新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 最近の「前進」の自主練について
2011.10/11(Tue)

最近の「前進」の自主練について 

【最近の「前進」の自主練について】

 昨10日はskドッグスポーツクラブの練習会でした。今度こそ高得点をと入れなくても良い肩に力が入って、反省点が多々ありました。この報告は今取り纏め中です。(どうせ練習会ですから、競技会では出来ないような矯正点を直す良い機会なのですが、、、、)


 レッスン教室でOB-Zを2回受けてから、最近「前進」の自主練を再開しました。
最近の自主練の状況は次です。


・ 脚側停座させて、手で前方を指し示したとき、「尻浮き」現象は見られなくなりました。

・ 20m位離れた所に、3cm×3cm位の大きさの板を置いて、そこにアランに察せられないようにエサを置くようにしています。

・ 出発地点で基本姿勢を取らせ、右手で前方を指ししめして、そのまま基本姿勢に戻ったり(所謂フェイント)、マエへを命じたりしています。

・ マエヘで発進して、10m位走ったところで、タッテを命じたりしています。
この場合はコイを命じて呼び戻し、正面停座につけます。

・ そのままターゲットまで行かせてエサを食べ終わってから、タッテを命じたりしています。
この場合は、タッテ待っているアランの傍まで行って、エサを与えて、アトヘで出発点まで脚側行進するようにしています。

・ JKCの実施要領により近い「前進」は、マエヘで発進、10m位走ったところで、タッテを命じ、コイを命じて呼び戻し、正面停座につける方法ですが、まだタッテを命じてもスパッと止まることが出来ません。
しかし、それ以外は殆んど形は出来て来ているのでは、と思っています。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:45 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |