新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 「ある方からのメールの抜粋」の紹介
FC2ブログ

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2006.06/14(Wed)

「ある方からのメールの抜粋」の紹介  

【「ある方からのメールの抜粋」の紹介】
 

『 足下が、水溜り状態且つぬかるみでは小型犬は本当に可哀相です。みんな条件は同じと云っても、やはり大型犬と小型犬では違う気がします。

 アランは断固として拒否したわけですが、アランの気持ちも分かる気もします。誰だって、そんな状態のところに座りたくないです。でも、そういう問題ではないです。

 犬の世界の「縦社会では、ボスのいう事は絶対で、どんな事でも従う」、これが彼らの習性であり、ルールです。そういう意味では、「アランはaspipapaに対してある種の甘え」があるのでしょうか。

 私の場合も、「まあ、これぐらいはいいか・・・なんていう迷いや諦め、甘やかしが出てきたときには、それ以上にならないんですよ。」でも、「ここでこれ以上やって、根本的に嫌がるようになったら困るし」、とか思ってしまって、結局は中途半端になってしまう事があります。
 なので、私の言う事は一度ではきかず、主人のいう事は一度できくところがあります。やはり、主人には甘えが許されないと思っているのでしょうか。

 今回、アランは、「頑固として拒否すれば最終的には許してくれるだろう・」・・と思っていたのかもしれないです。
 勿論、条件が過酷すぎたのもあるのでしょうし。難しいところですね。

 「ボスの命令に従う事こそ、自分の喜び・」・・が理想なのです。 』



スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  11:21 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。