新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) OB―Bクラスへの出席・集団レッスンの記・その1・fc2のBLOG

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.09/14(Wed)

OB―Bクラスへの出席・集団レッスンの記・その1・fc2のBLOG 

【OB―Bへの出席・集団レッスンの記・その1】

 11日にはOB-Bのクラスに出席してきました。

 この日も大変暑い日でしたが、西側の山の高木が日陰を作り、風もあった所為で、レッスンでは汗は少々かきましたが、それ程酷くはかきませんでした。


 レッスンが始まる前に「個人レッスン」の相談をしてみたのですが、要望は聞き入れられず平行線に終わりました。


 私の主張は次です。
一昨年の4月から集団レッスンを受けだして、集団レッスンの場では良く出来ているように思われても、競技会では悪癖は解消されませんでした。それが去年の8月5日に個人レッスンを受けだしてから、約2.5ヶ月で「臭い嗅ぎ」が矯正出来ました。集団レッスンだけで15ヶ月かかっても解決出来なかったことが、わずか2.5ヶ月で解決出来たのです。(以前指導を受けていた出張訓練期間等を入れると6年間位「臭い嗅ぎの矯正」に悩まされました)
 集団レッスンでは出来ることと、出来ないことがあるように思われてなりません。個人レッスンでしか解決出来ないことは個人レッスンに依るしか無いと思われるのです。

 これに対して先生の意見は次です。
集団レッスンでやってきて、「その流れの中で」先回は賞を取れただけです。この訓練所の先輩犬で賞を取った犬も「気がついたらTOPになっていた」というものばかりだそうです。
 集団レッスン、個人レッスンを云う前に、賞を取った後の人の精神的プレッシャー、これ以上は落とせないとか、焦りとかの要因の方が大きい。もっと突き詰めなければ、と徒に細部に拘って訓練した結果、犬を壊すことだってある。兎に角、平常心で臨めば問題はない筈であす。普通通り集団レッスンを受けて「指摘されたところだけを注意」していけば良い。
 本来、手の届きそうもない犬には絶対に取れない賞だし、アランは動作的には問題無いし、そこの所は自信を持ってよい。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:18 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |