新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2012年12月
2012.12/31(Mon)

自主練納めの記・自主練4+22日 

 今日で今年も終わりです。今年はアランにとっては残念とした云いようのない一年となりました。

・ 4月のjkc本部大会の後、水辺公園の草っ原でダンベルを投げて遊んでいるときに、投げたダンベルを拾いにダッシュして行って、咥えて急旋回した拍子に腰を痛めてしまいました。(完治するまで凡そ1ヶ月用心しました。)
・ それが治ったと思ったら、原因不明の下痢が長期間続き(結局原因不明)、
・ その後は10月のお尻からの突起物の手術がありました。
・ 途中、短期間なら状態の良い期間もあったのですが、そんな時には「私の腰の具合」が悪くて今日に至りました。

 4月にあった狂犬病の予防注射も受けていなくて、今日に至っている状態です。


 新年からは、例の5科目に代えて、次のステップ:「常歩行進中の3作業」に移りたいと思っています。



 昨朝は7時に起きてみますと、細かい雨が落ちていました。当然のこと路面も濡れていました。仕方がないので、まずアスピ、次にアラン、最後がラヴィと1頭づつ(※)トイレ散歩に連れ出しました。昨日の予報では、午前中までは曇りで午後から降り出すということでした。

 片手で傘を持たなければいけないので、1頭しか抱っこ出来ません。トイレをさせる駐車場までは、抱っこしていって、行くまでの途中では○ンチやオシッコをさせないようにしています。

 昨日の気象庁「レーダー・ナウキャスト」では、雨雲が西の方まで伸びています。結局この日は自主練をしませんでした。



 今朝31日は7時半頃に起きて、ラヴィとアランをトイレ散歩に連れ出しました。

そのついでに自主練をやりました。天気は曇り、気温6~7℃、風はありませんでした。


 例の4科目の導入運動を「紐付き」と「紐なし」にてやった後、5科目の訓練でした。
まず、科目によっては角材を使って5科目をやり、次に、何も使わないで逆順に5科目をやって終わりにしました。今回の特訓の成果は確実に出ているようでした。急いでやったので時間は13分ほどでした。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:39 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.12/30(Sun)

5科目(都合13科目?)の自主練・自主練4+21日目 

 昨朝は7時30分といつもより遅めに起きました。夜降った雨は上がっていましたが、路面はまだ濡れていました。
 トイレ散歩はまずアスピ1頭だけでし、それを終えて続いてラヴィとアランの2頭同時でした。


 この日の訓練は10時10分ころから、約35分間の自主練をしました。この頃には太陽がふりそそぎ路面も殆ど乾いた状態でした。因みに、気温は柏市で4℃となっていました。


 導入運動として、紐付きと紐なしでそれぞれ、1回づつでした。

・ 30秒間の基本姿勢
 終始指導手を見上げていました。

・ 15m直線の往復常歩
 終始指導手を見上げていました。
 指示無し停座も前に出気味にならずに出来ました。

・ 15m直線の往路常歩復路速歩
 終始指導手を見上げていました。
 指示無し停座も前に出気味にならずに出来ました。
 反転ターンもほぼ巻き付くようなターンが出来ました。

・ コの字型の脚側行進
 上記に書いたことが実践出来たと思っています。特に右曲がり、反転ターン、左曲がりは完璧に近く出来たと思っています。



 引き続いて、本来の「5科目」は次の通りでした。

・ 据座
 * 犬の前足の前に4~5cm□の角材を置いて4~5回やりました。
 * この日は、「片足上げ」も「膝行り」もしませんでした。今後もこの状態が続けばよいのですが。

・ 停座及び招呼
 * 犬の前足の前に4~5cm□の角材を置いて、招呼の時はそれを乗り越えて来させました。
 * この科目も4~5回やりました。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 * 伏せは一時停止方式を最初に2回ほどやりました。
 * 通常方式でも問題は有りませんでした。

・ その場の伏臥
 * 延べ5回程正式方式でやりましたが、全く問題はありませんでした。
 * 体符方式とエサを左手に持っている振りをする方式も2回ほどやりました。

・ その場の立止
 * 犬の前足の前に4~5cm□の角材を置いて、2~3回やりました。
 * 角材を置かずに3~4回やってみましたが、前足を動かすことなく出来ました。
   今後も継続することを望んでいます。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:25 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/29(Sat)

5科目元に戻した・自主練4+20日目 

 昨朝は6時20分頃起きて雨戸を開けてみると、外はまだ薄暗いのにはびっくりしました。曇っていたからかも知れません。netで天気予報を見てみますと、流山市は3時ではー4℃、6時でも-4℃ということでした。一昨日まで続いた晴天も西から雨雲が段々と近づいて来ています。

 まず、アスピ1頭だけをトイレに連れ出し、帰ってから足を洗ってやってから、ラヴィとアランを連れ出しました。
 風は無かったのですが、寒さのため耳や鼻がキンキン痛い感じがしました。


 昨日は11時に予約していた柏○生○合病院への通院日ですので、遅くとも10時半には家を出発しなければなりませんでした。


 導入運動として、紐付きで4科目を各科目3~4回やり、続いて、紐なしで4科目を同じく3~4回やりました。

 15mの直線往復行進では、不意に「指示無し停座」を入れて、行進中は「不意に、いつ止まることがある」かも知れないことを意識させています。又、コの字型の紐付き及び紐なしの脚側行進(いずれも正規方式)では、指導手への集中、右曲がりの仕方、反転ターンの仕方、速歩の左曲がりの仕方、最後の反転ターンと脚側停座の向き等、いずれも出来ていたと思っています。



「5科目」では各科目を2~3回やり、一通りやった後もう1回一通りやって終わりにしました。


5科目の特記事項は、次、

・ 据座
 * 犬の前足の前に「板切れ」を置いたり、4~5cm□の角材を置いたりしました。
 * 停座させて離れるときに「片足上げ」の注意をしましたら、アランはその場から逃ました。
 * それ以外の「膝行り」等はありませんでした。

・ 停座及び招呼
 * 犬の前足の前に4~5cm□の角材を置いて、招呼の時はそれを乗り越えて来させました。
 * 呼びに対し、来るスピード、直接停座に入り方等は良かったと思っています。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 * 伏せは一時停止方式を交えました。
 * 伏せの位置、向き及び直接停座に入り方等は良かった。

・ その場の伏臥
 * 延べ6~7回やりましたが、全て問題はありませんでした。
 * 正式方式、体符方式、エサを左手に持っている振りをする方式、3方式とも差は出ませんでした。

・ その場の立止
 * 犬の前足の前に4~5cm□の角材を置きました。
 * 当分この方式でやって、最終的には置かないでも前足を動かすことなく出来るようにしたいと思っています。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:35 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/28(Fri)

5科目は一休止・自主練4+19日目 

 昨朝は雲一つない快晴でした。気温は一昨日よりはほんのちょとだけ高目だったようですし、風が殆どない状態でした。11時の柏市の気温は2℃のようです。


 昨朝は10時過ぎに、約20分弱ほど自主練しましたが、いつもと趣を異にしまして、
昨日掲げた今後の課題の、

・ 据座や招呼での停座させている時の「前へのずれ」をさせなくすこと。
・ その場の立止の際に前足を動かさないで立てるようにすること。

を主眼にやってみました。

 まず、準備運動の紐付きで「据座」、「15m直線の往復常歩脚側行進」、「同じく往路常歩復路速歩の脚側行進」及び「コの字型脚側行進」をやりました。いつもは「紐なし」でもやっているのですが、これは省略しました。
 
 その後、昨日掲げた課題の解消を狙って、紐なしで「据座」、「停座及び招呼」と「その場の立止」をやりました。


・ 「据座」及び「停座及び招呼」
 前足の左側に目印の板きれを置きました。
 停座させて離れて行く途中で、片足上げしているときは、「アシ!」と云って止めさせました。
 同じく停座させて待たせて離れて行くと、1~2cm位前にずっていることがありましたので、都度注意を与えました。

・ 「その場の立止」
 前足の直前に目印の板きれを置きました。
 その状態で「タッテ!」を命じ、これを何回も繰り返しました。
 犬の右足が左足よりほんのちょっと前に出した状態から立たせますと足を動かさないで立てることが分かりました。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:31 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/27(Thu)

昨日と同じ5科目に・自主練4+18日目 

 今の5科目に移ってから、もう6日目です。

  昨朝は雲一つない快晴でしたが、気温は一昨日ほど低くはなかった。しかし、風がやや強くて、体感温度的には相当寒く感じました。関東地方が晴天で風が強いということは裏日本で吹雪になっていることを示しています。
所で、風が強いとどうして体感温度が低く感じられるのか、その原理を理論的に説明出来ますか。


 今朝は10時過ぎに、約30分ほど自主練しました。自主練は一昨日と同じように、例の準備運動として、「紐付き」で4科目、「紐なし」で同じく同一の4科目をやってから、「5科目」を各科目2回づつ、科目によっては4~5回やり、再度1~2回づつやって終わりにしました。


・ 据座
 前足の前に目印の板きれを置いて10m離れ、約30秒間キープさせました。まだ油断しますと、時に指導手が戻るときに、前に1~2cm程ずれることがありました。
 このずれる原因が分かりません。

・ 停座及び招呼
 前足の前に目印の板きれを置いて10m離れて呼びました。停座して待たせているときには「据座」と同様の注意が必要でした。
 脚側へ直接停座するときの入って来かたは何回やっても完璧だったと思っています。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 この科目は完璧に出来たと思っています。

・ その場の伏臥
 「正式方式」を6~7回、「エサを左手に持っているふりをする方法」を4~5回、及び「体符で誘導する方法」を4~5回、やったのですが、俊敏に伏せることが出来ました。

・ その場の立止
 前足の前に板切れを置いて、前足を意識させるようにしています。やはり、停座させた時に、右足を前目になるようにしておかないと前足を動かすことが多いようです。

 尚、指導手に巻き付くような反転ターンの練習は「準備運動」の「紐付き」及び「紐なし」の「直線往復の脚側行進」と「コの字型紐付き及び紐なし脚側行進」のときにやりました。


 今後の課題は、

・ 据座や招呼での停座させている時の「前へのずれ」を、何回やってもしなくなること。
・ その場の立止の際に、毎回前足を動かさないで立てるようにすること。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:13 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/26(Wed)

昨日と同じ5科目を・自主練4+17日目 

 この5科目に移ってから、もう5日目になりました。6~7日目が終わったら、その次のステップに移ろうと思っています。次のステップは「常歩行進中の3作業」、その次のステップは「股くぐり歩き」、「8の字股くぐり」及び「抱っこ」を考えています。

 昨朝も良く晴れていましたが、気温は氷点下のようで、朝、犬の散歩をしていましたら耳たぶが冷たく痛さを感じました。今まではこういう感覚はありません。

 2010年の秋、jkc本部理事長賞を取った直後のアランの弱点を当時の記録で調べてみますと、

・ 脚側停座がまだ曲がることがある。
・ ポカミスの根絶化
・ よそ見を無くすこと。
・ 反転ターンで巻き付くようなターンをさせること。

だと思っていました。


 今は、第一項は殆ど矯正出来ています。第四項はまだ「巻き付くような」とはいきませんが、大分改善されたと思っていますが、今改善すべく努力中です。第三項は、これは改善が難しいと感じています。第二項は永遠のテーマのようです。

 昨日は長女が孫を連れて来宅する予定になっていたので、早めに自主練しました。9時半頃から約29分間の自主練でした。



 自主練は一昨日と同じように、例の準備運動として、「紐付き」で4科目、「紐なし」で同じく4科目やってから、「5科目」を各科目2回づつ、科目によっては4~5回やり、再度2回づつやって終わりにしました。
 終わった後、紐付き脚側行進で直線15mを何回も往復しながら、反転ターンで指導手に巻き付くようなターンの練習をしました。


・ 据座
 前足の前に目印の板きれを置いて10m離れ、約30秒間キープさせました。まだ油断しますと、前に2~3cmずれるようです。

・ 停座及び招呼
 脚側へ直接停座するときの入って来方は何回やっても完璧だったと思っています。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 伏臥は一時停止方式でもやり、機敏性に磨きをかけました。

・ その場の伏臥
 この日は正式の方式で何回やっても俊敏に伏せることが出来ました。

・ その場の立止
 前足の前に板切れを置いて、前足を意識させるようにしています。しばらくはこの方法でやって、それから板無しでやってみるつもりです。

・ 紐付き脚側行進の反転
 直線15mを何回も往復しながら、指導手に巻き付くような反転を練習しました。
一端は先が開放されていますので良いのですが、反対側は折り返し点の1m位先にガードフェンスがあるので、アランはそれを意識するのでしょうか、こちら側に来ると指導手から離れ気味(わずかですが)になるのです。それを離れ気味にならず、ピタリと指導手にくっついて回るよう練習しました。



 来年1月に行われる「千葉ブロック訓練競技会」の申し込みの受付が昨25日から開始されました。アランは、約9ヶ月振りに参加する計画で今日申し込みをします。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:48 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/25(Tue)

昨日と同じ5科目を・自主練4+16日目 

 昨朝は良く晴れていましたが、気温は低かったです。風はややあり、しかも冷たい風でした。アウターを着て訓練しても汗は出ませんでした。

 12時すぎから約25分間強、昨日と同じ練習をしました。


 まず、例の準備運動を紐付きと紐なしで行ってから、5科目を、紐なしで各2回づつやり、一通り終わってから、更に2回づつやり、最後に逆順で1回やって終わりにしました。




・ 据座
 停座させて離れるときに、片足を浮かせていましたので、「アシ!」と注意して下ろさせました。終わり頃には大分よくなりました。

・ 停座及び招呼
 停座させたときに犬の前足の前に板切れを置きました。
 呼んで近づいたとき、左足をほんのちょっと開いたり閉じたりはしませんでした。(指導手の左足を意識させるためです。)
 呼んで来たときに、1回だけ左足にぶっつかりました。その時以外はソフトな動きで脚側位置に入ってきました。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 5mのマーキング点の真上に伏せさせるようにしています。
 呼んで来たときに、左足にはぶっつかりませんでした。

・ その場の伏臥
 3種類の方法で、全部で7~8回やったと思うのですが、体符を伴う方法が一番安定して俊敏に出来る感じです。「通常方式」でやっても差が出なくなるようにしたいと思っています。

・ 立止
 犬の前足の前に板切れを置いて、前足を意識させて立たせるようにしました。板が無いとやはり前足を僅かに動かすことがあります。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:35 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/24(Mon)

5科目の自主練・自主練4+15日目 

 昨日はレッスン日でした。前日までは行く気でいたのですが、結局行きませんでした。足が疎くなりますと行くのが億劫になるのです。
 昨朝は曇ってこそいましたが、風は無く、比較的訓練しやすい気象だったと思います。
10時すぎから約22分間、22日の自主練科目を半複練習しました。


 まず、「紐付き」にて、

・ 30秒間基本姿勢を取らせて、その際終始指導手を見上げ続ける。
・ 15mの直線の往復行進で往複とも常歩
・ 15mの直線の往復行進で往路常歩複路速歩
・ 一辺10mのコの字型のリンクの脚側行進

を、各2回づつ行った後、同じように「紐なし」でも行い、準備運動を兼ねました。


 続いて、「紐なし」にて、

・ 据座
・ 停座及び招呼
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼   
・ その場の伏臥
・ 立止

を各科目2~3回づつ行い、一通り終わってから、再度同じことを繰り返して終わりにしました。



 特に注意を払った点は、

・ 据座
 犬の前足の前に板切れをおいて、膝行った場合の目印にしました。膝行りはしませんでした。

・ 停座及び招呼
 停座して待たせているときには犬の前足の前に板切れを置きました。呼んで来たとき左足にぶっつかることはありませんでした。この予防策として数回毎に左足をほんのちょっと開いて閉じるようにしています。
又、戻りの集中や反転にも注意を払っています。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 伏臥は5mポイント上に正確に、一発フセをさせるようにしています。又、戻りの集中や反転にも注意を払うようにしています。

・ その場の伏臥
  所謂「一発フセ」を定着するために3つの方法を取っています。
その一つは「通常方法」で正立して行う正規の方法、エサを左手に持っているように装うやりかた、最後は体符を伴う方法です。
アランは正規でも出来ますが、半ば習慣化するために、3方法取り混ぜてやるようにしています。

・ その場の立止
 立つときに、前足の位置を動かさないように、板切れを停座した前足の前に置いて練習しています。停座させた時には前足は比較的後ろ足に近く位置していて、このまま立止させますと、前足を前に動かし易いようです。比較的後ろ足に近く位置した前足を手で前目に動かしてやっても目的は達成出来ます。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:59 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/23(Sun)

昨日は、軽い自主練・自主練再開・4+14日目 

 昨日は朝起きてみると、雨が降っていましたので、ラヴィだけ傘をさしてトイレに連れ出しました。アスピとアランは室内トイレで済まして貰いました。
 朝から降っていた雨も14時頃には止みました。夕方には路面は半乾き状態だったのでしたが、訓練を中断するのもしゃくでしたので、軽く15分強ほど自主練をしました。

 自主練は、紐付きの基本姿勢、15m直線往復常歩、15m直線往路常歩復路速歩、及びコの字型の脚側行進を、紐付きで2回と紐なしで3回行いました。

 入れ込んでいた過去には、しばらく振りで雨が降ったりしますと、よいチャンスだと思って雨中の訓練をしたこともあったのですが、今は、こういう熱も醒め、最近のこの気温ですから、そういう気も起きません。



 去る10月12日、アランのお尻のポリープ状のものを見つけたときにはガンではないかと思い本当に戸惑いました。最近亡くなった他所様の愛犬2頭もガンだったようです。
 私も人間ドックで大腸ポリープが3ヶ見つかったのですが、内1ヶは取り切れていません。しかし、この1ヶも病理検査の結果は大丈夫でした。

大腸の内視鏡検査や手術自体はまあ我慢出来ますが、それに至るまでの、

・ 腸を空にするために飲む2リッターの下剤が飲みにくいこと。
・ 朝からの絶食がつらいこと。検査又は手術が夕方の場合は3食丸々の絶食です。

と事後の、

・ 送り込んだ空気の排出に時間がかかり、下腹部が不快なこと。


 先日テレビを見ていましたら、「痔」について放送していました。その中で、人間の内痔核:「イボ痔」画像がアランのものとそっくり同じでした。直腸の肛門の直ぐ内側に出来た内痔核:「イボ痔」が肛門から押し出されて外に出ている様子がまさにそっくりでした。

でも、病理検査を受けた結果悪性ではないと分かっただけでも良かったと思っています。

 アランは今のドライフーズに変えてから、2年間で1~2回位しか下痢(だがしかし1回罹ると長期になりました)をしたことがありません。その便は直径1.5cm位の長さ3cm位、「固い」、形の良い便で、私はそれを見て喜んでいました。でも、この「固い」ウンチがくせ者で、力まないと出ないようで、これを軽視していたのが「イボ痔」の原因だったのではないかと考えています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:03 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/22(Sat)

自主練の科目を変えました・自主練再開・4+13日目 

 昨日の予報では、初雪か雨かということでしたが、起きてみると雨でしかも小降りでした。しかし、空は薄暗くて予報通り15時or18時ころまでは雨だろうと思われます。



 昨日はまず、一昨日までの4項目の訓練を紐付きと紐なしでやった後、次の科目である据座、招呼、行進中の伏臥及び招呼、伏臥及び立止の5科目をやりました。

 昨日は10時20分ころから約29分間自主練しました。天気は快晴で、気温は7℃位でした。風は殆ど無くウインドブレカーを着ていて汗は出ませんでした。



 自主練は次の科目を2~3回繰り返し、一通り終わってから、又同じことを繰り返しました。

・ 据座(30秒/回)
 停座して指導手が離れたときに「前の方に小さく動くこと」の防止と「指導手への集中」が主眼です。前者は木ぎれを目印にしていますがほぼokでした。後者では時々他の方に顔を向けました。

・ 停座及び招呼
 「前に膝行らないこと」、「左足にぶっつから無いこと」、「戻りの集中」と「反転動作」
を主眼としました。
「前に膝行らないこと」では木ぎれを目印にしています。
「戻りの集中」と「反転動作」は反転の直前のときの「前に出気味にならないこと」と
「離れ気味にならないこと」に気を付けました。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 「機敏性」、「5m点に正しくフセすること」、呼んで来たときに「左足にぶっつから無いこと」、「戻りの集中」と「反転動作」に気を付けました。

・ 伏臥
 フセを命じた時の「瞬発性:一発フセ」を重視しています。

・ 立止
 停座から立止するとき、前足を動かさないように気を付けました。



 一つの科目を2~3回やったのは1回だけでは簡単過ぎて、いくらやっても習慣化までは至らないだろうと思ったからです。けれど一挙に4~6回やったのでは特に後半はマンネリになりかねないと思ったからです。一つの科目を2~3回一通りやってから、再度繰り返しました。今後この方法で続けてみたいと思っています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:00 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/21(Fri)

昨日迄の自主練を復習・自主練再開・4+12日目 

 昨朝も冷え込みが厳しくて、朝犬をトイレに連れ出したときは多分まだ氷点下だった筈です。これからはこの気温が益々下がっていくことでしょう。
 まだ小学生だった頃、冬休みが明けると寒さが本格化したように覚えています。北九州に隣接する地方だったのですが、北側に山脈が無いために、北風が諸に迫ってきて冬は結構寒くて雪も降りました。朝の内はまだ凍っているので、ズック靴でも大丈夫だったのですが、下校時には凍っていた雪が溶けてズック靴に染み込み足が物凄く冷たかった記憶が残っています。ただ、この記憶はあるのですが、それが小学何年生の頃のことかは定かではありません。戦争が終わったばかりで物資も乏しい頃のことでした。


 昨日は12時半ころ約25分間自主練しました。天気は快晴で、気温は8℃位?でした。弱風に近かったせいか、動いているとウインドブレカーを脱いでも汗が出る程でした。


 昨日もこれまでと変わらず、まず「紐付き」で次の4科目について、各科目を2回づつやり、次に「紐なし」でも繰り返し同様にしました。

・ 30秒間基本姿勢を取らせて、その際終始指導手を見上げ続けること。
・ 15mの直線の往復行進で往複とも常歩
・ 15mの直線の往復行進で往路常歩複路速歩
・ 一辺10mのコの字型のリンクの脚側行進


 次に、紐付きと紐なしを各1回やってお終にしました。


 訓練上の気づき事項は次、

・ 上を見上げていても、まだ、周囲を気にすることがあること。これは恐らく治らないのではと思っています。(特に、人が通りかかると、そちらが気になって、指導手を見上げてはいるのですが、眼が人の方に向いたりして気にしているのが分かります。)
・ 右曲がり及び左曲がりで10mの角を踏むまでの足の運びには注意していないと、外れそうになり、逆側の足で踏みかねないこと。
・ 反転する直前にアランが少し離れ気味になることがある。


 この訓練はこれくらいにして、明日からは次の3科目に移ろうと思います。
今後は自主練の都度及び競技会場の事前の練習では、この「指示無し停座」を取り入れた練習をやった方がよいとも思っています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:57 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/20(Thu)

昨日迄の自主練を復習・自主練再開・4+11日目 

 昨朝は冷え込みが厳しく、朝7時では2~3℃?位でした。風があり、それが猛烈に冷たかった。一昨日が比較的暖かく感じたので、余計寒く感じたようです。


 昨日は10時半ころ約25分間自主練しました。天気はよく陽も射していましたが、気温はやっと6℃位で、さすがに日差しの中でこそ暖かく感じたのですが、風は本当に冷たい風でした。厚手のアウターを着ていて動いても汗が出ないような気温でした。


 昨日は、まず「紐付き」で次の4科目をやり、次に「紐なし」でも繰り返しやりました。

・ 30秒間基本姿勢を取らせて、その際終始指導手を見上げ続けること。
・ 15mの直線の往復行進で往複とも常歩
・ 15mの直線の往復行進で往路常歩複路速歩
・ 一辺10mのコの字型のリンクの脚側行進


 これを「紐付き+紐なし」をワンセットとして4回繰り返しました。


・ 紐付きの基本姿勢では、一番最初に2回ほど、見上げるのが途絶えましたが、それ以外は大丈夫でした。
・ 15m直線の往復行進で往複常歩では往路、復路とも、集中し、前に出ることもなく、不意に止まっても、前に出ることなく脚側停座出来ました。
・ 15mの直線の往復行進で往路常歩複路速歩に於いても、紐付きと同様でした。
・ 一辺10mのコの字型のリンクの脚側行進
 「紐付き」、「紐なし」共、集中もよく、前に出気味にならず、不意の停止にも前に出ることなく停座出来ました。
  又、左右の曲がりや180度の反転も指導手とアランの動きが同期していたと思っています。



 あと一息かと思いますので、あと一~二日はこの訓練を続けたいと思っています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:52 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/19(Wed)

昨日は紐無しも・自主練再開・4+10日目 

 昨日は12時ころ約28分間自主練しました。うっすらと曇った感じだったのですが、薄日も射して、気温は12~13?℃位でしょうか。軽く動いても汗が出る程でした。

 昨日の自主練の続きとして、「指導手への集中」と「行進のとき前に出ない」訓練を、最初は「紐付き」で軽くやってから、続いて「紐無し」でしました。


・ 基本姿勢の際、終始指導手を見上げること。
 15~30秒間を何度もやり、行進を挟んで繰り返したりしました。

  紐付きの場合には注意を促すのにリードによるショックが使えますが、紐なしの場合にはそれが使えないので、見つけたら身体を掴んで叱るようにしました。



・ 15mの直線の往復行進で往複常歩、あるいは往路常歩復路速歩にて、不意に指示無し停座をして、行進中前に出ず、停座した時も前に出ていないようにしました。

この場合も前に出気味のときは、すかさず身体を掴んで叱るようにしました。



・ 一辺10mのコの字型のリンク(アスファルト路面に10m位置に4点マーキング)にて、「紐無し脚側行進」(往路常歩、復路速歩)をして、途中不意の指示無し停座を交えながら、且つ、各コーナーの曲がり方、反転の際の犬と人との同期した動きを訓練しました。

 往路常歩でも、復路速歩でも、行進中はアランを見ていて、見上げている顔を他の方向に向けたときに、不意に止まって、アランが直ちに脚側停座するかを確認しました。

 10mのコーナーを踏む足は、右曲がりでは右足、速歩の左曲がりでは左足に決めています。このため行進の途中では大股気味を心がけ、最後の1~2歩位で歩幅調整するようにしました。




 自主練の場で一応出来ていても、レッスンのときや競技会では、欠点が出てくることがあります。これを無くすには自主練では完璧の上に完璧を期すようにすべきと考えています。




 



テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:06 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/18(Tue)

昨日の自主練・自主練再開・4+9日目 

 昨日は昼過ぎから軽く自主練をしました。今にも降りそうな空模様だったのですが、気温は7℃位でしたが、風はない状態でした。


 昨日のレッスンの復習として、指導手への集中と行進のとき前に出ない訓練をしました。
今日は、全て「紐付き」でした。

・ 基本姿勢の際、終始指導手を見上げること。
  15~30秒間を何度もやり、行進を挟んで繰り返したりしました。

・ 15mの直線の往復行進で往複常歩、あるいは往路常歩復路速歩にて、不意に指示無し停座をして、行進中前に出ず、停座した時も前に出ていないようにしました。

・ 一辺10mのコの字型のリンク(アスファルト路面に10m位置に4点マーキング)にて、「紐付き脚側行進」(往路常歩、復路速歩)をして、途中不意の指示無し停座を交えながら、且つ、各コーナーの曲がり方、反転の際の犬と人との同期した動きが出来るように訓練しました。


 これだけ動いただけでも、顔は寒いのですが、肌からは汗が出る程でした。
次の自主練では上記メニューで「紐なし」をやるつもりです。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:13 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/17(Mon)

昨日はレッスン行き・自主練を再開・4+8日目 

 昨日はレッスンに行ってきました。従って、これを自主練・4+8日目に準じてカウントさせていただきました。

 この前は、9月14日ですから3ヶ月振りの出席となりました。4月以降のレッスンへの出席日を調べてみますと、4月15日、6月10日、6月24日、9月14日だけで、学校なら落第ものです。これだけですから、レッスンに行くのが実に億劫なのです。

 案の定、家を出てから道路では、最初の信号から連続8回赤でした。先が思いやられました。
気温は、車の外気温度は15℃位を示していました。



 レッスンでは、気温は暖か目で風もなく、動き回っていますと汗びっしょりの状態でした。

 レッスンは10頭の参加で、「10m直線の紐付き脚側行進」から始まり、cd-Ⅱの必須科目に、「常歩行進中の立止」、「据座」、「遠隔・停座から伏臥」、「遠隔・伏臥から立止」等を行いました。


 アランに目立ったことは次のことでした。

・ 基本姿勢において、指導手を見上げ続けることが出来なかったこと。
 自主練では、外乱要因が少ないのですが、レッスンでは多いためについ注意散漫になりがちでした。

・ 脚側行進が前に出気味でした。
 自主訓練でもこの傾向があるので、努めて注意しているのですが、他の犬と一斉に並んで行進すると、アランは競争心を擽られるのか、活気が出て前に出気味になるのでした。
 この是正の方法として、常歩や速歩の時に「指示無し停座」を頻繁に繰り返しました。
これによって、以降は直すことが出来ました。


 それと、自主練ではやっていない「遠隔」ものでは、軽いヒントを貰いました。

・ 遠隔の動作をさせるとき、5m離れて、コマンドが利けば「直ぐに褒めながら戻って、褒めて、ご褒美を与える」。

・ コマンド重視の方法。体符や誘導ではなくて「コマンド」のみで動作するように、
  遠隔でフセ等やらして、一旦離れてから戻り、同じフセ!のコマンドを軽く云って動作しないか確認すること。

・ ウイングを6基(この時の例)互い違いに置いて、フセさせて招呼
  招呼して走っているとき、犬の他に注意が向いたとしても、指導手のところに着いた時には、最終的に正面停座or直接停座を正しくすることを確認する。ウイングの間を通らなくてもよいそうでした。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:14 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2012.12/16(Sun)

昨日の自主練・自主練を再開・4+7日目 

 昨朝は7時頃起き出したらもう雨が止んでいました。ラヴィだけトイレに連れ出してアスピとアランは室内トイレで済ませました。
気温は結構低かったのですが、風は有りませんでした。


 10時半頃からアランの自主訓練を23‘50“ほどやりました。午後からは弱い雨ですが、降り出したので、午前中に自主練をやっていて正解でした。


 昨日は風こそ無かったものの、気温は相当低かった。昨日の予報では13~15℃まで上がるということだったのですが、15時頃車の外気温度は6℃でした。


 訓練は次のようにやりました。やった科目は、殆ど昨日と同じだったのですが、据座と常歩行進中の伏臥及び招呼の2科目を加えて合計12科目でした。

・ 紐付き並びに紐なし、直線15m往復とも常歩

をまず2回程やってから、cd-Ⅱの科目に入りました。


・ 基本姿勢及び脚側行進中の集中(ここでは指導手を見上げ続けること)は良し。
・ 折り返し点及び科目の終点での「離れ」や「先に進む」件は、この日はありませんでしたが、今後とも注意したい点です。
・ 停座及び招呼では、停座させて待たせているとき、前に膝行る件は、まだ少し注意し続けねばならないと思っています。いつか動くのではという不安に駆られます。
・ 伏臥は「一発フセ」を心がけています。
・ 行進中の3作業は、「一時停止方式」でしたり、「通常方式」でしたりしています。
 競技会では一発勝負ですから、いつでもやるように習慣づけする要があります。

・ 据座
 前足の直前に木片を置いて目印にして、待たせました。
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 この科目は、常歩行進中の伏臥と伏臥及び招呼ですから、それらが出来ていれば簡単です。理事長戦に備えての訓練です。(グループ戦で1席になることが難しいのに気が早いです。)






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:33 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/15(Sat)

昨日の自主練・自主練を再開・4+6日目 

 昨日の夕方、自主練を再開しました。

 昨日は風こそ無かったものの、気温は身体の芯まで響くような寒さでした。訓練は次のようにやりました。

・ 紐付き、直線15m往復とも常歩
・ 同じく往路常歩復路速歩
・ 紐付きコの字型、往路常歩復路速歩
・ 紐なし、直線15m往復とも常歩
・ 同じく往路常歩復路速歩
・ 紐無しコの字型、往路常歩復路速歩

上記は「集中」の様子を確認するためでした。以上から始めてその後cd-Ⅱの必須の残りの5科目と常歩行進中の立止、股くぐり歩き及び8の字股くぐり、をやりました。
(常歩行進中の伏臥及び招呼が抜けていました。)



特に注意したのは、

・ 折り返し点及び科目の終点で180度転換して停座させる際に、折り返し点手前で、離れそうになったり、先に進みがちになる傾向があるので、それを防止するため、折り返し点直前で指示無し停座をさせ、指示無し停座を意識させながら転換点に進むようにしました。

・ 常歩行進中の3作業
 コマンドと同時に作業を完了することを心がけました。特に“フセ!”ではコマンドをかけた際に、惰性で先に進みがちで伏せることがあるのです。


 尚、基本動作中や行進中の「集中」はまあ良いようですし、伏臥も「一発フセ」が習慣化したいものです。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:02 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/14(Fri)

年賀状は書き終えたが 

 年賀状の印刷と「添え書き」の記入は今日午前中にやっと終えました。しかし、創造力がない所為か、意図したデザインには出来ませんでした。

 Msワードを使って制作しているものですから、ワードの制約もあると思います。昔、パソコン教室に通ってワードも習ったことがあるのですが、もうすっかり忘れています。
 MsOfficeでは気に入ったデザインがあったのですが、MsOffice2010版のPowerPointがインストールされていないと使えないので駄目になりました。

 犬仲間宛の賀状もCanonのZoom Brozer Exでパノラマ合成写真を作ろうとしたのですが、結局3枚(3頭)の写真を並べるだけになりました。


 今日の夕方には自主練を再開するつもりです。自主練は2日も休んでしまいました。休むことは実に簡単なものです。12月1日の自主練を再開して以来まだ9日(9回)しか練習していません。昨日まで13日ですから、率にして9/13=0.7しか自主練出来ていないことになります。
こんなことでは、良くて現状維持か?、とても向上など望むべくも無いような感じがしています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:09 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.12/13(Thu)

年賀状に集中・続き 

 今日も朝から年賀状の「添え書き」の記入です。パソコンで年賀状を印刷していますと、「手書き」で無いと人の温かみが感じられないのではないかという負い目が常に付きまといます。従って、一言、二言何か書き添えるようにしているのです。
 10時半現在、三分の一位出来ました。



 年賀状は「一般向け」(親戚や元会社関係の方々宛)と「犬仲間宛」と区別するようにしています。

 犬の訓練仲間等宛の年賀状には犬三頭の写真を使おうと思っていまして、「インクジェット写真用」葉書を用意しました。ところが、複数枚数の写真を合成しようとした所、途中でうまく行かないので、キャノンのお客様相談センターに電話して教えていただきました。年に1回の使用では忘れてしまうことが多いのです。

 ただ、写真の大きさ(ズーム率)や余白等の制約があるので、もう一度写真を撮り直さなければいけなくなりました。犬三頭を並べて撮ればそれで終わりなのですが、それでは面白みが無いような気がして、ちょっと遊び心を出しています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:56 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.12/12(Wed)

年賀状作成に集中 

 今日は風も無く、気温は低いものの良い天気でした。閉めきった車内にいますとぽかぽかした実に良い天気でした。

 今日の午前中は腰痛の薬を貰うために○○市立病院に行ってきました。9時半の予約だったのですが、8時15分頃家を出て、20分くらいで到着しました。時間ぎりぎりに行くと駐車場に車を留められないかも知れないのです。大きな単一の駐車場ではなくて、小さな駐車場が分散しているため、早めに行って車を留めることが優先するのです。お陰で待ち時間がその分永くなりました。

 腰痛は薬を服用しても単に痛みを抑えるだけなのですが、これと併行して骨盤調整に通っています。骨盤調整は今日で11回目の筈だったのですが、今日の予約はキャンセルしました。薬も骨盤調整も実のところ、効いているのかどうか分からない実情です。

 今日から2~3日は懸案の年賀状書きです。年賀状はパソコンでやるのですが、今晩からやろうとか明日になったらやろうと思ってきたのですが、つい伸びてしまいがちです。パソコンですから手書きよりも速いはずなのですが、デザインの選定、年に1回のこと故操作に手間取ること、コメントの手書き等でどうしても日数を喰われてしまいます。

 パソコンで年賀状を書くことにしているのですが、心配な点は「全枚数完成しない内にプリンターが故障でもしたら」と不安になるのです。数年前にはそんな事が実際に起こりました。枚数は毎年減らすようにしているのですが、それでも結構あります。手書きしていたら日数がいくら有っても足りません。

 そんな訳で、「年賀状に集中(熱中)」するため、自主練は休むことにしました。でも、このまま休み癖が付いて、づるづると休まないよう気をつけたいと思っています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  18:57 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.12/11(Tue)

昨日は寒かった・自主練を再開・4+5日目 

 昨日は寒い一日でした。10時頃自転車に乗って散髪に出かけたのですが、身を刺すような厳しい寒さでした。
 気象予報のデーターによりますと、最低は3時でー3℃、6時で-2℃、9時で3℃、最高気温が7℃だということでした。

 秋田県の鹿角地方(十和田湖と八幡平の中間くらいの所)に住んだことがあるのですが、冬季はー4,―5℃になるのはざらで、雪の毎日でした。でも、その頃はそれが冬の日常だったので、慣れというか、諦めというか、それを受け入れていました。それが、関東地域に住むようになって、地域の気象に身体が慣れてしまって、その程度の気温になると、とても耐えられなくなってしまったのだと思います。

 以前、晩秋に犬の競技会で長野の松本に行ったときのことですが、山間の旅館に泊まり、夜21時?頃アスピをトイレの為に連れ出したとき、とても寒いと感じた記憶があります。その時は、玄関に寒暖計がぶら下がっていたのですが、それでも9℃でした。

 今朝も晴天でした。気温は昨日よりも1℃くらい高い程度だったのですが、風が弱かったために、幾分過ごしやすく感じました。


 今日は去る5日に受けたピロリ菌の除去の結果を聞きに○○中央病院に行ってきました。
幸い陰性ということで、除去出来ていました。しかし、再度菌に冒されて陽性になることがあるという主治医の話でした。
 ピロリ菌保菌者は低開発国に多く、先進国では少ないそうです。不衛生な環境で口に取り込んでいるようですが、国内では60才以上では70~80%位が保菌率らしいのですが、若年者の保菌割合は数%以下のようです。私も若年の時に感染したのかも知れません。今後は菌を貰わないで済ますことが出来たらと思っています。



 今朝、10時半頃から行った自主訓練再開(4+5日)では、「紐付き脚側行進」及び「紐なし脚側行進」をしましたが、その詳細な注意点は、

・ アトヘ!で基本姿勢を取らせた後は終始集中させること。(一応、30sec間キープさせました。)
・ アトヘ!で発進した後も終始集中していること。
・ 10mに至るまでは大股を心がけ、10mの右回りでは歩幅調整して右足で角を踏むこと。アランは指導手と同期して回ること。
・ 次の10mの角に至るまで、その後も前記と同様。
・ 次の10m地点での折り返しでは歩幅調整して右足で10m点を踏み180度回転し速歩に移ること。 180度の回転はアランと指導手とは同期して回る。
・ 速歩の左曲がりは左足で角を踏み、アランと指導手とは同期して回る。
・ 科目の最後は、アトヘ!で同期して180度回転し、脚側停座させること。
・ 最後の脚側停座は曲がらないこと。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:01 |  気象  | CM(0) | Top↑
2012.12/10(Mon)

自主練を再開・4+4日目 

 今朝も冷え込みが厳しく屋外駐車場の車は全身真っ白状態でしたし、家庭菜園も土も野菜の葉も霜で真っ白けの状態でした。北陸から北海道にかけての日本海側は時化で大雪だそうですが、これは大陸から渡ってきた空気が裏日本に雪を降らせ、遮る山脈で湿気を払われて、関東地方に乾燥した空気と冷気をもたらせいるためです。


 昨日のジーガー競技会には、jkc大会で顔見知りの方が数人来ていました。マロ○○さん、折○さん、○石さん、訓練士では矢○訓練士、○谷訓練士等の方々です。

 マロ○○さんとは、骨盤調整院をご紹介いただいたお礼を述べ、4頭の愛犬の近況等を聞きました。一番下のシェパードも始めて見せていただき、選別の自主練の様子も見せていただきました。なんでも、アービン家は観戦に来るらしいということで来たということでした。

 矢○訓練士さん(女性)は○石さんのGRの訓練をされていました。このGRはこの春の埼玉ブロックで理事長賞を取った名犬です。故一瀬氏の66才の若さでお亡くなりになった病状等も伺うことが出来ました。この方はパピヨンを飼っていらっしゃるのですが、その犬のテンションは相変わらず高い(高すぎる?)状態は相変わらず続いているということでした。
今は実家に置いているそうです。

 折○さんも温和しくて、ちょっとびびりなビーグルを連れて、観戦中でした。この方はjkcの競技会には、いつも火気を用意されていて、レトルト物のカレー、焼き芋、やきもち等、私もいただいたことがあります。昨日は用意されてなかったようでした。



 今日の自主練では、次のことを注意してやりました。(毎回同じ注意事項です)

・ 基本姿勢中や脚側行進中は「終始」集中させること。
・ 常歩行進では途中努めて大股とし、10mの角を右足で踏むようにすること。
・ 速歩行進の角の曲がり方では、10mの角を左足で踏むようにし、且つ曲がる途中でも犬は飼い主と並んで行進して、絶対に前に出気味にさせないこと。
・ 科目の最後の脚側停座は曲がらないように細心の注意を払うこと。

・ 据座では、停座している犬の前足の位置に棒切れを置いて、目印にしました。
停座して待たせているときには、前に絶対に“膝行らせない”ことを習慣付けたい。
・ 招呼では呼んで3~4m位に来たときに、左足を開いて、左足への“ぶっつかり”をさせないこと。
これを続けて、左足にぶっつからないことを習慣付けたいこと。
・ 伏臥は「一発フセ」を続けさせ、これを習慣化したいこと。
・ 常歩行進中の3作業は、コマンドと同時に指導手も止まって、“5m線”上に“瞬時”に止まれるように習慣付けたい。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:12 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/09(Sun)

ジーガー大会を観に行く 

 今日は晴天だったが、気温が低く寒い一日でした。
朝10時半頃に家を出て、大凧会場の対岸で行われたJSVのジーガー大会(日本シェパード犬登録協会の競技会)を見学しました。参加者は意外に少なくて、南は京都あたりのナンバープレートの車もありました。
 見ていても退屈極まりないので、アランの訓練をしようと思いました。草っ原が広々としていますので存分に訓練が出来ると思ったのです。所が、アノラックを着ていますと汗が出るし、そうかと云ってアノラックを脱ぐと寒くて叶いませんでした。風はそんなに強くはありませんでしたが、物凄く冷たい風でした。人生思うようにはいかないものです。凡そ13分ばかり訓練して、早々に止めにしました。


 これが「自主練を再開・4+3日目」の結果でした。


 自主練に当たり、注意した点は、

・ 脚側行進は集中に注意し、小股にならないようにしました。
・ 科目の最後の脚側停座では曲がらないように注意しました。
・ 招呼では、コイ!と呼んで、左足のつま先を外に開いて、ぶっつかりをしないようにしました。
・ 停座のイザリの防止には、木ぎれを前足の直前に置いて目印にしました。(招呼)
・ 3作業に機敏性に追求のため、コマンドをかけると同時に停止しました。
・ 股くぐり歩きでは、吠えさせないように注意しました。



 12時から始まった開会式で、一瀬武志氏(川越のいちのせ訓練所の所長さんで、ジャパン・ケネル・クラブ(JKC)訓練範士・A級訓練審査員、日本警察犬協会(PD)一等訓練士正、 日本シェパード犬登録協会(JSV)訓練師範)が12月4日に亡くなられたことに対し、黙祷が捧げられました。享年66才だそうです。


 シーガー大会の一こまです。


 ジーガーのギャラリーの様子です。jkcの競技会に比べて極く小規模でした。

ジーガーのギャラリー


 「服従」の1科目目の(紐なし)脚側行進の様子です。jkcの「紐なし脚側行進」と同じでした。




 本当は「前進」を見たかったのですが、寒いのと退屈なので、見ずに帰宅しました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:15 |  競技会見物  | CM(0) | Top↑
2012.12/09(Sun)

昨日は紐無しも・自主練再開・4+10日目 

 昨日は12時ころ約26分間自主練しました。うっすらと曇った感じだったのですが、薄日も射して、気温は12~13?℃位でしょうか。軽く動いても汗が出る程でした。

 昨日の自主練の続きとして、「指導手への集中」と「行進のとき前に出ない」訓練を、最初は「紐付き」を軽くやってから、続いて「紐無し」でしました。基本姿勢と脚側行進だけで25分位やるのですから、何度も繰り返し出来ました。一辺10mのコの字型リンクで1科目こなすのに40秒内外ですから、相当ハードにやっていることになるかと思います。



・ 基本姿勢の際、終始指導手を見上げること。
 15~30秒間を何度もやり、行進を挟んで繰り返したりしました。

  紐付きの場合には注意を促すのにリードによるショックが使えますが、紐なしの場合にはそれが使えないので、見つけたら身体を掴んで叱るようにしました。


・ 15mの直線の往復行進で往複常歩、あるいは往路常歩復路速歩にて、不意に指示無し停座をして、行進中前に出ず、停座した時も前に出ていないようにしました。

この場合も前に出気味のときは、すかさず身体を掴んで叱るようにしました。


・ 一辺10mのコの字型のリンク(アスファルト路面に10m位置に4点マーキング)にて、「紐無し脚側行進」(往路常歩、復路速歩)をして、途中不意の指示無し停座を交えながら、且つ、各コーナーの曲がり方、反転の際の犬と人との同期した動きとなるよう訓練しました。

 常にアランを見ながら行進し、アランが見上げていない時に不意に止まり、アランが直ちに脚側停座をするかを確認しました。

 10mのコーナーを踏む足は、右曲がりでは右足、速歩の左曲がりでは左足に決めています。このため行進の途中では大股気味を心がけ、最後の1~2歩位で歩幅調整するようにしました。




 過去の例では自主練ではうまく行っていても、レッスンや競技会では欠点が目立つことがありました。従って自主練では完璧の上に完璧を期すようにすることが必要だと思っています。 











テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:48 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/08(Sat)

自主練を再開・4+2日目 

 昨日の17時18分頃、三陸海岸沖を震源とするマグニチュード7.3の地震がありました。当地方でも震度4の揺れでした。揺れている時間も相当永く感じられて、5分間も揺れたような気がしました。幸い、一切被害はありませんでした。 

 今朝も晴天でしたが、霜はおりていました。まず3頭を別々にトイレ散歩に連れ出し、その後、9時半ころからアランの自主練をしました。
 自主練で停座させたり、行進させたり、伏臥させたりしていますと、雑草の種が体毛に絡みついて、それを取るのに苦労させられます。


 雑草の群生です。小さなぼっちが種子群です。このぼっちから一つ一つの種子が落ちて路面に散るのです。


雑草1



 同拡大です。まるで、謂わば「種のクラスター爆弾」みたいです。


雑草2



 アランの体毛にはこのように数多くの種子が付着しています。これらは一個一個手で取るしか方法がありません。


アランのお尻1


アランのお尻2



 今日の自主練はCD-Ⅱの「必須7科目に選択3科目+理事長戦用1科目」+据座、合計12科目をやりました。
「据座」、「遠隔もの」や「休止」の類は自主練では何の問題もなく出来るのですが、競技会で使うのにはちょっと抵抗があります。それは「執着的臭い嗅ぎ」をするのではないかとの不安が潜在的にあるためです。自主練やレッスンの場では何の問題は無くても、いざ本番になると、「執着的臭い嗅ぎ」をして、捨てゲームになった苦い経験が数え切れない位あります。とにかく、犬と離れるような科目は極力さけるようにしています。

 それと、「飛びもの」はアランの腰のことを考えて控えるようにしたいと思っています。


・ 基本姿勢で指導手に30秒間集中させました。2回実施。
・ 据座を30秒間実施、2回。(自主練のみ実施のこととし、競技会では使わない。)
  犬の許に戻るとき、犬と目線をずっとは合わせないようにする。目線を合わすと怒られているのと勘違いするようです。

・ 紐付きで直線20m位の往復共常歩、2回。
・ 紐付きで直線20m位の往常歩復速歩、2回。
・ 「10mコの字」型紐付き脚側行進(往路常歩、復路速歩)、2回。
 常歩行進では大股を意識し、10m地点の角を右足で踏むようにしています。復路の速歩では、10m地点の角を左足で踏み、尚かつ踏んだ時点でもアランは指導手よりも前に出ないように気をつけました。
・ 紐なしで直線20m位の往復共常歩、2回
・ 紐なしで直線20m位の往常歩復速歩、2回。
・ 「10mコの字」型紐無し脚側行進(往路常歩、復路速歩)、2回。
  紐付きの場合と同様。
・ 停座及び招呼
  “コイ!”と呼んで、3~4mに近づいたとき、左つま先を開きました。又、犬の許に戻るとき、犬と目線をずっと合わせないようにする。
・ 伏臥
 一発フセを心がけています。
・ 立止
・ 常歩行進中の伏臥
 フセのときには「一時停止方式」で機敏性を追求しています。
・ 常歩行進中の停座
 スワレのときには「一時停止方式」で機敏性を追求しています。
・ 常歩行進中の立止
 タッテのときには「一時停止方式」で機敏性を追求しています。

・ 股くぐり歩き
 くぐらせるときには、敏捷性を追求し、且つ5m地点でのアトヘでは停座が曲がらないように注意しています。

・ 8の字股くぐり
 くぐりは、敏捷性を追求し、且つ3回くぐり終えての停座は曲がらないように注意しています。


・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 フセが曲がらないように、招呼では「停座及び招呼」のときと同じような注意をしました。



 この内容を読んで、何を今更、と思われる方が多いと思います。しかし、アラン殆んど6ヶ月近く自主練を休んでいましたので、「一(イチ)」からやり直すつもりでやっています。今一度競技会に出て、1席や理事長賞を取りたいと考えたりしています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:47 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/07(Fri)

自主練を再開・4+1日目 

 一昨日~昨日とアランの足の具合を見ていたのですが、正常時と何ら変わりないようです。
こんなことでも2日間休みました。「継続は力なり」と云いますが、継続することが如何に難しいか、休んでしまうことが如何に簡単かと考えてしまいます。
 以前は毎日のように訓練していましたが、それが習慣のようになっていましたので出来たことで、毎日継続してやることが如何に大変なことかつくづく考えさせられました。

 毎日継続するためには、「私の気力(根気)+アランの体調+私の体調(腰の痛み)+気象条件」の四拍子が揃うことが必要です。
 腰痛対策のバラコン腰回し運動にしても毎日根気よくやらないと意味が無いようですが、ちょっと痛みが無くなるとすぐに止めてしまいがちで、毎日継続する難しさを考えてしまいます。



 今日は3日振りに自主練を又始めてみました。8時20分頃から約20分間の訓練でした。

・ 基本姿勢で指導手に30秒間集中させました。

・ 紐付きで直線20m位の往復2本
・ 「コの字」型紐付き脚側行進(往路常歩、復路速歩)

・ 紐なしで直線20m位の往復
・ 「コの字」型紐無し脚側行進(往路常歩、復路速歩)

 誰も居なくて外乱が無い所為か集中は良かったように感じました。jkc本部大会の理事長戦のビデオをアービン家からいただいて見ていますと、10頭(3~6部)の中、大部分の集中は良いようです。但し、「常時集中」している犬は稀で、時には見上げている顔を降ろしたり、外を向いたりしていました。


 今日は、据座、停座及び招呼、伏臥及び立止までやりました。

・ 据座は座った前足の直前に、目印となる板切れを置きました。2本やりました。

・ 停座及び招呼は、”コイ!”と呼んだ後、3~4m近づいたところで、左足のつま先を外に開いて、左足への“ぶっつかり”を防止しました。

・ 伏臥も、jkc本部大会の理事長戦では、大部分の犬が、所謂「一発フセ」が出来ていて、男子フィギャーの4回転のように、これなしには勝ち残れないようです。
この自主練では3種類の方法でやっています。通常の正式方式、左手に注目させる方法及び膝で体符を使って誘導する方法です。
伏臥→停座も機敏さを要するようです。理想的には背筋力で前足をつり上げるような方式ですが、3部の理事長賞獲得犬はこれが出来ていました。

・ 立止は、前足の位置を動かさないように注意しました。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:42 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/06(Thu)

今日も自主練取りやめ 

 昨日の午後、○○シーちゃんのお悔やみに行きました。○○シーちゃんのお骨が置いてある部屋にもリビングにも、今は亡き○○シーちゃんや去年亡くなった○ンゴちゃんの写真類が飾られていて、ママさんの犬思いの深さが感じられました。思い出話をしているときにも涙も流しておられて、私ももらい泣きしてしまいました。
 何年後か、私もあのような立場になることを思うともらい泣きも当然のことかも知れません。


 アランの足の状態は、昨日から注意して見守っているのですが、正常時と変わっていません。リビングにいる時も、今朝トイレ散歩に連れ出したときにも、歩行状態を見ていたのですが、一向に変わったところは見られませんでした。
 自主練をすると云っても足に余計な負担をかけるようなことはやっていません。が、念のため、今日も自主練は中止するつもりです。


毎週火曜日のスクールガードは、その待機所が先の台風で倒壊したままになっているのですが、まだ復旧していません。教頭先生が一人で復旧作業をしているようですが、 忙しくてなかなか手が回らないようです。
スクールガードに参加している方々は高年齢者の人達ばかりで、この寒さの中、屋外に立ち続けるのは酷ではないか、と云う意見もあって、下手をすると3or4月まで中断するかも知れません。


 今朝の天気は晴れ上がった晴天で、微風が吹いている程度です。日本海には西方より進んで来た「爆弾低気圧」が移動中で、その所為で、裏日本地方は大時化だそうですが、ここ関東圏には影響が無くて助かります。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:20 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.12/05(Wed)

自主練中休み 

 今日は天気も良く、無風に近い天気です。

 今日は「ピロリ菌」退治が出来たかどうかの検査を受けに○○中央病院に行ってきました。今日の結果が出るまでには4日程かかるということで、次回は来週の水曜日に行こうと考えています。


 病院から帰宅しましたら、ワイフが云うことには、アランがラヴィと暴れまわっていたところ、突然後ろ両足がふらつき出したというのです。それで静かにさせるためにクレートに入れておいた、というのです。
過去2回起こした椎間板ヘルニアのときには、左後ろ足だけだったので、両足となるとちょっと変だと思いました。その後クレートから出して注意して見ているのですが、別段正常時と変わりないようなのです。勿論、元気も良く、動き回り、はしゃいでぐるぐる回ったりしています。

しかし、今日は念のため、自主練は中止して、様子を見続けようと思っています。



 12時過ぎにアービンママさんからお電話をいただき、アスピとアランのレッスン教室仲間だった、ボクサーの○○シーちゃんが1週間ほど前に亡くなっていた、ということでした。たしか、13才強の筈です。
○○シーちゃんは飼い主さんに似ておっとりとした非常に穏和な犬で、犬見知りする我が家の犬たちにも大変友好的に付き合っていただきました。今日、夕方に、お花を持ってお悔やみにお伺いしたいと思っています。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:05 |  その他  | CM(0) | Top↑
2012.12/04(Tue)

自主練を再開・04 

 今朝も曇天で、極く細かい雨が降るともなく降っていました。朝食前に、ラヴィ、アスピの順でトイレ散歩に連れ出して、それから私の朝食、犬の朝食の順番でした。
 今日は、10時からはスクールガード、15時30分からは骨盤調整なので、アランの訓練をやる時間に制約を受けました。


 自主練は14時頃に16分間強位行いました。メニューは前日と同じですが、

・ 据座を2回、前足の直前に「板」を置いて目印にして待たせました。これはうまくいきました。
・ 次に「板」を取り除いた状態で「据座」をしましたら、前の方に僅かに膝行っていたのです。
・ この結果、当分「板」を置いた状態で、「据座」と「招呼」をやらねばならないと思っています。


 指導手に対する集中は、停座中や行進中は大部分は出来ているのですが、まだ「常時」ではありません。これ以上改善するかどうか分かりませんが、当分注意して見守っていくつもりです。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  21:58 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2012.12/03(Mon)

自主練を再開・03・初回メニューに据座と招呼を追加 

 一昨日の1日から再開した自主練は、三日坊主だけにはなるまいと思っています。

今朝は前夜の雨も上がりましたが、今にも降り出しそうな空模様でした。ラヴィ、アスピと一頭づつ連れ出してトイレ散歩し、最後にアランを連れ出してトイレ散歩し、ついでに、朝練(と云っても8時半頃ですが)をやりました。朝、自主練をしたのは、全く久しぶりのことで、6ヶ月以上は優に経っています。


 内容は三日続けて同一内容で、注意点も同じでしたが、今日は「据座」と「停座及び招呼」を追加しました。


 脚側行進では、

・ 常歩から速歩に移るときや、終点で脚側停座させるとき、通常は「アトヘ!」を命じます。
・ この時、“無言”で90度回った位置で停止して、指示なし停座をさせました。このとき犬は前に出るようなことが有ってはいけません。
・ 上記の応用として、常歩から常歩、速歩から速歩でも90度回って停止して、指示なし停座をさせました。
(でも、これは90度曲がるのと同じことです。)



 据座では、

・ 座って待たせている時に前の方に「膝行る」のを防止するために、板を足先に置いて目印にしました。
・ 都合、3本をやりました。
・ 膝行りこそしませんでしたが、片足浮かせをしました。これの矯正は難題です。



 停座及び招呼では、

・ 座って待たせているときの注意点は「据座」と同じです。
・ コイ!と呼んで、直接停座に付ける時には、左足にぶっつから無いようにするため左足をある操作をしました。


  最後にやった「前進」では、10m走ったところで、「タッテ!」を命じてみましたら、「I」と「J」の中間くらいの止まり方をしました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:45 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT