新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) JKC本部展の記・その2

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.11/09(Wed)

JKC本部展の記・その2 

【JKC本部展の記・その2】

 審査員氏の講評では、概ね次の様な指摘がありました。


 まず、棒飛び(片道)等について、私は身体の横で構えているのですが、身体の正面で構える方が跳びやすく、且つ脚側停座に入れやすいのではないかと意見が述べられました。 私が、今の状態が変だからおっしゃっているのでしょうか、と聞きかえしましたら、変ではないですよ、ただ正面の方が跳びやすく楽だと思ったまでですよ、ということでした。

 それだけで講評は終わりそうだったので、私が、今日の演技はどうだのでしょうか、選択はあれで良かったのでしょうか、と訊きましたら、次のように話して下さいました。


・ 脚側行進で身体に当たったのが気になった。
 (ヒモ付きでもヒモ無しでも同じミスをやっているので、減点も2倍、この減点が大きかったと思われる。これは指導手の不注意です。この前のレッスン教室で速歩の左曲りを褒められたばかりなのに、あがっていたためとしか考えられません。)

・ これ以外は大きな減点は無かったが、後は細々とした減点である。

・ 細々とした減点では、

a.行進中のフセで草の臭いをちょっと嗅いだこと。
b.指導手が犬を見る行為があった。
  (これも指導手ミスです。)
c.コマンドを出す時頭が動いた。
  (これも指導手ミスです。)
d.(細々とした減点の数々が、後の訓練の参考になるので、審査員は面倒がらずに、かいつまんで教えてくれたらよいのに、と思ったのですが、それ以上は訊けませんでした。)


・ 選択科目候補は他に無いのですか。色々試すのも面白いと思いますとのこと。この通りでも別段構いませんがとのこと。
・ 全般的に良かったと思いますよとのこと。


尚、(  )内の書き込みは弊方によるものです。


(私感:アランは動きは良いし表現力や希求性も充分という方もいるのですが、後は指導手次第だとの意見もあります。この指導手のリーディング技術の差が悔やまれます。)









スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:48 |  競技会  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |