新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2015年10月
2015.10/31(Sat)

第22回リハビリ・第12回歩行訓練 


 29日もリハビリを受けてきました。
いつものようにストレッチとマッサージを受けた後、持ち込んだ補助歩行器を使って廊下を歩きました。
 両手をハンドルに乗せたり、歩行器に左に立って右手だけを使ったり、歩行器に右に立って左手を使ったりしました。ただ、歩行器に右に立って左手で歩行器を押した場合には、腰が段々と怠重くなりました。
 各200m歩きましたので、合計600m歩いたことになります。


 リハビリを終えて、ケアーセンターから運転免許センターの裏通りを2往復した後、運転免許センターの表側道路を通って同裏通りに出てから、ケアーセンターの駐車場に戻りました。
この距離は延べ2,550mになりました。これにケアーセンターの廊下分600mを加えますと、3,150m歩いたことになります。

 今日、聞いた話を纏めますと、

・ ケアーセンターとはリハビリによって、改善が見込まれる人が通い、デイセンターは現状維持しか見込めない人が通う ところのようです。
・ 負荷をかけた運動によって筋肉量が増えるには最低3週間以上かかるらしい。
  それ未満の期間の場合には、元々の筋肉が活性化?するだけで、筋肉量の増加は見込めないようだ。
・ しかし、手術前に運動することで、手術後の筋肉量の落ち込みを少しでも減らす効果はありそうである。 
・ 私の場合には左腰の筋肉の張りが強い。
・ 歩くときは、目線をもっと上げ、遠くを見るようにし、努めて姿勢を正すこと。





スポンサーサイト
【編集】 |  07:35 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/30(Fri)

第21回リハビリ・第11回歩行訓練 


 28日はリハビリを受けてきました。
いつものようにストレッチとマッサージを受けた後、持ち込んだ補助歩行器を使って廊下を歩きました。
約5往復しまして500mになります。

 注意されたことは毎回同じことですが、

・ 目線をもっと上げ、遠くを見るようにすること。
・ 努めて姿勢を正すこと。
・ 手術を受ける前に出来るだけ筋肉量の貯金を作っておくこと。


 リハビリを終えてからデイケアーセンター前の道路から運転免許センターの周囲をぐるりと一周しました。もう日暮れで人通りもあまり無いので歩きやすい感じでした。
 歩行距離は1660m程でした。デイケアーセンター分500mと合わせて約2.2kmになります。


 夜パソコンを操作していましたら突然、画面に「タスクビュー」と「WebとWin.の検索」だけが表れ、前にも後ろにも切り替わらなくなり、一番下段のアイコン群も消えてしまいました。自分で復元しようとしましたが無理でした。パソコンメーカーのサポートセンターに「0120」で電話し、約30分位待たされ、その後1時間以上もかかり、やっと復旧することができました。



【編集】 |  06:28 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/29(Thu)

テレビ買い換え・スクールガードの日・第10回歩行訓練 


 27日新しいTVが搬入されました。やはりよく写ります。以前のTVはリアープロジェクションの42型だったのですが、写りも悪くなったし、年数も経ったので買い換えたのです。買い換えはよいのですが、旧品の処分には多少困りました。旧品の処分は家電リサイクル法の適用外ということで、一般粗大ゴミ扱いで大人2人いないと運べない代物なのです。
 市の処理では1,080円、処理業者なら5,000~6,000円だというのです。幸い、新規品の搬入の方に道路際まで運んで貰うことができました。


 この日はスクールガードでした。この日も先輩の後についてグラウンドの外周を出来るだけ大回りで1周しました。約300m位でしょうか。自宅から学校までは100m位ですから合計500m位歩いたことになります。

 この日は「改竄」の「竄」について「読み方」、「意味」および「成り立ち」を調べて欲しいということでした。このコピペはread moreに記します。


 又、11時15分頃からAtokの言語バーの導入法について、ジャストシステムの窓口の方から電話で指導を受け導入することができました。


 16時頃から大堀川rspで散歩しました。高田運動公園近くに車を留めて、新堤橋から、ハンドル高さ95cmで歩行訓練しました。

車~250m~新堤橋~200m~新橋~440m~青葉橋~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~勝橋~~290m~新堤橋~250m~車

約2.4kmの行程でした。スクールガード分500mを加えると2,9kmになります。

・ ハンドル高さ95cmですと、両手で歩行器を押しても手はそれ程疲れませんでした。
・ 目線を高くとり、出来るだけ直立姿勢を取るように心がけましたが、長時間は続きませんでした。



【編集】 |  06:48 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/28(Wed)

歯の定期検査・#20リハビリ・第9回歩行訓練 


 一昨26日は11時45分から3ヶ月毎の歯の定期検査(歯周病内科)、16時からはリハビリ、その後歩行訓練をしました。

 歯の定期検査では、

・ 歯表面からのサンプル採取
・ 歯の点検
・ 歯石のスケーリング
・ エアーフロー*
 * ステインが強く付いている方には、通常のクリーニングだけでは完全に除去できない場合があります。そこで威力を発揮する   のがジェット噴流を使った"エアフロー"です。 これは炭酸水素ナトリウム(重曹)やグリシン(アミノ酸の一種)などの粒子を
   ウォータースプレーで吹きつけ、歯の表面に付着したしつこいバイオフィルム(歯垢・プラーク)やタバコのヤニ、コーヒーなどの   汚れを吹き飛ばしていきます。使用後は、歯の表面に汚れの再付着を防ぐためにPMTCで歯の表面をツルツルにしていきま    す。

の実施した後、下記説明がありました。

・ 歯茎からの出血は全くないこと。
・ 歯茎の後退は前回から進んでいないこと。
・ 今後の点検周期は3ヶ月でよいこと。
・ 細かくは右下奥歯の磨き方が余所よりも劣るので、もっと入念に磨くこと。
・ その部分は電動歯ブラシの外に部分的に通常歯ブラシを併用すること。
・ 歯の間は、歯間ブラシよりもデンタルフロスの方がよい。

 この後位相差顕微鏡の動画を見せていただきました。

・ 前回(3ヶ月前)よりは格段によくなっている。
・ 前々回よりは前回、前回よりは今回の方がよい。
・ 次回の予約は3ヶ月後としました。


 16時からはデイケアーセンターでリハビリを受けました。先々週からの歩行訓練の効果か、足や臀部の筋肉が随分張っていると指摘されました。ストレッチとマッサージを受けた後、持参した補助歩行器を使って館内廊下を歩いて理学療養士に見てもらいました。

・ ハンドル高さ100cmで、200m歩きました。
・ ハンドル高さを95cmに下げて、100m歩きました。
・ 又、ハンドル高さを100cmに上げて、100m歩きました。
・ ハンドル高さを95cmに下げて、左手を横に出して押し、100m歩きました。
・ 今度は右手を横に出して押し、100m歩きました。
・ 補助歩行器を使わないで、100m歩きました。

以上合計で700m歩きました。結論的には下記のことが言えるかと思います。

・ ハンドル高さは95cmの方が、腕が疲れないようだ。
・ 手を横に出して歩く場合も同様。
・ 補助歩行器を使わないと、50m位で腰が重苦しく、鈍痛が出てくる。



 リハビリが終わって、前の道路で歩行訓練をしました。ハンドル高さは95cmにし約1,100m位歩いてみました。館内で歩いた距離と合計すると今日は1.8km歩いたことになります。訓練開始してから24.87km歩いたことになります。





【編集】 |  06:17 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/27(Tue)

OSをwin.10に入れ替え実施・歩行訓練は無しに 


 一昨25日の午後からOSをwin.10に入れ替え実施しました。ついでに次の作業を実行しました。

・ Win.10へのup grading
・ Atok2015へのup grading
・ ウイルスバスターのクラウドへのup grading
・ その他5種類程の作業

をしました。なにせパソコンのセッティングには慣れていないので、思いの外時間がかかってしまいました。この日は関東地方は木枯らし1号が吹き、北海道は初雪が降ったそうで、暗くなってから外に出ては風邪でも引いてはもともこもありません。そのため夕方の歩行訓練は休止となりました。


 今日はラヴィが来てくれました。アランはラヴィと一緒の時にはドライフーズを食べてくれるので助かりました。ラヴィと一緒の時には競争心が沸くらしくて2頭が競い合うようにして食べるのです。
 ただ、焼き餅焼きのアランは、私がラヴィを抱いて椅子にかけていたときに、静かに寝ていました。普段のアランならこんなことはあり得ないことです。そんなに体調が悪いのか、
悪くないとすれば、私としては一寸寂しい限りでもありました。
 ラヴィと競ってトリーツを食べるアランを見ますと体調はそれ程悪いようには見えないところです。




【編集】 |  06:16 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/27(Tue)

歯の定期検査・#20リハビリ・第9回歩行訓練 


 一昨26日は11時45分から3ヶ月毎の歯の定期検査(歯周病内科)、16時からはリハビリ、その後歩行訓練をしました。

 歯の定期検査では、

・ 歯表面からのサンプル採取
・ 歯の点検
・ 歯石のスケーリング
・ エアーフロー*
* ステインが強く付いている方には、通常のクリーニングだけでは完全に除去できない場合があります。そこで威力を発  揮するのがジェット噴流を使った"エアフロー"です。 これは炭酸水素ナトリウム(重曹)やグリシン(アミノ酸の一種)などの粒子   をウォータースプレーで吹きつけ、歯の表面に付着したしつこいバイオフィルム(歯垢・プラーク)やタバコのヤニ、コーヒーなどの  汚れを吹き飛ばしていきます。使用後は、歯の表面に汚れの再付着を防ぐためにPMTCで歯の表面をツルツルにしていきま
  す。

の実施した後、下記説明がありました。

・ 歯茎からの出血は全くないこと。
・ 歯茎の後退は前回から進んでいないこと。
・ 今後の点検周期は3ヶ月でよいこと。
・ 細かくは右下奥歯の磨き方が余所よりも劣るので、もっと入念に磨くこと。
・ その部分は電動歯ブラシの外に部分的に通常歯ブラシを併用すること。
・ 歯の間は、歯間ブラシよりもデンタルフロスの方がよい。

 この後位相差顕微鏡の動画を見せていただきました。

・ 前回(3ヶ月前)よりは格段によくなっている。
・ 前々回よりは前回、前回よりは今回の方がよい。
・ 次回の予約は3ヶ月後としました。


 16時からはデイケアーセンターでリハビリを受けました。先々週からの歩行訓練の効果か、足や臀部の筋肉が随分張っていると指摘されました。ストレッチとマッサージを受けた後、持参した補助歩行器を使って館内廊下を歩いて理学療養士に見てもらいました。

・ ハンドル高さ100cmで、200m歩きました。
・ ハンドル高さを95cmに下げて、100m歩きました。
・ 又、ハンドル高さを100cmに上げて、100m歩きました。
・ ハンドル高さを95cmに下げて、左手を横に出して押し、100m歩きました。
・ 今度は右手を横に出して押し、100m歩きました。
・ 補助歩行器を使わないで、100m歩きました。

以上合計で700m歩きました。結論的には下記のことが言えるかと思います。

・ ハンドル高さは95cmの方が、腕が疲れないようだ。
・ 手を横に出して歩く場合も同様。
・ 補助歩行器を使わないと、50m位で腰が重苦しく、鈍痛が出てくる。



 リハビリが終わって、前の道路で歩行訓練をしました。ハンドル高さは95cmにし約1,100m位歩いてみました。館内で歩いた距離と合計すると今日は1.8km歩いたことになります。訓練開始してから24.87km歩いたことになります。





【編集】 |  06:12 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/26(Mon)

アラン動物病院へ(8回目)・8日目歩行訓練 


 一昨24日に動物病院に行ってきました。8時40分頃に着いて、院長を指名しました。院長希望は6番目でしたが、思いのほか時間がかかって、診察まで3時間30分位待たされました。

 今回の通院は、前回甲状腺機能低下症を疑って採血して検査に出していた結果を聞きに行ったのと、下記の症状がまだ続いている点でした。

・ 元気が無い
・ 食欲が無い
・ 軟便

 甲状腺機能低下の検査結果は問題なくてほっと安心しています。遊離サイロキシンの値は参考基準値(9.0~47.4pmol/L)の範囲に十分収まっており、また血清総サイロキシンの値も参考基準値(0.9~4.4μg/dl)の範囲に十分収まっているということでした。これで甲状腺ホルモン剤を一生飲ませ続けなければならない重荷からは解放されました。
 しかし、体調の3症状については原因が特定できないということでした。
食欲不振については、dry foodsを食べてくれないため、茹でチキン、チキンジャーキー、ドライフーズを用意し、ドライフーズは15g/回位を口の奥に押し込んでいる現状です。
しかし体重は4.4kgで減量がないのが実情です。

・ 下痢が1週間以上続く場合は問題だが、軟便(手で取れる)では緊急の問題はないだろう
・ 食事療法を続ける場合にはw/dが適している
・ コレステロールが僅かに高いとも云えるが、犬の場合これと各種梗塞じんの関係は明らかになっていない。これは犬の寿命が短いことに依る。
・ シェルティーでは腎梗塞で死亡の事例がある。
・ 大腸ファイバーは、アランの年齢上の制約があるが、最終的な選択肢である。

当面、今の投薬を続けて様子を見るこことする。



 この日の16時半頃から大堀川rspで歩行訓練をしました。

大堀川rsp遊歩道の今まで歩いた全行程は、

 上流より下流方向へ
駒木橋~700m~青葉橋~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~勝橋~550m~高田橋~620m~昭和橋~310m~初音橋~290m~松ヶ崎橋(駒木橋より3,400m)~700m~県道?に架かる橋(名前不明)~320m~国道6号に架かる橋(名前不明)~200m~JR常磐線に架かる橋~130m~北柏橋(松ヶ崎橋より1,350m)


ですが、この中で、

車→170m→新堤橋下流へ~290m~勝橋~550m~高田橋上流へ~550m~勝橋~290m~新堤橋~200m~新橋~440m~青葉橋下流へ~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~勝橋上流へ~290m~新堤橋→170m→車

 総距離は3,880mになりました。

 アクセスした所は前日の23日と同じでしたが、この日は頻繁に方向を変えて距離を稼ぎました。




【編集】 |  06:17 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2015.10/25(Sun)

文字の読み方について・7日目歩行訓練 


 文字の読み方や意味を調べるのに2つの方法を使っています。

文字の読み方については、

 その一つは文字検索の方法です。私はGoogleで検索していますが、この検索ボックスを左上方に大きく出しています。こうしておきますと、検索したい字句をスクロールしますとそのボックスに表示されますので、後は検索をクリックするだけです。
 例えば鳥居忱さんの読みを調べる場合に、インターネットにして「箱根八里」で検索をかけますと、作詞者として鳥居忱が出てきます。次に鳥居忱で検索しますと「トリイマコト」と出てきます。

 もう一つの方法は手書き入力を使う方法です。私は、入力はAtokを使っていますが、この手書き入力を利用して「忱」を入力すれば、音読みと訓読みが出てきます。

この方法のどちらかで、読み方は簡単に分かります。


意味等を調べるには、

Google検索を使います。これのよい点は、調べたいことが、そのままの画面で、且つ早く分かることだと思っています。



 この日はヤ○○電器にテレビの買い替えのために行き、帰途に大堀川rspの遊歩道で散歩してきました。
高田運動公園脇の道路に車を留め、大堀川rspの遊歩道まで380歩でした。ところが遊歩道に着いてみますと車に忘れ物に気づき引き返しました。遊歩道に戻りましたらそこは新堤橋の袂でした。

車ヨリ~230m~新堤橋~*230m~車~*230m~起点新堤橋~200m~新橋

 ~440m~青葉橋引き返し~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~

勝橋引き返し~290m~新堤橋~200m~新橋引き返し~200m~新堤橋引き返し~

200m~新橋引き返し~200m~新堤橋~230m~車へ
(*印の230mは歩行器使わず)


 以上、合計3,580m位歩いたことになります。


 200m区間で歩数を測りましたら328歩でした。0.61m/歩です。

 車~新堤橋~車間は歩数で測りましたので、これで距離に換算しました。
rspは橋の袂に距離が表示してあるので、折り返したりして距離が分かりやすいようにしました。こうした方が目標がはっきりしているので、ある意味歩きやすい感じでした。
しかし、今までに比較して相当な距離を歩いていますので、終えた後は相当の疲労を感じたことは事実です。




【編集】 |  05:52 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/24(Sat)

リハビリは延期・6日目歩行訓練 


 一昨日(22日)もリハビリを受ける日(#21)でした。が、担当者が体調を崩したため延期になりました。

 この日は暗くなるのを待って、アランと一緒に散歩していた「水辺公園周回」を独りで2回廻りました。家~水辺公園~家~水辺公園~家のルート、でしたが、計3,176歩でした。
歩幅0.55m/歩として1750m、0.6m/歩としても1,900m位です。
この距離は従来、勘で1,000m/回と云っていたのが略正しかったようです。

 この時刻に散歩することは人目につかなくて(ご近所の方に見られると恥ずかしいので)よいのですが、公園近辺は照明が乏しく、また暗くなるので無人に近くて、ちょうと気持ちがよいものではありませんでした。


 



【編集】 |  06:38 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/23(Fri)

リハビリは延期・5日目歩行訓練 


 一昨日はリハビリを受ける日(#20)でした。が、13時ころ電話が来て担当者が体調を崩したため延期になりました。

 この日の歩行訓練をどうしようか迷ったのですが、結局家から1.4km位離れたところに車を止めて、人通りの少ない脇道で、補助歩行器を使って散歩することにしました。

 補助歩行器を使って歩くこと3,258歩、その後歩行器を車に収めて、歩行器無しで853歩歩きました。
この日は腰の具合が悪い方で、歩行器のハンドルに両手を乗せ体重をかけて歩きました。
歩行器無しの歩行では腰が痛くてなりませんでしたが、腰を伸ばし伸ばしの歩行でした。


 そういう訳で計4,111歩,約2,300mの散歩でした。
大堀川沿い以外を歩いたのは初めてのことだったのですが、やはり遊歩道は歩きやすくて、目標地点があるのですが、一般道はそれが無いので歩きにくい感じでした。

 これで、5日連続で歩行訓練をしたことになり、延べ13.7km歩いたことになります。
デイケアーセンターで歩行器を使って歩くのは500m/日ですから、デイケアーの27日分を5日で歩いたことになります。


 

【編集】 |  06:21 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/22(Thu)

スクールガードの日・第4日目歩行訓練 


 一昨日(20日)はスクールガードの日でした。いつもは待機室で座っているだけでしたが、この日は巡回してみました。先輩の後についてグラウンドの外周を出来るだけ大回りで1周しました。約300m位でしょうか。自宅から学校までは100m位ですから合計500m位歩いたことになります。

 調べものでは、箱根八里の「中学唱歌」の唱歌で作詞者の「鳥居 忱」の名前の読み方を調べて欲しいということで、これは(とりい まこと)と読むようです。

 「忱」という字の読みは漢でシン(シム)、訓でマコトと読むようです。意味は、心、思い、感情のようです。

 又、慶応時代から平成の現代までの各元号の開始年月日と終了年月日(いずれも西暦)を調べて欲しいというものでした。こちらは少々時間がかかりましたが、終わりました。
 又、神武天皇のことや天正時代について情報が欲しいこと、及び「學」の字の成り立ちを調べて欲しいと云うことでした。
 「」の字の成り立ちについては「READ MORE」にコピペしてあります。(興味なければパスして下さい)



 この日の午後は次のようにしました。

大堀川rspの歩道は、今までに歩いたのは下流に向かって、

駒木橋~700m~青葉橋~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~勝橋~550m~高田橋~620m~昭和橋~310m~初音橋~290m~松ヶ崎橋(計3,400m)

となっています。車を留めるスペースが有って今までに起点にしたのは「駒木橋」と「勝橋」です。

 「松ヶ崎橋」も柏中央高校の近くを廻って行けますので、車で出かけ行って、この橋から下流に向かって、補助歩行器を使い、アランを連れて行きました。

歩行器を使って、

松ヶ崎橋~県道に架かる橋(名前不明)~国道6号に架かる橋(名前不明)~JR常磐線に架かる橋~北柏橋(北柏入口近くです)、

と行ってここで引き返しました。
 距離表示板はありませんしたが、歩数計(この表示の真偽も不明ですが)で一応測ってみました。

 松ヶ崎橋~1280歩(0.55m/歩として700m位)~県道に架かる橋(名前不明)~580歩(320m)~国道6号に架かる橋(名前不明)~370歩(200m)~JR常磐線に架かる橋~235歩(130m)北柏橋、片道1,350m往復で2,700m位であったと思われます。
 午前中に500mですから、午前午後合わせて3.2km位歩いたことになります。

 これで4回目の散歩になりましたが、足の脹脛、脛、太ももや腰に疲労が残って痛くて堪りません。


 



【編集】 |  04:23 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/21(Wed)

耳鼻科に通院・診察後散歩・第3日目歩行訓練 


 一昨日(19日)耳鼻科に通院してきました。

診察では、

・ C-papを装着していてその後何か問題はありますか。(ナシと答えました)
・ 無呼吸・低呼吸指数(AHI)は0.1回/時
・ 器械もうまく使っていて、非常によい状況なので今のまま使い続けて下さい

 
 先月のAHIは0.2でした。軽症の下限AHI=5を大幅に下回っていますので、問題ないのですが、今月の0.1は今までの最低値で嬉しい限りです。

(参考:apnea hypopnea index AH Iが 5以下軽症、5~20中症、20以上重症)

 月一の通院に本人が来られない場合について聞きましたところ、家族がメディアカードを持って来院すればいいと云うことでした。

 
 精算を終えた後車は駐車場に留めたまま、近くの大堀川rspの遊歩道を、歩行補助器を使わずに散歩しました。
病院を出てから、約100m位で高田橋に出ました。上流側と下流側と見ましたら上流側の方の次の橋まで距離的に近かったので上流側に歩くことにしました。


高田橋~550m(表示板あり)~勝橋で、往復1,100m歩いたことになります。


 何も使わないで歩くと腰が痛みました。往路では2回立ち止まって休み、復路では、特に公民館広場のベンチに腰を下ろして5分ほど休憩しました。

 車から高田橋までは200m以上はあると思いますので、これを加えると合計1.5km位は歩いたことになります。(17日3.5km、18日3.2km、19日1.5km、合計8.2kmになりました。)

 これで3回目の散歩になりましたが、足の脹脛、脛、太ももや腰に疲労が残って痛くて堪りません。







【編集】 |  06:29 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/20(Tue)

歩行補助器を使って実地で歩く・2日目 


 今日はスクールガードの日です。どうせ座っているだけのことですが、調べものとしてどう云うことが提起されるか楽しみです。
 また、今日の散歩(歩行訓練)をどうするか考え中です。


 一昨日(18日)の9時30分頃から、同じく歩行補助器を使って、本日はアランを連れて、大堀川RSPの遊歩道で歩いてみました。今日は、この時刻には曇って陽は射していませんでした。昨日の起点の勝橋を目指してずっと上流から下っていくことになりました。

駒木橋~700m~青葉橋~440m~新橋~200m~新堤橋~290m~勝橋(昨日の起点)の往復

片道1,630mで、往復で3,260mになります。17日は3,540mでしたから僅か280m短いだけです。

 駒木橋は流山市で、それ以外は柏市にあります。青葉橋以降は次の橋までの距離が表示してありましたが、駒木橋は管轄が違うために表示がありませんでした。

 この日は17日の反省に立って、姿勢に注意するつもりだったのですが、やはり実行できませんでした。

・  最初の内は、姿勢に気を付け、足の運びは大きく、ゆっくりと、を心掛けたのですが、後半になると、腰が痛くなり、どうしても前屈みになりました。

・  腰を伸ばそうとしても伸ばせませんでした。
・  ハンドルを片手で押すようにしたのですが、疲れてくると両手でハンドルをもって体重を支えがちになりました。
・  復路の後半になると、17日と同様に、補助器から手を放すと、前につんのめりそうな感じでした。
・  17日と280mしか違わないとはちょっと意外でした。17日は辛かったのですがこの日は前日に比べるとずっと楽です。

・  でも帰ってくると両脹脛が張って痛いです、太ももや腰に張りが出ています。





【編集】 |  06:48 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/19(Mon)

歩行補助器を使って実地で歩く 


 一昨日(17日)の13時30分頃から、歩行補助器を使って大堀川RSPの遊歩道で歩いてみました。柏市の高田にあるコンビニ“スリーエフ”の駐車場に車を留めてすぐ近くの「勝橋」から下流に向かって歩き始めました。


 コースと行程は、往路は、

勝橋~550m~高田橋~620m~昭和橋~310m~初音橋~290m~松ヶ崎橋

で復路は、松ヶ崎橋~勝橋です。


片道1,770m、往復3,540mです。

 いつもは週に2回、デイケアーセンターで500m~600m/回しか歩かないのにその6倍近く歩いたわけです。 


 歩行に関しては、

・ 努めて休まないようにしました。
・ 腰が張って来たら両手で歩行器に体重をかけて歩き続けるようにしました。
・ 途中、どうしても辛いとき、3~4回ベンチに腰をおろし各5分位休みました。
・ 特に復路の終点近くでは、補助器を取ると前につんのめりそうになる感じでした。


  前に手術したとき助手を務めて下さった○先生が“金具固定をしないと将来前につんのめりそうになりますよ“と言っていた言葉が思い出されました。

・ 直立の姿勢を取ろうとしても、どうしても前屈みになります。腰を伸ばそうとしても腰が伸びないのです。
・ 次回からは、最初から、直立をすることを心掛け、そのための歩幅や歩調に注意したいと思います。
・ 距離は二の次としたい。


 3.5kmは一寸歩きすぎのようですので、当面はこの半分位を目標にして、次は上流に向かって歩いてみようとじ思っています。







【編集】 |  06:05 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/18(Sun)

昨日、整形外科外来・執刀医を受診 


 11月21日に二回目の手術(再手術)は決まっているのですが、それまでは執刀助手の先生によるインフォームドコンセントを受ける10月31日だけが決まっていて、執刀医との術前の予定はありませんでした。その後のデイケアーセンターでのリハビリの様子の報告も兼ねて、手術の詳細を聞くため本日受診してきました。


 2番目のご婦人に中待合で話を聞きかけ、7年前に手術、年1回受診(脊柱管狭窄で足に痺れがあった)していることを聞いたところで順番が来て呼ばれてしまいました。(私は3番目でした。)


 私が執刀医に話したのは、

・ 週に2日デイケアーに通っていること
・ マッサージを受けた後、補助歩行器を使って歩行訓練をしていること
・ 歩行補助器を使えば500-600mの実績あり
・ 歩行器を使わないと、調子が良くて200m、悪いと100mがやっと。



 その後、手術の内容を聞きました。
私の腰は主として前後にS状の曲りが少ないことが欠陥のようです。このS状の曲りを作ることが手術の眼目のようです。

・ L2とL3間にパッカーを入れる。(左腹部を開いて手術する)
・ L1-仙骨の複数個所に金具を入れて固定する。(腰背部より手術する)
・ 椎骨同士が当たっているところは削る
・ 手術時間は6Hr以上かかる
・ 固定金具は痛みが出ない限り摘出しない
・ 固定金具を入れた骨が固まるまで6月位かかる
・ 前に屈めなくなるので草取り等はダメ等生活上の問題は出てくる。
・ コルセットは、手術後はハード、後ソフトタイプになる
・ 入院期間は除圧のみ(2週間でした)の場合よりは長くなりそう。

 手術の概要は分かったのですが、思いのほか大手術になりそうで、術後の生活様式も含めて心配になりました。






【編集】 |  06:55 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/17(Sat)

昨日、歩行補助器が届きました。 


 昨日、楽しみにしていた補助歩行器ハンディーウオーク・Lをレンタルしました。

 2種類持って来てくれたのですが、1種類はハンドルの高さがmax.90cmでした。こちらの方が、幅がコンパクトで良かったのですが、高さが若干気味なので採用を見送りました。

 もう一方はデカイ感じなのですが、ハンドルの高さがmax.100cmなので、こちらの方を採用することにしました。
多少デカイので、近所の方の目が届かない遠くの公園にでも行って歩行訓練をしたいと考えています。

 夕食後には杖(今日これとLEDの小型の懐中電灯を買いました)を使って散歩してみたのですが、結果は散々でした。懐中電灯は暗い中、トイレの始末をするためのものです。

 ものの100m位歩いただけで痛みに我慢できなくなり杖に寄りかかって休み、その後は休み休み200m位行った所から引き返す羽目になりました。

杖は身体を支えるのが間欠的になること、歩行の際に足の運びにバラつきが出るために腰に変な負担がかかるのではないかと思っています。


 



【編集】 |  12:47 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/16(Fri)

第十九回デイケアーセンターでリハビリ 


 昨日も16時からデイケアーセンターでリハビリを受けました。
例によってマッサージとストレッチを受けた後、室内廊下を歩きました。

・ 最初はサークル歩行器の中に入って、100m歩きました。(歩行器に体重をかけないように、身体は直立するように注意しました。)
・ 次も同じように100m歩きました。(以下、上記と同じ)
・ 次に右わきを締めた状態で右ひじを歩行器に乗せて歩きました。100m。
・ 今度は左わきを締めた状態で左ひじを歩行器に乗せて歩きました。100m。

以上については全く腰の痛みは感じませんでした。

 これに気を良くして今度は、

・ 右手を伸ばし、歩行器に少しも体重をかけないように注意しながら、歩行器を押すような形で歩きました。100m。
・ 左手を伸ばし、歩行器に少しも体重をかけないように注意しながら、歩行器を押すような形で歩きました。100m。

・ 上記と同様。100m。

 最初の内は、腰は全く痛くなりませんでしたが、終わり近くなってくると、左足と左腰に多少の違和感が出てきました。

 それでもリハビリを受けるまでは腰を伸ばすのも苦痛でしたし、寝て足が伸ばせない状態とは様変わりです。
今日午後にハンドルの高い補助歩行器をリース業者が持って来てくれることになっていますので楽しみです。それが、気にいれば車で出かけて1000m位歩いてみたいと思っています。


 




【編集】 |  06:02 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/15(Thu)

パソコンの使い方トラブル?及び歩行補助具 


 昨日は「パソコンの使い方」トラブル?について、2~3項目について教えていただきました。

・ 読み出して追記して、保存しようとすると「読み取り専用です」のメッセージが出るのですが、どうしてか、又解消法は?
・ hotmail.comへのメールアドレスの追加方法
・ defragの設定変更

等の極く初歩的なものでした。

 私は、一時保存場所として「desk top」を使っているのですが、その場合はこういう現象が起こりやすいということでした。そういう場合でも必ずホルダーを作って保存すれば、こういう現象は起こりにくいのではないかということでした。

 hotmail.comへのメールアドレスの追加方法は試してみれば一発で分かることで、全く恥ずかしい限りでした。
これに類する事項が全部で4項目ありましたが、全て解決しました。



 歩行補助具については、14時に介護用品のレンタル業者と会って、実物2種類を見せていただきました。一つは一寸大きすぎるのでその場でパス。
 もう一つは小型で折りたたみ式だったので、試して見ることにしました。デイケアーに出かけて、理学療法士にも見て頂きましたが、次の点を指摘されました。

・ ハンドルの位置が低すぎること。4段階調整可能でしたが、一番上であっても未だ低すぎること。低すぎると前屈みになり易いこと。
・ 作りがちゃちで、がたがたしていること。急に体重をかける場合もあるので、丈夫な作りの方がよい。

との指摘があり、上記コメントにより近いものに交換して貰うことにしました。



今日はwin.8に変更してみるつもりです。




 


【編集】 |  08:38 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/14(Wed)

歯科通院、パソコンの使い方トラブル及び歩行補助具 


 昨日は歯科に通院してきました。左下の奥歯は治療を終えて快調なのですが、右上の奥歯は未だ治療中です。
右上の奥歯は、
     前 ■○○■■一番奥歯(■は正常歯、○は治療中の歯)
となっているが、前の方のは折損し、2番目のは抜けていて今後ブリッジにする予定です。

この2本目の歯()は、もう1年間近く欠歯状態が続いています。前にも書いたことですが、元々違う歯科医院にて治療していたのですが、その院長が入院し、退院を待っていたのですが、それが長引き歯科医を変えた次第です。
 そうこうしている内に、前の方の歯()が痛みだし、ある日折損してしまいました。
折れた部分を観察してみましたら、小さな虫歯跡があり、後ろの歯を抜いたことにより余計な負荷がかかり、疲労破壊したようです。

 この2本目の歯()の奧の歯()は神経を抜いているのですが、この歯が痛むのです。何もしていない時は、全く痛みはありませんし、垂直方向に力を加えた場合は痛みませんが、所が舌や手で横方向に力をかけると痛みますし、電動歯ブラシの胴体が当たると痛みます。歯科医の見立てでは、神経の先端が曲がったり、分岐していたりすると、神経を取ったつもりでも完全に取り切れていない可能性があるということです。

 昨日前の方のに仮歯を入れていただき、やっと右側でも物を噛めるようになりました。
2本も欠歯ですと物を殆ど噛めませんが、欠歯が1本ですと割に噛めるのが分かりました。


 今日この後、パソコンの使い方トラブルに関する問い合わせ及び歩行補助具の現物拝見(ケアーマネの仲介でリース業者が現物を持って来ることになっている)があるが、これらは明日に譲ります。



 


【編集】 |  10:41 |  未分類  | CM(0) | Top↑
2015.10/13(Tue)

自分は軽佻浮薄? 


 今日はスクールガードの日でした。今日も雑談に終始しました。その中で意味を調べて欲しいというのが2点ありました。帰宅後早速検索しましたら、知っているようで知らなかったことが出てきました。


1. 絆(キズナはどういうことで糸扁に半になったのか、又語源は?)
 以下netのコピペです。

 絆とは、断つことのできない人と人との結びつき。ほだし*。「紲」とも書く。

ほだし【絆し】とは。

1. 人の心や行動の自由を縛るもの。自由をさまたげるもの。「義理人情の―」
2. 馬の足をつなぎとめるための縄。ふもだし。
3. 手かせや足かせ。ほだ。「弟の弥若は―の足に抱きつき」
                           )
絆の語源・由来

 絆は犬や馬などの動物を繋ぎとめておく綱のことをいい、平安中期の辞書《和名抄》にもその意味で使用例が見られる。
絆は離れないように繋ぎ止める綱の意味から家族や友人など人と人とを離れがたくしている結びつきを云うようになった。

 絆の語源は諸説あり、「頸綱・くびつな」「騎綱・きつな」「繋綱・つなぎつな」の意味、
「引綱・ひきつな」の上略*など、動物を繋ぎとめる綱という点で共通している。
(上略:引用するときなどに,始めの部分をはぶくこと。)


2. SOSについて
 これも以下netのコピペです。

SOS:Save Our Ship ,Save Our Soules or Suspend Other Services

 世界で最初に「SOS」の信号を発したのは、1912年4月14日に北大西洋で遭難したタイタニック号だというのは有名な話。しかしSOSが国際遭難信号として正式に採用されるのは、1912年7月5日、第2回国際無線電信会議(ロンドン)で国際無線通信規則が採択されて以降のことで、タイタニック号のSOSは、これより20日余り溯ることになる。

 その種明かしはこうだ。タイタニック号の遭難当時、一般的に使われていた遭難信号は「CQD」だった。しかしSOSも、すでに1906年の第1回国際無線電信会議で提案されており、まもなく開催される第2回の会議ではこちらが正式採用になるという情報をタイタニック号の無線通信士は知っていた。そこで彼は、最初にCQDを発信し、次いでSOSを発信した。遭難通信システムの規定がまだ相当あいまいだった当時のこと、どちらか一方だけでは不安だという通信士の切迫した気持が伝わる話だ。

 ところでこのSOSにしてもCQDにしても、単に打電しやすく聴き取りやすいモールス符号の組み合わせで、特別な意味はない。しかし採用当時はSOSが「Save Our Ship(我々の船を救え)」「Save Our Soules(我々の生命を救え)」あるいは「Suspend Other Services(他の仕事は中止せよ)」の略で、CQDが「Come Quick Danger(急いで来い、危険)」の略だといったまことしやかな説も登場した。

 遭難信号としては、その後、無線電話の普及に伴って「Mayday(メーデー)」も採用された。こちらはモールス符号ではなく肉声で発信され、フランス語の「m'aidez(私を助けよ)」に由来する。ただし綴りは、発音が似ていてより覚えやすいMaydayと表記された。

 無線電信によるSOSは、過去数十年にわたり海上での人命安全に寄与してきたが、全世界的な海上遭難・安全システム「GMDSS(Global Maritime Distress and Safety System)」が1992年2月より完全導入されたことで、ついにその使命を終えた。


話はがらりと変わります。

 私は、子供の頃からジャイアンツファンで、試合に負けていると、TVチャンネルは他に変えてしまう程ですし、試合に負けると飯が美味くない程です。どうしてファンなのか考えても自分では判然としません。子供の頃に「スリコマレタ」ものがあるのだと思います。チームカラーが好きだとか、どの選手が良いとかいうこともありません。しかし、このチームのファンは軽佻浮薄を地で行くようで、ファンで有ることを深く隠し、ファンすら好きではありません。

 昨日はCSファーストステージでタイガースを破り2ndステージに進出しました。
勝った試合は何度見ても良いものですが、ニュース番組では抜粋しすぎて、惜しい場面が無いのが悩みです。
 
 昨日はラグビーでも対アメリカ戦に勝って3勝目を上げました。ベスト8に残れなかったのは残念でしたが、4年後に期待したいと思います。
 日本らしく、ルールを守る規律に富み、体力差を補う戦略&戦術で、勝ち進みました。
対スコットランド戦だけは試合間隔が短かったために疲労が残っていたことも考えられます。

 繰り返しになりましたが、4年後が楽しみです。



 


【編集】 |  13:17 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/12(Mon)

アラン受診・第七回目の記・追記 


 採血(甲状腺機能低下症を疑って)の後、私が院長に質問し、回答を貰った事項を下記します。

【T(私)】:通院し出して下記の症状が続いている
・ 元気が無い
・ 食欲が無い
・ 軟便
・ ウンチは1~2回
・ 体重は減少せず

【D】:消化器系が不調だと思われるが、軟便(一応形はあること)ではあるが、ウンチの回数が1~2回は正常範囲である。食事量の割に体重が減少しない(4.35kg)ことは、甲状腺機能の低下が疑われる。



【T】:来院当初、気管支炎の症状を抑えるために、コルチコステロイドを使用したが、副作用として甲状腺機能低下症を引き起こす可能性がある、とnetに出ていたが、、、

【D】:使った量は最低限であり、その心配はないだろう。



【T】:これもnetによると、下記、
  甲状腺機能低下症になると、皮膚に色々な症状が見られるほかに、全般的に元気が少なくなる、寒がりになる、体重が増える(肥満傾向)といった症状が現れます。
 後半の症状は、犬が年をとったせいかな、と思われがちで、飼い主に病気と気づかれないことが多いようです。
 皮膚の症状としては、毛が薄くなったり、抜けたり(脱毛)、皮膚が乾燥してフケが多くなったり、黒ずんだり厚くなったり(色素沈着と皮膚の肥厚)、感染を繰り返して起こしたり、といったことが認められます。また、全体的に犬の顔が哀しそうに見えてくることもあります。
 
【D】:現在のアランは、全般的に元気がない、体重が増える(肥満傾向)の2項目が合致するが、他の項目は今の所確認出来ない。



【T】:もし、甲状腺機能低下症の場合、チロキシンホルモンの服用(2回/日)があるそうですが、一生呑み続けなければいけないようですが。

【D】:療法としては日に2回の服用だけで済む。但し、一生服用し続けなければならない。



【T】:アランは肛門腺のポリープの既往症が2回あるが、ポリープが大腸に出来やすいことはあるのか、

【D】:まず、無いと思うが、最終的には内視鏡検査でないと確定出来ない。12歳と高齢であり、麻酔に耐えられるか、もしポリープが見つかっても手術出来るかどうかという問題はある。



【T】:血液検査の結果が出る前に、チロキシンホルモンを試験服用させることは出来ないのか、

【D】:ホルモンは必要量だけ分泌されるものであり、それは不可。



 その他
1. 気管支虚脱も手術する方法があるが、麻酔をした上で手術することになり、これに耐えられるかが問題で、専門病院への通院を躊躇しているのが現状

2.現服用薬-その1:サラゾピリン(主として潰瘍性大腸炎治療剤)
  サラゾスルファピリジン(一般名)製剤は、腸管粘膜に作用して粘膜の潰瘍(かいよう)を修復する効果があるので、とくに、潰瘍性大腸炎や限局性大腸炎の治療に使用されます。錠剤のほかに、坐剤も使用されています。

3.現服用薬-その2:サラゾピリンフェロベリン
  抗菌作用をもつ下痢止めです。大腸菌や、抗生物質が無効な菌に有効で、腸内細菌によって引きおこされた腸内腐敗及びそれに伴う下痢に効果がある。





 


【編集】 |  08:56 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2015.10/11(Sun)

アラン受診・第七回目の記 


 アランは相変わらずの症状のため、今日病院に行ってきました。
アランの症状は、

・ セキをすること
  特に朝起きたときにします。
・ 元気が無い
  アランは機敏で敏捷なのが特徴ですが、最近は「ぐっすり」寝ていて、人に対する反応が遅いような感じです。
・ 食欲が無い
  元気な時には日に70g位食べていたのに、最近は20~30g位で、食欲が無い割に体重が減っていないこと。
・ 軟便
  一応は形を成しているが、べっとりとした状態の時もある。
・ オシッコの量が多いか?
  ペットシートの尿の跡を見ると多いかな?とも思われる。
・ ウンチは1~2回
  上記の割にウンチの回数は正常範囲か。

以上の症状を院長に話しましたが、それだけでは確定診断出来ないということでした。
 今日は犬の甲状腺機能の低下を疑って、血液採取のために訪れました。結果は10日くらいかかるので、2週間後に来るように云われました。

院長との質疑に模様は明日記述します。


 



【編集】 |  18:41 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2015.10/10(Sat)

ショッピングカート様の歩行補助具は、 


 一昨日のデイケアーセンターでサークル歩行器を使って色々テストした結果に基づき、昨日ケアーマネに電話して、レンタル(又はリース)品で適当なものがあるのか問い合わせてみました。

・ 車に積める程度の大きさであること。
・ ハンドルに片手を添えられること。
・ 近所で使うのが世間体上問題があるので、車に積んで行って、遠くの公園等で歩行練習すること。
・ 手術の前に積極的に足のトレーニングをして、筋肉量を蓄積しておくこと。

以上のことから、ケアーマネが業者に在庫品を持って来てくれることになりました。
十分に用が足りて、且つ仰々しく無いものがあればよいと思います。

日取りは来週の14日14時になりました。

 カタログで見ますと、4輪付きのショッピングカート(キャスター付きスーツケースと似ていて、やや大きめのローラーが付いたもの)です。

追記:
 杖の場合には地面に着くのが間欠的になるのが欠点のようです。サークル歩行器では体重を支えるのが連続的なことが腰に痛みが来ない一番の理由かも知れません。杖の先に乳母車ほどの車輪が付いたのがあれば、それが一番良いと思っています。いずれにおいても、補助具に体重はほとんどかけないで済むほどだと思っています。



 


【編集】 |  08:41 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/09(Fri)

第十七回デイケアーセンターリハビリ 


 昨日もデイケアーセンターでのリハビリの日でした。
いつものようにストレチッチとマッサージを40分間位受けた後、サークル歩行器を使って歩きました。
 
 この日は歩行の様子をビデオに撮って見るこにしました。


・ 最初はサークル歩行器を使って、約50m歩く様子を撮りました。

  手許に歩行器があるだけで、歩行も安定し、腰も痛くなりませんでした。そうかと云って歩行器に体重を預けたりしている訳ではありません。でも手許になにかちょっとした物があり、何かの弾みの時に掴むものがあることが大事なようです。
 サークル歩行器使用時は腰は痛みは出なかったのですが、ビデオを見ますと姿勢が随分前屈みになっています。自分では意識して直立しているつもりだったのですが、よく反省材料になります。

・ 次は、何にも捉まらずに歩く様子を撮影しました。こちらも50m歩きました。
  最初から足元が覚束ない感じですが、50m位進むと足元がふらつく感じが出て来てサークル歩行器が有ればよいという気分になりました。前に踏み出さなければいけない足が思わず横方向に出るような感じです。


 次からはビデオは撮影せずに歩いてみました。

・ 左手を真横に出して歩行器を押しているような格好で100m歩いてみました。こんな格好でも腰に痛みは来ませんでした。

・ 右手を真横に出して歩行器を押しているような格好で100m歩いてみました。こんな格好でも腰に痛みは来ませんでした。

・ サークル歩行器の中に入って、両肘を上縁に載っけて100m歩くました。

・ 何も身に着けないでフリーハンドで100m歩いてみました。歩き出しから足腰がやや重く、100m近くになると前屈が出て来て腰の痛みも出てきました。


 以上に結果から、歩行に際には何かが有った方が良いこと、それも片手が添えられる程度のもので良いことが分かりました。
 理学療法士の見解では、手術の前に積極的に足のトレーニングをしておくこと、近所で使うのが世間体上問題があるなら、車に積んで行って、遠くの公園等でトレーニングをすべきだとうことでした。

 



 


【編集】 |  08:13 |  競技会  | CM(0) | Top↑
2015.10/08(Thu)

第十六回デイケアーセンターのリハビリ 


 昨日はデイケアーセンターでのリハビリの日でした。
いつものようにストレチッチとマッサージを40分間位受けた後、サークル歩行器を使って歩いた。
 最初はサークル歩行器の中に入り、両脇を歩行器の上縁に置いて、しかし余り体重はかけないで、歩いた。その距離、室内で約200m。

 次に、その姿勢で右手だけを歩行器にかけ、もう一方の手はフリーにして歩いて見た。歩行器にかけた手には体重をかけないように注意した。その距離100m。
 その次は、右手を左手にかえて、上記と同じようにやって見た。その距離100m。

 以上3ケースはいずれの場合も腰の痛みが増すことはありませんでした。たしかに最初に歩く始めたときには、足の上げ下げが重たいような感じがしたのですが、歩いている内にそれも無くなりました。

 上記の歩行に気を良くして、今度は歩行器の中ではなく、歩行器を外に出して、片手で歩行器を押して行くような格好で歩きました。その距離50m。
 又、もう一方の手で歩行器を押して行くような格好で歩きました。その距離50m。

 最後に、歩行器を使わずにフリ-で歩いてみました。
歩いている内に腰が重苦しくなり、100m歩いた位で少々腰が痛くなってきました。その距離100m。

 やはり歩行器を使うと、歩行器に殆ど頼らない状態でも、腰が痛むことなく歩けることが分かりました。歩行器を使わないと左右に足取りが多少乱れることは自覚できましたがその他の相違点は自分では分からない実情です。



 話は、ぐっと高尚になって、一昨日18時40分に今年のノーベル物理学賞に東大宇宙線研究所の梶田所長が選ばれました。梶田教授は素粒子のニュートリノに質量があることを、観測装置「スーパーカミオカンデ」を使って実証したことが評価されたものです。
物質を構成する素粒子の一つであるニュートリノは1930年代に存在が予測され、56年に発見された。だが、他の物質とほとんど反応しないため観測が極めて難しく、質量の有無など詳しい性質は長い間の謎だった。

  ニュートリノを直接観測するため、同大学戸塚特別栄誉教授(08年死去)が率いる国際共同プロジェクトが96年に始動。梶田氏は実験のまとめ役を務め、スーパーカミオカンデを使った実験に取り組んだ経緯がありました。
 ニュートリノは、物質を構成する最小単位の素粒子の一つ。宇宙空間に大量に存在し、地上にも常に降り注いでいるが、他の物質とほとんど反応せずにすり抜けるため、観測が難しい。1987年には東京大小柴昌俊特別栄誉教授が、星が一生を終える時の超新星爆発で生じたニュートリノを世界で初めて観測、02年にノーベル物理学賞を受賞した。

でも一般人の我々にとっては、「未知の領域の解明」とは云っても「ニュートリノ」とか「ニュートリノ振動」とか云っても掴み所のない存在であり、実に別世界の領域の存在に見える。



 


【編集】 |  08:57 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/07(Wed)

スクールガードの日 


 昨日はスクールガードの日でした。
例によって、雑談ばかりでしたが、私がデイケアーセンターでサークル歩行器を使って歩くと腰が痛くならないこと、そうかと云って外出の際にサークル歩行器を使うのはちょっとと云うことを話しましたら、相手は次のような反応で、ちょっと考えさせられました。
「 もうそう云うことを云う歳では無いでしょう、見栄など気にしないで生きたらどうですか。見栄や沽券で生活がどうこう云うような歳ではないのではないでしょうか。」

 そう云われればそれが事実だとは思うのですが、今一つ割り切れない私が居ます。


 又、その際の話題の中で「三昧」の由来と意味について調べて欲しいと依頼されました。
確か以前に「三昧」について調べたような気はしたのですが、パソコンのmy Docu.の項には保存情報はありませんでした。しかし、検索をしましたら内容には記憶がありました。

 再び検索内容をコピペ致しました。

「三昧」について

 三昧(さんまい、Samādhi、サマーディの音写)とは、仏教における禅定*(ぜんじょう)、ヒンドゥー教における瞑想において、精神集中が深まりきった状態のこと。
 サマーディの他の漢字で音写*に、三摩提、三摩地などもある。一般に9段階の到達点があるとされている。

 この Samādhi という語は、インドの瞑想の伝統の中で培われたものであり、仏教だけでなく、共通の背景を持つヒンドゥー教やヨーガの用語としても用いられている。


 禅定(ぜんじょう)とは、

 禅定(ぜんじょう、梵: dhyāna , ディヤーナ、巴: jhāna, ジャーナ、禅那(ぜんな))とは、仏教で心身ともに動揺することがなくなった一定の状態を指す。色界四禅天に相応して四禅那をとる。広義には無色界の定(四無色定)を禅那に含めることもある。
禅定によって心を乱されない力を定力または禅定力と呼ぶ。これについて中国の禅宗第六祖とされる慧能は、その法話集である『六祖壇経』の中で、「外、相を離るるは即ち禅。 内、乱れざるは即ち定なり。 外禅にして内定なる、是れを禅定となす」と表明している。
 仏教では瞑想を、その内容から「禅(jhqna)」とも呼びます。「ジャーナ」という音を取って「禅」とか「禅那」とか訳したり、意味を取って「定」とか「静慮」などと訳しますが、心を一点に「定めること」、心を「静めること」です。「定まった状態・静まった状態」も意味します。音と意味を合わせて「禅定」と言うのが、一般に知られている仏教の瞑想の呼び方でしょう。



 一昨日18時30分に今年のノーベル医学・生理学賞3人が発表になり、その内の一人に大村智博士が選ばれました。同日20時前にWikipediaで「イベルメクチン」をキーワードに検索しましたら、大村智博士がヒットし、もうノーベル賞の受賞が記載されていました。
 イベルメクチンは犬を飼っている人には蚊の媒介によるフィラリアの予防薬として馴染みのことでしょう。私も犬のフィラリア症の予防(ミクロフィラリアの殺虫効果)成分としては知っていましたが、あらためて見ましたら、犬やネコだけでなく牛馬豚や人もフィラリアに罹ることを初めて知りました。又、その開発者が日本人であり、大村智博士(この名前を今回初めて知りました)であることは知りませんでした。



 


【編集】 |  09:08 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/06(Tue)

アラン受診・第6回目の記 


 昨日は朝夕は寒く感じるほどの曇り気味の天候でした。都心の最高気温は20.1℃(練馬は19.4℃)だったようです。

 昨5日、動物病院に通院してきました。

 多少元気がない、多少食欲がない及び軟便(一応形はある)の3点が気がかりな点です。
検温、体重測定、聴診及び腹部触診をやり、血液検査をしました。

 今までの酷かった咳は完全には治まっていません。しかし、酷く咳き込むことはなくなりました。(気管支が狭いことがx線撮影で分かっているのですが、手術は全身麻酔が必要となり、アランの年令では不可能か?)

 血液検査の結果は、

・ 赤血球、白血球とも正常
・ 腎機能正常
・ 血糖値正常
・ 肝疾患(GOT)、肝炎(GPT)共に異常なし
・ T-Cho値が相変わらず高い(高脂肪食?、甲状腺機能低下症?、肝硬変等の危険性あり)
  肝硬変は前項で否定されている。

 T-Cho値については血液の精密検査が必要ということで、次回以降の来院時に空腹で来るように指示されました。


 食事量は進まないのに(食欲がない)体重に余り変化が無い点を質問しましたら、甲状腺機能低下症の場合にはこの現象が見られるということでした。
 又、高脂肪食対策についてはヒルズのW/Dよりもロイアルカナンの消化器サポート(高繊維)を薦められました。
チキンジャーキーなら食べることを話しましたら、こればかり食べさせるのはよくないが、これすら(好きな物すら)食べなくなったら、それこそ問題だということでした。



 甲状腺機能低下症で検索してみましたら、

・ コルチコステロイドの使用は、実際に甲状腺機能低下症を引き起こす可能性があります。
・ 運動不足は、甲状腺ホルモンの産生を減少させます。

以下、

【 甲状腺機能低下症になると、皮膚に色々な症状が見られるほかに、全般的に元気が少なくなる、寒がりになる、体重が増える(肥満傾向)といった症状が現れます。後半の症状は、犬が年をとったせいかな、と思われがちで、飼い主に病気と気づかれないことが多いようです。
 皮膚の症状としては、毛が薄くなったり、抜けたり(脱毛)、皮膚が乾燥してフケが多くなったり、黒ずんだり厚くなったり(色素沈着と皮膚の肥厚)、感染を繰り返して起こしたり、といったことが認められます。また、全体的に犬の顔が哀しそうに見えてくることもあります。 】

 療法についてはチロキシンホルモンの服用(2回/日)があるそうですが、一生呑み続けなければいけないようです。



 


【編集】 |  08:39 |  犬の病院関連  | CM(0) | Top↑
2015.10/05(Mon)

ラグビー、対サモア戦を観た 


 3日22.30にキックオフした首記試合を観ました。

 硬式テニスとゴルフは昔やったことがあるし、野球はやったことはないが子供の頃から親しみがあるので、TV番組でよく観ます。サッカーも然りです。女子ソフトも観ますが、野球はルールをよく分かっているので抵抗なく観られるようです。

 それに比べてラグビーのルールは複雑で微妙な?感じがして、しかもTV放映が余り無いために親しみがないのでした。

 日本チームが南アフリカ戦に勝ち、日本のラグビーの歴史が変わったと騒がれ、スコットランド戦には完敗したものの、対サモア戦に2勝目の大きな期待がかかった一戦でした。

 試合は期待に違わない素晴らしい展開でした。大柄な、ヨーロッパで世界的なプロとして活躍しているサモアのメンバーに対し、ひるむことなく戦いを展開しました。
 体力差を、頭脳プレイと相手のミス(反則)により、前半を20:0と完封し、後半にもその差を広げ、1トライを許したものの結局26:5で勝利しました。

 男の肉弾戦がこれほど激しいとは、巨体と巨体が激しくぶっつかる衝撃、又、大勢が倒れ込み縺れた瞬間の衝撃や痛さ等を思うと、随分危ないスポーツと思いながら観ました。

 それだけに、レフェリーの目配りやビデオシステムによる判定にも感心させられました。
TVでも、ルールの馴染み無さを払拭すべく、「ルールの解説テロップ」を流していたのには少々感銘でした。

 これに気を良くして、来る12日の対アメリカ戦も是非観戦したいと思っています。

 日本対サモア戦を観て、ラグビーの面白さに目覚め、昨日(4日)のイングランド対オーストラリア戦も観ました。どちらを応援するでもなく観ましたが、駆け引き無しの肉弾戦みたいな試合を堪能しました。




 


【編集】 |  08:25 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/04(Sun)

何も使わないで散歩してみましたが、 


 昨日は一日家から出なかった。都心の最高気温は26.7℃(練馬は27.1℃)だったようです。

 以前は、自宅の散歩は犬連れでしたが、犬の散歩と自分自身の散歩を別けて考えてはどうかとの理学療法士の助言で、そうしてみることにしました。

 昨日は室内ではコレセットを強く締めていて、腰に痛みも出なかったので、杖等を使わないで散歩してみました。


 自宅を出て100m位はちょっと腰が重い程度でしたが、200m位では腰が痛くなり結局立ち止まって腰を伸ばす羽目になりました。しばらく休んで又歩き出しましたが、又も100m行かない内に休まないといけない事態になりました。
結局自宅から自宅まで4~5回休んでしまいました。

 コレセットを強く締めると歩けるかも知れないと淡い期待を抱いていたのですが、その期待も夢と消えました。
サークル歩行器を使うと殆ど腰の痛みが無く歩けるのですが、まさか自宅の散歩でそれを使う訳にはいきません。(これでは身障者を宣伝しているようなものです)

 杖を使うのも、何も使わないのに比べて腰にはよい(身体のぶれを抑えるのでよい)ので、男の見栄は捨てて、購入を考えているところです。



 


【編集】 |  09:43 |  その他  | CM(0) | Top↑
2015.10/03(Sat)

第十五回のデイケアーリハビリ 


 昨日は一日中晴でした。都心の最高気温は28.1℃(練馬℃)だったようです。
 
 一昨日(10月01日)の午後、第十五回目のデイケアーリハビリを受けてきました。
この日もこの前と同様最初に歩いたりするような気にもなれず、まずストレッチとマッサージを受けました。


 この日は、体幹をしっかりして歩くと腰に痛みが来なくなるのかどうかを主眼に歩いてみることにしています。

・ 歩行器に両肘を軽く当てて歩きますと、腰は全く痛くなりません。これを100m。

・ コルセットをきつく締めた上で、何も使わないで、200m歩きました。
  最初の内は、全く苦痛は感じませんでしたが、200mの後半になるとともすると身体が左右に揺れ、足もそれに連れて左右に踏み出すような感じになりました。

・ 又、歩行器を使って歩いてみました。歩行器を使うと楽勝なのです。100m歩きました。

・ 再び歩行器ナシで歩きました。やはり後半になると、疲れの所為か足腰が重苦しくなりました。約100m位歩きました。

・ 今日は計500m位歩きました。


 やはり理学療法士の云う通り、歩行器を使うと左右の揺れ(体重移動)が抑えられて腰の痛みを感じなくなる、というのは正しいようです。歩行器に入ることによって、歩行器に体重をかけなくても、体幹が保たれることが良い結果を招いているようです。



 


【編集】 |  09:09 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT