新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 脚側の位置の矯正

06月≪ 2018年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【編集】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2012.03/30(Fri)

脚側の位置の矯正 

【脚側の位置の矯正】

 アランの脚側の位置の矯正は、3月14日にあるヒントを先生からいただき、僅か1~2日でその効果が出て来たことは既報の通りです。その後も練習は続けてはいましたが、3月25日までには定着化は無理だったのかも知れません。脚側の位置が正しくついて、しかも指導手に集中してなければなりません。
 
 先生は、脚側の位置が前目の方が楽しそうに行進しており、正しい位置だとどちらかちと云えば元気が無いような、面白みがない脚側行進に見えるかも知れないことを云っていました。




 今回の大会では矯正をはじめてからまだ日が浅く、完全には身に付いていなかったのかも知れないような気がしなくもありません。もっと時間をかけて、元気よく嬉々とした様子で脚側に付くようにしたいと考えています。


 アランは自主練の時、頭を高く上げて嬉々とした風情で行進することがあり、何とかこの状態を定着させたいものだと考えています。

 よしんばそれが出来なくても、今回のCD―Ⅱのときのような脚側位置と集中でも十分通用するではないかとも思ったりしています。




スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:30 |  訓練関係  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。