新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2015年07月
2015.07/31(Fri)

朝のミニ散歩 


 今日で7月は終わりです。気象庁の予報から推定しますと、この猛暑もお盆を過ぎると納まるのではないかと云うことです。としますとあと2~3週間の辛抱?かと思います。


 昨日の都心の最高気温は34.3℃(練馬33.4℃)、あの館林は36.2℃でした。
国内最高は宮崎県西都市の37.3℃だったそうです。猛暑間近の温度だったのですが、湿度が70%を超えていて非常に蒸し暑く感じました。
 関東地方や東京多摩地域で集中豪雨になった所もあるが、当地方では雨雲がかかり15時過ぎにパラパラたが10分位で通り過ぎた程度で済んだ。

 一昨日、接触事故に遭ってしまいました。当方には過誤は無いと思っています。先方にも弊方の人身には全く怪我はありません。弊車のリアーバンパーの一部が凹んでしまって修理よりも交換ということになり、リアー右のライトのカバー(ポリカーボネイト製?)が割れてしまったのですが、これもカバーだけでは部品は供給されて無くてリアーライトアッセンブリーとして交換になると云うことでした。

 事故に遇うと出費は別にして、電話対応が実に忙しいものです。相手、デーラー、弊方の保険会社、相手の保険会社と叶いませんでした。


 今日は5時45分頃にアランを連れて、団地内(日射しが当たらないので)をミニ散歩してみました。風が無かった所為もあるのですが、この時刻では既に暑く、ゆっくり歩いただけでもかすかに汗をかくほどでした。アランが「大」をしたので、早々に引き上げました。














 




スポンサーサイト
【編集】 |  08:10 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/30(Thu)

デイケアーCにてリハビリの見学&体験 


 昨日の都心の最高気温は32.5℃(練馬32.7℃)、あの館林は35.4℃でした。
数字の上では低めかも知れませんが、暑さの体感としては非常に暑く感じました。きっと湿度が高めの所為かも知れません。

 昨日はあるデイケアーセンターに行き、リハビリの体験と見学をしてきました。
今は病院のリハビリを受けていますが、理学療法士により、殆ど手技で時間は45分位受けています。
それに対し、デイケアーセンターでは手技は15分程で後は器械装置による運動でした。エアロバイク、手足を同時に動かす装置、肩胛骨を動かす装置、腹筋をトレーニングする装置等々各種類毎に1~2台づつ置いてありました。
 トレーニングジムの経験の無い者としては目新しい装置もありました。各装置を使用に当たっては、カードを差し込み、コンピューターに取り込むことによって、トレーニング記録が集積されるようになっているということでした。

 デイケアーセンターによって訓練メニューは異なるそうなので、もう1ケ所体験した上で、来月10日以降のリハビリ先を決めたいと思っています。















 




【編集】 |  08:36 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/29(Wed)

歯面清掃器(エアーフロー)初使用 


 昨日の気温は低かったとは云っても、都心の最高気温は34.1℃(練馬34.6℃)、あの館林は35.7℃、この日の「日本一の暑さ」は静岡県天竜の37.4℃だったそうです。


 一昨日の歯周病内科では、今回初めて「歯面清掃器(エアーフロー)」というものを使って歯面及び歯間を清掃していただきました。これは保険の適用外だそうなのですが、エアーで水とアミノ酸パウダーを噴射するもので、特に歯間の清掃に効果的だそうです。今回は試験的なもので無料だったのですが、次回以降1080円(100%自費負担)だそうです。

 メーカーカタログによれば、

・ エアフローパウダー(歯面研磨剤)+超微細ウォータースプレーの噴射により、しつこい色素沈着やプラークを素早く除去するエアフローが進化。
・ ノズルとハンドピースを一体化(ソリッド)し、「操作性の向上」「噴射効率向上」を
実現。
・ 進化した操作性としては、ハンドピースの先端ノズル部が短くなり、ストリームデザインの採用とあいまって操作性が大幅に向上しました。


 そんな訳で、次回は3ヶ月後の10月26日です。






















 




【編集】 |  06:22 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/28(Tue)

2ヶ月ぶりの歯周病内科へ 


昨日もとにかく暑かった。都心はこの日も猛暑日で35.0℃(練馬36.5℃)、あの館林は実に38.7℃、この日も「日本一の暑さ」だったそうです。


 昨日は2ヶ月振りに歯周病内科に通ってきました。歯周病内科には5月8日に初診、2回目5月12日、3回目5月18日この時抗生剤の処方を受け3日間服用、そして抗生剤の効果を確認するための5月24日でした。
 今回は腔内の菌を見る顕微鏡検査はありませんでした。

 今回は歯周ポケットの検査、超音波スケーラーによる歯石除去、フロスによる歯間掃除及び「歯面清掃器の使用」でした。
 歯茎の検査では前回よりも改善が見られ、歯周ポケットからの検査時の出血もなく、ポケットの深さも進行していなくて、日頃のブラッシングも非常によく、顕微鏡で見るまでもないという判定でした。
まずは、今回の歯周病内科の受診は正解だったとほっとしているところです。



 そんな訳で、次回は3ヶ月後の10月26日を予約しました。























 




【編集】 |  08:59 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/27(Mon)

tepeの歯ブラシ 


 昨日はとにかく暑かった。都心はこの夏初の猛暑日で35.8℃(練馬37.2℃)、あの館林は実に38.8℃だったそうです。


 去る24日に動物病院で歯ブラシの説明とその使い方を教えていただきました。

 歯ブラシは小型犬用としては随分大きいようでしたが、毛先がものすごく柔らかくて、口の中に容易に入るようでした。
これを歯に沿って一番奥まで入れて、前後に細かく動かせて磨き、徐々に手前まで磨くというものでした。

 従来、綿棒にバイオティーンを付けて磨いていたのですが、綿棒だと歯の間等細かい凹凸が磨けないということでした。綿棒は参宮橋の無麻酔医に教えてもらい、約1年位やってきました。
 それまでは子供用の歯ブラシを使っていましたが、子供用でも毛先が結構固くて歯茎が痛いのでは、ということで綿棒を薦められました。

 このtepeなら高価なバイオティーンなど使わず、水で丁寧に磨けばよいそうです。





















 




【編集】 |  06:11 |  手入れ  | CM(0) | Top↑
2015.07/26(Sun)

整形外科(腰痛)通院 


 昨日は体感的には最高気温のようでしたが、都心は33.1℃(練馬35.5℃)、あの館林で37.1℃でした。


 昨日は、整形外科の施術医の在院日だったので、通院してきました。月1~2日の在院なので混雑するのではないかと思い、家を7時過ぎに出て、8時からの受付待ちをしました。6番目の受付でしたが、診察は2番目でした。

 この日は立位のx線撮影でしたが、正面向き1枚、左横向き1枚でした。


 診察では、相変わらず非常に腰が痛いことを申し述べました。
これに対し、医者は、

 背筋力を鍛えれば痛みは治まるかも知れないこと。腰に両手を当てて5秒反り返り、これを2~3ヶ月やってみること
 私の腰は、普通横から見て湾曲しているのに、その湾曲度合いが緩いこと、それが腰痛の原因になっている。
 金具を入れて固定する手術は、前にやった手術よりも多少大がかりになり、且つリハビリ期間も長期になるだろう。
 病院によるリハビリの期間150日は厚労省の医療費抑制策の一環でどうしょうもないこと。

ということでした。私にしたら術後4ヶ月強経って、何を今更、そうなら最初から云え!と云いたい所です。

 私は受診に当たって、質問事項を整理していました。

・ 椎間板がへたって、骨同士が接触して痛むのではないか。
  これに対しては、それは無いということでした。
・ 腰を屈める時、手で体重を支えると腰痛が軽くなる
・ 腰を伸ばすと腰痛い
・ 歩くのに難渋、間欠跛行あり(現在100~150m位)
・ 立ち上がると腰痛し
・ 立ち上げるとき、腹を凹ませ力を入れると腰の痛みは一時的に軽減。歩き続けると腹を凹ませても痛みは激しいまま。
・ 固定金具を入れるとMRIダメか?
  それは無い。チタンの固定金具を入れた場合でもMRIは可能

 とにかく、2ヶ月位医者の言う方法で背筋力(勿論腹筋、足の筋力とも)を鍛えて見てその結果で次段の検討をしたいと思います。
















 




【編集】 |  07:52 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/25(Sat)

歯科専門の動物病院の記 


 この病院は獣医さんが院長ご夫妻(ご主人は日大松戸の元教授、奥様も獣医さんとのこと)を入れてAHTまで入れると8人もいるということでした。病院自体はこじんまりとしたものでした。
 花小金井には昔40才前後の時に、会社の借り上げコーポに住んでいたことがありました。その頃嘉悦大学はまだありませんでした。診察を終えて帰る途中で昔住んでいたコーポの前を通ってみました。中学校もありました。


 ラヴィの診断ではそれ程酷い指摘はありませんでした。唯、診療時間内では片側(右側半分)しかスケーリング出来なかったので、残りは8月26日(水)の予約となりました。


 アランもそれ程酷くは無かったようですが、犬歯と奥歯の二ヶ所のエプーリスが出来ているということでした。エプーリスは初めて聞く病名ですが、良性の腫瘍だそうです。
 この手術には全身麻酔が必要とのことで、アランの年令を考えてこのまま老いさせるのも一方法だと云われました。ただ、net検索して見ますと、大きくなる場合もあるとのことで、切除手術を受けるかなと思っています。

 エプーリスの検索結果のコピペです。

エプーリス、エプリス(歯肉腫)

ポイント
• 症状は表面からふくれるように飛び出す腫瘍はほとんどがエプーリス
• 口腔内腫瘍の約25%を占める
 •歯茎が盛り上がったように見えますが、徐々に大きくなる
• 良性腫瘍に分類され、種類は線維性、骨性、棘細胞性の3種類がある
• 厄介なのが棘細胞性エプリスアゴの骨を溶かすもの
• 原因は歯石などの歯肉炎が刺激となって引き起こし、歯茎にできる腫瘤
• 治療は線維性、骨性はレーザーや電気メスなど切除する
•棘細胞性は再発しないように広範囲であごの骨と歯を含めて腫瘍を切りとる

症状
 犬では口腔内腫瘍の約25%を占め、歯茎にできる腫瘤(こぶ)で、歯茎が盛り上がったように見えますが、徐々に大きくなります。良性腫瘍に分類され、種類は線維性、骨性、棘細胞性の3種類があります。
 分類こそ良性腫瘍に属しますが、厄介なのが棘細胞性エプリスです。棘細胞性エプリスは、腫瘍細胞が周囲に侵潤していき、骨を溶かすものなので、あごの骨と歯を含めて腫瘍を広範囲に切りとらないと再発します。口腔内の腫瘍にメラノーマや扁平上皮癌、線維肉腫などの悪性の癌も多いのですが表面からふくれるように飛び出す腫瘍はほとんどがエプーリスです。

原因
 特に高齢犬が多く、 ホルモンの内分泌の異常や歯石などの歯肉炎が刺激となって引き起こします。

治療
 細胞検査の為、麻酔をかけて細胞をとります。大人しい場合は麻酔をかけない方法もある。線維性、骨性の場合はレーザーや電気メスなどで焼いて切除します。その時、歯石などもとってもらう。棘細胞性の場合は上記に述べたとおり、再発しないように広範囲であごの骨と歯を含めて腫瘍を切りとります。その他放射線治療もあり、こちらの方が時間も短く負担は少なく、症状によってはあごの骨と歯を切除しなくていい場合があるが

対処
 普段から口の中をチェックして歯磨きやデンタルケアなどで歯石を貯めず口の中を清潔に保ちましょう。

 
 

 




【編集】 |  10:57 |  犬の病院関連  | CM(2) | Top↑
2015.07/24(Fri)

歯科専門の動物病院に行って来ました 


 往路は外環に乗ったらもう事故渋滞が始まっていました。その地点を過ぎると又10km先で事故の繰り返しで、のろのろ運転の連続でした。高速30km、一般道20km+8kmですから、走行所要時間は余裕を見てドアーtoドアーで2時20分見ていたのですが、2時間40分もかかってしまいました。
復路は順調な走行が出来ました。

今日は疲れたのと、飲んだので、詳しくは明日書くことにします。



 




【編集】 |  21:20 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/23(Thu)

通院日の谷間 


 昨日の都心の最高気温は32.8℃(練馬は34.5℃)でした。
有名な館林は38.2℃だったようです。


 昨日の夕方の散歩は18時30分位から19時にかけてでした。夕方涼しくなるのは日が陰ってからですし、19時頃になると薄暗くなるので、今はこの時間帯にしています。
 もうこの時間帯では散歩している犬連れも少なく、我が組だけの寂しい散歩になりました。


 今朝は早朝雨が降ったようですが、朝起きてみると既に雨は止んでいました。曇り空で昨日までに比べますと幾分過ごし易い天候です。
 今日は外出の谷間です。一昨日、昨日と通院が続きましたし、又明日、明後日と続くますので、今日はゆっくりとしています。
明日はアランとラヴィとを無麻酔の歯石除去に行く予定で、予約を入れています。歯の着色は多少あるのですが、口臭が無い?ようなので、軽症であることを祈っています。
 「歯周病の予防は歯石を取ることでなく、歯石が付かないようにすること」とホームPに書いてあるのですが、小型犬の場合口の中は見にくいし、特に奥歯には苦労しています。「奥歯の方が易しい!」と受付の方がおっしゃっているのですが、その方法を覗ってみようと思っています。「歯石が付かないようにすること」は人間に対しても応用出来そうかも知れません。























 




【編集】 |  11:09 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/22(Wed)

耳鼻咽喉科へ通院 


 昨日の都心の最高気温は33.9℃で猛暑日とほぼ同じだったそうでこの夏一番の暑さだったようですし、猛暑で有名な館林は37.3℃だったようです。ここの所連日の猛暑が続いています。


 昨日に続く連日の病院通いで、今日は月一の耳鼻咽喉科への通院でした。
この耳鼻咽喉科月一回の通院はC-papのレンタル料を健康保険適用条件になっているためです。
 毎回持参したメディアカードを読んでいただくだけの診断です。

 何か変わったことはありますか、器械もうまく使われているし、AHIは0.6です。よい数値です。

ほんの1~2分の話しでした。このために、病院に1時間位居なければいけないのでした。


 ここで、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断についてあらためて書きますと、

 耳鼻科では、問診した後で簡易PSG(スクリーニング)を貸与され夜自宅で着けて寝ることになる。多くは就寝中の鼻口気流、気管音及びSpO2の記録です。

 簡易型検査装置でSASである可能性があると判断された場合、一泊入院して、さらに詳しい終夜睡眠ポリグラフ(PSG)を行い、睡眠中の低酸素状態や脳波による覚醒状態、鼻口気流の途絶・再開、胸腹部の呼吸運動などからSASの状態を詳しく判定します。
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)を確定するためのポリソムノグラフィー(Polysomnography:PSG)という検査は、病院に泊りがけで行う検査法で、頭や顔、体の必要な部位にテープで電極を貼りつけ、実際に一晩眠りながら脳波や呼吸、眼球、筋肉の動きなどを記録し、睡眠の状態について調べるものです。

【 PSGで測定項目の例:
脳波、呼吸、四肢の運動、あごの運動、眼球運動、心電図、酸素飽和度、胸壁の運動、腹壁の運動、体位、体動、血圧 】

この結果を解析し、正常な睡眠の経過と比較することで、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断が行なわれます。























 




【編集】 |  14:01 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/21(Tue)

リハビリに行ってきました 


  昨日の都心の最高気温は33.5℃だったそうで、甲府と館林は36.0℃だったようです。昨日は、一昨日の最高気温こそ超えていませんが、それでも大変な暑さでした。
今日も朝から照りっぱなしで、病院の露天駐車場に1時間強の間駐車していますと、車内は火傷すると思われる程の温度になっていました。


 リハビリでは仰向けだったり、俯せだったり、脇を下にして寝たりして施術を受けたのですが、その限りでは腰の痛み(主として左腰)はそれほど無くて、どちらかと云えば、イタキモチイイ、ような感じでした。腰以外で痛みを感じたのは太ももの表側が張って痛いことでした。体位によっては腰に痛みを感じないといえるのですが、それが立ち上がると痛み、歩き続けるともっと痛いというのが泣き所です。


 リハビリでは、歩くことだけが運動ではない、腰が痛くても出来る運動はすること、との身に染みるような言葉がありました。
というのは、私が、腰が痛くて散歩することが出来ないこと、やTVの健康番組で、健康年令の維持、高血圧やボケの防止等に、散歩それも通常の速度と早歩きのインターバル歩行が極めて重要なこと、が放送されていることを話しましたら、先の言葉が聞こえたわけです。リハビリを約40分位受けると、私の息が上がるのを見ての指摘でした。



















 




【編集】 |  16:19 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/20(Mon)

梅雨が明けて猛暑来る 


 昨日は日本海に在った台風から変わった温帯低気圧の影響も完全に消えて、関東地方の梅雨明けが発表されました。
朝から天気がよく、気温もぐんぐんと上がって、都心の最高は34.8℃、館林は37.8℃だったようです。
 今日は「海の日」とか、何だかピンと来ない祝日です。毎日が休日の我が家にとっては休みが増えても関心がありません。


 去る14日は夏休み前の最後のスクールガードでしたが、その雑談の際に求められた語句の意味の一端を追々書いてみます。
普段何気なく目にしている字句の意味を改めて調べてみると、実に面白いものです。
最 近は腰の具合で家に籠もりがちで折に触れてnetサーフィンをしています。その一環で、今回は「梓」について、webのコピペを交えながら書いてみます。


 梓は、昔の“歌手・梓みちよ”の名字で、(随分古い!)で中高年層ならご存じだろうと思います。

その「梓」(あずさ、し)は、元来樹の名前であり、別名を「木王」といい、百木の長として尊ばれたそうです。

 昔は、「版木」に使われたため、転じて「上梓」「梓行」のような「印刷・出版」に関する表現に残っています。ただし、「梓に上す(しにじょうす、あずさにじょうす)」、「梓に鏤める(しにまとめる、あずさにまとめる)」のように、この意味の「梓」を「あずさ」と読むこともあるそうです。

 【上梓する】という表現はよく聞く言葉ですが、これは梓(あずさ)(キササゲ)の木を版木に用いたところから来たもののようです。

1 文字などを版木に刻むこと。
2 書物を出版すること。「論文をまとめて上梓する」、「処女作を上梓する」

のような意味で使われます。普段何気なく目にしたり使ったりしている語句も元を辿っていけば面白いものです。



 朝起きて、シャッターを開けて網戸にしますと、早速アランが来て、外気を十分に味わっている見たいでした。












 





【編集】 |  09:01 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/19(Sun)

これは方言?・スカブラ&ギシギシ 

 
 私は九州の出身です。炭坑とは何の関係もありません。昨日、ふとしたことで故郷を離れて以来一度も使ったことがない言葉、「スカブラ」(すかぶら)という言葉を思い出しました。どういう切っ掛けで思い出したのか不思議でなりません。案外、歳を取った所為で昔のことをふっと思い出したのかも知れません。


 皆さんは「スカブラ」って言葉が分かりますか。子供の頃使っていたのは、確か「なまけもの」という意味で使っていました。
ネットサーフィンついでに、キーワード「スカブラ」で検索してみますと、発祥は筑豊地方の炭坑ですが、今では、その言葉は「全国区」で使われているようです。

 その意味は、

・ スカブラの語源は、「仕事がスカん(好きでない)でブラブラしている」からだという語呂あわせのようなものから、
・ クジでいうところのハズレの「スカ」で、無能なくせにブラブラしている馬鹿な奴という悪意に満ちたものまであるが、

共通するのは皆ブラブラしていることである。

・ スカブラとは、仕事をさぼって遊んでばかりいる人。(仕事をサボってブラブラしている人)
・ 勉強しないで山や川で遊んでばかりいる子供や、
・ 仕事はそっちのけで山芋掘りや川ガニ獲りにうつつをぬかす男がスカブラであり、「スカブラモン」とも言う。

ということのようである。興味の向きは、

  


  ココ→、
  と  ココ→

をクリック下さい。



 又、もう一つ言葉を思い出して検索してみました。雑草の「ギシギシ」と呼んでいたものです。

 私は中学校の低学年まで2~3年間小鳥のメジロを飼っていました。当時も野鳥を飼うことは法律で禁じられていたのではないかと思っていますが、当時は何のためらいもなく飼っていました。竹ヒゴを組んだ鳥かごを使っていました。
オスのメジロは自分の縄張りを主張するために、連続的に啼くのです。これを「タカネを張る」と称して啼き比べをさせるのです。今でも郊外の高い木の先端で一種独特の連続的な啼き声が聞けると思います。

 「タカネを張っている様」をyoutubeで見つけました。メジロの姿は日本の産とは違う(羽根の色が変に黄色っぽい)ような感じですが、鳴き声は同じような感じです。

 興味の向きは、
                   コチラ →


 見慣れたメジロの姿は次の動画の方がぴったりですが、こちらは啼き声が永く続かず、途切れ途切れです。名鳥は鳴き出すと永く続けて啼くのです。

                   コチラ →


 こちらの方が良く啼いているようです。TVアンテナらしきものに停まって啼いていますので、野生(自然)状態のものでしょう。

                    コチラ →

 そのエサは、きな粉、卵の黄身の乾燥したものとギシギシの葉ををすり鉢ですり潰したもの、の所謂すり餌でした。すり餌は毎日作らなければならないので相当な負担です。
 どうしてギシギシの葉だったのか、当時は何の考えもなくほとんど無意識で使っていましたが、今考えてみますと、四季を通じて手に入れることが出来たからではないかと思っています。ギシギシはそれ程生命力が豊かで野原に行けば何処でも生えていました。
 この「ギシギシ」をキーワードで検索しますと、しっかり「全国区」になっていることに驚きました。今まではてっきり方言だとばかり思っていました。













 




【編集】 |  09:04 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/18(Sat)

地域包括支援センター(介護サービスの窓口)に行く 

 
 昨日は介護サービスの窓口(ケアーマネージャー)の所に伺って、8月10日以降のリハビリについて聞いてきました。今は病院のリハビリを受けていますが、病院では術後150日しか受けられないので、それ以降の事について聞きたかったのです。

 普通デイケアーは介護を要する老人を朝車で迎えに来て、夕方又送ってくる形ですが、私の場合はリハビリに特化して、送迎は要らないので単にリハビリだけを希望したいのです。

・ 各センター毎にメニューに差異がありうること。
・ 自己負担は、週2回程度で月額7,000円程度(従って残りの8割は公費負担)
・ その他に「選択的サービス」もある

ということで、2ヶ所の名前と電話番号を教えていただきました。
 そこへ各自で電話して、見学やリハビリ体験、等を決めて、ケアーマネージャーにその内容を報告して、契約してから「見学やリハビリ体験」が出来るという内容でした。

 私は電話で予約して、体験してみて、それで私とデイケアーセンターと契約すればよいものと思っていたのですが、如何にもお役所仕事的な感じがしました。
(私とデイケアーが契約して、その内容をデイケアーからケアーマネージャーを報告すれば済むことではないか。)



 棒状のジャキーをあげると、両前足で支えて立てて持って食べる姿が可愛くて、撮ろうと思ったのですが、動きが激しくてコンデジではピンボケになり、撮れませんでした。








 私がパソコンを打ち出しますと、デスクの右側、障子との間に寝そべっていました。





 




【編集】 |  07:49 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/17(Fri)

誰もが自分のワンコが一番可愛い(と思っている) 

 
 大型の台風11号は、16日夜、高知県室戸付近に上陸し、7日午前5時には香川県丸亀市の西30キロを1時間に20キロの速さで、17日午前6時すぎに岡山県倉敷市付近に再び上陸しました。何しろ速度が遅いので、一晩かけて四国を縦断したことになります。
 未だ影響は残っていますが、大規模な冠水被害こそあったものの、以前の台風や集中豪雨のような大規模な山崩れ(深層崩壊)や土石流が起こらなかったことは、多数の死亡者行方不明者が出なかったことは不幸中の幸いだったかも知れません。



 15日のTV「生き物にサンキュー」で犬について特集していました。
その番組を見ていて、アランも同じような行動、振る舞いをするのに接していて、微笑みながら見ていました。


・ ヤキモチ焼き
 母親が子供に構っていると、犬がその間に割り込んで来て、子供を攻撃する光景がありました。
アランは散歩の時、私が他の方と話していますとワンワンと吠えて間に入って来て話の邪魔をしょうとしたり、他の犬を撫でたりしますと吠えて間に割り込んで来たりします。
ご主人様が自分(飼い犬)以外に意識を移すことに我慢がならないようです。

・ ストーカー
 お母さんがじっとしているとその傍に静かに横たわっているのですが、ちょっと場所を移動するとすぐに付いてまわります。トイレのドアーを開けると先に入ってしまう程でした。
これとアランの行動が全く同じなのです。いちいち付いて回らなくてもよいのにと思うのに、リビング、私の部屋、トイレと付いてまわります。私が家に居るときは家内には無関心なようです。ただ、トイレに先まわりすることはありません。
しかし、私が家に居ないときには家内に対してストーカー的振る舞いをするようです。

・ 抱っこ大好き
 TVではやっていませんでしたが、アランは抱っこされるのが大好きです。でも飼い主としては赤ん坊をダッコするような形は取りません。でもこうすることが好きかも知れませんが、飼い主都合で左小脇に抱えるのです。長毛なので大きく見えますが、体重3.5kg位なのでダッコするのも楽です。


・ 何ごとかしゃべる
 アランをダッコして話しかけますと、ウ-ウ~ウ-と反応します。何かしゃべっているのか文句を云っているのか分かりません。散歩から帰って、ダッコして足を洗ってやっている時はきっと文句を云っているのだと思っています。

・ 飼い主以外の人に従順になる
 IK氏宅のダックスは私がお宅に行くと最初は吠えていますが、私が家に入ってしまうと吠えるのを止めてしまいます。帰ろうと腰を上げますと又吠え始めて、玄関を出ても吠えています。
 私以外の場合にはずっと吠え続けているそうです。K氏は「Tさん(私のこと)を訓練士と思っている、、、」と話しています。
でも昨日の番組を見て初めて分かりました。Kご夫妻は愛犬が催促したら、その求めに応じて対応を取っているのだろうと思います。犬は自分の要求に応じて飼い主が対応してくれる(犬主体の対応)ものと理解しているような感じです。
 犬を従順にするには、常に物事は人間が起点になり、犬の要求は聞かないこと。


・ 新聞等を運ぶ
 フェリー港に勤務する方の愛犬(ダックス)が新聞配達のバイクの音に反応して玄関まで行って新聞を受け取り飼い主の許へ運んだり、お父さんの部屋の新聞を回収したり、
郵便物を受け取り運ぶ模様が放映されました。実に微笑ましい光景でした。
 私が子供の頃、実家でハチと云う雑種犬を飼っていました。実家は30m程S状の敷地を昇らないといけないのですが、ハチは家の人と他人と足音を聞き分け、他人の場合は吠えていたように覚えています。
 それに引き替え、今の犬は門扉から玄関までの僅か4~5m程の間も足音の区別も出来ません。勿論、我が家の犬は新聞運びなどは全く出来ません。(ダンベルの持来は出来るので、若いときに訓練すれば出来るようになったかも知れません。)

・ 可愛い犬(自分の)に皆が注目していると思っている
  誰もが自分のワンコが一番可愛いと思っているようです。


 




【編集】 |  08:38 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/16(Thu)

保険医療費が赤字・要因の一つ 

 
 都心の昨日の最高気温は33.2℃だったそうで一昨日よりも心なしか過ごし易い感じでした。
今朝は大型の台風11号の余波で断続的に雨が降っています。11号は四国地方の南方に在って、今晩から明日にかけて、九州、四国又は紀伊に上陸すると思われますが、気圧945hpaと強く、速度20kmと遅く、進行右に大きな雨域強風域を持っているようです。

 話は変わって、昔ある大先輩が、

“歳を取ると病院通いが増えて、産科婦人科以外は全部かかっている云々”

と云われていたことを思い出します。自分も歳を取ってくるとその事が実感されます。
 先般は乳房が痛くなり、男性でも乳ガンの不安のため、乳腺外来に行ってきました。自分でも乳ガンでは無いだろうとは思っていましたが、専門の医者に診て貰うのが一番よいと思ったわけです。男性で有りながら婦人科に一歩近づいたわけです。
腰の手術をしてから常時コルセットを着けていますが、腰部及び腹部を締め付けますと、胸部が外側に押し出されてきます。その押し出された頂点に乳房にありますので、下着と擦れて、その刺激の連続により、3ヶ月余りの間に乳房が張り出し、しこりが出来、そこが痛む、ものと思っています。

 診察の結果は、

女性化乳房症です、よくあることです

ということでした。


 そこで「保険医療費が高い要因の一つ」と思われる点をあげてみたいと思います。

 私の場合、「よくあること」の診断だったのですが、医者の診察の前に、X線撮影やマンモグラフィー検査をしたのです。「よくあること」なら、まず診察をしてから、疑わしいものだけを各種検査を受けるように、順序を変えるだけで、医療費は格段に安く(数十分の一になる)なります。
 病院側は“良い鴨だ”という訳で、保険医療制度で許されている範囲の、本来は不要な過剰な検査を行い、患者は“病院を信頼して任せっきり”になり、医療費本人負担額が格安なことも要因ではないかと思っています。















 




【編集】 |  07:57 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/15(Wed)

某科への通院 

 
 昨日の、都心の最高気温は34.3℃、勿論今年の最高だったようです。この日の国内最高は館林の39.3℃だったそうでいよいよ真打ちの登場です。

 仙台でも最高33.6℃だったようです。まだ競技会に出ていた頃、東北地方なら涼しいのだろうと思っていました。年一回の旅行を兼ねて競技会に参加して、大変な暑さにまいったことがありました。仙台の競技会は毎年7月に催されるのです。首都圏が暑い時には仙台だって暑いのです。それも7月中旬ですから真夏も真盛りの頃です。


 以下、俗人の戯れ言です。

 今日は十ンん年通い続けている科に通院してきました。ただ薬を処方していただくだけですが、予約制なのに時間がかかってしまいます。
 診察(問診だけ)の待ち時間、精算の待ち時間、そして薬局の待ち時間です。この中で一番時間が掛かるのは薬局です。TVの番組で見たところでは、処方間違いを防ぐためにダブルチェック等を行っているのだそうです。毎回同じ薬ですから、もっと早くなりそうなものだと思ってしまいます。
 精算は都度コンピューターにインプットしているようですが、前回と同じ場合(コンピューターなら即座に分かります)は前回のデーターを呼び出すようにすれば良いのではないか、大部分の老齢の患者は、慢性病が多く、それもリピーターですからそれは可能ではないかと思ってしまいます。














 




【編集】 |  11:49 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/14(Tue)

とにかく暑い 

 
 昨日の、都心の最高気温は34.2℃、勿論今年の最高だったようです。この日の国内最高は新潟上越の38.5℃だったそうです。毎年高温を記録する埼玉や群馬の各市でも猛暑日だったようです。

 昨日は病院に通院(リハビリ)したり、ワイフの買い物に付き合ったりしましたが、車を駐車中の車内の暖まり(と云うより異常は高温上昇)具合が尋常ではありませんでした。病院の駐車場は露天ですが、一時間留めていると、車内は触ることが出来ない位暑くなっていました。エンジンをかけてエアーコンを入れ車内が涼しくなるまで、待機です。家まではものの10分ですが、それ位の時間を潰してしまいました。

 車には走行メーター(走行距離、ガソリン消費量、平均走行速度)が付いていますので、エアーコンを作動させた場合とさせない場合との差異を見ることが出来ます。猛暑の時期以外の時は、私は努めてエアーコンを使わないことにしていますが、この猛暑には抵抗出来ません。
















 




【編集】 |  12:09 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/13(Mon)

リハビリの記 

 
 昨日は、都心の最高気温は32℃、埼玉や群馬の市では35℃超えの真夏日になったようです。今日も都心の予報は33℃で昨日よりも上がる模様です。

 リハビリを病院で受ける場合には、術後150日という制約があるようで、それ以上は介護保険で受けるつもりですが、どういう手続きが必要なのか、これから介護センターに電話して確認するつもりです。

 今日はリハビリの日でした。いつものメニューで受けたのですが、私の痛みは本当に神経から来る痛みなのか、今まで動かしていないためのものか理学療法士は頭をひねっているようでした。

 腰に響くリハビリ動作は極く限られていて、大部分の動作では腰に響かないのです。例えば椅子に座っている場合には痛みはありませんが、ひとたび立ち上がりますと、途端に腰に痛みを感じて、それが坐ったり或いは横になったりするまで続いています。

 昨日21時からNHKのTVで『NHKスペシャル「腰痛・治療革命」、世界が認めた最新対策、長引く腰痛・原因は脳劇的改善の可能性あり』が放送されましたが、脊髄等に何ら原因が無いのに腰痛がある症状を心理療法で改善するものでした。
私の場合は腰部椎間板狭窄という原因があるのですから、この療法の対象外かも知れません。


 土曜日に神経を取った右上の奥歯のその後ですが、今朝起きると昨日よりも痛みは軽くなっていました。このまま良くなることを期待しています。




 朝起きてシャッターを開け、網戸にするとアランは、その場所をしばらく占領していました。















 




【編集】 |  13:33 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/12(Sun)

歯のその後(神経を取った筈の歯が痛む) 

 
 今日も晴れで、都心の最高気温は32℃の予報です。全国的に有名な埼玉県の市では35℃の猛暑日になりそうだそうです。

 昨日入念に神経を取った右上の奥歯の様子ですが、一晩過ぎると大分良くなって来たみたいです。これでやっと永年の鬱陶しさから一つ解放されそうです。

 その発端は噛むとその辺りが痛かったのですが、どの歯か特定出来ませんでした。勿論x線写真を撮って、この歯だろうと検討をつけたのですが、痛むにはどうして痛むのか原因が有る筈なのにその原因が思い出せません。
 その歯は被せ物をしてブリッジの支え歯だったので、歯医者は被せ物を取るのは勿体ないからというので、被せ物の上から穴を開けて神経を取ったようです。その神経の取り方が不十分なため、痛みが継続していたと推定されます。
今回はブリッジを取り外しましたので、痛みが治れば新規製作になります。


 




【編集】 |  10:45 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/11(Sat)

神経を取った筈の歯が痛む 

 
 今日は13?日振りの真夏日で、都心の最高気温は31.3℃だったようです。午前中から2回車で外出したのですが、車を停車している間に車内の温度は急上昇でした。

 右上の奥歯が痛いことは以前に書いたのですが、今日歯医者に行って詳細に診て、対処してもらいました。x線画像では現れない神経の細かい分岐等がある場合や神経を完全に取り切れていない場合に痛みを感じることがあるそうです。

 歯茎に麻酔をしてから、ドリルで削孔し、神経を入念に取りました。合計時間は50分位かかりまして、途中でうがいがありましたが、口を開けているのにも疲れましたし、歯医者さんを50分も拘束してしまって申し訳ないような気持ちです。
その歯の状況ですが、21時過ぎの現時点では痛みがありますが、日時が経っていくにつれ痛みが取れることを願っています。


 




 
【編集】 |  21:27 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/10(Fri)

久し振りの晴れ・暑くなりました 

 
 今日は晴れて朝の内はそれ程でもなかったのですが、お昼頃から気温が上昇して来て暑くなりました。気温も高いのですが、湿度が高くて蒸し暑く感じます。

 今朝は女房を保健センターに送ってから、水辺公園まで車で行って、ミニ散歩をしました。公園の広場では、グラウンドゴルフをしていましたが、久し振りの晴れ間を無駄にしないように頑張っているようでした。

 今日はラヴィが来てくれました。この前に来たのは6月25日ですから約2週間振りになります。






 ピンボケ気味ですが、そのままアップします。






 犬2頭の歯の検査の予約が7月24日に取れました。過去何度もかかった上尾の歯の専門病院では歯の検査や歯石の除去は麻酔が原則です。これも前に一度かかった日大松戸歯科の無麻酔が閉鎖になってしまったのですが、ここの元教授が花小金井で歯科専門病院を開設されているとの記事をある方のブログで見つけ、早速メールして電話番号を教えていただいたわけです。
 予約の時に“歯の前の部分は磨けていると思うんですが、奧の部分が見えないし難しくて出来ません”と云いましたら、女性の受付の方が“奧の方が易しいのですよ”と云われました。果たして、どういう風にするのか楽しみです。


 アランはちゃぶ台の下に避難しているようでした。













 




【編集】 |  14:30 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/09(Thu)

netサーフィン 

 
 今日も朝から曇っていて、気温も低めです(最高気温が22℃の予報)。今日の午前中は所により時には強い雨が降るかも知れないという予報です。

 昨日書いた、日本百名山の一つ瑞牆山(みずがきやま)に関連して百名山をプリントアウトしてみました。その百名山にはリストアップされてはいないものの古里に近い山〃についてサーフィンして見ました。
そうしましたら、海抜600mクラスの山も出ているのに驚くました。


 私の故郷は東に福智連峰の山々を望む所にありますが、主峰の福智山(海抜900m)を中心に名前を記憶している山々が並んでいます。それらを検索して懐かしく読みました。確か中学校と高校の校歌にも福智山の事が歌われている事を思い出し、キーワードを入力しましたら、歌詞を出て来ました。
 福智山には小学校高学年の時、遠足で山頂まで登ったことを、うろ覚えですが、覚えています。遠足の道中の事はほとんど忘れてしまって覚えていないのですが、何故か、頂上も間近な所で急な岩の崖を上っているシーンを覚えています。市の西方にも山群があるのですが、ここも出ています。

 はるか南の方角には英彦山(ひこさん)がありますが、この山群が大分県との県境であり、もう一方が添田(名前は聞いたことがあります)であることも初めて知りました。

英彦山を検索すると、次(net検索の抜粋です)、

 英彦山(ひこさん)は、福岡県田川郡添田町と大分県中津市山国町とにまたがる標高1,199mの山である。耶馬日田英彦山国定公園の一部をなす。日本百景・日本二百名山の一つ。また、弥彦山(新潟県)・雪彦山(兵庫県)とともに日本三彦山に数えられる。
 福岡県内では、大分県日田市との境にある釈迦岳(1,231m)に次いで2番目に標高が高い。山域は福岡県と大分県の県境未確定地域となっている。
 英彦山は羽黒山(山形県)・熊野大峰山(奈良県)とともに「日本三大修験山」に数えられ、山伏の坊舎跡など往時をしのぶ史跡が残る。山伏の修験道場として古くから武芸の鍛錬に力を入れ、最盛期には数千名の僧兵を擁し、大名に匹敵する兵力を保持していたという。


 こうしてブログを書き込んでいるときもアランは側で寝込んでいます。もう12才(
20030721生)ですので、年の所為もあるのか、案外退屈なことが原因かも知れません。


 




【編集】 |  09:21 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/08(Wed)

昨日のスクールガードの雑談から 

 
 今日も朝から曇っています。夕方には小雨が降るという予報も出てます。
昨日のスクールガードの雑談のなかで、調べるように依頼のあった件は、

「甬」及び「瑞牆」

の読み方と意味に関するものでした。


  「甬」については、atokの手書き入力で音読みが「ヨウ」と分かりましたが、その意味は検索をかけてみました。

(1) 人がとんとんと上下に足ぶみする。《同義語》⇒踊。
(2) でこぼこの台地を切り開いて通した輸送路。
  「甬道(ヨウドウ)(そこを通る車や人が外部から見えないように、両側に土塀(ドベイ)を高く築いた通路)」
(3) 筒型のます。酒・穀物の量をはかるます。「斗甬(トヨウ)(一斗ます)」

と出ました。次に漢和辞典の「字源」でも引いてみました。「甬」は「湧く」、「踊る」や「通る」等に用いられていますが、単独の意味は、

・ 宮禁(キュウキン・帝王の御殿)のかよいみち
・ 道の両側を塀で覆いしもの
・ 物の量の名、今の斛(“石”と同じ、約180リットル。 容積を量るための枡や桝目。音読み:ゴク、 コク、 訓読み. さか)

となっていました。


 次に「瑞牆」ですが、atokの手書き入力で、まず「瑞」を入力し読み(音、訓)を調べ、次に「牆」の(音、訓)を調べます。次に「瑞牆」をコピペして検索にかけます。
すると「みずがあき・やま」と出てきました。読み方は分からないときには、検索にかけようがないので、手書き入力しますと便利です。

 瑞牆山(みずがきやま)は山梨県北杜市(旧北巨摩郡須玉町)にある標高2,230mの山で、奥秩父の山域の主脈の一つ。旧須玉町域の最北部にあたる。日本百名山のひとつ。

瑞(音:ズイ、スイ。訓:みず)
牆(音:ショウ。訓:かき)

 「瑞牆」とは神社の周囲の垣根(玉垣)のことだそうで、山名の由来は山稜を三分割する「みつなぎ」の転訛説や、崖を意味する「がき」に由来する説などがあるそうです。


以上、どうでもよいような話しでした。



 アランはパソコンを打つ私の側で、カドラーに寝そべっています。
最初は眠り込んでいました。











 シャッターの音に眼を覚ましました。「ナヌー!何事だ!」と云った表情です。




 




【編集】 |  09:01 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/07(Tue)

今日も曇り 


 今日は雨こそ降っていないものの朝から曇っています。相変わらず路面が濡れているので散歩には連れ出していません。


 今日はスクールガードの日です。スクールガードの雑談のなかで、調べるように依頼のある件については、日頃物事を深く突き詰めていない事柄についての問題提起が多く、非常に勉強になります。
 毎回問題提起する方は、そういっては失礼ですが、年の割に”物事に興味を持つというか非常に向学心に富んだ”方です。普通高齢になりますと、寡黙になったり、或いは物事に無頓着な方が多いように思われるのですが、こんな例とは異にしています。


 昨日はともすると肌寒さを覚えるような小雨の降る天気でしたが、今日は最高気温が23℃位になる予報です。お昼頃と夕方には小雨が降る予報ですので、スクールガードの時には雨は避けられます。



アランはパソコンを打つ私の側で、カドラーに寝そべっています。















 




【編集】 |  08:54 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/06(Mon)

天候不順で気温も低い 


 今日も朝から小雨が降って昨日と同じような天気です。今日はずっとこのまま気温が上がらずに21℃位の横ばい続きの予報です。

 午前中はリハビリに行ってきました。
仰向けに寝て膝を曲げた状態ですと腰には響かないのですが、その状態で膝を伸ばしますと腰に痛みが来ます。殆ど大部分の体位では腰は痛くありませんので、俯せになっても仰向けになっても、腰が痛まないときには健康体と変わりありません。

 仰向けに寝て片足づつ、膝を伸ばしたまま、ぐっと上に持ち上げて大腿骨を曲げますと、太股の裏側に痛み(つっぱり)があります。又、俯せに寝た状態で、膝を深く折りますと、やはり太股の裏側が痛みます。この四つ(片足づつ)の運動は理学療養士が行いました。この両方の痛みは運動不足のために、筋肉が細って固くなっている所為だろうと思われます。

その他、いろんな運動をやったのですが、腰が痛くない場合には、全てが健康体と同じように出来ることが再度確認出来ました。

リハビリを終えて談話室にTVを覗いて見ましたら、日本はアメリカに5:2で負けていて少々がっかりしました。


 アランはパソコンを打つ私の側で寝込んでいます。















 起こして見ますと、多少寝ぼけ眼です。










 




【編集】 |  12:45 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/05(Sun)

天候不順な毎日 


 ここのところ雨が降ったり止んだりするすっきりとしない天気が続いています。この天気は本州の南岸には停滞した梅雨前線の影響だということですが、これから台風第9号や台風第10号の間接的な影響もあるのかも知れません。

 酷くは無いのですが雨が降り、路面が濡れているため、アランは身体が汚れるので散歩には出さず仕舞いでした。最近は私の腰の調子が悪く、特に前屈みやしゃがむ姿勢が取りつらいために、シャンプーを避けているのが実情です。


 アランは室内では専ら寝てばかりでした。私がパソコンに向かっている間中寝てばかりです。
ただトリーツを取りに私が冷蔵庫に行くときはそれと察してぐるぐると左回りしながら付いてきます。この時だけがアランの運動かも知れません。


 カメラに気づいて、僅かに振り返りました。





 顔を横向きにして寝ています。





 




【編集】 |  14:07 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/04(Sat)

快気祝い・内祝い 


 核家族世帯では世事に疎くなるのは困りものです。店員ならいろんな事態を経験していると思われるので、率直に事情を話して助言を受けるのも一方法だったかなと思っています。

 昨日、
「本当は快気祝いを出すほど治ってはいないのですが、見舞いを頂いてから余りにも長期間お返しをしないのは、精神的に圧迫感みたいなものが心に閊えていましたので、快気祝いの依頼に行きました。」
と書いたのですが、未だ治りきっていないのに「快気祝い」も変だな、とは思っていました。


 webで検索して見ますと、私の場合に適合するようなQ/Aが見つかりました。

Q:
 入院中にお見舞いを頂いた方へ退院後に快気祝いを送る場合、退院はしたけれど、現在自宅療養中です。まだリハビリ中で完治には至っていません。完治までの療養期間はまだ分かりません。快気祝いを贈るタイミングとしてはいつ頃がいいのでしょうか?

A1:
 退院しても完治に時間がかかる場合や難しい場合、お返しを急ぐ必要はありません。
ちなみに私は一年半前に手術のために入院して様々な方からお見舞いをいただきましたが、完治はあまり望めない病のため(現在も闘病中)退院後二ヶ月ぐらいでお返しをしました。「快気」は使用できなかったため、単に「内祝」と表書きして結び切りの水引にしました。

A2:
 快気祝いはお送りになりにくい状況でしたら「退院内祝」とすることもできます。


 私の場合は「退院内祝」がぴったりだったのです。



 いつものスナップです。
















 




【編集】 |  08:16 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/03(Fri)

昨日の散歩は 


 昨日は、気温はそれ程上がらなかった(都心では最高気温26℃?以下)でしたが、湿度が75.5%もあり、蒸し暑い気象でした。


 午後おおたかの森SCに快気祝いの依頼に行きました。本当は快気祝いを出すほど治ってはいないのですが、見舞いを頂いてから、余りにも長期間お返しをしないのは、精神的に圧迫感みたいなものが心につっかえていました。
 本当は、こんな場合どうしたらよいのでしょうね。


 夕方、18時15分頃からハガキを投函しに、アランを連れて行きました。往復で約30分の散歩でした。コルセットは着け強めにしましたが、極く短い距離なら問題無いのですが、10分を超えますとやはり腰が痛くなり、歩くスピードを極端に遅くしないといけない位でした。
 アランは道端の臭い嗅ぎばかりしてなかなか前に進んでくれませんでした。訓練中ならしかるところですが、引退した現在ではよほどのことでも無い限り自由にさせています。訓練中のある方の愛犬は、臭い嗅ぎやマーキングを一切しないようにしつけているのだそうです。




 いつものスナップです。


























 




【編集】 |  06:20 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.07/02(Thu)

神経を取った筈の歯が痛む? 


 一昨日歯科に通院して来たのですが、またまた問題は未解決のままです。

 右上の奥歯なのですが、ブリッジする予定の欠歯の前後の歯は、奧の方が以前に痛みがあり、欠歯の前の方も今回痛みが出ました。所が、x線写真で見ますと、奥側も前側も神経を取った歯だそうです。
 その説明を受けましたので、今回は「しばらく様子を見ます」、ということでそのまま帰宅したのです。家に帰ってから確かめてみますと、垂直に噛みますとそれ程痛みは感じないのですが、手で横方向の力を加えますとやはり痛むのです。今度通院したときには、その事実を話して、対処法を考えてもらう積もりです。


 ずっと昔、未だ独身の頃会社の寮に住んでいた頃のことですが、そこでは診療所の若いお医者さん(確か久○田さん?)も一緒に住んでいました。ある時、こんな話をしてくれました。失ってしまって無い筈の足が痛むという話しでした。この話を思い出しweb検索してみました所、これが「幻肢痛」と呼ばれていることが分かりました。

 事件や事故などで腕や足を切断した患者が後に切断したはずの箇所の痛みを訴えることがあります。これが「幻肢痛」と呼ばれるものです。手足を切断することで存在しないはずの部分に感覚を感じることがあり、これを「幻視」と言い、幻視部分が痛むことを「幻肢痛」と言います。
 痛みは神経の切断後に脳に起こる変化が原因であるという説と、神経の断端からの刺激が脳に伝わって痛みを起こすのだという説や、心理的原因説など。どっちの説にももっともなところと、おかしいところがあり、まだ決着がついていないそうです。
今回の歯の件も、神経を取ってしまって痛むはずのない歯が痛い、何だか“んン十年”振りに昔の話を思い出しました。




 いつものスナップです。


























 




【編集】 |  08:30 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT