新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 近くで向き合う場合の集中

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.01/31(Tue)

近くで向き合う場合の集中 

【近くで向き合う場合の集中】

 「抱っこ」や「吠えろ」のように、基本姿勢で待たせて正面で向き合う場合に、マテをかけて離れた瞬間に目線を下に向け勝ちです。そこで、マテをかけても目線は見上げたままの状態の維持させる練習です。


 「抱っこ」の場合です。



もう少し目線があがらなけれいけないようです。



 「吠えろ」の場合です。





 脚側停座への呼び込みの例です。例えば、抱っこして降ろしてからアトヘで脚側停座させ、次に出発点に戻る際の動作ですが、アランは以前には先行して回る傾向があったのですが、これを指導手の回転に合わせるように改善しました。




 再度やってみました。






スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:00 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。