新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) OB―MIXへの出席・集団レッスンの記・その4
FC2ブログ

10月≪ 2018年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2011.10/03(Mon)

OB―MIXへの出席・集団レッスンの記・その4 

【OB―MIXへの出席・集団レッスンの記・その4】

 9月28日のOB―MIXレッスンの結果から、自主訓練でやらなければいけない事項は、次、

1. スピードを色々変えて行進してみて、綺麗に見える最良のスピードを選ぶこと。

  以下の動画でも分かるように、常歩速歩ともどうもしっくりとこない感じです。出気味(被り気味)があるかどうかについて先生はこれでよいといっています。
 もっと滑らかな行進にならないか、色々探ってみたいと思っています。




2. 招呼では、フロントと呼んだあと、煽って、腰を段々折りながら近くに呼び込むこと。その後の脚側停座は左90度に回転して呼び込むこと。

・ 呼んで来るスピードが以前に比べて遅くなっている乃至活気がない、ような感じがしています。これを第一段として「煽って」みて、スピードアップ出来るかどうか試してみるつもりです。

・ 正面停座が指導手から離れ気味なのが気になります。近接した位置に停座させるためには、犬が近づくにつれ、段々前傾姿勢を強めて行っているところです。

・ 脚側停座に呼び込むときに、回り込みの意識を強めるために、「左90度に回転して」からアトヘを命じています。こうすれば安易に脚側に付くことを防止出来るのではないかと考えています。

3. 行進中の3作業は一時停止方式で、素速く確実な作業を再確認する。

  動画で見ますと、行進中の3作業の内、フセ及びスワレの動作がぎこちない感じで、もっと見栄えがする節度ある動作が欲しいところです。
 28日のOB-MIXレッスンで習った「コマンド後犬の直前を左反転」して動作を確認する方法では、指導手も動いているので確認し辛い感じも致します。これを「一時停止」すれば、より確認いやすいような気が致します。




4. 反転する場合も、指導手の回転と犬とが同期して廻るように微調整する。






スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:12 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。