新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) “おやつ”の与え方について

08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
2009.10/16(Fri)

“おやつ”の与え方について 

【“おやつ”の与え方について】
 
 ご褒美に“おやつ”を与える時、犬はお座りして静かに待っていて、口の前に差し出されて“ヨシ”と云ってからはじめて食べるのが、「服従心」が育った姿?のようです。

 以前のアランは“おやつ”を与えようとすると、前足を上げて飛び上がって求めたり、お尻を浮かせ意味にして自分から求めて食べようとしていました。この姿は、犬が自分の意志のままに、「要求」しているのであって、服従心が育っていないことの証でもあるようです。

 以前出張訓練を受けている際に、「“おやつ”をやる時にはお尻を浮かさせず、おとなしく待つようにさせること」とだけ忠告を受けていました。その際「服従心」のことには全く触れた説明はありませんでした。
 その際に「服従心」について言及されていれば、その忠告を重要なものと思い、もっと早期に取り組んだことと思っています。


 今は訓練によりおとなしく待てるようになりましたが、2年以上はロスった感じで、今から考えると全く迂闊でした。



スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:39 |  しつけ  | CM(2) | Top↑
こんばんは。はじめまして。
熱心に訓練なされているのですね。
とても参考になります。

おやつについてですが、訓練もしてない全く服従心のない犬でも、座っておとなしくしていればよしと言ってもらえておやつがもらえると学習すればできるようになると思います。
それでも一応服従心が育つのでしょうかね~?
実行してみたいと思います♪
umi | 2009.10.18(日) 21:49 | URL | コメント編集
●UMIさんへ
オヤツだけでは服従心が醸成されるとは思われません。私が書いているような色々な訓練をやった上に、ホールドスチール、トイレ及びマーキングのしつけ(許された時に許された場所で)等を行った上に、オヤツを与える場合でも書いている内容のような与え方をしています。

因みに、拙宅のアランはまだ服従心が醸成されているとは云えないようです。
aspipapa | 2009.10.19(月) 13:41 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |