる→向きをかえる→犬を背後から見る→横に戻る
・ 犬は首だけ回して後ろを見て、身体の向きを変えないこと。

07.行進中のフセ(通常方式)
・ 動画で見ますと、指導手の左足の外股をもう少し直した方が良さそうです。


08.遠隔・停座から伏臥
・ コマンドのときは体符特に肩の動きを無くすこと。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:16 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/21(Tue)

集団レッスンの記・その1 

【集中の強化、反転速度のアップ】


 紐付き脚側行進や紐無し脚側行進において、約10m行進してからの「反転」や出発点に戻ってきたときの「反転」に、右反転+右反転、左反転+右反転、右反転+左反転等の組み合わせにて、ある時には行進の途中に「指示無し停座」を織り込んで訓練をしました。

・ 行進中は常時集中していること
・ 犬は正しい位置に付いていること
・ 反転中も集中し、指導手と一体になった回転をすること
・ 反転は素速く出来ること

等が狙いでした。

 例えば、下記のような要領でやりました。

01.紐無し脚側行進、往路速歩、復路常歩
・ 速歩で約10m地点まで進んで右反転の上常歩に移り出発点に戻って右反転する。

02.紐無し脚側行進、往路常歩、復路速歩
・ 常歩で約10m地点まで進んで左反転の上速歩に移り、その途中で指示無し停座を行い更に速歩で出発点に戻って右反転する。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:58 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/20(Mon)

集団レッスンに行って来ました 

【集団レッスンに行って来ました】
 
 昨19日は集団レッスンに行きました。陽が射しているときは比較的暖かかったのですが雲が陽を遮りますと寒さが滲みてくるような天候でした。
前日の雪のため、地面の悪さを心配したのですが、それほどのこともありませんでした。


 この報告記はこれからまとめますので、取りあえずレッスン前に練習した障害飛越(片道)の動画をアップしたいと思います。(障害板は競技会本番で使用するものと同じものです。)





 この動画を見てお分かりになると思いますが、

・ 障害板に向かって基本姿勢を取ったとき、アランはおとなしくしていました。
 従来は血気にはやって落ち着きのないような状態でした。

・ 指導手が右手を上げる際にごく自然体になっており、体符をとられる畏れはないと思われます。(障害では手で方向を指し示すことは許されています。)

・ トベのコマンドで跳び、タッテのコマンドで瞬間的に止まっています。
 瞬間的に止まれるようになったのは練習の成果です。

・ タッテをしてから、指導手が来てスワレを命じるまで、全く足は4本とも動かしませんでした。

・ そして何よりも、全体的に機敏に動作している雰囲気が感じられると思われます。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:52 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/19(Sun)

運動公園で自主練 

【運動公園で自主練】
 
 今朝の冷え込みは多分この冬一番だったのではないかと思っています。温水給湯器が凍結してしまいました。今までこんなことは無かったのでパイロットバーナーを点けていませんでした。勿論、屋外水栓は凍り付いて車も洗えませんでした。


 昨日は市役所に用事があったので、犬達を車に乗せて行き、用事を済ませた後、市総合運動公園で自主練をしました。

まず、10mのロープを張りました。

・ ダンベルを投げて物品持来をやりました。
 取りに行ったり、持って来たりするスピードは申し分無いのですが、やはり持って来て正面停座した当初に、カミカミをするのでした。下手をするとカミカミは永遠の課題になりそうです。
 カミカミは当初するだけで、それを過ぎるともうしないのですが、当初だけとは云え完全に無くしたい気持ちです。

・ 次に「前進」をしました。
  前進は、最初の内は10mのフセ及びタッテをやりました。
  続いて、10mのロープ手前5~6mの位置から、マエヘで発進し、ロープの終端付近でタッテを命じました。タッテを命じた場合でも気合いを入れたコマンドにしますとフセてしまうミスを冒してしまいました。軽くタッテをコマンドしますと間違うことはないのですが、競技会のときには周囲の騒音や拡声器の音声等がありますので、気合いを込めた大声でも間違えないようにしたいと思っています。

・ 障害飛越(片道)
 これは間違えることなく完璧でした。



 続いてCD―Ⅱをやりました。必須7科目に選択は3科目で良いのですが、「常歩行進中のタッテ」、「股くぐり歩き」、「8の字股くぐり」、「抱っこ」及び「吠えろ」をやりました。
 これらの科目は勝手知ったる科目のこと故、まあ、一応満足の行く成果は得られたのではないかと思っています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  20:42 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/18(Sat)

集団レッスンの記・その3 

【集団レッスンの記・その3】

01.招呼

・ スワレ・マテ→離れる→向き合う→呼ぶ→正面停座→良く出来たら褒める→脚側停座に付けずそのままアトヘで発進して戻る。


・ 良くあるのは、人間と犬の間に“ホウビ”がある場合に、“ホウビ”が無いと分かると、云うことを聞かない。
・ なるべく人間と犬の間にオビがあって、犬があって“ホウビ”があるようにすること。


・ スワレ・マテで離れる→犬が落ち着いたら呼ぶ→正面停座→正しく付いたら褒めて→脚側に入れずにそのままアトヘで戻る。
・ 中央に正しく付かなかったら、再度フロントを命じたら、「自主的に」中央に正しく付くよう訓練すること。

・ スワレ・マテ→離れる→向き合う→呼ぶ→正面停座をキチッとしたら褒める。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:39 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/17(Fri)

集団レッスンの記・その2 

【集団レッスンの記・その2】

 昨16日の日中はもの凄い寒さだった。午後の車の外部温度は2℃程度でした。普段はトイレ散歩に連れ出す3頭は済ますと早々に帰宅しました。アランも普段は少々自主連のまねごと位やるのですが、そのどころではない感じでした。




01.地面が濡れている場合の脚側行進

・ 地面が濡れていて多少テンションが下がっても気にしないこと。
・ 戻って来てから確実に坐っているか確認すること。
・ 濡れているので尻が浮く可能性がある。それを許していくと浮いていても良いものだと思ってしまう。

 この件については、アランは地面が濡れていようが、水溜まりであろうが、停座や伏臥をしっかりやります。これは最初に付いた訓練士さんの出張訓練が雨でも雪でも台風の場合でも決行した所為もあります。勿論、自主練でもこんな天候の時に私はレインウエアーを着て訓練をしました。しかし、今ではつい億劫になってやらなくなりました。

・ 腰落ちが遅いときは「無言」で犬の腰を押し下げると良いそうです。



02.脚側行進時のよそ見

・ 手に“ホウビ”を持って行進し、それに影響されないこと。
・ 行進中チャンと良いところで“ホウビ”を与えること。(付きも良く、しっかり見上げていること)
・ よそ見したときはアトヘと命じ、見上げたら’褒めて“ホウビ”をあげること。
・ それ以外のときは犬の要求に負けて“ホウビ”をあげないこと。
・ よそ見してから待ってやってから“ホウビ”をやると、よそ見の強化になっている。

・ 良い状態だなと云う状態が続いたら、よそ見する前に“ホウビ”をあげること。
・ ここでやったら良いのにと思ってもあげないでいる。やるまでが永すぎる。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:45 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/16(Thu)

集団レッスンの記・その1 

【集団レッスンの記・その1】

 一昨15日に集団レッスンに行ってきました。前夜の雨のため足場が悪くて、やるのかどうか危ぶまれる状態でしたが、行ってみるとグラウンドは何とか出来るような状態でした。仲間は6頭でした。


01.据座
  招呼の前段として「据座」をしました。

・ スワレ・マテをさせて→離れるとき尻が浮き気味になったそうで→もう一度スワレ→離れて向き合って→そのまま戻るときに又尻が浮き気味になりました。アランはテンションが上がり過ぎると重心が前がかりになるため尻が浮き易いようです。

・ 先生からもう少し落ち着きがあった方がよい。全く無くすのは難しいかもしれないと云われました。

・ スワレ・マテ→離れる→向き合う→指導手しゃがむ→それを見た瞬間アランは身体を沈めた(飛びだそうとしたが思い留まった)→戻るときちょっと尻が浮いた。


 どんな場合でももっと落ち着きを持たせることが課題のようです。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  23:01 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/15(Wed)

放射能除染問題等 

【放射能除染問題等】

 2日間雨のために自主練は全くやりませんでした。月末に迫った大会に備えなければと気は焦っているのですが、今更焦っても仕方がないという気も致しています。
 個々の科目について、表面的には問題ない様な状態ですが、突き詰めていくと未だやらなければいけないことが山積しているような強迫観念にとらわれています。


 さて、話は変わって、当地は東京電力福島第一原子力発電所事故によるホットスポットになっています。(柏市、我孫子市、流山市、野田市、船橋市?)

 この除染への市当局の取り組み方針では市によって差異があるようです。

多くの市が国の方針である、

「国は1m高で0.23μsv(子どもの生活空間では50cm)を基準」

に準拠しているようですが、野田市だけは、

「野田市は5cm高さで0.23μsv/h超なら除染」

という独自の基準を決めパブリックコメントを取るようです。
 国は学校等の公共施設のみを対象としていて、民間の土地は『勝手にやれ、国は知らん』という態度で、私有地に対する配慮が欠けているようです。
 野田市では、基準を超えた戸建の敷地でも除染を進めるということです。


 
 我々のように戸建ての場合、個々にやれと云われても、

・ 測定器は数が足りているのか。(順番待ちでいつになるのか)
・ 範囲が多岐に亘る
(敷地だけでなく)屋根、土間等高所の危険や高圧洗浄等が必要になった場合に業者等に依頼が不可欠か。
・ 線量が高い場合に廃棄物の処置法
・ そもそも原因を作った東京電力のために、どうして個人がこれだけの犠牲を強いられるのか。

等〃問題が山積しています。これらについて開示されている情報が圧倒的に不足していると思っています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:11 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.02/14(Tue)

最近の物品持来 

【最近の物品持来】

 何を今更と云う記事が続きます。

 アランの「物品持来」の現状なのですが、相変わらずカミカミをします。普段練習しないから当たり前のことかも知れません。
先生にカミカミのことを訊いてみましたら、

・ アランは走ることが好きなこと
・ 従って、投げたものを取りに行くのは大好き。
・ 咥えた途端に遊びモードのスイッチが入るのかも
・ 矯正はなかなか難しいかも
・ 咥えなければいけないことの義務感を教えること。(どうやって教えるのか?)


 咥えて来て、正面停座したときカミカミをしています。モッテと命じますとすぐカミカミを辞めるのですが、持って来る途中でもカミカミをしていると思っています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:45 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/13(Mon)

新発見? 

【新発見?】

 新発見?なんて、何を今更と云う内容です。

 普段自主練しているとき、「前進」をやりますと、1、2回はマエヘのコマンドで前進するのですが、それ以降は5m位進んで振り返って吠えるばかりで前進しないのです。
 これで困っていたのは、10m以上進んだときに、フセやタッテのコマンドをかけた場合のキレの矯正でした。この矯正が出来なくてどうしたものかと思っていました。

 ふと、10mのロープを張ってやってみたら或いはと思ってやってみました。普段自主練するところはアスファルト面なのでロープが張れないので、運動公園に行ってみました。
(近くの水辺公園は霜解けのためにグチュグチュなので、体毛が汚れること確実な状態なのです。)

 公園でロープをはってやってみましたら、5~6回やっても前進するのでした。さすがに6回目になりますと、前進するスピードは良いのですが、ロープから大幅に右側に外れて来ました。前進するスピードは躍動感があって申し分ないのではと思っています。しばらくはロ-プをやって練習し、その内に張らなくてもよくなるのではないかと思っています。

 これで10m以上前進したときに、フセやタッテのコマンドをかけたときに、出来るだけ“瞬時に”止まるように訓練したいと思っています。

 イメージ的には一度見学したジーガーの競技会のシェパードの前進のように「マエヘのコマンドでまっしぐらに前へ猛進し、フセのコマンドで土煙を上げ急ブレーキをかけてフセる」、そう云う姿にあこがれがあります。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:18 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/12(Sun)

アランの現況 

【アランの現況】

 昨日の続きみたいなものです。

07.行進中のフセ(一時停止方式)
・ 一時停止方式でやって動作の確実性俊敏性を期す。
・ 発進後フセのコマンドをかけ父時停止する。
・ このやり方ではほぼ完全に出来るようになりました。


08.行進中のフセ(通常方式)
・ このやり方でも完全に出来るようになりました。


09.行進中のスワレ(一時停止方式)
・ 一時停止方式でやって動作の確実性俊敏性を期す。
・ スワレが前にずれる件については、まだ時たまやるようです。

10.行進中のスワレ(通常方式)
・ 上記に同じ。


11.股くぐり歩き
・ クグレで5m進んで反転してアトヘで脚側停座させるときにも、反転は指導手と同期して回転出来るようになりました。
・ この同期した反転は他の科目でも行っています。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:50 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/11(Sat)

最近の改善事項・その2 

【最近の改善事項・その2】

 昨日の続きです。

4.据座及び招呼
  停座させて待たしている間の、
・ よそ見は相変わらずです。
・ イザリについては随分良くなりましたが、まだ時たまします。


5.その場のフセ
・ 一発伏臥は完全に出来るようになりました。
・ エサを見せれば、より俊敏にやるようです。


6.その場のタッテ
・ 前足を動かさずにタッテをやる条件を見つけました。
・ タッテも完璧ですし、その後のスワレも切れがあります。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:39 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/10(Fri)

最近の改善事項・その1 

【最近の改善事項・その1】

 アランの最近の良くなったと思われる(飼い主の自己満足かも知れませんが)事項について書いてみたいと思います。


1.
 右反転ターンの場合に従来は次のようなことを指摘されたことがあります。

・ アランの方が先に廻っている。
・ 指導手が回転不足で脚側停座させているため、いかにも犬が被っているように見える。

 それを改善するには、指導手と犬が常に同期して回るようにし、いつスワレのコマンドをかけても坐れるようにしました。従来は180度の回転でなく、例えば45度回転したところで不意に止まりますと、アランは不意を突かれて足にぶっつかっていました。


2.
 行進中にアランの頭が上下する件については、従来は「指導手の方に顔を向けてはいるが頭が上下している」と指摘されていたのですが、最近は随分改善されて頭の上下運動が減って来ました。


3.
 招呼で正面停座させてから、アトヘで脚側停座させる練習には、

・ 直径30cm高さ20cm位のPVCパイプの切れ端と指導手の間に犬がやっと入れる隙間を作る。
・ 正面停座させた後、アトヘで呼び込む。
・ やっと入るようにすると、犬は尻を意識して入いり、向きも正しくなりました。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:01 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/09(Thu)

集団レッスンの記 

【集団レッスンの記】

 8日に集団レッスンを受けてきました。

 この日の受講は7頭でした。前日までの雨でグラウンドコンディションは余り良くない状態でしたが、私は一番左側の乾いたところを使用させて貰いました。しかし、端っこのため先生の声が良く聞こえない点が欠点でした。

 集団レッスンもここまで回を重ねて来ると、書くことが無くなりかけて来ました。


01.指示無し停座
・ 指示無し停座ではアランをしっかり坐らせること。少し尻が浮き気味のまま再発進しているような感じの由。

02.スワレ・マテで離れる→呼ぶ
・ 離れる場合は背後に全神経を集中(イザリの防止)
・ 正面に真っ直ぐに付いたら必ず褒めること。
・ 曲がって付いた場合には、退がって退がって真ん中に付けること。
・ 余り早く脚側に入れると、犬が勝手に動きがちになる。

03.タッテ
・ 1頭づつ、先生の眼の前で、タッテ→スワレ
・ 最近は先生の前でも(多少は)出来るようになりました。

04.行進中のフセ(一時停止方式)
・ コマンドを出し終えるまで犬を見なかった。
・ 一時停止も綺麗に出来た。

05.1頭づつ、行進中のフセ(通常方式)
・ アランは指導手のフセのコマンドと同時に動作に入り、コマンドが終わる以前に動作を終了していた由。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:43 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/08(Wed)

集団レッスンの記・その2 

【集団レッスンの記・その2】

 体符の防止についてもレッスンしました。

01.その場のフセ
・ 目線を上げて正面を見て→フセ→目線を下げて確認→目線を上げて正面を見て、フセ→フセ→目線を下げて確認→目線を上げてスワレ→目線を下げて確認→褒め

02.その場のタッテ
・ フセの場合と同様です。


 今まで一時停止方式でも練習したことがありましたが、この体符の事は念頭にありませんでした。体符は本人にはその意識がないため気がつかないことが多いそうなので、次の手順でしっかり練習したいと思っています。

03.行進中のフセ(一時停止方式)
・ フセのコマンドをかける→止まる→両足を揃える→半呼吸置いて確認→褒めて離れる

04.行進中のスワレ(一時停止方式)
・ 行進中のフセと同様。
・ 肩を真っ直ぐにして前を見て、コマンド時に肩を動かさないこと、身体をゆすらないこと。
・ 犬無しでも練習すること。

05.行進中のフセ(通常方式)
・ 動作させてから2~3歩進んでから振り向いて確認後離れる。
・ 注意事項を指摘するか、さもなくば褒めること。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:37 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/07(Tue)

集団レッスンの記・その1 

【集団レッスンの記・その1】

 2月5日のレッスンに行って来ました。参加は9頭でした。

 まず紐付き脚側行進や紐無し脚側行進で、被りすぎたり離れたりした場合の対処法についてレッスンしました。又、集中が足りないと思ったときの対処法についてもレッスンしました。
但し、

・ 脚側行進で遅れた場合、アトヘのコマンドで犬が直ぐ戻って来るような場合は許容範囲だそうです。
・ 逆に前に行きすぎても、それに気付いて戻って来るようなら許容範囲だそうです。


又、招呼でもアランの苦手な先生が傍に来て、

・ 先生が犬の後ろに立ってドウゾといったら呼んだり、招呼(1頭づつ)
・ 1頭づつの招呼で、先生がアランの後ろに立ってドウゾといったら呼んだりしました。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:23 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/06(Mon)

今日の自主練・股くぐり歩き 

【今日の自主練・股くぐり歩き】


 去る2日の当欄に、

『・ 各科目について、スタート地点に戻って来てからの反転の同期

 出発点に戻る際に先行して回らないで指導手の回転に合わせる訓練をしました。
 又、回っている途中でアトヘをかけて停座させてみました。』

と書いたのですが、「股くぐり歩き」でも、次の点を失念していました。


・ 股くぐり歩きでは、クグレで5m進んで反転してアトヘで脚側停座させるときにも、反転は指導手と同期して回るようにしました。




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:08 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/05(Sun)

イザリの矯正 

【イザリの矯正】

A.坐って待たせ離れる場合の「所謂イザリ」の矯正について、

・ 据座
・ 招呼
・ 行進中のスワレ

の3科目について、停座させて目印を置いて、マテで離れて行きました。不意に振り向いて動いたかどうか確認しました。離れて行くときには背後に全神経を集中するようにしました。


B.“一気に坐らせようとする場合”にはコマンド時に左手で制止するような動作をしてみました。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:15 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/04(Sat)

集団レッスンの記・その2 

【集団レッスンの記・その2】

 自主練を終えたところでは、風は周囲の大木がざわつくほど吹いてはいましたが、場内の地面付近では時折強く吹くだけでレッスンが出来そうな感じでした。

 先生が30分くらいで一通りやりましょうかと仰ってレッスンをやることになりました。
出席頭数は4頭でした。


 レッスンは例の如く、「紐付き脚側行進、往復常歩」から「常歩行進中のタッテ」までの8科目につき、科目によっては繰り返し念入りにやりました。


 中でも注意(全員に対してを含む)を受けたのは、

・ 風が強いとざわついた音等のため集中が欠けてくるので、要求は余り強めないこと。

01.伏臥
・ 1頭づつ、先生が前まで来てから、フセ→スワレ
・ 構えすぎの注意を受けました。

02.行進中のスワレ
・ 1頭づつ、先生が傍に来てから
・ 座り方は余計な動きを無くすこと。※


・ 行進中の3作業(一時停止方式)ではコマンド後1歩で止まり、犬の動作を確認すること。
・ スワレが前にずれる件については、坐る位置に目印を置いて、ずれた場合には注意すること。
・ 背中を見せて離れて行く場合には、全神経を背後に集中するようにすること。


・ スワレの動作の所謂2段モーションについては、
a.若干あるかなという感じで、そこまで要求しなくても良いかなという程度。
b.2段目は1段目が止まってからではなくて、2段目が若干遅く見える程度。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  12:07 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.02/03(Fri)

集団レッスンの記・その1 

【集団レッスンの記・その1】

 一昨、1日はレッスンの日でした。寒さの中、強風が吹きすさぶ予報だったので、家を出る前にWEBで実施を確認の上出発しました。
着いて見ると先生を交え3人が何か話し合っていました。強風のため、本日のレッスンは中止するということでした。その旨WEBで連絡したということでしが、家を出た後のことでした。

 折角来たことでもあるし、グラウンドで練習はして良いですよ、と云うことで早速練習を始めました。
懸案の「行進中のスワレ」です。スワレさせた後離れて行く間に“前に小さく動く、所謂イザリの有無”の有無を確認しました。動画を1回撮っては確認、を繰り返しました。最初の内はやはりイザリが出ているのです。6~7回やってやっと出なくなりました。


 行進中のタッテも動画に撮ったのですが、こちらの方は一発目から足を動かすことはありませんでした。





 基本姿勢にてマテをかけて、離れて正面に向き合うまで、アランの目線は指導手から離れませんでした。





 脚側行進した後の戻りの脚側停座の様子です。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:23 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/02(Thu)

今日の自主訓練 

【今日の自主訓練】

 一昨日の記事の『脚側停座への呼び込みに於いて、例えば、抱っこして降ろしてからアトヘで脚側停座させ、次に出発点に戻る際の動作ですが、アランは以前には先行して回る傾向があったのですが、これを指導手の回転に合わせるように』、

と書いたのですが、特に『出発点に戻る際の動作ですが、アランは以前には先行して回る傾向があった』では紐付き脚側行進に始まり全ての科目に共通したことなのです。

 アランは、過去の「停座の速度が遅い」という指摘を受けたことがありまして、速く回って,速く坐ることしか眼中にありませんでした。その結果上記の様な微妙な点(競技会で減点に至りはしない?)で問題があったことに気付きました。
 そして、そのことに依り脚側停座の位置がほんのちょっと前目(頭半分位か?)になる傾向があるのです。

・ 招呼
 出発点に戻る際に先行して回らないで指導手の回転に合わせる訓練。

・ 各科目について、スタート地点に戻って来てからの反転の同期
 出発点に戻る際に先行して回らないで指導手の回転に合わせる訓練をしました。
 又、回っている途中でアトヘをかけて停座させてみました。



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:36 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.02/01(Wed)

今日の自主訓練 

【今日の自主訓練】

 一昨日、動画を撮ってみて欠陥がありましたのでその部分の矯正をやってみました。


・ 行進中のスワレ
 坐った後のイザリ防止の訓練をしました。

・ 行進中のタッテ
 立った後の足の動きの防止訓練をしました。

・ 招呼の訓練
 待たせて離れるときのイザリ防止。これは行進中のスワレでイザリが出ているのならこちらの方にも出ているのではないかと思って念のためやりました。


 2~3日練習して又動画を撮って確認してみるつもりです。


テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:45 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |