新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 犬に気合いを入れる

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.11/03(Thu)

犬に気合いを入れる 

【犬に気合いを入れる】

 犬に気合いを入れるとはどういうことか、教室で訊いてみましたら、「しばく」方法もあるやに聞いています。

 「しばく」を検索にかけてみますと、

「しばく」とは“鞭や細い棒で強く叩くこと”を意味するが、関西エリアではこういった道具の使用に関係なく、“殴る・蹴るなどの暴力をふるう”という意味。

のようです。

 まさか愛犬にこんな暴力を奮うことは考えられませんので、教室で訊いた「しばく」は普段より強めの行為を行って、犬にある意識を呼び覚まさせることを指しているのでしょう。


 「気合いを入れる方法」には、

・ 言葉で普段より強く云う
・ 強いショックを入れる方法
・ 褒める方法

があるようです。そのどちらが良いかは、犬によって異なるのだそうです。要するに「これから始めるよ」と云う意識を伝えることにあるのです。

 よく、練習中に「褒め」て、テンションが上がったように見えていても、それがリンクに入ると「テンションが下がる例」がありますが、それは褒め方がその犬に合ってなかったと言えるようで、それは気合いの入れた方が合っていなかったようです。
 

 ずっと以前に、レッスン教室の皆の前で、T所長にアランをミニ訓練の模範演技をしてらったことがあるのですが、これが気合いを入れる例だったようです。
(しかし、このことが、T所長を、怖い存在、天敵だ、と思わせる切っ掛けになったようです。)







スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  07:39 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |