新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) OB-MIXレッスンの記・その2

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.10/22(Sat)

OB-MIXレッスンの記・その2 

【OB-MIXレッスンの記・その2】

 今日は東北ブロック大会のため仙台に向かう日です。


 19日のOB-MIXレッスンの後半です。

05.紐無し脚側行進、往復常歩
・ 反転で廻っている途中でエサをやる。そこは一番集中し難い場所の由。
06.もう一度
・ 良くできたらエサをずらしてやる。エサを釣るようなことはしないこと。

08.招呼の前段としての据座
・ 指導手を見つめていないと呼ばないこと。
・ 集中が良ければ戻るが、よそ見したら又元の位置に離れる。

10.招呼
・ フロントで曲りなく付いた。
・ 先生は色んな訓練法を紹介しているが、やってもやっても効果が出ない場合はその方法がその犬に合っていないことになる。そこで異なった方式を採用すること。

12.フセ
・ 審査員の合図があってからアトヘをかけ基本姿勢を取らせるのは体符となる。
・ 審査員が手簿を記入しているのを、注視していて、終わりそうな時に基本姿勢を取って待たせること。

14.フセ
・ 各科目共通に、審査員からドウゾと云われたら、これからやることを早期にイメージしてからコマンドを出すこと。


 次の3科目を先生に見ていただきました。

21.行進中のフセ
・ ほんのちょっとフセの姿勢が曲がることが気になっていたが、okの由。
・ 真っ直ぐにスワレさせる方法もあり、それを実践して見ました。

22.行進中のスワレ
・ コマンドを出すとき及び足の運びに力を込めすぎないように注意されました。

23.一発フセ
・ 全然問題無し。基本姿勢が永すぎるようにならないよう配慮すること。


 全体的には、そんなに気にすることはなくて、ごく普通に競技すればよい。雨の場合でも去る5日このグラウンドでやったようにミス無く全科目やれば結果は付いてくる由。






スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:14 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |