新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 集団レッスンの記・その2

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.02/17(Fri)

集団レッスンの記・その2 

【集団レッスンの記・その2】

 昨16日の日中はもの凄い寒さだった。午後の車の外部温度は2℃程度でした。普段はトイレ散歩に連れ出す3頭は済ますと早々に帰宅しました。アランも普段は少々自主連のまねごと位やるのですが、そのどころではない感じでした。




01.地面が濡れている場合の脚側行進

・ 地面が濡れていて多少テンションが下がっても気にしないこと。
・ 戻って来てから確実に坐っているか確認すること。
・ 濡れているので尻が浮く可能性がある。それを許していくと浮いていても良いものだと思ってしまう。

 この件については、アランは地面が濡れていようが、水溜まりであろうが、停座や伏臥をしっかりやります。これは最初に付いた訓練士さんの出張訓練が雨でも雪でも台風の場合でも決行した所為もあります。勿論、自主練でもこんな天候の時に私はレインウエアーを着て訓練をしました。しかし、今ではつい億劫になってやらなくなりました。

・ 腰落ちが遅いときは「無言」で犬の腰を押し下げると良いそうです。



02.脚側行進時のよそ見

・ 手に“ホウビ”を持って行進し、それに影響されないこと。
・ 行進中チャンと良いところで“ホウビ”を与えること。(付きも良く、しっかり見上げていること)
・ よそ見したときはアトヘと命じ、見上げたら’褒めて“ホウビ”をあげること。
・ それ以外のときは犬の要求に負けて“ホウビ”をあげないこと。
・ よそ見してから待ってやってから“ホウビ”をやると、よそ見の強化になっている。

・ 良い状態だなと云う状態が続いたら、よそ見する前に“ホウビ”をあげること。
・ ここでやったら良いのにと思ってもあげないでいる。やるまでが永すぎる。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  13:45 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |