新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2017年10月10日
2017.10/10(Tue)

一昨日は暑い中で電動チェーンソー作業(3日目) 


 10月08日は最高気温が26℃台の暑い日でしたが、暑い中でチェーンソー作業を行い、大体狙っていた作業を終えることができました。
 9時半頃から11時半、お昼は13時から16時位までの作業でした。日頃は箸位しか持ったことの無い我が身ですが、チェーンソーに依る枝払いや幹切断、幹の小切り(長さ50~60cm)等は思っていたよりも重労働?だったのですが、これもフィットネスの一環、何よりも減量、何よりももっと筋力を付けることが必要と考えつつ作業を続けました。

 下着まで汗ビッショリで、一日2回もシャワーを浴び、総ぐるみで着替える羽目になりました。

 今が盛りのキンモクセイの幹の一部を切り落としましたし、玄関脇のカクレミノの木の一部、そして一番大変だったのはマテバシイ(直径20cm、高さ4m位)の切り倒しとその細断でした。細断するには最低7回も切断しなければなりませんでした。
 
 その他小木の細断もやりましたが、さすがは機械の力、人力で鋸引きする手間を考えると物の数ではありませんでした。


 夕方アランを散歩に連れ出したのですが、7日にワクチン接種に行ったとき、獣医さんから、白内障の為、目が殆ど見えていないのではないかと云われて気になっていました。
 顔正面に向けて、左右の拳を動かして、目玉の動きを見て、そう判断したようですが、目は見えていることが実証出来ました。

・ 物にぶっつかったりしないこと。
・ すれ違った犬を目で追っていたこと
・ 道路の反対側を歩いている犬や人を目で追っていたこと

等々です。

 そして何よりも嬉しかったのは、アランが終始Tail Upしていたことです。
アランの体調がやっと復調した感じがして来ました。




スポンサーサイト
【編集】 |  13:01 |  未分類  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP |