新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 個人レッスン・その1・速歩の被り

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.07/19(Tue)

個人レッスン・その1・速歩の被り 

【個人レッスン・その1・速歩の被り】

 毎日猛暑日が続いていますが、14日に5月25日(水)以来久し振りに個人レッスンを受けてきました。この日は15時からだったのですが、グラウンドの西側の山の檜等の高木が日陰を作っていて意外に過ごし易かったです。


 この日の全般的な講評としては、

・ 今は夏だし、調整期間と考えればよい。
・ この暑い中でもこれだけ出来るので問題はないと云える。
・ 「被り」は元気があってよいと云う見方も出来る。
・ 競技会が近づいたら調整出来る事項だ。
・ 動作自体は落ち着いて安定感があってよい。


 常歩行進については「被る」こともなく、少なくともCD―Ⅱ、10科目については問題は無いようです。しかし、この日やった「速歩行進中の作業」については「被り」や「バタツキ」が見られました。

 速歩行進中の3作業については殆ど自主訓練していませんが、アランは速歩になるとテンションが上がってしまい、前に出て被り気味になるようです。

・ 5mマークまでの歩数は、常歩では「3+6」歩としているのですが、速歩でも同じにしたために、窮屈な感じで、マーク線上で動作を完了することが出来ませんでした。
・ もう少し、速歩をゆっくりした確実な足取りにすること。
・ 特に左足は真っ直ぐに前に出すこと。
・ 出過ぎ矯正は常歩の「不意の指示無し停座」を「速歩」でもやること。
・ 自主練では犬を見て、被りのないようにすること。そうすれば「常歩」の行進もよりよくなると思われること。

又、速歩行進では「被り」のの他に「バタツキ」もあったようです。
これについては、速歩は急がず、確実な歩調で、を自主練でやることが必要なようです。
 従来、CD―Ⅱ乃至CD-Ⅲsばかりで、速歩行進中の3作業はなっていませんでしたが、これをやることでCD―Ⅱ等に好影響が出ることを期待したいと思います。


 ここで動画を紹介致します。
尚、従来はmovie makerを使いaviに変換した上でアップロードしていたのですが、今回はmovのまま、canonのZoomBrowser EXで編集してみました。


 脚側行進の動画です。





 招呼・伏臥及び立止の動画です。





 引き続き明日も動画をアップ致します。




スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:38 |  個人レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |