新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2013年04月
2013.04/30(Tue)

jkc本部大会記・その2 

 もしよかったら見て下さい。3部A組のアランペアーの演技のビデオです。

 このビデオはcd-Ⅱの必須no.1からno.5までです。




 更に、cd-Ⅱの必須no.6からno.7及び選択科目の、股くぐり歩き、8の字股くぐりと常歩行進中の伏臥及び招呼の3科目のビデオです。




 このビデオをつくづく見て感じたことですが、アランは脚側行進中の集中はまあーまあーなのですが、停座して待ったり、伏臥して待っている間によそ見、それも審査員氏の方を見ているのが気にかかります。これも指導手に集中していないことになりそうです。


 それと、このビデオで残念なのはアランの体毛の件です。もっと優雅に見えた筈?です。アランは長毛で毛吹きもよい部類に入る方だと思うのですが、家内がむさ苦しいからということで、私に無断でその長毛や足のフリンジをカットしてしまったのでした。実に残念でなりません。



 次に理事長戦について記述します。

 理事長戦にはA組~G組の一席犬7頭が勝ち上がりました。その中に、1席の常連さんである、Mさんの黒トイプーやSさんのボーダーも入っていました。

 A組から始まりますので、アランは一番バッターでした。

 競技は、立止、停座及び招呼、伏臥、常歩行進中の伏臥及び招呼と紐付き脚側行進の5科目で行われました。

アランは、

・ 何と最初の立止で、タッテ!と命じたのに立たなかったのです。
  これは、立つとき右足を引きすぎていると、少し前に動くので、私が手で少し前に出したことと、2人も審査員(1人はアテンダント)がいるので、アランが緊張した所為もあろうかと思っています。
・ 私は、2声符なので、それで失格ですかと審査員長に訊きましたら、続行してよいとの返事をいただきました。
・ その他の4科目はまずは良い出来ではなかったかと思っています。

・ グループ戦の講評で指摘を受けた「速歩の速さ」には留意しました。




 7頭が終わって、各ペアーに対する講評と理事長賞の発表でした。


 アランペアーに対する講評は、

・ 実にパピヨンらしい、ちょうど蝶が舞うような演技でした。
・ 最初に2声符が出たので、失格ではとの申し出がありましたが、そんなことはありません。
唯、最初の2声符で若干気が抜けた様でもありました。
・ その後の4科目はしっかりと演技しました。


 結局、理事長賞はMさんと黒プーのペアーのものとなりました。このペアーは3月24日の東京ブロックの理事長賞に続いて連覇でした。

 Sさんとボーダーのペアーは、「常歩行進中の伏臥及び招呼」で伏臥せずに立止となるミスを冒してしまいました。審査員長はこのペアーをよくご存じの様子で、このボーダーが7頭の内で一番性能がよい筈なのに、惜しいことをしたとの講評でした。

 毎回、我が“skクラブ”からはこのjkc本部大会の理事長戦に2~3頭が勝ち上がっています。今回は2頭が勝ち上がりました。7頭の内2頭ですから、実に立派なものです。過去には理事長賞犬を沢山輩出しています。


 家の犬でjkc本部大会を狙いたいと思われる方は一度体験学習されては如何でしょうか。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:27 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2013.04/29(Mon)

jkc本部大会記・その1 

 昨28日はjkc本部大会に、3部(cd-Ⅱ、10科目)に出場しました。


 アランはゼッケン56番、A組の20番目の競技でした。

 20番目では、1ペアーの競技時間を10分しますと、8時の競技開始で3時間10分後、即ち11時10分頃に競技開始と予想しました。実際は11時に順番が来ました。

が、その待ち永いことと云ったらありませんでした。


 今日の競技で一番嬉しかったことは、”アランが一度も臭い嗅ぎらしき挙動をしなかったこと”でした。帰宅後ビデオを入念に見てみたのですが、やはりその通りでした。


 競技は、私が思った通りの作業が出来たと思っています。ただ、脚側行進中の集中(指導手を見上げること)が期待した程ではありませんでした。
 伏臥も所謂一発フセが出来ましたし、常歩行進中の伏臥でも勿論臭い嗅ぎはしませんでした。ただ、選択科目として、股くぐり歩き、8の字股くぐりと常歩行進中の伏臥及び招呼で満点獲得を狙ったのですが、どうも8の字股くぐりでは今一活気が無かったような感じでした。

 動きも敏捷さと活発さを”ある程度は”備えていて、”比較的華麗な作業”が出来たようです。しかし、ビデオを見てみますと、やはり年齢が行動に表れている様子で、招呼などは若かったとき程のピチピチと弾けるような敏捷性は無いような感じです。


 競技が終わって、審査員氏は講評なしの雰囲気でしたが、私から何かコメントを求める素振りをしましたら、何か要りますかとおっしゃって、次の様な講評がありました。

・ 元気があって、脚側行進などはよいと思いますが、その反面かぶり気味とも見えること。

・ 復路の速歩は指導手が犬に合わせて、抑え気味に速歩行進しているように見えたが、その点一寸違和感を感じたこと。決して悪くはないが、もう少し自然体の速歩であってもよい。

 これは私が意識してやったことです。過去、競技会で「復路で集中が切れる点」の矯正法について種々試行錯誤していたところ、偶々レッスンで歩調をゆっくり目にしましたら、集中が切れなくなりましたので、そうしたわけです。所長もそれで良かろうということでしたので、安心してゆっくり目の速歩にしました。
 ただ、指摘されたことを所長に話しましたら、所長の見解としては“歩調がゆっくりし過ぎたのでしょう”ということでした。(この辺りは審査員氏の主観に類することと思われます。)


 以上2点だけ、それも強いて云えば、と云うことでした。この講評の言い回しでは、良い方に解釈するか、悪い方に解釈するかで大違いです。成績発表になるまでの時間が永いことと云ったらありませんでしたし、その間、気が気ではありませんでした。もし、1席でない場合は、勝負は時の運で、仕方が無い、アランより出来がよい子が居たまでだ、と諦める気持ちでした。


 結果が発表になってみましたら、アランは(内心期待していた)1席でした。しかし、期待していた99点台には到底及ばない98.6だということでした。2席は98.3でした。
 この2席犬はゴールデンで終わり近くの3科目くらいを見たのですが、集中もよく、動きも機敏でした。もしかしたら、この犬に負けたかも知れないと思ったほどの犬でした。
 他の組では、1席は99.6や99.5も出ていました。私の場合は、審査員氏の講評の言い回しの、悪い方の解釈が当たったような内容でした。


 しかし、去年の2月以来久し振りの1席です。アランが一昨年から去年にかけて3度の大きな病(一時は競技会の復帰絶望も考えたのですが)、又今年の角膜潰瘍を乗り越えて復活?したことは嬉しい限りです。


 その後、理事長戦が有ってから、表彰式でしたが、その模様は明日に譲ります。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:43 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2013.04/28(Sun)

今日はjkc本部大会です 

 jkc本部大会参加のため、朝6時に家を出発して篠崎緑地に行ってきます。


 昨日の自主練は場所を変えて二度やりました。

 二度目の場所では、

・ 後ろに10m残して、10m地点より出発して、紐付きの脚側行進をし、10m進んでターンし、そのまま常歩行進で20m進んで、アトヘ!で反転後脚側停座しました。
・ 同様に、往路は常歩で、復路は速歩しました。
・ 同様に、往路から速歩行進し、戻りも速歩でした。

・ 後ろに10m残して、10m地点より出発して、紐無しで脚側行進をし、10m進んでターンし、そのまま常歩行進で20m進んで、アトヘ!で反転後脚側停座しました。
・ 同様に、往路は常歩で、復路は速歩しました。
・ 同様に、往路から速歩行進し、戻りも速歩でした。

・ コの字型リンクで紐付き脚側行進しました。
・ 同様に、紐なし脚側行進から常歩行進中の停座までやりました。

・ 股くぐり歩き、8の字股くぐり及び常歩行進中の伏臥及び招呼を選択科目として行いました、。


 この訓練の主眼は「最後まで集中していること」だったのですが、常歩もゆっくり目とし、速歩もゆっくり目としましたら、最後まで集中していました。


 果たして、競技会では、

・ 脚側行進中の集中、特に復路の集中がよくできるか。
・ 常歩行進中の伏臥で、伏臥させて指導手が離れている間に「臭い嗅ぎ」せずに済むか。

が問題です。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  05:12 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/27(Sat)

江戸川の河川敷にある市運動公園に行って来ました 

 一昨日25日の15時ころから夕方のトイレ散歩兼アランの自主練のために、市の運動公園に行って来ました。

 この場所に来たのは約1年振り位なのですが、情景が様変わりしていてびっくりしました。堤防が全面的にが改修されて、堤頂の自転車兼歩行専用道路は幅9m位あって、真っすぐ伸びて先が見え霞んで見えない様でした。




 専用道路でアランを座らせ撮りました。




 こんな看板がありました。





 そしてこの位置は海からの距離が出ていました。河口から意外に近いのです。その途中にはjkc本部大会が行われる篠崎緑地があるのです。





 堤防から河川敷に下りますと、野球場になっていました。
広々として、緑一杯で、水曜日のこととて、人っこ独り来ていない状態でした。



 

 そんな中で、クリーンセンター広場と同様の方法で自主練をしました。cd-Ⅱ、10科目を含めて11科目、しかも複数回やりました。


 常歩行進中の伏臥をさせたところです。




 常歩行進中の停座をさせたところです。




 常歩行進中の立止をさせたところです。





 アランの自主訓練の状況は次のようでした。

・ 紐付き脚側行進及び紐なし脚側行進を含めて、指導手への集中は良好でした。
  常歩行進及び速歩行進は24日のレッスンのイメージを生かし、歩幅を狭め、ゆっくり目にしました。

・ 停座及び招呼は、呼びに対する反応等は非常に良好でした。戻りの脚側行進もよく集中していました。

・ その場の伏臥とその場の立止も良好でした。

・ 常歩行進中の2作業の反応は良好でしたし、戻りの脚側行進もよく集中していました。

・ 股くぐり歩きも良好でしたし、戻りの脚側行進もよく集中していました。

・ 8の字股くぐりも非常に活気ある動作でした。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼は、反応も良く、動作も敏捷でした。又、戻りの脚側行進は距離があるにも拘わらずよく集中していました。

・ 常歩行進中の立止も問題無く出来ました。


・ しかし、自主練やレッスンでは完全に出来ていても、幾らほれぼれするような動作をしていても、競技会本番になると、小さなミスならともかく、大きなミスが出た経験が沢山あります。その点はさっ引いて考えなければなりません。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:13 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/26(Fri)

集団レッスンへ 

 一昨日24日は小雨が降っていたのですが、事務局の方にメールで確認してみると、今のところやる、と云う返事でしたので、雨の中行ってきました。

 雨では参加頭数が少ないだろうと思って、

・ 先生に臭い嗅ぎした場合には、勝手な申し入れを聞いてもらえること。
・ 四角の空き箱(金属製)の蓋を用意して、臭い嗅ぎを見つけたら、大きな音を出してもらうつもりでした。
・ 足下が濡れていると、臭い嗅ぎ対策にも好都合ではなかろうか?。
・ 足下が悪い状況下でフセやスワレが訓練出来ること。


 参加頭数は僅か3頭だけでした。私の思惑通りでした。
そのため、コの字型に白ロープを敷設して、jkcの競技会方式で個別レッスンをやることになりました。


 雨の中、各頭ともcd-Ⅱ、10科目を一通り見ていただき、更にもう一通り見ていただきました。


 アランは次の様な状況でした。まず先生がアランを紐付き脚側行進を曳いたのですが、それは見ていて惚れ惚れするような行進でした。私が曳いてもあのようになっているのか、疑問が湧きます。


 最初のcd-Ⅱ、10科目では、

・ 臭い嗅ぎそのものも疑わしい挙動もありませんでした。

・ 脚側行進の最後の直線部分や常歩行進中の伏臥等の戻りでは、集中が今一でした。
  昨日まで練習していたことは無意味な感じがしました。



 次のcd-Ⅱ、10科目では、

・ 臭い嗅ぎそのものも、疑わしい挙動も、ありませんでした。
・ 10科目最後の、常歩行進中の伏臥及び招呼、で伏臥しないのでした。やり直してもしませんでした。こんなことは初めてのことです。先生は「先生の前で久しぶりに緊張して、その緊張の糸が切れてしまったのではないか、気にしなくてもよいだろう」とのことでした。


 以上3頭が都合2回終わった後、次の3科目だけを見ていただきました。


・ 紐なし脚側行進

  今度は集中がよく出来ました。戻りの速歩行進は歩幅を縮め、少しゆっくり目にしましたら、指導手の方を良く見る感じで、最後まで集中していました。

・ 常歩行進中の伏臥

  戻りの常歩行進を歩幅を縮め、少しゆっくり目にしましたら、指導手の方を良く見る感じで、最後まで集中していました。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼

  呼んで直接停座させ、戻りの常歩行進の歩幅を縮め、少しゆっくり目にしましたら、指導手の方を良く見る感じで、最後まで集中していました。



 以上で先生のレッスンが終わり、少し話し込んでいましたら、雨が止みましたので、もう一度cd-Ⅱ、10科目を「自主練」してみました。

 往路はどの科目も問題ありませんで、戻りの常歩行進をレッスンの注意を守ってやりました。

・ 紐付き脚側行進及び紐なし脚側行進
・ 停座及び招呼
・ 常歩行進中の2作業
・ 股くぐり歩き
・ 常歩行進中の伏臥及び招呼

以上の科目は、戻りの常歩行進の終わりまで指導手によく集中していました。


 上記以外の科目も、

・ その場の伏臥もその場の立止も非常に活気有る演技でした。
・ 8の字またくぐりも非常に良かったと思っています。



 







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:54 |  個人レッスン  | CM(0) | Top↑
2013.04/25(Thu)

クリーンC広場に行く 

 23日の午後首記の広場に行って、アランの訓練をしました。


 広場は芝が青々と生えそろっていて、広々していますが、丁度グランド全面を使ってグランドゴルフをしていましたので、その空きを使ってやらざるを得ませんでした。

 
 基本的には、後ろに約20歩ほど残すところがミソです。

・ 「紐付き脚側行進」
  後ろに約20歩ほど残して基本姿勢を取らせました。アトへ!で発進し、常歩にて20歩行進して右折し、更に20歩行進して右折、更に40歩行進してからアトヘ!でUターンし、以下は速歩で40歩行進して左折、更に20歩行進して左折、更に40歩行進して、アトヘ!で反転し、脚側停座させました。

・ 紐なし脚側行進も上記と同様にしました。

・ 停座及び招呼は、後ろに約20歩ほど残して、マテ!で待たせて20歩離れ、向き合ってコイ!と呼んで直接停座させました。アランは全力疾走で来ました。直接停座の入り方も万全でした。戻りの行進をアトヘ!で発進し、40歩(出発した所より20歩後ろ)常歩行進しアトヘ!で反転し脚側停座させました。

・ その場の伏臥は通常通りでした。

・ その場の立止も通常通りでした。立たせる前に手でアランの右足を僅かに出してやりました。こうしますと、足の位置を変えずに立つことが出来ます。

・ 常歩行進中の伏臥
  後ろに約20歩ほど残して基本姿勢を取ります。アトヘ!で発進し、5m地点でフセ!を命じ、指導手はそのまま20歩ほど単独行進し、振り返って犬と向き合います。
 間を置いて犬の許に戻り、スワレ!を命じ、アトヘ!で反転後戻りの行進です。40歩ほど行進したら、アトヘ!で反転し脚側停座させました。

・ 常歩行進中の停座
 上記の伏臥が停座に変わるだけで、他は全く同じです。

・ 股くぐり歩き
 後ろに約20歩ほど残して基本姿勢を取ります。クグレ!を命じて5m地点でアトヘ!を命じて反転及び脚側停座させました。戻りの行進は30歩行進して、アトヘ!で反転し脚側停座させました。

・ 8の字股くぐり
 通常通りのやり方でした。

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼
 後ろに約20歩ほど残して基本姿勢を取ります。アトヘ!で発進し、5m進んだ位置でフセ!を命じ、指導手はそのまま20歩ほど単独行進し、振り返って犬と向き合います。
コイ!と呼びをかけて直接停座をさせました。アトヘ!で発進し、戻りの行進は30歩行進して、アトヘ!で反転し脚側停座させました。
 アランは「常歩行進中の伏臥」と「停座及び招呼」通りにやることが出来ました。

・ 常歩行進中の立止
常歩行進中の伏臥が立止に変わるだけで、他は全く同じです。



 この訓練の狙いは、科目の終わりまで指導手に集中し続けることだったのですが、他の犬が居ないこともあって、狙い通りにいきました。

・ 一通りで約12分かかりましたが、出だしから最後の脚側停座まで、集中を続けることが出来ました。
・ 出だしから4~5歩の集中もokでした。
・ 見ている限りでは比較的よそ見もありませんでした。
・ 又、見ている限りでは臭い嗅ぎはありませんでした。これは場所を変え6~7回やった結果です。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:33 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/24(Wed)

常歩行進中の2作業の新訓練 

 常歩行進中の2作業についても、昨日と同様の訓練をしました。


・ 常歩行進中の伏臥は、20m側にて10m進んだ位置で基本姿勢をさせました。アトヘ!で発進し、5m進んだ地点でフセ!を命じ、指導手は更に10m行進して振り返り、間を明けてから犬の許に戻りました。次にアトヘ!で反転し、戻りは5mではなくて10m戻りました。
・ これも5m戻ったら終わりではなくて、まだ先が10mまであると思わせるためでした。

・ 常歩行進中の停座も上記と同様に行いました。
 

 果たして、アランが人間の思惑通り、競技会でも上記訓練内容を(理解して?)やってくれるかどうか疑問が残るところですが、まずはやってみて結果を待ちたいと思っています。


 臭い嗅ぎの矯正については、自主練では矯正不可能ですので、レッスン時の先生に頼る以外に方法は無さそうです。





テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:09 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2013.04/23(Tue)

脚側行進等の新訓練 

 今までは、主として「出だしの集中」ばかり訓練してきました。


ところが、一昨日の個別レッスンで、

・ 脚側行進の復路の速歩で、犬が勝手に進むような兆候が見られたこと。
・ 上記の点については、科目の終わり近いことが、犬には分かっているので、先を急いでいるのではないかと云うことでした。
・ 常歩行進中の2動作の復路でもその兆候が見られたこと。

が見られました。そこで、それを矯正するべき次のような「科目の終盤の訓練」をやってみました。この訓練法の成果は今度の競技会では出ないかも知れませんが、いつかは出てくるのではないかと期待しています。


・ 20m×10mのリンクにて、20m側の10mだけ進んで基本姿勢をさせます。十分指導手に集中させて後、アトヘ!で発進し10m行進して右折、更に10m行進して右折、次に20m進んで反転ターンし、速歩で20m行進して左折、10m速歩で左折、更に20m速歩してアトヘ!で反転ターンして脚側停座。

・ 紐付き脚側行進と紐なし脚側行進を上記の如くやりました。これらを複数回繰り返しました。

・ これは科目の終わり近いことを犬に分かりにくくするためです。

・ 停座及び招呼は次のようにやりました。
  20m側にて10m進んだ位置で基本姿勢をさせました。マテ!をかけて10m離れ、振り向いてからコイ!と犬を呼びました。直接停座したら、アトヘ!で発進し、20m戻って反転ターンして脚側停座させました。

・ これも10m戻ったら終わりではなくて、まだ先があると思わせるためです。



・ その場に伏臥及びその場の立止は通常通りです。



・ アランはどの訓練中もずっと集中を続けていました。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:14 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/22(Mon)

個別レッスンに行ってきました 

 昨日、21日は14時からレッスンが有るというので行ってきました。レッスンは個別オビ(競技形式で1ペアずつ)でした。 朝から雨が降っていたのですが、小雨(霧雨)になっていましたし、止む予報でした。現地ではまだ細かい雨が降っていましたが、8番目(全9頭)の頃には雨は止んでいました。しかし、地面はグチュグチュの状態でした。


 私が出席した狙いは、

・ 順番をなるべく後の方にして、臭い嗅ぎをしやすくすること。
・ 臭い嗅ぎが出たら、即座に、先生に強く叱ってもらうこと。
・ 雨の中乃至地面がグチュグチュ状態では、数ヶ月訓練していないので、この際よい経験ではと思ったこと。
・ 地面が湿っている方が臭い嗅ぎは出やすいのではないかと思ったこと。

でした。



 審査に当たった先生には、

・ 先生に紙箱の蓋を渡して、臭い嗅ぎをした瞬間に、言葉で叱ると同時にバンと大きな音を出して欲しいこと。
・ なるべく、犬の近くで審査して欲しいこと。

をお願いしました。


 演技を終えて先生の評価は、

・ 臭い嗅ぎは出なかったこと。
・ 脚側行進は少し退げて行進した方がよいこと。
・ その場の伏臥を終えて、その場の立止に移るときには一旦アトヘをかけて、座り直してからのすること。
・ その他諸動作は問題ない。

でした。
 

 私としては、

・ 先生が犬に近すぎて、アランが先生を気にして、先生に注意が向いていたこと。
・ 脚側行進の復路の速歩で、犬が勝手に進むような兆候が見られたこと。
・ 上記の点については、科目の終わり近いことが、犬には分かっているので、先を急いでいるのではないかと云うことでした。
・ 常歩行進中の2動作の復路でもその兆候が見られたこと。

が非常に不満でした。



 9頭が終わった後、気にかかる部分を再度見ていただくことになり、紐付き脚側行進と常歩行進中の伏臥、の2科目をやってみることになりました。(個人の希望)

・ 紐付き脚側行進では先の本番よりも集中していました。訓練の時の集中の上げ方とそのタイミングを教えて頂きました。
・ 常歩行進中の伏臥の復路では如何にも犬が勝手に進むような現象は起きません。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:26 |  個人レッスン  | CM(0) | Top↑
2013.04/20(Sat)

cd-Ⅱの基本中の基本について訓練 

 昨日はcd-Ⅱの必須5科目の「基本の基本」を訓練しました。


・ 脚側行進の集中に関しては、

 ※ 発進して5~6歩の間、集中をし続けているように訓練
 ※ これを複数回繰り返しました。
 ※ 集中をし続けていましたので、都度褒めてご褒美をあげました。
 

・ 停座及び招呼

 ※ 基本姿勢させて、マテをさせ、5~6歩離れてから急に振り帰り、犬が集中を保っていましたら、褒めて戻り、ご褒美を上げました。
 ※ これも複数回繰り返しました。
 








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:24 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/19(Fri)

脚側行進の集中 

 昨月の24日の東京ブロックにて、「紐なし脚側行進」の復路(速歩)で集中が途切れてしまい減点されたことがありました。

 この集中の途切れたことにより、指導手から離れ気味になったり、あるいは前に出気味になったり、一寸遅れ気味になったりして、不安定な脚側行進でした。



 このことは、自主練や集団レッスンでは全く起こさないため、矯正する機会がありません。
審査員に注意が行ってしまうのか、他の犬のことが気にかかってそちらの方に注意が行ってしまうのかのどちらかだろうと思っています。


 そこで、その対処法として、ずっと昔のファイルを参考にしてみましたが、脚側行進の時に指導主を見ていない場合、

・ 声をかけずバックステップ(後ずさり)をいきなりして、犬が気づき振り返ったら、呼んで来させて、褒めてあげる。

・ Uターンや脚側の開始時に犬が離れる場合を作り(アランは通常離れることが無いのでこの場面を作ること自体難しいですが)、褒美を見せながら左足の踵を軸にして2~3回転する練習を加えて、常に指導主の脚側につく意識をより一層徹底させる。

と云うファイルがありましたので、それらをやってみたのですが、こんなことは何を今更という感じで、朝飯前のようでした。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:41 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/18(Thu)

昨日は集団レッスンに参加してきました。 

 昨日は痛む腰にむち打って、集団レッスンに出席してきました。
出席犬数は5頭と少なめでした。

 我がペアーの目的は、臭い嗅ぎの現場を見つけた途端に先生に叱っていただくことだけなので、その趣旨を先生によくお願いしてから、レッスンに入りました。

 レッスンはcd-Ⅱの必須7科目を主体にしたのですが、アランはなかなか臭い嗅ぎをせず、


・ 停座及び招呼では、待たせて指導手が離れて行くとき、指導手が背中を向けている間、臭い嗅ぎはしなかったようです。

・ 約30分間、前半のレッスン中は、臭い嗅ぎは出ませんでした。

・ 5頭が横一列に並んでいるところに先生が来て、先生がすぐ脇に居て一頭づつ、その場の伏臥やその場の立止
をやりました。これはアランは大嫌いなことでした。

・ それと同様に横に並んだ状態で、一頭づつ前に出て、各ペアーと平行に、常歩行進中の伏臥や常歩行進中の停座をやりました。

・ 後半の最後の方で、常歩行進中の伏臥で伏せさせて約10m離れてから振り向く瞬間、アランは臭い嗅ぎらしき挙動をしたようで、アランの近くにいた先生が大きく足を踏み下ろすと同時に叱った結果、アランはその場から逃げ出しました。


 狙ったことが一回だけ達成できたこととは云え、なんだかむなしい気がしています。
競技会に参加のために、ただそれだけのために、時間と出費とを無駄にしているようで、何だかむなしい気がするのです。

 競技会で”臭い嗅ぎ”をすること以外は、アランは素晴らしい犬だと思っています。家庭犬としても、私には勿体ない位素晴らしい犬です。

 特に、私など家族に身体を触られるのが大好きなこと、他の2頭に触っていると割り込んで来て自分にも要求するところ、ヤキモチ焼きで甘えん坊なところ、呼んだらすぐ来るところ、コマンドはすべて利くところ等枚挙に暇がない位(飼い主のひいき目か?)だと思っています。

 こんな点を考えていくと、もうまもなく10歳を迎えることだし、近い内にここらで競技から足を洗う時期かなと思ったりしています。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:48 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑
2013.04/17(Wed)

臭い嗅ぎの原因は果たして? 

 昨月の24日の東京ブロックにて、「常歩行進中の伏臥」で比較的永い時間の臭い嗅ぎで減点されました。

 2年強より以前には、伏せた状態でその辺りを嗅ぎまわり、伏せた位置すら移動するような「執着的な臭い嗅ぎ」でした。

・ 「停座及び招呼」でも待たせて離れている間に「執着的な臭い嗅ぎ」をしていました。
・ 「常歩行進中の伏臥」では伏せたときに、地面が近くなる所為か激しく「執着的な臭い嗅ぎ」をしていました。



 今時東京ブロックでは、

・ 「停座及び招呼」では臭い嗅ぎはしませんでした。
・ 「常歩行進中の伏臥」では、さすがに位置こそ定位置でしたが、私が振り返ったときにはすでに臭い嗅ぎをしており、私が戻って来るときにも臭い嗅ぎしている有様で、それほど永い時間の臭い嗅ぎでした。

 この臭い嗅ぎの原因として、以前、ある種の「カーミング・シグナル」ではないかと云われたことがありました。
 「常歩行進中の伏臥」で臭い嗅ぎする原因が「異臭」に起因するものだとしますと、選択科目として演技した「常歩行進中の伏臥及び招呼」では臭い嗅ぎをせず満点を貰ったことが説明出来ないのです。

 書籍「犬語の世界へようこそ ― カーミング・シグナル」によりますと、

【カーミング・シグナルは、「事が起こる」ことを早期に防ぐために用いられるものであり、人や犬から威嚇されることを避けるため、そして不安、恐怖心及び騒音などの不快な刺激に対する反応を和らげるために活用されたりするものです。犬がストレスや不安を感じたときに自分を落ち着かせるためにもこれを使います。騒動を断ち切るため、騒動を防ぐために発せられるものです。以下略。】

と書いてあります。

 又、同書には【においをかぐ】動作の事例も書いてあるのですが、【他の犬や人間が近づいて来た際に突然「におい」をかぎだす犬もいれば、突発的な出来事に対応するために「におい」をかぐものもいる】そうなことが記載されています。
 この事例をアランの場合に当てはめてみると、競技会では犬に対しては無いと思われるので、あるいは「審査員」に対して「カーミング・シグナル」を発しているのだろうかと思ったりしています。
 しかし、「カーミング・シグナル」の場合、何で「常歩行進中の伏臥」なのか、「停座及び招呼」や「常歩行進中の停座」等では臭い嗅ぎしないのか、そのことが説明出来ません。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:04 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2013.04/16(Tue)

pc不調の件で通院(大型電気店へ) 

 ここ最近、パソコンの調子が悪く、体調が今一の所為もあって、精神的にも不安定気味な毎日でした。最近ブログの更新出来ていない理由の一つです。昨日、電話で大型電機店に相談すると、原因は、

・ ハードディスクがへたって来ている可能性があること。
・ ウイルスに感染している可能性もあること。
・ ハードディスクの空き容量が10%は少ないかも知れないこと。
・ モデムの作動が悪くなっているか、接続端子部分の接続不良が発生しているか。
・ その他、機能的な損傷も考えられること。

等々で、現物持参して、診断してみないと何とも云えないこと、店には無料の診断コーナーがあること、等を教えていただきました。


 それで今日行って診断して貰いました。色々調べて貰ったのですが、機能的には不具合は無さそう?との結果でした。
 さすがにプロで私などアマは足下にも及ばない対応でした。が、パソコン本体とプロバイダーの間に問題が発生した場合にはその解決法を考えると誠におぼつかない事態が想像されます。

 ただ、タスクマネージャーがどうしても開けませんでした。これは原因不明です。

 帰宅後やってみることは、

・ ウイルススキャンをフルでやってみること。
・ 内臓ハードディスクのファイルを外付けハードディスクに移し、内臓ハードディスクの空き容量を増やしてみること。
・ プロバイダーにモデムが不調の場合について訊いてみること。

等です。

 早速、取りかかっているのですが、ドキュメントは軽くても、ピクチャーやビデオが重くて、なかなか進みません。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  15:45 |  ブログ  | CM(0) | Top↑
2013.04/15(Mon)

坂川堤防遊歩道にて 

 昨日はレッスンに行く予定でいたのですが、先生がOPDES競技会のため、SKのレッスンは無くなりました。
 昨日は10時頃から、まず水辺公園の遊歩道脇の側道にて自主練し、続いて坂川の堤防上の遊歩道に行って自主練してきました。南風が強く吹いていましたが、この道は犬の散歩も結構多くて、臭い嗅ぎの矯正には最適だと思っています。
10時すぎから凡そ50分の訓練でした。


 一昨日、昨日と全く同じテーマに狙いを絞った訓練でした。


・ 脚側行進

  常時犬を見ていて、集中の状況に注意を払いました。
  脚側行進中の集中の維持、特に出だしと復路の速歩で集中を継続すること。
  出だしでは偶に顔こそ指導手の方に向けていましたが、目は集中していないと思われる場合があるので、必ず指導手を見つめるように注意を払いました。


・ 停座及び招呼

  座って待たせるときに、前左足を少し前目にしました。これは、アランの停座が前両足をひきすぎた状態で、今にも前にずりそうな状態を防止するためです。
左右どちらなの足が前目であれば問題なさそうです。

 
・ 常歩行進中の伏臥

 ※1 約5mマーク位置まで行進の間、集中を維持する練習を繰り返しました。
 ※2 5m地点でフセ!を命じ、離れて行く途中で不意に頻繁に振り返って、地面の臭いを嗅ぐ素振りを見せたり、周囲の臭い取りをしていないか注意しました。
 ※3 戻りの脚側行進でもよく集中するように訓練しました。
 ※4 伏せさせて離れた場合に、その時間を永くしました。私が腰を下ろして休憩したりして、アランの集中を途切れさせるように試みました。


・ 常歩行進中の停座

  常歩行進中の伏臥と略同様のことを行いました。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:04 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/14(Sun)

再び大堀川rspにて 

 昨日の夕方も大堀川rsp(家から2.8km)に行って自主練してきました。16時頃から凡そ30分の訓練でした。


 昨日と全く同じテーマで訓練しました。科目は順不同でやったのですが、ここでは競技順に書きます。

・ 脚側行進
  常時犬を注意深く見て、集中の状況に注意を払いました。

・ 停座及び招呼
  座って待たせるときに、前左足を少し前目にしました。これは、アランの停座が前両足をひきすぎた状態で、 今にも前にずりそうな体勢を防止するためです。
 
・ その場の伏臥
  一発フセを守らせました。

・ 常歩行進中の伏臥
 ※1 約5mマーク位置まで行進の間、集中を維持する練習を繰り返しました。
 ※2 5m地点でフセ!を命じ、離れて行く途中で不意に頻繁に振り返って、地面の臭いを嗅ぐ素振りを見      せたり、周囲の臭い取りをしていないか注意しました。臭いを嗅ぐ素振りを見せたら叱るつもりでいたの    ですが、徒労に終わりました。
 ※3 戻りの脚側行進でもよく集中するように訓練しました。

・ 常歩行進中の停座
※1 常歩行進中の伏臥同様、約5mマーク位置まで行進の間、集中を維持しているよう注意を払いました。
※2 5m地点でスワレ!を命じ、離れて行く途中で不意に頻繁に振り返って、地面の臭いを嗅ぐ素振りを見せ たり、周囲の臭い取りをしていないか注意しました。
※3 戻りの脚側行進でもよく集中するように訓練しました。

・ その他の科目については問題無しでした。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:54 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2013.04/13(Sat)

大堀川rspにて 

 体調は今一なのですが、来る28に備えて準備しないわけにもいきません。昨日夕方は、トイレ散歩を兼ねて大堀川rspに行って自主練してきました。16時頃から凡そ30分の訓練でした。


 昨日と同じテーマで訓練しましたが、特記事項は別に無くて、強いて書きますと、

・ 脚側行進
 ※1 常時犬を注意深く集中の状況に注意を払いました。
 ※2 こんなによく集中するのに、競技会のときに集中が何で途切れるのか不思議です。

・ 停座及び招呼
 ※1 座って待たせるときに、前左足を少し前目にしました。
 ※2 その他の部分は申し分ない感じでした。

・ その場の伏臥
  一発フセを守らせました。

・ 常歩行進中の伏臥
  5m地点でフセ!を命じ、離れて行く途中で不意に頻繁に振り返って、地面や周囲の臭い取りをしていないか注意しました。

・ その他の科目については問題無しでした。

 








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:31 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/12(Fri)

久し振りの更新です 

 ここの所、体調不良のため、ブログを更新する気にもなりませんでした。
まだ、万全ではないのですが、ここらで更新しておかないとこのまま自然消滅してしまいそうです。


 去る3月24日の東京ブロックでのアランの欠陥、

・ 紐なし脚側行進の復路で、指導手よりも先に出たり、遅れ気味なったりしたこと。集中が特に悪かったです。
・ 常歩行進中の伏臥で、伏せて、指導手が離れている間に“臭い嗅ぎ”をしてしまいました。

の2点については、どうも即効的な解決法は無さそうです。

 上記2点については、何かの拍子に集中が途切れることに問題がありそうで、この改善には普段からの訓練の積み重ねしか方法がないような感じです。


 この2点は、自主練のときには、その欠片も見せませんので、矯正のしようもありません。唯一考えられるのはレッスンに通って、もし出たときには先生に叱ってもらうしか方法は無さそうです。
 今月24日のjkc本部大会まで、4回レッスンに通って、先生には趣旨を十分に伝えておいて、しかるべく措置をお願いするつもりです。


 昨日、自主練をした結果では、

・ 脚側行進の集中は大変良かったです。集中が途切れた途端に叱ろうと待ち構えていたのですが、徒労に終わりました。
・ 招呼では、
 ※1 待たせて離れて行く途中に周囲を見回したりすることは、指導手には見えませんので、これについては今    までの方法は一考の余地がありそうです。
  ※2 呼んで来るときのスピードや直接停座の入り方、直接停座の向き、戻りの脚側行進の集中の具合等は申し    分無かったと思っています。
・ その場の伏臥
 ぶっつけ本番では「一発フセ」にならないことがありました。本番直前の練習等が必要なようです。
・ その場の立止
 前もって、右足の位置を前目にしておかないと、立つときに右足を少し前に出すようです。右足の位置を前目にしておきますと、立つときに両前足の位置は変わりませんでした。
・ 常歩行進中の伏臥
 5m地点でフセさせ、指導手が離れて行くとき、顔を下に向けたり、周囲を見回したりすること等は、指導手には見えませんので、これについては今までの方法は一考の余地があります。これについてはレッスンにて先生の力を借りる他方法はなさそうです。
・ 常歩行進中の停座
 この科目については、前項と同様のことが云えますが、顔が地面より遠い分前項よりも条件は良さそうです。
・ 選択3科目については問題無さそうです。


 いずれにしろ、自主練で出来ることと云えば、

・ 脚側行進は、よく犬を見ながら行進すること。もし、集中が途切れた場合、又は途切れそうな場合は直ちに叱ること。
・ その場の伏臥は「一発フセ」は常に行うようにしておくこと。
・ 常歩行進中の伏臥と常歩行進中の停座は、
 ※1 5m点に至るまでの脚側行進中、少なくとも常に集中させておくこと。
 ※2 5m地点で命令してから、3~4歩で急に振り返って見て、指導手に集しているようなら、褒めて犬の許    に戻ってご褒美をやること。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:19 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.04/04(Thu)

今日も体調不良 

 今日は天気も非常によくて、過ごすには申し分ないような気象でした。

 しかし、私の体調は回復したとは云い難いような状態で、訓練はやらず終いでした。
3頭をトイレ散歩には何とか連れ出したのですが、それだけでやっと、と云った感じでした。
訓練を出来なかったのは、体調不良の所為もあるのですが、私の気力が萎えて来た所為もあるような気がしています。

 以前なら自主練したくて仕方なかったのですが、今ではそんな気分にはなれないようです。


 今日は午後から、ラヴィをシャンプー&リンスして、その後アランの胸毛を湯洗いしました。シャンプーしますとドライイングに時間がかかるのですが、湯洗いだけなら乾燥にそんなに時間がかからないので、完全な手抜きでした。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  18:38 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.04/03(Wed)

体調の快復状況 

 去る3月28日頃からの体調不良は、徐々にではありますが、昨日辺りから多少は気分が楽になって来たような感じです。

 一昨〃日クリニックに行ったのですが、風邪ならもう良くなる頃だし、原因は不明、と云う診断でした。今後各種検査をする道もありますが、どうしましますかと訊かれ、検査は断念して来ました。


 トラムセットの副作用か?と既述したのですが、その時期と風邪?等の症状が出た時期がちょうど一致したようです。軽い吐き気、頭が逆上せたような感じ、体温の調整不良、や食欲不振等の症状が出て、寝てばかりの数日でした。


 気分こそ最悪期を脱したのですが、まだ自主練するほどの気力はありません。幸いと云うか、外は雨降りであり、ここはゆっくりと静養を続けたいと思っています。

 4月28日のjkc本部競技会には一応申し込みをしたのですが、この有様では棄権乃至参加するにしても、オリンピック精神の「参加するだけ」に終わりそうです。
 






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:33 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |