新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 常時見上げ続けることについて

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2011.12/12(Mon)

常時見上げ続けることについて 

【常時見上げ続けることについて】

 7日にはOB-MIXレッスンで指摘を受けた首記の点につき、今の状態でヨシとするか、もう一段の改善をするかと訊かれたのですが、勿論後者と答えました。後者だとすれば、もっと細部にまで気を配った訓練が必要だと云われました。


 自主練の途中経過ですが、紐付き脚側行進で、アトヘで基本姿勢を取った瞬間から指導手を見上げ、アトヘの発進後も顔を下ろすことは見上げ続けるようになりました。直進して往復の復路が常歩の場合も速歩の場合も同様ですし、コの字型に行進した場合も変化ありません。

 やってみれば意外に簡単で、自主訓練の段階では一応出来るようになったと思っています。でも、自主訓練とは環境が変わる集団レッスンの場でどうかは確認してみる要があります。

 その他の科目では、招呼だけはやってみたのですが、呼んで正面停座させた後アトヘで脚側停座させ、アトヘで発進して戻るときも見上げ続けるようになっています。

 これが完全に出来るよう完成されてから紐無し脚側行進や他の科目に拡大していくことを考えています。




スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:03 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |