新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2012年08月
2012.08/31(Fri)

私の体調について・続き 

 8月も今日で終わりです。しかし、残暑はいっこうに収まりそうにありません。少なくとも朝夕は早く涼しくなってほしいものです。

 3頭のワンコは元気いっぱいなのですが、私の体調は相変わらず優れません。

 トラムセット配合剤の副作用防止のため、吐き気止めとしてノバミン錠5mgを朝1回/日服用しているのですが、服用量は足りないのかも知れません。

 最近は食欲がなく、連れて気力低調が一入です。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:22 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.08/28(Tue)

私の体調について  


 3日振りのブログの更新です。
朝夕の散歩こそどうにかこうにかこなしていますが、体調が優れず、横になってばかりいる状態です。

 腰痛対策としてトラムセット配合錠を服用しているのですが、先日の通院時には吐き気止めは出ませんでした。どうも今から考えると吐き気止めは出すのを忘れたのではないかと思われるのです。私はトラムセット配合錠に慣れて吐き気止めは服用しなくてもよいと勝手な解釈をしていました。私がその点を確認していればこんな問題は起こりませんでした。

 26日の午後から何となく気分が悪くて食欲もなかったのですが、夕食はほんの一口だけ食べました。食べてまもなくして猛烈な吐き気に襲われ、慌ててトイレに駆け込んで一気に吐いてしまいました。こんな吐き気におそわれたのは初めてと思われるほどでした。

 そこで、いろいろ考えて見ますと吐き気止めを服用していないこと以外は考えられません。一晩何とか我慢して近所のクリニックに行って吐き気止めを処方してもらいました。

 私の場合、トラムセット配合錠は腰痛防止には効くようですが、その分副作用も激しいようです。今一番困っているのが、便秘と吐き気です。便秘薬は毎食後1錠+夕食後約10滴、吐き気止めは朝食後1錠は欠かせないようです。

 お陰様で3ワンはこの暑さにも拘わらず至って元気いっぱいです。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:03 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.08/25(Sat)

今朝の散歩 

 今朝は5時15分に起きて、散歩に出かけたのですが、無風状態で、空気は涼しいようなのに、少し動くとじっとりと汗が吹き出すような状態でした。きっと湿度が以上に高かったのかも知れません。

 昨日と同じように、いつもの駐車場でトイレを済ませてから、水辺公園まで散歩し、我が団地の東地区の一部をぐるっと回って(以上が定例コースです)家に帰りました。
今日も自主練は抜きでした。


 いつもの駐車場に行く途中の3頭です。2頭曳きのリードにはアスピとアランにしました。この2頭は親密そうに歩いています。


p-1


p-2


p-3


p-4

 
 例の駐車場です。未舗装のため、足裏の小石のごつごつした感触が便意を刺激するようになったのかもしれません。

p-5



 駐車場から水辺公園までの散歩風景です。やはり仲良しの2頭+1頭だけの組み合わせになっています。


p-6


p-7


p-8



 水辺公園の下手側(清流+遊歩道)を背景にして撮ってみました。

p-9


 水辺公園の上手側の広場を背景にして撮ってみました。

p-10


p-10


 水辺公園でターンして今来た道を戻っています。やはり、気の合う2頭+1頭だけの組み合わせです。

p-11


p-12


 我が団地まで戻って来てから、団地の一部道路を周回するのを常としています。

p-13





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:48 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2012.08/24(Fri)

今朝の散歩 

 今朝は5時半頃に起きて、散歩に出かけたのですが、早朝の清々しい空気ではありませんでした。
気温が高い上に風がなくて、湿度も高いようで、散歩するだけで、じっとりと汗をかく状態でした。

 いつもの駐車場でトイレを済ませ、水辺公園まで散歩し、我が団地の東地区の一部をぐるっと回って(以上が定例コースです)家に帰りました。

 こんなに汗が出ると自主練どころではありません。こんな中で練習しても「技のキレ」は発揮出来ないのではないかと思われます。

 因みに、「技のキレ」とは、

【一つ一つの動作が敏捷で、かつ動から静、静から動へ移るときのけじめがしっかりしていること。】

と理解しているのですが、どうでしょうか。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:47 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2012.08/23(Thu)

今朝の散歩 

  昨夕と今朝の散歩も3頭曳きの散歩でした。【2頭曳きはアスピとアラン】、1頭曳きはラヴィとしました。

 昨朝はアスピとラヴィの2頭曳きにしたのですが、お互いに離れて「T}の字みたいな状態が続きました。所が、アスピとアランの2頭曳きですと、お互いにくっついたり、又は離れても「Y」の字よりも狭い間隔になります。

 アスピとラヴィは日頃決して仲が悪いわけではありません。しかし何となくしっくり来ない仲なのです。アスピは12歳で3歳のラヴィを五月蠅く感じるのかも知れません。そうかといってアランは9歳ですが、若犬に近い動きをしますが、アスピとは気が合うようです。

 1頭曳きにしたラヴィは他の2頭とは関係ないみたいに歩いていました。


 アランの自主練のときには、他の2頭は繋いでおく必要があるのですが、その時ラヴィは静かに待てるのですが、アスピは吠えまくるので無しにしました。自主練をしようとする場合には、少なくともアスピは単独で散歩させる必要があります。



 次の写真はリビングで寛ぐ3頭です。

 ラヴィです。

ラヴィ


 アスピです。

アスピ


アランです。いつもこんな狭まっ苦しいところに潜んでいます。

アラン1

アラン2





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:38 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2012.08/22(Wed)

今朝は 

 今朝は一旦4時に目が覚めましたが早すぎるので二度寝をしたところ、気がついたときは6時半になっていました。
 早速、ラヴィとアスピの2頭曳き、アランの1頭曳き、とリードを付けて散歩に出かけました。もう、日向には太陽が照りつけていました。やはり、あと1時間は早起きを要するようです。

 ラヴィとアスピは何となく気が合わないことは前にも書いたことがあるのですが、今日の2頭曳きでもその傾向の最たるものでした。2頭曳き用のリードですからYの字かそれよりより狭まった形状になるのが普通だと思われるのですが、ラヴィとアスピの場合はTの字になってしまうのです。左がアスピ、右がラヴィで、おまけにラヴィは横に引っ張るのに力を入れすぎて喉をゼーゼー云わせていました。

 今日はアランのミニ訓練は中止しました。


散歩中の三頭


アスピとラヴィ


ラヴィとアラン


これは散歩の終わり頃に1周する我が団地の一部です。

我が団地の一部



 アスピとラヴィの二頭引き用のりードのさばきがうまくいかない様子を示している動画です。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:26 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2012.08/21(Tue)

今朝の(3頭曳きの)散歩 

 今朝は5時の起きて、3頭曳きの散歩で、家の前の道路及び未舗装の駐車場でトイレを済ませた後、水辺公園まで散歩しました。
その帰りに、いつもアランの自主練をしている所で、自主練の真似事を少々やりました。その後は、我が団地の東地区の一部を一周してから帰宅しました。



 未舗装の駐車場です。いつもここで主として「小」のお世話になっています。


トイレをさせる駐車場

 駐車場で地面を嗅ぎ回るラヴィです。

駐車場のラヴィ


 散歩の途中、3頭を繋いでのスナップです。アスピとアランを2頭曳きです。

散歩途中で3頭一休み


 上記写真のアランの拡大です。

アラン拡大


 同じくアスピの拡大です。

アスピ拡大


 同じくラヴィの拡大です。(正しくはラ・ヴィータ)

ラヴィ拡大



 MZ氏の愛犬の北海道犬(アイヌ犬)です。すっかり飼い慣らされた洋犬と比べて、まだ野生の血が流れているような感じがします。

偶に合う北海道犬


 

同拡大です。北海道で熊狩りに従事しているような顔つきをしています。

同顔の拡大


 私と同じ団地のSSご夫妻の芝犬です。この子は大変柔和で、アランとは仲良しです。

同じ団地のSご夫妻の愛犬(芝犬)



 アランの自主練の場に繋いだアスピとアランです。この後アランはリードを外して、ほんのちょっと自主練をしました。

いつも自主練する所に戻って来た2頭


 同、ラヴィとアスピです。この2頭はアランの自主練が終わるまで、このように繋がれています。

いつも自主練する所に戻って来た2頭


 手前は散歩のときよくお会いするSZ氏の芝犬(メス)です。相当高齢ですが、まだまだ元気です。この犬は静かにしていますが、ラヴィを近づけましたら、ウウッと唸ったことがあります。
 向こう側の芝はアランとは大の仲良しです。まだ2~3歳くらいかと思われます。


手前はSZ氏の、向こう側はあるご婦人の、それぞれ芝犬






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:53 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2012.08/20(Mon)

3頭曳きの散歩 

 最近朝夕の散歩は3頭曳きでしています。3頭曳きの散歩は最初は戸惑うこともありましたが、最近は随分慣れました。
従来はトイレを道路でさせないよう、抱いてトイレをさせる駐車場(未舗装)まで行っていましたが、最近は道路で排泄させてもよかろうと割り切りました。ただ、「大」の方はドライフードを変えてからは形のよい固いものですのでポリ袋で簡単に完全に回収できますが、「小」の方は水で流すしかありません。


 散歩から帰って、リビングでくつろいでいる3頭です。

 アスピです。


アスピ-1



 アランです。

アラン-1

アラン-2



 ラヴィは随分と成長しまして、多分アランより大きくなっていることと思います。体格では確かに大きいし、体重は最近は量っていませんので、近々量ってみたいと思っています。

ラヴィ-1

ラヴィ-2







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:48 |  散歩  | CM(0) | Top↑
2012.08/19(Sun)

犬は近眼の筈だが 

 永いこと訓練を休んでいたのに、旧弊が抜けていなかった例を報告します。


  先の自主練において、「停座及び招呼」の場合に、停座させて待たせて離れたときに他の犬が傍を通ったためにアランが私から視線を外してその犬を見ていましたので叱りました。そのまま犬の許に戻る途中で、アランの顔を凝視していました。そうしましたら、アランに5m位に近づいた時にアランはその場を逃げました。こういう光景はずっと以前にもありました。

 犬は近視だと言われていますが、この場合私の顔の表情が見えたのでしょうか。それとも全体の雰囲気からそれを察したでしょうか。このあたりが不思議なところです。

 因みに、その後視線をアランから外して近づいた場合は、アランはその場に留まっていました。






【編集】 |  10:01 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2012.08/18(Sat)

久しぶりの朝練 

 一昨日の午後は、訓練の大先輩のお宅にお邪魔して、犬の話から四方山話まで話は尽きなくて14時半から17時半頃まで3時間も長居してしまいました。沢山ごちそうになった上におみやげまでいただいて、いつも申し訳ないと思っています。

 その話に刺激を受けたわけではありませんが、昨日の朝は久方ぶりにアランの朝練をやってみました。と云っても早起きしたわけでもありません。朝起きると5時50分頃でした。理想的には1時間早く起きることが必要なようで、3頭ともトイレも終え、アランの訓練も終えて6時前くらいが望ましいのではないかと考えています。

 まず、ラヴィだけ朝食をさせ、トイレ散歩に連れだしました。次にアスピとアランを朝食抜きでトイレ散歩に連れ出し、そこで昨日の話を思い出して、アランの朝練をすべく、アスピだけ脚を洗いました。

 その頃には6時15分位になっていて、太陽は相当昇り、いつもの練習場は日当たり一杯の状態でした。

 そこで福祉会館下の脇道が午前中は日陰になることから、ここで朝練することにしました。
 
・ 10m~15m直線、紐付きおよび紐なし往復常歩行進
・ 同、紐付きおよび紐なし往路常歩復路速歩行進
・ 停座及び招呼
・ 伏臥
・ 立止
・ 常歩行進中の3作業
・ 股くぐり歩き及び8の字股くぐり
・ 抱っこ
・ 前進

と都合12科目の訓練でした。


 この中で注意したことは次の3点でした。

・ 停座及び招呼
 約10m離れて招呼した場合に今までは直接停座が完全に出来ているつもりでしたが、今回初めて正面停座するミスを冒してしまいました。呼んだときに左脚にぶっつかることがあるものですから、左脚の足先を左側90度に出したのですが、その結果、正面が広くなったので、正面停座に付いたのかも知れません。正面停座に付いても、一旦正面に付けて、一呼吸置いて脚側停座に付ければよいのですから、科目的にはミスではありません。が、しかし、訓練上は直接停座を要求したいと思っています。

・ 伏臥
 フセが幾分遅くなっているきらいがありましたので、パッと一瞬で伏せる一発フセになるよう矯正しました。これは訓練の都度やっていないと、アランの場合幾分ゆるんでくるような感じです。

・ 常歩行進中の立止
 通常の常歩行進中のタッテをやりましたら、久しぶりのタッテの所為か止まりが瞬時ではありませんでした。
  そこで、一時停止方式の常歩行進中のタッテを2回やってから、タッテのコマンドで
タッテのコマンドで即座に止まるように矯正し即座に止まるように矯正してから、通
常方式でやりました。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:03 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.08/17(Fri)

歳の所為か頭の回転が遅くなった 

 14日の朝、朝食を済ませてから、アランを自転車の前かごに乗せて、手紙を投函しに行きました。自転車の前かごには、アランはちょうど納まりがよい具合なのです。
 帰宅のついでに、お世話になっているK氏のお宅の方を通り、お宅の前でK氏とちょっとお話をして、帰ろうとした途中で、ボーダーコリーを連れたS先生とご婦人が話されているところに出会いました。

 そのご婦人もパピヨンを飼っている方ということでした。説明を聞いて、ご主人が連れて散歩しているのに行き会ったことのあるイヌでした。
 S先生のボーダーコリーの頭を撫でようとしましたら、アランが嫉妬して吠えました。そのボーダーがアランに興味ありげに前かごに前足をかけていましたが、最初の内こそアランは吠えていましたが、そのうちになれて吠えなくなりました。

 S先生は音大を出た方で、今は自宅で音楽関係の塾的なものをやられているようです。以前もボーダーコリーを飼っていたのですが、その犬を10歳のときガンで亡くされて、今のボーダーを飼って1年強ということでした。


 アランの名前を訊かれましたので、思わずアラン・ドロンのアランですと云ってしまい、そこで話は途切れてしまいました。フランスの音楽家アラン・マリオン(有名なフルート奏者)のアランですと云っていれば、音楽の話に発展したと、後になって悔やまれるところです。


 パピヨンを飼っているご婦人はアランが頭を傾げる様子が可愛いと云って、首を左右に傾けて、アランがそれに連れて傾けるたびに可愛いこと、可愛いと楽しそうでした。

 この朝は曇り空で自転車散歩には快適な気温で、清々しい朝でした。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:37 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.08/16(Thu)

三頭ともにペットホテルに一泊 

 古い話しになりますが、去る8月6日の午前中から7日の夕方まで、3頭をペットホテルに預かっていただきました。
 身内に6日はお通夜、7日は葬儀があったためでした。


 食事は療養食のヒルズのプリスクリプション・ダイエットW/Dなので持参のこととし
午前中25g/回×3回/日、散歩兼トイレは朝夕の2回/日ということで預けに行きました。


 預けるのは、年に1回あるかないかのことですので、今どうしているか、我が家では室内放任なのに狭いケージに入れられて苦しいのではないか、精神的に参っているのではないか、等々いろいろ気にしたらきりがありません。


 7日の夕方に受け取りにいったとき、アスピとアランを一旦クレートから室内に出してやりました。

 その喜びまわること、、、その喜ぶ様はまさに涙が溢れ落ちるような光景でした。まず、出した途端真っ先に私に飛びついてから、どう喜びを表したらよいのか分からないようで、そこらじゅうを走り回ってから又私に飛びつく、その繰り返しでした。

 ちょうど夫婦または恋人同士がどちらか片方の方が何らかの危機にあってそれから無事解放され再会したときの光景を思い浮かべるようでした。




 そしてアスピだけは次の写真のように鼻先の毛が禿げていました。他に2頭はありませんでした。普段は大人しいアスピがケージから出して貰いたくて全面の金網に鼻を何度も突っ込んだことと思われます。



アスピの鼻先







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:56 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.08/15(Wed)

人、犬、見境なく近づく 

 ラヴィは我が家では珍しい性格で、全く人見知りや犬見知りしない犬なのです。
 私は内向的で、ワイフも大人しい性格で外向的ではありません。二人の娘たちも決して外向的ではありません。他の先輩犬の2頭も人見知りや犬見知りをする犬なのです。
 アスピもアランも初めての人は警戒してまず近づきません。(慣れてくれば別です。)
犬に対しては、大型犬には遠ざかる方で、小型犬でも最初は警戒するようです。

 アスピは小型犬でも警戒するようですが、そうかと云って決して興味が無いわけではありません。近づいては逃げ、近づいては逃げを繰り返しています。人に対しては、犬を飼っている人に対してはすぐに近づく関係になれるようです。

 アランは集団レッスンの所為で、アスピより遙かに人、犬に対してはフレンドリーです。しかし最初はちょっと警戒するようです。警戒からフレンドリーになるに要する時間はアスピの数分の一です。


 それに対しラヴィはどんな人でも自分から近づいていきますし、大型犬であれ小型犬であれ、多分噛咬犬でも近づいて行くと思います。そうなので、大型の初対面の犬には、この犬大丈夫ですか、噛ませんよね、と確認してから近づけるようにしています。

 初対面の人で犬を飼っていない方は知らん顔をしていますので、ラヴィも近づいて行きませんが、犬を飼っている方がラヴィに興味を示す態度を取ったりしますと近づこうとします。



 リビングでも1コマです。

アラン1


ラヴィ2








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:29 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2012.08/14(Tue)

付かず離れず 

 昨日は、「ヤキモチ焼き」と題してアランの性格について書きましたので、今日明日にかけて、アスピおよびラヴィについて書いてみます。


 アスピは穏和な犬で気持ちが実に優しい犬です。私が60歳になって、人生で初めて飼い始めた犬です。

 犬の競技会への参加も、このアスピの“しつけ”教室に出席の過程で、他の犬の競技会参加に刺激されて参加してみたのが切っ掛けでした。云うところの「船乗りのツレション」的に参加してみたのがきっかけでした。

 弟分のアランがjkc本部競技会で理事長賞を取れたのも、ブロック大会で理事長賞を取れたのも、各種大会で1席の成績を挙げるまでの活躍が出来ているのも、このアスピでの訓練の経験を生かすことが出来たその結果であって、すべてがアスピのお陰と思っています。

 アスピはjkcのCD試験は”CD-X”まで取っていますが、競技会の成績はブロック大会の決勝進出2回、グループ戦1席6回にとどまりました。コマンドには忠実なのですが、動作の俊敏性が今一つ速くない感じで、いわゆる見栄えがしない部類に入るかと思われます。技にキレがあるイヌは、動きのときとと停止とが俊敏にピタッピタッと決まりますが、この点アスピはアランの比ではありません。アランには到底敵わないと実感しています。


 アスピは、室内では私の行くところにどこでも付きまとい、私がパソコンをしていますと傍で寝ていますし、リビングでも私の傍につきまとい、私がトイレに入ると一緒に入ろうとしますし、外に出して扉を閉めると、狛犬のように向こうを向いて伏せて出てくるのを待っています。

 このように私の傍に付きまとうのですが、私が触ろうとしますと逃げてしまいます。まさに「付かず離れず」の関係のようです。触って逃げないのは、トイレに一緒に入ったとき、とアランに触っているときにアスピが近づいたとき、の2場面だけです。

 私がアランに身体を撫でてやっていてアランが声を挙げて喜んでいると、アスピも自分も撫でてほしいと云うように近づいて来ます。左手でアランを撫でながら右手でアスピにかまってやりますと嬉しそうにしています。そうかと云って、アランの様に身を任すことは決してありません。大体私から0。5~1.5mくらい離れて横になったりしています。
身体に触られるのが嫌いかと云うとそうでもないようで、触ったときには喜んでいる様子です。


 この写真のように他の2頭とは離れて、私に一番近い位置にいるのが常です。



アスピ1

アスピ2


アスピ3




テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:03 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2012.08/13(Mon)

ヤキモチ焼き 

 他人様のブログ、

http://tansokudatte.blog.fc2.com/

には、8月10日付けにて、「末っ子の世渡り」と題して、ルークと称するマルチカンの子の記事が出ていました。


 記事をコピペさせていただきます。

『我が家に来た時からとっても自分中心な子で、世界はボクのために廻っているとでも思っているかも!
他の子が自分より可愛がってもらうなんて許せない!。とってもヤキモチ焼きな子だから。
他の子の名前が呼ばれると、文句タラタラ言いながら駆けつけてくる。
レオンの名前を呼んで撫でていたら、遠くからニャーニャー言いながらやって来た!。
これがいつもいつもなんです。
自分の名前を呼ばれるよりも、他の子の名前を呼んだ時のほうが早く飛んできます。』(



 この記事のように「他の子が自分より可愛がってもらうなんて許せない! とってもヤキモチ焼きな子だから、」という 記事を見て、猫も犬と同様にヤキモチ焼きがいるのかと、親しみを覚えました。

 
 アランは実にヤキモチ焼き屋で、私が兄イヌのアスピや弟イヌのラヴィを呼んだり、しますと吠えて激しく反応しますし、2頭にさわろうとしたりしますと、 ワンワン吠えてあいだに割り込んで来て、身をすり寄せ自分に触れと訴えてきます。 身体に触ってむちゃくちゃに撫でてやりますと、ますます身体をすり寄せて甘えます。
散歩の途中でも、他のイヌに触ろうとしますと同じような行動をとります。

 それが可愛くて鼻の下を伸ばしていますし、そんなアランがますます可愛くなって余計に体を撫で回してやりたくなります。

 アランは自分の感情をしっかり伝えてくれる子なのでしょう。こんな存在は、 やっぱり可愛いし大事にしてあげたくなります。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:16 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2012.08/12(Sun)

前進の練習 

 アランの自主練の最後には、「前進」をやって締めくくることにしています。


・ まず、アトヘ!で基本姿勢を取らせてから、

・ 上体を屈めて右手で目標を差して、マエヘ!のコマンドをかけます。
 マエヘ!を命じる迄は、指導手を見上げたまま、静かに次のコマンドを待っていなければなりません。

・ マエヘ!のコマンドが出ると目標に向かって全力疾走します。
 目標と云う表現を使っていますが、目標とは「前方」のことで、何か目印になるようなターゲットを置いているわけではありません。

・ 15~20m走ったところでタッテ!のコマンドをかけます。

・ タッテ!のコマンドをかけますと、くるりと向きを変えて止まります。
 止まるとき、「瞬時に止まる」のが理想ですが、アランはまだ「瞬時」には止まることが出来ず、逆J型にRを描いて止まります。

・ 4~5秒間立止させてから、コイ!と呼びをかけます。

・ するとアランは全速力で疾走してきて、脚側停座します。脚側停座すると同時に指導手を見上げます。 (脚側停座、即指導手に集中)


 以前はOPDESやPDへの参加のため正面停座させていましたが、今は直接停座(脚側停座)に戻しました。戻してから日は浅いのですが、もう間違えることなく直接停座するようになりました。

 以上がone setです。one setを終えるとヨシ!と褒めて解放してやります。ときにはゴホウビをやります。これを2~3sets繰り返します。


 この「前進」がキレよく決まると気分がよいものです。

 前進後のタッテ!のコマンドで、「その場でくるりと向きを変える」のが理想ですが、そこまで追求しなくてもよいかなと思っています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:50 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.08/11(Sat)

2頭をシャンプー 

 小型犬でもペットサロンでシャンプーしてもらっている子もいるようですが、我が家では貧乏でその余裕がないので、私がシャンプーしてやります。3頭だと大枚1枚の節約になります。我が家でペットサロンにお世話になるのは、足のパッドの刈り込み、爪切り、耳掃除、肛門腺絞り等のお徳用セット(3頭で3,150円)だけで、体毛は弄りません。


 夏ですから、私と一緒に水浴びをさせてから、そのついでにシャンプー&リンスです。3頭同時にやればよいのですが、ドライアー作業に時間がかかり、手が疲れるので、今回はアスピとラヴィの2頭にしました。


 まず、ラヴィですが、大人しくシャンプー&リンス等をやらせてくれるのですが、しつけはやっていないため、タッテ+マテが出来ず、すぐに座り込んでしまいます。
 毛量が比較的少ない方だと思っていましたが、体格はアランよりは大きくなりました。太ももはがっしりと筋肉がついて、アランよりははるかによい肉付きのようです。
 ドライアー作業はそれでも毛量が多いため、時間がかかり、ドライアーを持っている手が疲れました。

 普段毛玉の有無をチェックしているつもりでしたが、それでも後ろの内股付近に相当大きいのが出来ていました。


 アスピはパピヨンにしては大柄で(体重4.5kg)、しかも毛量が多い(昔、ゴージャスコートのアスピと云われて嬉しがった時期もありました)のでシャンプー&リンス特にドライアー作業は大変でした。しかし、タッテ+マテのコマンドが利くので大人しくやらせてくれました。
 アスピは性格が大人しく静かなタイプですので、作業そのものは楽なのですが、ドライアー作業は大変でした。毛量が多く且つ長毛なので、毛の根元まで乾かすのが大変なのです。


 次の写真は右がアスピ、左がアラン(今回は対象外)です。パピヨンの胸毛の多さと白色のきれいさを写真で見て貰うつもりでしたがどうでしょうか。

アスピとアラン

 アスピの耳毛は細くて繊細です。その分毛玉になりやすいようです。これは去勢している所為か元々そうであったためかは不明です。体毛も細くて繊細なような感じです。
 アランは未去勢ですが、アスピに比べて全体に体毛はアスピよりは太めなようで、その分毛玉は出来にくいようです。





 この写真はアスピの胸毛部分をアップして見たものです。

アスピの拡大


 更に拡大したものです。ここまで拡大しますと、綺麗さが大分分かって貰えるのではないでしょうか。

アスピの胸毛拡大


 この写真はアランの胸毛です。今回は水浴もシャンプー&リンスもせずに8月2日に水浴させた(シャンプー&リンスはやらず)、そのままです。
 私はパピヨンの耳毛、胸毛、足回りのフリンジや尻尾の豪華さが大変気に入っています。アランはそれらが比較的整っているのではないかと自画自賛しているところです。

アランの胸毛拡大






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:05 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.08/10(Fri)

8日のミニ自主練 

 8月8日の夕方、今の時期としては涼しい気温だったので、ミニ自主練をやってみました。約2週間振りのことです。


 ある著名な訓練士さんの奥様のブログで読んだと思うのですが、

「若犬は動作が活発で見栄えがするが、その分ポカをすることがある。一方年配犬は落ち着いて動作は確実な反面、動作が活発でない場合が多く見栄えがしないことが多い。云々」

と云った記載がありました。一つひとつの動作が確実で且つ動作が活発なことが理想的ですが両者の折り合いが難しいものです。

 アランはこの7月21日で9歳になりました。人間で云えば52歳位の働き盛りですが、小型犬とは云え競技の世界では老境?の入り口かも知れません。しかし、日常接している飼い主としては、まだまだ老境にはほど遠く、
「動作が活発で見栄えがし、且つ動作は確実なこと」を追い求めたい気持ちです。



 前置きはこの位にして、8日のミニ自主練について書いてみます。

・ 紐付きおよび紐なし脚測行進
 往復常歩、往路常歩復路速歩について約15mの直線ルートで行いました。主眼は「常時見上げていること」、「前に出気味にならないこと」でした。

・ 停座および招呼
 コイ!のかけ声に対し、全力疾走して来て直接停座すること、および復路でも前に出気味にならないこと。

・ 伏臥および立止
 迅速性且つ一発フセの厳守

・ 行進中の伏臥および停座
 命令に対して迅速であること。

・ 前進
 マエヘのコマンドを掛けるまでは静止して、命令を掛けると全力疾走で前進し、タッテ!のコマンドで立止し、コイ!のコマンドで全力疾走して且つ直接停座すること。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:04 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.08/09(Thu)

5日振りのブログ更新 

 8月5日の午後から、息を吸ったときに胸全体がものすごく痛む症状が徐々に強くなって来ました。強く吸い込みますと痛いものですから、息を吸い込むのをぐっとゆっくりゆっくりにし、しかも深く吸えないのです。
 翌6日に病院に行って血液検査とCTを撮ってもらいましたが、生憎呼吸器科の医者が不在(循環器科専門の医者)で、呼吸器のCT画像の読影が出来ないそうで、呼吸器科の医者が居る7日(水)か10日(金)に来るように指示がありました。
 ところが悪いことは重なるもので、5日に身内に不幸があり、6日は通夜、7日は火葬と重なってしまいました。胸の痛みを堪えて通夜と告別式に出席しまして、8日に病院に行って紹介状を書いてもらって、別の病院に今日9日に行って来ました。

 webで「深く呼吸すると胸が痛い」で検索しますと、肋膜炎、気胸、、、etc.何らか悪い方向に考えてしまうのです。

 最初の病院の血液検査ではCRPの値が7.5(正常値0~0.3)なので、何らかの異常があるらしいということでした。
 今日も血液検査をしたのですが、3.5位に下がっていました。7.5は異常は異常ですが、特に驚くような値ではないそうで、それを聞いてちょっと安心しました。

 CT画像の専門医の読影結果でも異常な箇所は無いということで、なんら治療しないでもCRP値は下がって来ているし、胸の痛みも軽くなって来ているので、経過を見ようということになりました。

 6日の夜、寝るときの痛みは相当強くて、いつもは別室で寝るワイフ(私のいびきが五月蠅いというのです)に傍に寝てもらいました。別室だと緊急の場合に呼べないかも知れないと考えたのです。本当に119番をと考えたこともあるのですが、ご近所さんに知れ渡って恥ずかしい思いをすることを考えました。朝気がついたら冷たくなっていたかも知れない事態なのにご近所さんの評判を気にする小人振りを笑ってやってください。



 昨日は涼しい気温で、痛みが和らいだこともあって、夕方の散歩のとき、自主練の真似事をやってみました。この報告は明日しようと思います。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  19:46 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.08/05(Sun)

犬の性格・ラヴィについて 

 私がパソコンに向かっているときには、アスピとアランはデスクのすぐ傍で伏せて寝ているのが普通の姿です。


 アスピは障子と反対側に比較的薄暗い部分です。

アスピ


 アランは障子際の部分が指定席のようなものです。

アラン


 ラヴィは他の2頭が寝ているときでも1頭だけ動きまわっていることが多いです。

ラヴィ

 ラヴィの性格ですが、人なつっこく、犬なつっこく、多分誰からも好かれる存在ではないかと思っています。
 まだ、3歳になったばかり(2009年7月1日生)のぴちぴちの若犬です。

 この子は非常に穏和な性格で、その点がアランとは正反対です。アランは根性があるというか非常に競技犬向きの性格ではないかと思っています。叱られても叱られても向かって来て、およそテールダウンなんて考えられないのがアランですが、それに反してすぐにテールダウンしてしまいそうな子なので競技には不向きと思っています。

 アランの訓練には苦労の連続でしたし、特に「臭いかぎの矯正」には長期間本当に苦労
しましたし、訓練費用もかかりました。そういう苦労はもう二度としたくないと思い、ラヴィは専らペット用として育てようと思いました。
 スワレ、行進中のスワレ、マテ等ごく限られたコマンドしか教えていませんし、それで日常生活には支障はありません。
 訓練をしないから叱ることもなく、それが伸び伸びと素直に育って来ている所以ではないかと思っています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:08 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2012.08/03(Fri)

犬の性格 

 多頭飼い(当家では3頭ですが)の場合、3頭でも犬の個性がまちまちなのが興味あるところです。

 まず、アスピですが、性格はおとなしくてちょうっとビビリ屋です。これが不思議なことに身体に触られるのが苦手なようです。わたしでそんな具合ですから他の人では近づいてくれません。私の触られるのが嫌?なくせに、私の傍には居たいと云った相矛盾した性格です。
 私がトイレに入った場合、ドアーを開けてやると一緒に入りたがりますし、この場合は身体にはいくらでも触らせてくれます。ドアーを閉めますとドアーの正面にお尻を向けて、ちょうど神社の狛犬の様な格好でいるのです。
 散歩に出かけるときにはダッコと云いますと左脇腹に飛びついてきますので、左手で小脇に抱えることが出来ます。散歩から帰ってもダッコと云って左小脇に抱えて洗面に向かいます。


 次の動画はトイレに入いり(私は入った振りをしています)、ドアーを閉めてすぐまた開けたときのアスピです。





 今度はトイレに入いりある程度時間を置いた場合のアスピの「狛犬の様な格好」です。





 一方、アランは身体に触られるのが大好きです。私が座っているとき、手を伸べますとすぐ膝に飛び込んで来て甘え回ります。いくら身体に触ってもさすっててもきりが無いほどです。
 そんなに触られるのが大好きなのに、私の傍にべったりではありません。トイレには付いてきません。

 まだブリーダーさんの家にいた頃の4頭兄弟のガキ大将だったころを思えば、良く育ったもので、(氏?より)育ちを地で行った例かもしれません。

 ただ、私が外出したときには、玄関上がりかまちでずっと待ち続けているようです。
冬季の寒いときなど、ワイフが「そこは寒いのでリビングに来なさい」と声をかけても無駄なようようです。

 甘え上手で、焼き餅焼きで、いろんな所作が、かわいくて、飼い主冥利に尽きると思っています。

 家族にとっては甘え上手なのですが、他の人や犬に対しては腰が引けていました。自分と同じ程度の大きさの犬には、そうでも無いのですが、大型犬には腰が引けています。
文字色ところが、今のレッスン教室に通い集団レッスンを受けているうちにずいぶん変わってきました。
文字色 最近では、ご近所にラブ飼いの奥様がいらっしゃるのですが、散歩でお会いしたときには甘える一歩手前まで行っています。ラヴィは人見知りしませんので、その奥様にはかわいがってもらっているのですが、その様子を傍で見ていて感化を受けたのかも知れません。


 ラヴィについては又後日。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:48 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2012.08/02(Thu)

今日も暑かった 

 今日も猛烈な暑さでした。14時頃に犬たちを水浴させてやろうと思い立ち3頭ともに水浴兼体毛洗いを実施しました。

 プールはありませんので、バス室にて、予て買っておいたプラスティク製のコンテナー(60×36×23cm)にぬるくした温水を一杯に張り、アスピ、アラン、ラヴィの順番で入れてやりました。


 1頭につき、水浴~体毛クリーニング~水から出して水切り~タオルで粗拭き取り~バスタオルで更に拭き取り~ドライアーで乾燥、これを少なくとも3回繰り返すわけですから大変ですし、時間もかかりました。

 アスピとアランは上記水洗だけにしましたが、ラヴィは、水浴~体毛クリーニング~水から出す~シャンプー~シャワー~リンス~シャワー~再び水浴~水から出して水切り~タオルで粗拭き取り~バスタオルで更に拭き取り~ドライアーで乾燥、としました。


 これらの作業に約2時間くらいかかりましたし、私は暑い中ドライアー作業は暑くて、しかも時間がかかって大変でした。


 今日は18時から車の定期整備に出かけ、帰宅後トイレ散歩に1頭づつ連れだしました。
散歩が終わって、パソコンを初期化後初めて写真をアップロードしてみました。


 まずアランですが、最近はアップしていないとは云え、たびたびアップした経験がありますので、珍しくもありません。

アランの画像


 アスピですが、訓練を止めてから、プログに登場する機会はぐっと少なくなっています。

アスピの画像


 ラヴィは専らペット的存在ですから、ブログに登場することはほとんどありません。
この子は「人懐っつこくて犬懐っつこく」本当にフレンドリーな子です。どんな大きな犬でも恐れたりすることなく顔を近づけていきます。きっと今までに怖い思いをするようなことがなくて、人から怒られたこともない、過去のトラウマが全くないのだろうと思っています。
 今は、他の犬に近づける場合は、飼い主さんに近づけても咬んだりしませんか、と確認するようにしていますから、今の状態が今後も続くものと思っています。

ラヴィの画像


ラヴィの写真2










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  23:02 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |