新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 集団レッスンの記・その1
2012.04/03(Tue)

集団レッスンの記・その1 

【集団レッスンの記・その1】

 4月からのレッスンでは個人レッスンは従来の月の最終水曜日から変更になりました。これは競技会への準備のためには、月末では遅すぎる点を申し立てた成果です。
 それに加えて、4月22日のjkc本部競技会に備えて、4月14日と18日にプチ練習会を開催してもらえることになりました。


 一昨1日に集団レッスンを受けてきました。出席頭数は11頭でした。

A.
 FCI東日本のDVDを先生に見ていただきました。指摘事項は次の通りでした。

・ 行進中のスワレはちょっと一瞬中腰になっていた。でも審査員によっては大きく減点する人もいるかも知れないこと。
・ 全体的な雰囲気が良かったので、余計に目立ってしまったようだ。
・ 脚側行進は問題無かった。
・ 選択の3科目で1.1も減点されるような要素は見当たらなかった。
・ 1.1は大きな減点なので、それが事実であれば、講評のときに一言あった筈だ。
・ 全体に指導手が前屈みになっていることが気になった。腰痛持ちの事を知らない審査員としては、誘導的な減点をしたかも知れないこと。


B.レッスン

01.紐付き脚側行進、往復常歩
・ 発進の時と反転の時に、集中力を出すために「アトヘ」を強く発した。
・ 犬の位置と集中に注意した。
・ 今日のポイントは犬のクセの矯正
・ 上げた頭を一瞬下げることを矯正

02.据座か招呼
・ スワレ・マテで離れる→5歩→戻るか呼ぶか決める
・ 我慢出来ないアランのような犬は戻ること。
・ ドウゾと云われたら大股で走って戻ること。

03.フセ
・ 1頭づつやりましたが、先生が目の前に来たら逃げかかりました。

04.タッテ
・ 前項の続きで、フセしてよそ見をしていたので叱ったらその場を逃げました。
・ この逃げるのを防止しなければいけないと思っています。

05.速歩行進中のスワレ
・ タッテしまった。
・ スワレのコマンドの発声が上手くなかったか。
・ 先生はタイミングの問題と云うことでした。

06.同
・ 気をつけて発声して、今度は出来た。
・ 今後これには注意することが必要。




スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:59 |  集団レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |