新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2016年12月29日
2016.12/29(Thu)

2G光電話への切り替えのゴタゴタ 


 昨日午前中に、電話局での1G光からの切り替え工事が完了する、というメールを受け取っていました。昨日正午過ぎても、固定電話を取ると「ツー」という信号が出ていましので、その電話で2G光のお客様相談室に電話してみました。

・ 12月28日の正午には切り替え完了とのメールを受けていたが、
・ 切り替え完了したらメールで報告(連絡)が来ると云っていたのですが、メールが来ていないこと。
・ 1G光電話がいつまで通じるのか不安があること。(ユーザーとしては2G光電話への切り替えが同時並行的にが必須)

・ これに対し2G光側の応対者は、「28日に切り替えとの応対記録」はあること。
・ 切り替え完了は、16時30分以降電話機の接続装置の「電話表示」の点灯を確認し、ケーブルを接続すれば通じる筈との事。
・ 2G電話の開通連絡は、翌日29日にメールで行う由。

・ 所が、1G光の電話が、15時過ぎには発信は出来ますが、受信は出来なくなってしまいました。
他の要件で、折り返しの電話を待っていたのに、一向に電話が来ないのです。その後携帯にかかってきたので確認しました所、「何度電話しても通じなかった」そうです。
・ そこでテストとして、1G光から携帯に電話しました所通じましたが、携帯から1G光電話に電話しました所全く通じないのです。

・ 私は、私の場合はどうなるのか、と訊いているのに、応える方は、「一般的には○○になる」、とか「なる筈だ」という表現で一般論で応じるのでした。

・ 1G光の電話から2G光の電話の切り替えが「同時並行的」に出来ないと、例えば商売をしている人などは非常に困ると思われる。

・ 17時45分頃、電話ケーブルの接続を変えて、聞いていた「111」に電話してみましたら、自動音声で通じている旨応答がありました。その後携帯から固定電話に、固定電話から携帯に電話してみましたら、無事通じました。







 私の体調の件に関しては、変化が無いので、当分省略します。



 28日のアランの様子について、

 永いこと続いた下痢への対応として「幹細胞療法」(2回目8月25日)を2回受けました。多少元気が出て来て、食欲も出て来た10月31日から「鶏肉と野菜のmix」を食べさせています。
 食欲が出るまでは、鶏肉を焼いてみたり、茹でてみたりしましたが、それでも残す始末でした。その後は元気も出て食欲も出てきましたが、今でもプレニドゾロンを2日に1/4錠を呑ませ続けています。

・ 7時頃に、野菜の混ぜ物45gと茹で鶏30gを与えました。
  その後ネフガード、プレニドゾロン、レンジアレンを呑ませました。
  (ネフガード2回/日、プレニドゾロン1回/2日、レンジアレン1回/日)

・ 11時頃に「茹で鶏」約35gと野菜の混ぜ物約20gを与えました。

・ 17時頃に「茹で鶏」30g、野菜の混ぜ物50gを与えました。
  その後ネフガードを呑ませました。

・ ウンチは2回しましたが、量は長さ4~5cmほどのものを2~3片で、その固さは程よい加減でした。



 28日の都心の最高気温/最低気温は9.4/4.7℃(一昨日18.8/7.2℃、一昨〃日11.0/3.8℃)でした。昨日は最低気温、最高気温とも本来の寒さに戻ったようです。



スポンサーサイト
【編集】 |  05:56 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |