新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2013年03月
2013.03/31(Sun)

体調不良にて自主練出来ず 

 去る28日の午後以来、今度は私が体調を崩して寝込むことになってしまいました。
アランの目の潰瘍は完治したのですが、これでは自主練どころではありません。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  16:50 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.03/30(Sat)

アランの目の潰瘍完治 

 昨29日に体調が良くないなか、動物病院に行ってきました。

 去る3月15日以来通院していたアランの右目の潰瘍は、昨日29日に、完治との診断をいただきました。

 右目に染色剤を付けて、それを洗い流した後に検眼したところ、緑色に染まった所は全くありませんでした。ただ、潰瘍になった原因が不明のため、今後も右目には注意しておくようにと云うことでした。

 ついでに、左目が時々涙目になる点も、検眼していただいたところ、何ら異常はないということでした。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  14:13 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2013.03/29(Fri)

薬の副作用 

 昨日は、朝の内こそ体調がよかったのですが、午後になるにつれ段々悪くなる状態でした。午後16時半ころで気温が20℃を越えている暑いこともあり、とても自主練などする気力も無かった状態でした。

 夕食時にも食欲がなく、胸がむかつくような、ごく軽いめまいがするような状態で、どうしたんだろう、と考えていたところ、原因が思い当たりました。
 腰痛を抑えるために「トラムセット」タブレット剤を服用しているのですが、私の場合吐き気を抑えるために「トラベルミン」錠を併服してきました。朝と夕の2回/日服用していました。

 この前、医師がトラムセットは慣れることがあるので、トラベルミンの併用は止めてもよいみたいなことを云っていたのを思い出して、昨日の朝それを実行したのです。しかし、私の場合は慣れるどころではなかったようです。

 昨日の夕方からトラムセットの服用を止めていますが、昨晩は気分が悪くてよくは眠れませんでした。今朝も勿論止めていますが、まだ気分が悪い状態が続いています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:49 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.03/28(Thu)

アラン、リタイヤ?の迷い・その3 

 一昨日から昨日にかけて、「伏せて待っている間の“臭い嗅ぎ”」と「紐なし脚側行進の復路での集中」について書いてきました。

 今日は最近の自主練の問題点について書いてみます。


 最近の自主練では、新メニューとして、

・ 俊敏性の向上
・ コマンド重視の徹底

とを掲げてきましたが、この新メニューの導入はまず成功だったと思っています。


 しかしながら、「集中の徹底」のための、「指示無し停座」は一応出来ていたと云っていたのですが、実のところ最初の内は、その訓練は頻繁にやっていたのですが、ここの所少々お留守になっていた傾向がありました。

 もし集中していない場合には、不意に指導手が立ち止まって「指示無し停座」をさせようとした場合に思わず前に出た状態で停座したり、あるいは止まり切れなかったりすることがあります。どんな場合でも、速歩、常歩を問わず、指導手が止まったら正しい脚側位置で停座するように徹底させることが必要と思っています。


 「伏せて待っている間の“臭い嗅ぎ”」の問題については、指導手が遠く離れた場合にも指導手に集中して目を放さないにこしたことはないのですが、これは非常に難しいことです。いずれにしろ、この問題は先生と相談してみることにしています。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:53 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/27(Wed)

アラン、リタイヤ?の迷い・その2 

 一昨日のブログで“リタイア?の迷い”と書いたのですが、実は競技生活からリタイアすべきかな?と思ったりしています。



 昨日のブログに於ける後者の「紐なし脚側行進の復路での集中」について書いて見たいと思います。


 自主練では物凄く集中が良い状態なのです。自主練では、指導手を見上げる件については申し分無いと思っていますし、行進の途中で常歩であろうが速歩であろうが指示無し停座をぴたりと決めることも申し分ないと思っています。ところが、この大会を入れて2回の競技会では、紐なし行進の復路で、集中が切れる失敗をしてしまいました。(ここの所とは云っても、この1年で競技会に出たのはこの大会と埼玉ブロックだけです。この間のブランクの影響が大きいのかも知れません。)

 この集中が切れる原因として、自主練ではペアー単独の雰囲気のため、気が散るものがないので、集中が維持出来るのではないかと云う感じがしています。所が競技会では周囲には気を取られる対象が沢山あります。アランは「気が多い」タイプと云うか、「興味津々タイプ」なので、そちらに気が散り、連れて集中が切れるのかも知れません。ここ1年間近く私とアランの体調不良の所為で、競技会不参加が続いたのも影響しているのかも知れません。


 最近行って来た自主練は、ミスした2点以外については、正に的確であったと云えるものと思っています。


 ここ1ヶ月ほどは足繁くレッスンに通って、弱い2点の矯正に努めたいと考えています。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:43 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/26(Tue)

アラン、リタイヤの迷い・その1 

 昨日のブログで“リタイア?の迷い”と書いたのですが、実は競技生活からリタイアすべきかな?と思ったりしています。

 問題は、伏せて待っている間の“臭い嗅ぎ”と“指導手に対する集中”です。


 前者の点については、「これさえ無くなれば」と思って永年矯正に試行錯誤してきましたが、問題は、自主練やレッスンの場ではせずに競技会だけでするため、矯正する機会が無いことなのです。

 今のレッスン教室に通い出したある日、先生の瞬時の判断と措置で、その矯正が出来ました。この点は先生に感謝しなければいけないと思っています。その流れでJKC本部大会で理事長賞を取ることが出来た経緯があります。

 所がその後、ここ1年くらいは、私の体調不良とアランの体調不良が重なって、レッスン教室に通っていません。このため、古い悪癖が戻って来たのかも知れません。最近1年間は2~3回くらいしかレッスンに通っていません。


 “リタイアすべきか?”と迷う反面、3部C組の成績は、下記のように僅少差の激戦でした。

 1席トイプー99.1、2席ボーダー99.0、3席フラット99.0、4席ボーダー98.9、5席パピヨン(アラン)98.8、6席98.5


 レバタラを云ったら切りがありませんし、競技会の成績が今の実力と云うことも分かっています。それでも、「臭い嗅ぎさえ矯正出来タラ」、「紐なし脚側行進の速歩でいつもの集中が出来タラ」との思いが強いのも事実です。

 
 アランは目に付くミスが無いことが目標だったので、ミスを冒したその時点で落第でした。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:29 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2013.03/25(Mon)

アラン、動物病院通院4回目 

 今日はアランの角膜潰瘍の4回目の通院でした。

 9時過ぎに家を出て、行程約5km位です。まだ客は少なくて、受付して程なく診察でした。
 院長先生の診察も直ぐに終わりました。

・ 傷はよくなって来ていること。
・ 白目の充血はまだ残っているが、この充血はなかなか治らないということでした。
・ 次回は29日で、染色して傷を見る予定。

 アランは22日以来、エリザベスカラーを着けています。寝るときも食事のときにも着けています。散歩のときだけ外すようにしています。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:21 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2013.03/25(Mon)

リタイア?の迷い・東京ブロック訓練競技会の結果 

 昨日は東京ブロック訓練競技会でした。

 平塚の会場に6時半くらいに到着したのですが、そのときには北風がやや強くて寒かったです。雨を警戒してレインウエアーや雨靴も用意していったのですが、雨は降りませんでした。特に10時くらいから日も射して来て、日向では暑く、日陰では風の所為で涼しい状態でした。

 受付を済ませまして、出陳名簿を見ましたらアランはA~E、5つの内の、C班でした。
C班には千葉ブロックと埼玉ブロックとで理事長賞を取ったボーダーコリー、1席常連のトイプーや埼玉ブロックでオビ1席のフラット等強豪が集中していました。

 1席を取るには、ノーミスと思われる演技をし、高得点でなければなりません。でも、アランは明らかに分かるようなミスを2つも冒してしまいました。

・ 紐なし脚側行進の復路で、指導手よりも先に出たり、遅れ気味なったりしたこと。集中が特に悪かったです。
・ 常歩行進中の伏臥で、伏せて、指導手が離れている間に“臭い嗅ぎ”をしてしまいました。

 この2つのミスは審査員からも指摘されました。その他の指摘はありませんでした。
因みに、選択科目3つは「股くぐり歩き」「8の字股くぐり」及び「常歩行進中の立止」としましたが、これは満点(30点)をいただきました。選択で満点は久しぶりのことです。

 ミスした2科目で、どれ位減点されたか、1席は無いなと覚悟していましたが、果たして席次はどれ位いくか、どきどきしながら、発表まで待っていました。発表になってみると、98.8の5席でした。
1席はトイプー(99.1)でした。結局このトイプーが理事長賞も獲得しました。
 各組の1席の成績は、A組99.6、B組99.6,C組99.1、D組98.5、E組99.4でした。

 理事長戦の5頭の演技を見て感じたのは、

・ 5頭が5頭とも、どの犬も集中が素晴らしくよく、片時も指導手から目を離しませんでした。この点、アランの集中振りは不足です。過去1席になったこともあるエアーデールも集中が良かったです。
・ 科目は、「紐付き脚側行進」「常歩行進中の伏臥及び招呼」「停座及び招呼」「常歩行進中の停座」及び「立止」の5科目でしたが、伏せ中に臭い嗅ぎした子はいませんでした。
・ 審査委員長の講評で、小型犬にはそれに適した行進スピードがあること中には過剰に行進が速い犬がいたようです。動作自体も家庭犬なのである程度の俊敏さがあればよい、とのことでした。


 アランにはもう一度理事長賞を取らせたいと思っているのですが、競技会前になると体調に異常を来させたり、と、ここの所万全ではありません。

 今回も、いつものような活気がありませんでした。
帰宅後には3頭で暴れ回って、夕食の準備をしている時などは、待ちきれなく元気が有り余っている様子でしたが、この元気がどうして競技会では出ないのか、不思議に思われる程でした。

 私も前夜は良く眠れず、その状態で片道95kmの行程は本当に疲れました。指導手が寝不足で、活気が無いのがアランに伝染しているのかも知れません。


 実は前夜に、“さらださん”のブログを読んでいましたら、昨年の11月25日開催の近畿ブロック競技会で9才のトイプーが3部の理事長賞を取ったという記事が出ていました。アランと同い年とは心強い限りと、期待していたのですが、今となってはむなしい限りです。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  10:48 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2013.03/24(Sun)

今日は東京ブロック訓練競技会です 

 今日は平塚で東京ブロック訓練競技会です。
家を4時半に出て、海老名SAで時間調整してから、競技場に行きます。天気予報は雨降りですが、なるべく、短時間で、弱い雨であるよう祈っています。



 昨日は競技会の前日なので、極く軽微な訓練となりました。

 特定の科目6科目、

(伏臥、常歩行進中の停座、停座及び招呼、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の伏臥及び招呼、常歩行進中の立止)

を一通りだけやった後、今度はほぼ要領書の通りに、

(停座及び招呼、伏臥、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、常歩行進中の立止、及び常歩行進中の伏臥及び招呼)

の順で一通り訓練し、訓練の終わりに、リードの着脱の練習をしました。


 これはリードを外すときはおとなしくしているのですが、リードを付けるときになると、アランはその場から少し動いたりすることがあるためです。きっと、いつもリードを付けるのは訓練が終わったときその動きを見過ごしてきたので、それが習慣になって嬉しがっているのかも知れません。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  04:00 |  訓練もどき  | CM(0) | Top↑
2013.03/23(Sat)

新順不同と正順で要領通り、とを各1回づつ 

 昨日のブログに書いたような経緯から、競技直前に、停座及び招呼と伏臥の練習をしておくことを肝に銘じています。



A.特定の7科目の訓練
  伏臥と招呼の競技直前の練習を模して、以下の科目を行いました。

伏臥、常歩行進中の停座、停座及び招呼、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の伏臥及び招呼、常歩行進中の立止及び紐付き脚側行進

尚、紐付き脚側行進は他の科目が終わってから、リードを付けるときに、温和しく待っているようにすることが狙いです。



B.新順不同の訓練。パターンA、11科目を。
  停座及び招呼と常歩行進中の伏臥及び招呼では、呼んで来て直接停座する直前に左足
に当たらずに入ることが出来たことを褒めました。



C.正順にて要領通りに。訓練要領通りに11科目を。
  コマンドは少し強めにしてみました。



 A、B及びC共、いずれも、アランは忠実にコマンドに従いました。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:40 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/23(Sat)

アラン、動物病院通院3回目 

 昨日はアランの角膜潰瘍の3回目の通院でした。

 一昨日に染色剤をつけて検査したので、そのまま検眼したのですが、大分治っているようだと云われました。この日は首の辺りから血液をとって、それから血清を分離して、「自己血清点眼薬」を作っていただきました。これを出来るだけ頻繁に点眼するようにと指示されました。

 エリザベスカラーは、足で目を掻いたりしないので、自己判断で装着してこなかったのですが、顔を床等にすりすりしたりすることもあるので、それを防止するため装着するようにとの指示でした。寝るときはクレートに入って寝るのですが、カラー装着の場合はクレートが使えませんので、今夜からは単なるベッドで寝させることになります。


「自己血清点眼薬」は冷蔵庫で保管し、次は25日に来院するようにということでした。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:43 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2013.03/22(Fri)

正順にて要領通り、2回 

 昨朝は一昨日までとは比べものにならない位寒い朝でした。昨朝7時ごろ、ラヴィとアランをトイレ散歩に連れ出し、トイレを済ませた後、いつものアスファルト歩道で訓練を2回繰り返し行いました。


 訓練は、

01.紐付き脚側行進、02.紐なし脚側行進、03.停座及び招呼、04.伏臥、05.立止、06.常歩行進中の伏臥、07.常歩行進中の停座、08.股くぐり歩き、09.8の字股くぐり、10.常歩行進中の立止、11.常歩行進中の伏臥及び招呼、

jkcの訓練要領と全く同じにしてみました。

・ まず、訓練に先立って、停座及び招呼の練習を2回やりました。これは呼んで直接脚側停座に入るとき、左足にぶっつから無いようにするためです。勿論、このときは、左手で誘導しました。

・ 伏臥も練習しました。これは一発伏臥を、しかも敏捷にするためでした。



 上記練習が終わってから、11科目通しの訓練をしました。

・ アランは覇気があり、活発でした。
・ 脚側行進では、集中もよく、しかも前に出気味にもならず、満足出来るものでした。
・ 停座及び招呼も素晴らしかったと思っています。
・ 伏臥も一発伏せを俊敏にできました。
・ 常歩行進中の停座も、5m位置に止まり、片足上げも無く、連れて前へのイザリもありませんでした。
・ 常歩行進中の立止は止まった後、びくとも動きませんでした
・ 記載以外の科目は問題ありませんでした。


 この後、やはり正順でもう一度やりましたが、変わりありませんでした。




 アランは大げさに褒めるとワンワンと吠えます。競技中の科目の合間に、本当は褒めてテンションを上げたいところですが、この吠えをムダ吠えと見なされる可能性大でそれが出来ないところが悩みです。

 この朝は強い北風が吹いていましたが、この程度の強風なら大丈夫なようでした。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:57 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/21(Thu)

アラン、動物病院通院2日目 

 今日はアランの角膜潰瘍の2回目の通院でした。
右目に染色剤をつけて検査したが、傷は治っていないようでした。このまま治らないと潰瘍が深くまで至り、丁度穴が開いたみたいになると脅されました。手術する方法もあるということでした。

 今の点眼薬よりも、血液検査をして、それに合わせて調合したものの方がよく効くそうでした。
いずれにしろ21日は院長が休みのため、明日22日に又通院することにしました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:54 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2013.03/21(Thu)

久し振りに朝、要領通りの順で 

 今度の日曜日(24日)には平塚で東京ブロックの訓練競技会があります。平塚には毎年2回位は行っていたのですが、去年はアラン体調不良のため一度も行っていません。
 平塚は相模川の河川敷なのですが、最近のニュースを見ていますと、一寸怖い気もしています。

・ 首都高の老朽化が激しいこと。
・ 南海トラフで大地震が起こると、相模川の河口に近い河川敷では、津波が諸に来て、まず人も愛犬も命はアウトであろうこと。


 昨日の朝、7時ごろ、ラヴィとアランをトイレ散歩に連れ出し、トイレを済ませた後、水辺公園まで散歩しました。散歩の序でに、福祉会館下の間道で必須7科目+1科目を延べ2回訓練しました。


 久々の正順で1回やり、次に逆順で1回やって終わりにしました。

・ 最近は順不同でばかりやっていましたので、今日は初回に訓練要領の順でやってみました。
・ 紐付き脚側行進と紐なし脚側行進は、20m直線の往復常歩をした後脚側停座させないで、速歩の往復をさせました。
・ 停座及び招呼では、呼んで来たときに、左手でルートを指示しました。
・ 伏臥は、ぶっつけ本番ですと、迅速さが劣るようでした。
・ 立止は問題無し。
・ 常歩行進中の伏臥は問題無し。
・ 常歩行進中の停座も問題無し。
・ 8科目目は常歩行進中の立止にしましたが、これも問題無し。


 続いて、今度は逆順にやってみましたが、問題ありませんでした。


 訓練の感想としては、

・ 常歩行進中の3作業は、正順であろうが逆順であろうが関係ない感じでした。
・ 角膜潰瘍は、21日に通院する予定ですが、ちょっとうっとおしいようで、今一つ活気が無い感じです。
伏臥はやはり本番前に練習しておくことが必要なようです。
停座及び招呼もやはり本番前に練習しておくことが必要なようです。


 午後になってから(16時頃)、買い物のついでに大堀川rspに行きました。遊歩道に沿って桜並木になっているのです。しかし、ちりぽり咲いている状態で見るにはまだ早すぎました。

まずラヴィ1頭で散歩し、次にアスピとアラン2頭を散歩させました。合計で、およそ30分ほどの散歩でした。自主練はしませんでした。急に冷たい風が出て来たので、退散と相成りました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:37 |  散歩&ミニ訓練  | CM(0) | Top↑
2013.03/20(Wed)

新順不同組み合せで「朝2+夕2」パターンを 

 昨日の朝、6時45分ごろから、ラヴィとアランをトイレ散歩に連れ出し、トイレを済ませた後、いつものアスファルト歩道で、11科目を延べ2回訓練しました。 この日もアランは静かに待っていました。訓練が終わってから、水辺公園まで散歩して帰りました。
 いつも訓練しているアスファルト歩道は浸透性舗装なのですが、浸透性舗装でない所は雨でまだ若干濡れが残っていました。2頭の腹部や足に細かい汚れが着いていました。


 訓練は、紐付き脚側行進、紐なし脚側行進、停座及び招呼、伏臥、立止、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、股くぐり歩き、8の字股くぐり、常歩行進中の立止、常歩行進中の伏臥及び招呼、に於いて、

 A :  [03][08][02][ 01][06] [07][ 05][10][11][09] [04]
 B :  [06][04][08][03][05] [02][01][10][09][11] [07]
 C :  [05][07][02][08][03] [06][04][09][11][10] [01]
 D :  [06][04][ 03][07][08] [05][02][11][10][09] [01]
 E :  [04][07][01][08][05] [06][02][09][11][10] [03]
 F :  [05][01][02][07][ 03] [08][04][10][09][11] [06]

で、B~Cの2パターンを訓練しました。


 昨18日は風が強く、瞬間最大風速は20m/sを超えたようですが、がらっと変わって、この朝は無風で、しかも暖かい朝でした。


 訓練上の特記事項は、

・ 紐付き脚側行進と紐なし脚側行進とは一辺10mのコの字型で行いました。

・ 全般的に、アランに覇気がないように感じました。角膜潰瘍の影響かどうか分かりません。目薬は5日目になります。今朝(19日)は“目やに”が出ていました。

・ 覇気が無いものの、コマンドには忠実で、全て1声符で出来たことは勿論です。

・ 褒め言葉はナシにしました。競技会に準じたのです。

・ 招呼は、最初の1回だけ、左手で脚側に入って来るルートを指示しました。

・ コマンドを出して動作をさせて、次のコマンドを出す迄、少なくとも3~4秒待ちました。例えば、伏臥の場合、アトエ!(基本姿勢)、3~4秒経ってから、フセ!、3~4秒経ってから、スワレ!のようにしました。


 日中は暑い位の気温でした。夕方は16時半頃少し涼しくなってから、トイレ散歩のついでに自主練しました。パターンD~Eの2種目をやりました。朝やったときよりも活気がある様子でした。

・ 招呼は、練習なしで行いましたら、いつもより俊敏さが劣ったようです。いつもは、見ていると多分“オーッ”と歓声があがるようなフセをする筈?なのですが、そこまではいきませんでした。本番では、事前に練習しておいて、是非とも歓声が上がるようなフセをさせたいと思っています。

・ 招呼にて呼んで来たとき、左手でルートを指示して、左足に当たらないようにしました。


 この日19日はスクールガードの日でしたが、小学校校庭のの大木の蕾はふくらみ、ちらほらと咲いた花も見受けられました。この暖かさなら3、4日すれば相当咲くことと思われます。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:15 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/19(Tue)

新順不同組合せで「3+1」パターンを 

 昨日の朝、ラヴィとアランをトイレ散歩に連れ出し、水辺公園まで散歩の途中、福祉会館下の間道で、11科目を順不同で延べ3回訓練しました。
 アランを訓練している間、ラヴィは静かにして待っています。アスピの場合は自分も構って欲しいのかワンワンと吠えて五月蠅く、訓練どころでなくなるのですが、ラヴィは本当によい子にしています。


 訓練は、01.紐付き脚側行進、02.紐なし脚側行進、03.停座及び招呼、04.伏臥、05.立止、06.常歩行進中の伏臥、07.常歩行進中の停座、08.股くぐり歩き、09.8の字股くぐり、10.常歩行進中の立止、11.常歩行進中の伏臥及び招呼、に於いて、

 A :  [03][08][02][05][06] [07][01][10][11][09] [04]
 B :  [06][04][08][03][05] [02][01][10][09][11] [07]
 C :  [05][07][02][08][03] [06][04][09][11][10] [01]
 D :  [06][04][01][07][08] [05][02][11][10][09] [03]
 E :  [04][07][01][08][05] [06][02][09][11][10] [03]
 F :  [05][01][02][07][06] [08][04][10][09][11] [03]

のD~Fの3パターンを訓練しました。
 今になって気づいたのですが、「03」停座及び招呼が一番最後に3つ並ぶことになっています。今後はDでは「01」と入れ替え、Fでは「06」と入れ替えたいと思います。


 朝から風が強かったのですが、朝方の風の強さは、埼玉ブロックの河川敷に比べれば大したことはありませんでした。



 訓練していてのメモは、

・ 全般的には、良く出来ていた時には、即刻よく褒めました。

・ 紐付き脚側行進と紐なし脚側行進とは約20mの直線路で行いました。

・ 紐付き脚側行進、紐なし脚側行進その他の科目の脚側行進は、落ち着いていたと思われる反面、活気が今一つないようにも感じました。勝手なもので、落ち着きと活気、その両方が欲しいと思っています。目の影響の所為が出ているのかどうかは分かりません。

・ 招呼は、停座及び招呼と常歩行進中の伏臥及び招呼で延べ6回行ったことになります。最初の1回だけ、左手で脚側に入って来るルートを指示しました。後の5回は指示無しで、左足に当たらずに脚側停座しました。左足に当たると云っても極く軽く当たる程度ですから減点はされないかも知れないのですが、そんな疑念が起こらないようにしたいと思っています。

・ 伏臥、常歩行進中の伏臥と立止は完全でした。

・ 常歩行進中の伏臥は、伏臥する前の脚側行進、伏臥位置と俊敏性等はよかったと思っています。

・ 常歩行進中の停座は、停座するまでの脚側行進、停座する位置、停座してからの指導手を待ち続ける動作等よくできたと思っています。

・ 股くぐり歩きは、くぐる動作、5m地点の脚側停座、戻りの脚側行進等よくできたと思っています。

・ 8の字股くぐりも問題ありませんでした。

・ 常歩行進中の立止は5m位置にぴったりと立止し、その後、微動だにしませんでした。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼も完全でした。




以下、前日と同様だったのですが、

・ 発進点に戻ってきてからの脚側停座では、発進ラインに20cm位余裕があるようにしました。

・ 停座及び招呼、常歩行進中の3作業伏臥と常歩行進中の伏臥及び招呼のように停座さえて、あるいは作業させて、指導手は更に10m離れるときは、向き合って6~7秒維持するようにしました。
 

・ 停座して待っている間の、片足上げは殆んどしなくなりました。

・  待って間の「イザリ」も殆んどしなくなりました。



 18時ころからは雨の予報なので、16時ころ3頭とも早めに散歩させました。
(夕方の予報では雨が降り出す時刻は深夜0時ころになりそうです。)

 散歩のついでに、いつものアスファルト歩道でパターンAだけをやりました。停座及び招呼、伏臥及び常歩行進中の停座の3科目だけもやりたいと思ったのですが、余りにも風が強くて止めにしました。特に、常歩から速歩に移る際には将に吹き飛ばされそうでした。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:08 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/18(Mon)

11科目、新順不同の組み合せで 

 アランの右目は相変わらずのようすで、相当うっとうしそうです。

 昨朝は朝食前にラヴィとアランの2頭を連れて、外トイレ、散歩をし、その序でに、いつものアスファルト歩道で自主練をしました。

 紐付き脚側行進、紐なし脚側行進、停座及び招呼、伏臥、立止、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、股くぐり歩き、8の字股くぐり、常歩行進中の立止、常歩行進中の伏臥及び招呼、に於いて、

A:「03」「08」「02」「05」「06」「07」「01」「10」「11」「09」「04」
B:「06」「04」「08」「03」「05」「02」「01」「10」「09」「11」「07」
C:「05」「07」「02」「08」「03」「06」「04」「09」「11」「10」「01」
D:「06」「04」「01」「07」「08」「05」「02」「11」「10」「09」「03」
E:「04」「07」「01」「08」「05」「06」「02」「09」「11」「10」「03」
F:「05」「01」「02」「07」「06」「08」「04」「10」「09」「11」「03」

上記のA~Cの3パターンを約20分強かけて行いました。気温は自主練には最適だと思ったのですが、肌着、ポロシャツ、セーターと上着では暑くて汗が出ました。訓練を始めるときには少々寒い位の服装にしなければいけないようです。


 訓練で気づいたことは、

・ 紐付き脚側行進と紐なし脚側行進は指導手の足の運びに大分慣れてきました。
・ 停座及び招呼では、呼んで来るときに、1回だけ左手を5~10cm位開いて誘導しました。後の2回は何もやらなくても、左足には当たりませんでした。
・ 伏臥、立止と常歩行進中の伏臥は完全でした。
・ 常歩行進中の停座はミスをするのでは、と不安でしたが、3回とも、脚側行進も5m地点への停座もその後静かに待つことも、よくできたと思っています。
・ 股くぐり歩きと8の字股くぐりは完全でした。
・ 常歩行進中の立止は5m位置にぴったりと立止し、その後微動だにしませんでした。
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼も完全でした。

・ 発進点に戻ってきてからの脚側停座では、発進ラインに20cm位余裕があるようにしました。
・ 停座及び招呼、常歩行進中の3作業伏臥と常歩行進中の伏臥及び招呼のように停座さえて、あるいは作業させて、指導手は更に10m離れるときは、向き合って6~7秒維持するようにしました。
・ 褒め言葉はかけるように気をつけているのですが、ともすれば忘れがちになります。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:46 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/18(Mon)

褒めるタイミングについて 

 去る13日22時55分から約30分に亘って、NHHテレビで、

「探検バクモン 潜入盲動犬の訓練センター驚異の能力を大公開!」

という番組が放映されました。

 盲導犬の訓練に従事されている訓練士やスタッフの方々の熱意と弛まぬ努力には頭が下がる思いでした。盲導犬は生まれて1年間はパピーウオーカーに可愛がられて育てられ、「人をとても好きな状態になって」から、この訓練センターに移り、最初は遊びを通じたオビから始め、その後盲動犬に必要な訓練に入っていくようです。しかし、盲導犬としての適性もあり、実際に盲導犬になれるのは30%?位だそうです。


 その中で、訓練する上で「褒めるタイミング」が非常に重要なことを取り上げていました。即ち、云われたことが出来てしまってから褒めたのでは遅いということなのです。

 犬がその動作をしようと思って行動を取った瞬間に褒めるということです。
“スワレ!”を例にとりますと、“スワレ!”と云われて“腰を落としかけたら”、即、褒めること、行動が終わる前に褒めることが非常に大事だというのです。


 我が身に振り返って見ますと、本人は、褒めているつもりでも、それがアランに的確に伝わっていなかったのではないかと反省させられました。
今までは、褒めるタイミングが概して遅すぎたのではないかと思いました。

 それと、“ソウソウソウ~”と私は褒めているつもりでいたのですが、ある訓練士によると、まるで呪文を唱えているみたいでモグモグ云っているだけにしか聞こえない、犬には伝わっていないのではないかと云われたこともありました。

 確かに頭の中では褒めるタイミングは、犬が行動を起こしかけたら直ぐにやることと分かっているつもりだったのですが、NHKの番組で、それを映像で見せてもらい、褒めるタイミングを目で見て、今度は本当に理解出来ました。

 これに気づくのが7年も8年も遅すぎたようです。アランには指導手が未熟なために余計な負担をかけたのではないかと慚愧に堪えません。



 その他、この番組でメモした事項としては、

・ 盲動犬の仕事は3つだけというのです。障害物をよけ、段差などを発見し、人を安全に導く能力です。
・ 犬は人のために働くという意識はない。単に「楽しい」からやるのです。
・ 人と遊ぶことに夢中にして、遊びの延長線上に訓練を取り入れ「褒めて育てる」こと。
・ 能力を最大限に引き出すには「褒められて嬉しい、又褒められたい」という気持ちにさせること。
・ 褒めるタイミングが重要
  動作が完了してから褒めたのでは遅い。犬がそう思いたったときに褒めること。
  例えば、スワレ!では“腰を落としかけたら”、即、褒めること。(行動が終わる前に褒める)
・ 分かったとは、犬が理解してその行動をとること。
・ 犬に触ることは良いこと。触って褒める。
・ 犬は楽しいからやる。よいことを褒める、しかも思いっきり褒めること。

・ 訓練の適期について
  1才から2才に訓練を始めることが非常に重要。人間では17~18才の頃。年齢が高くなりすぎると、もう訓練しても伸びない「学習の臨界期」がある。

 最後の「学習の臨界期」については、大脳生理学?の常識みたい?です。よくレッスンで、「うちの犬は歳を取っているのですが、今からでも訓練出来ますか?」みたいな質問を先生にしているのが見受けられます。先生は「犬の訓練は歳には関係ありません。」みたいな回答をなさっているようですが、これって「営業の文句?半分」なのかも知れないと思ったりしました。と云うか本当は、訓練のレベルの高さが盲導犬等人の命を預かるようなレベルと一般家庭犬の場合のようにそこそこのレベルで満足する場合との違いを云っているのかも知れませんね、きっと。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:11 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/17(Sun)

11科目、組み合せを変えて・初歩からの(7日目) 

 15~16日のブログで、「11科目、組み合せを変えて」と題して四つのパターンを決めて訓練したことを記しましたが、昨日次のようにパターンを決め直して訓練しました。

 紐付き脚側行進、紐なし脚側行進、停座及び招呼、伏臥、立止、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、股くぐり歩き、8の字股くぐり、常歩行進中の立止、常歩行進中の伏臥及び招呼、に於いて、


A: 「03」「08」「02」「05」「06」「07」「01」「10」「11」「09」「04」

B: 「06」「04」「08」「03」「05」「02」「01」「10」「09」「11」「07」
 
C: 「05」「07」「02」「08」「03」「06」「04」「09」「11」「10」「01」

D: 「06」「04」「01」「07」「08」「05」「02」「11」「10」「09」「03」

E: 「04」「07」「01」「08」「05」「06」「02」「09」「11」「10」「03」

F: 「05」「01」「02」「07」「06」「08」「04」「10」「09」「11」「03」



としました。実はわかりやすい表を作ったのですが、このブログにはアップできませんでした。パターンを6通りに決めた理由は特にありません。3つでも良かったのかも知れません。6つも有れば当分使い回しが利くと思っただけです。


・ 今まで6科目としていたのですが、これを11科目全てとし、「08」「09」「10」の3科目は選択科目のため、優先順位を最後近くに持っていったこと。
・ A~Fの各パターンにつき、01~11の番号順に行うこと。
・ これですと、cd-Ⅱの理事長戦までの全科目が網羅されています。
・ これで逆順でやったり、一つ飛ばしでやったりしなくて済むようになりました。但し、順番は覚えきれないのでカンニングペーパーを常に携行しておく必要があります。
・ 訓練要領記載の順番ばかりでやっていますと、先読みの弊害が起こりがちですからこの方法が一番よいのではないかと思っています。
・ アランの場合は「07」、常歩行進中の停座、が肝心と思っています。


 特記事項は、

・ 紐なし脚側行進では1回だけ、側を人が通ったとき、そちらを気にして集中が乱れて離れ気味になりました。人に対しては概して影響を受けないと思っていただけに少々ショックです。直ちに、叱って、やり直ししました。
・ 各科目の最後の脚側停座は、全て、スタートラインよりもはみ出さないように注意を払いました。
  ある訓練士がスタートラインをはみ出すことは、重大なミス?と云っていたことを思い出したからです。



 靖国神社の桜の標本木が昨16日に開花したようで、昨年より2週間も早かったそうです。今年の冬は寒かったのですが、ここのところの異常な暖かさがその理由のようです。
 それに引き替え、我が地方の桜のつぼみはまだ固いままです。避寒桜がやっと開花したところです。











テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:36 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/16(Sat)

11科目、組み合せを変えて・初歩からの(6日目) 

 昨日(15日)も意外に寒い朝で、弱いながらも北風が冷たく感じました。日中は平年並みの気温になりました。予報によりますと東京靖国神社の標本木のサクラの開花が今度の土曜日か日曜日になりそうですが、寒い寒いと云いながらも季節は確実に進んでいるようです。


 昨日は振り出しに戻ってからの自主練6日目でした。今までに自主練に取り入れた課題はきっちりと守った上で、今度は「任意の科目を順不動」でやりました。


 順不動のパターンを次のように決めて、紐付き脚側行進、紐なし脚側行進、停座及び招呼、伏臥、立止、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、股くぐり歩き、8の字股くぐり、常歩行進中の立止、常歩行進中の伏臥及び招呼に於いて、

A. 「02」「09」「04」「07」「06」「08」
B. 「06」「03」「01」「11」「08」「04」
C. 「10」「05」「09」「03」「02」「04」
D. 「03」「07」「11」「06」「05」「01」
E. 「07」「03」「10」「04」「02」「05」

 A~Eについて、各6科目を左から順にやりました。5パターン*6科目ですから、30科目やったことになります。これだと犬は絶対に先読みは不可能です。


・ 「01」「02」の脚側行進の集中や前に出勝手に注意を払いました。
・ 「03」の停座及び招呼では、片足上げ、イザリや呼んで直接停座に入るときの左足への当たりに注意を払いました。
・ 「04」の伏臥では一発フセ、それも素早くやること。
・ 「07」の常歩行進中の停座は伏臥や立止と間違い易いので、注意を払いました。
・ 「08」の常歩行進中の立止では、5m位置で立った後は絶対に足を動かさないこと。


 今回の訓練の特記事項は、昨日と同様です。即ち、

・ パターンを変えて明日もやりたいと思っています。
・ 常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座を及び常歩行進中の立止の3科目は先読みが防止できます。
・ 勿論、脚側行進に於ける集中の維持、正しい脚側位置の維持等は守らせました。
・ 停座中の片足上げとイザリの双方は厳禁です。。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:57 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/16(Sat)

アラン動物病院へ(初日) 

 自主練に現を抜かしている間に、3~4日前からアランの右目が涙目で、訓練の時日射しに向かって座っているとき、特にまぶしそうにしていました。昨日は普通にしていましたが、今日又涙目になったので、動物病院に行ってきました。

 目に蛍光剤を垂らして(染色検査、フルオレセインという染色薬を用いて、目の表面に傷がないか確認)、光を当てますと傷が有る場合には「緑色に光る」ということだったのですが、アランの右目下方が緑色に光っていましたし、白目が充血して赤くなっていました。「角膜潰瘍」との診断でした。

 傷が付いた原因を訊かれたのですが、思い当たる節はありません。単なる外傷が原因ならよいのですが、内因性の場合は、その原因追及が必要なようです。

 目薬3種類(角膜障害治療剤パピテイン、抗菌点眼剤タリフロン、角結膜上皮障害治療剤ヒアルロン酸Na点眼液)を処方していただき、4~5日様子を見て、再度来院するように指示されました。単なる外傷性であることを祈っています。


  ここ2~3年は毎年3月にアランは長期の病院通いを余儀なくされています。厄年ならぬ厄月が現実のものに定着しかかっています。何とかこの「厄」を抜け出したいものです。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:50 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2013.03/15(Fri)

11科目、組み合せを変えて・初歩からの(5日目) 

 昨日(14日)の朝は9時頃には既に雨があがっていました。実はラヴィに室内トイレを使わせようとして、7時頃から2時間ほど室内トイレに入れていたのですが、粘り負けしてしまいました。
 仕方ないので、いつもの駐車場に連れ出しましたら、即、「大」をしました。3年間に亘る習慣はおいそれとは崩れないものです。室内トイレの訓練はまだまだ続けようと思っています。
 この日は風は納まったのですが、前日の暖かい南風に代わり冷たい北方向からの弱風でした。9時の寒暖計の指示は7℃位でした。



 昨日は振り出しに戻ってからの自主練5日目でした。今までに自主練に取り入れた課題はきっちりと守った上で、「任意の科目を順不動」でやってみました。アランは問題なく出来たのですが、指導手としては一部不満もあるところです。
         
 順番通りでは、紐付き脚側行進、紐なし脚側行進、停座及び招呼、伏臥、立止、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、股くぐり歩き、8の字股くぐり、常歩行進中の立止、常歩行進中の伏臥及び招呼、の11科目に於いて、

 上記科目のno.01からno.11までナンバーをふり、「先読みの防止」のため、及び「指示されたコマンドのみを徹底」させるため、科目の順番は下記のようにして各パターンを4通りやりました。

A. 「11」「01」「09」「05」「07」「03」
B. 「02」「10」「03」「04」「06」「07」
C. 「07」「03」「04」「02」「10」「11」
D. 「03」「01」「04」「07」「08」「10」

 そして、再び、

A. 「11」「01」「09」「05」「07」「03」

 各パターン6科目を、四つのパターンで5回行いました。6科目にしたのは、

・ 任意の組み合わせにして、次の科目の先読みを防止すること。
・ 本番で、特に理事長戦では、先読み的な演技が出る危険性があり、それを根本的に防止し、先読みを絶対に起こさせないのは、次はどの科目になるか分からないようにするのが一番良い方法ではないかと思いつきました。
・ 理事長戦が5科目なので、それに準じました。
・ 勿論、理事長戦に進出するためにはグループ戦で1席にならなければなりません。



 今回の訓練の特記事項は、昨日と同様ですが、

・ 強風の中、風に煽られたりしましたが、まあ~まあ~の出来だったと思っています。
・ 砂塵、で目を開けておれないくらいの時もありました。(最大風速:27.4m/s)
・ パターンを変えて、明日以降も続けたいと思っています。
・ 常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座を及び常歩行進中の立止の3科目は順序不明になり、先読みが防止できます。
 ・ 10m離れたとき、犬とアイコンタクトを4~5秒維持し、途中でよそ見したときはアイコンタクトを最初からやり直しました。
・ 離れてから戻るときには、アランと眼を合わせないようにしました。
・ 競技会では、明らかな先読みの悪しき実績はないのですが、既報の如く、常歩行進中の停座で「立った」ことがありました。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:15 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/14(Thu)

11科目を一つ飛ばしで・初歩からの(4日目) 

 昨日(13日)の朝9時過ぎには、もう強風が吹き荒れていました。(この日の最大風速は27m/s台(東京)だったそうです。)温度はいつもの寒暖計で18℃(10時時点)でした。
 これからもっと風が強くなるかもしれませんので、アランの自主練にいつものアスファルト路面に出かけました。(家から200~250m位の所)
 風が強いので、温度は高めだったのですが、上着を脱いで訓練しますと、汗もかきませんでした。しかし、強風に煽られた砂塵が舞い上がって大変でした。


 昨日は振り出しに戻ってからの自主練4日目でした。昨日はcd-Ⅱ、11科目を正準、逆順に、しかも1科目置きにやりました。しかし、今までに自主練に取り入れた課題はきっちりと守りました。


 以下、正準、しかも一つ飛ばしで、(先読みの防止)

01.紐付き脚側行進
03.停座及び招呼

・ 停座して待っている間には指導手に集中
片足上げも「イザリ」もさせない。
・ 呼んで直接停座する際には、指導手の左足に全く当たらない。
・ 10m離れて向き合ってアイコンタクトを5~6秒維持させました。


05.その場の立止
07.常歩行進中の停座
 ・ 5m地点にしっかり停座させました。
・ 停座した後は、「片足」上げや「イザリ」をしない。


09.8の字股くぐり

・ マテ!をかけて、足を広げて「クグレ!」を指示するまでは静かに待てる。


11.常歩行進中の立止

・ 立った後は、足を絶対に動かさない。



 今度は逆順に、しかも一つ飛ばしで、

10.常歩行進中の伏臥及び招呼
 
・ 招呼では、直接停座する際に、指導手の左足を避けて、全く当たらない。


08.股くぐり歩き
06.常歩行進中の伏臥
04.その場の伏臥
02.紐なし脚側行進



 今回の訓練の特記事項は、昨日と同様ですが、

・ 「常歩行進中の伏臥」と「常歩行進中の停座」をこの順序でばかりやっていますと、最初は「伏臥」だと勘違いする可能性に気がつきました。従って、「立止」を含めて順不同にて、これからはやりたいと思っています。明日からは順不動のメニューを作りそれに従ってやりたいと思っています。
 ・ 10m離れたとき、犬とアイコンタクトを4~5秒維持し、途中でよそ見したときはアイコンタクトをやり直したこと。
・ 離れてから戻るときには、アランと眼を合わせないようにしています。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:07 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/13(Wed)

11科目通しでやりました・初歩からの(3日目) 

 昨日(12日)の朝は冷え込みが厳しかった。空には雲一つ無く、従って放射冷却の所為で、朝7時頃の寒暖計は2℃位でした。陽当たりの良い所では暖かみが感じられたのですが、特に日陰では、その上風が物凄く冷たい朝でした。しかし、日中は春らしい暖かさになる予報でした。



 昨日は振り出しに戻ってからの自主練3日目でした。昨日はcd-Ⅱ、11科目を全科目を通しでやりました。但し、一昨日までに自主練に取り入れた課題はきっちりと守りました。


00.5種類の脚側行進

01.紐付き脚側行進
02.紐なし脚側行進

・ 発進しても集中は続けさせ、犬の位置は前目にならず正しい脚側位置を維持する。
・ 足の運びは10m毎の頂点を踏む足には拘らない。
・ 復路の速歩の直角曲がりの直前では、歩調のテンポは変えずにスピードをほんのちょっと落とす。頂点を過ぎたら又元のスピードに戻しました。


03.停座及び招呼

・ 基本姿勢から停座して待っている間も指導手に集中し、片足上げをしない。
・ 片足上げをさせないと「イザリ」もしません。
・ 呼んで直接停座する際に、指導手の左足を避けて全く当たらない。


04.その場の伏臥
05.その場の立止

06.常歩行進中の伏臥

・ 伏臥は「イザリ」が出ないので気が楽ですが、「臭い嗅ぎ」の心配は残ります。


07.常歩行進中の停座

・ 停座は昔「腰落ちが遅い」と講評されたことがあるのですが、最近はこれはありません。
・ 停座した後は、「片足」上げや「イザリ」をしない。


08.股くぐり歩き
09.8の字股くぐり

・ 足を広げても、「クグレ!」を云うまでは静かに待てる。


10.常歩行進中の伏臥及び招呼
 
・ 招呼では、直接停座する際に、指導手の左足を避けて全く当たらない。


11.常歩行進中の立止

・ 立った後は、足を絶対に動かさない。



 今回の訓練の特記事項は、

・ 招呼では、直接停座する際に、指導手の左足を避けて全く当たらないようになりました。左足をするりとよけて脚側に入るのは見事です。今までも90%位は当たらなかったのですが、偶に当たることがありました。競技会でこれが出れば目も当てられません。
・ その場の伏臥では、それ程注意を払わなくても「一発フセ」をするようになった。
・ 8の字股くぐり、では静かに待てるように、足を広げてはコマンドをかけずに又閉じたりしました。(フェイント作戦)この結果静かにコマンドを待てるようになった。
・ 片足上げは自主練ではしなくなったのですが、これが果たして競技会でもそのまま出来るかが問題です。
・ 10m離れたとき、犬とアイコンタクトを4~5秒維持し、途中でよそ見したときはアイコンタクトをやり直しました。
・ 離れてから戻るときには、アランと眼を合わせないようにしました。眼を見つめていますと、ミスしていないときでも偶に少し逃げ出すことがあるのです。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:33 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/12(Tue)

振り出しに戻って初歩から(2日目) 

 一昨日の14時頃から気温が下がり出して、昨朝は冬の寒さに逆戻りでした。
9時の玄関前の寒暖計は7~8℃を指していました。風がややあり冷たい風でした。

 昨日は、初歩に戻っての訓練の2日目でした。cd-Ⅱの必須科目の残り2科目と選択科目をやりました。

 これらの自主練でも「昨自主練に取り入れた課題」はきっちりと守りました。
各科目2~3回づつ行い、一通り済んだ後でもう一度通しでやりました。(時間30分位)

00.5種類の脚側行進(集中と脚側位置の保持の為に実施)

 ・ 直線20mの紐付き往復常歩行進
 ・ 同じく紐付き往復常歩復路速歩の脚側行進
 ・ 同じく往復速歩脚側行進
 ・ コの字型紐付き脚側行進
 ・ コの字型紐なし脚側行進


06.常歩行進中の伏臥

・ 基本姿勢からしっかり集中させること。
・ 発進しても集中は続けさせ、犬の位置は前目にならず正しい脚側位置を維持させると共に、5mマーク真上で伏臥させ、指導手は更に10m離れました。
・ フセした姿はまっすぐなこと。
・ その後犬の許に戻り、停座させてから、出発点に戻りました。
・ 戻りも集中を続け、最後の脚側停座は曲がらずに真っ直ぐに停座させました。


07.常歩行進中の停座

・ 上記「06」と同様でしたが、5mマークで停座させました。
・ 一旦停座したら、片足上げや前への「イザリ」をすることなく、静かに待つこと。
・ 他は全て「06」と同じ。


08.股くぐり歩き

・ 基本姿勢から停座して待っている間まで、指導手に集中させること。(各科目共通)
・ 5m地点でくぐり終えて、アトヘ!で反転後脚側停座。この脚側停座は敏捷で且つ曲がらずに真っ直ぐに停座すること。
・ 戻りの脚側行進も集中し、前に出気味にならないこと。
・ 最後の脚側停座は曲がらずに真っ直ぐに停座すること。


09.8の字股くぐり

・ 基本姿勢から停座して待っている間まで、指導手に集中させること。(各科目共通)
・ 基本姿勢で待っている間に、前足を踏み換えたり上げたりすることがありますので、これを無くして静かに待てるようにしました。(まだ途上?)
・ 発進と終わりの停座をぴっちり決めること。


10.常歩行進中の伏臥及び招呼

・ この科目はcd-Ⅱ、必須「06」と同じく「03」を合わせたものに付き、両科目の遵守事項を守ること。
・ 伏臥は進行方向に真っ直ぐなこと。


11.常歩行進中の立止

・ 上記「06」の伏臥を立止に読み替える。他は同じ。
・ 立止した後は、どの足も全く動かさないこと。

04及び05.その場の伏臥及び立止

・ 一発フセは俊敏ですし、前足の位置を変えずに立つことが出来ました。



 選択の最後の一科目を決め兼ねています。

・ 「10」の常歩行進中の伏臥及び招呼、にすれば、「11」で足を動かす危険を避ける事が出来ます。しかし、その反面伏臥していると「臭い嗅ぎ」する危険があります。
・ 「11」の常歩行進中の立止
  自主練では完璧に出来ているのですが、この前の埼玉ブロックでは足を動かしてしまいました。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:40 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/11(Mon)

振り出しに戻って初歩から(初日) 

 昨日は午前中こそ雲が多い天気でしたが温暖でした。14時前頃になってから急に突風が吹き始めました。天気予報では夕方前線が関東地方を通るはずだったのですが、それが早まったのかも知れません。空は一段と曇り、遠く山の端を見ますと心なしか薄い茶色がかっていました。きっと大陸から黄砂が飛んで来ていると思いました。でも、気象台によると、これは「煙霧」という現象で黄砂ではない、ということでした。


 昨日から初歩に戻って訓練することにしました。先ず、手始めにcd-Ⅱの必須5科目を行うことにしました。これらを行うに際しては、昨日まで自主練に取り入れた課題はきっちりと守ったことは勿論です。


01.紐付き脚側行進

・ 基本姿勢からしっかり集中させること。
・ 発進しても集中は続けさせ、犬の位置は前目にならず正しい脚側位置を維持させること。
・ 足の運びは10m毎の頂点を踏む足には拘らないこと
・ 復路の速歩の直角曲がりの直前では、歩調のテンポは変えずにスピードをほんのちょっと落とすこと。頂点を過ぎたら又元のスピードに戻しました。
・ 最後の脚側停座は曲がらずに真っ直ぐに停座させること。


02.紐なし脚側行進

・ 全て「01」と同じ。


03.停座及び招呼

・ 基本姿勢から停座して待っている間まで、指導手に集中させること。
・ その間片足上げをさせないこと
・ 片足上げをさせないと「イザリ」もしません。
・ 呼んで脚側に入るときには「左足」にぶっつからないこと
・ 戻りの脚側行進も集中し、前に出気味にならないこと。
・ 最後の脚側停座は曲がらずに真っ直ぐに停座すること。


04.その場の伏臥

一発フセをすること。
・ 次に停座した場合も最初の位置に留っていること。


05.その場の立止

前足の位置を変えずに立てること。
・ 次に停座させた場合も最初の位置に留まっていること。



 今回は合わせて15分位の訓練時間でしたが、

・ 自主練に入り方をいつもと変えて見ましたが、アランは影響されることはありませんでした。
・ アランは終始良く集中していました。
・ 上記に記述した注意点は全て出来たと思っています。
・ 競技会もこんな調子で出来たらと思いました。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:52 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/10(Sun)

万事うまく行く? 

 レッスン後の自主練・5日目です。

 昨年の12月1日に、自主練を再開以来、今ではアランの自主練では今までにない手応えを感じるようになってきました。少なくとも常時良い成績を獲得していてもよいレベルに達しているものと考えています。

 昨年の2月の埼玉ブロックではグループ戦で1席(98.8点)にはなったものの、理事長戦の最後の科目、6科目目の「常歩行進中の停座」で「立止」という、とんでも無いミスをしてしまいました。
 昨年の4月のjkc本部では、4席(99.2点)と今一つ冴えなかったのですが、今から考えてみると、この後体調を崩してしまったので、この辺りから体調が崩れかけていたのかも知れません。


 昨日も非常に暖かい日でした。訓練をしていて散歩で側を通る人達も皆軽装ばかりでした。この日も9時45分頃から30分間以上、いつものアスファルト歩道で訓練しました。


 訓練は、まず、いつもの「紐付き脚側行進」から始め、各複数回行いました。

・ 約20m直線の往復常歩の脚側行進
・ 同じく、往路常歩復路速歩の脚側行進
・ 同じく、往復速歩の脚側行進
・ 一辺10mのコの字型紐付き脚側行進

の4種類の脚側行進をした後、「停座及び招呼」は4~5回も行いました。
 

 
 「停座及び招呼」では、

・ 呼んで来る敏捷性は問題ありませんでした。
・ 最初は、直接停座に入る前に左足に軽く当たりました。
・ 直接停座に入る前に左足に当たらなくなりましたので大いに褒めて、3回ほど続けてやりました。



 「伏臥」は、昨日の結果から、今後は自主訓練の度に訓練科目に入れることにいました。3~4回やったのですがいずれも「一発フセ」は綺麗にできていると思っています。



 「立止」も「伏臥」のついでに行いました。どれも「前足の位置を変えずに立つこと」が出来、位置を変えることなく座ることができました。

 異本姿勢から→フセ!→スワレ!→タッテ!→スワレ!、と連続でもやってみました。



 「常歩行進中の停座」も複数回やりました。

・ 脚側行進もよく、5mマークにぴったり停座出来ました。
基本姿勢中も、5m地点で座って待っている間も、「片足上げ」も「イザリ」も全くしませんでした。



 最後に「紐なしコの字型リンクの脚側行進」を4本やりました。

脚側の状況も、集中の状況も、良かったと思っています。
速歩のスピードは遅めたりあるいは速めたり、又無言で一時停止したりしましたが、アランは完全に追従出来ました。


 脚側行進中の正しい脚側位置や停座中の「片足上げ」と「イザリ」については矯正が出来たと喜んでばかりはおれません。この自主練限りかも知れません。競技会でも出ないことが実証されて初めて矯正が出来たことになります。

 夕方の散歩のとき、脚側行進中の正しい脚側位置や停座中の「片足上げ」と「イザリ」について再度確認しましたが、矯正出来ていたようでした。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:26 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/09(Sat)

レッスン後の自主練・4日目 

 ある訓練士さんが云っていましたが、

・ 若犬は活発で機敏であるが故に瞬間に思わぬミスも出やすい。
・ 壮年乃至老年犬は歳を取って若犬時代の機敏さが多少少なくなって来る反面
・ 歳を取ってくると落ち着きが出て来ること。

 アランは今年7月で10才、小型犬なので人間に換算すると56才位でしょうか。しかし同年配の大型犬がまだ頑張っているのを見ると、まだまだ頑張らなければ、頑張れるのではないか、と思っています。


 今朝は9時15分の時点で寒暖計は約15℃を指していました。(この日の最高気温は東京で23.2℃だったそうです。)いつものアスファルト歩道で自主練をしましたが、今日も上は長袖の下着とシャツの2枚だったのですが、自主練を終えると汗をかいていました。今日は、cd-Ⅱ、10科目も取り入れました。


 集中及び脚側位置の練習のための紐付き脚側行進では、下記4科目をそれぞれ2~3本づつやりました。

・ 20mの直線往復常歩の脚側行進 
・ 同じく往路常歩復路速歩の脚側行進
・ 同じく直線往復速歩の脚側行進 
・ 1辺10mのコの字型リンクの脚側行進 

犬の位置を5~6cm位今までより後方に退げた状態に維持したことは勿論です。


 訓練する上で注意を払った点は昨日と同様ですが、

・ 10mポイントを通過するに当たっては、今までは左右の足に拘ったり頂点を踏むことを徹底するようにしていましたが、これにこだわらずにしかも次の一歩は線上に持って行けばよいことにしました。
・ 速歩の左曲がりでは、頂点手前で少しスピードを緩める方法については、足の上げ下げのテンポは変えずに、前に進むスピードだけを変えるようにしました。



 次に「cd-Ⅱ、10科目」をやりました。

・ 紐なし及び紐付き脚側行進は、アランは「脚側行進の鉄則」を守っているように感じました。
・ 紐なし及び紐付き脚側行進では、スタート前の基本姿勢のときから、ずっと最後まで片足浮かせはしませんでした。
・ 停座及び招呼では、停座しての待ち、呼んで来る態度、脚側停座等良かったと思います。
・ 伏臥は、一発フセは毎回自主練するときに訓練していないと「幾分遅い」のでは?との感じがしました。
・ 立止は前足を動かさずに立つことが出来ました。

・ 常歩行進中の伏臥は、全くどこも問題ありません。但し、フセた状態での臭い嗅ぎについてはアスファルト路面では起こしようもありません。
・ 常歩行進中の停座は、5m地点で停座した後は、「片足浮かせ」も「イザリ」もしませんでした。
・ 股くぐり歩きは問題無し。
・ 8の字股くぐりも問題無し。
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼は、発進してから5m地点でフセさせて、指導手が10m離れて向き合い呼んで脚側停座(直接停座)するとき、実のよい感じで脚側位置に入りました。それを固定化したいと思い複数回練習をしました。



 次に、再び、集中及び脚側位置の練習のための紐付き脚側行進4科目を繰り返しやりました。



 続いて、cd-Ⅱ、10科目を逆順になりました。科目no.10→9→、、、、no.1。



 最後に再再度、集中及び脚側位置の練習のための紐付き脚側行進4科目をやって終わりました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:05 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/08(Fri)

レッスン後の自主練・3日目 

 昨日は15時頃の気温が18.5℃位と非常に暖かく、その割に日射しを強くなく、若干風があったので訓練には最高の天気でした。

 長袖の下着にシャツを羽織っただけで訓練すると、少し汗ばむ程度の条件でした。今日で「集中の訓練」を再開して3日目ですが、少しは進歩したような感じです。(今日だけの現象か明日以降も続いているか楽しみです。)

 昨日は14時15分頃から、約30分強、幅10mのアスファルト歩道でやりました。



 紐付き脚側行進では、脚側がちょうどよい位置でしかも集中するようにして(ここがポイントですが)、

・ 20mの直線往復常歩の脚側行進
・ 同じく往路常歩復路速歩の脚側行進
・ 同じく直線往復速歩の脚側行進
・ 1辺10mのコの字型リンクの脚側行進

をやりました。犬の位置を5~6cm位今までより後方に退げた状態を維持しました。

 訓練する上で注意を払った点は、

・ 左肩越しに常に犬を見つめるようにしました。
10mポイントの通過するに当たっては、今までは左右の足に拘り、しかも頂点を踏むようにしていましたが、これに拘らずにしかも次の足は線上に持って行けばよいことにしました。
・ 埼玉ブロックで犬に当たったのは、速歩の左曲がり近くでしたが、頂点手前からは少しスピードを緩めるようにし頂点通過後前のスピードに戻すようにしました。アランは指導手のスピードの緩急には遅れることなく追従して行進します。



 次に「停座及び招呼」では、

・ 停座して待たせているときには「片足上げ」は全くしなくなりました。(あるいは、今日だけのことなのか、明日以降も確認が必要と思っています。)
・ 10m離れる際には、アランが片足浮かせをしないように注意して離れました。勿論、アランはイザリませんでした。(複数回やっても1回も出ませんでした。)
・ 呼んで来たときには、左爪先を開閉したり、左足を開いて閉じる動作をしました。(誘導行為)
・ 戻りの脚側行進では「脚側行進の鉄則」を守るよう注意を払いました。



 次に「常歩行進中の停座」では、

・ 5mの停座の位置までは「脚側行進の鉄則」を守るよう注意を払いました。
・ スワレ!させて10m離れる際には、アランが片足浮かせをしないように注意して離れました。勿論、アランは前にイザリませんでした。(これも複数回やりましたが1回も出ませんでした。)
・ 犬の許に戻るときにも「片足浮かせ」と「イザリ」には注意を払いました。
・ 犬と一緒に出発点に戻る際にも「脚側行進の鉄則」を守るよう注意を払いました。



 最後に1辺10mのコの字型リンクで「紐付き脚側行進」をやって終わりにしました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:25 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.03/08(Fri)

新順不同組み合せで「朝2+夕2」パターンを 

 昨日の朝、6時45分ごろから、ラヴィとアランをトイレ散歩に連れ出し、トイレを済ませた後、いつものアスファルト歩道で、11科目を延べ2回訓練しました。 この日もアランは静かに待っていました。訓練が終わってから、水辺公園まで散歩して帰りました。
 いつも訓練しているアスファルト歩道は浸透性舗装なのですが、浸透性舗装でない所は雨でまだ若干濡れが残っていました。2頭の腹部や足に細かい汚れが着いていました。


 訓練は、紐付き脚側行進、紐なし脚側行進、停座及び招呼、伏臥、立止、常歩行進中の伏臥、常歩行進中の停座、股くぐり歩き、8の字股くぐり、常歩行進中の立止、常歩行進中の伏臥及び招呼、に於いて、

 A :  [03][08][02][ 01][06] [07][ 05][10][11][09] [04]
 B :  [06][04][08][03][05] [02][01][10][09][11] [07]
 C :  [05][07][02][08][03] [06][04][09][11][10] [01]
 D :  [06][04][ 03][07][08] [05][02][11][10][09] [01]
 E :  [04][07][01][08][05] [06][02][09][11][10] [03]
 F :  [05][01][02][07][ 03] [08][04][10][09][11] [06]

で、B~Cの2パターンを訓練しました。


 昨18日は風が強く、瞬間最大風速は20m/sを超えたようですが、がらっと変わって、この朝は無風で、しかも暖かい朝でした。


 訓練上の特記事項は、

・ 紐付き脚側行進と紐なし脚側行進とは一辺10mのコの字型で行いました。

・ 全般的に、アランに覇気がないように感じました。角膜潰瘍の影響かどうか分かりません。目薬は5日目になります。今朝(19日)は“目やに”が出ていました。

・ 覇気が無いものの、コマンドには忠実で、全て1声符で出来たことは勿論です。

・ 褒め言葉はナシにしました。競技会に準じたのです。

・ 招呼は、最初の1回だけ、左手で脚側に入って来るルートを指示しました。

・ コマンドを出して動作をさせて、次のコマンドを出す迄、少なくとも3~4秒待ちました。例えば、伏臥の場合、アトエ!(基本姿勢)、3~4秒経ってから、フセ!、3~4秒経ってから、スワレ!のようにしました。



 日中は暑い位の気温でした。夕方は16時半頃少し涼しくなってから、トイレ散歩のついでに自主練しました。パターンD~Eの2種目を約20‘32“かけました。朝やったときよりも活気がある様子でした。

・ 招呼は、練習なしで行いましたら、いつもより俊敏さが劣ったようです。いつもは、見ていると多分“オーッ”と歓声があがるようなフセをする筈なのですが、そこまではいきませんでした。本番では、事前に練習しておいて、是非とも歓声が上がるようなフセをさせたいと思っています。

・ 招呼にて呼んで来たとき、左手でルートを指示して、左足に当たらないようにしました。


 この日19日はスクールガードの日でしたが、小学校校庭の桜の大木の蕾はふくらみ、ちらほらと咲いた花も見受けられました。この暖かさなら3、4日すれば相当咲くことと思われます。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:13 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT