新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2013年07月
2013.07/31(Wed)

アランの「infoseek」のHP下書きから・その9 

 旧HP(infoseekのHP)の2003年のメールを中心に載せたいとおもいます。


平成15年10月28日

 アランのケンネルコフと思われる症状は、起きがけと激しく動いた後に咳き込むようである。それ以外の時は動画を撮って動物病院に持って行こうとしているのだが、まず滅多にしないことが分かった。
 動画を一部だけ撮ったが、始めの部分に一回しか咳が出ていないので繰り返し聞かないと分からないと思います。アスピも同様の症状を呈しているのでこちらの動画を見ていただく方が分かるかと思います。


 この症状について、ランネエさん宅のランディ君(アランの両親の前胎の子、この子をブリーダーさんのHPで見て予約を入れた。この子がとても可愛かった。)の体験をBBSに載せてくれました。即ち、

「 ランディーも、以前に今のアスピくんの同じくらいからもう少し後まで同じようなセキをしてたんですよ。コンコンとは違うほんとカッカッカッ!って言うような、うちも風邪かなぁ?何か気管支の病気かなぁ、、って心配で病院に行ったんですよ。でも発熱もないしそうなる時がたいてい走り回った後が多いので気管支が弱いのかなって診断だったんですよ。先天性の病気の場合も勿論ありますが小型犬でまだ仔犬の頃は多いですよ、って言われました。
 その時は、薬はもらわずしばらく様子見にしといたんですがね。その後成長するに連れてそのような咳はしなくなって来ましたよ。」


と云うことでした。この場合、まだ気管支が未発達だったのでしょうか。

 唯アランの場合はアスピも同様の症状を示していますので、やはりケンネルコフでは無いかと思っています。
アランはペットシーツを咬み破って困っています。今まではユニチャームのデオシート(アスピもずっと使ってきた)を使っていたが、破いてボロボロにしてしまう始末である。昨日は花王のトイレセットを買って見たが昨日の内に穴をあけ、今日は「洗える便利シーツ」(レーヨンの不織布にビニールの裏打ち)
を買ってみたが、もう一カ所穴をあけている。


平成15年10月29日

 昨日、アランがペットシーツを咬み破って困っている旨を記載したが、その後、あるBBSで咬み破られぬ方法について述べられていた。
・ その1.はかじられないように金網を被せるという方法である。
・ その2.はペットシーツを洗濯ネットに入れてしまいイタズラできないようにしてし まう方法です。100円ショップに丁度ペットシーツとほぼ同じサイズがそろっています。その中にすっぽりとシーツを入れてしまってトレイの中に、はめ込みセットするという方法です。
・ その3.は通常のペットシーツの上に大きなTシャツをトレーの大きさに切って、トレーに挟むという方法です。
 その2.、その3.は実際にやってみて成功だったそうです。いずれもペットシーツの上を咬み破り難いもので覆うということです。早速我が家でも試して見たいと思っています。
 アランの体重は1.6kgになっていた。家内や娘が、アランが大きくなったと頻りにいうのですが、毎日見ているとそんな実感はありません。
 アランは7月21日生まれで10月29日で生後100日である。アスピに比べて体格も小柄であるし、まだ幼さが一杯である。









スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:08 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/30(Tue)

アランと似通った症状 

 昨日、弊ブログの「訪問者リスト」を見てみましたら新しい訪問者がありました。それを覗いて見ましたら、アランの今回の症状に似た事例の記載がありました。

 症状は、

・ ものすご~く、いっぱい水を飲みます。
・ それにともなっておしっこもいっぱいします。

ということでした。気になり、5月で9歳になったので健康検査をかねて病院へ行て来たということでした。

・ 体重:ちょっとやせ気味だけど数年変わらずOK。
・ エコー検査:形状的に問題なし。未去勢なのでタ○タ○もエコーで検査も異常なし。
・ 血液検査:GPT(肝臓)の値が少し高め。
・ その他は異常無し。

 多飲、多尿は糖尿病や腎障害等かもと心配していましたが特に異常は認められなかったということでした。


 アランの場合、5月29日にラヴィの歯科検査の序でに、アランの歯科検査と「多飲、多尿」の傾向を疑い「膀胱内エコー検査」と「尿検査」を受け、膀胱内の尿の中に無数の微細な結晶と雑菌の混在及びストルバイト結晶が認められました。

 アランも未去勢ですし、訓練しているのはアラン1頭だけなので、その差のよるものか、その他の原因があるのか、判断が出来ませんでした。

・ 多飲と云っても、感覚的にそう思っただけで、実際に飲んだ量を測定したわけではありませんでした。訓練から帰って飲む頻度が多いのではないか?と疑問を持った程度でした。
・ 多尿についても量を測定したわけではありません。アランは未去勢ですから、片足を上げてサッとして、その回数が多いのです。去勢している他の2頭は腰を落としてアランに比べると永い時間、一回当たり比較的多量します。


 このアランも7月12日の通院時の検査で完治が確認されました。犬は口を利かず、いつオシッコか、量はどの位か確認しづらいので、健康管理には苦労します。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:33 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/29(Mon)

アランの「infoseek」のHP下書きから・その7 

 旧HP(infoseekのHP)の2003年9月5日から9月末日までのメールを中心に載せたいとおもいます。

平成15年09月25日

 9月26日未明に次のメールをブリーダーさんから受け取った。

「アラン君ですが、今日はピュアの仔犬達のゲージに鼻を突っ込んで、
仔犬のおしりをクンクン、興味津々です。お母さんに30分程しつこく追いまわされて、厳しく躾られていました。あの後も少し走り回っていましたが、ゲージに入れるとさすがに疲れたのか、すぐ寝ていました。
椅子を齧る姿や、おもちゃを取り合う様子など、イッチョ前で、ほんの2ヶ月前に生まれてきたクセに、全く態度の大きい奴です。私がゲージの前に行くだけで、尻尾をブンブン振って寄ってきます。可愛らしい奴です。

 送犬の日ですが、それでは10月1日の水曜日、ANA28便 伊丹14:00発羽田15:05着にさせて頂きます。
 ただ、仔犬の体調を優先させて頂きますので、その日に下痢をしていたり、元気がないようでしたら、当日でも日を変更させて頂きますので、ご了承下さい。

 お迎えの日は、お水を用意してきて、飲まなくても一応あげてみて下さい。
仔犬ですから、飛行機の中でウンチをしてしまう事もあります。携帯用のウエットティッシュと、トイレシーツを持っていかれると便利だと思います。
トイレシーツは敷いていますが、汚れている場合は取り替えてあげて下さい。

家に到着されましたら、当日はゆっくりさせてやって下さい。
フードとお水をあげて下さい。お腹がすいていると思います。

カリカリフードに、スプーン1杯ぐらいの粉ミルクをかけて全体に粉ミルクがかかるようにして、ビオフェルミンも同じように全体にかけて下さい。
1回に半袋ぐらいかけて下さい(ビオフェルミン)

 当日は、アラン君のカゴの底の部分に手をあてて持ってやって下さい。そうすれば、少しでも揺れが少なくなりますので。

 そうそう、毛ぶきの件ですが、仔犬の時から、毛ぶきのいい子と、そうでもない子は違います。アスピちゃんは、仔犬の時はそうでもなかったそうですが、すごい毛量ですよね。
 アランもそこそこはいくと思いますが、アスピちゃんまではどうか・・・。お耳の毛は伸びると思います。」


平成15年09月29日

 去る28日にクリエイトランドのあのヒムカをハンドリングしてbig titleをものにした◯◯◯さんにアラン君の鑑定をして貰ったところ、次のメールが来ました。
 「昨日のアラン君の評価結果をお知らせします。

 アラン君は、ショークオリティーを満たした、ショータイプだそうです。◯◯◯さんが太鼓判を押してくれました。4匹生まれた中で、群を抜いてアラン君が一番いいそうです。
これからが楽しみな子だそうですよ。」と。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:06 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/28(Sun)

3頭の口の清浄化作戦 

 7月4日から朝食後デンタスプレー、昼食後デンタシュアージェル歯磨き、夕食後デンタスプレーそして就寝前デンタシュアージェル歯磨きを実施しています。毎日原則としてデンタスプレー及びデンタシュアージェル歯磨きを各2回のペースです。

 アランとラヴィは今回スケーリングしたので、変化は分かりませんが、アスピは前回3~4年前にスケーリングして以来今回はスケーリングしていないので、多少変化があるのではないかと思っています。

 下の前歯の奥に歯石が着いていたように記憶しているのですが、心なしかそれが小さくなっているような感じです。他の歯も多少綺麗になった感じですが、正確なところは次回検診まで分かりません。

 スプレーは口を開けさせてシューと噴霧すればよいので楽なのですが、ジェルで歯磨きするのに苦労しています。歯ブラシは特に小さな小型犬用で固さは柔らかめで、動物病院の院長がメーカーと共同開発したもののようです。
 歯の外側については上下とも比較的容易にやらせてくれます。上の内側については外側ほど簡単ではありません。が、何とかやらせてくれます。
 問題は下側に内側です。抵抗して舌で塞いでしまい、歯ブラシを入れるスペースが殆ど無いのです。差し込んだ歯ブラシでちょっと磨いたり、あるいは下の歯に当てて噛まして、しないより益しだと思ったりしています。


 8月上旬までの1ヶ月間は毎日デンタスプレーとデンタシュアージェル歯磨きを各2回行い、その後は各1回に減らした上に、ビルバックペーストかバイオティーンデンタルジェルを1回寝る前にやろうと考えています。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:26 |  しつけ  | CM(0) | Top↑
2013.07/27(Sat)

アランの「infoseek」のHP下書きから・その6 

 旧HP(infoseekのHP)の2003年9月5日から9月末日までのメールを中心に載せたいとおもいます。


平成15年09月23日

 9月22日深夜(日付の上では23日)、ブリーダーさんからメールが入った。
私の方が10月11日~15日の旅行中の犬の世話に目処がついたので送犬の予定日を早めて欲しい旨頼んでいたのだが、その回答とそれに付随した質問事項への回答であった。

 最後にアラン君の様子が述べられていました。
「アラン君は、今日もミウとずっと遊んでいました。ゲージから出てからも、母親のアンジュの躾から逃げまわり、ミウとプロレスをしていました。
 フローリングは足によくないので、布を敷いてあげているのですが、そこからはみ出して、フローリングの所ばかり行きます。
ミウが何をしても怒らない事で得意になって、同じように他のお姉ちゃん達にして行って、ギャフンと言わされていました。アラン君が、キャンとなくとアンジュが大慌てで間に入っていき、アラン君を守っている様子がほのぼのと微笑ましいです。こんな遊びの中で、どの程度の強さで噛むと相手が怒るのかとか、上下関係を学んでいきます。」


平成15年09月24日

 今朝未明にブリーダーさんからメールが来た。
「送犬の日ですが、それでは10月の1日、ANA28便 伊丹14:00発 羽田15:05着にさせて頂いて宜しいでしょうか?
3日~5日ぐらいは夜泣きをすると思います。一番良いのは、いっさい構わず、無視に徹する、これが一番です。かわいそうですが、一度相手になってしまうと、泣くと来て貰える、と思って次からも泣くようになります。どんなに泣いても、どうにもならないという事を覚えさす事が大切です。でもなかなか辛いですよねぇ、あの声をずっと聞き続けるのは・・・。
 サークルの横に寝てやったり、寝室にサークルを持ってきてやると人がいるのがわかり、安心するとは思います。完全に泣き止むかどうかは、その子によっても違います。
でも、そうするとずっとそうしないと、また泣き出す子もいますので、ご家庭の事情を考慮しながらされて下さい。

 仔犬の甘噛みは、加減っていうものがわかっていませんし、余計痛いです。だんだんと加減が出来ていくものですが、あまりにもひどい時は、きっちり叱らないといけません。

 アスピちゃんは、家具などを齧らない子だったのですね。いろんなタイプの子がいます。
うちもいろいろ個性があって、面白いですが、アラン君は、齧るタイプの子だと思います(汗)。
もうすでに、我が家で一生懸命齧っていますし・・・。
柱、家具、椅子の足、テーブルの下の部分、引き出しのつまみ、スリッパ・・・、とにかく何でもやってくれています。どうしても齧られたくないような所とか、コンセント等、危ないような物には、ビターアップルをかけておくようにするとか、予防策が大切です。

 アラン君は、ずっと前にもお知らせしましたように、とにかくヤンチャです。じっとしてませんし、好奇心旺盛ですし、活発です。
 アスピちゃんが、大人しいタイプだったのなら、戸惑い、ちょっと手をやかれるかも・・・しれないですね。でも、2才ぐらいになるとウソのようにいい子になりますので、しばらく頑張って下さい。

 28日の日曜日に、クリエイトさんに会いますので、その時に、アラン君を見て頂きます。
アラン君は、今ショーに出ている”あびる”の小さい時に似ているような気がします。」


 これに対して、私は次のメールを出した。

 クリエイトさんに見て貰う件、どんな鑑定結果になるのか楽しみです。◯◯◯さんは去年12月15日に東京big siteにヒムカ君に会いに行った時、私がヒムカ君を抱き家内がアスピを抱き、それに◯◯◯さんに入って貰い記念写真を撮りました。撮影して下さったのは広島のhikkoさんでした。でもこんな事は◯◯◯さんにとってはしょっちゅう有ることでしょうから、覚えていらっしゃらないと思います。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:46 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/26(Fri)

チョイレンの記 

 昨夕18時半頃は気温こそ26℃位でしたが、湿度が高くてじっとりと汗ばむ程でした。余り永い期間訓練をしないのも問題があるのではと思いチョイレンをすることにしました。


・ ヒモ付き脚側行進3種をしました。(集中の訓練
  その際、基本姿勢から集中させている姿勢を行進しだしてからも崩さないようにしました

・ 停座及び招呼(集中の訓練

* 停座で待たせ、離れて行って5m位離れた所で、振り向くことなく呼びをかけました
* 停座で待たせ、離れて行って7.5m位離れた所で、振り向くことなく呼びをかけました。
* 停座で待たせ、離れて行って10m位離れた所で、振り向くことなく呼びをかけました。
* 停座で待たせ、離れて行って10m位離れた所で、振り向き、間をおいて、肩を揺すって呼びをかけました。

・ ヒモ付きコの字型脚側行進
  jkcの要領通りにしました

・ 紐なしコの字型脚側行進
  同上

・ 停座及び招呼
  同上

・ 伏臥
  同上

・ 立止
  同上



 アランはこの1週間で2回目のチョイレンでしたが、ほぼ満足すべきパーフォーマンスだったと思っています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:35 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.07/25(Thu)

アランの「infoseek」のHP下書きから・その5 

 旧HP(infoseekのHP)の2003年9月5日から9月末日までのメールを中心に載せたいとおもいます。

平成15年09月05日

 母犬アンジュの三男坊を我が家に迎えることに決め、名前はAlain(アラン)に決めました。
 フルート奏者のAlain Marionから命名したものです。

 アスピの命名は、アスピの登録名が「PURE KANON JP NOZOMU」のNOZOMU(望)からASPIRE(熱望する)から、当初はASPIE(R)としていました。ところがASPIEはアスペルガー症候群のことを指しと分かり、急遽ASPI(アスピ)に変更しました。

 


平成15年09月16日

 大阪のブリーダーさんからのメールで、

「アラン君、なかなか男前になってきて、いい感じです。ショーでも行けそうな子になってきましたよ。もし、将来的に”少しでも”そのおつもりがあるのでしたら、お座りは教えないで下さいね。」

とありました。ところで、「お座り」を教えないでしつけの基本が出来るのだろうかと云う疑問が湧いて来ました。
 JKCのしつけ訓練試験は「停座」に始まり「停座」に終わるという位、どの課目もスタートは「停座」ですよね。ヒムカ君もCD-1に合格しているようですが、この「停座」の問題はどうしているのでしょうか。


平成15年09月19日

 今日、ブリーダーさんからメールが来た。アランは、ますます元気な様子で17日に予防接種に行って来たそうです。泣きわめくかと思いきや、以外にもとても静かで、おりこうさんであったこと、アランを見て、可愛いなあ~、言って下さり、ちょっと嬉しかったこと等が書かれていた。
又、

「アラン、と呼ぶと尻尾をフリフリ寄ってきますが、まだ名前は理解していません。どんな名前を呼んでも寄ってきます。ゲージの扉を開けると、出してもらえると思って、喜んで喜んで大変です。少しずつ部屋の中での運動時間を増やしています。」

とも書かれていました。もう少しで生後2ヶ月、普通なら新しい里親さんの所へ行く時期なのです。


平成15年09月21日

 昨夜(日付は今日)、ブリーダーさんからメールが来た。

「アランは、おもちゃをくわえて部屋中を走り回っています。最近は、ミウがアランの良い遊び相手で、アランの後ばかり付いて周り、母親のアンジュがそれを不愉快に思い、ミウに威嚇するのですが、全く構わず、まるで自分の子供のように舐める、躾る、遊んでやる、と面倒を見てくれています。
 アランをゲージに入れられましたら、ゲージの外からアランの顔を舐めたりしてあげているので、そんなに世話がやきたいのなら、と一緒にゲージに入れてやりました。長い間ゲージの中で2匹がジャレあって遊んでいました。アランがめちゃくちゃするのですが、全く怒らず、自分が下になってやって、本当にどこで覚えたのか、とてもおりこうな子守りさんです。」

とのことでその時の写真も添付されていました。

 又、

「朝、ゲージの扉に手をかけると、もう分かっていて、また飛び跳ねて喜びます。この子は、天真爛漫で少々きつく叱っても、またすぐに寄ってくる素直で明るい子です。シャイな子は叱る時にも神経を使いますが、こういう子は楽です。

 この子は、仔犬時代で今が一番愛らしく、可愛い時ではないかと思います。こんな可愛い時期をお手元に置いておかれなくて本当ですか?もう一生こんな時期は戻ってきませんよ?
 ワンちゃんは、生後3~4ヶ月ぐらいに幼児期の毛が抜け始めます。そして、ヤギのような体型のとても可愛いとは言いにくい4~6ヶ月の時期を迎えます。
 その後、また少しずつ毛が増えてフサフサになって、可愛くなっていくのですが、○○様のお宅に巣立っていく時に、このヤギのような時期に突入してなかったらいいのになあ・・・と思います。」

と書かれていました。

 特に、

「 この子は、仔犬時代で今が一番愛らしく、可愛い時ではないかと思います。こんな可愛い時期をお手元に置いておかれなくて本当ですか?もう一生こんな時期は戻ってきませんよ?」

と云われると飼い主としては何とも辛い立場です。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:23 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/25(Thu)

アスピの耳毛の今昔 

 アランは耳毛が伸びているのですが、昔はアスピもアランとは比べようもありませんが結構長い状態でした。

 短くなった一番の原因は、暴れん坊アランの喰いちぎりの被害だったようです。特に激しかったのはアランが来た当初から4~5才位の間だったでしょうか。食いちぎられ引き抜かれて、短く千切れしかも密度も疎らになりました。

 アランを飼い始める前のアスピの耳毛の状態です。





 一方、ごく最近撮った耳毛の状態です。アスピは年令13才の歳の所為で顔の輪郭がぼやけてきました。それでも元気一杯で、飼う方としては大変助かっています。
 最近は、3~4日毎にブラッシュアップコンディショナーのスプレーを使っています。これを使いますと毛の1本1本の滑りが良くて、毛が絡みにくく、毛玉が出来にくいようです。この所為かどうか分かりませんが、大分回復してきているのではないかと思っています。














テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:40 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/24(Wed)

アランの「infoseek」のHP下書きから・その3 

旧HP(infoseekのHP)のintroductionをコピペしてみました。


 その後メールを数多く交換したのですが、

・ 今回の子の中にショータイプがいるかどうかは判断がつき難いです。母犬は、毎回ショータイプを出しています。本気でショータイプとして売るつもりなら、せめて2ヶ月ぐらいまで、じっくり仔犬を手元において見極める必要があります。大切に可愛がって下さりそうなご家族とのご縁があれば、早い段階でも決定させて頂いております。

・ 総体的に見て、三男が身体の柄も理想的ですし、尾付けの位置も高く、長さもあります。
 首抜けも今のところよいように見えます。ブレーズも綺麗にセンターがでています。
でもこれは、私達の浅い経験からの見解です。従って、これまで仔犬を私達だけの見立てで、ショードックとしてお引渡しした事はありません。

・ オーナーハンドラーで楽しくハンドリングをして、それでよいのでしたら、母犬の今回の子でしたら、どの子でも恥ずかしくはないと思います。ただ、チャンピオンに仕上げるとなれば、話は別です。

・ もし、どうしてもショータイプを、と言う事でしたら、一度仔犬達を鑑定に送ってみるということは可能です。もうこのぐらいの月齢になると、それは可能です。

と言う経過を辿って9月5日に三男君を我が家に迎えることに決めました。


 三男君の名前の由来は、私は最近CDを借りて来て聴いているのですが、FLUTEの演奏に聴き惚れていました。
この時は、犬の名前を色々考えていた所でしたが、こんな名前がいいかな!と思う名前は皆女性名詞が多く、内々この名前にしようかなと思う名前が別に有りました。
 ところがFLUTEのAlain Marionの演奏を聴いて、あっこれだと思った次第です。
Alain Marionは名指揮者と共演する一方パリ、ジュネーブ音楽院教授を務めた有名な方のようです。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:34 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/23(Tue)

アランの「infoseek」のHP下書きから・その2 

 旧HP(infoseekのHP)のintroductionをコピペしてみました。

1. Infoseekの導入経緯

 今使っているHPはdionですが、これを今いくらの容量を使っているか、dionのソフトセンターに聞けばHPビルダーのIBMに聞けというし、IBMに聞くとプロバイダー(dion)に聞けとたらい回しにされている。dionは20MBを超過したら有料(50円/MB)だという事だから、今いくらの容量を喰っているか正確に掴んでいる筈なのに、いかにも不親切である。昔の公社時代の雰囲気を感じさせるものがある。

 こんなことが背景にあって無料のHPを検討するようになった。何処にするか、容量は、と多いに迷ったけれども、たとえば200MBで無料というのはいつ何時、契約を一方的に打ち切られるかも知れない不安が有った。
 そこで知り合いのTさんが、このinfoseekのHPを使っているというので、50MBの容量であるが、それだけの容量が有れば当分は使えるだろうと思って決めた訳です。申し込みから登録完了の通知まで、わずか1日、さすがITの時代である。


2. アランを飼うことになった経緯

 偶々時期を合わせて子犬を我が家で迎えることになった。たまたまと云っても子犬を迎えるのに合わして新規HPを開設したといった方が正しいのかも知れません。

 過去のメールの記録を誤って消去して仕舞ったため、正確な月日は不明ですが、確か3~4月頃に大阪のブリーダーさんに子犬の予約を入れていました。
 2003年の2月頃にこのブリーダーさんのHPを見ていましたら、可愛い子犬が載っていました。残念ながらその子は契約済みで、松戸に行ったそうです。そので、同じ掛け合わせで子犬が生まれたら是非ともとお願いしていました。

 仕様は、とにかくショータイプの子が欲しい、毛吹き、耳毛、ブレーズ等々申し上げたが、それに対して、そんなに3拍子も4拍子も揃った子は多分生まれないでしょう、要は何が譲れて何が譲れないか、その時になって判断してもらいましょうと云うことになった。
 それと、ショータイプが欲しいと云うことは、ショーに出陳するのですか、それともステータスとしてショータイプレベルのクォリティーの子が欲しいのですか、と問いかけられたことがありました。

 7月21日に子犬が生まれ、HOMEPAGEに公開される前に、ブリーダーさんからメールを頂きました。

・ 同じ掛け合わせで、前回の仔犬のような可愛い子が生まれたら・・・とおっしゃって頂いていましたので、ご連絡させて頂きます。HPには、近いうちにUPしようと思っています。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:13 |  ブログ  | CM(0) | Top↑
2013.07/23(Tue)

指導手が離れたときも指導手から目を放さない訓練・動画5態他 

 集中を養う停座について
 

 前半は古い外付けHDのファイルを読み返していて目に留まったものです。

 脚側行進中に犬がよそ見をせずにシッカリと人間の顔を見るように教えている方は多いと思いますが、「脚側+ある事」にも気をつけてトレーニングすると更に集中力が上がります。
ある事とは「スワレ」です。

 脚側行進、基本姿勢 の集中力を高めるのに大切な事は、トレーニングの時だけの「スワレ」で人間の顔を見る事を教えるのではなく、座っている時はよそ見をしないように教える事がポイントになるそうです。
座っている時はハンドラーを意識して集中 するように教えるのが犬にとってのシンプルで理解しやすいトレーニングになるのです。

 では、訓練士先生の話を聞く時や散歩中にご近所さんと出会い立ち話をする時など犬がウロチョロして困る時はどうすればいいのか・・・。それは『フセ』です。フセの時はよそ見をしてもOKなのだそうです。




  本日の主題の「 停座及び招呼」である、基本姿勢で待たせているときの、アランの挙動5態の動画を撮ってみました。


* 待たせて6~7歩離れたとき、振り返ることなく呼びをかけました。
* 待たせて10歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけました。
 これらは「15歩離れたとき」に代表されるので省略します。


* 待たせて15歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけました。




* 待たせて20歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけました。
  省略


* 待たせて20歩くらい離れ、振り返えり、犬と向き合って、肩を揺すりながら呼びをかけました。





 この延長として、指導手から目を放さないか確認するため、「据座」をやってみました。

 


 又、この訓練中の散歩の犬が通りかかりましたので、アランを集中さえてやり過ごしました。




 これらいずれも動画を見ても、今までの訓練がほぼ正しいと思われました。ただ、欲を言えば今一歩だと思われます。指導手に集中する訓練は今後も続けたいと思っています。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:47 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.07/22(Mon)

アランの「infoseek」のHP下書きから・その1 

 アランのプロフィールをコピペしてアップします。

 アランは、大阪の◯ケンネルのアンジュの子として、平成15年7月21日に生れました。
男の子3頭、女の子1頭の三男坊で父親は宮崎のブリーダーさんのWOODYSAM君です。

 WOODY SAM君は未だチャンピオンに仕上がってなかったのですが、その後、平成16年4月に同社のHPを見てみますと、SAM君はチャンピオンが取れたようです。

サム君

   父犬のWoody Sam君(クリエイト社の記載許可取得済み)


 母親アンジュの紹介です。

 アンジュは毎回ショータイプの子を出しています。生年月日は1998.10.31です。
母方の祖父、父方の曽祖父がdanny-key(アスピの祖父もDanny Keyなのです)。又、母方の曽祖父がchapau-claqueです

 とにかく抱っこ好きで、日に何度も抱っこねだって来て、アンジュ専用の抱っこ紐が欲しい位だそうです。

アンジュの写真


 母親の血を引いたのか、アランも抱っこ大好きです。とにかく甘え上手ですし、その上焼き餅焼きで、その事が飼い主としては可愛い限りです。耳毛が豊かで長いことは母親譲りかと思っています。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:47 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/21(Sun)

懐かしい写真-その1 

 ずっと以前にinfoseekにもホームページをアップしていました。所が、何ヶ月か更新しないと削除されてしまうことになり、今はもうアップされていません。

 私は過去2回外付けのハードディスクが毀れ、HDを買い換えました。以前にはオリンパスのカメラを使っていたのですが、そのソフトも消失し、その後カメラはキャノンとソニーに代えて今日に至っています。

 今回、ハードディスク中(外付けは2TB外3台)を探っていましたら、大変懐かしい写真が見つかりましたので、オリンパスカメラのお客様センターに電話して、ソフトのインストールと使い方を伝授していただきました。


 「その1」はアスピと今は亡き猫のアメちゃんが初期の頃には大変仲良しだったことです。アメちゃんは2012年6月29日生まれのアメショーでしたが、9才の1月9日に亡くなってしまいました。
犬と猫の仲良しぶりは最近他所様のブログでよく拝見するのですが、拙宅でもアランが来るまでは大変仲がよかったのです。7月2日生まれと6月29日生まれ、同い年の2匹だけの世界だったのか知れません。その後は、暴れん坊のアランの所為とアスピがよその家の飼い猫に顔を引っ掻かれてそれがトラウマになったのか、猫と相性が悪くなりました。

(ネコに引っかかれた事故についてはRead Moreをご覧下さい。)


アスピとアメちゃんの仲良し写真・画像 344


アスピとアメチャンの仲良し写真・画像 437


アスピとアメチャンの仲良し写真・画像 440


 上記3枚の写真から2匹の親密ぶりがお分かりになると思います。


 アスピはこの7月2日で満13才(人間に換算すると68才)になりました。今では毛並みも幾分みすぼらしくなりましたが、満1才の頃は毛吹きも毛づやもよくて、堂々とした感じでした。
 近くの水辺公園の遊歩道で撮った写真ですが、この2葉は特に気に入っているものです。

アスピ満1才の頃の写真・p13070101


アスピ満1才の写真・p13070103


 最後にアランを家の子に迎えた初日のことです。早速、来た早々にこの”暴れん坊”君は次女の腕を噛んでいるところです。
 この他にも懐かしい出来事がありますが、アランの幼少期の日誌は後刻アップしたいと思っています。

いたずらっこのアラン・画像 484


 まだまだ懐かしい写真が沢山ありますので、おいおいアップして行きたいと思っています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:20 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/20(Sat)

18日の朝 

 今日の朝は最近一番低いようで、6時の気温が19℃くらいでした。
昨日も低かったのですが、朝は23.5℃、最高気温が30℃位でした。

 
 18日の朝は曇っていてまだ涼しい気温のようでした。3頭は庭でトイレさせました。
7時ころから、アランを連れだしチョイレンしました。

 チョイレンに先立って、集中の細部を訓練しました。

 アランは基本姿勢のときは指導手を見上げているのですが、アトヘ!で発進した瞬間に顔を正面に向けて、すぐに又見上げることに気づきました。
 以前習っていたT所長から「見上げたり、見上げなかったりすることは集中していないように見える。それなら、いっそ正面を向きっぱなしの方がよい。」という説を聞いたことがありました。

 それが頭に有ったので、常時指導手を見上げ続けるように矯正しようと思いました。
アトヘ!とコマンドし、一瞬前を向いたときには、イケナイ!と云い、軽いショックをかけましたら、2~3回で治りました。そこで1回毎に褒めてご褒美をあげました。
 その後の見上げる姿は心なしか以前よりも、凛々しくて、活気があるように見えました。


 その後は、

・ ヒモ付き脚側行進4種
・ 停座及び招呼の変形3種+本来の停座及び招呼
・ 伏臥
・ 立止
  立止をさせるときには、軽くフセ→スワレをさせた後、タッテ!を命令するようにしています。



 気温は昨日と同じ位でしたが、ほんのちょっと蒸すような感じでした。でも訓練では汗が出るほどではありませんでした。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:18 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.07/19(Fri)

17日は 

 17日の朝も昨日に引き続いて大変涼しい朝でした。でも残念ながら小雨が降っていました。小雨の中3頭を1頭づつ庭でトイレさせて、アランの訓練はナシにしました。


 午後からは16時ころ小雨がポツポツと降っていましたが、3頭を庭でトイレをさせました。そして18時ころからいつもの駐車場に3頭別々にトイレ散歩に出た後、あらためてアランだけ訓練に連れ出しました。


 訓練はチョイレン程度で、cd-Ⅱの必須5科目をしました。その内に雨の勢いが若干強くなりましたので切り上げました。

・ ヒモ付きコの字型脚側行進

・ 紐なしコの字型脚側行進

・ 停座及び招呼
* 待たせて10歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけ、走って来る気配を感じたら褒め言葉をかけました。

* 待たせて15歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけ、走って来る気配を感じたら褒め言葉をかけました。

* 待たせて20歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけ、走って来る気配を感じたら褒め言葉をかけました。

* 待たせて20歩くらい離れ、振り返えり、犬と向き合って、肩を揺すりながら呼びをかけました。犬が2~3mに近づいたとき、左爪先を開いて直接停座する間際に閉じました。

 今ではこの訓練の趣旨を理解したかの様に、コイ!の声に敏感に反応するようになって来ました。但し、散歩犬が至近距離に居る場合にはまだ経験したことはありません。


・ 伏臥
・ 立止
  フセ→スワレ→タッテの順で、まずフセをさせてからタッテをさせました。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:25 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.07/18(Thu)

16日朝の自主練・チョイレンのつもりが 

 16日の朝4時50分頃、庭に出てみると大変涼しいのです。大気が清々しい冷涼な感じでした。こんな時間に起きたのは今年初めてです。昨夕、3頭を散歩に連れ出したときも弱い北東よりの風が吹いていて涼しかったです。
16日朝の天気予報によりますと、関東、東北地方等ではオホーツク高気圧からの冷気の所為で,最高気温も30℃位に納まるそうです。
 玄関先まで行って寒暖計を見ましたら、22℃を指していました。


 こんな気温のときを無駄にしたくない、と、6時ころからアランを連れ出して訓練しました。

 訓練を始める前と訓練中に、散歩の人5組+犬とペアーの散歩4組が向こうから来るのが見えました。いずれも30~40m向こうから来るのが見えたので、基本姿勢を取らせ、通り過ぎるまで指導手を見上げ続けさせました。通り過ぎたところで、褒めてご褒美をあげました。


・ ヒモ付き脚側行進、4種類(集中及び脚側位置の訓練)


・ 停座及び招呼(集中の訓練)

* 待たせて10歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけ、走って来る気配を感じたら褒め言葉をかけました。

* 待たせて15歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけ、走って来る気配を感じたら褒め言葉をかけました。

* 待たせて20歩くらい離れたとき、振り返ることなく呼びをかけ、走って来る気配を感じたら褒め言葉をかけました。

* 待たせて20歩くらい離れ、振り返えり、犬と向き合って、肩を揺すりながら呼びをかけました。犬が2~3mに近づいたとき、左爪先を開いて直接停座する間際に閉じました。


・ 伏臥
・ 立止

・ 常歩行進中の伏臥
  コマンドへの即応性の向上を目指しています。

・ 常歩行進中の停座
  同上。

・ 股くぐり歩き

・ 8の字股くぐり

・ 常歩行進中の伏臥及び招呼

・ 立止
  春のjkc本部大会の理事長戦で失敗した「立止」の練習をしました。



 久し振りで場所を変えて、jkcの要領通りに2科目だけやってみました。
 
・ ヒモ付きコの字型脚側行進
  jkcの訓練要領通りで練習してみました。

・ 紐なしコの字型脚側行進
  jkcの訓練要領通りで練習してみました。


 これだけやっても汗が出ませんでしたので、気温及び湿度とも訓練には快適だったようです。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:57 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.07/17(Wed)

15日、アランのチョイレン 

 15日の朝6時頃からアランを、チョイレンしました。こう暑いと訓練をする気にもならないところですが、余り欠かすと「詳細部に不備」が出そうな不安に襲われますし、改善は望めなくても現状維持程度は確保したいと思って、萎える心にむち打って、訓練することにしました。

 最近の我が家は、猫の額ほどの庭でオシッコとウンチをさせています。こんな方法でやり出してから2週間位になるのですが、この方法ですと極めて簡便なのです。
 まず、ラヴィから始めて、終わったら傍の外水栓で足を洗って室内に放し、次の2頭も同じような手順で行えば良いのです。
 3頭が終わったら散水ホースで水撒きをして洗い流せば終わりです。動線が極めて短くて済み、短時間で終わります。ただ、本来の散歩にはならないのが欠点ですが、それでも3頭は喜んでいます。


 近くの駐車場に行く場合、3頭一遍は無理ですので、距離は50m位とは云え2回行かなければなりません。その上、2頭の場合は家に帰って1頭を待たせて1頭を浴場に連れて行って足を洗ってやる手間が邪魔くさくなっていました。


 庭でのトイレが終わった後、アランを連れ出して福祉会館下の道路に行ってチョイレンをしました。時間は
13‘22“でした。

・ 訓練を始める前及び訓練中に別々に4組の人が散歩で通りかかりました。
  いずれも30~40m向こうから来るのが見えたので、基本姿勢を取らせ、通り過ぎるまで指導手を見上げ続けさせました。通り過ぎたところで、褒めてご褒美をあげました。

・ 4種類の脚側行進で、指導手を見上げ続けること、と脚側位置が出気味にならない件を訓練しましたが、ほぼ期待通りでした。

・ 停座及び招呼で、待っている間も指導手をじっと見つめ続ける訓練
* 待たせて離れ、10歩くらい進んだところで、振り向くことなく、コイ!と呼びをかけ、走って来る気配に褒めの言葉をかけました。

* 待たせて離れ、15歩くらい進んだところで、振り向くことなく、コイ!と呼びをかけ、走って来る気配に褒めの言葉をかけました。

* 待たせて離れ、20歩進んだところで、振り向くことなく、コイ!と呼びをかけ、走って来る気配に褒めの言葉をかけました。

 このやり方で、指導手が離れて行ったときに果たして指導手の方を“注視し続けているか”どうか確認するため、次回は待っている様子を動画に撮ってみたいと思っています。


・ 本来の停座及び招呼の訓練
  待たせて離れ、20歩進んだところで、振り返り、肩を揺すってコイ!と呼びをかけ、左爪先を左に開いて、直接停座に入るときに閉じました。


・ 伏臥
  一発フセは常態化しました。

・ 立止
  前足の位置を変えずに立つ練習でした。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:07 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2013.07/16(Tue)

アランのPHコントロール食の記 

 12日から動物病院から貰って来たサンプルを食べさせて便の状態をみています。

 まず、最初は「Specific CCD低PHスタート&メンテ」(原産国スェーデン)から始めました。これを最初に持ってきたのは、サンプル量が100gと多かったからでした。
 最初はHill‘sのW/Dとの比率を50:50にし、食いつきが意外に良かったので次回は100%に上げてみました。ところが、100%にしましたら、下痢に近い軟便になりました。それで再び50%に戻しましたら、辛うじて形を留める便になりました。
その後100%は試していません。


 次はHill‘s Prescription Diet C/D(ストルバイト尿石症の食事療法用)50gを試しました。これも食いつきは良かったです。50%から始めて、現在75%まで上げたのですが、便は変わらないようです。


 残った一品はRoyal CaninのPHコントロール(UNINARY S/0)がこれは30gしか無いので食いつきだけのお試しだけになりました。
 15日の夕食は15g/24g、比率にして62.5%にして食べさせましたが、食いつきは十分でした。又、16日朝のウンチの固さは正常でした。










テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:26 |  食事  | CM(0) | Top↑
2013.07/15(Mon)

3頭の歯磨き 

 従来からのVirbac歯磨きペースト、バイオティーンデンタルジェルに加えて、6月29日からはデンタシュアー・スプレーと同ジェルを使っています。

 具体的には、毎食後に、スプレーをシュッとかけて、あとは寝る前にジェルをコットンにつけて、指で磨いています。

 スプレーは使用開始してから一ヶ月程度は一日2回直接歯と歯茎に塗布するようです。
その後は様子を見ながら一日1回の塗布を継続するようです。
 主成分はグレープフルーツ種からの抽出物、葡萄種からの抽出物及びプロポリス抽出物となっています。100%天然成分で作られたアルコールフリーのペット用マウスケアーの様です。


 デンタシュアー・ジェルも使用開始してから一ヶ月程度は一日2回直接歯と歯茎に塗布するようです。その後は様子を見ながら一日1回の塗布を継続するようです。
 主成分はグレープフルーツ種からの抽出物、葡萄種からの抽出物及びプロポリス抽出物等でスプレーと同じです。従って、100%天然成分で作られたアルコールフリーのペット用マウスケアーの様です。


 今は、寝る前にバイオティーン又はデンタシュアー・ジェルをコットンにつけて、指で磨いたり、歯ブラシで磨いたりしています。


 ただ、歯一本一本磨くのは中々難しい状態です。特に、奥歯の方が見えず手探り状態ですし、下側の歯は舌が邪魔になって十分には出来ない現状です。


 しかし、今の状態を続けて見て、3~4ヶ月後に検診に行って、その結果次第で次を考えたいと思っています。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:29 |  しつけ  | CM(0) | Top↑
2013.07/14(Sun)

ちょいとチョイレン 

 毎日アツイアツイと云いながら過ごしています。こう毎日35℃近くの最高気温が続きますと、それこそ全身が茹で上がってしまいそうです。


 昨日の朝、薄曇りでしたので、勇気を振り絞って、福祉会館下の道で自主練(チョイレン)をしました。前回からは1週間以上の空きでした。

 訓練を始めようと基本姿勢を取らせているときに、向こうからサモエド(3才のオス)を外人のご婦人が曳いて来ていました。そこで指導手に集中させてやり過ごすことにしました。
 指導手も相手を見るようでは集中していないことになりますが、それでも軽く会釈してやり過ごしました。
アランはしばらく振りの訓練で、指導手には集中しきれてなかった感じでした。白人のスタイルの良い人が真っ白な大型犬を曳いているのですから、見とれていたい気持ちになるのは人、犬共共通かなと思ったりしています。
 このペアーとは、今まで夕方には合ったことはありますが、朝方に合ったのは初めてでした。


 訓練は、いつものようにヒモ付き脚側行進4種類(集中と脚側の位置)から始めました。

・ 常歩30歩往復行進
・ 往路常歩復路速歩行進
・ 速歩往復行進
・ 往路40歩常歩行進、復路10歩常歩10歩速歩10歩緩歩10歩常歩行進


 次に停座及び招呼を行いました。

・ 待たせて離れ、20歩進んだところで、振り返り、肩を揺すってコイ!と呼びをかけ、2~3mに近づいたところで、左爪先を開いてから又閉じました。


 次に、その場の伏臥(一発フセ)とその場の立止(前足を動かさずに立つ)をやりました。


 この場所は東側に山が迫り、高い木がありますが、太陽が相当高い位置にありました。もっと日の当たらない場所をと思い、あざみ苑(特養老人ホーム)の裏の方の道路に行きました。ここは北側に山が迫り、木々が道路の上に張り出しており、完全に陽を遮ってくれているのです。

 ここでは、停座及び招呼で指導手が離れても、犬が指導手から目を放さない訓練をしました。

・ 待たせて離れ、10歩くらい進んだところで、振り向くことなく、コイ!と呼びをかけました。
・ 待たせて離れ、15歩くらい進んだところで、振り向くことなく、コイ!と呼びをかけました。
・ これらを複数回繰り返しやりました。

 ここは比較的涼しい(陽の当たる所よりは)のは確かですが、時々車の通行があるのが難点でした。車が来る度に訓練を中断してアランを抱きかかえなければなりませんでした。訓練を終えたときには汗びっしょりになっていました。









【編集】 |  07:51 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2013.07/13(Sat)

猛暑に寄せて・昔の思い出 

 毎日記録的な猛暑に日が続いています。こう暑いと犬の訓練どころではありません。エアーコンの利いた部屋から一歩も出られない感じです。

 この暑さで昔のことを思い出しました。

 現役時代大阪勤務のとき紀東地方によく磯釣りに行きました。渡船で沖磯に渡して貰ったり、地磯ですが干潮のときにしか渡れず、次の干潮まで帰ってこられないところにも行きました。
 磯ですから日陰一つないし、釣れないのに、炎天の中、将に人間のイリコが出来るような思いでした。それと一昨年の東日本大震災で思い起こしたのですが、沖磯等で津波が来ていたら命は無かったことと思い、今になって思い出しても恐怖を感じます。

 人間は、危険なことは自分の身には降りかからないと思い込む習性があるのでないかと思っています。交通災害でもそういうことが云えると思います。
 犬の競技会が行われる会場は海に比較的近い河川敷で行われます。江戸川緑地公園や平塚総合運動公園ですが、ここに集まっているときに南海大地震が起こるとまずoutのことでしょう。

 大阪の前は福島県のいわき地方に勤務していました。
ここでは港の沖に拡がっている沖防(渡船で7~8分かかる沖の防波堤)に夜釣りによく行きました。防波堤は水面から4~5m出て(幅は4m位)いるのですが、直下の堤際を狙ってチヌを釣るのです。いわゆる”ふかし釣り”というのでしょうか。小さな錘を付けて、手先に伝わる微妙なアタリを待ち、防波堤を探って行くのです。
大きなものは釣れませんが、7~8寸のものが釣れました。
 しかし、夜のことでもあり、人目もなく、大波が来て足許をすくわれるとひとたまりもありません。うねりが来て例え10~15cmの深さで堤頂が洗われたりしますと、足を掬われさらわれることは確実だと思います。
 一度はこんなこともありました。湾内が時化気味でしたが、渡船は渡れるということで、沖防に渡ったのですが、沖の方からはうねりの連続でした。うねりは盛り上がってザーッと時どき堤頂を超えて来ていました。怖くなってコンクリートから出ている鉄筋に捉まって、次の渡船が来るのを待って、早々に逃げ帰ったこともありました。

 昔、三光汽船所属の空光丸がソ連から木材を積んで、台風の通過で沖待ちをしていたのですが、錨が切れて流され、この沖防に座礁転覆し、多くの人名が失われたことがありました。数日間は行方不明者の捜索でヘリコプターが飛び回り、無数の大木が岸に漂着したのでした。
 しばらく経ってから沖防に渡ったのですが、真っ暗な海から魔の手が伸び吸い込まれるようななんと表現してよいか分からない程の怖さを覚えたことも、今となっては(懐かしい?)思い出される光景です。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:14 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/12(Fri)

アラン通院の記 

 昨朝は、アランの膀胱内異常検査用の尿の採取をしました。アスピとラヴィは去勢しているので、半ば座ったように腰を落としてオシッコをしますが、アランは未去勢のため、片足を上げてオシッコをします。短時間に、分けてしますので、長毛種である点と相まって、オシッコの出る位置に的確に容器で受けるのが難しいのです。

 尿検査の結果は、PH6、菌&赤血球&ストルバイト結晶NDということで、膀胱内に異常は無く、炎症は完治しているということでした。
 今後のストルバイトの析出防止のために、3種類のフーズサンプルを貰ってきました。
今食べさせているヒルズW/Dはアランの好みですが、切り替えても良いかなと思っています。


 早速Specific CCD(低PHスタート&メンテ)というスウェーデン原産のフーヅを昼食から7g:W/D16gから与え始めました。100%でも食いつきは良好の感じです。
 アランは結晶の溶解のための缶詰を食べずに苦労しましたし、W/Dをお湯でふやかしたものも全く食べませんでした。結局W/Dをハンマーで潰して粉状にしましたら食べてくれました。こんな経験から食いつきを心配したのです。
 後、Royal Canin PHコントロールとHillsのC/Dも試してみるつもりです。




 全身の触診と腔内の目診の結果も異常なしでした。腔内の点検は3~5ヶ月毎に定期検診を受けるように助言されました。
 歯磨きについては、歯ブラシにペーストを付けて表裏とも入念にマッサージするように指示されましたが、この歯ブラシでというところが難点なのです。指では感触で歯の様子が分かりますが、歯ブラシだと全く手探り状態なのです。指にガーゼを巻いてやればよいともいわれたのですが、小型犬では口が小さいこと、その上歯磨きを嫌がるので全く困ったものです。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:45 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2013.07/11(Thu)

歯科専門医院 

 7月4日から自主練を全くやらなくなって1週間が経ちました。その間梅雨も明けて猛暑の日々が到来しています。そろそろ涼しい頃合いを見計らって訓練を再開したいと思っています。

 アランの膀胱内異常の投薬も8日で終わり、院長が在院している今日11日に通院します。

 アラン及びラヴィの歯科専門医院への通院についての弊ブログに、ある方からコメントで新情報をいただきました。

 その方の愛犬も、同じ所に通院して手術を受けたそうですが、3頭の内の別の犬は日大松戸歯科の 動物センターを受診したそうでした。こちらでは口の中を触っても噛んだりしない犬は無麻酔歯石除去も出来るそうです。
歯周病にならないように歯ミガキしても、なかなか十分には出来ず、そうかと云って犬の歯石除去は麻酔をかけないとできないということですし、歯石除去するとそのあともケアーしないと歯石が付きやすくなるようです。
そうすると嫌がらずに口の中を触らせるようなしつけが非常に大事になってくるようです。

 松戸の方は、紹介状も要らず、予約をするだけでよいようなので、今度足を運んでみようと思っています。

 犬は3日で歯石(歯垢?)が着くようですので、最低6ヶ月位毎の通院が望ましいのかも知れません。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:30 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2013.07/10(Wed)

一般の人には分からないこと 

 過日、夕方アランをチョイレンしていましたら、ラブのモナちゃんのママが通りかかりました。モナママはパピーウォカーとしてはベテランですが、今はそれを辞めて、モナちゃんを飼っています。

 ちょうど「停座及び招呼」をしているときだったのですが、離れて行って振り返って見ましたら、アランはママさんの膝に伸び上がって甘えているのです。
 知らない方の場合でしたら、「今訓練中ですから、犬にチョッカイを出さないで下さい」と云うところですが、相手がモナママですから、黙認しました。

 モナちゃんはメスですが、比較的会う機会が多いこともあって、アランが大好きな犬の一頭です。そしてママさんにも大変懐いています。
 アランは、昔はこんな風に懐く人は皆無でした。散歩のときに会う度に、このモナママさんともう1頭リク君のママにはやさしく声をかけていただき、手元に呼んで撫でて貰っている内に、最近は自分から近づいていくようになりました。


 そんなママから云われました、「よく飽きずにやれるわね。もう十分じゃーないのー!」


 これは競技会に出ている人でないと多分分からないことだと思うのですが、同じようなことをやっているように見えても、もっと敏捷性を向上したいとか、脚側停座をもっと素速くしたとか、いつでももっと方向を正しくとか、もっと切れをよくしたい、という類の願望を常に持っていて、それを維持することは勿論、より向上させたいと思って訓練している(つもり?)のです。

 競技会に出ていない人にとっては同じように見える訓練でも、出している当事者にとってはしっかりとした目標を持って取り組んでいる(つもり?)なのです。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:06 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/09(Tue)

「褒めること」について 

 競技会に出た時に、日頃の成果が出なかったことが残念なことの方が多かったように思います。自主練ではあんなに出来るのに、と指導手のテンションが最低になったことが度々ありました。それでも、犬は一生懸命やっていた、と訓練仲間に云われたことがありました。


 「褒める」こと、従来は、意識しているときには褒めていたのですが、意識しなくても褒めれるようにならなければいけないのかも知れません。犬があることをやって、褒めるときもあれば褒めないこともあるようでは、犬にとっては、喜んで楽しく動作する雰囲気が出てこないのかも知れません。「ソウソウソウ~」と褒めて、「身体を撫でてやる」、ただそれだけのことがなかなかできません。


 食事、歯磨き、トイレや自主練、いろんな場面があります。


 自主練のときに、「褒める」ことはとっても重要です。犬のやる気も引き出すことが出来るになると思います。「褒めるタイミング」が特に重要です。一般に「犬がその動作をし始めようとする瞬間に褒め言葉をかける」べきと云われています。

 女性に比べて男性は褒めるのが苦手と云われています。

 慣れてくると一般的に「注意」や「指摘」は上手くなりますが、褒めベタかも知れません。「出来て当たり前」みたいな態度で過ごすのは犬の訓練にとっては、絶対に避ける必要があるようです。
いつもちょっとした事でも褒めていると、それが自然と身について、褒めるのが上手になってくるし、タイミングもわかってきて、気が付いたらガミガミ言わなくても意思の疎通ができるようになるのではと思っています。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:08 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/08(Mon)

競技中の犬のテンション 

 服従の競技に取り組む上で、犬のテンションが低い場合には、競技に入ってからではテンションを上げるのは非常に難しいと思っています。

 どんなにリンクの外でテンションが高くても、犬が勝手にテンションを上げ下げしている限り、リンクの中では“出たとこ勝負”になって上がらないことが多いようです。
では、どうしたら指導手がコントロールできる大変難しいところです。

 仄聞するところによりますと、昨日良かったことが、今日はダメということを極力なくすことだと云う方がいるようです。常に同じ状態を求め続けることで、その行動が定着して来、そして自信が生まれる、一つ一つの作業に自信を持たせることだとも云われています。

 訓練だけでなく、犬が自分に対して「自信が持てる」ようにすることこそ重要だと思っています。
でもいうは易くどうしたらそう出来るかなかなか難しいところです。







テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:21 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/07(Sun)

集中とよそ見 

 犬の「集中」をどのように訓練するか、今でも可成り十分と思われるのですが、今一つ上を目指したいと思っています。
 よそ見をしたりしているときには「アッ!」と声をかけたり、誘導したり、又は最初からよそ見をさせずこちらに注目させようと思っています。

 指導手から目を放さない訓練として、「停座及び招呼」の場合等にて、離れて行く途中で、犬の方を振り向かないで呼びをかけています。この狙いは、いつ呼ばれるかと期待して指導手から目を放さないことを期待しているのです。

 よそ見をするようなら、ヒモ付きにしてリードでショックを入れたりしています。でもこのショックを入れるタイミングが意外に難しいです。離れた場合にはリードは使えませんので余計難しくなります。

 基本姿勢を取らせて、すぐ脇を他の犬が通りすぎたりしますと、アランは頭の位置こそ変えませんが、そちらの方を見ようとして目玉が動くことがあります。聞くところによりますと、厳しい訓練士の場合は目玉が動くことも厳禁だという事のようです。
 アランの場合も目玉が動いた場合には、「イケナイ!」と叱責の声をかけ、リードで軽くショックをかけるようにしています。

 そこまでして何故集中させたいかと言うと、やはりよそ見をしたり、匂いを嗅いだりすることは、他の動作が良い場合には妙に目立ってくるのではないかと思っています。

 アランの動作が並み以上に良いと、その分余計にほんの少々良くない部分があるとそれが非常に目立ってくるのだと思っています。

 よそ見やチラ見は、気持ちがあと一歩、集中できていない所為のようで、この矯正訓練を集中的にやっているところです。






テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:44 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/06(Sat)

競技会に出る意味について 

 私は、競技会は日頃の自主練が正しかったのかどうかを判定する場だと思っています。
私は、よい「結果」を得たいがために日常の訓練を積み重ねているのも事実です。

 競技会に出ていると、成績を手に入れるために犬に過度の期待をして追いつめているんじゃないかと批判されることもあると思っています。
 普通に生活するのに必要じゃない事まで強要する意味が無いのでは、そんな批判を受けとめてきて、それでも、競技を続けているのは、得るものが大きいからだろう。

 何を得ているかというと、犬との心の一体感みたいなもの、言葉を話さない彼らとの心の対話だろうか。

 巧くは表現出来ませんけれど、人と犬との対話のような感覚が生まれるのだと思います。
人それぞれ価値観は違いますが、その価値観を人に押し付けるつもりはなくて、私は私の価値観でこの訓練を行ったり、又競技会に出ています。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:35 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/05(Fri)

家庭犬(コンパニオンドッグ)と競技会 

 一昨日、昨日は訓練をやる気が全く湧いて来ず、気乗りがしなくて、朝も夕もやらずじまいになってしまいました。訓練は人も犬も楽しくやれなければ意味が無いと思っています。



 競技会に出ている方の殆んどの方は、普通の飼い主さんであり、お宅では極く極く普通の家庭犬として飼われていることと思っています。拙宅でも同室内で自由にさせ、非常に密な接触をした生活をしています。

 訓練競技会に出す場合には、普段生活している場とは隔離した「ケージの中で飼う」方が外に出した時のパワーと人への執着が強くなるような話を聞いたことがありますが、真偽のほどは分かりません。

 競技をしている一般飼い主が犬を「ケージで管理」するということは「家庭犬」の範疇を超えているように思えてなりません。そうすることは訓練所でそれなりの目的のために理に適っているかも知れません。が、一般家庭で同じことをするということは、家庭犬を飼うことによる愛情のふれ合い、や飼うことによる癒し等を放棄したことにもなるとも思っています。

 又、アランのような活発な子をそんな飼い方をしますと、ケージから出したとき犬のパワーを受け止めきれない気も致します。

 訓練競技会では、正確なパフォーマンスで、家庭犬らしく愛情に満ちている表現力で演技することは、ある面では家庭犬として密接にかかわることからも生まれてくるのではと思ったりしています。








テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:58 |  その他  | CM(0) | Top↑
2013.07/04(Thu)

7月2日の朝練 

 2日の朝も6時15分頃から朝食前に訓練に出かけました。晴天で日が射して木陰で訓練しないと暑い状態でした。今週の末辺りには猛暑になるという予報ですが、猛暑の場合は、訓練はナシにせざるを得ないかも知れません。

 福祉会館下の車の通りの少ない脇道(東側が丘で高木もあり日を遮る)での訓練となりました。


 訓練は、紐付き脚側行進等4種とcd-Ⅱ・10科目でした。内容は前回と略同様です。


 この朝は訓練中に2頭がそれぞれ別に歩いて来るのが見えましたので、脚側停座させて指導手を見上げさせてやり過ごしました。概ね良く出来ましたので褒めてご褒美をやりました。


 帰り道で、ラブのランド君と久し振りに出会い、飼い主の奥様にはアランは吠えることなく近づきていましたが、ランド君の方がもっと良い見たいでした。大型犬のランド君には怖がることなく近づき、且つお尻の臭いには執着心を持っていました。

 ラヴィはどんな犬でも近づいていきますが、アスピとアランは対人対犬とも選り好みが激しいようです。その中でもアランはアスピよりはましです。アスピは最初から腰が引けて逃げにかかっています。3頭3様それぞれ個体差が有り、ある面では面白いものがあります。









テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:56 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT