新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 練習会の記・その4

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.10/15(Sat)

練習会の記・その4 

【練習会の記・その4】

 1回目と2回目の動画を載せてみます。同一科目を対比して見ますと微妙な差異が認められそれが点数の差となって表れているようです。


第1回目

 「行進中のフセ」では、前半の脚側行進の集中が悪かった。しかし、フセのコマンドに対する反応及び動作自体は良かった。しかし、戻りの脚側行進の集中は余りよく無かった。





 「その場のフセ」では、基本姿勢で余り指導手に集中していなかった。従ってフセの動作は所謂一発フセにはほど遠いものでした。





 「股くぐり歩き」はアランの得意科目の一つです。動作はキレよく気持ち良い感じです。戻りの脚側行進では指導手によく集中しています。
 「棒飛び(片道)」では飛越の姿勢も完璧ですし、着地もピタリと決まりました。






第2回目

 「紐付き脚側行進」の様子です。やや集中が劣る感じでしたが、最低限このあたりまでは許せる範囲ではないでしょうか。





 「その場のフセ」です。基本姿勢では一見集中しているように見えましたが、フセの動作にキレがありませんでした。
 「その場のタッテ」は良い部類に入るのではないでしょうか。





 「股くぐり歩き」の動作はキレよく気持ち良い感じです。戻りの脚側行進でも指導手によく集中しています。
 「棒飛び(片道)」では飛越の姿勢も完璧ですが、着地後足が微妙に動きました。








スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:28 |  練習会  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |