新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) OB-MIXクラスへ出席

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.09/09(Fri)

OB-MIXクラスへ出席 

【OB-MIXクラスへ出席】

 9月から個人レッスンが廃止になり、水曜日に「OB-MIXクラス」が新設されましたので、7日の14時から約1時間参加してきました。
 このクラスは犬のレベルに拘らず、誰でも希望すれば出席可能で、多分頭数が少なくて従来の個人レッスンと同レベルのレッスンが受けられるのではないかと思い出席したわけです。

 出席頭数は5頭、開始当初は日射しを遮るものがなくて暑かった。
レッスンの進め方は頭数が少ない分、各犬個別の指導は多少は多めでしたが、基本的には集団レッスンと同様でした。

 集団レッスンは比較的出席頭数が多いので → 馴致の場、MIXクラスは比較的頭数が少ないので → ブラッシュアップの場(従来の個人レッスンに比べると何だかもの足りないが)と考えて行きたいと思います。



 CD―Ⅱの必須7科目のレッスンを受けましたが、まず「集中」に関して書いてみます。

01.紐付き脚側行進&紐無し脚側行進
・ 前に出気味にならないように比較的ゆっくりと行進しました。
・ ヒモを持つ手が後ろの方に引いている感じになっていると云われました。
・ この為に、ヒモ無しになると前に出気味になるのではないかと云われました。
・ 前に出気味な場合は注意するか、左ターンをすること。
・ ご褒美をやるときは、犬の予想していないときとすること。

02.1頭づつ、指示無し停座付き、紐付き脚側行進、復路は速歩
・ 出気味なのはギリギリセーフであると云われました。

03.注意の仕方
  注意を繰り返しても一向に聞かないことについては「注意の仕方」に問題ありとの事。
a.注意がワンパターンになっている
b.犬がそんなことに余り気にしていない場合
c.ご褒美の価値観が薄く、感動や期待感が無い場合
d.服従心を醸成することが大事。犬との関係が出来て、犬が喜んでやるようにする。
   
04.行進中のフセ
・ ずっと見上げ続けること。
・ アトヘの発進後、頭を下げることのないこと。
・ 行進が前に出気味にならないこと。
・ 離れたとき、よそ見をしないこと。
・ 戻りも集中すること
・ アランはもう少し集中させ、よそ見をさせないこと。
・ 動作自体には問題は全く無い由。

05.行進中のスワレ
・ 行進が前に出気味にならないこと。
・ 停座を曲がってさせないこと。






スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:11 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |