新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) CD―Ⅱの必須7科目について

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.07/14(Thu)

CD―Ⅱの必須7科目について 

【CD―Ⅱの必須7科目について】

 CD―Ⅱの必須7科目をやってみ結果は以下のようでした。

 
01.脚側行進

・ やはり被り加減のようです。
・ 右反転の際には、犬をもっと小回りさせること。
・ アランは動作が敏捷なだけに、ちょっと注意が足りないと余計な動きをするようです。


02.招呼

・ スワレ+マテで離れたときに、イザリが出たり、呼ばないのに他の犬の呼び声で来ることがあること。
・ 「指導手が3~4歩離れたときにイザルことがあるので注意すること。」
・ 細い短い棒を利用した練習がもっと必要と思われること。
・ アランはテンションが上がり易く、その分動き易い傾向にあるので、注意が必要。


03.その場のフセ

・ ほぼ、“一発伏臥”は出来ているようです。


04.その場のタッテ

・ 前足の位置を変えないでタッテが出来ているようです。


05.常歩行進中の作業の注意(次の2点が特に重要?)

・ コマンドに対するレスポンスがよくて、
且つ、
・ 5mラインに犬の身体の一部がかかるようにすること。


06.据座

・ 招呼の場合と同じようにイザリが出ることがある。
・ 「指導手が3~4歩離れたときにイザルことがあるので注意すること」




スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:26 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |