新・アスピ/アランの自主訓練日誌(Part-Ⅰ) 夕刻の散歩

09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2012.06/08(Fri)

夕刻の散歩 

【夕刻の散歩】

 昨7日の夕方の散歩には、アランとラヴィを2頭曳き用のリードに、アスピを1頭曳きのリードで散歩しました。およそ45分間位の散歩でしたが、散歩らしい散歩が出来たと思っています。

 途中、新興住宅街を通りましたら、小っちゃい子たちが母親を交えて遊んでいましたが、3頭はその子たちに近寄り親愛の情を示せたと思っています。特にラヴィは母親の足に前足をかけていましたが、それで頭を撫で撫でしてもらいました。


又、歩いていましたら、ノースフォークテリアを連れたご婦人に会いました。この犬はフセして3頭が近づくのを待ってくれていました。このノースフォークテリアは友好的で3頭とお互いの臭いを嗅いだり嗅がせたりしていました。このご婦人は散歩の時何度もお会いし、お話をしたことがある方でした。

又、mixの茶色の中型犬1頭連れて散歩中のご婦人にも会いました。この犬も非常に友好的な犬でした。このご婦人には非常にまれにしかお会いしていません。


 去る5月5日以来相当期間も経ち、アランの訓練を再開しても良い時期になったのですが、これ程訓練から足が遠おのくと、自主練するのが億劫になって、まだ自主練の再会には至っていません。

 朝は比較的短い散歩、夕刻は45分~1時間の散歩、が日課になっています。1頭曳きだと15分/頭×3頭=45分ですから、1頭当たり余り永く散歩させることが出来ません。


スポンサーサイト

テーマ : パピヨン - ジャンル : ペット

【編集】 |  08:30 |  散歩  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP |