新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2017年04月20日
2017.04/20(Thu)

お決まりの次女来宅 


 昨19日、毎週水曜日の次女の来宅でした。赤ん坊の授乳、離乳用品や身の回り品の入った大きな袋、とラヴィの入ったソフトクレートを持ってのお出ましでした。家の前に車を駐めて、車と家を数往復して赤ん坊や荷物を運び入れました。

 赤ん坊は9ヶ月を過ぎて、動作や発する声もはっきりして来ました。
声をかければにこっと微笑みかえしたり、声を発したり、喜んで手足をばたばたと動かして反応するのが可愛らしくて、家内は非常に喜んで何度も何度も飽きずにやっていました。その点男の私には思うようには反応してくれません。どうも、幼児のあしらい方は苦手なことが実証されているようです。

 ラヴィとアランは来宅したときこそ親密にしていますが、その後はそれぞれ一頭でいるときのような挙動でした。


 ラヴィのスナップです。












 こちらはアランです。














 2頭はリビングではお互いに素知らぬふりですが、私がダイニングに行きますと、オヤツ等が出て来るのではないかと思うようで、脱兎の如く駆けて来て私に纏わり付いてきます。普段は食欲不振のアランも、ラヴィと一緒ですと食べるのですから不思議なものです。きっと犬同士の競争心、対抗心が芽生えているのかも知れません。






スポンサーサイト
【編集】 |  08:06 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |