新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2014年12月

11月≪ 2014年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2014.12/27(Sat)

久々の更新ですが、まだ事情があって更新出来ません 


 今家に帰ったところですが、今月の17日以来、我が家で取り込みの事情があり、まだ当分当ブログの更新出来ません。


 

スポンサーサイト
【編集】 |  16:06 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/16(Tue)

耳鼻咽喉科通院 


 昨日の朝も今季一番の冷え込みだったようです。

 昨日は月一の耳鼻咽喉科に通院してきました。無呼吸・低呼吸指数(AHI)が0.7回/時で、“非常によい状況なので、今のまま使い続けて下さい”、との指示でした。

このAHIの変化は、

 2月17日 1.8
 3月17日 1.3
 4月21日 0.8
 5月27日 0.7
 6月23日、7月14日及び8月19日 0.6
 9月16日及び10月21日 0.4
11月20日 0.8
12月15日 0.7

 いずれも軽症の下限AHI=5を大幅に下回っています。自覚症状的には6月から10月にかけては朝までぐっすりと眠れていたのですが、11月以降は早朝に目が醒めることがあって、その後うとうとしていたことが影響しているかも知れないと思っています。いずれにしろ大筋では影響の無い範囲です。

 重症の場合にはAHI>60、即ち1時間の無呼吸・低呼吸数が60回を超える人があるそうで、こんな状態では寝不足になること請け合いです。

 昨日はその後歯科に通ってから、アランを散歩に連れ出しました。水辺公園を回って(往復2km弱位)帰って来たのですが、日頃の運動不足を解消しようと思って急ぎ足で歩きましたところ、肌着がびっしょりになる程汗をかいて、おまけに少々気分が悪くなった程でした。これはてっきり風邪をひいたのかなと思いましたが、取り越し苦労で今朝起きてみると普通の生活に戻れましたのでほっとしています。


 



【編集】 |  14:22 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/15(Mon)

昨日は良い天気 


 昨日は、裏日本を中心に大雪の予報で、実際に投票にも支障が出る程の大雪だったようです。しかし、当地は雲一つ無い快晴、且つ無風、で犬連れで投票に行ってきました。出口調査なるものも初めて受けました。
アランは珍しく2回も「大」をしました。

 気温的には、晴天で放射冷却が激しかったらしくて今季の最低気温だったようで、当家でも外栓下に置いたポリバケツに薄氷が張っていました


  


【編集】 |  10:02 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/14(Sun)

昨日は整形外科に行ってきました 


 昨13日は思いの外暖かい日でした。午前中は整形外科に行ってきました。この20日に私の腰の執刀医は11月一杯と12月の第一週は学会出席のため、病院を休まれました。代わりの先生から都合三回診断を受けたのですが、その先生から執刀医に一週間前の土曜日に会っておくのもよいだろうとの忠告で昨日会いに行ったわけです。

 私は質問事項を十位メモ書きにして行きました。一番問題になったのは次の点でした。

 普通「間欠跛行」というのは、歩いていると足が痺れたり痛くなったりして、しばらく休まないと歩行続行が出来ません。しばらく休んでいると、又歩けるようになり、以下それの繰り返しのことです。
 
 私の場合は痛くなって歩けなくなるのが、左腰が痛くなるために歩行の続行が困難になるのです。
 その事を申し上げ、手術によって左腰の痛みが取れ、支障なく歩行になるのでしょうか、と質問しました。執刀医のコンピュ-ターの記録にも私の症状が書いてありました。

 4年位前には上下肢及び臀部に座骨神経痛があったが、その後それは神経根ブロック注射を複数回受けて座骨神経痛は治ったが、左足の痺れと左腰の痛みだけは未だ残っていること(前に話した内容と同じ)を話しました。

 執刀医は除圧(神経の通り道が狭くなっている所の骨や靱帯を削って広げること)だけで良かろうと解釈していたようです。神経根ブロック注射をした時に一時的にも痛みが取れたかどうかも聞かれました。一時的にも痛みが取れた場合には「腰の骨のがたつき」による痛みではなくて、神経が部分的に圧迫されているために生じる痛みが多いそうです。

 除圧だけではなく、金具を使った固定まで行うとすると、手術の難易度、手術時間は除圧単独よりも数倍増えるということでした。
 それと代番の先生が「除圧+金具固定」の手術は、この病院では無理である旨おっしゃっていたのですが、この執刀医はこの病院で出来ること、先例はざらであるということでした。

 何はともあれ、患者と医者の考えが一致しない限り、患者が不安を持っている場合には手術は見合わせた方が良かろうということで、今度の土曜日20日の手術は見合わせることになりました。
 患者としては、折角手術を受けて二週間も入院するのに、100%の成功が見込めないことを選択する気にもなりません。

 という訳で、手術のご挨拶だけのつもりで通院しただけなのに、質問して確認して本当に良かったと思っています。今後の事は正月明けにまた通院して相談することにしました。

 





【編集】 |  15:56 |  その他  | CM(1) | Top↑
2014.12/13(Sat)

昨日の散歩 


 昨日から又寒くなる予報でしたが、午前中は陽が差し、無風に近くて、寒さを感じない程でした。アランは室内トイレで1回は済ませていたのですが、散歩に連れ出しました。

 アランは散歩が大好きで、どうしてこんなに好きか分かりません。アスピが幼犬のときも永い時間散歩していますと、もう飽きたような雰囲気が感じられたときは、しばらくダッコしたりしていました。アスピはデカパピでしたので、しばらく経つと腕が痛くなるほどでした。今のアランは多分3.5kg内外ですからダッコしてもそんなに重くはないのですが、私の腰が悪いために、この重さでも段々痛くなってきます。

 アランを散歩に連れ出しますと、臭いを嗅いだり、マーキングをしたりと大忙しです。マーキングは片足を挙げた状態でします。アスピとラヴィは生後6ヶ月で去勢しましたので、オシッコは腰を落としてやります。しかし、アランは本来のオスパピヨンの毛並みを保ちたいために去勢することなくきました。9才の時にお尻部のポリープ状のでき物の切除手術のときに、麻酔のついでに去勢しました。従って、足挙げオシッコは今もって続いています。


 時間的面もあると思いますが、散歩していても滅多に人とあいませんでした。散歩犬も2頭だけでした。2頭ともmixで、1頭は茶色の毛がモフモフした大型犬です。この犬は温和しいと見えて静かにすれ違うことが出来ました。時にはアランの方がワンと一声吠えることがある位です。もう1頭はラフ毛の中型犬ですが、この犬も温和しく多分老齢だと思います。


 最近は、腰の為に私の運動量が落ちていること、とアランが自主練を止めてしまったこと、と相まってブログネタが無くて困ってしまい、こんな駄文を連ねています。



 




【編集】 |  14:33 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/12(Fri)

昨日は、 


 昨日は雨が降る予報でしたが、朝8時頃は雨がまだ降っていませんでした。気温が比較的寒くないこと、風が弱いこと、と好条件なのでアランを散歩に連れ出しました。

 交差点で信号待ちをしていましたら、直角方向からラフのジャック連れのご婦人と顔なじみ(でも名前は存じ上げない)のご婦人とちょっと犬談義になりました。ジャック連れのご婦人の方は見覚えが無かったのですが、先方さんからは、犬を2~3頭連れて散歩していたこと、とか訓練が良く行き届いて犬がぴったりと飼い主に寄り添って歩いていたこと、とか話されていました。ずっと以前には毎日のように自主練をしていましたので、その光景を見られていたと思われます。
 顔なじみのご婦人は、ボランエィアの交通整理員?ですが、以前甲斐犬を飼っていましたが、その犬を無くされた方です。何でも4代に亘って甲斐犬ばかり飼っていたそうです。甲斐犬は、飼い主にはネコのようにまとわりつくように可愛いのですが、他人には全く懐かないそうです。ある動物病院で手術を受けたとき、病院から早く引き取って下さい、という要請があったそうです。医師、看護師には全く心を開かず、食事も一切口をつけなかったそうです。
柴犬は飼い主が命とよく云われますが、最近の柴犬は意外にフレンドリーな子が多いようです。

 話を打ち切って信号を渡ってしばらく歩きましたところで、右にくるくると回り出しました。信号の手前でも「大」をしたのですが、念のためワンツーワンツーとかけ声を掛け続けましたら、本朝2回目の「大」でした。

 ずっと以前多頭飼いの時には、比較的長時間の散歩をしていましたが、その時は2回「大」をしていました。1頭飼いになってからは食が細いこともあって、1回当たりの「大」量は10g台から20g台だったのですが、今朝は30g台でした。久し振りの事で嬉しくなりました。犬の排泄物の量で一喜一憂するなんて、と世間ではあきれられているのかも知れません。



 
【編集】 |  08:28 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/11(Thu)

アランの食事と「大」事情 


 アランの食事量は、3頭時代に比べて少ないように感じられてなりません。一日40g位なのです。一日3回の時は22g/回ですから、一日60g強でしたから、少なく感じて当然だと思われます。
 トリーツにしても、一日3~4本ですから多すぎる程では無いと思っています。自主練していた頃は細かく切って2本/回位でした。

 朝夕、日に二回散歩に連れ出しますと、「大」を15~20g/回位します。固くて形の整った「大」です。

 散歩に行く準備をしていると、元気よく跳ね飛んで喜ぶので、元気も有りそうです。今の食事量が少ないのなら、衰弱してゆくと思うのですが、そういう傾向も無いように見えます。

 食事も皿に入れただけでは食べず、手で一粒づつ与えると食べるときもあります。食べているので、次の粒をやりますと、プイと脇を向いて食べなかったり、しばらくすると気が変わったのか又食べたりします。基本的には食欲が無いのではないかと思うのですが、どうも気になって仕方ありません。


 あまりにも食が細いので、人の食事のとき、鶏肉や魚がある場合は二~三口残しておいて食後に与えていますが、この時はがつがつと食べています。本当はこんなことはしたくないのですが、所詮犬に甘いのかも知れません。


 



【編集】 |  08:47 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/10(Wed)

洗車事情 


 昨日は、この前の雨に日に乗り、そのまま屋根付きのカーポーに納めていたため、まだら模様に埃が付き、汚くなったので洗車することにしました。(あまりにも汚く汚れていました。)
 ワイフは私が風邪気味なのでスタンドで洗車して貰うように提案しましたが、私は自宅で洗車も嫌なので、水辺公園まで行って、水をバケツに汲んで回転モップで洗車する方が楽だと思い水辺公園に出かけました。

 所が、間が悪い時は間が悪いです。生憎道路の舗装替え工事をしていて、何時もは駐車出来るスペースが迂回路になって駐車出来ないのでした。仕方がないので、一方通行の小道に車を留めて、大急ぎで大きく汚れたところだけでも洗おうとしましたが、小道の先に行く軽トラが来てしまいました。大急ぎでバケツ、回転水切り及び回転モップを片付けてから車を動かせました。

 一応、人通りの多いところを通ってもまあ見られる程度になっていると思い、ガソリンスタンドで洗車とガソリン補給をすることにしました。


 シャンプー洗車だけですと火曜日はナント100円ポッキリでした。ただ自動コイン受付機は初めてのこと故操作手順が分からなくて苦労しました。操作手順等は分かった人が作成しているため、一種の思い込みが多分にあり、そのため初心者には分かり難い所がままあるようです。

 洗車は簡単に終わったのですが、その後の拭きあげとホイール磨きに時間がかかりました。腰の悪い当方にとっては一苦労でした。しかし、これで当分は大丈夫そうです。

 洗車が終わってからはガソリン補給をしたのですが、140円/L(カード利用者)になっていました。最近の原油続落も大幅な円安のために相殺されているのでは、と思っていたのですが、確かに下がっている実感がありました。
 





【編集】 |  10:36 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/09(Tue)

5日振りの更新です 


 裏日本側や徳島県山間部に大雪が降ったりと、毎日12月としては厳しい天気が続いています。今朝も冷え込みが厳しくて体感的には多分0℃近くまで低下していたような感じです。

 この5日間は何事も無く、アラン共々過ごしていますが、私はこの寒さの所為か寒冷アレルギーが激しく鼻水とクシャミに悩まされています。外出にはマスクと帽子が欠かせません。

 私の年賀状は全て書き終わりました。後は「喪中ハガキ」が来た人の分を都度取り除いて、投函するばかりになっています。

 一昨日はお付き合いいただいている先輩から「年の一度の賀状のこと故、パソコンでの書き方を忘れてしまったので、来宅の上教えて欲しい」と電話が架かって来ました。
早速お宅を訪問したのですが、私はエクセルとワードを使った差し込み印刷を使っていますが、先方は専用ソフトでした。初めて専用ソフトを操作するにも操作法が分かり難かったです。
通信面の画像の貼り付けには、来年の干支の羊に関するものを検索で出してワードで作ってあげました。先輩は来年80才とのこと、私も歳を取ると、このようになって行くのかと思うと人ごととは思えませんでした。






【編集】 |  09:07 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/04(Thu)

年賀状のコメント書きの続行 


 今日も真冬並みに寒い日です。当地では午後から冷たい雨が降る予報です。私は今日も多分一日中コタツに入って年賀状のコメント書きをすることになると思います。一筆書きは出す人全員に書きます。
 18日から入院するので、それ以降に喪中葉書が来た人は、書いた中からワイフに抜いてから投函して貰うつもりです。

 出す人の中には大先輩の方をいらっしゃるので、その中には存命でない方もいらっしゃるのではないかと思ったりしています。



 私がパソコンに向かっているとアランはカドラーで静かに休んでいます。以前には寝るときはプラ製のクレートに入れていたのですが、最近はこのカドラーで夜も過ごさせます。
 一番の心配は大地震が来ることです。就寝中大地震が来ると家具等が飛散してアランがその下敷きになったり、或いは直撃は逃れたもののアランがパニックになって、会えなくなったらどうしょうか、と有らぬ心配をしたりしています。














 コメント記入の合間にアランを散歩に連れ出そうとすると、それと察して喜びます。
前にも書きましたが喜ぶときには必ず左にくるくると何度も回ります。トリーツを与えるときも同様です。右に最初はゆっくり、「大」が迫って来ると早くくるくると回ります。
散歩中に右に半周でも回り始めると、「大」のサインに間違いありません。







【編集】 |  10:03 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/03(Wed)

みんな我が子が一番可愛い 


 今日は一日中コタツに入って年賀状のコメント書きをしました。12月20日に手術を受けるので前広に書いておくためなのです。コメントは一行か二行の短いものですが、枚数が多いので苦労します。

 アランは私がパソコンに向かっているときには自分のカドラーに静かに休んでいます。
コタツに移るとコタツに、コタツを離れてもいつも私に付いて来ます。











 犬を飼っている人は皆がみな、我が子が世界で一番可愛いと思うようです。勿論、私はアランが一番可愛いと思っていますし、実際に私に慕いようが尋常ではありません。コマンドも利いて、訓練を止めた今でもコンビニの前でリードを置いて、フセして待つことが出来ます。先日はコンビニの店員さんが逃げた犬かと思ってびっくりしていました。

 スクールガードをご一緒している80才過ぎの方が居るのですが、その方は数ヶ月前に小型犬を亡くして、今でも犬の可愛さを折りに触れ話をされます。犬は可愛いよね、犬はいいよね、でも今からでは犬は飼えないので我慢しているんだ、としみじみ話しておられました。
 犬を飼ったことがない人には分からないことです。幾ら他人に何と云われようと、例え犬バカと云われようと、可愛いものは可愛いのです。私はパピヨンしか飼ったことがありませんので、パピヨンが一番だと思っていますが、他の犬種を飼っている人はその犬種が一番可愛いと思っていることは十分に理解出来ます。






【編集】 |  16:36 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/02(Tue)

ゴミ出しのお供 


 今日の太平洋岸は綺麗に晴れ上がっています。今日は風が強くて北陸以北の日本海側は降雪の予報ですが、朝方はまだ風は吹いていないようです。

 今日はゴミ出しの日(毎週火と金)とスクールガードの日です。昨日は雨が降ったこともあり、アランを外に連れ出してあげませんでした。そのためゴミ出しを兼ねてアランのミニ散歩に連れ出すことにしました。ゴミ出しと云っても家事のゴミはワイフが出しますので、私は犬のペットシーツ等が主体です。

 アランは外に出ると分かって、喜んで、くるくると左に回りながらまとわり付きました。昨日朝方、室内トイレに下痢の跡があったので、この朝の「大」がどうなるか心配でした。アランは元気よく先になって歩きました。家から約40~50mのゴミ置き場にゴミを置いてから日当たりのよい所を散歩している時に、右回りに回り出しました。「大」のサインです。「大」は心配していた下痢はなく、普通でした。
 昨日は鶏ジャーキー3本とWD10gを与えただけでした。心を鬼にして絶食させようと思っていたのですが、何か欲しそうな姿を見て与えてしまいました。


 私たちがコタツに入っていますと、アランもネコと同じようにコタツに潜り込んでいます。3頭のときにはコタツに足を入れると犬に当たるような状態でした。この写真はコタツに下半身を入れ首から上を出している写真です。

1-IMG_1844_1



 今度は全身を出しています。

2-IMG_1846



 向きを変えています。

3-IMG_1849



 コタツの上掛けの違う場所に移りました。

4-IMG_1847



 カメラの物音に振り向いたところです。

5-IMG_1848







【編集】 |  13:48 |  その他  | CM(0) | Top↑
2014.12/01(Mon)

不安で一杯 


 11月28日以来の更新です。

 いよいよ12月に入りました。手術日があと20日に迫ってきまして、いろいろ不安が満ちてきます。手術で本当に痛みが取れるのかどうか、手術後は相当痛むらしいがその痛さは?、万が一神経を傷つけてしまったら下半身不随車椅子の生活になりかも知れない、と不安が次々に頭を過ぎって、全く落ち着かない精神状態です。とても“まな板の上のコイ”の心境にはなりません。

 この前、医師から聞いた手術の話では、まず上を向いて手術台に寝てから全身麻酔をかけた後、尿導管を通し、俯せにしてから、背中(腰部)を10乃至15cm切開してから脊柱管の狭くなった所の骨や靱帯を削る又は切り取るようです。所要時間は2~3時間だそうです。この時本人は意識がありませんが覚醒してから相当痛むらしいです。
麻酔から覚醒出来るか、果たしてその痛みに堪えられるか、とそれを思うと本当に憂鬱になります。

 ここの所、日数的に雨降りの日が多いようですが、今日は雨でも暖かい予報です。しかし、北(西)から今季一番の寒気が覆ってきて、日本海側は勿論、一部太平洋側でも雪が降るようです。季節の変わり目には気象条件が激しく変わって、日増しに寒くなるようです。

 アランの食欲は一進一退を続けています。2~3年前にも原因不明の下痢が長期間続いたことがあるのですが、原因が分からないだけに心配でもあります。















【編集】 |  10:56 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |