新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 集団レッスンの記・その3
2012.01/15(Sun)

集団レッスンの記・その3 

【集団レッスンの記・その3】

 12日のブログで、「どうしたら、曲がらず、出気味の位置にならないで脚側停座出来るか、試行錯誤中」とかいたのですが、

この源は、昨年の12月23日のST競技会のCD-Ⅲsの講評で、審査員氏に、

・ 科目の最後の脚側停座の際に、指導手を見上げようとする余りに、頭一つ前に出気味で見上げている科目が数科目あった。もっと上を見指すためにはこれをツブスように。

と云われたことが気になっていたのです。


 これが解決出来ますと、紐付き脚側行進、紐無し脚側行進は当然の事として、停座及び招呼、常歩行進中の3作業及び股くぐり歩きの7科目に関係するので、非常に意義のあることだと思っています。


 この解決には事は簡単です。

・ 無言で反転してから、坐らせたい位置でスワレをコマンドすれば良いと思うのです。
・ この場合、心配な点があります。反転を無言でするので、アランが反転に気が付かないことがあるかも知れないことです。
・ このため、何度も訓練をやって慣らしておく必要があるようです。

・ 勿論、コマンドを出すタイミングが重要なことは論を待ちません。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:00 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |