新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 水辺公園で反省の練習
2011.10/27(Thu)

水辺公園で反省の練習 

【水辺公園で反省の練習】

 競技会の翌日24日に、最近とんとご無沙汰だった水辺公園広場の草場(刈り込み済み)で久しぶりに、独りで(one pairで)反省練習をやってみました。そうしましたら、『飼い主が惚れ惚れするような見事な脚側行進』をするのです。こんなに集中出来るのに、昨日の集中の無さはどうしてなんでしょうか。

遠隔の地、暑さ、長時間過ぎた待ち時間、これらの要因の全て乃至どれかであることは確かでしょう。

 でも、どんな悪条件の下でも、本来の力を発揮出来るようになって欲しいと思っています。


(今回のタープの敷設位置の割り当てが、私たちが競技するリンクのすぐ脇でした。従って他の子の競技の様子を今までに無く、よく見させてもらいました。過去に理事長賞を獲得したことのある仙台のT婦人、平塚のY婦人、それと目についた魚沼市のT婦人等々です。)

・ 招呼の正面停座から脚側停座に移る際に審査員の合図が無いこと、
・ ヒモ付き脚側行進はヒモを持った手を軽く振ること

等は講評で言われていました。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:21 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |