新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 2018年09月
FC2ブログ

08月≪ 2018年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2018.09/19(Wed)

今朝は空気の洩れる音で眼覚めました 


 昨晩、C-pap(フルフェース)のスタート時の圧力は4.0cmH2Oです。この値は常に変わりません。

 今朝は3時30分頃プープーザーザーと顔との密着面からの空気洩れの音で目覚めました。この時の送風圧力は17.7でした。ちょっとストラップを絞めてみましたが、洩れはそれ程変わりませんでした。4時でも圧力17.7でした。若干息苦しい感じでした。

 そのまま眠り込んでしまい、5時45分に目覚めました。今度は、空気洩れはなくて、圧力は13.0でした。呼吸もし易い感じでした。

 目覚めたまま過ごし6時17分に再度圧力を見てみましたら8.8でした。呼吸は非常に楽で、マスクを付けていない時よりも楽な感じです。

まとめ、

・ 前夜装着時の圧力4.0
・ 3時30分~4時 圧力17.7 空気洩れ激しい 空気圧に圧迫感がある感じ
・ 5時45分頃   圧力13.0 空気洩れなし  圧迫感なく、呼吸が楽な感じ
・ 6時17分頃   圧力 8.8 空気洩れなし  非常に呼吸が楽






スポンサーサイト
【編集】 |  07:54 |  その他  | CM(0) | Top↑
2018.09/16(Sun)

C-papフルフェイス(L型)の記-続編 


  15日朝は5時25分頃に目覚めた。

・ 顎の辺りから多少の空気漏れがあった。
・ C-papの電源を切る前に圧力を見たら、12.5cm水柱の表示だった。尚、寝る前の圧力は4.0だった。
・ 起きた後、1時間ほど試験的に使用してみたら、当初4.0から7.5に上がっていた。
・ 密着の強さは、メーカー営業が言う指1乃至2本が密着面に入るほどと言っていたが、それよりも強くしなければならない。
・ 寝ている間に横を向いたり、上を向いたりするので、軽い密着度ではC-papが顔に対し少しズレてしまいがちで、それに伴い洩れが発生しています。


16日朝は6時14分頃に目覚めました。
昨夜10時30分過ぎに寝て以降のC-papの圧力と処置は次、

・ 10時30分、圧力4.0
・ 01時15分、圧力12.5、空気洩れあり増し締めした。
・ 04時20分、圧力11.1、まだ空気洩れあり増し締めした。
  顎部分から空気が洩れていた。
・ 06時14分、圧力14.5、姿勢により頬部より多少洩れあり。

 良く眠れた夜はこんなに2回も途中眼が覚める事は無いのに、きっと緊張している証拠であろうと思っています。

 ストラップによる締め付けの際に、マスク鼻部を左手で顔に押しつけ、適当な押しつけ圧になった時に、それに合わせてストラップを調整する方法が有効なように感じます。
 しかし、この方法で調整しても、横になった状態で顔を動かすと何処かで洩れる状態です。
これはメーカー営業が言う適正な密着度よりも遙かに強い締め付けである。

 これらの状態を、

・ まず、メーカー営業マンと相談する
・ 次回耳鼻咽喉科受診時に先生に相談する。
  併せて、理学療法士?(看護師?)のC-papに詳しい人を予約していてその指導を受ける。






【編集】 |  10:28 |  その他  | CM(0) | Top↑
2018.09/14(Fri)

C-papフルフェイスL型装着第1日目 


 昨晩、13日の夜に装着してみました。

・ 0時25分頃、激しく空気が漏れる音で目が覚めました。口の横当りと顎当りの接触面から空気が漏れていたのです。そのた
 め、接触を強めるべきストラップを強めにしました。一旦止めて4.0cm水柱で再スタートしました。

・ 次は、4時半位にやはり空気の漏れる音で目覚めました。テイジンでは密着の強さは顎の部分で指1~2本が入る程度と言っ
 ていましたが、こんな強さではとても治まりそうではありません。更に締め付けを強めてみました。一旦止めて4.0cm水柱で再ス
 タートしました。

・ 次は5時55分頃に目覚めました。今度も極く少量は漏れているようでしたので、ほんの一寸締め付けを強めました。この時の
 風圧は8.3?cm水柱でした。因みにスタート時の風圧は4,0cm水柱です。

・ 1回目と2回目の目覚めた時の風圧は見ていませんので、今度は記録したいと考えています。

 通常はこんなに2回も途中で目が覚めないのですが、緊張していたためにこんな事が起こったこったものと思われます。


 次に耳鼻咽喉科に通院した時には、

・ 看護師(理学療法士)に適正なC-papの装着を現物で指導して貰おうと思っています。

・ 医師には、

 a.最高風圧の設定には、医師の関与があって、私の個人データーが反映されたものなのか。それともメーカー側のお仕着せの  仕様なのか。

 b.最高風圧の設定変更は可能か。

 c.データーには空気の漏れ量が記載されているが、この値は推定値かそれとも実測値なのか。(鼻式C-papのデータでは風圧4  ~12cm水柱で安定している夜もあれば、最高圧が20cmにもなる月もあった。風圧が高ければ漏れ量も多くなり、締め付けも 
  強くしなければならないことに当然なるだろう。)





【編集】 |  08:21 |  その他  | CM(0) | Top↑
2018.09/13(Thu)

睡眠時無呼吸のC-papフルフェイス装着とL型届く 


6日に届いたフルフェイスを早速試して見ました。

・ 装着感は鼻だけカバーするものより、格段に良い。
・ 初期は送風量が少なく、その後プログラムされて最高風量まで上がっていくようだが、初期は快適だった。
・ 所が、7日の早朝偶々目が覚めたら顔とも接触部から多量の空気が漏れて、その音がもの凄い音でした。
・ テープを絞めて顔面が痛い位までしないと漏れは止まらないのです。
・ 口から空気の漏れがあると、唾液が乾燥して唇が白く堆積するのです。

 それでテイジンに電話しまして、上記の状況を話し、

・ 最高風量(風圧)を下げることができないのか。
・ 寝ている内にズレて口の端がマスクから出がちである。

 7日の晩再度装着して見ましたが、鼻だけのものは頭の部分も調節可能で、首の部分も調節可能になっています。所がフルフェスタイプは頭の部分が固定式の輪になっているのです。私に届いたのはスタンダードのM型なので大中小とあるらしいです。小さすぎるもので、首で固定する部分だけ締め上げますと、下の方に引っ張られてフェース面を均等に密着出来ないのではないかと推定しています。

 結局8日の晩は鼻式の戻して装着しました。

 営業部門の方に電話で、

・ まず一段大きいもので試してみる。
・ それで問題が出た場合には主治医に相談することにしました。
・ 料金は無料ということでした。

 L型が今日13日の午後に届きました。
今晩装着するのが楽しみです。(今では装着して快眠出来るので、一寸した問題点以外は極めて満足して過ごしています。)




【編集】 |  15:48 |  その他  | CM(0) | Top↑
2018.09/06(Thu)

C-papでフルフェイスを手配し届く 


 昨日は耳鼻咽喉科の外来でした。過去2ヶ月のメモリーカードから無呼吸指数は0.2で非常に良い値で、ここ数ヶ月変わっていません。

何か変わったことはありますかと問われましたので、

以下、
(pは私、dは医者を示す。)

・ p)鼻詰まりは相変わらずであり、朝起きると口の回りが白くなっていることが多い。これは口呼吸もしていることを示しているのではないか。
・ d)鼻づなり防止にスプレーを出しましょうか.
・ p)いつものスプレーは殆どききません。
・ d)錠剤はどうですか。
・ p)錠剤でも効き目はあまりありません。
・ d)では手の打ちようがないですね。
・ p)full faceのマスクがあるそうですね。
・ d)知りませんね。どこで知ったのですか。(耳鼻科医が知らなあい筈は無いが、、、)
・ p)tvでも放映されていましたし、netでも調べました。
・ d)提携しているテイジンに有るかどうか分からないので、貴方がテイジンの直接電話してみてください。

という訳で帰宅後早速テイジンに電話したら、full faceは取り扱っていて、すぐ届けら
れるということだった。
 そのfull faceのマスクが今日届きました。顔に当たる部分が従来のものより若干長いだけのものでした。





【編集】 |  16:07 |  その他  | CM(0) | Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。