新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2017年10月21日
2017.10/21(Sat)

パワーリハビリへ 


 20日は毎週のパワーリハビリの日でした。しかし、入館はしたのですが、この日はやる気が起こりませんでした。

 何時もの様に9時35分に入館し、白板に今日の予定を記入し、脳トレの問題集(併せてA4版3枚相当)を受け取り、直ぐにマッサージチェアーに向かいました。まだこの時点ではパワーリハビリはやるつもりでした。

01.マッサージチェアー(10分間)

02.検温及び血圧測定

03.平行棒運動(立位)
   元看護師のKさんの指導の下、始めましたが、何だか身体が重く、その上元来の身体の硬さもあって、少々の運動量なのにちょっと疲れました。立位によるこの運動は2回目なのですが、やった内容は初めてのものばかりでした。

04.FE
   この運動は何度もやったことがあるのですが、身体の硬さはどうしようもありませんでした。身体の硬さは関節ではなくて、筋肉が長い間使わなかっために硬直気味のためのようです。気長にストレッチで直していくしかありません。

05.エアロバイク(10分間)
   体調が思わしくない所に「平行棒運動(立位)」「FE」で悪い所を指摘されて、すっかり「戦意」が薄れてきました。20分にセットしていたのですが。途中で止めてしまいました。

06.昼食
   一番に食べ終わって、早々にマッサージに行きました。

07.マッサージチェアー(48分間)
   この時途中で眠り込んでしまい、気が付くと13時を過ぎていました。こんな事は初めてです。

08.コンパストレーニングマシーン
   前屈による腹筋のトレーニングをローイングによる肩甲骨周りの筋肉のトレーニングを極く短時間しました。

09.マッサージチェアー(30分間)
   Kさんによる「FE」が14時から始まるので、予定外でしたが参加することにしました。

10.FE
   午前中にやった種目をもう一度やりました。Nさんは気さくに手貸してくれるので大いに助かります。
   これが終わらない内に退館の時間が来たので、途中退場でした。

 次回以降もこういうメニューにしようかと思っています。今私に必要なのは筋肉の強化ではなくて、「筋肉の柔軟性の確保」即ち「ストレッチ」なのです。このことは前々から指摘されていたのですが、つい「易き勝ちなのは世の流れ」ようです。




スポンサーサイト
【編集】 |  07:44 |  その他  | CM(2) | Top↑
 | BLOGTOP |