新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 個人レッスンの記・その4

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.04/08(Sun)

個人レッスンの記・その4 

【個人レッスンの記・その4】

 今日8日は日曜日で、いつもは集団レッスンに行っている日です。所が今日は我が団地の定期総会なので集団レッスンは欠席です。


 昨日の続きです。


 今回の個人レッスンは些細な部分まで指摘注意を受けることが出来て、非常に有意義なのですが、それに比べてアランと私にとって集団レッスンの物足りなさをより一層感じてしまいます。

 集団レッスンでは10頭前後の犬が横一列に並んで、先生の訓練を受けているわけですが、大勢では無理があるのか、個人レッスンの様な注意は全くと云って良いほどありません。

 アランには集団レッスンではなくて、個人レッスンに準じた別コースがあれば、その方がよいと感じています。

 先生の場合は、問題点を提起すれば的確な解決策を教えてもらうことが出来ます。
今までの豊富な経験と頭の良さで、技術のタンスの中身が豊富です。しかし、個人レッスンの場合には先生が見て問題点を指摘してもらえますが、集団レッスンでは余程のことがない限り期待出来なくて、こちらの方から問題提起をする必要があります。本人が問題点に気付かないと、いつまでもそのままの状態が続くわけです。


 アランは7月が来ますと9才になります。元気があり活き活きと活動出来る年数は限られてきました。その残りの年数で一段と活躍させてやりたい気持ちで一杯です。





スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  09:07 |  個人レッスン  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |