新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2014年10月
2014.10/31(Fri)

新ストーカー・くっつき虫のアラン 


 いよいよ今日で10月も終わりです。年賀状の販売も始まったようです。

 アランはアスピに変わって、新ストーカー・くっつき虫になってしまったようです。
私がリビングでコタツに入って読書等をしていますと、隣の一角の上掛けで静かに寝ていますが、隣の部屋(私のPCが置いてある部屋)に、気づかれないようにそっと出て行った場合でも、気が付けばカドラーにアランが入って休んでいる実情です。
 風呂に入るときも、トイレに入るときにも、私に付いて来ようとします。それはそれで可愛いと思う反面、ちょっと鬱陶しい気持ちです。









 毛を刈られずに済んだシッポは房々として、下半身全体を覆っているような感じです。しかし、この写真からは分かりませんが、エプロン部は十分な毛吹きはあるのですが、前足の付け根辺りの体毛はまだ十分に伸びきっていないのです。








スポンサーサイト
【編集】 |  11:12 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2014.10/30(Thu)

ラヴィ外泊9日目・連れ吠え 


 ラヴィは10月22日に次女の家に泊まり始めて今日で9日になります。
今まではラヴィは温厚でアランとは性格が違うため、両者の関係は無に等しいのではないかと思っていたのですが、引き離してみますと影響は大でした。

 ラヴィを残して次女の家を去るとき、いつまでも玄関にいて、外の方を見ていたそうです。そして、クレートに入ってばかり居たそうです。やはり独りぼっちになって寂しかったようです。当然のこととして、その後2~3日は食欲もなかったようです。

 一方アランも同様でした。独り寂しく伏せていることが多くなりましたし、連れ吠えがなくなりました。今までは門扉の音や玄関の音、室内で異音が聞こえたときには連れ吠えしていました。ラヴィが家に居るときには気づかなかったのですが、まずラヴィが吠えて、その吠え声に釣られてアランも吠えていたようです。


 一昨日、次女の家に立ち寄りましたら、ラヴィは少し慣れたようで元気にしていました。アランも連れて行ったのですが、2頭は元気にふざけあっていました。私にも激しく親愛の情を示してくれたと思っています。

 ワイフは次女の旦那に悪いからそろそろ引き上げようというのですが、私としては両家どちらに住んでもよいようにしたらよいのではないかと思っています。







【編集】 |  10:19 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2014.10/29(Wed)

北国には雪の便りが 


 10月も2~3日を残すのみとなってまいりました。

 一昨日は東京で“木枯らし一号”が吹いたそうで、当地でも夜間強い風が吹いたようです。“ようです”と伝聞形式で云ったのは、私は寝込んでいて気が付かなかったからなのです。

 昨日は北海道で雪が降ったそうですし、八甲田や酸ヶ湯でも初雪を見たそうです。当地は日中の気温こそ高いものの朝晩は大変冷え込むようになってきました。ワイフが昨夕秋田から帰って来たのですが、向こうの気温は物凄く寒かったそうで、風邪をひいたようです。
 ニュースではこの冬は暖冬とか、暖冬のときは雪が多いそうですから、これからの本格的な冬が思いやられます。しかし、気象庁の長期予報はまず当たらないのが相場かも知れません。

 昨日はスクールガードの日でした。
 雑談で、麻雀、グランドゴルフやカラオケが脳の老化防止によいという話から、カラオケ(私は苦手)の話しから、“ベサメムーチョ”はどんな意味かという話しになりました。が意味までは3人ともわかりませんでした。昔の歌でメキシコのグループがこの歌で有名だったのを覚えていますが、その意味は調べてみたこともありませんでした。

 netで検索してみますと、スペイン語でBésame mucho、その意味は“私にたくさんキスをして”だそうです。普段このように何気なく使っていた言葉にそんな意味があったとは知りませんでした。因みに“キエレメ・ムーチョ”は“QUIEREME MUCHO”で、“たくさん私を愛しておくれ”という意味だそうです。
以上、駄文を連ねてすみませんでした。








【編集】 |  15:50 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/28(Tue)

アスピとアランについて思うこと(続き・5) 


 これで、この件については終わりです。

 “執着的臭い嗅ぎ”をどうしてしなくなったのか、その矯正について述べます。

 自主練は私独りでやっていましたので、犬のことを常時見つめておくことは困難でした。
(例えば、フセさせて犬から離れて行く時)私の認識としては自主練の時や集団レッスンのときには決して“臭い嗅ぎ”や “執着的臭い嗅ぎ”はしないということでしたし、現に見つけたことはありませんでした。
又、集団レッスンの時は訓練士に、犬の挙動を見て居て、“臭い嗅ぎ”をしたら直ちに叱ってくれるように頼んでいました。しかし、6~7年の間、その機会がなくて過ぎました。

 丁度、訓練士が審査員役で、競技会形式で個人レッスン中の出来事でした。常歩行進中の伏臥(フセ)をやっているときでした。この科目は、犬と一緒に歩行し、5m地点でフセのコマンドをかけて、指導手はそのまま離れて行くというものですが、離れて行っている時(犬に背を向けている)、紙ばさみをバンと叩いて、大声で叱る訓練士に気づきました。
アランはその音と声にびっくりして、場外に一目散に逃げました。
 矯正のために叱るときには、犬がイケナイコトを始めようとする瞬間に叱らないとダメだそうです。行動してしまってから叱ったのでは、犬は何で叱られたのか分からないのだそうです。この時の叱るタイミングが丁度合致していたようです。

 それから1週間後位に仙台でブロック競技会がありました。そこで全く単なる“臭い嗅ぎ”は勿論のこと、“執着的臭い嗅ぎ”もしなかったのです。

 その後、jkc本部秋期大会に於いても“執着的臭い嗅ぎ”は出ずに、アランはCD-3の栄えある理事長賞を獲得することが出来ました。

 しかし、その後原因不明の長期間に亘る下痢が続いたり、椎間板ヘルニアを起こしたりして満足な競技が出来ませんでした。

 引退する直前には、埼玉ブロック競技会では1席になったのですが、6科目が済んで7科目目に気がゆるんだのかポカミスをして、理事長賞を逃がしました。又、4月のjkc本部春期大会でも1席にはなったのですが、理事長戦で初っ端にポカミスをしてしまいました。

        (“アスピとアランについて思うこと”は今回で終わり。)






【編集】 |  06:44 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2014.10/27(Mon)

遺言書作成のセミナーに参加 


一昨25日に首記のセミナーに参加してみました。

 遺言はいざとなったときに、netでひな形を見つけて、その様式で書けばよいだろうと考えていたのですが、新事実を聞いて、早めに書いておくべきかと思いました。
 今はまだ早いのではと思っていたのですが、セミナーを受けて、その考えが変わりました。
 家は財産が少ないから、とか相続者は全員仲がよいから、大丈夫というのは間違いだそうです。財産の多寡に拘わらず、相続が争議になる場合があるということでした。
 人は一生に2回、大金を手にすることが出来るそうです。退職金と遺産相続です。


 遺書には“検認”の手続きが必要なようです。

 自筆証書遺言の場合、相続人が全員家庭裁判所でこの検認の手続きが必要とのことです。この検認済み証明書が無いと、不動産に拘わる法務局への名義変更、銀行預金の名義変更及び証券会社への名義変更、の手続きが出来ません。

 所が、公正証書遺言では公正証書の原本は公証役場に半永久的に保管され、正本や謄本が受け取れるので、これを示すことによって上記検認の手続きが可能ということでした。

 公正証書には費用が発生しますので、ある程度の出費は覚悟しなければなりません。
遺言は何度でも書くことが出来ます。そして、その効力は日付の新しいものが優先されます。従って、万一に備えて所定の様式で自筆証書遺言を数通作成し、認知能力の衰えない内に公正証書遺言を作成するようにすれば、重複して公証役場の費用支出を避けることが出来る(?)のではないかと考えたりしています。

 その他、このセミナーは目から鱗の感じでした。






【編集】 |  09:51 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/26(Sun)

アスピとアランについて思うこと(続き・4) 


 今まで、動作が俊敏な、しかも各種の優秀な点(?)があるアランのことを記してきました。しかし、この犬には競技をする上で致命的な欠点がありました。それは“執着的な臭い嗅ぎ”でした。
 この犬は、天が私に与えた名犬(?)だとも思った程のアランで、競技会に出て、1席になり、その上の理事長賞を狙った生活に張り合いを感じたものでした。
しかし、7才位までは出る競技会出る競技会で、“執着的な臭い嗅ぎ”をして惨敗した経緯もありました。

 地面に近い位置を保持しなければならない科目、停座及び招呼や常歩行進中の伏臥(フセ)の科目で、指導手が犬から離れて、10m離れて振り返ったとき、アランはしきりに臭い嗅ぎに集中し、指導手(私)が呼んでも尚臭いを嗅ぎ続けているのでした。

 その所為で、偶々この“執着的な臭い嗅ぎ”をしないで、1席は取れても、その上の理事長戦では惨敗したケースばかりでした。

 その“癖”は8才のあるとき、ふとした機会に矯正出来、それを契機に、ブロック大会とJKC本部大会に理里長賞を獲得することが出来ました。

 その“癖”は競技会本番のときにしか出ないのです。自主訓練のときや集団レッスンのときには癖は出さないために、矯正も出来なかったのでした。自主訓練のときや集団レッスンのときには満点に近く(?)各科目を熟すものですから、これで大丈夫と自信満々で競技会に臨むと“癖”が出てしまい、惨敗したことが数多くありました。

(“アスピとアランについて思うこと”は次回で終わり。)







【編集】 |  14:55 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2014.10/25(Sat)

アスピとアランについて思うこと(続き・3) 


 常歩行進中の作業や速歩行進中の作業についても、一層フセやスワレ又はタッテ(立止)の敏捷性の差が顕著に表れます。

・ 常歩行進中のフセ
  犬を脚側に付けて行進し、5m地点でフセを命じ、指導手はそれから更に10m進んで振り返る。

・ 速歩行進中のフセ
  犬を脚側に付けて駆け足で行進し、5m地点でフセを命じ、指導手はそれから更に10m進んで振り返る。


・ 常歩行進中のスワレ
・ 速歩行進中のスワレ
  上記フセをスワレに替えて、他は同じ。


・ 常歩行進中のタッテ
・ 速歩行進中のタッテ
  タッテに替える。


 上記の命令で、俊敏な犬は命令と同時に瞬間的に作業を完了出来る。
アランはこの部類に属していたが、アスピは極端に遅くはないが、アランに比べると遅い部類に入った。これを速くしようとしても、天性の素質の様な感じで無理でした。






【編集】 |  09:23 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑
2014.10/24(Fri)

ラヴィの外泊(次女宅にお試し外泊) 


 一昨22日の夕方夫婦で犬2頭を連れて次女宅に行き、夕食をご馳走になり、ラヴィをお試しで預けて来ました。

 別れた後、ラヴィはいつまでも玄関の方ばかり見ていたそうです。そして寂しげにクレートの中に収まっていたということでした。

 一方我が家に戻ったアランも、寂しいと見えて、一声も出さず、ベッドに入りっきりです。
2頭の時、ラヴィが吠えるとアランも連れ吠えするのですが、最初に吠えるラヴィがいないとアランも吠える切っ掛けが無いのかも知れません。

2頭と一頭との差は犬にとっては大ありなのかも知れません。

知らない家に行って、トイレの位置もまだ分かっていないので、粗相をしていないか心配でした。

 朝、次女から電話で、粗相は無かったこと、オシッコとウンチは散歩に連れ出したらしたこと、食事を取らないこと等でした。
ラヴィは内面及び外面共良いし、寂しがらないだろうと思ったのですが、やはり世間並みの犬だったのかと思いました。






【編集】 |  06:51 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2014.10/23(Thu)

飼い主と会話(?)する犬・アラン 


 飼い主の自慢かも知れませんが、アランは私に与えられた、一生で唯一の、稀代稀な授かり物(犬)のような気がしています。とにかく、アランは動作が機敏な為に打てば響くような素早い反応があります。それで居ながら、色んな場面で、甘え上手な所、焼き餅焼きな所や愛嬌がある反応を見せてくれます。

 とにかくこの子は甘え上手です。膝に間に抱き込まれたり、膝に乗ったり、抱っこされるのが大好きな犬です。

 元親さんに聞くところでは、この子の母親も抱っこされるのが大好きだったようで、その血筋かも知れません。


 この子は側に居る場合に手を叩いたり、振ったりしますと、自分に関心があるとか、構ってくれると勘違いするのか、盛んに尻尾を振り、ウーウーウーと声にならない声をあげて、近寄って来ます。又、他の犬に私が構ったりしていますと、その間に割り込んで来て、自分にも構えとウーウーと何かをしゃべっている風に甘えます。焼き餅焼きと云った方が正しいのかも知れません。

 アランの身体を撫でていますと、ウーウーと声にならない声を出しながら、頭を私に押しつけながら何かを訴えています。飼い主が推察するに、もっと触れ!とか、他の犬に手を出すな!とか云っているのかも知れません。
 


 私の体調さえ十分だったなら、もっと犬に注意が行き、アランが罹った各種の病気が未然に防げたかも知れないこと、もっと質の濃い練習(訓練)が出来たかも知れないこと、そして、もっと競技会の場で活躍出来たのではないかと思ったりしています。







【編集】 |  08:18 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2014.10/22(Wed)

耳鼻咽喉科に行く 



 昨21日は月一の耳鼻咽喉科に通院して来ました。
15時30分予約のところ、私の順番が来たのに、それから30分近く待たされました。
医者との面談は僅か2~3分で、

・AHIは0.4であること。(AHIは無呼吸低呼吸指数。これが通常正常な人は5未満とのこと)
  無呼吸では血液中の酸素濃度が下がり、これが各種の悪さをするようです。
・C-pap装置もよい具合なので、そのまま続けて下さい。

で終わりでした。

 C-pap装置の装着は、最初の内は煩わしいような感じだったのですが、今では慣れて煩わしさを感じなくなりました。酸素呼吸器のようなマスクを付けること、やそれに接続する2cm径位のプラ製のホースがあるのですが、両方とも気にならなくなりました。この装置のお陰で朝までぐっすりと寝ることが出来るようです。





【編集】 |  07:07 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/21(Tue)

マッサンのこと・NHK「マッサン」の関連情報について 


 netで既にご存じと思いますが、首記「マッサン」の元である竹鶴正孝氏の英国滞在中のこと、及び愛妻「リタさん」とのロマンスが綴られた資料をご紹介します。

http://www.nikka.com/taketsuru_rita/index.html

をクリック(Ctrl keyを押しながらクリック)すると「マッサンとリタの物語」が出てきます。それを下方にスクロールしていきますと、「竹鶴正孝物語」が出てきます。その画面をダブルクリックすると、左欄に「凛として」というタイトルが出てきます。それは「一、旅立ち」から「八、ニッカワとの出会い」と「最終回・本懐」まで続いています。



 興味のある方は覗いて見ていただきたいと思い紹介させていただきます。
netサーフィンしていて気づいたものです。







【編集】 |  06:53 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2014.10/20(Mon)

アスピとアランについて思うこと(続き・2) 


10月17日の続きです。

 アスピとアランを飼って来て気づいた点をあげますと、次にような事が云えるかと思います。


3.動作の鈍い犬を早く出来るのか。(続き・その1)・伏臥(フセ)と伏臥から停座の場合

 動作が速い犬は「フセ!」のコマンドをかけますと、両足を揃えたまま前に投げ出すようにガバッと一気にフセます。逆の遅い犬は、片足つづドッコイショっと云った調子で伏せます。これを速くしようと思っても中々出来ません。

 伏臥から停座させる場合でも、速い犬は、上半身を上から吊っていてそれを一挙に引き上げるみたいな停座をします。
逆に遅い犬は、片足づつドッコイ――ショ-と緩やかな動作で座ります。これを速くしようと思ってもフセの場合と同様です。


4. 動作の鈍い犬を早く出来るのか。(続き・その2)・招呼(呼び)の場合

 10m離れてから振り向き、犬を呼んで、脚側に座らせる場合、動作が速い犬と遅い犬では、その差は顕著になってきます。
 動作の速い犬は呼ばれると、全力で走って来て、指導手の左側脚側にぴたりと座ります。
この全力で走っている姿は競技の一つの花と云われています。


(以下、続く)



【編集】 |  06:24 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2014.10/19(Sun)

昨日脊柱管狭窄症の手術予約 


 昨18日に整形外科で、先に撮ったMRIの結果に基づき、その後の措置等を決めて来ました。

・ 神経が圧迫されて(狭くなって)いる個所は4ヶ所ある。
・ これまでゴルフ等の時、腰の不調が出ていたことを見過ごしていただろうこと。

・ 狭窄ヶ所の除圧だけ(金具による固定は、当該部の骨にはぐらつきはないのでしない。)
・ 金具で固定するとその部分は曲がらなくなるので除圧だけで、固定はしなくて大丈夫。
・ それ程の大手術にはならないこと。手術時間は2時間位見ておけば良かろうこと。
・ 手術で、(腰は少し曲った状態のまま)かも知れないが歩行中の痛みは無くなるだろうこと。
・ 腰の傷が治るまで1wk、退院まで2wks見ておけばよかろうこと。
・ ゴルフが出来るようにまで治るだろうこと。(ゴルフを再開する気は無いが)
・ 手術前の血液検査他の検査は11月上旬とする
・ 造影剤検査は不要(MRI画像だけで十分)
・ CTも撮らなくてよいだろうこと。(同上)
・ 手術日は12月下旬とする(実際は日時指定された)


ついでに、万が一の場合について訊きましたところ、

・ 今までに執刀実績は3,000件位あり、実績を信用して貰うしか無かろうこと。
・ 神経を傷つけたことは今まで無いが、100%の保証はあり得ない。99.9%大丈夫。
・ 手術した部分は再度痛みが出ることはないだろうこと。手術以外の部分に痛みが出た例があるかも知れないこと。

 この日一番に受診された方は遠方からお出でで、柏に一泊して、この科を受診されたということでした。私は幸運にも12月下旬に手術を織り込んでいただいて、幸運だと思っています。







【編集】 |  08:39 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2014.10/18(Sat)

芙蓉の花・酔芙蓉の花 


 昨朝、犬を散歩させていましたら、家から30~40m離れた所に、木が花を付けていました。葉の形状から酔芙蓉ではないかと思っていましたら、朝見て薄紅色なのです。

 私が10月15日に(関連記事は12日も)この欄に書きました情報、

『「芙蓉」は朝に咲き、夕方には萎んでしまう一日花で、早朝に開花したときには本来の淡紅色、夕方になるにしたがって、その色は次第に濃くなり、そして萎んでいきます。』
 

 これから判断しますと、酔芙蓉は朝真っ白ですが、薄紅色の花ですので芙蓉の花です。
この木は街路樹用の小さな用地に成長しています。
 一方、酔芙蓉は或るお宅の敷地南に成長しています。

 この芙蓉の花は一重咲きです。










 一方酔芙蓉は八重咲きです。今朝今一度撮ってみましたが、よく咲いた花は多くはありませんでした。














【編集】 |  06:33 |  草花  | CM(0) | Top↑
2014.10/17(Fri)

アスピとアランについて思うこと 


 アスピとアランを飼って来て気づいた点をあげますと、次にような事が云えるかと思います。

1. 動作の鈍い犬を早く出来るのか。

 アスピはコマンドには確実に従うのですが、その動作は比較的鈍い方でした。ローカルな大会では、動作は速くないが確実にこなしています、という評価でした。その結果1席は取ったことはありましたが、理事長杯は取ったことがありません。動作が敏捷な犬がいますとどうしても、そちらに負けてしまいました。

 一方アランは、動作が敏捷で、コマンドをかけるとパッと動作をしました。所が、動作が素早いので、フライングというか失敗することも数多くありました。

 良く、動作の遅い犬を敏捷にしたいとの思いで、訓練士に相談をかけていることが多いかと思いますが、訓練士はお客様相手に決してダメとは云わず、客を繋ぎ止めておくような気がしています。

 昔、動作の敏捷な犬のビデオを見て、アスピをあんな犬にしたいと思い、E訓練士を埼玉県に訪ねて行ったことがありました。E訓練士に色々話をして、では犬を曳いて見て下さい、と云われて曳いたのを見た直後に、E訓練士はたちどころに犬の性格を判断したようでした。



2. 脚側行進でアイコンタクトを取れる犬、取らない犬

 脚側行進中常に飼い主を見上げている犬と真正面だけ見て飼い主を見上げない犬がいます。真正面を見た場合でも集中していると真正面を見続けていればそれで良いそうです。
 アスピは飼い主を見上げない犬でしたが、時には指導手を見ました。見たり見なかったりするのは集中が無い状態と判断されるようです。

 一方アランは終始に近いほど指導手を見上げて楽しそうに行進する犬でした。川崎競馬場で行われた競技会に、アランは競技会第一戦に出たのでのですが、この子の脚側行進は素晴らしい、きっと将来は拓けている、と絶賛する方がいました。

 その後、競技会の場やブログでアランの脚側行進を見て、素晴らしい、綺麗だ、訓練のコツを教えて欲しいという方もいました。
 しかし、このレベルまでくるのに色々試行錯誤的にやって来まして簡単に云えないのが実情でした。端的に言えば、生まれ持った才能で、訓練で基礎を作ったものではありません、と云いたかった程です。



(以下、続く)






【編集】 |  08:24 |  犬の性格  | CM(0) | Top↑
2014.10/16(Thu)

朝夕はみっきり寒くなって来ました・ヒーターが登場 


 昨日は朝0時頃に最高気温を示し、昼につれて段々気温が低下し、最低気温が15℃を下回ったようです。今朝は最低気温が13℃台で非常に寒い状態でした。

 我が家では早ハロゲンヒーターのお世話になっている有様です。北海道の初雪や御嶽山には5cm位雪が積もっているようですが、平地でも2ヶ月もすれば雪が積もるかも知れない季節はもう目の前に迫っています。

 ニュースでは富士山も初冠雪だということで麗々しい姿がくっきりと放映されていました。








【編集】 |  12:06 |  気象  | CM(0) | Top↑
2014.10/15(Wed)

芙蓉と酔芙蓉は別物 


 芙蓉と酔芙蓉は同じ物ではないかと書いたのですが、どうも別もののようです。


 検索していて、次の情報をヒットしましたので、紹介させていただきます。


 「芙蓉」は朝に咲き、夕方には萎んでしまう一日花で、早朝に開花したときには本来の淡紅色、夕方になるにしたがって、その色は次第に濃くなり、そして萎んでいきます。

 一方、「酔芙蓉」、朝のうちは純白、午後には淡い紅色、夕方から夜にかけては紅色になります。酒を飲むと顔色がだんだんと赤みを帯びるのに似ていることからこの名がついたといわれています。

と、前にアップした記事は「酔芙蓉」そのものでした。


 「芙蓉」は、全国各地の庭先や公園など、どこででも目にすることができますが、群生している名所となると寺の境内が多いようです。

 「酔芙蓉」となるとなかなか群生しているところは少なく、数多くあるところは珍しいようです。







【編集】 |  08:20 |  食事  | CM(0) | Top↑
2014.10/14(Tue)

台風19号のその後 


台風19号のルートを辿ると次、

 台風19号は13日、鹿児島県枕崎市付近に上陸後宮崎県に抜け、その後高知県西部に再上陸し、13日19時鳴門市付近、〃日20時淡路市付近(この時980hPa進行方向速さ北東方向に50km/h)となり、20時30分頃、大阪府岸和田市付近に再上陸した。
 その後は14日02時には小山市付近、03時には宇都宮市付近(東方に65km/h)、04時には那須塩原付近を通過して太平洋に抜けた。06時20分仙台沖に、を経て三陸沖に達しました。

 沖縄付近に在ったときには、勢力、910hpa、速度10km/hのスーパー台風(テレビでは米国でもスーパー台風と放送され、過去の米国南部のハリケーン被害の様が頭を過ぎったほどです)で、大変心配したのですが、日本列島を縦断する内に、その勢力を削がれたものと思われます。
 台風の度に被害に遭われる沖縄地方や奄美大島地方の方には大変なご苦労をなさっていることとお察し申し上げます。


 関東地域の当地方は心配していた直撃も免れ、ルートは埼玉県中央部を通ったようです。当地には雨の被害も、風の被害もありませんでした。今度は危ないのでは、と考えたのですが無事でほっとしています。(被害の多かった所にはお見舞いを申し上げます。)

 今日の小中学校は時間を繰り下げ10時登校になりました。がしかし、朝起きてみるともう雨も風もありませんでした。東京の区部や府県の自治体によっては休校の措置を取ったようですが、取り越し苦労に終わったようです。でも児童に万が一被害が出るようなことがあったら大問題です。前日取った措置(発表)としては良かったのではないかと思っています。






【編集】 |  08:41 |  気象  | CM(0) | Top↑
2014.10/13(Mon)

台風19号 


 台風19号は今朝8時30分時点で、鹿児島県枕崎市付近あって、東北東の方向に進んでいるようです。この台風は18号よりも強く、各地のJRも前広に運転見合わせの予定を立てているようです。

 気象庁は台風から600kmも前方で竜巻が起こる危険性があるとの情報も流している。

 台風は日本を縦断する予想のようで、関東地域には今晩から明日早朝にかけて襲来するようで、雨風とも警戒が必要なようです。



 ところで、最大風速と瞬間風速の違い知っていますか。普段何気なく聴いている気象用語を知るのも良い機会かも知れません。







【編集】 |  08:02 |  気象  | CM(0) | Top↑
2014.10/12(Sun)

一日花・酔芙蓉の花 


 昨日の夕刊に「酔芙蓉」について記事が出ていました。


 この記事によれば、次、

『酔芙蓉の花は朝真っ白に開いて、午後には淡く色づき、夜には濃紅色になってしおれる。酔っぱらいに擬せられる一日花である。』


 先に「芙蓉」の花として、私がアップしたものと全く同じです。芙蓉は酔芙蓉の間違いだったようです。

 「一日花」に対し、前にも新聞記事で「日中花」という言葉がありました。
「一日花」で検索してみると、

「一日だけ咲いて、その日のうちに枯れてしまう花を意味する語。一日花には、アサガオやハイビスカスなどがある。」

とある。「日中花」では、中国語ばかりでうまくヒット出来ません。きっと同じような意味ではないでしょうか。









【編集】 |  08:29 |  草花  | CM(0) | Top↑
2014.10/11(Sat)

各種消臭剤についての私感 


 私はエアーフィルターと消臭剤を併用しています。だがしかし言わば「消臭剤ジプシー的な」存在で未だ効きそうな物に巡り合っていません。

 犬の室内トイレの問題点は、臭気源を皆無に出来ないため、問題は残った臭気源を如何に消臭出来るかにあります。


 各種の消臭あるいは消臭・滅菌剤についての私感は次、

1.ドラッグストアーで極く一般に売られている消臭剤
  これらはマスキング効果(人間に不快な感じを与えない香りを出して、臭気を感じなくすること。)によるものは不適。

2.○ァ○リーズ
  空間の臭気を強い香りでマスキングするだけであり、本用途には不適。

3.○セッ○ュ
  消臭・除菌を謳っているが、空間用マスキング作用によるものか。

4.次亜塩素酸水
  効能書きには、瞬間的に除菌・消臭し、直ぐに水に戻ること
  スプレー量は表面全体が湿る程度とすること。
  目に入れない、飲まないこと。
 今、この製品を試しているのですが、先のエアーフィルターとの併用で効果は△か(効果確認中)

5.ADX・spray(安定化二酸化塩素)
  効能には「画期的な滅菌・消臭剤と評価されるStabilized CIO2(安定化二酸化塩素)
 二酸化塩素の強力な酸化作用による抜本的で持続性のある除菌・消臭力を活用しています。
酸素原子の酸化力により、悪臭の根本となる微生物・病原菌(蛋白質が主成分)の除菌消毒をしています。悪臭の根本の発生を阻止するから消臭効果が高く長続きするのです。」

 今度はこの製品を買って試してみるつもりです。実は我孫子市の○○動物病院で室内に粗相した後を或る液体スプレーを使用してから拭き取っていました。看護師さんに製品名を訊いたのですが、業務用に販売されているもので、一般には市販されていないということで名前を教えてくれませんでした。思うに、業務用でも通販で買える時代です。きっとこの製品ではないかと思っているところです。

6.ニオ○ノ○ノ
  コスト的には一番安いと思われるますが、ニオイの発生源を無くしてからスプレーするもののようです。使用法についてメーカーに電話したところ、電話に出た女性に“そんなこと常識でしょ、当品はホテルでも使われている云々”と鼻を括ったような対応にむっとしたことがありました。







【編集】 |  08:11 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/10(Fri)

消臭機能付きエアーフィルターについて 


 消臭機能の附いているエアーフィルターとして株式会社○○○○の物を使っています。そのプレフィルターの掃除と脱臭フィルターの漬け洗いをしたのを契機に取り扱い説明書をよく読んでみました。それとついでにメーカーお客様相談センターに電話して、疑問点を訊いてみました。

・ 脱臭フィルターの漬け洗いは形が崩れない限り何回でも可能。
・ 予備部品の供給可能期間は販売停止後、6年間。

ということで、当機は2009年製なので、念のため予備脱臭フィルターを買っておいた方が良いかも知れません。

 そして、気づいたのですが、

・ フィルター再生運転が12時間毎に30分行われるが、これは自動で行われること。
・ 消臭成分切り替えスイッチというのが有って、放出消臭成分をhigh、nor、lowと切り替えるようになっていること。今まではnorになっていたので、highに切り替えました。


 今までは取説はじっくり読まず、つい面倒臭がって使うのが通例だったのですが、これで、今までよりも性能が発揮出来るかも知れません。(今まで、余り効いていないような感じでした。)


 この外に○○○○電機製のエアーフィルター(クラストバスター式)も持っていますが、今は仕舞っています。これを今使っている物と2台並べて使ったことがあるのですが、その時は、効果は感じませんでした。






【編集】 |  11:56 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/09(Thu)

昨日は腰のMRI検査を受けて来ました。 


 昨日の午後、腰のMRI検査を受けて来ました。流○○央病院では確か初めてではないかと思っています。MRIの検査機はTOSHIBA製でした。アメリカのGE製やドイツのSIEMENS製は記憶にありますが、国産のMRI機は初めてです。

 MRIは強い磁気を発するので、金属類は身につけることが出来ません。又、磁気を利用するカード類も外す必要があります。一度こんなことがありました、Tカードをお尻のポケットに入れて検査を受けたのでカードが効かなくなりました。

 頭のMRIは年に一回位は受けていますが、腰のMRIは今回が3回目です。前にある病院で受けて、その後他の病院を紹介されて行ったとき、こちらのMRIは分解能が良いので、こちらでも撮らせてくれ、と云われたことがあります。

 腰のMRI、は頭を左右から固定出来るような言わば枕の上を向いて寝て、足は膝を曲げた形を保持出来る物を入れます。身体が動かないようにバンドをかけて、万一具合が悪くなったとき知らせられるような器具を手に握ってから、円筒形の中に導入されます。
 
 時間は15分~20分かかりましたが、閉所に押し込まれた圧迫感はありました。閉所恐怖症の方はじっと我慢するのは大変なような感じが致しました。

 先般はX線写真を8枚撮り、腰の悪い所は1~2ヶ所ではなくて、広範囲に及ぶ様なことを云われたのですが、今回のMRIで細部が明らかになる筈です。

 来る18日の診断結果が待たれます。









【編集】 |  08:41 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/08(Wed)

昨日今日・動画面会 


 昨夕、入院しているアスピに面会に行って来ました。実はアスピは一昨日の夕方から入院しています。開業時間中ならいつでも面会OKということだったので、アスピの喜ぶ姿を見たくて面会に行ったのですが、直接会うと里心が付くという理由で、タブレット面会となってしまいました。

 待合室でタブレットを渡され、スマホで撮った動画をリアルタイムで見るというものでした。

 アスピはカラーを付けられ、前足には点滴のチュ-ブを付けていました。動きはとても良くてちょこちょこと動き回っていました。2回ほどおやつらしき物を貰って食べているところもありました。アスピが意外に元気だったのを見て少し安心しました。



 今日は午後から腰部のMRI検査を受けます。今夏人間ドックを受け、その結果説明の時に、(相手は内科医だったのですが)、腰痛で苦しんでいることを話しましたら、

「それならこの病院に来ておられる整形外科医が国内でも最高の権威者ですよ、是非診て頂いたらよいですよ」、

と助言いただきました。その権威者に9月27日に予診を受け、今日がそのMRI検査の日なのです。このMRIの結果は今月の18日に聞くことになっています。
 検査結果及び今後の対応(手術の可否、手術の方法及び範囲)を聞けるものと期待して待っているところです。

 9月27日の待ち時間に待合室で隣のご婦人2人が話している内容に依りますと、片方の方は、その整形の権威者の執刀を受けておられて、すっかり信頼されている雰囲気の話しでした。もう一方は今回が初診のようでした。


 実は以前に通っていた整形外科は整形だけで5~6診あるのですが、腰の専門医は2名だけで、しかも若い先生でした。若い先生で補助する医者も1名だけでは頼りない感じで、手術を躊躇していたのです。







【編集】 |  09:17 |  その他  | CM(1) | Top↑
2014.10/07(Tue)

台風一過の晴天 


 今日は清々しい天気になりました。日中の最高気温も24℃位で一番過ごしやすい気温のようです。
台風18号が来る迄は不安な気持ちもあったのですが、既報の通り無事通り過ぎてくれました。


 しかし、我が家では昨日重大なことが判明して、ここ4~5日は枕を高くして寝るのもままならない状態です。
こちらの方も台風のように取り越し苦労で終わってくれたらよいのにと思っています。

 今日はスクールガード当番の日です。本当は行きたく無いのですが、お付き合い上行かないわけにはいきません。全く気が重いのが実態です。でもスクールガードに出て他の参加者と雑談するのも気が紛れてよいのかも知れません。

 午後からは歯科です。今、右の下奧から2番目の歯が無い状態です。ブリッジを架けるのですが、歯茎が盛り上がって来るまでは歯形は取れないと一ヶ月以上も待たされています。
 奥歯が抜けても、前歯が抜けたように発音する時に空気が漏れるようで、慣れない内は言葉がまめらなくて、一部の音で苦労しました。こんな経験は初めてです。









【編集】 |  09:19 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/06(Mon)

アスピ入院 

【編集】 |  19:06 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2014.10/06(Mon)

台風18号の続報 


 台風18号は8時過ぎに浜松市付近に上陸した後、北東方向に進み、掛川市付近、熱海市付近、横浜市付近というルートをたどり、ルートが当地にかかるのではないかと危惧していましたが、12時時点ではもう霞ヶ浦市付近だとうニュースです。
 (当地の南東数十kmの近く通過したようです。)


 お陰様で当地区は雨の影響はなく(多く降ることが有っても江戸川と利根川の堤防が決壊しない限り、まずは大丈夫!)、風も台風が霞ヶ浦市付近に達する頃、庭の木々を多少揺らす程度で済みました。


 各地で土砂崩れや水没の被害に遭われている方が多い中、強風で家が軋むことなく、又家を揺らすことも無く、何の被害も無くて幸いだと思っています。
                                                   (12時ジャスト、記)






【編集】 |  12:16 |  気象  | CM(0) | Top↑
2014.10/06(Mon)

台風18号迫る 


 台風18号の所為で昨日から雨が降り続いています。時折強い雨音が聞こえます。
台風は、午前5時45分現在、紀伊半島尾鷲市の南南東約70kmに有って、北東に45km/hの速度で移動しているそうです。

 このまま進みますと、我が地の近辺を通りそうな気配です。風のみならず台風本体の雨も強そうですので心配です。

 例えば、気象情報で本体の前に竜巻が起こるかも知れないので注意、といっても今更家の補強が出来るわけでも無く、せいぜい軽く飛ばされそうなものを物置に仕舞う位のことしか出来ません。屋根が飛んだりしたら、直ちには復旧も出来ずに、大雨が止むまで待つ事になる、等々とつい、つまらぬことを考えたりします。(Am6.50記)







【編集】 |  07:54 |  気象  | CM(0) | Top↑
2014.10/05(Sun)

台風18号の前ぶれ? 


 台風18号の前ぶれか、朝から雨が降り続いています。朝の内は小雨でしたが、その後は本降りになりました。18号は屋久島の南東約120km(12時現在)に有って、これから進路を東北に変えて東海地方か関東地方に上陸の可能性があるという予報です。


 今日は、朝こそ小雨でしたので庭に出せましたが、昼は本降りになったため玄関先のポーチやカーポートに連れ出しました。
 今朝10時過ぎにララポート柏の葉のジョーカーに出向いてグリニーズ、ヤギ乳及び缶詰を購入してきました。アスピの食欲が落ちて来たので、それを補うためです。







【編集】 |  13:25 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.10/04(Sat)

草ボケ(野生のボケ)の花 


 ここの所、家に籠もりっきりなのでネタがない状態です。

 垣根に植わっている草ボケが何を間違ったのか花を付けていました。この草ボケはこの家に住み始めのころ、近くの山に行ったとき手に入れたもので、将に30年物です。
一群と云っても小さな群れですが、大部分はろくに葉も無い状態なのに、ここだけ(実際は他に1ヶあり)が花を付けているのです。
園芸もののボケの花期は、所謂寒ボケが11月下旬~4月下旬頃なので、今は狂い咲きでしょうか。


 年代ものと云えば、私の独身時代の座卓を処分することになりました。今では裁縫(と云ってもボタン付け程度)の台に成り下がっているのです。この台は昭和37年私が入社して東北地方に赴任した当時、同期の○井さん(東北大学出身)が仙台に行くので、というので、丸光?で買って来て貰ったものです。その○井さんは今は亡く、ガンで既に亡くなっていて、デコラ張りの座卓だけは思い出として残っています。



 マクロで撮りますと、まともな花弁の形をした花のようには見えません。










 眼を転じますと、あれほど馥郁と香ったキンモクセイの花びらが一面に散っている状態です。










【編集】 |  08:40 |  草花  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT